2018年11月17日

残念な紅葉

土曜日
20181117_SWAN.jpg 
 調整池の白鳥が、4羽増えて6羽になった。
 
20181117_花.jpg 鎌ケ谷大仏駅の東側を通って、馬込町から船橋運動公園前を過ぎ、長津川緑地にでる。
 水門の近くに、こんな花が咲いていた。
 これって、梅か?
 
 東武線塚田駅を通り過ぎ、行田の旧日本海軍の無線基地跡地の円形の土地にでる。
 無線基地跡の記念碑を見てから、中山競馬場の外周に。
 中山法華経寺へ向かうが、競馬場の周辺は駐車場が多い。
 あんなに駐車場が多いから車で競馬場に来るのか、車が来るから駐車場を増やしたのか。

20181117_奥の院.jpg
 正中山奥の院。
 競馬場の南側から中山法華経寺へ向かう道を歩いたら、ちょうど奥の院の前を通ることになった。
 久しぶり、6年は来ていなかった。
 奥の弁財天の場所を見て、前来たことがあったことを思い出した。
 すごい数の水子地蔵が並んでいる。

 中山法華経寺に着くが、例年のような綺麗な紅葉がない。

20181117_葛飾八幡.jpg
 参道の入り口から門へ向かうと、例年なら黄色いイチョウの葉が木をおおっているのに、今年は葉があまり残っていない。
 20181117_千本桜.jpg 千本桜は、黄色くないのに、木の上の方の葉が落ちてしまっている、

 葛飾八幡神社は、七五三のお詣りで、賑わっていた。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(1) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

さすが、ダワイの国

金曜日
 歯舞色丹2島は、「引き渡す」。 が、主権は渡さない。
 何たることだ、ロシアの認識は、到底容認できない。
 
 国家間で領土を「引き渡す」といったら、主権を渡すことではないのか。

 どんな手段であろうが、一旦手にしたものは決して手放さない。
 第2次大戦時に、掠め取った領地は、返すなどという気が無い。
 常に「よこせ・よこせ」と、まくしたてたロシアだ。

 まだ、日露戦争の遺恨を忘れていないのだな。

  プーチンに見くびられている安倍総理は、認識をあらためるべきだ。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

ああ稀勢の里

木曜日
 稀勢の里が、休場してしまった。
 残念だが、仕方がないだろう。場所4連敗では、致し方ないか。
 
 稀勢の里は、故障した時にじっくり休んで、しっかり治療に専念すべきだった。
 完治するまで、稽古を休むべきだった。
 彼には、休む勇気が足らなかった。
 
 稽古をしないと不安で、ちょっと良くなると稽古をして、怪我をした箇所をまた痛める。
 痛みが残っているから、全力を出せない。
 そこで妙な姿勢で体を庇うから、体に負担がかかる。
 悪循環である。

 実際、休むことは勇気が必要だ。
 どうしても、ちょっと痛みが引くと体を動かしてみたくなる。そこで、完全に治癒するまで、じっと我慢ができるかどうか。
 早く体力・筋力を取り戻したくて、少々の痛みがあろうともトレーニングをしてしまうのが、大成できない可哀相な奴。
 このままでは、「引退」を迫られるだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

千代田線

水曜日
 TVで、『千代田線6000系車両ラストラン』を見て、驚く。あの車両は、世界初のサイリスタチョッパー式ワードレオナード制御で、学生時代に上京して乗ったときは興奮したものだ。
 アルミボディで、かっこよかった。
 あの電車には、就職して幾年も通勤で利用した。
 
 いつの間にか冷房が付き、制御装置がインバーターに変わってしまっていた。
 あのサイリスタチョッパー制御は、時代の流れによって、インバーター制御に取って代わられた。
 
 さて、アメリカとの貿易合意は、TAGと日本政府が云っているが、原文の英語ではUSJTA。
 日米貿易合意である。
 何処にも『物品限定』の文字は無い。
 だから、アメリカのペンス副大統領は、『FTA』と言ったのだ。
 
 心臓移植をしないと生きられない3歳の子供がいる。
 そんな難病をかかえたをかかえた子供を、巨額の費用をかけて救う必要があるのだろうか。
 その子供に、そこまでの価値があるのだろうか。
 いつもワシは、このての報道がある度、疑問に思う。
 親にしては、金額ではないのだろうが、ワシの子がそうなったら諦める。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:46| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

国の目指す道を示せ

火曜日
 政府は、何としてでも外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案を、成立させたいらしい。
 基本的な疑問なのだが、本当に今人手不足なのか。
 日本の人口は、減少に転ずることが明白。
 国内生産規模も、減少に転ずる筈で、そうなると人手は一時的に不足しても、数年後には余剰となる。
 
 だから、政府は10年程度の間、生産規模が減少に転ずるまでの一時的な人手不足を、外国人で充当しようというのだろうか。
 けっして、移民政策とせず、不要になったら即座に帰国していただける、労働力に限定しようと。
 
 今は人手不足でも、今後AI活用で生産効率を向上し、より少ない人員で経済活動が達成できるようになれば、人手不足は解決可能。
 それは、工業的なことには限らない。農業、林業、漁業でも。
 そういったシステム・設備開発に、政府は人的・資金を投入する計画なのか。
 そのシステム・機器開発に民・学連携して資金も人的にも集中投入し、システムの実用化までの間に不足する人手を外国人労働者で補う。
 その画期的な省力システムを開発出来たら、そのシステムを世界中に輸出したり特許収入で、外資を稼げる。
 それなら、未来は明るい。
 
 政府は、そういうビジョンを明示すべき。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

外国人就労拡大?

月曜日
 内閣が進めようとしている、外国人就労者拡大政策は、ほんとうに外国人の労働者を想定しているのだろうか。
 「移民政策」ではないと、総理は強弁している。
 移民政策ではないとしたら、外国人就労者には日本国籍を与えないということだろうか。
 日本国籍を与えないということは、どういうことだろう。
 日本国憲法で認めている、3原則は彼らには適用しないということか。
 
 2号技能者と認定(誰がするのか疑問だが)したら、家族を呼び寄せることが可能だという。

 呼び寄せられた家族
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

自衛隊の装備に興奮

日曜日
20181111_朝日.jpg 6時半頃歩きだすと、太陽は雲に隠れていて、ちょっと肌寒い。
 ところが、11月の中旬ということを思えば、暖かい。



20181111_SWAN.jpg 清水口の調整池には、先週飛来していた白鳥2羽がちゃんといた。
 よかったぁ。

 この小さな調整池に、よくぞ飛来してくれたものだ。

20181111_柏の高校.jpg ちょっと気になって、柏市内の公立高校を訪ねてみた。
 まずは、県立柏高校。 布施弁天の近くで、柏駅からはとても遠い。
 次に、市立柏高校。柏市と野田市の境界の、利根運河沿い。これまた、柏駅からはとても遠い。
 市立柏の生徒たちは、すごく朝早くから自転車で勤務先の近くを通り過ぎていく。
 柏市市内の高校で、柏駅から歩いて行ける高校は、R16の柏警察の向かいにある柏中央高校だけ。
 
 柏市内の公立高校は、どうしてこうも駅から遠いのか。
 柏市内の高校生は、可哀相だ。
 しかも、設立が全て新しい。
 大学と云えば、市川も船橋も、駅から近いところに存在する。松戸市は駅のすぐ東に、聖徳大がある。

 これから想像できることは、柏が街として新しいということだ。

 昼に帰宅したとき、ちょうど東日本女子駅伝の7区に、タスキがわたる頃だった。
 アンカー勝負は、圧巻だった。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする