2019年05月20日

バラの季節

月曜日
 バラの花は、春と秋がメイン。
 京成バラ園には、伝統的な花から最近品種改良された花まで、多種多様な株があった。
20190518_京成バラ園3.jpg
 カメラに収める花は、ついつい花びらのシンプルな形のバラを選んでしまった。
 写真は、やっぱり自分好みのバラを選んでいる。

 薄紫、深紅、黄色、白。この色を組み合わせ、花びらの形を種々工夫し、もの凄い種類の花が作られている。 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

大町自然公園

日曜日
 今日も、バラを見に行った。
 市川市の大町自然公園の、バラ園。
20190519_市川動植物園.jpg 市川動植物園には、今日も親子連れが、多く訪れていた。
 ここも、猛獣のいない動物園。
 入場料を払って入り口を通ると、楽しそうな「フワフワ」の遊具が待ち構える。
 これでは、子供たちは、素通りが難しい。

 20190519_大町公園のバラ園.jpg 水辺の遊び場を過ぎて、池の奥へ進むと、バラ園が見えてくる。
 可愛い、バラ園である。
 でも、花の見事さは、先日の京成バラ園にも、勝るとも劣らない。
 ここなら、花びらを拾って帰られる。
 
20190519_大町公園のバラ園_銅像.jpg
 バラ園には、銅像が3体あり、バラの中に2体ある。
 もう一体は広場にあり、今日も登りつこうとする、ちょっとお転婆な女の子がいた。
 ここにも、日本語以外を話す人がいた。
 京成バラ園とは違い、旅行者が来るはずがない。きっと近くに住む人たちなのだろう。

 
 花の種類は少ないが、ちゃんとバラのトンネルも2つあり、見て楽しいバラ園。
 バラの横の芝生には、シートを広げて寛ぐ家族連れも数組。
 
 ここには、「グレースケリー」の夫レーニエ大公3世の名前が付けられたバラがあった。
20190519_ジュビレドゥプリンスモナコ.jpg20190519_レーニエ大公3世.jpg
 この華麗な花は、レーニエ大公3世の即位50周年記念に捧げられた、2000年発表。
 御后であった、グレースケリーの名がつけられたバラより、少し派手だ。
 グレースケリーは、自動車事故で崖から転落して亡くなった時、まだ52歳だった。
 
 


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

バラの花咲く

土曜日
 最近、歩いていると、あちこちの庭先にバラの花が咲いている。
 
 第57回新京成沿線健康ハイキングは、八千代の京成バラ園へのコースだったので、バラを見に行くことにした。
20190518_ジャガイモの花.jpg 八木ケ谷の畑に、ジャガイモの花が咲いていた。

20190518_京成バラ園.jpg
 京成バラ園は、2回目。
 種類が多く、アーチ状になっていたり、タワー状になっていたり、なかなか楽しい。

20190518_京成バラ園2.jpg

 バラの木の根元に、名前と発表年代が掲示されている。
 年代の新しい花ほど、色相や花びらの形が、複雑になる傾向。

20190518_プリンセス・ドゥ・モナコ.jpg このバラの名前は、プリンセス・ドゥ・モナコ.。1981年発表。
 そのころのモナコ国王は、レーニエ大公。御后は、元女優 グレース・ケリー。
 このバラは、彼女に献呈されることになっていた。発表前に、彼女は他界した。
 ピンクと白の2色は、モナコの国旗をイメージしているという。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:56| Comment(1) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

なんじゃ?

金曜日
20190517_案内.jpg 東武線の車内の表示が、ふと気になった。

 行き先を、「船橋 ゆき」と表示。

 「ゆき」???

 行き先だから、「いき」ではないのか。
 平仮名で表示されると、異様に気に掛かる。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

これは命の値段か

木曜日
 白血病治療新薬『キムリア』が、保険適用となった。
 非常に素晴らしい治療薬であるが、問題はそのコストである。
 現状では、約3,490万円。
 その時、その費用を掛けても、その患者が存命した方が価値があるのなら、費用は効果に対して価値がある。
 そういうと、『命の価値は∞』と、反論されることも多かろう。
 健康保険適用となると、必要となる経費は、国民全体で賄うこととなる。
 癌の終末期医療も、同じような問題を抱えている。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

猛烈な煙

水曜日
 今日は、ある4輪自動車の公認競技の審査委員長を委嘱され、筑波サーキットへ行ってきた。
20190515_暗雲.jpg 7時頃新利根橋を渡ると、北の空に雲が拡がっていた。
 ふと、北西の方角を見ると、太く真っ黒い煙が立ち上がり、それが流れて来て雲のようになっていた。
 なんだろうと不思議に思ったが、ラジオでのニュースは全くない。
 新利根橋を渡って、普段筑波サーキットから帰ってくるルートを辿り筑波サーキットへ向かうと、どんどん黒煙に近づいて行く。
 水海道GCの近くになったら、消防署の車両がどんどん集まってきて、一時は車両を道路脇に停止した。
 立ち上る煙は空を覆い、朝なのに真っ暗。
  
 TBSラジオは、8時半頃ようやく一報を報じた。
 『常総市で、産業廃棄物の集積所で火災が発生し、今も延焼中』。
 筑波サーキットには、9時頃到着。

 9時40分頃、まだまだ雲になった煙が、空を覆っていた。
 筑波サーキット周辺の防災無線は、「窓を閉めて煙を吸わないように注意してください」と伝えていた。

 帰路に着いた18時半頃、色は白くなったが煙はまだ上がっていた。



 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:46| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

本音を口にしたな

火曜日
 とんでもない国会議員がいたものだ。
 北方領土の問題を解決するために、「(戦争でなければ北方領土を)取り返せない」「戦争をしないとどうしようもなくないですか」と、ほざいた国会議員が出た。
 酒の席だったから、おそらく『本音』だろう。

 この国会議員は、憲法99条違反である。
 そもそも日本国憲法の重要な条文である、第九条はなんと規定しているか。
 『国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。』

 あの発言をした国会議員は、戦後教育を受けて来た『戦争を知らない子供たち』の一人。
 
 あんな意識の人間を生んだ戦後教育は、間違いだったのか。
 
 あの議員は、日本維新の会より除名された。

 こ奴は、本人の公式サイトで『「公職にいる間は断酒する」と陳謝し、再度飲酒した場合は議員辞職する意向を示した』と、公言していた。
 にもかかわらず、酒を飲んでいた。
 反省も自戒も無い。
 東大経済学部を出て、国家公務員(経済産業省)になった、超エリートである。
 それなのに、なんでこんな振る舞いをするのか。
 発言は、常日頃抱いている本音だろう。
 
 国会議員を辞職すべきだ。

 ま、思想信条は自由だ。その主張を具現化したいのなら、国会議員を辞職して、政治団体でも立ち上げればよかろう。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする