2018年09月21日

自民党の体質

金曜日
 自民党総裁選の、結果の分析が面白い。
 パーティーのカツカレーの数と、議員票に3票の差があったという、カレー事件。
 
 この感覚は、以前のどぶ板選挙で投票を金で買っていた頃の、自民党の票の積み上げ手法そのものでは。
 いまだに、『票を金で買う』という意識が、自民党に浸みついている。
 こんなている政党の姿勢は、発展途上国の独裁政党そのもの。
 これでは、一般国民の意見を聞くはずがない。
 
 自民党支持者への街頭インタビューで、『自民党を支持しているが安倍総理は人間的に疑問だ』という意見があった。
 何かの際に見せる、あの薄ら笑いが気に障る。
 昨年夏に、『丁寧に説明していく』と発言しておきながら、到底丁寧な説明らしきことをしていない。
 どうもあの方は、反省とい言葉を持たない人のようだ。
 
 アベノミクスの成果検証は、できているのか。
 日銀の異次元の金融緩和は、長期に続けすぎたのではないかとのと批判が、経済評論家が多くはっせられている。
 物価上昇目標2%は、全く達成できていない。
 いつまでもあの株価操作は、続けられないだろう。
 超低利政策も、そろそろ終わりにしないと、民間銀行が持たないだろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:24| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

ふるさと納税

木曜日
 ふるさと納税は、返礼品を止めればよい。
 ふるさと納税をする場合、住民税や所得税の控除対象になるのも、可笑しい。
 
 本来の目的は、『寄付』。
 返礼品は、せいぜい感謝状でよい。見返りを求める金銭供与は、モノを買っていることと何が違う。
 所得税の控除対象も、居住自治体の住民税を控除も、寄付という点から理解できない。

 見返り目当ての寄付は、報酬をもとめるボランティアのようなものだ。
 
 今のままでは、羊頭狗肉。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

北海道は電力需要小さい

水曜日
 昨年、あちこちで多く見た、白と黒の模様に赤い星のある見栄えのする蝶々は、アカボシマダラと知った。
 なんと、日本では移入個体群である名義タイプ亜種が「要注意外来生物」に指定されているという。

 今年は、昨年ほど目にすることが無い。

 思えば、あの蝶々は、昨年突如多く目にした。それも、不自然だった。

 北海道全域の最大需要電力は、380万キロワットでしかない。
 東京電力の柏崎刈羽原発は、ほとんどが1基100万キロワット以上。発電所の総出力は、821万キロワットに達する。
 北海道の電力需要は、東電の1原発で軽々と賄えるほど、僅かなものだと驚く。
 それは何故かと考えると、電力を消費するような産業がないのではないか。
 人口が少ないから、電力消費が少ない。真夏の冷房による電力需要が、気温が低いから小さい。
 冬の暖房によるエネルギーは、関東などとは違って、主力は石油。
 だから、北海道の電力需要は小さいのだろう。

 地方の産業経済が、縮小しているから、電力消費が小さい。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

同一民族

火曜日
 韓国と北朝鮮の首脳会談が開かれる。
 韓国は、財界の代表者を多く引き連れて、北朝鮮に乗り込んでいる。
 まるで大昔、中国に貢物をしていた頃のよう。
 経済援助が欲しいのは、北朝鮮のほうではないのか。どうして、韓国はああまで北朝鮮にへりくだるのか。
 訳が分からない。
 さて、国の成り立ちを考えると、祖父母の代には同じ国だった同一民族なのだから、元に戻りたいという思いを持つのは当然だろう。
 北朝鮮の主張する「朝鮮半島の非核化」は、各国を騙し経済援助をもぎ取りIAEAを騙して核開発を続けて手にした自国の核兵器の廃棄が主目的ではなく、在韓米軍の撤退が主眼だろう。
 在韓米軍の核兵器を排除するための交換条件を得るため、北朝鮮は国際的な非難を覚悟の上で核兵器の保有に邁進したのか。
 韓国は、在韓米軍に、出て行って欲しいのが本心か。
 
 でも、韓国から米軍が居なくなったら、韓国は自国の防衛が出来るのか。
 ロシアや中国の脅威に、対処できるのだろうか。

 そうなるともっと気にかかるのは、日本の状況。
 在日米軍は、対アジア戦略地として、日本、さらに沖縄の重みを増してくる。
 沖縄の基地返還どころか、基地の増設や増派の可能性が高い。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

彼岸花

月曜日 国民の祝日:敬老の日
 ちょっと時期的に早いかなとおもったが、彼岸花を見に行った。
201809017_来迎寺.jpg 折立の来迎寺は、前の菖蒲園の道端に、彼岸花が咲いている。
 来週には、たっぷり咲き誇るのではないか。
 201809017_栗.jpg
 栗が実って、道端に落ちていたり。
201809017_持宝院.jpg
 柏市藤ヶ谷の持宝院。
 昨年は、門の前に花がぐっと減ってっしまっていたが、今年は復活したようだ。
 まだまだ、蕾が出たばかりの株も多く、来週は見事だろう。

20180917_延寿院.jpg 手賀大橋の袂から、船取線の下の古い道を歩くと、これまた古い石段が見えたので、登ってみた。
 子の神古墳群に隣接する延寿院にたどり着いた。
 我孫子の歴史を垣間見た思いだ。
 手賀沼を見下ろす丘の上には、古くからの屋敷が連なっている。

201809017_船戸の森.jpg201809017_レモン.jpg  根戸の船戸の森は、手賀沼が見下ろせ木々が日差しを和らげ、とても心地よい丘。
 隣接する、武者小路実篤旧宅跡への路地に、青い果物が落ちていた。
 拾い上げてみると、形からレモンと分かった。
 路地に面した家の庭に、檸檬の木がある。
 洒落ているなぁ。

201809017_森の道.jpg 船戸の丘から根戸城址へ下る森の中の道は、まるで深い山の中のようだ。
 我孫子の駅からすぐ近くに、こんな森が残っている。

 我孫子は、JR常磐線の各駅も快速も停車するし、上野から35分位で着く。
 各駅停車は、千代田線に直通で、とても便利。

 我孫子は、住まいを構えるには、なんと良いところだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

気持ちいい陽気

日曜日
 暑くもなく、寒くもない。
 外に立っていても、日差しで炙られることもなく、汗が流れることもなく、気持ちいい一日だった。
 
 朝、利根川を渡ると、朝靄が立ち込めていた。
 車の窓を開けて走っていると、ちょっと香ばしい懐かしい匂いが漂ってきた。

 稲わらやもみ殻を焼く匂い。
 
 稲刈りが始まっているんだ。

 3年前、鬼怒川が決壊して水没した田んぼも、ようやく米が採れるようになったようだ。

 18時を過ぎると、外はあっという間に暗くなる。
 三日月と火星が、空に輝いていた。

 サンルーフを開けて、空を見ながら走った。
 こんな日は、屋根のない車がいいなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:24| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

3連休の始まり

土曜日
 涼しくなった。
 1週間前はとても暑くて、どうなることかと思ったが、季節はしっかり進んでいる。
 今日は9月15日。ちょっと前なら、「敬老の日」で祝日。
 意外と、残暑もこれでもう終わりかも。
 今週末から、3連休が続く。
 10月1日は、勤務先の親会社が創立記念日のため、休日。
 10月8日が、体育の日。
 4週連続の週末3連休だ。

 柏の葉キャンパス駅から事務所までの道端に、彼岸花が咲いている。
 昨年、幸手の権現堂へ彼岸花を見に行ったのは、9月22日だった。
 秋分の日をはさんだ3連休は、3日とも出かける先が決まっていて、花を見に行けないなぁ。
 最悪なのは、22日(土)が出勤だということだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする