2020年05月28日

マイナンバーカードとは

木曜日
 マイナンバーカード。
 以前、甘利議員が大臣だったころ、CMに登場して作成を訴えた。

 いつまでたっても、さっぱり普及しない。
 まぁ、端的に言って、使う場面が無いから、誰も必要性を感じないだけ。

 そもそも、政府はマイナンバーカードを、どう運用するか想定して作成したのだろうか。

 ワシは、個人に係わる各種の手続きを、全て連携して一括処理できる統合的な個人情報システムにしてほしい。
 住所を変更した時、マイナンバーの登録住所を変更する。
 マイナンバーのデータ変更に連携して、住民票の現住所、銀行口座の届出住所、ライフラインの電気・ガス・水道・下水道の使用場所、勤務先への登録住所、年金に登録された住所、健康保険、生命保険、損害保険、等々の住所、そういった変更手続きが、一挙に終了する。
 当然、個人のメインバンクは、マイナンバーに紐づけられる。
 また、個人の所有する資格情報にも紐づけられ、運転免許も種々の資格に関する住所も、マイナンバーさえ更新すればすべて連携して更新される。
 買い物をするのも、電車に乗るのも、マイナンバーカード1枚で済む。
 定期券や乗車券を買う必要が無い。
 
 マイナンバーカードさえあれば、何処へでも行ける。当然、パスポートも、マイナンバーカードだけで代用できる。
 メインバンクの口座が紐付けられているから、確定申告も必要無くなる。
 収支は、登録された銀行口座で全て明らかになるから、正確に政府が把握できて脱税は不可能になる。
 正々堂々と暮らしている一般庶民には、面倒な事務手続きが無くなり、いいことづくめ。

 このように、個人の生活のすべての個人認証をまかなう、総合情報集約システムにする構想をもったシステム設計を何故しなかったのか。
 どう使うかのシステム設計を、何処までレビューし作り上げたのか。

 所持する庶民の使い道を考えて作ったシステムとは、到底思えない。
 内閣府の構想を拝見すると、全て諸手続きを受け付ける行政側の手続きを簡略化することしか、想定していないと見える。

 暗証番号も不満。
 あんなもの、2種類も覚えていられるか。
 覚える必要が無く、盗まれない個人認証の仕組みを、なぜ採用しない。
 生体認証を組み合わせれば、偽装も殆ど不可能。
 覚える必要が無く、誰にも盗まれない個人の生体の特徴を、暗唱コードにすべきだ。




 
【 昨夜から朝 】
 21時頃から、昨日放送のTBS−TVのドラマ『逃げ恥』を見る。
 22時半頃、酔いつぶれて眠り込む。
 4時起床。睡眠時間、推定5時間半。
 朝食後、軽いストレッチの後、コーヒーを淹れて飲む。
 始発で、出勤。
 5時54分頃、流山おおたかの森駅から歩き出す。
20200528_草刈り.JPG 運河沿いを行くと、R16近くになって堤の斜面の雑草が刈り取られていて、ぐぐっと歩きやすくなった。
 一昨日までサイクリングロードは、道の両端に70cm位の高さのイネ科の雑草が繁茂していて、人とすれ違うのも難しかった。
 8時頃勤務先到着。歩いた道のり約12.3km、所要時間約2時間5分15秒、平均時速約5.86km/h。
 信号待ちや、道路横断時に待つことが結構あった。
 

【 昼 】
 正午過ぎに昼食。


【 夜 】
 17時30分頃退社。なんとポツポツ雨が降って来た。
20200528_夕日.JPG 18時20分頃新鎌ヶ谷駅に到着。銀行ATMでお金を引き出す際、前にいた女性の操作が鈍くて時間を費やされ、北総線の電車に1本乗り遅れた。
 北総線のホームに移動する際、雨がしっかり降って来た。
 夕日を眺めている間、しっかりと雨が降っていた。
 18時50分頃帰宅。

 
posted by 野内 悟 at 20:17| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大いに異議なし!
Posted by 武政邦男 at 2020年05月29日 20:16
内閣府のマイナンバー構想、それのどれ位が実現したのか、政府は検証しないのでようか。
PDCAって意識は、行政には無いのでしょうか。
Posted by 野内 at 2020年05月29日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。