2020年07月06日

通院(最低の病院 鎌ヶ谷総合病院)

月曜日
 昨夜電話で、通院して皮膚科の受診を予約したため、新鎌ヶ谷の鎌ヶ谷総合病院へ行く。
 朝、体温は、起掛け37.1度、朝食後37.6度。
 鎌ヶ谷総合病院は、受付開始が8時。
 てっきり9時頃だろうと思っていたので、寛いでいた。
 WebでHPを見た瞬間、『いかん行かなきゃ』と思い、着替えて出発。
 風雨が強く、車で出発。
 自宅前からR464に出る道で、なんと目の前にRX−8がいた。
 R464を走行し、左後ろに着く。運転しているのは、若者だった。最近みたRX−8は、年輩者が多かったが、殆どがMT。
 若者は、ATでも構わず乗っている。
 そのグレーメタリックのRX−8は、西白井駅前の交差点で消えた。
 
 鎌ヶ谷総合病院に着いて、駐車場へ車を入れようとしたら、入り口が不案内だった。なんと正面入り口に駐車場の入り口があった。
 駐車場のゲートは、病院の一番奥にある。駐車券を受け取り車を停めて病院へ入ろうとしたら、一般の入り口は正面にしかない。
 駐車場から正面入り口には、病院の建物サイドに歩道は無く、一旦駐車場の中を歩いて公道に出て正面入り口に回るしかない。
 約150mほど、強風と雨の中を歩かされた。
 病院の入り口では、発熱チェックがあった。でもワシは、36.5度と平熱と判定され新型コロナ検査はスルーした。
 この病院の診察券を持っていたので、自動受付機に通す。診察科が表示され、受付登録しようとしたが、皮膚科が無い。
 カウンターの有人受付に尋ねると、『皮膚科は、火曜金曜のみです』と云われた。
 昨夜の応対は何だったのか、運萬やるかたないが、ここで騒いでも単なる暴走老人になってしまう。
 雨の中を歩かされた、駐車場の配置を呪いながら、出口ゲートで駐車券を入れると短時間だったためか駐車料金は無料だった。
 病院敷地から車で公道に出ようとしたら、なんと病院正面の車寄せを通らないと公道に出られない。
 何たる、無駄な配置なのか。
 この病院の駐車場は、歩行者が駐車場の裏側から入ることもできない。

 これで、この病院は二度と使わないと決意した。数年前にも、人間ドックの時に、相当腹が立ったのを思い出した。
 

【 昨夜から朝 】
 21時頃から、布団に横になり、TBS−TV『半沢直樹・特別総集編 前半』を見始める。
 21時半頃、眠り込む。途中1時頃尿意で目が覚め、用を足して再び就寝。
 4時半起床。睡眠時間、推定7時間。
 朝食後、コーヒーを淹れて飲む。
 8時頃車で出かけ、9時頃帰宅。
 ネットで近所の皮膚科の病院を調べたら、最寄りの2病院がヒット。
 聖仁会白井病院と晴クリニック。
 白井病院は総合病院で、皮膚科の診察は午後から。晴クリニックは、9時半診察開始。
 迷わず、晴クリニックに決定。
 9時20分、出かけた。ファミマのATMで現金を下ろし、郵便局で昨日の朝首都高で覆面パトカーに速度超過で捕まった交通反則金を納付。
 晴クリニックへ9時40分頃着いて、新規診療申し込みをして問診票を書き、暫く待つ。
 新鎌が谷皮膚科とは、大違い。落ち着いた雰囲気だ。
 少々待って、診療開始。
 院長は、ひと目見て、「これは虫刺されが感染症レベルまで感染症が悪化したようなもので、清浄に保ち処方する薬を定期的に塗布すること」と、丁寧に説明してくれた。
 

【 昼 】
 昼食は、マグロ漬け丼とカップラーメン。
 14時から、ビデオで「逃げ恥」を見る。
 16時からT−Verで「半沢直樹」を見る。


【 夜 】
 18時頃から入浴し、入念に体を洗い、処方された薬品を塗布する。
 20時から、ビデオで「半沢直樹」の第2話を見る。
posted by 野内 悟 at 20:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。