2020年09月24日

回想その4

木曜日
 オーディオにのめり込むきっかけは、SONYのカセットテープレコーダー。
 カセットレコーダーは、今入院中の兄が高校生の頃、新聞部の取材用に購入した、SONYのTC−100。
 肩から提げて持ち運ぶ、携帯型のカセットテープレコーダー。
 B5ノートを少し長くしたサイズで、乾電池とAC電源で稼働する。
 四角い銀色のマイクと、肩から提げるための革製のケースが付属していた。
 
 兄が買って来た時、家中で注目した。
 自分たちの声を録音して再生して、大騒ぎだった。
 あの時、初めて自分の声を聴き、『変な声』と思った。

 そのカセットテープレコーダー(SONYはカセット・コーダーと呼称)は、兄は取材に時折お持ち出すだけで、次第にワシが専有して遊ぶ時間が増えて行った。
 ワシは、中学2年生の正月に、ナショナルの3bandラジオ(ワールドボーイ・GX)を所有していた。
 このラジオ、親父に買って貰ったモノか、自分でお年玉を貯めて買ったモノか、記憶にない。
 このラジオに、外部アンテナを接続して、海外の短波放送を聞いたり、日中に東京のAM放送を聞こうとしたりしていた。
 日本海側だと、夜間はAM波が電離層で反射して届くため、夜間は東京のキー局の放送が簡単に聞けるが、昼間は電波が弱く受信が難しい。
 FM放送は、当時新潟ではNHK−FMしか受信できなかったが、それでも楽しく聞いていた。
 そのFM放送で音楽を聴いているうち、テープレコーダーで録音して聞き返して楽しむようになった。
 TVに接続して、TVの音楽放送も録音した。

 高専に進学したら、学生寮に入ることになった。
 その時、テープレコーダーは、ワシが貰った。

 テープレコーダーで音楽を聴きながら、勉強したり本を読んだりして過ごすうちより良い音で聞きたくなり、高専の2年生の時カセットテープデッキを購入。
 FM放送の音源は、寮のステレオを使わせて頂いた。
 聴くのは、ヘッドホンを使った。
 当時パイオニアから発売された、オープンエアー式のヘッドホンを購入した。

 この辺から、じわじわとオーディオにのめり込んでいった。


【 昨夜から朝 】
 21時頃から、ビデオでラストを見逃していた『アイガー北壁』を見る。
 21時半頃、酔いつぶれて眠り込む。
 4時半起床。睡眠時間、推定7時間。
 朝食後、軽いストレッチの後、コーヒーを淹れて飲む。
 5時30分の2番電車で出勤。
 SONYのHPから、SONYの歴史のページを見つけ読み耽っていたら、東武野田線で乗り過ごして隣の初石駅で気づいて下りた。
 反対の柏行に乗り、流山おおたかの森駅へ引き返して、TXに乗る。
 でも、TXは正規に乗り換えた時と同じ列車に乗れた。
 

【 昼 】
 12時50分頃から、昼食。


【 夜 】
 17時40分頃退社、19時10分頃帰宅。
 19時50分頃、スポーツジムへ。
今日のトレーニングメニュー
筋力系
内容・利用マシン 時間 消費Cal
ストレッチ約5分間
筋力系マシンジム 10種
ダンベル8種各1セット
約1時間
ストレッチ約25分間



 膝を延ばすことと、屈伸が出来ない。
 そのため、出来るストレッチも制限した。
 
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。野内さんのオーディオ好きが、なんとお兄さんがきっかけとは!当時、テープレコーダーそのものが、まだなかなか珍しい時代ですよね?
Posted by なる at 2020年10月01日 22:44
結局私がぶんどってしまいました。
わははは!
Posted by 野内 at 2020年10月02日 04:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。