2022年05月28日

バラ園へ

土曜日
 一挙に暑くなった。
 久しぶりに、眩い陽射しの下を歩くことになり、日焼け止めを塗って出かけた。
20220528_てふてふ.JPG アゲハ蝶が、飛んでいた。
 いつもよく見る蝶々は、モンシロチョウ・タテハチョウが多く、アゲハ蝶を見るのは久しぶり。
20220528_観音寺.JPG


 観音寺の山門の中にはいると、手水舎に花が浮かべてある。 
20220528_観音寺の紫陽花.jpg 観音寺は、今花が少ない。
 
 駐車場の隅に、紫陽花が少しだけ咲いていた。

 五香の駅を通り抜けて、松飛台の工業団地を歩くと、建築中の社屋や倉庫が幾つもある。
20220528_新社屋.JPG
 まだ工事中。
 洒落た感じの建物。
 この山田電機は、もしかして八柱霊園の近くにある『山田電機』の新社屋かな。

 工業団地に、建設中の建物が多いということは、景気回復を見越して設備投資をしているということかな。

 八柱霊園の東の端から松飛台駅北側の信号を左折れて下って行き、坂を登るとR464の大町梨街道に出る。
 ここからは、林の中を行くと直ぐに、大町自然公園に出られる。

20220528_大町公園のバラ園.jpg バラ園は、ちょうどいい感じだった。

 暑い感じの日だったためか、公園を訪れる人はこころもち少ないような感じ。

 訪れている人たちは、殆ど皆スマホで撮影していた。

 

 70近い老人が、スマホで写真を撮りまくる姿は、なんとも痛々しい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

事故

金曜日
 東初石3丁目の歩道橋のある交差点に、なぜか車が2台止まって車線を塞いでいる。
 なんじゃろかと思って近づいたら、ワンボックスのワゴン車2台が衝突した交通事故だった。
 レスキューと警察官が着いていて、現場検証を始めていた。まぁ、歩道橋の後ろは交番だから、警察官の到着は早いか。
 県道47号線を東方向からきた車Aと、交差する市道を北側の流山中央病院方面から直進してきた車Bが、交差点で衝突したもの。
 A車の運転席側にピッタリ沿うようにB車が停止していた。
 A車は電柱に衝突したようにフロントグリルの中央が大きく凹んで、B車は左フロント側面が凹んでいた。
 A車の右側にB車が衝突して、A車の進路が左にずれて電柱に衝突したらしい。
 両車ともに、ドライバーは既に車の中に居なかった。A車のドライバーは、相当大きな怪我を負ったのではないか。
 恐らく、何れかの車両が信号を無視したのだろう。
 交差点近くには、監視カメラが設置されているから、映像記録を検証すれば原因は判明するだろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

暑熱順化

木曜日
 暑熱順化って、暑さに慣れること。
 暑くなり始めた5月に、体を暑さに慣れることで、真夏に向かって暑さに強い状況にすること。

 気温の低い冬には、毛細血管が縮小して汗をかかずに、熱を貯えるようになるそうだ。
 それを、徐々に血管が拡張して皮膚の発汗量や血流量が増えやすく、体内の熱を放散しやすい体にするのに、暑くなり始めた5月がいいらしい。
 ワシは、毎朝約2時間歩いていて、次第にこの気温の上昇に体を慣らしてきているので、心配無さそう。
 確かに、ジムで同じ運動をしていても、このところ汗を流す量が多くなった。

 服装は、既に真夏と同じで、長袖のUVカット・速乾吸汗Tシャツの上にポロシャツ。
 かいた汗は、Tシャツが発散して体を冷やしてくれるため、暑さを感じずに済む。
 今朝は、日陰にはいると、スゥーっと体が冷える実感がある。
 半袖で腕を露出して歩くより、涼しく過ごせる。



 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

何が真実なのか

水曜日
 柏通信所近くの、防衛省の官舎4棟が建設仮囲いで封鎖されていた。
 下総基地の向かいの官舎も、解体が始まっている。
 これは、新築の為なのか、ただ国の資産を売却して、一時利益を得たいだけのか。

 今朝、柏駅から大堀川沿いを歩いて勤務先へ向かう途中、北朝鮮がミサイルと思しき飛翔体を発車したとニュースを聞いた。
 次々と続報が入り、発射した飛翔体は3つだそうな。
 
 実に不思議な国だ、北朝鮮は。
 国民の1割強が、新型コロナによる発熱を来たしている時に、もの凄い費用の掛かるミサイルを3発も放った。
 その資金は、一体どこから調達しているのだろうか。
 
 あるサイトの情報では、北朝鮮の優秀なソフトウェア技術者が国籍を偽って世界中で活躍し、その利益を北朝鮮に送っているらしい。
 それほどまでに、北朝鮮の技術者は優秀なのか。
 凄く、勿体ない気がする。
 その外貨を、国民の生命と健康の為に活用するのが、国の主導者の義務ではないのだろうか。
 北朝鮮の主導者は、戦争相手の国からの脅威を排除するために、強烈な反撃能力として核兵器と大陸間弾道弾を手に入れている。
 あの国の主導者の言い分は、『これが我が国を守る道』なのだ。
 
 日本も周辺国の軍事的な脅威に対抗するために、『反撃能力』を持とうという主張を与党は始めた。
 
 実際に行うことは、周辺の不穏な国と、変わるところが無い。

 ワシは、西側の民主主義国家の思想・宣伝に染まっているから、現在の世界を覆う危機は全て東側の社会・共産主義国家がもたらしていると思い込んでいる。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月24日

トレキングパンツ

火曜日
 今週、トレッキングパンツを変更した。
 先週まで2週間穿いていたのは、3ウェイストレッチのスキニーフィットのトレッキングパンツ。
 一昨年購入する時、たしか『レギュラーフィット』と書いてあったと思うのだが、帰宅して穿いてい見るとピッタリフィットする形。
 65歳の老人には、少々痛々しいと思うのだが、もったいなくて穿いている。
 ただ、歩く際には、いささか疲れる。

 月曜から穿いているのは、普通に肌に密着しないタイプのトレッキングパンツ。
 楽だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

理解不能

月曜日
 新聞の世論調査の結果を見て、まぁこんなものかと思う。
 内閣支持率は59%と凄く高いが、経済政策を『期待できる』は34%『期待できない』は56%。
 岸田総理の経済政策の方向性は、隙あらば『増税』だし、景気対策として『減税』は全くやりそうにない。

 今の日本の景気低迷の一因は、3年前の消費税増税だ。
 
 ガソリンの価格抑制策も、成果が期待できない元売りへの支援金支給。
 減税となる、トリガー条項の適用を何故しない。
 財務省の云うことをよく聞く岸田総理は、減税は行わず、予備費から元売りに金を出しまくっている。
 国の財源から支出するのは惜しまず、歳入となる税金は減らさない。
 両方減らせば、差し引きで同じだろう。
 
 何故、国民の痛みを軽減する、減税を選択しないのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

筑波サーキットへ

日曜日
 本日は、SCCN主催の4輪レースのコース員として、筑波サーキットへ。
 朝4時の時点で、茨城県常総市の天気予報は、6時以降曇り13時以降は晴れ、降水確率20−10%。気温16℃から21℃。
 朝の天候は予報よりすぐれず、筑波サーキットの路面は、水で覆われていた。

 朝一のレースの予選では、路面に水があり、走行するとタイヤから水煙が上がる。
 ドライバーたちも、車が滑るのが判るため、慎重にアクセル操作をしている。

 9時頃には、次第に雲が切れて青空がのぞむようになり、路面が乾いてきた。
 コースコンディションは、最良の状態になった。
 
 午前中の予選では、大きなトラブルも無く、平和に過ぎた。

 時折北の空に黒く低い雲が湧いては消えていったが、筑波は雨にならなかった。
 
 サーキットでは、雨が降って路面が濡れていると、思い切って走行できないから車速も低く、アクシデントは起きても比較的軽微なことで済む。
 
 今日の決勝レースでは、S−FJで1周目に4台が関わるクラッシュが発生し赤旗中断。
 全車が、コントロールラインへ着いた直後に、何故か『赤旗解除』の指令が告げられた。
 ちょっと妙なタイミングだと感じた。
 その理由は、予想通りだった。

 最終のレースは、VITAレース。
 同じ車での競走のため、速さの違いは、車の設定の能力と運転技術の差。
 
 いわゆる、技術の差。


 
 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする