2005年01月31日

時期を逸した

0131夕日今日も夕暮れに富士山は見えなかった、日没1時間前には見えていたので、本当に残念だ。
ここまで、私がこだわるのは、夕日と富士山の位置関係ゆえ。
この写真を見ていただくと、夕日が池袋のサンシャイン60の向こうに沈んでいる。富士山の頂上は、サンシャインのちょい左にあたり、今年の富士山のてっぺんの向こうに沈む夕日を撮り損なったのである。

今日の夜7時のNHKニュースで、ジェンキンス氏の会見があり、それを新京成線の電車内で聞いた。奥様のひとみさんとの出会い以降の変化について聞くうち、じんじんと胸に響き涙を堪えるのに往生した。 最近、やたらと涙もろい。

涙を、花粉症にごまかして、五香のXAXで道草。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

風が強い

今日は、日中風が強くて、歩きにくかった。
いつものように、清水口の調整池から七次川・神崎川と川沿いを歩く。風向きが良くて背中を押される向きでは大変楽チンだけれど、ふと風向きが乱れると帽子が飛ばされそうになる。
 今日も昨日同様、神崎川側沿いで測量をしている。なんの工事の準備なのだろうか。一人が川の堤の上にトランシットで、もう一人向かい側の川縁にポールを立て、それを覗いて何か記録していた。ポールは、川底に立てていた。
 神崎川の小室橋で小室公園へ向かうのがいつものコースだが、今日は少々時間に余裕があるので鎌倉橋まで神崎川を下り、小室の八幡神社を訪ねた。
 昨年の台風の時倒れた水屋は、しっかり補修されていた。
 またいつものゴールデン君(あの犬である)に会って、清水口の調整池に戻った。

0130白鳥白鳥は池のまどか幼稚園寄りに集まって、風のせいかみんなこんな姿で羽の手入れ(かな)。




午後は、○○の一つ覚えで、五香のXAXへ。

今日は、大阪女子マラソン。3年前は、現地で見た。今日は、フィットネスクラブでクライマーを踏みながら、ちょうど大阪城の堀の周りを昇って行くあたりからからゴールまで見続けた。
 あのマラソンコース、大体どこを走っているか、見当がつくのでまた楽しい。
 大南選手は、途中力尽きたか、惜しかった。
 弘山選手、あの人はどんなにか悔しかっただろう。40km付近では、移動のカメラが彼女の顔をアップで撮り続けたが、あの苦しそうな表情。『そんなに長く映さなくてもいいじゃないか』と、放送する人たちに言いたかった。
 
 トップでゴールしたラトビアのプロコプツカ選手、表彰式の花束を抱えた時の笑顔が、女神のように綺麗だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

すこし春の匂い

午前中9時半頃、いつもの散歩に出た。0129調整池
天気予報では「気温が低い」とのことだったので、セーターまで来て出かけたが、外はポカポカと暖かく、霜がとけ地面も緩んでいた。
白鳥たちは、見物する人たちのいる水門の向かい側の、団地寄りに集まっていた。
すこし靄がかかっていて、まるで春のよう。
すぐに着ていた薄手のジャンバーを脱いで、腰にくくりつけ、歩き続けた。
時折さす陽射しも暖かく、なんとなく春の匂いを感じた。 正月は、旧暦のほうが、季節の変化と合っていると思う。

0129カワセミ神崎川の野口橋の先で、川縁の梢にカワセミを見つけた。
 少しカワセミを追っていたら、先の所沢小橋のところに人が3・4人立っている。また左手の鷲神社に人だかりができていた。カワセミを見失ったので、所沢小橋に近づいてみたら、立っていたのは消防団員。これから、鷲神社の防災訓練だという。
 このところ、この神崎川沿いの散歩コースは、ウォーキングを楽しむ人の数が増えたように思う。
あの消防団員たちも、てっきりウォーキングの集団かと早合点。

まだまだ、冬はこれからだ。明日から、この冬一番の寒気がやってくるそうである。

午後は、フィットネスクラブでのんびり。

午後8時から、TBS−TVの「みんなのモンダイ」。日本語の問題は面白かった。
我が家の、現役中学生は、以外に優秀。結構、慣用句や漢字の問題を良く知っていた。聞けば、漢字検定で勉強したらしい。
TVの出演者では、山口智充氏が意外なほど不振であった。
あの生真面目で几帳面な性格だから、きっと満点と思ったのに。(この点、家族全員一致) なんでじゃ。。。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

<朝 駅のホームから望む月>

0128月今週は、朝寒さが本格的になってきて、”冬”を実感する。
駐車場に停められた車も、窓や車体に霜が凍り付いて真っ白になっている。
今週は、大きな月が、朝も西の空に残っている。
今夜は、フィットネスクラブの窓から、赤い月を見ながらマシントレーニング。
 金曜の夜、さすがに人が少なく、空いている。

いつも通っているこの五香のXAX、アメニティスタッフ(お掃除担当)が、頻繁にトレーニングルームやロッカールームを綺麗に掃除してくれている。
 マシンジムの周囲は、粘着ローラを使って落ちいている髪の毛や細かなゴミを取って周っている。
 おかげで、綿ボコリやゴミが室内に無く、気持ちよく汗を流して楽しむことが出来る。
 アメニティスタッフの方々に感謝!!
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

白鳥の来る池

私の住む千葉県白井市には、毎年白鳥が飛来する池がある。
先週土曜日、1月22日の様子。
1月22日の白鳥
池の周囲は、ニュータウンの住宅地で、1戸建てと5階建ての集合住宅が建ち、幼稚園と小学校もすぐそこにある。
池は大きくはなく、1周500mほど。
そもそも調整池のため、池に入れないよう周囲にはフェンスが張られて、立ち入り禁止となっている。
1年中そこにいる鳥は、少ない。秋から春先にかけて、鴨やバン川鵜などが集まり、11月中旬には白鳥がやってくる。
白鳥が最初にやってきたのは、平成5年頃から。昨年は12羽を越え、池が狭く見えた。
今年も既に、10羽が滞在中。
この季節、ケアホームや病院の送迎車は、わざと池の周囲を廻っている。
寒い日には、池の周囲を飛んで見に来た人を楽しませてくれる。
 今度の週末は、また寒くなりそうだ。白鳥が飛ぶのが見られるかどうか、楽しみだ。

そうだ、今日なんと大阪のおきな昆布から、Blogにコメントを頂いた。
大変有り難い、新大阪駅のB1Fに店舗を再開したという。
コメントを頂いたこと、新大阪駅の店舗再開、両方とても嬉しい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

サバイバルウォーク

読売新聞今朝の「顔」のコラムに、大地震に備えサバイバルウォークを実施する「帰宅難民の会」代表、吉武正一さんが登場している。
主宰されている「サバイバルウォーク」は、11回目を迎えるそうである。
私も、1昨年「地震」ではなく、「大停電」を想定して、勤務先から自宅まで歩いて見た。
<スタート 亀有交番>  <ゴール 当時開通前のR464西行 大松地区先>
スタートゴール
距離にして約25km、所要時間4時間半。地震は想定していないため、なるべく直線で歩くコースを辿り、途中に公園や神社・仏閣を選んだ。途中の休憩場所として最適であり、見て楽しめるから。
しかし、地震を想定すると、コースは再考が必要だ。
まず、橋が渡れないかもしれない。
勤務先から自宅までは、中川・江戸川を渡らねばならない。想定した橋が落ちていたら、無事な橋へ迂回が必要だ。松戸を越えるには、あの丘を越えねばならず、前回の直線ルートでは崖が崩れていて近づけないおそれがある。
道も、電柱が倒壊すると通れないので、なるべく電柱立っていない場所を選ばなくてはならず、歩いて楽しい川沿いは、液状化で崩れる危険がある。
 機会を見つけ、安全なコース探しに歩いてみたいものだ。

今日は、夕日がもう少しで見えたのだが、雲に阻まれてしまった。 明日こそ・・・・。

今日も、フィットネスクラブで道草を、
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

また暖かい朝

今日は、朝だけ富士が見えた。
<朝 新鎌ケ谷駅ホームより>         <職場より望む>1月25日











日の出間際の新鎌ケ谷駅では、地平線の向こうは、うっすらと靄があり、注意してみないとシルエットが良く分からなかった。
今朝は風があったものの気温が高く、直に富士は見えなくなった。
昨日の朝との気温の違いは明らかで、足元も凍っていなかった。
東京・千葉の人たちの服装は、大げさだと常々思う。札幌の人たちと、殆ど変わらぬ服装である。
個人的には、外気温が3℃を下回らぬ時には、コートなど不要だと思っている。

さて、今週は職場から夕暮れ時に富士が見えると、抜群の絵が楽しめるはずなのだが、今日は全く望めなかった、残念!!!。

今日はフィットネスクラブは、定休日。珍しく、素直に帰宅した。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

罵詈雑言

昨日の散歩中、珍しいことに鷺が電線に退避した時、何度も羽を拡げていたので、曇天の中で超望遠のためコントラストは低いが、ご覧あれ。

ポーズ

こうやって見ると、鷺はなかなかほっそりと綺麗な鳥だ。

さて、ここからが今日のタイトルの、罵詈雑言。

1.女子高生は化粧の前に、お肌の手入れをしなさい。
 今日の帰宅途中、北総線の車内で女子高校生2人が、化粧品のことを話していた。ふとその1人を見たら、化粧をしているのだが、地肌の手入れがなっていないので、でこぼこで見るに堪えない。
 毎朝車内で綿密な化粧を施しているあの女性には、遠く及ばない。化粧がかえってその顔を醜く見せている。 よ〜く鏡を見ろ。
2.女子高校生よ、短くしたスカートの下にトレパンを穿くのはなぜなんだ。
 すっごく短くたくし上げたスカート、その下にトレパンを穿いている。何じゃそりゃ、スカートは腰巻か。
3.駅の改札付近で、携帯を見ながらのろのろ歩くんじゃねぇ。
 どうして、電車の乗り降りの時に携帯を見て、他人の行く手を邪魔するか。 
 この無礼者!!

ああ、すっきり!!

今日の、フィットネスクラブから帰宅途中、ムカッと来たこと、3つでした。

感心したのは、西白井の駅で降りたあの女子高校生。
 駅で私の前を女子高校生が、階段を登っていった。彼女のスカートも極端に短いが、その下にはトレパンなど穿いていない。実際、綺麗な素足がのぞいているだけで、お尻を隠そうともしない潔さ、見事だ。
 とっても、スマートだよ。
 隠さなくとも、パンツなど見えないのだ。あの子は良く分かってる。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

ステンドグラスライトアップコンサート

12月4日、白井文化センターでのプラネタリウムコンサートで、こんぺいとうの演奏にに私はまたまたすっかり魅了された。
そこで、次の週にはステンドグラスの作品展会場で、2ステージやってくれるというので、そそくさと出かけた。それが、12月11日のこと。

ステンドグラスコンサート
演奏だけでなく、パンフルートを奏でる岡田さんが曲の前後にしてくれる、トークがいい。
古い唱歌の時代背景とか、パンフルートの話を聞いていると、演奏がいっそう心に染み入るものになる。



こんぺいとうは、来る4月8日、亀戸でコンサートを行なうそうです。
右にその案内をつけたので、ちょっと見てみよう・聞いてみようかなと思った方は、クリックしてみて。
 リンク先に、詳しい案内ページがあります。
また、こんぺいとうのHPのリンクもあり、そこからHPへ飛べば試聴も出来ます。

#今日は、午前中散歩。午後は五香のコナミスポーツXAX館へ
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

お散歩お散歩、たのしいな

すごく久しぶりに、散歩が出来た。と思ったら先週雨で出歩けなかっただけで、10日の成人の日にはしっかり散歩していたので、2週間まで間が空いていなかった。
でも、昨日の酒がすこ〜し残っていたせいか、とってもうきうきと、いつものコースを歩いて廻った。
まずは、清水口の調整池に立ち寄った。白鳥は、池のまどか幼稚園の側に、皆そろっていた。
なんか違う、良く見たら10羽いる。
 この辺から、気分はぐぐっとハイになってきた。
気温は少々低めだったようで、あちこちの水溜りに氷が張っていた。それでも、良い天気でお日様が照って暖かく、少々ハイな気分で歩き汗をかいた。

今日歩いていて、写真に撮れた野鳥たち。

1月22日の鳥


南山の珈琲豆蔵さんで、コーヒー豆を購入し12時半頃帰宅。 午後は、いつものように、五香のコナミスポーツXAX館へ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

お墓が無い

<朝職場より>            <夕方 日没直後 >
1月21日の富士








今住んでいるニュータウンには、神社もお寺も墓場もない。
それでいて、墓地の建設計画には反対が多い。反対するのは当たり前で、その墓地は近隣の住宅地の住民の墓地ではないからだ。
なぜニュータウンにお寺や墓場が無いのか。それは、公団が造成するため、政教分離の原則からいって公団は神社やお寺を作れないことらしい。

昨夜は、このBlogを入力途中で、寝てしまった。

亀有の「もつ鍋屋」で、たっぷり食べ呑んできたのだ。帰宅時刻は、実際は午前様。
気がついたら朝3時頃、こたつで寝てた。

コタツといってもホットカーペットの上にテーブルと布団を乗せたもので、スイッチも入っていなかったので風邪も引かずにすんだようだ。
もしそこにコタツがなかったら、きっと今頃ハナミズずるずる。
コタツに感謝! ん???
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

NTTとの別れ?

このところ、いろんな電話会社がいろんな固定電話の商品を出してきている。
平成電々のチョッカ、KDDIのメタルプラス、日本テレコムのおとくライン、等々。
これらは、各社の直収サービスで、家からNTTの局舎までの電線は既存のものだが、そこから先はNTTの設備を通らないもの。利用する人は、NTTへ一切費用を払わない。
色々と制限も発生するらしいが、一般家庭では殆ど困らない。電話番号だって、この変更を機会に変えてしまえば、わずらわしい市場調査のような電話やいたずら電話も来なくなるだろう。

いまは、NTTのアナログ電話・Flets-ADSL+DIONでインターネットのため、NTTには月額5300円ほど支払っている。(3年前、ADSLにしようとしたら、自宅の地域はNTTのFletsしかサービスが無かった。YAHOO-BBは論外で、あんな会社は相手にしたくなかった)

 実のところ、我が家はKDDI一辺倒だ。
 マイラインプラスは、KDDI。携帯は、一家3台au。プロバイダは、DION。

今、注目しているのは、KDDIの光プラス。
こいつにして、快速インターネットとIP電話にして、NTTとバイバイしたい。

 てなことを考えながら、フィットネスクラブで雑誌を読んでいた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 電話サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

二日酔い(三日かな)

昨日から、どうも体がしゃっきりしない。
いつまでも、酒が体に残っているような、体のだるさが続いていた。
昨日朝から午前中は、そこそこよかったのだが、午後に妙に体がだるくなり、頭の隅が熱くなる。
午後5時頃には、頭痛がし寒気がしてくる。
 きっと、月曜日大阪で飲んだ日本酒のせいだろう。
 今日の午後になっても、どうにもしゃっきりしない。これじゃ、二日酔いどころではない。

 19時頃、そそくさとフィットネスクラブへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

今日は、朝の富士が綺麗

<朝 新鎌ケ谷駅ホームから>       <7時45分 職場から>
年末まで、雪が少なかったが、年末からの雪で裾のほうまで見事に白く、綺麗な富士である。
夕方は、雲に隠れてしまい、見ることは出来なかった。
 今日の午前中は、遠くの山も良く見えた。
 西は丹沢、多摩、秩父の山々が、雪がかかって青地にまだらに白く、冬山の景色を見せていた。

 今日は火曜日だから、フィットネスクラブはお休み。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

久しぶりの出張

爽やかな、大阪出張の一日。
朝8時前、東京駅の新幹線改札前の自動発券機へ回数券を入れ、指定を取った。
ついうっかり、一番すぐ乗れる列車を選んだ。
指定が取れたのは良かったが、発車時刻まで4分以内。
しかたなく、大阪の事務所へのお土産も買わず、改札を通過しホームへ。指定の席は、14号車。ホームへ上った位置は7号車付近。延々歩いて、席について時計を確認すると、発車時刻になり気づいたらもう動き始めていた、トホホ。

小田原駅付近からは、真っ白な富士山が丹沢の山の向こうに見えたいた。
三島の駅でも、富士を眺めたが、そこから先はどうも居眠りをしていたらしく、滋賀の野洲まで記憶が薄い。
新大阪駅手前では、京都までの雨が上がり始め、車窓からは虹が見えていた。
朝は、気持ち良く、朝日のようにとは行かない理由は、10年前の震災のこと。
当然のように、大阪ではその話題を避けては通れない。
あれから10年も過ぎてしまった。

仕事は午後からだったが、梅田の駅に着いたのは10時半。
ヨドバシカメラで、デジカメを見て1時間過ごす。
ついつい、新しいカメラが欲しくなる。
マニュアルフォーカスのやり易いのが欲しい。
レンズのリングで調整出来るカメラは、使いやすそう。
 ちょっと、出張時の息抜きである。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

あれは、1年ぶりのライブだった

星空コンサートと称して、白井市文化センターのプラネタリウム内で、こんぺいとうのコンサートがあり、それを聴いたのはほぼ1年ぶりだった。

星空コンサートこの案内を見て、あわててチケットを買いに走った(ほんとは歩いた)のは、私のBlog12月4日の通り。

その時の演奏は、1年ぶりで新曲・オリジナルも加え、ぐっと来るものだった。

このとき私は不覚にも、中の響きがプラネタリウムのドーム特有のモノと錯覚したが、それはこんぺいとうのお二人がリハーサルでPAを工夫し作りこんだものだと後で知った。

今にして思えば、半球のドーム状の天井とカーペットの敷かれた床では、長い残響時間など望むべくも無い。まさに、デッドな音響空間のはず。

こんぺいとうの2人は、演奏だけではなく、コンサートの音作りなどのプロデュースのセンスも持ち、プロなんだなと感心させられた。

実は、こう気づいたのは半月後、リハーサルの様子を聞いてから。

今日の午後は、雨も上がりそうに無かったので、さっさと五香のコナミスポーツエグザスへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

川の汚れ

朝から細かい雨がふる。 明日も、雨か雪が降るという予報だ。 今週末は、散歩は諦める。
さて、こんな日は何をしよう。
メジロきビタキ以前の散歩の時の写真を見て過ごす。
メジロもジョウビタキも、いわばいつもの歩くコースでの常連だ。たまに、カワセミも姿を見せる。
ふと気づいたことは、撮影場所。
白井市が整備しようとしている、神崎川沿いのR16から河原子橋までの間では、あまり多くは見れないことだ。とくに、梨ブランデー工場のある折立橋付近は、産廃処理場が近いせいか最近カラスが多く、野鳥の姿が少ない。
二重川と合流した船橋市小室付近のほうが、鳥を見る機会がはるかに多い。
清水口の調整池でも、このところ水がよどんでいるせいか、カワセミの姿を見ろことが少ない。
明らかに、神崎川のあの区間は、川にゴミが浮いていたり汚れが目立つ。

午後は、いつものようにフィットネスクラブへ出かけたが、新京成線のダイヤが乱れていて、新鎌ケ谷駅で20分ほど待たされた。
ダイヤの乱れは、夕方帰宅する頃も続いていた。
 優良企業の新京成にしては、珍しい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

こんぺいとう

こんぺいとうは、パンフルートとギターのデュオ。
1昨年の千葉ニュータウン千葉トヨペット店の2Fで、初めて演奏を聞いた。
 彼らがやりたいのは、なんと童謡だという。

 そのステージでは、唱歌の作られた頃の逸話をはさみながら、冬の夜や小さい秋みつけたなどの、おなじみの唱歌をしみじみと演奏。
 かと思うと、NHKの親父殺し番組『プロジェクトX』の主題歌地上の星を、力強いタッチで引き込むように聞かせてくれた。
konnpeitou
ギターは、前田さんが担当。
地上の星では、ギターをドラムのように叩いて、エネルギッシュな味わいを出していた。

また、フォルクローレのおなじみの曲、コンドルは飛んでいくも演奏。そのとき岡田さんは、パンフルートをケーナに持ち替えていた。
 岡田さん、パンフルートだけでなくケーナもフルートもギターもこなす。

 また、なかなかこの2人、謳おうとはしない。
 パンフルートとギターのハーモニーで、心の琴線に触れようとしているらしい。
 でも、唄もけっして下手ではない。もっと、歌えばいいのにな。

 その2003年のミニライブのあと、翌年3月14日に白井市文化センターの中ホールでコンサートをやったのだが、私は聴くことが出来なかった。
 (その頃、私は大阪へ出張中だった)

 聴きに集まった、小中学生からも『懐かしい』と、その演奏に感想が寄せられたそうだ。

 その後、私がこんぺいとうの演奏を聴いたのは、昨年の12月に白井文化センターのプラネタリウムでの、星空コンサートまで1年も間があいてしまった。  

 さて、今日もフィットネスクラブで道草
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

すこし、寒さが緩む

昨日は、良く冷えた日だった。朝は、駅前の植え込みの木の葉に、霜の花が咲いていた。
今日はそれよりは、暖かい。
富士山が、今日は朝から良く見えていた。
<新鎌の朝>           <朝、職場から>       <職場から、夕暮れの富士>  
1月13日の富士






朝の新鎌ケ谷、新京成線のホームからようやく赤紫の富士が望めた。
会社に着いても良く見えたが、また雪が薄くなり減っている。
夕暮れの頃、雲に夕日が映えて綺麗に見えている。

今日も、フィットネスクラブで、道草。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

珍しい楽器

パンフルートという珍しい楽器がある。
初めてその演奏を聴いたのは、1昨年の11月、月刊千葉ニュータウン新聞が主催の写真展でのミニコンサートでのことだった。
パンフルート
演奏したのは、こんぺいとうという男性2人のグループ。
その時、パンフルート担当の岡田さんが、楽器の説明をしてくれた。
『東欧のラテン国ルーマニアを代表する民族楽器で、ルーマニアでは「ナイ」と呼ばれています
ヨーロッパではシリンクス、パンパイプ、日本ではパンフルートと呼ばれています。
またアンデスのフォルクローレにおいて使われている サンポーニャも同じ仕組みです。材質は竹や葦です。長さの違う竹を幾つもならべて音の高さを変えます。高いほうが左です。』

2人のグループで、もう一人はギターを演奏する。

パンフルートとギターで、童謡や唱歌、時折流行歌も交え、演奏と唄で聴かせる良いものだった。
30名ほどの小さな会場だったことと、楽器そのものがアコースティックな響きで、華美ではなくしみじみと心にしみる様な演奏だった。

パンフルートの音は、素朴で美しい。確かにケーナに似た音色である。意外と力強い響きで、ギターに負けない豊かな音量。
吹き方もあるのだろうが、音域も広い。

初めて聴いたミニコンサートで、息子が生まれたころ松田聖子の歌った『スイートメモリー』の演奏を聴いた時は、40後半の親父はつい涙してしまった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

富士山

どうにも、朝の富士を望むことが難しい。

1月11日夕暮れの富士は、比較的よく見れるんだけどなぁ。
 朝は、通勤時間の電車の乗り換え待ちの2・3分しかチャンスが無いし、朝は景色の変化が早い。
 しょうがないので、今朝も職場に着いてからの眺めなので、しっかり明るくなってしまっている。

 昨年、新鎌ケ谷の駅はまだ工事前で、ホーム間をまたぐ跨線橋から富士山が望めたのだ。昨年の年賀状には、その紫色の富士の写真を使った。
 
 まだ、冬はこれからだ。 きっと綺麗な紫色の富士山が見えることを期待して、明日も試みるとしよう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

新鎌

朝、東の空を見て、ふと新鎌ケ谷で朝日が見たくなり、駅へ急いだ。(毎日、通勤時に見ているんだけど)
北総線に乗り、日の出の10分ほど前に新鎌ケ谷駅に到着。ジャスコの屋上駐車場からなら、日の出が見れるはずと期待してジャスコへ行ったが、9時前は2階より上は閉鎖されていた。 残念!!新鎌
東武新鎌ケ谷駅を見ると、向こうの西の空が綺麗に見えている。紫富士が望めるかもと、北総線新鎌ケ谷駅のホームへ。
西の空が良く晴れている朝は、北総線のホームと新京成のホームの端から、紫色の富士が見えるから。

今日は、富士山の見える方向に雲が出ていた。またまた 残念!!!!

西白井に戻り、帰宅前に清水口の調整池を訪れた。
池は、半分薄氷が張っていた。

帰宅後、朝のコーヒーを楽しみ、朝食後いつもの散歩へ。

犬
ちょっと普段より遅くなったが、この子は出て来てくれた。
今日は、市役所をわざと通ってきたが、何もイベントらしきものは無く、静かなもの。今日の散歩、歩いた距離は、12.8km。

午後は、五香のフィットネスクラブへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

クライマー

今日は、午後から都内へ出かけるため、午前中悩みぬいたあげく、散歩よりもフィットネスクラブを選んだ。
クライマー今日は、クライマー主体の心肺系のトレーニングに終始した。
 クライマーは、文字通り階段昇降運動を行なうマシン。フットトレーに足を乗せ、足を交互に上下させ階段を登るように運動する。
 運動強度は、階段を登る速度(steps/分)で設定する。
 速さ×ストロークが設定値に満たないと、トレーが下がり切る仕組み。細かく速く踏むか、ゆっくり大きなストロークで踏むか、運動の仕方は自由だ。
 その強度設定は、マニュアル(固定)とプログラムで自動的に変化する2つのモードが選べる。
 消費カロリーは、入力した体重と運動強度で自動計算され、マシンのディスプレーに経過時間・消費カロリー・登る速度・登った段数と共に表示される。
 30分のトレーニング+5分のクールダウンで、1セット。
 同じ消費カロリー表示では、このクライマーが一番きつい感じがする。
 しかし、運動強度を少し低めにすると、いつまでも続けられる、不思議なマシンだ。
 実は、今日は2セット連続して行なってしまった。その時、隣にもう2人、いつもクライマーを長時間行なう方と3人並んでしまった。
 でも、私が一番早く終了。最も長く使っていたあの子は、3セット連続。脱帽である。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:53| Comment(8) | TrackBack(0) | マシンジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

野鳥

冬は、野鳥を見るのに良い季節。いつもの神崎川沿いで、いろんな鳥に会える。
0108鳥@0108鳥A今日は散歩のお供のAMラジオがすぐに電池切れになり、ラジオを消して歩いた。すると、いつもより鳥の声が良く聞こえる、これもまた良いもの。
上の2羽は、小室で神崎川が二重川と合流し、川幅が広く堤に木の多くなったところに居た。
これらの鳥のほか、鷺・セキレイ・ホオジロ・キビタキ・メジロもあちこちで見かけた。

 久しぶりに、かわせみに出会えた。
0108カワセミ10108カワセミ2

 かわせみといえば、NHKのBS2 御宿かわせみの再放送も、今夜が最終回。(昭和54年頃放送の、小野寺昭と真野響子が演じたもの。)
 真野響子が、とっても可愛らしい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

ビッグスター

今朝は昨夜の雨のため、しっとりとした空気が心地よかった。その分、車の窓ガラスについた露は凍りついていて、車で出勤する方はフロントウインドシールドに着いた氷を、早く取ろうと懸命だ。1月7日朝1月7日朝の富士今朝、駅から望んだ夜明け前。地表近くは、うっすらと朝霧がかかっているが、空は雲も少なく空の色が綺麗だ。残念なことに西の空は見通しが悪く、通勤途中も富士山は見ることが出来ず、職場についてからも霞んでよく見えない。午前8時には、肉眼でも殆ど見えなくなった。

 このたびのスマトラ沖地震の被害に対し、いろんな方が巨額の義援金を寄付されている。日本人では、メジャーリーガーの松井選手がすごい。
 TBSの朝のラジオで、評論家の小沢遼子氏が語っていた。『F1のシューマッハーは、やっぱり早いわね、金額もすごい』。Mシューマッハは、10億円。
 昨日今日と、読売新聞は各種の有名人の寄付について記事を載せているが、なぜかF1ドライバーの彼のことには触れていない。何でだろう。

夕暮れの富士山は、綺麗だった。

1月7日夕暮れの富士
明日から3連休、どこを歩こうかと、散歩のコースに悩む。

今日は、フィットネスクラブで、道草を食った。
ここでも、明日からの予定で、迷った。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

三浦敬三さん100歳に感激

今読売新聞を購読中で、最近くらし面に医療ルネッサンス「健康のデザイン」という連載がある。
三浦雄一郎さん、あの富士山滑走で有名なプロスキーヤーだ。1月4日の記事は、三浦家のことが掲載されていて、三浦敬三さん100歳・雄一郎さん72歳の日々の鍛錬のことが載っている。100歳にして、毎日1時間半のトレーニングを欠かさないという。
三浦雄一郎さんが子供のころ虚弱だったと、初めて知った。それが、有名な冒険スキーヤーになり、65歳の頃は引退気分で放縦な生活で『デブの高血圧患者』になってしまったところ、日々のトレーニングの成果により70歳でエベレスト登頂を果たしたそうだ。足に5kgもの錘をつけて、毎日2時間歩くという。 
(これをラジオで聞き、私は片足1kgを日常付けている。)
 年齢に関係なく、鍛えれば成果が得られるものなんだなぁと、感心させられる。

 敬三さんの言葉で、『面白くってやめられないんですよ』というのを見て、納得。

 私の散歩やフィットネスクラブでのトレーニングも、今の仕事も、楽しいからやっている。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

富士山

1月5日、朝の通勤電車も、普段の混雑度合いに近くなった。今日から仕事始めの方々が多いと見える。
昨日は春の陽気、今日は小寒となり、暦どおり冬となった。
冬の天候、低温・低湿度で風が強いと、富士山が良く見える。

0105朝の富士0105夕の富士富士山も、裾の方まで薄めながらも雪を戴いている。年末年始の寒さで、例年に近づいた。
富士山の見える日について、俳優で気象予報士の石原良純氏が、TVで紹介していた。東京から富士山が見える日数は、1月は平均16日あるという。

これは職場からの眺めであるが、通勤途中に新鎌ケ谷駅のホームから、朝日を浴びて青紫色に染まる富士山を望めた。朝から富士山が望めて、良い1日が始まった。

 今日は、6日ぶりにフィットネスクラブへ寄る。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

仕事始め (愚痴始め)

官公庁は、今日一斉に仕事始めだそうだが、通勤時の電車はガラガラ。帰省ラッシュもまだ続いているそうだ。 出社し昼食に出たが、飲食店はそばや・すし屋以外は、6日まで休みのところが多く、まだまだ、世の中一般は正月休みの色合いが濃い。
 例年、会社での年始は、社長の挨拶を聞き各部への挨拶と緊急の業務を終了したら、今年の安全と決意を込めて最寄の神社へ初詣に、三々五々出かけたもの。今年は・・・

 それでも、午後4時半頃に席の近いもの同士で、新年会をかねて出かけ、一献傾けた。
 なかなか、いつものお店が開いていなくて、店を探して30分ほど歩いた。
 焼き鳥の美味しい、立ち飲み屋も休み。

 やっぱり、世の中正月休みだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:17| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

散歩の終点に好適

昨年、隣の印西市ニュータウン中央駅南側にOPENした天然温泉、真名井の湯へ行くことにして午前9時半頃出かけた。(もちろん歩いて)
正午少し前に、到着。歩いた距離は、12.3km。

真名井の湯源泉裏口側に着いてしまったため、周囲を回っていたら、鏡餅がおいてある。ここが、この温泉の源泉の井戸であろう。

約1時間、露天風呂・サウナと楽しんで、帰りは電車。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

酒と散歩で過ごす

大晦日、1升瓶を購入。これで、4日は大丈夫と思っていた。

越の誉久しぶりに、なつかしの"越の誉"を酒屋で見つけ、たっぷり楽しめると思った。これがまたうまくて、大晦日に半分になってしまい、夕べはビール(もちろん、エビス)にしたのだが、今朝ですでに空になってしまった。

今日は、午後1時頃散歩に出かけた。いつものコース、約11.5km。
元旦より心なしか、静かに感じる。また、散歩やウォーキングをする人に、多く会う。


干支小室公園では、有名な鶏がのんびりと歩いていた。

今年は、酉年。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

七福神巡り

元旦、初日の出は分厚い雲に阻まれ、望むこと叶わず。”残念〜”
朝から松前漬けときんとんなどのおせち料理で日本酒を頂き、いい気分になったところで、今年初の散歩にでた。
清水口の調整池で、白鳥を見てからルートを考え、白井の七福神巡りをすることに決めた。ルートマップと、その拝観した七福神を。

MAP七福神
歩いたルートを、青色で書き込んだ。少々見づらいかもしれない。
スタートは午前11時、ゴールが午後4時。
総行程、22.8km。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする