2005年02月28日

朝の電車内、目の前で女の子二人並んで化粧をしている。ひとりはいつもの女性だが、もうひとりは私立の女子高校生。
高校生は、少々稚拙だ、肌の色使い・マスカラの仕上がり、キャリアの差が見て分かる。
しかし、眉も八割がた書いたものだし、シャドウも入れて、高校生があんなにバッチリ化粧して学校行ってもいいのかなぁ。

でも二人並んで化粧されると、なんだかなぁ〜
おとうさんは、困ってしまうよ。

女子高校生の隣に座ったおとうさんは、寝たふりしているし、そのまた隣の年配の御婦人は、困った顔でちらちら見ている。

今日は、五香まで来ていながら、居酒屋へよってしまい、トレーニングは無し。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

良く晴れているけど 寒ううう

青空が広がり、これは散歩日和。
と歩き出したが、いやはや風が冷たく気温も低く、道端の水溜りも凍っている。
風が強ければ、白鳥が飛んでくれるかなと期待したが、午前中は飛んでくれなかった。今年はまだ彼ら10羽が飛んでいる場面に出会えない、トホホ。
飛ぶといえば、ANAのCMに人が空港内をふんわりと飛び回るのがある。あれは、以前よくみた夢だ。両手を広げて風に乗ってふわっと空を飛ぶ、あんな風に空を舞いたい。

今日は、南山の珈琲豆蔵さんで、コーヒー豆を購入。

白井の駅前でも、梅が咲いている。
227白井駅前駅前に梅の木が有り、向こうには石灯篭も見えるでしょ。 珍しい駅前と思いませんか。


さて、午後は○×の一つ覚えで、五香のXAXへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

春はそこまで

225朝226神崎川堤昨日は朝うっすらと地面を雪が覆い、今朝は水たまりに氷が張って、まだまだ冬かと思われた。
だが歩いてみると、冷えこんではいるが陽射しは暖かく、川ぞいの地面も草の緑が増して来ていて、春は近づいていると実感させられる。
春一番も吹いたし、あと2日で3月だもの、当然だ。

226梅
あちこちで、梅が咲いていて散歩の楽しみになっている。
コーヒー豆は明日の朝まで足りそうなので、豆蔵さんへは明日行くこととし、今日の散歩は14km。

午後からの六本木での打ち合わせのため、11時半に電車で都内へ急いだ。

昼食は六本木で、なんと大阪の餃子の左矢印2左矢印2があったので、そこで食べた。餃子は同じ形と味だが、大阪靱本町の店より美味しかった。

帰りには、五香のXAXに寄り、軽く汗を流し風呂に入って帰宅。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

傍観者的思い

このところ、Livedoor社とフジサンケイグループの、ニッポン放送株を巡る争いが毎日ニュースだ。
おかげで、株式や商法にまったく興味の無かった者にも、いつの間にか興味と共に意識が芽生えていく。
この是非は別にして、皆にそういった興味を持たせたことは、Livedoorの功績といっても良いと思う。
株式会社の資金調達の仕組み、経営者と資本を負担する株主の立場を、端的に教えてくれた。
日本は、経済的にも法的にも、外資系のつけこむすきが一杯あると、堀江社長は示してくれたといえる。法的にも、どちらも正当性は五分五分らしい。
私は、傍観者だから、行方をみて楽しむだけ。

さて、阪神の筒井和が、スピード違反だそうだ。車で83km/hオーバーで、1年の免停。
スピード命のアスリートが、スピード感を楽しむのは良く分かる。でも、スピード違反は、グラウンドで投げる球だけにしてくれ。
スピード違反(マウンドに『スピード制限』は無いか)の豪速球なら、賞賛される。

巨人の清原が好調らしい。
彼は、数年前巨人に移籍して、自主トレで肉体改造を試みてから、シーズン中に故障を繰り返した。あの肉体改造は、どう考えても間違っていて、シーズン通せる体を作り、維持するようなトレーニングを行なうべきだった。

今日は、飲んで帰ったので、フィットネスクラブはお休みした。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

プレーリー回想その3

日産プレーリー 平成元年型 5人乗りの想い出その3である。
使い勝手が良かった点
◇リア両面スライドドア
これが、抜群であった。狭いスーパーの駐車場にぎりぎり停めても、ドアを開けて乗り降りが可能だった。運転席・助手席から降りられず、リアドアから降りた事も何度かあった。
◇椅子の座面の高さが適切で、乗り降りがし易い
地面から60cmほどの高さに座面があり、腰を曲げずに座れた。
◇床が平らで、敷居が無い
室内の床が通常の車のように窪んでいない、フラットで非常に掃除がしやすかった。
◇荷室の床下に、大きなスペースがあった
ハッチバックで、荷室のボードの下にスペアタイヤが積んであった。5人乗仕様のため、3列目のシートのためのスペースがそっくり空いていた。
そのため、相当な収納力があった。
常時あの車には、キャンプ用の椅子3脚と5人用テント1張り、洗車用具・ブースターケーブルが床下に積んであった。
◇2列目シートの下のスペース
 1200×500×150のスペースがあり、雨の日は5人分の傘置き場になった。

このため、家族で帰省するときは、非常に重宝した。
最近、日産ノートが、同じようにトランクの工夫を主張しているが、もともと日産は手本があったのだ。
ホンダのストリーム・トヨタのウィッシュ・日産のラフェスタ、これら全て7人乗りであるが、5人乗り仕様があれば、いっそう実用的でのびのびと使える。 あのサイズの7人乗りは、貧乏くさい。


今日も、五香のXAXで少々寄り道。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

散歩の場所

定期的に散歩をするようになって、約1年半が過ぎた。
毎週土日に歩くようになり、殆ど午前中に歩いている。夏にはたまに、午後夕涼みを兼ねて歩く事もあった。
自宅を中心に3時間以内で周遊するルートをとるが、いままでの写真記録を見ると圧倒的に川沿いを選んでいる。
2月20日二重川堤先週日曜に歩いた、二重川沿いがこの写真である。
ここは広々としているが、ここまでの道はきわめて狭く、葦や雑草の間の1尺ほどの隙間をすり抜けてたどり着いた場所である。
こんな場所が、船橋と白井両市の境界にある。川は工事が進んで、最近は鳥の姿が見られないのが残念だ。より下流へ2kmほど行くと、昨年は頻繁にカワセミや鷺がいたが、またそこへ行ってみたい。

冬は鳥、春は桜・菖蒲やアヤメの花々、夏は蝶や蝉・トンボ、秋は紅葉。
これらを見るのが楽しくて、歩き回る。

4月になったら、桜の名所が一杯で、どうやって全部の場所へ歩こうかと悩み始めている。
(平日、会社を休んで行かないと、全部は無理。 ウフフ)

今日も、五香のXAXに寄り道。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

電車内の出来事

今日は、すごいものを見た。ある男が車内で、電動シェーバーを使っている。
これは、迷惑千万。
女性が化粧するのとくらぶれば、恥ずかしいこと百倍。
髭を剃るなら、せいぜい3分くらいのもの。それが出来ないほどの状況か。
ある意味で、可哀想ですらある。

しかしながら、あまりに見苦しい。
女性の化粧と比較して、見た目に美しくない。
しかも、髭剃りをすれば、髭の切り粉があちこちに飛び散り、不衛生じゃ。



222富士朝は良い天気で、今日は朝から富士山が久しぶりに見れるかと思ったが、残念丹沢の山々までで富士は雲に隠れいていた。夕暮れ時は見えたが、撮り損ねた。
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

頑張れ、堀江社長

今日は帰宅して、ニュース番組をchを変えながら見ていた。
午後11時を過ぎると、4・6・12chを行ったり来たりしている。
TBSもNTVも、10時54分からと新聞の番組表には同じ時刻から番組を開始するように記載されているが、CMやら何やらで10時56分を過ぎないと始まらない。
そこで、ついNTVへ行ってしまう。
今日は、なんとLivedoorの堀江社長が登場して、インタビューを受けていた。
堀江社長、とても無礼な扱いを受けている。
あの10の質問は、悪意に満ちている。 明らかにTVメディアとして、フジテレビに有利になるような堀江社長の失言を誘おうとする、半誘導尋問のような質問ばかりだ。あれは、公平な報道だろうか。


2月20日競馬学校の梅さて、先日散歩の最後のスポットとして、白井のJRA競馬学校を選んだ。 この梅の花は、訓練用のオーバルコースの南端に咲いている。
この競馬学校は、オーバルコースや厩舎の周りに、花咲く木々が多く、年中何がしかの花が咲いている。
土曜日の午前中は教練があり、馬をジョッキーの卵たちが走らせていて、それを見るのも楽しい。また、走るために絞り込まれた美しい体を持つ競走馬は、無駄が無い体をしており、走る姿はその筋肉の踊る様子も美しく惚れ惚れするものだ。

あんな体には到底なれないけど、今日も会社の帰りに五香のXAXへ道草。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

穏やかな日

昨日と違って、雨も風も無く気温も高め。おかげで、2週間ぶりの散歩が楽しめた。220梅にメジロあまり考えもせず、いつものルートを辿り歩いていた。

途中、小室公園への入り口の梅園では、梅の梢に小鳥が遊んでいた。
梅にウグイスというが、この可愛い緑色の鳥は、メジロである。

 R16をくぐったところでふと気が変わり、足を南へ運びR464を渡る歩道橋を登った。新京葉変電所の周りを歩いて富ヶ谷橋へ出て、二重川の南側の堤を歩き富ヶ沢橋まで。途中『工事中に付き、関係者以外立ち入り禁止』の掲示が、いきなり出てきた。約1kmの道なき道を戻るのはごめんなので、強行突破してしまった。
 競馬学校を通って、帰宅。約14.9kmの徘徊。
 午後は、いつもどおり五香のXAXへ。

 さて、先週のTBS噂の東京マガジン、清水國明氏が狂牛病や肉を食べることに触れ、こんな発言を。

『食べたいものやりたいことをずーっと我慢して生きる人生よりも、好きな事して好きなもの食べて、早う死のうや。』

同感である、ワイも常々そう思うてる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:45| Comment(5) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

雨の一日

今日は朝から、細かく冷たい雨が、一日降り続けた。
朝から散歩を諦め、午前中は車で買い物と車のディーラ巡りをしてふらふらし、午後はフィットネスクラブで過ごす。

このところ、ライブドアの堀江社長は、やたらとTVに出ている。
朝6時頃はTBS、昼はNTVに出演。
あんなにTVに出て、本業は大丈夫なのかと、他人事ながら心配になる。
今はニッポン放送の株取得を巡って、フジテレビと激しい攻防戦の真っ最中。もともと忙しい人間が、いっそう忙しいこの時期に、時間を多く費やすTVの出演は、本当に堀江社長の意図するところでは無いと思うが。
少々うがった見方をすれば、TVメディアが共同して堀江社長を忙殺し、フジテレビを応援しようとしているのでは無いか。

 よみうりTVの放送中、ライブドアとフジテレビのどちらを応援するか、メールによるアンケートでは、2対1でライブドアだった。
 やたらと電波は公共のものと謳われているが、フジテレビがそんな公共性の高い放送局かは、個人的に少々疑問がある。
 そう思う人が多いから、あのようなアンケート結果が出たのではないか。

 堀江社長は、非常に大胆で直球勝負を行なう人だ。あまりの直球勝負に、戦いを仕掛けられた古い人たちが困惑しているといったところか。
 今回一番儲かるのは、きっと外資系の投資会社のみであろう。

昨夜は、VTRやTVを見ながら、朝までワインを飲んで起きていたので、少々体重は重めになっていた。
睡眠不足のため、夕食後ついつい居眠りをしてしまった。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

次第に春が

今日は、二十四節季の雨水である。
雨水とは、雪が雨に変わって降り、積もった雪も解け始める時期のこと。

立春が過ぎて、これから春がやってきます。
こんぺいとうの演奏で、冬の楽しみと春への期待を謳った演奏は、先にも紹介した『ペチカ(ビバルディの冬よりラルゴを挿入)』。
そのペチカを聴いて、次に続く曲がギター担当の前田さんが作曲したオリジナル曲『雪解けて』。

ギターの単音の響きが、雪解けで梢から小川に落ちる雫の様子を連想させ、暖かな陽射しが連想できる暖かい曲で、私はペチカの後にオリジナル曲『雪解けて』を聴くのが大好きです。

さて、こんぺいとうの亀戸でのコンサートまで、2ヶ月を切りました。
 是非こんぺいとうの演奏をLIVEで聴いたみたい方は、右のコンサート案内をクリックして、その問合せ先へ御連絡願います。

今日も、五香のXAXで道草を。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

プレーリー回想その2

3年前まで乗っていた、平成元年式日産プレーリー。その思い出を。

【仕様】
寸法:外寸 4350×1490×1625 ホイールベース 2610 トレッド 1460/1430
車両重量 1220 kg 定員 5名
エンジン:CA20S型 OHC水冷直列4気筒 1973cc 圧縮比 8.5
     最大出力 91PS/5600rpm 最大トルク 14.8kgm/2800rpm

私の所有していたプレーリーは、5人乗りのMT車だった。しかも、窓は全て手でハンドルを回して開け閉め、電動ドアロックなど無しの、オール手動の車だった。

◆ディーゼル並みの動力性能と静粛性 
 とにかく、エンジンがうるさく、振動が大きかった。中古で受け取って、すぐに車の用品店をまわってボンネットの裏に貼り付ける遮音シートを購入して、貼り付けて少しでも音を小さくしようとした。
 でも、あのガラガラとウルサイエンジン音は、なかななか防げなかった。
 エンジンは低速は粘り強く、5速発進が可能だった。そのかわり出足は鈍く、発進加速では軽自動車にかなわなかった。最高速は、平坦な高速道路で何度か試したが、メーター読みで150km/hを上まわれなかった。
◆高燃費
 約9年間使った上での、TOTAL燃費は、10.2km/L。
 最高記録:13.4km/L 最低:7.44km/L
 高速道路では、もう少し伸びて欲しかった。なんたって、動力性能が低いのだから、それに見合う燃料消費であるべきと思う。
 もっとも、同型の7人乗りAT車では、高速道路でも10km/Lそこそこらしかった。
◆意外と素直な操縦性
 乗り心地は、少々固め(7人乗りと同じサスペンションのためか?)で、しゃっきりと手ごたえのあるハンドリング。重心が高いため、ロールが大きくカーブでの通過速度は低いが、意外と狙ったとおりのラインがトレース可能だった。小回りの効きも、普通乗用車と同じ感じ。

あのプレーリーの良かったところは、使い勝手であるが、それはまた別の機会に。

今日も、五香のXAXで道草を。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

さすがの視点

読売新聞解説員の辛坊治郎さん、やはり素晴らしい。
今朝のNTV『新聞のミカタ』のコーナーで、先のサッカーWカップアジア予選日本北朝鮮戦の警備に関して、コメントされていた。
『結果として、サポーター同士のトラブルは一切無かった。やはり日本のサポーターはマナーが良かった、というのは結果論で、ちゃんと埼玉県警が警備をしっかりとやり、観客席を分け会場へのバスまで分けた成果だ。あれがもし、観客が入り乱れた状態ならどうなっていたか。結果がうまく行けば、誰もほめてくれない。
整然と試合が行なわれたのは、埼玉県警の警備の成果だ。埼玉県警えらい。』
 辛坊治郎さん、エライ!! パチパチパチ!!!

同じような事は、枚挙に暇が無い。表に出ない裏方の仕事は皆そういったものだ。うまく行けば誰も気が付かない。トラブルが起きた時だけ、非難される。影になり物事がスムーズにはこぶような大切な仕事、こういう人たち(縁の下の力持ち)がたまには注目され感謝されるべきである。

 今日は、ついに8日ぶりにフィットネスクラブで道草。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

可愛い奴

先週末家内の実家へ行く際の楽しみが、この猫に会うことだった。猫0215
次男は、こいつに会いたい思いで、風邪で出た熱を下げてしまった。
法事の終わった翌日は、帰路に着くまでの数時間ずっと見ていたが、いろいろやってくれるので飽きない。ちょっと、どこかへ行こうとすると、すぐ後を付いて来るし、コタツでくつろいでいるとコタツの中から、足元にじゃれ付いてみたり、胡坐をかいている足のところに乗ってきてうたたたねをしたり・・・
 昨年の初秋に生まれたこの猫は、兄弟4匹中最も体が弱く発育も少々遅かったらしい。体の弱かったこの子は、人間に近づくことを選択し可愛がってもらうことで命をつないできた。
 あの家には、実は6・7匹の猫がいるが、家にあだって来るのはこの子だけ。他の猫に妬まれて意地悪されているかと思ったが、仲の良い兄弟が1匹いて、そんな事も無く、夜中屋外でも皆で丸まって寝ている。
 やはり、他の猫たちに比べ一回り小さく、おそらくこれ以上大きくならないだろう。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

買い替え

今日は、会社を予定通り休んだ。当初の目的は、半日歩きまくり、午後はじっくりフィットネスクラブで絞りかすのようになるまで動く予定だったが、どうにも風邪から抜け出せず『病気療養』になってしまった。
午前中は、千葉ニュータウンの新しいお買い物スポット印西牧の原へ行った。
スポーツ用品のSPORTS・DEPOが主目的であるが、ヤマダ電機テックランド千葉ニュータウン店が先週11日(金)にOPENしたというのでついでにそこにも立ち寄った。
テックランド千葉ニュータウン店は、平日午前11時にも係わらず、駐車場は満車状態。店内もお客さんが多かった。
店内は、あまり広く感じない。ゲームソフトや化粧品の売り場があり、K's電機とはちょっと感じが違う。商品の値段表示には、露骨に『ケーズの価格』を比較用に掲示して、安さをアピールしている。
大きな違いは、リフレッシュ(中古)PCが売られていること。HPと合併する寸前のコンパックや、IBMのノートなど、懐かしいPCがあった。

 今日の本題は、これ。
アンクルウェイト足首に付け負荷をかけ運動強度を増すための、アンクルウェイト。写真左は、昨年末に購入したもので、右の黒いのが今日購入したもの。
左は国産『Aussie』で、安かった。2個セットで\1,100程度だった。(片側1kg)
ベルクロでセットするのだが、ベルクロ部分に柔軟性が無いため歩くうちにずれて来る。するとベルクロが直接足に当たる部分が擦れて、擦り傷が出来てしまった。もちろんスポーツ用の厚手のソックスを付けた上から装着したのだが。
止む無く、足首保護用のサポーターを常時装用して、皮膚の損傷を防いだ。(アンクルウェイトも、常時装着)
装着を始めて3日後、ふと家の中に直径1mmほどの鉛の粒がちらほら転がっているのに気が付いた。
ジャージー地とベルクロの縫い目や金具のあたる部分に穴が開き、そこから錘の粒がこぼれてくるのだ。(穴が空いたのに気づいたのは、使用2週間後)絆創膏を貼ったりして、その場しのぎを繰り返してきた。
そこで、今日スポーツ・DEPOで買って来たのが、右のReeBokブランドのもの。装着感も良く、これで保護用のサポーターも必要なさそうだ。
装着感が軽く、1.1kgもあるとは思えない。つい、料理用の秤で重さを量ってしまった。間違いなく1.1kgだった。
色が黒で、目立たないのも良い。
通勤中も仕事中も付けているので、目立つ色は少々恥ずかしいのだ。
posted by 野内 悟 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マシンジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

テレビ朝日 いまさら人には聞けない常識テスト

◆ヤング問題は、おじさんは答えられない。
特に、芸能や流行歌の問題は、至極困難である。
 ぽっと出のお笑いコンビの名前は、参った。なんたって、初めて見る芸人と初めて聴くネタだ。
◆一般常識の問題。
日本の都道府県の数、これを鳥越俊太郎氏が不正解というのが、とっても面白い。
◆アダルト問題の唄の問題
 八代亜紀さんの『舟歌』。この歌詞に関する問題と聞いて、すぐに出題内容がピンと来た。きっとこれに違いない。
 『つまみは あぶったイカでいい』  正解!!
 問題まで分かってしまう。やはり、おじさんだなぁ俺って。 舟歌、いつ聴いてもいい唄。

アダルトチームは最高点になって然るべきであるが、芸能人は必ずしも常識的生活を送っていないということだろう。ことに、もとビッグスターは。
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目が良くなりそう

金・土・日と、義理の父の1周忌を兼ねて、家内の実家へ行ってきた。
那須岳遠景この冬の雪を戴いた那須や日光の山々は、素晴らしい。
 毎日こんな景色を見て過ごしたら、きっと目が良くなるだろうなぁ。

幸いにも、この3日間の天候は風が弱く寒さもそこそこだったが、私の体調は最悪。
火曜日頃から少々風邪気味になり、金曜の朝には大部回復したが、土曜日の法事の際に急速悪化。そうでなければ、もっと戸外を歩き回り景色を楽しみたかった。
 しかし、日が照っていても、氷点下8℃はきつい。夜は夜で、サッシに付いた露が凍りつき、朝はしばらく窓が良く開かない。
 それでも、猫がいるから、家の戸は締め切らないので寒いことおびただしい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

しもつかれ


050212_1447~01.jpg北関東(栃木・茨城)の、冬の郷土料理。
土地によって、しみつかれと呼ぶ所もあるそうだ。
先週TBSラジオ土曜ワイドラジオ東京で、ラッキー池田さんが茨城から中継していた。
19年前に一度食べたきり、当時食べたものはとても食うに耐えない代物だった。昨日ついに生まれて二回目を食べた。
さて、しもつかれとは、いかなる料理か。
人参・豆・油揚げを刻み、鬼おろしでザックリとおろした大根をタッブリ入れ、酒粕と塩鮭の頭を加えて大鍋でジックリと煮込む。
煮込む時間が凄い。少なくとも5時間は、煮込む。昨日家内の実家へ着いた時、庭先にしもつかれを煮込む鍋と七輪が出ていた。朝9時から始めて夕方6時まで、9時間煮込むんだそうだ。
その味は、私の記憶のものとはまるで別物、美味い。
酒粕の香りが子供には苦手であろうが、冷めてからの方が少しは食べやすいかも。
味は、塩鮭の頭と酒粕の香りが主役で、ジックリ煮込むことで荒くおろした大根がとろけるようになり味が馴染んで美味さが際立つ。
ズバリ、日本酒に良く合う。
昨夜は、私が丼に一杯頂いた。

posted by 野内 悟 at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

ネコ


02110002.jpg今日は家内の実家へやって来た。義父の一周忌を行うためだが、次男は昨日まで風邪で熱が出て寝ていたが、このネコに会いたい気持ちで一挙に回復。なんとか来ることが出来て、ネコに会えて満足げだ。
前回会ってから約3ヶ月、少し大きくなってますますかわいい。

posted by 野内 悟 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

BETA MAX

今日は久しぶりに早く帰宅。日本テレビを見ていて、ゴミを拾って・・・というコーナーでβ-Maxがゴミとして出されていた。
その昔、家庭用ビデオとしてVHS−ベータ戦争と騒がれたもの。
 基本性能は、圧倒的にベータの方が上回っていたが、ソフトと数の勝負でベータ陣営は敗退した。
 1970年SONYの開発担当者の話を聞く機会があり、SONYは当時VHSも同時に試していたがテープの耐久性・画質等々各種の機能性能から、SONYはベータを選んだと聞いた。
 市販された製品の性能は、圧倒的にベータの方が高かった。
 テープのラップ角度の小さなVHSは、ベータと同じ画質・コマ間のつながりを実現するために、ヘッドを4つ設けなければならなかったが、それを逆手にとって、『4ヘッドだから高画質』と宣伝した。
 本来の事実とは異なるが、その見た目のスペックで消費者を惑わし勝ち残った本当は劣った製品と、商売に負け惜しくも世を去らなければならなかった良品が山ほどある。
 
 まさに、『悪貨は良貨を駆逐する』である。
 多数派は数に物を言わせ黒を白と言いくるめ、大衆を惑わせるような旨い宣伝を行なって勝ち進む。

 駆逐された『良貨』は、殆ど良心的で誠実な少数派である。
 
 世の中、数多く売れているものが、必ずしも良いものでは無い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

霧の朝

040209朝今朝は、深い霧におおわれた。日の出直後では、まだまだ見通しも短く、100m先も良く見えなかった。
こんな視界不良でも、ライトを点けずに運転する無謀な人もいる。歩行者はこんな状態では車からは見えづらく、しっかり信号を守って道路を横断しないと極めて危険であるが、のほほんと信号を無視して渡っている人もいる。
 こんな時でも、車と歩行者の事故がおきたら、車の運転者が100%悪いことにされるんだろうなぁ。

 毎朝駅へ歩いていると、いつも信号を守らない人がいる。あんな大企業Grの社員が、日常生活の中で順法精神を持たない生活をしていると、いずれ仕事にも現れるのではあるまいか。その会社に、その旨の抗議のメールを送ったのは、既に2年前。
 天網恢恢租にしてもらさず、いつ誰が見ているか分からない。最近は、携帯電話で精細な写真も撮れる。
 
 そんな人に見られてるからではなく、いつも正しい行いをしていたい。
posted by 野内 悟 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

プレーリー回想その1

国内の自動車メーカーは、ミニバンが多種多様・大賑わい状態。
もともと乗用車サイズで、6・7人が乗れる3列シートを持つ車を、国内で最初に市販したのは日産である。1982年、初代のプレーリーがそれ。その後、三菱自動車がシャリオを発表、別名うなぎ犬。
初代プレーリーは、両面スライドドアでフロントドアとの間の柱が無い、両面Bピラーレス。トヨタは片側、日産は20数年前すでに両面だった。日産エライ!
 いまトヨタがラウムやアイシスで得意げに売り物にしているアイディアは、20年以上も前に日産が実現していた。
 初代プレーリーには、三省堂書店の神保町本店、昼休みに実車にふれ、両側の前後のドアを全開にしたときの開放感にびっくりした。
 ちょっとデザインと縦横の寸法比から、遠めには軽自動車にしか見えなかったのが惜しかった。
 近づくまで、小さな車に見える、おかしな車だった。
 この初代プレーリーは、商売的には台数が売れず、88年2月に一挙にフルモデルチェンジ。
懐かしの車スタイリッシュに写真のスタイルに生まれ変わった。(当時、フランスルノーのエスパスにひけを取らぬかっこ良さ、今でもミニバンはこの型のプレーリーが、一番良いスタイルだと思っている)
この型・この色のプレーリーを当時近所に住んでいた会社の同僚が持っていて、見る度「いいなぁこれ」と思っていた。
私は、この88年式のプレーリーを、93年中古車屋さんに無理を言って探してもらい中古を購入、それから約10年近く所有した。
 走る性能以外は、こんなに使い勝手の良い便利な車は無かった。だからこそ、車齢14年になるまで使い続けた。3年前、なんと三菱の2代目シャリオを購入し、今に至っているが、ちょっと後悔している。あのプレーリーを手放すんじゃなかった。

そうだ、明日は旧暦の元旦である。
posted by 野内 悟 at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

暴言・極論 その2

今日、会社で提案資料を作成していながら、ふと頭に浮かんだこと。

道には、なぜ制限速度があるのだろう。
空気や水を運ぶダクトや配管は、その搬送路で出来る限り速く流そうと作る。
本来速く動く物の流れを阻害するようなやり方は、きわめて不合理であり、非効率だと思う。

今仮に、道路の制限速度が無くなり速度無制限になったら、一体どうなるのだろうか。
一般の道路の車の流れる速度は、大して変わらないんじゃないか。
空いている道路は、少々上がるかもしれないが、信号の制御によって途中の速度を上げても通過時間が殆ど変わらないと皆が気づけば、皆そんな無闇に速度は上げないだろう。
高速道路でも、自らの技量と車の性能から、長時間維持できる速度と燃料消費の経済的な速度から、2・3段階に淘汰されるはず。

高い金を出して高性能な車を買い、高い技量を持つ運転者が高速で移動できるのは、それが自由というものだろう。
それなら、高価な車を購入した価値がぐっと高まり、高級車・高速車がもっと売れる。
高速道路料金は、通過時間に比例して変動するようにすれば良い。短時間で通過したら高く、長時間かかったら安くする。 経済的にゆっくり走りたい時は高速料金が安く済めば、無闇に飛ばす輩もいないだろう。
 これぞまさしく、高速料金。

資料に行き詰った時、こんなことを考えて気分転換してます。

ちょっと風邪気味だったので、体を動かして風邪を吹っ飛ばそうと、今日も、五香のXAXへ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

飛んでよ、白鳥たち

今日も白鳥達は、池の西側にやって来ていた。

2月6日白鳥10羽のうち、年輩と思しきこの2羽、なにやら相談しているように見えた。
『なぁ。そろそろ飛ぶ練習をしておかんかぁ』
『そうねぇ、しばらくのんびりし過ぎて、体が重いのよね』
とか言っている訳はないよね。でも、今年の白鳥は、あまり飛んでいない。昨年の冬は、私でも白鳥の飛ぶところに、1月末までに十数回は遭遇し、年賀状に撮影した写真を使えた。今年は、皆無。
そのかわりという訳ではないが、羽の繕いは頻繁に行なっている。水が汚くなっているせいかな。
最近、カワセミにも逢えない。

今日は、いつもの散歩コースから、帰路で調整池に戻らず、あちこちぐるぐる廻った。
そのため距離は、16.2km。

午後は五香のXAXで、別府大分毎日マラソンを見ながらトレーニングがしたくて、ゴール時刻を計算し、午後1時前に到着。
ジムのTVを、TBSに変更してもらった。
 トレーナーの沼田さん、ありがとう。

今日は、お風呂もシャワーもちゃんと使えた、よかったよかった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

風は強いが、暖か

白鳥10羽は、池の住宅側へ来ていた。2月5日調整池
向こうに見える建物は、まどか幼稚園。
今日は、中学生たちが向かいの水門の上に大勢来て、鳥たちを見ていた。
今朝は気温が高めで、池に氷は張っていない。
風が強めなのでもう少し寒いと、白鳥たちも飛んでくれたかも。 今年は、まだ白鳥が飛ぶところを見ていない。

今日はいつものコースを散歩し、南山の珈琲豆蔵でコーヒー豆を購入。豆蔵の店内には、コーヒーカップや皿湯呑などが、展示販売されていた。ちょっと惹かれる物も有ったが、散歩中で小銭しか持たないため、手が出なかった。
 美濃焼きの織部と黄瀬戸だそうだ。
その後、時間に余裕があったため、白井高校から二重川沿いに下り富ヶ沢の光明寺を経由し競馬学校を抜けて帰宅した。

2月5日競馬学校今日は教練が終わる時刻になっていて、厩舎へ帰るところだった。

今日の散歩、15.2km。

午後は、五香のXAXへ。
お風呂とシャワー、一旦修理が済んだが、夕方再び故障。
明日は、ちゃんと直っててや。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKドラマ ルームシェアの女

平日深夜、11時から15分のドラマ。
設定が面白い。
詳しくは番組のHPを参照。
あれ、金曜の深夜に1週間分まとめて見られるから、今見ている。
うさこさんは、フィットネスクラブのトレーナー。そのユニホームが、XAXのそれそっくり。

きっとあの番組を見て、そう思っている人は、私だけじゃなよな。
posted by 野内 悟 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

振り込め詐欺

今日は、富士山が綺麗に見えない日だった。 デンデンデンデン・・・・残念。

振り込め詐欺の被害額は、大阪は全国の4%でしかないらしい。 TBSラジオによれば、大阪が比較的被害が少ないのは、詐欺集団が関西弁をつかいこなせないのが、原因だという。 ほんまかいな!
放送の中で、森本毅郎さんも笑っていた。

振り込め詐欺集団、会社組織で運営しており、統括社長・社長・店長と組織だった行動を行い、スキルや業績評価を定期的に行い、優秀な社員にはその待遇・報酬をこまめに見直し、モチベーションを維持していたらしい。
 先日同僚と話していて、『あそこまで見事に、組織運営が出来るプロモーション能力があれば、正業でも成功したのではないか。 知恵と行動力の使う方向が間違っておる』と、行なったことは犯罪であるが、部下のやる気を鼓舞し目的達成のための手法には学ぶべきところがある、というところに落ち着いた。
 この、話の落ち着く前には、行なった詐欺行為は、とうてい許されざるもので、罰則として江戸時代の「島流し」とか「市中引き回し」があったらふさわしいだろうと、過激な会話だった。

 中には、「南極か硫黄島へ島流し」「地球外追放」という意見もあった。
 もちろん、酒の席でのお話。

今日も、五香のXAXで道草。 ここでも、ちょっと困ったトラブル。
昨日・今日と、フィットネスクラブの風呂とシャワーが使えない。 一日のラストの楽しみがないのが、とっても残念。

 明日には、直してちょうだいね。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

節分

今日は、久しぶりに富士山が望めた。
左から、朝の新鎌ケ谷駅から・朝の職場から・夕暮れ。
2月3日富士今日は、節分。
豆まき、しました?
私は、今日もフィットネスクラブで道草を食ってきたので、帰宅時刻が10時半。 だから、こっそり静かに豆まきをしました。

今朝、TBSラジオで三宅島の様子を聞いた。
現地で、復興作業で土木・建築作業に携わる方々の様子が、レポートされていて驚いた。
それは、火山性ガスの影響。
ガスの危険があるため、作業時もガスマスクの着用が必要とされる場所での作業では、さすがに息苦しくて、マスクを外して作業をされるそうだ。
そこでの、火山性ガスによって、気管支や肺に健康被害が出ているという。これは、まあ予測できた。
最も驚いたのは、「歯が溶ける」ということ。
恐ろしい、同時にそれでも復興のため頑張っている方々に脱帽だ。

伊豆大島が噴火し全島避難したのは、18年前だったか。あの時は、2ヶ月ほどで帰島でき、1月の椿祭りが行なわれた。
あの頃、会社の私の所属する課で大島へ旅行した。ちょうど、帰島の椿祭りの日と重なりとても良い旅行になった。旅行者も少なく、旅館の方からはすごく歓迎され、恐縮した。
 復興支援に、旅行で三宅島を訪れてみたいが、まだまだ危険が一杯のようだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

ちょっと贅沢なビール

といっても、エビスではない。旨いもんこれは、先日西白井のランドロームで購入した、キリンのチルドビール「豊潤」と「ラテ・スタウト」。左に、韓国農新の辛ラーメンカップがあるが、それもちょい衝動買いした。
 このキリンの特別なビール、実は昨年の大阪出張時に購入して飲み、その旨さが忘れられず、インターネットでキリンのHPから近所の販売店を検索し、先週購入したのだ。
 昨日は、亀有の某所で24時近くまで飲んでいたので、酔っ払って最終電車で帰宅。そのため、味が分からないので、もったいなくて今日封を開けることにした。
 フィットネスクラブに立ち寄り、家へ帰る途中でも普段はミネラルウォーターを飲むのだが、今日はそれも我慢して、写真中央の「豊潤」を味わった。
 うううううううううう、旨い。

 どっしりとした腰の強い味とコク、切れのよい強い苦味、明確な麦の香り。
 本物のビールである。
 某○×ヒの○ーパー△■イと比べると、(これは一体なんだ。まるで酸っぱいサイダーだ、味もコクもキレも無い)とショックを受けるほど。
 

 数売れるものが、良い物とは言えない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

雪の降る夜

今夜もきっと北陸では、雪が降り続いているのだろう。
雪が降ることは、関東や雪が春まで消えない土地とは、決定的な違いがある。
 戸外の仕事・遊びが制限されるのだ。
雪国で育った私は、子供の頃唱歌で「お正月には凧揚げて・・・」というのを聞いても、理解できなかった。どうやって、雪の降る中で凧揚げなどできるもんかと。
 それは、就職し上京してから、社内での冬のレクリェーションの計画で、ソフトボールを関東の人が言い出したときにはっと気づいた。
 関東では、冬は晴れててんきの良い日が続く、アウトドアにはもってこいの季節だったんだ。
 冬の間、雪の降る日が続き、春をじっと待つことを骨身にしみている雪国の人の気持ち。
 
 こんぺいとうが演奏する「ペチカ」は、その途中にビバルディの四季の中からラルゴを挿入して、春への期待を思わせている。

 その演奏は、右のコンサート案内をクリックしていただき、こんぺいとうのHPへ入ると聞くことが出来る。
 こんぺいとうの曲のアレンジは、原曲の「ペチカ」を間に挿入した「ラルゴ」の調べが、春への期待・希望を連想させてくれる。

 そのこんぺいとうは、4月8日の亀戸でのコンサートを行なう。
 どんな、演奏を披露してくれるか、今から楽しみだ。
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする