2005年06月30日

本年も、これで半分が終わる

6月30日、晦日である。
あっという間に、今年も半分終わってしまう。
この半年を振り返ると、私の暮らしは非常に単純だ。
歩いて、花と鳥と犬猫を見ながらカメラを向け、のほほんとすごした、半隠居のような生活。

佛法寺の花(6月26日)その半年の締めくくりに、白井市法目の佛法寺前、この前の日曜日の花を。
 このお寺は、いつ訪れても何がしか、楽しませてくれるものがある。

 人生50年 もうじき私もその年齢に達する。
 父方の従兄弟3人は、60前に他界した。
 きっと、私に残された時間は、長くはあるまい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

いただきました

天然水特別醸造ビールサントリーのキャンペーンに応募し、その結果が今日届いた。
特別限定醸造ビール、6缶セット2種類。
いやぁ、嬉しい。
さて、このビールには、アンケート用紙が同封されている。双方飲み比べ、こころして回答することにしよう。

サントリーのモルツのキャンペーン、応募はもう何度繰り返したのだろう。これまで、ビールグラスを3回、スタジアムジャンパーを1回貰っている。
いつも使っているビールグラスは、キャンペーンで貰ったものだ。
 夏は、フロスティグラスが、見た目にも涼しげで心地よい。

今日も、会社の帰りは五香のXAXへ立ち寄り。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

大阪出張は、暑い

2ヶ月ぶりの大阪出張だ。
行きの新幹線は、少々遅れていたが空いており、快適。
ところが、大阪市内は暑いことこのうえない。通りを歩いていて、体に当たる風がなま暖かい。
なんとか予定の作業を終えて、20時すぎのぞみにかろうじて乗る事が出来た。
京都の手前で、突然の雨。
これから約二時間、ゆとりの帰宅に。

posted by 野内 悟 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

懐かしのくじら

6月19日放送の、TBS−TV噂の東京マガジンは、「鯨」の話題に惹かれた。

今の若い人は、鯨は見るものだそうだ。
でぇー、信じられん、あんなうまいもん食うたことないなんて。と思いつつ、我が家でも子供に食べさせたことがないなぁ、と反省。

鯨といえば、
大和煮の缶詰、夏の昼食のおかずに良く食べました。
コロ(皮下脂肪の塩漬け)、鯨汁として冬のご馳走でした。
竜田揚げ、給食に良く出ました。硬かったけど、味が好きで一所懸命噛みました。
尾の身の刺身、10年ほど前大阪の曽根崎近くのスナックで、偶然調査捕鯨の船乗りさんと一緒になり、ご相伴にあずかり初めて食べました。
感動しました。
口の中で、溶けていく。あの脂と赤身の旨み、こんな旨いものがあったとは。

で、明日は久しぶりの大阪出張、日帰りだから美味いものを食べるというのは、ちょっと難しい。

今日も、五香のXAXへ寄り道。先週火曜日より、6日間連続。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

梅雨の中の暑さ

競馬学校の朝何処へ行こうかと悩んだ挙句、とりあえず競馬学校から船橋市の西福寺を目指した。
競馬学校は、今日は教練はなさそうだが、朝は馬の世話が欠かせないようだ。
この後、野球用具を持ってオーバルコースに向かう競馬学校の人たちとすれ違った。
大きな元気な声で、「おはようござます」と挨拶され、気持ちよく挨拶を返した。

西福寺の蓮池船橋県民の森の西にある西福寺は、日蓮宗のお寺さんで、境内も広く立派なお寺。
白井方面から行くと手前に池があり、池を覗くと、いろいろ水の中でうごめいている。
ザリガニが、水面に出たりもぐったりしている。
牛蛙が、低音でうなっている。
ハスの花が、たくさん咲いていた。

左が、西福寺の池のハスの花。 右は、白井市野口の用水池のハスの花。
ハスの花1ハスの花2

この後、白井市南山の珈琲豆蔵へ寄って、コーヒー豆を購入し、帰宅。 約3時間半、13.9kmの散歩になった。
昨日はとても暑かったが、今日の午前中は日差しも弱く、下着まで総取替えするほどにはならなかった。

午後は、五香のXAXへ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

暑い

今日は、朝から暑かった。
いつもの散歩コースに歩き始めて、30分もしたらTシャツはびっしょりで喉は渇き、折立の梨ブランデー工場前の自販機でペットボトルを買った。
昨夜は、チーズとサラミとチョコレートをあてにウイスキーを飲み、ビデオを見ながら今朝まで飲み続けていたので、酒も抜けていなくて大変な状態。
実は先週の「京成健康ハイキング」の時も、酔ったままだった。

昼寝の子猫この暑さで、猫は車の下で転がって寝ている。
気持ち良さそうだ。
昨年の会社の記録によれば、04年6月24日の会社の屋上の最高気温は34.8℃。
いつもこの時期は、暑いのだ。


こげら小鳥たちの姿はあまり見えないが、木陰はやはり涼しいらしい。

いつもの散歩コースで、2時間少々歩くうちに、500mlのペットボトルを2本飲み干した。
約13.2kmの散歩。

午後は、五香のXAXへ。
ここは、冷房が効いていて、とっても快適。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

そうじゃないだろ

参天製薬の目薬(サンテV40)のCM、これちょっと面白い。
会議かすみ目編というらしい。

会議で、若手の社員が上司に説明する。
レジメには。細かい数字が並んでいる。
が、上司は目が霞んで、数字がよく読めない。
上司たまらず「これじゃわかんないよ」とぼやく。
若手社員は、プロジェクタを使って、より詳細な数字を一杯並べて「それでは、さらに分析したものを・・」といった途端、
上司「そうじゃないだろ」と怒る。

似たような話は、社内に一杯転がっている。

専務が「これじゃ分からん」といわれて、分析のバックデータを次々並べて、より詳細な説明をはじめたら、「もっと分かりやすく説明が出来んのかね、わたしゃその数字が読めないんだ」といわれたことがある。
わからんと言われたのは、数字が見えなかっただけだった。
グラフを使って、視覚的に訴えるプレゼンが必要だった。
あの専務のように、「見えない」と言ってくれればよいが、たいていのエライ人はそう言ってくれず、あのCMのように怒鳴り散らす。
「これじゃわかんないよ」だけでなく、「わたしは、字が霞んで見えないよ」と、あの上司は言うべきだ。
そうでないと、「わかんない」と言われたほうは、どこが間違っているのかと堂々巡りを繰り返し、貴重な時間を浪費する。

今日は、朝は松戸から会社まで約6.2km歩き、帰りは五香のXAXで寄り道。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

クールビズ

私の勤め先でも、始まった。
社内なら、ノー上着・ノーネクタイでOK。
そんでもって、空調の設定温度を28℃にする、というのだ。
何時でも会社の作業服を着用している私には、なにも変わりは無い。

冷房の設定温度、28℃は暑い。
そもそも本社は建物が古く、昨年まで設定温度が22℃でようやく室内気温が28℃程度になっていた。28℃設定だと、どうなることやら。

国会議員の方々をニュースで見るが、それほど実践されていない。

しかし、クールビズも、服装にあった体型でないと、とうていクールには見えない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ちょっと嬉しかったこと

今日も帰り道、五香のXAXへ立ち寄った。

五香の駅ビルに書店があり、XAXへ寄る際によくそこでエアロバイクをこぐ間の暇つぶしに読むため、雑誌を購入する。
 たいがいの書店では、雑誌を袋に入れてくれる。その書店もそうなのだが、私は購入後3分でその袋はお役御免になるため、勿体なくていつも「袋は結構です」と断っていた。

 今日、またその書店で雑誌を購入しようと、レジへ持っていったら、レジの女の子が
 「袋、要らないんでしたよね」
と言ってくれた。

嬉しかった、これがCSですね。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

夏至、暑い日々はこれから

とうもろこし今日は、夏至である。日中は日も照っている間は暑かったが、風がありまあまあの一日。
 夏といえば、私はとうもろこしが好きだ。
去年は、農家が直売している場所をさがして散歩にでかけ、買って来ては茹でて食べていた。
朝採ったばかりのとうもろこしを、農作業中の方から直接譲ってもらい、茹でたてを食べる。出荷用ではないから、形が悪いものでもかまわない、たまに中から虫が飛び出てくるけど、美味いんだなこれが。

 あと1ヶ月か半月もすれば、露地のとうもろこしが食べられる。
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

XAXでの出来事

今日も会社の帰り、五香のXAXで軽く汗を流して帰った。

ちょうど、サウナで体を温めているとき、その出来事があった。

サウナは、電熱ヒーターを使ったドライサウナで、おふろの奥にあり10人ほどで満席になる。
体の大きな人と、他に数名がサウナ室にいた。
その体の大きな人が、自分の汗をぬぐったタオルを、ヒーターの上で絞った。
”ああっ”と思った瞬間、隣の若い人が咎めるように言い放った。
「いけませんよ、そんなことをしては!!!」

時既に遅く、ジュッという音ともに、サウナ室の中には、嫌なにおいが充満した。
「この愚か者」と、私はその大きな輩をぶん殴りたい衝動に駆られた。と、同時に咎めるように叫んだ若者に敬意を表したくなり、拳をおさめた。
あの若い彼が居なかったら、私は傷害事件を起こしていたかも知れない。(反省)

それにしても、五香のXAXは、会員のマナーが次第に悪化してきている。困ったものだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マシンジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

夏が近い

ツバメ
今日も天候が心配であったが、むしろ曇り空で気温が低いことで散歩に好適と思い、いつものコースへ。
畑での近くに来たら、ツバメが遊んでいた。ほんとは3羽ほど飛んでいたのだが、カメラにかろうじて1羽だけ捉えられた。(ピンボケでまるでダメ)

神崎川沿いをのんびり歩くが、雑草が高く生い茂り、ほとんど川面は見えない。
蝶が一杯いて、歩くたびにモンシロチョウやキタテハが、足元の草の間から飛び立つ。
いろんな鳥のさえずりに、ときおり牛蛙が合いの手を入れる。 
 いやぁ、いい田舎です。

トンボ
船橋市小室の4号緑地で、偶然この黒いトンボを見つけた。
この時点で、既に日が照り、Tシャツはビショビショ。とっても暑かったが、4号緑地の林の中は日差しが遮られ、とても涼しい。
斜面には、ドクダミが朝露にぬれて花を咲かせていた。

コスモス白井市法目の佛法寺の前には、コスモスがピンクの花をつけていた。
今日は良いものを色々見ることが出来て、とってもラッキー。

帰宅後、車で買い物に。

午後は、五香のXAXへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

京成さわやかウォークへ行って来ました

今朝は散々悩んだ。天気予報は、「曇り後晴れ」だが、霧雨が降っていそうだ。歩きをメインにし、デジカメは古いほうを持って出かけた。
高砂から京成線各駅停車に乗った瞬間、それらしいスタイルの人が大勢乗っていた。
スタートは、京成線の市川市国府台駅から江戸川の堤に登ったところ、8時45分ころ到着。
いやはや、参加者が多い。既にものすごい行列が出来てしまい、50分には受付てスタート開始。
この頃は、曇っていて、涼しく歩きやすかった。
北総線の線路の下までは、初めて通る道だった。そこから先は、何度も歩いた場所。まして、松戸神社から水元公園への道は、昨日の朝歩いた道と全く一緒。

初代カローラスプリンター矢切で、懐かしい車を見た。
初代のカローラスプリンター。これが偉いのは、ちゃんと使われている車であること。
綺麗にしている。
車内も、シートカバーが掛けられ、花やぬいぐるみを飾り、大事に乗られていることが伺える。

松戸の戸定邸もコースに入っていたので、立ち寄ったところ、紫陽花が綺麗に咲いていた。
水元公園の猫水元公園は、菖蒲祭りの真っ最中で、大賑わい。
その喧騒の中で、こやつはノンビリ昼寝をしている。
ここで私は、焼きとうもろこしを買って食べた。
醤油の味が、とっても美味しかった。
菖蒲田の周りには、写生を楽しむ一団がいた。

11時をまわったころから、日が射しはじめ暑くなってきた。


GOALは寅さん記念館
ゴールは、寅さん記念館の入り口。
12時頃着いたら、ゴールの受付待ちの行列が出来てしまっていて、13時受付開始予定を急遽早めて、ゴールの受付が始まった。
私は、このゴールに12時8分到着。20kmコースだったが、船橋歩こう会の方によれば、「水元公園内をたっぷり散策しないと、20kmにはなりませんよ」ということだった。
私の計測では、ここまで18.1km歩いた。所要時間3時間12分。

ここから新柴又駅へ歩き、北総線で帰宅。

帰宅後、またまた五香のXAXへ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

水元公園の朝

今朝は、松戸から歩いて会社へ。途中、水元公園へ立ち寄る。
今朝の水元公園の菖蒲田その1
普段の体操をする人、散歩をする人、釣りを楽しむ人に加えて、菖蒲の写真を撮る人が多数。(私もその一人)

今週末、天気が良ければ、満開の菖蒲が楽しめそう。



今朝の水元公園の菖蒲田その2ふと、西端の菖蒲田を見ると、カルガモがいた。
人馴れしていて、近づいても平気の平左。



夕方の会社からの帰りは、少々遅くなり暗くなってしまったので、松戸まで歩くことをあきらめた。
 
いつものように、五香のXAXに立ち寄った。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

新潟地震の記憶

1964年6月16日午後1時02分 M7.5
新潟市震度5
粟島は、1m隆起 新潟県庁は、約1m沈下

その頃、新潟国体が終わった直後だったと思う。(6月天皇陛下が車で通られるので、道端に並ばされた記憶がある。)
多分入梅後だったと思うが、地震のあった41年前は良い天気だった。
小学校の昼休み、外で遊んでいた。
用水路に渡した丸太の上で遊んでいて、突然体がくらくらして気が変になったと思った。
なにしろ、地震なんて知らなかった。
小川の水がチャップンチャップンと揺れて、周りにあふれていた。
揺れが収まった後、校庭に集められ、そのまま地域ごとに集団で下校させられた。
校舎の中への立ち入りが禁止され、荷物は置いたままで僕は裸足で帰った。
校舎の中は、壁が落ちたりガラスの破片が散乱していたそうだ。
建て増し中の小学校の校舎は、無事だったが、中学校の校舎は地面が流れ殆ど壊れた。
玄関のたたきのコンクリートが直立、体育館の床は雑巾をひねるようにねじれた。

揺れが収まった直後、学校の校庭からきのこ雲のような煙が見えた。
家に帰ってから、TVで昭和石油のタンクが燃えたことによる煙と知った。

家に帰ったら、大人たちが大騒ぎだった。

県営住宅は、液状化現象でゆっくりと傾いた。
新潟市の昭和石油のタンクは半月ほど燃えつづけ、その間夕日が異常に赤く綺麗だった。
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

CSの為の社員教育

CS(カスタマー サティスファクション)顧客満足度UPのための、社内教育が今日あった。
係単位で、約1時間ある営業所を舞台としたサンプルビデオを見て、登場人物の行動の問題点を討議し、係全体と個人の行動目標を打ちたてようというものだった。
 結局、行動目標は、次の3点になった。
 整理整頓・所在を明確に・明るくはっきりと挨拶をしよう。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

本土寺の花

本土寺は、昨日が3回目だった。
紫陽花は、やさしい。

本土寺の紫陽花4
花一つ一つの姿かたち・色合いが、控えめ。
見ていて、「はっとする美しい」というほど、主張する花とは思えない。ひとつひとつは、かよわい花に見える。
本土寺の紫陽花は、色も淡い。それゆえ、なおのことか弱く見えたのかも知れない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

松戸市北小金の本土寺

今日は、梅雨の前の貴重な晴天と見て会社を休み、紫陽花と菖蒲を見に本土寺へ出かけた。
昨年春は、5月初旬に行ったが、花は無かった。

本土寺の紫陽花午前8時、ほぼ開園と同時に到着。
まだ、境内には私だけ。ゆったりと楽しむ。
紫陽花は、もう少し早かったかなと思う。一つ一つは、そう派手な花ではないが、辺りを埋め尽くすように咲く紫陽花に圧倒される。

ぐるりと周って、菖蒲池が見渡せるところに出た。
ふっと視界が開け、菖蒲の花々が見え、ついため息が洩れた。


本土寺菖蒲池
この頃には、拝観者の方々も次第に増えてきた。
菖蒲池の周りで眺めていると、人々がこの池の見える場所に来るたび、歓声が上がる。

団体客、カメラと三脚を担いだ人(ここは、「三脚はご遠慮ください」と掲示があるのだが)、小さな子を連れた若い親子、年配二人連れ等々。9時を回ると、人もだいぶ増えてきた。日差しも強くなり、暑くなってきたので、10時頃には帰路に着いた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

やっぱり、梅雨はまだ先

今日もまたまた、雨が朝には上がっていた。
昨日のTBSラジオ「土曜ワイドラジオ東京」で、振り付け師のラッキイ池田さんが中継で「梅雨はまだ」と強調されていました。
どうやら、金曜の気象庁の「入梅したとみられる」という、曖昧な入梅宣言はちょっと拙速だったと思われる。(へへっ)

露草それでも、野の草花はしっかり準備が整っているらしく、露草が既に咲いていた。

聞けば、あちこち紫陽花の花の見頃らしい。明日は、会社をサボって松戸市北小金の本土寺へ、紫陽花を見に行くつもりだ・
 このBlogのアドレスは、会社の人たちは知らないから大丈夫(何が)。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

入梅?

今日の天気予報は、「午前中は雨が上がる」という。外は確かに8時頃から、雨も上がり路面も乾き始めていたので、散歩に出かけた。
 蒸し暑そうだったので、半ズボンで出てみた。

 失敗だった。散歩コースの神崎川沿いは、雑草が生い茂り足がかゆいことかゆいこと。
 今日は、散歩コースをちょっと変え、神崎川と二重川の合流地点から二重川を遡った。富ヶ谷橋から先は、工事中であったが立ち入り禁止になっていなかったので、ずんずん歩いて行った。
 すると、500mほど先は道が無く、背丈ほどカヤやいろんな雑草が生い茂っている。半年ほど前に歩いていたので、えいやっとばかり進んでいったが、足元も見えず草に残る露で足はびしょびしょ、100mほど歩いてひき返した。
 後で足を見たら、草ですれて真っ赤。
 競馬学校を通り抜けて、帰宅。今日は教練はお休みだった、期待していったんだけど、残念。
 約3時間半、14.1kmの散策。

 午後は、五香のXAXへ。


猫その3 散歩の途中、三毛猫がいたのでちょっと遊んだ。
とっても綺麗にしている、かわいい猫で首に鈴がついている。きっと、大事にされているんだろう。
猫が寄ってきたので、あごの下や頭をなでていると、こんな風にごろごろと転がった。
するとそれまで静かにしていた向かいの家の犬が、急に吠え出した。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

梅雨直前

今朝はしとしと細かい雨が降っていたが、松戸に着いたとき雨は無く、これ幸いと水元公園を経由して会社へ歩くこととした。
幸いなことに、湿度は高いが日差しも無く気温も低めで、歩くには好都合。
水元の菖蒲その1水元の菖蒲その2菖蒲は。6・7分咲きで、とても良い感じ。
 桜やバラとはちょっと趣が異なり、穏やかな心になれる。
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

日々の「はてな」

時々、「あっこれなんだっけ」と思い、なかなか思い出せないことが最近多い。 きっと、年のせい。
言葉のでだしに詰まることが多くなったので、先日の人間ドックでも頭部CTスキャンを撮って貰ったが、異常なし。
さて、本題。

◆BIGカメラのCMで、「生毛ふとん」なる文字を見つけた。うもうって羽毛ではなかったっけ。
メグミルクのCMで流れている
 「牛乳が好っき 好っき 好っき 牛乳が好き 好っき・・」っていう歌。 もと歌はなんだっけ、ずっと気になっていてようやく一昨日気づいた。(悟空の大冒険だ)
△フジテレビの月曜のドラマ、「エンジン」
 第2話で、キムタクがチームのエースドライバーと、1対1のレースを行うシーン。
 スタート信号合図に、違和感を覚えた。
△ガードレールの金属片
 なんで最近急に話題になったのか。
 あの報道以来、散歩中に道路のガードレールを見ているけど、白井の田舎じゃ見つけられない。
 事故の際に車の外板が挟まった物だろうけど、それじゃあ事故現場の現状復帰が不十分であったということじゃないのかな。また、道路の管理が行き届いていないことの証明だろう。
なんで、亀有では歩行者が左側を歩くんだろう。
 毎日、通勤時前から来る人と。ぶつかりそうになる。
posted by 野内 悟 at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

サッカーWカップ予選突破 

よかったよかった。

今日は会社を夕方定時に即退社し、五香のXAXへ向かった。
トレーニングメニューの順番を調整し、キックオフに合わせてエアロバイク(リカベントタイプ)で、ゲーム終了まで楽しもうと試みた。
 ちょっと調整を失敗し、前半20分ごろからエアロバイクに腰掛けTVで観戦。
 前半は、少々危ない場面もあったが、後半1点が入った時はマシンジムスタジオ内で拍手が沸き起こった。

 無観客とはいえ、日本は熱心な応援団(サポーター)が現地に駆けつけ、スタンドの外でエールを送っていた。当然の如く、北朝鮮の人民にそんな余裕はない。北朝鮮の政府も応援団を送ることはなかった。(大量破壊兵器を作る金は有っても・・・)
 それゆえ、北朝鮮の選手たちは、孤独な戦いであっただろう。
 それは、後半ロスタイムの苛立ちに現れていると思った。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

電車のマナー

朝日新聞の6月6日の天声人語。
『ドアの前で動かない男性がいた。まるで「お地蔵さん」だ。』

北総線は、この「お地蔵さん」が、とっても多い。
朝は、電車に乗ろうとすると、ドアの両側で新聞や雑誌を読んで立っている。
ドアの前には、これから乗ろうとする人が十人以上いるのに、入り口を狭めてピクリとも動かない。
夜は、新鎌ヶ谷で乗るとき、既に都内から延々と乗り続けて疲れているのだろう出入り口のサイドにもたれて動かない人、乗り込んだ途端にその場で立ち止まり後から乗る人をさえぎる人等々。
出入り口付近に留まっても、次の西白井で降りるなら千歩譲って許そう。
今日の帰りは、そのお地蔵さんは新鎌ヶ谷で乗り込む際に出入り口付近で立ち止まり、乗り込む人を邪魔していた。次の西白井駅でも降りるのではなく、西白井で降りる人を遮り後ろから押されてようやくホームに降りていた。

これ、男性だけではない。女性も老若男女を問わず、北総線には数多い。
 まだ、北総線は、利用者が少ないからだろうなぁ。
 都内の地下鉄並みに混んできたら、そんな「お地蔵さん」もいなくなるだろう。
posted by 野内 悟 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

新京成、あたらしい車両

毎日利用している新京成線に、いよいよ新型車両が走り出した。6両1編成のみなので、なかなか当たらないかなと思っていた。
3日金曜の夜は、タッチの差で乗れなかった。昨日日曜と今朝は続けて新型に当たった。

新車両 まだ、新しい匂いがする。
 車内は、なんとなくメタリックな簡潔な印象。
 日曜日は、出入り口付近に立っていたら、AMラジオがインバーターノイズでかき消され聞こえなかった。
 AMラジオが聞こえないのは参ったなと思っていたら、今朝真中辺に立ってみたらそこではラジオが聞こえた。ちょっとほっとした。
 乗り心地は、大変良い。
 網棚へカバンを乗せるのも、吊り革をつかむのも、ちょっと楽なきがするなと思ったところ、新京成のHPで確認したら床からの高さを低くしてあるそうだ。

 また今度、新型車両にあたるのが楽しみだ。

 今日も、退勤後五香のXAXに寄り道。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

神崎川のしゅんせつ工事


工事完成4月頃から行われていた工事は、どうやら川のしゅんせつが主たる作業だったらしい。途中、曲がりくねった部分は、まっすぐに直したりしている。(誤字訂正 6/06 4:25)
 偶然昨日、工事の監督者が、完成写真を撮っている現場に遭遇できた。
 川をコンクリートで固めたりする工事でなくてほっとした。


しゅんせつ工事後の川と鷺この鷺が遊んでいる場所は、白井市七次のポンプ場の所で、新たに掘って流れを変えた部分。
昨日の雨のため今朝は水量が多く、新たに掘った場所のため流れも早い。水も澄んでいて、まるで山の中のようだ。これだから、たまにかわせみもやってくる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

午前中 散歩

午前8時頃、散歩に出たときひんやりとしており、Tシャツ1枚で出たのを少し「失敗した」と思った。
10時頃には日差しも出始め、暑く感じる程になった。

かわいそうな鷺二重側沿いの船橋市小室の梨畑では、農家の方が休憩中。左にいる鷺が、少々翼がおかしい。だらりと下がっている。
どうやら、折れているようで、近づいても飛び立てないためこんなに人の傍にいるのだろう。
なぜかは知る由もないが、このさきあの鷺は生きて行けるのだろうか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「こだわりの極み」と「豊潤」

ビールを飲もうと冷蔵庫を開けた。が、無い。
買い置きしていたMALTSは、昨日飲んだのが最後だった。
セブンイレブンまで、自転車で買いに行ったら、初めてお目にかかるビールが有った。

極めたビール
アサヒの「こだわりの極み」である。もうひとつは、キリンの「豊潤」。
ちょっと期待して、「こだわりの極み」を開けグラスに注ぎ、一口飲んだ。

期待は、裏切られた。

薄い、軽い、苦味も足りず、物足りない。
よく原材料等を見たら、米が使われている。
プレミアムと謳っておいて、これは一体なにごとか。

アサヒビールは、とにかく味の薄いビールを消費者が望む味だと考えているようだ。「こだわり」は、本来の意味通り、余計なことだ。
二度と買わない。

キリンの「豊潤」は、さすがにどっしりとした味わいだ。これぞ、「プレミアム」にふさわしいビールである。
posted by 野内 悟 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

雨の金曜日

今朝いきなりカミさんが長男の就職のことで相談してきた。長男は昨年高校を卒業し、専門学校へ通い今年2年目になり、就職先を探し始めている。
私は、三男で家のことも気にせずに済んだこともあり、就職に関して親に相談したことは無かった。
長男が自分で決めれば良い。どうやら、モノつくりの現場につきたいらしい。そんなら、大工か左官、はたまた板前の修業にでもでたらとも思う。

カミさんは、就職先が長続きするかどうかを気にしているようだが、どんな会社もこの先どうなるか全然分からない。

人に言われて自分の就きたい仕事がぶれるようでは、どうせ長続きしない。自分で決めて、自分で辞める・変えるのなら、それでよかろう。
但し、ちゃんと日のあたる仕事で、自分の食い扶ちを稼いで欲しい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

逃げられた

日本の排他的経済水域内へ不法に侵入し、操業していた韓国漁船にまんまと韓国に逃げ込まれた。
海上保安庁の保安官3名中2名が、船に乗り移り停船させたが、逆に拉致されて韓国側に逃げ込まれた。
韓国の海洋警察がその漁船を止めたというが、実際のところは漁船が助けを求めたのではないか。
結局漁船の船長は、韓国側に引き渡されてしまった。韓国には、「違法操業はなかった」などと、一方的な声明を行われてしまった。
韓国側は、なんの事実確認も出来ていないのに。

ううううむ、なんとだらしない。
自国の領海を侵犯した船を止めて、拿捕することが出来ないのか。
日本の海上保安庁は、平和ボケではないのか。保安官は、「ひかえおろう」とでも言えば、どんなものでもひれ伏して言うことを聞くとでも思っていたのではないか。
日本国内のこれまでの国民相手なら、そうかも知れないが、国際感覚が欠如しているから、やすやすと逃げられてしまうのだ。
管理対象として、日本人だけしか想定していないのではないか。

海上保安庁は、国外からの侵入者に無力であることを、またしても露呈した。

日本の能天気総理は、またまた「話せばわかる」などとのたまった。
話して丸め込まれたのは、日本側ではないか。
国際法上は、拿捕や停船させる権利は、日本にある。
韓国は、漁船の船長を釈放したという。
日本政府の態度は、納得できない。何をむやみに譲歩しているのだ。
posted by 野内 悟 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

梨を使ったスイーツ

私の住む、千葉県白井市では、生産量の多い梨を使ってブランデーを作る会社「白井梨ブランデー(株)」がある。
残念なことに、ブランデーはさっぱり売れない。
行き詰って、「梨酎」とかブランデーケーキ・梨ゼリーを商品化しているが、売り上げはいまいち。
隣の鎌ヶ谷市は、ワインをメインに生産・販売して、結構売れているようで、先日朝日新聞に「千葉の食」のコラムに取り上げられていた。
ワインの生産と、2年貯蔵したワインからブランデーも作っている。今度は、ジュースも売り出すらしい。
白井梨ブランデー(株)が企画した商品の問題点は
ブランデーは、高すぎ。
梨酎もケーキも、自社の製品ではなく、メーカーへの委託生産。


洋梨ゼリー
梨ゼリーには、20年以上前からこんなのがある。これは、新潟県の小さなお菓子屋さんが作っている、洋梨を使ったゼリー。

白井の梨ゼリーと比較し、遥かに美味しい。
白井梨ブランデーのそれは、豊水・幸水を使っているが、こちらは洋梨である。
果肉と果汁が入っているのは同じだが、洋梨のほうがトロリとした食感と特徴のある甘みで、ゼリーに良く合っている。
程よい大きさで、この点でも白井梨ブランデーの梨ゼリーに勝っている。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする