2006年01月31日

今年も1ヶ月が過ぎる


冬はこれも良い冬の宵は、熱燗がいい。

今日はビールが切れていたので、帰宅途中駅前のスーパーに立ち寄った。ビールを買うつもりであったが、ついでに日本酒も買ってしまった。
今日の晩御飯は、熱燗に良く合う。
先週の出張土産の千枚漬、鰯のオイル漬、写真にはないが肉じゃが。
何と言っても、日本酒がいい。千枚漬を口にして、熱燗をちょいと含む。千枚漬のうまみが、口の中にふんわりとひろがる。

今週末も大阪出張だ。
今度は、柚子一味を買ってこよう。

今夜のフジテレビのドラマ『ナースあおい』、柳葉敏郎のふんした医師の言葉に感激した。

フジテレビのドラマは、なかなか良い。
あの馬鹿げたバラエティを垂れ流しするテレビ局と、同じTV局とは思えない。


今月の、散歩とジョギングのマトメ
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

わはは、二日酔いじゃ

月曜日、本来なら土日に歩いて走って、コーヒー豆買って、ストレスフリーになって出社する日のはずだったが、とほほ。

昨日深夜、BLOGをアップした後、ビデオを見ながら酒をのんびりと楽しんだ。
ウイスキーをお湯で割って、ツマミには、チョコとサラミ。
いささか、酒が進み過ぎ、気がつけばコタツで寝ていた。目覚めたのは午前3時、がんばって寝たものの起床時刻は遅きに失し午前5時半。
時間が無いので、朝のエクササイズは中止。

今日は、午後になっても酒が抜けない。おかげで、今日一日は頭もろくに働かない。
でも、午後6時頃また焼鳥やさんで、一杯。

相変わらず、懲りない。

そういえば、去る28日は音楽2人組こんぺいとうの大阪コンサートだった。
無事に終わったと、コメントを頂いたが、『無事』とははたしていかなる意味か。
2次会だけでも駆けつけたかった。

posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

旧正月

日曜日 朝からすっきりと晴れている。
今日も会社へ。
松戸市街出社時刻は、午前10時予定のため、ゆったりと松戸駅から歩く。
江戸川堤では、散歩を楽しむ人を沢山見る。

バギー
水元公園の東の入口で、珍しい乗り物を見た。
四輪のバイク(バギー?)だ。よく見えなかったが、スズキの製品かな。
昔もう20年以上前のことだが、ホンダの3輪バギー(ATC)に乗ったことがある。とっても楽しいが公道は走れないモノだった。
これは、ナンバーが取れて、公道を走れるのか。

今朝は、意外と冷え込んでおり、水元の散策の池では氷が張っていた。

都下水道局の中川下水処理場の上の公園への門が開いていた。金曜日に歩いて通うときは、まだ開門時刻前。今日は午前9時をまわっており、初めて公園に入った。
下水処理場の屋根の上のため、殆ど平坦。
とっても広く、気持ちよい。この下が、下水処理場とは知らないほうが、もっと気持ちよいだろう。
犬を連れて散歩を楽しむ人は、人が少ないのでリードを放している人も。

さて、楽しい休日散歩はおしまい。

事務所の集合時刻10時には、何とか間に合った。
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

朝一番

今日は土曜日。 なのに、起床午前4時。身支度を整え、湯を沸かしコーヒーを飲む。
最寄駅で朝の始発に乗り、新鎌ヶ谷で乗り換えそこでも松戸行き始発に乗る。松戸駅では、千代田線直通の電車に乗るが、普段都内方面は6番線から出るが何故か5番線に電車が停まっている。よくよく時刻表を見たら、その停まっている電車は松戸駅始発。発車時刻まで、あと2分。
ほっとして乗り込む。亀有到着、5時50分。
なんと、始発を乗り継ぎ、事務所には6時ちょうどに着けると判明。
 勿論、全ての電車で、座って行ける。
これは、なかなかの収穫。

1日遅れの富士

28日の夕日は、少し富士の頂上から北へずれてしまった。
偶然にも旧暦の大晦日、この冬最高の夕日。

この素晴らしき眺め、休日の職場から見ているのは、嬉しくもあり嬉しくも無し。
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

はて、どっち?

最近、日本語に関することが放送・新聞等、実ににぎやかである。

今日、金曜日毎週の如く松戸から亀有まで歩く道すがらふと気になった言い回しは、『腹へった』か『腹すいた』かどっちが正統派の表現なのかということ。
辞書を引いても、どちらも同じ意味で載っている。
漢字で考えると、へったのほうは、腹が『減った』になる。
たいして、すいたのほうは『空いた』になる。
身体的な状況からすれば、『減った』というのはおかしい。腹の肉が減る訳ではないからだ。
『空いた』のほうは、腹の中に空きが出来たととれる。 こっちのほうが、相応しいような気がする。

さて、今日の夕方はどうだったか。
富士山の天辺に夕日が沈む、ダイヤモンド富士がみえたか。
27日夕の富士方角と時期はバッチリ、ちょうど夕日は富士の頂上に沈んだが、薄雲のため見栄えが良くなかった。


今日は、久しぶりに五香のXAXへ・
と思ったら、水曜日に来ていた。
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 変な日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

大阪出張 カツ丼専門店

朝4時50分起床
いつもの時刻に、北総線に乗る。
いつもは、次の駅の新鎌ヶ谷で乗換えるが、今日はそのまま浅草橋まで。
久しぶりに、大阪へ出張だ。浅草橋駅に着いても、普段亀有の事務所に着くのと五分しか違わない。やっぱり乗換え二回というのは、ロスが大きいと実感。
JR浅草橋で、自動券買機に驚いた。新幹線の回数券で、新幹線の座席指定ができる。これは便利、と指定を取って東京駅まで。
総武の各駅が異様に混んでいた。事故があり、運転再開後間もない為であったそうだ。東京駅で新幹線の改札を通る前に、おみやげを購入。
すでに指定を済ませてあるため、気持ちに余裕がある。

26日朝の富士山小田原のあたりで、綺麗な富士山が見えた。
座席が窓側ではないため、少々見づらい。
カバンからデジカメを準備して、三島を過ぎてからデッキで撮影。でもピントは、ガラスに合ってしまった。

新大阪で地下鉄に乗換え、本町まで。
昼には少し早いけど、昼食に懐かしいカツ丼屋さんへ。
少し高くなって、メニューが増えている。以前はカツ丼・天丼・天玉丼しかなかったが、今はカレーカツ丼など約16種類もの丼メニューがある。
カツ丼のタレのちょっと味が・とも思うけどまあまあおいしい。カツの肉が厚くないので、コロモと肉の両方が楽しめて、カツ丼に合っている。
トンカツ屋の高い店で、やたらと肉が厚いことがあるが、厚すぎるカツはコロモと肉の調和が失われ美味しくない。
肉だけ食べたいわけではなく、カツが食べたいんだ。

ちょっと薄めの8mmくらいの厚さのカツ、ちょっと甘めのタレが半熟の玉子とともにカツのコロモに絡んで、コロモがカリッ・ふんわり玉子とタレの味に肉とご飯の味、気取りが無くて美味しいカツ丼だった。

おかげで、午後の仕事も順調。

帰りの新幹線では、エビスの黒を楽しんだ。
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

今日は惜しかった


01_26朝の新鎌今朝は、新鎌ヶ谷駅からの富士を狙って、北総線の電車の乗車位置を乗り換えに便利な位置から先頭部分に変更した。
 今朝は、朝日に映えて美しい。

昨日の夕方は、非常に綺麗に見えていたが、ちょっと油断していて日没時刻を逃したので、今日は忘れないように電車内で時計にアラームをセットした。 


26日朝の富士26日夕の富士朝と夕の、事務所からの富士である。
また今日も、この夕方の時間帯に訪問者があり、時間調整にはらはらした。
ところが、16時40分頃やっとカメラを持って窓際に着いたら、肝心な富士山の頂部分に雲がかかり、この見え方。
惜しい。
巧く富士山の真上に沈む夕日が見えるのは、今週中だけであろう。
明日は、大阪へ行くために、ラストチャンスは金曜日。

今日は、五香のXAXへ寄る。
今日は軽く
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

衝撃のニュース

昨日の夜、帰宅途中はさんざん酔っ払っており、10時前なのになんでテレビ朝日で古館氏の声が聞こえるのか理解できず、風呂に入って寝てしまった。
今朝、やっと判った。


朝の富士夕の黒富士今日も富士山はよく見えている。

元LIVEDOOR社長、堀江氏はこの富士山を小菅の拘置所から見えていたのだろうか。

逮捕された同社の幹部は、堀江氏より皆年上である。
さてさて、彼は本当にTOPだったのだろうか。

しかし、昨年のプロ野球参入問題の時、よくぞ楽天を選択したものだ。
あのナベツネ氏の眼力は、素晴らしい。
一目で、Livedoorの胡散臭さを見破っていた。
大企業の経営者たるもの、直感的な鋭敏さをもっているものだと感服した次第。
posted by 野内 悟 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

冬らしい1日

月曜日。 朝から寒い一日。正午頃でも、気温は3℃前後しかなく、暖かい日差しが無ければ大変厳しい。
その代わりと言ってはなんだが、富士山が綺麗に見えていた。
朝の富士夕の富士

夕日に映える黒富士が見えたのは、今年になってから何日でもない。

さて、あと2・3日もすると、夕日が富士の天辺に沈むだろう。
今年こそ見てみたいものだ。
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

田舎に泊まろう、彦麻呂と栃木のなぞの郷土料理

TV番組表のタイトルを見て、きっと『しもつかれ』のことと確信してchを選んだ。

案の定、なぞの郷土料理は『しもつかれ』だった。

彦麻呂が、一体どんなコメントをするか、楽しみだったのだ。

『美味しいですねぇ』
だけだった。しかも一口食っただけ。
美味しいと言ったなら、あと残さず食べるべきだろう。
どんな味かも、全く言っていない。何と何の味が、どのように口に広がり、いかなる香りが食欲を醸し出すか、コメントせいよ。

自称グルメリポーターは、あんなものか。
しもつかれ』は、長時間じっくりと煮込んで、味の出る料理だ。
日本酒との相性が良い。

さて、今日の田舎に泊まろうは、酒盛りが無い放送だった、珍しい。
posted by 野内 悟 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日より寒い

日曜日 昨夜おそくまで降っていた雪が、地面を覆っていた。
なんと、今朝は4時起き。 家内たちを送り迎えするため、まず車にチェーンを着けなければならない。
4時半に市内某所まで送り、6時に迎えに行く。

迎えに行った帰りには6時15分を回り、東の空が綺麗に透き通るように明るくなりだした。

道路の雪のため、家内が『午前中に買い物へ行きたいから、11時には戻ってきてね』と言われ、午前8時に散歩へ。

白鳥も歩く昨日は調整池は氷っていなかったが、今日は見事にカチカチ。白鳥が氷の上を歩いている。
でも、どうしてこんな池の真ん中辺にいるのだろう。
近くの公園には子供たちが作った雪だるまが、夜になってからの粉雪が被って、形が見えなくなっていた。

いつもの様に神崎川沿いを歩くが、なかなか人の歩いた跡が少なく、昨夜の雪が粉雪になって道を覆っている。
すっごく歩きにくい。いつもは1時間で歩ける七次ポンプ場から小室橋の間が、なんと1時間20分もかかった。
市民プール市民プールは、稼動期間が年間わずかに2ヶ月。
雪の中では、ウォータースライダーも哀しそう。

小室公園は、桜の枝に積もった雪が、日差しで解けて降ってくる。
小室の調整池の周りには、一眼レフを持った方々が写真を撮りに来ていた、昨日は誰もいなかったのに。

いつものあの犬は、今日は飛び出してきた。鼻や頭を撫でて、別れを告げた。一体この子は、何歳くらいなのかな。結構おばあさんかも知れない。

午前11時、帰宅後家内と車で買い物に出る。途中、豆蔵さんに寄って、コーヒー豆を購入。

午後は、五香のXAXへ。

今日は疲れていた?
posted by 野内 悟 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

雪だあーーー

今朝と言うか、今日は土曜日ゆえ昨夜からホットウィスキーを飲みながらビデオを見ていて、朝4時頃外を見たらなにやら外が白い。
雪が降ってきた。
朝食を終えた7時半頃、外には既に雪が積もっていて、さらに降り続いている。

雪の中の白鳥いつものように、調整池に白鳥を見に行った。
さすがに、普通にしている。近くにいたハシボソガラスは、なんとも情けなく縮こまっていた。

この馬鹿は、そのまま家に引き返せば良いものを、いつもの散歩コースを歩いてしまった。
雪の散歩道殆ど、人が歩いた跡が無い。神崎川沿いは、犬を散歩に連れている人の姿も無い。
着てきたジャンバーは防水が利いていない、ウォーキングシューズは防水仕様ではなく、少々歩き続けるには適さない装備だったが、後の祭り。
歩くうち雪は靴の上に重なり、靴の中はビショビショ。ジャンバーはじんわりと、水がしみこみ始める。
まあ良いか。
デジカメの電池がきれ、立ち止まって交換。デジカメは、レンズが曇りAFが役に立たない。

小室のいつものあの犬を見に行ったが、小屋の中から出てこようとしない。
約2時間半歩いて、調整池に戻ってきた。
ツグミ

久しぶりに、見ることが出来た。

しかし、雪降る中を歩き回るとは、とことん馬鹿だなぁと我ながら思う。わたしゃ、前世は犬か。


午後は、五香のXAXへ。
新京成線も電車が遅れ気味で、幸運にも通常10分間待つところを、逆に待ち時間無しで乗り換え完了。



雪を見ながら、フィットネスクラブ
posted by 野内 悟 at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

やったぁ金曜日

今日は金曜日。 待ちに待った週末がやってくる。
起床4時半。4時50分より、朝のエクササイズ。
目玉焼きと梅干で朝食。コーヒーは、豆を挽いてカップに3杯。
松戸駅から歩くため、今朝は最寄の西白井駅6時13分の電車に乗った。
意外と混んでいる、このあとの6時35分の電車より混んでいないか。
普段より30分も早く出たのに、乗り換え待ちで約10分もロスしてしまった。北総線と新京成線の乗り換えの悪さは、たまらん。
松戸駅には、6時45分頃到着。
朝日江戸川から金町をせっかく早く出たのに、江戸川の堤に出た頃にはすっかり日が昇ってしまった。
少々空に雲が多く、東も西もぼんやりとしている。

一時期より気温は下がらず、たいして寒くも無い。

橋の下のパブリックゴルフ場では、まだ日も差さないのにラウンドを始めている。好きなんだなぁ。

今週、会社のユニホームは、半袖を着ていた。
建物内では、気温は25℃前後。真夏と変わらないので、別段寒いわけではない。
また、足に着けているアンクルウェイトのおかげで、歩くだけでエネルギーを消費して体が温まる。
松戸から朝歩いていても、20分ほど歩くと、体全体が温まる。
また、あのウェイトが熱を蓄えるため、外に出ても脚が冷えないので、結構温かい。
なかなかいいものだ。

今日も、五香のXAXへ立ち寄り。

今日は、早い時間から
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

朝が早くなりはじめた

今日は木曜日。明日1日過ごせば、週末の休日がやってくる。


1月19日の朝焼け日の出の時刻、今週になってようやく早まってきた。
昼の長さが一番短い日は冬至であるが、その後日没時刻は遅くなり昼の時間が長くなっていくが、しばらく日の出の時刻は遅くなる。
先週までじわじわ遅くなり、千葉で6時50分頃までになった。今日の日の出は、6時48分。朝、走る電車の中から、日の出を見るのは久しぶり。



1月19日の富士今日は冬形の天候で良く晴れ渡り、白い連年どおりの富士山が拝めた。

夕方もちょっと期待していたが、夕焼けに映える黒富士は今日も見ることが出来なかった。

さて、今日はちょっとショックなニュースがあった。
コニカミノルタが、カメラ事業から撤退するという。
今所有している光学10倍ズームのデジカメは、コニカミノルタのZ1。
さて、コニカミノルタのHPは、ショールームはどうなるのだろう。

今日、五香のXAXへ。
今日は、軽く
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

予想通り、寒くなってきた

今日は水曜日。朝は曇りがちだったが、次第に晴れてきて日が落ちたら、ぐぐっと涼しくなった。
今日も富士山を見ることが出来ない。

ちょうど、週の中日。
今年、1週間で勤務する日が5日あるのは、今週が初めてだ。
今週は昼食が元通りになったため、なんとも落ち着いて過ごせる。その分、体重も増えてスタミナもUPしている。

昨日・今日と、昼食に出る途中、同じ猫に会った。
昨日は、昼食後戻るときちょっとかまったら、あとを追ってきたのでちょっと冷たくして逃げてきた。今日もあの猫が小川沿いにいるのをみつけたら、目が合った。
こんな楽しみがある亀有は、いい所だ。

今日は、五香のXAXへ立ち寄れた。

今日のトレーニング内容
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

冬に戻るか

火曜日  4時45分起床
朝は気温も高く、いつもの朝のエクササイズメニューを消化するうち、汗ばみシャツがしっとりと濡れるほどになってしまった。
6時半頃出かけるときには、小雨がぱらついていたが、我慢して傘をささずに駅まで歩いた。天気予報は、雨が千葉茨城で朝の内だけ日中には回復すると言うことだったからだ。
 亀有に着いたころはすっかり雨も上がり、東の空は暗い灰色の雲で覆われていたが、西の秩父方面は青空が覗いていて秩父の山々が綺麗に見えていた。
 でも、ちょっと南の富士山方面はまるで見えない。
 日中、外気温は12℃を超え、暖かですらあった。(亀有の地上30m)

 しかし、午後3時頃から気温が下がり、風も強くなり典型的な冬型の天候に変わってきた。明朝は、きっと冷えるのだろう。

 雪に関る事故の報道が多くなっている。誠に痛ましいことであるが、ここにも国の政策の40年来の間違いの現れて来たと感ずる。
 70過ぎて雪下ろしに屋根に登らなければならないのは、一体何故か。
 少子高齢化・過疎化に、何の有効な策を講じてこなかったからだ。
 住環境と職の分離を放置し、核家族化による住民の年齢構成の歪みが何を生むか、全く無思慮に経済効率のみで突き進んだ戦後政策のツケが、色々なところで顕在化してきたのではないか。
 本当に国は、一般の国民は、豊かになったのだろうか。
 
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

おなじみ


おいでやすこの子には、毎週欠かさず、顔を見に行っている。
結構気分屋さんで、すぐ目の前まで近づいて来たり、呼んでも知らんぷりだったりする。
でも、その辺も可愛い。
まぁ、他所の飼い犬だから、食べ物を与えるわけには行かないから、体を撫でてあげることくらいしか出来ない。


それはさておき、嬉しいことがあった。
先月、突如休業した会社近くのおなじみの中華食堂、1ヶ月ぶりに営業を再開した。
今日、そろそろ店を開く予定でも貼り出していないかなと期待して行って見たら、暖簾が出いていた。
喜んでお店に入った。
今週から再開したそうだ、いやはや良かった。
また、この気の置けない店で、昼を楽しむことが出来る。
これで、会社へ通うのに、楽しみが1つ復活した。

今日は、帰宅途中平日としては1週間ぶりに、五香のXAXへ立ち寄れた。
風邪も、なんとか回復。これもまた、日々の楽しみの復活。

今日のXAXでのトレーニングは
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

春かいなぁ

朝5時50分頃起床、地面は昨夜の雨で濡れていたが、雨も上がり空は綺麗に晴れ渡っている。
歯磨き洗顔・トイレ(ううむ、下りの特急だ)を済ませて、時事放談を見る。(間に合った)
薬缶に浄水器を通した水を入れ、ガスにかける。
コーヒーポットとその保温プレート、コーヒーカップとコーヒーミルを取り出し、テーブルの上に置く。
冷凍庫からコーヒー豆を取り出し、コーヒーミルに25gほど入れ、ミルのハンドルを48回ほど回して豆を挽く。
薬缶の湯が沸く、ガスを止め薬缶のふたを開け、しばらく湯気が上がるにまかせる。その間に、ドリッパーにフィルターペーパーをセットし、挽いたコーヒー豆を入れる。薬缶の蓋を戻して薬缶を持ち、まずコーヒーカップに湯を注ぐ。次にドリッパーに、少しずつ湯を差し、コーヒー豆全体に湯がいきわたりポットに少しコーヒーが落ちて来るようになったら、湯を差すのを止めて30秒ほど待つ。この時、コーヒー豆はドーム状に膨らんでいる。
次に、勢いよく薬缶の湯を注ぎ、カップ2杯分の湯を注ぎコーヒーが落ちるのを待つ。最後に、湯が落ち切る前にドリッパーを外して、カップの湯と共にコーヒー豆の入ったペーパーフィルターを捨てる。
ようやく、コーヒーを飲みながら時事放談を見る。

スズメのお宿

ふと外を見る。
こりゃ、スズメも集合住宅か。



外へ出たら、意外に暖かい。
風も弱く冷たくないし、日差しが暖かい。なんだか春のような気分。でも、本当に寒いのは2月の初旬である。
いつもの神崎川沿いの散歩コースを歩き、南山の豆蔵さんでコーヒー豆を購入。
例の梅干も買えた。

午後は、久しぶりに五香のXAXへ。

今日のトレーニング
posted by 野内 悟 at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

休日出勤

今朝は昨日に続いて、松戸駅から亀有まで歩いた。
昨日は朝7時、今日は朝8時半に松戸駅を出た。
今にも雨が落ちて来そうだった。
松戸神社の近く坂川沿いの梢に、メジロがいた。雨の予報のため大きな傘も持っていて、カメラを取り出すのにてこずり、デジカメを取り出そうともぞもぞしているうちに車が通って、目当てのメジロは飛び去ってしまった。

かもめ1かもめ2水元公園の溜りのふちに、カモメが佇んでいた。
のんびりしたもので、近づいていっても気にするようでもなかった。



ゴイサギ菖蒲田のところには、こいつがいた。
白井の神崎川沿いでは、こんなに近づくことは困難。
やはり、人に慣れているのか。

普段この道を歩くのは、金曜朝8時前。葛飾区社会教育館に着くと、丁度8時の時報を聞く。
ちょっと違う時間に歩くと、人の動きも違っている。
金曜日は、丁度小学生が集団登校するため、あちこちの路地の角に集まっているが、今日は誰もいない。

飯塚橋では、普段は車が混んでいて橋の東詰から環七まで、歩くのとたいして変わらぬ速さでしか車は動かない。 今朝は、スイスイと車が流れている。

などどキョロキョロしながら歩いているうち、会社に到着。
帰りも歩こうと思っていたが、ひどい土砂降りで諦め、亀有駅から電車に乗って帰宅。

昨日・今日で、6.2kmずつ、計12.4km。

明日は天気も回復するらしい。
散歩もしたい、コーヒー豆も買いに行くゾウ!
XAXへも、行くゾウ!
今日も、真っ直ぐ帰宅
posted by 野内 悟 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

災害時緊急告知ラジオ

1月10日のasahi.comに、記事があった。
緊急停止した地下鉄の乗客に、携帯のメールやラジオを通じて災害情報を伝えるシステム作りを、国土交通省と総務省が始めるそうだ。
記事詳細 http://www.asahi.com/national/update/0110/TKY200601100244.html

記事によれば、ラジオはFMのようである。
国交省が今月から試験放送を開始する都営三田線は、すでに漏洩ケーブルがトンネル内に敷設されており、現在はAM放送が聴けるようになっている。
携帯とラジオの電波を流して、感度を調査すると言うから、ラジオはFMなのかと思う。
これでますます、AMラジオ放送は形勢が不利になるかもしれない。
現在、AMラジオを聴く世代は、50代以上だそうだ。

プロ野球のナイターも、AMラジオなら試合開始から終了まで放送してくれる。AMステレオ放送なら臨場感抜群。
明日は、土曜日。
土曜ワイドラジオ東京を聞きながら、会社で仕事に励むとしよう。
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

雑煮

実家で食べていた雑煮、ここ数年正月に実家へ行っていないため、新潟風の雑煮はご無沙汰している。

関東風の雑煮は、具はかしわに小松菜、出汁に醤油で味をつけた簡素なもの。
ごっそうは、おせち料理で食べる。
だから、雑煮は〆にちょいとつまむお茶漬けの感覚ではないかと、勝手に想像する。

新潟の実家での、正月の朝の餅の食べ方は雑煮のみではない。
まず、雑煮は
大根を短冊に刻み、たっぷりと入れる。
それに、人参・ごぼう・油揚げもはいったか。
味付けは、醤油。出汁をとるものが大切で、塩鮭(新潟では、塩引きという)の頭。もちろん塩鮭の切り身も少々入る。
最後に、雑煮に欠かせないものが、イクラ。

餅は、角餅を別鍋に煮て、茶碗に盛る。
正月の朝は、煮た餅をもった茶碗と、雑煮をもった椀が並ぶ。
食卓にはさらに漉し餡とキナコが用意され、煮た餅に個人個人がお好みでかけたり、餅を椀の雑煮に落としたり、色々な食べ方を楽しむ。
だからこそ、歳の数まで食べることが出来るのだ。

私は、キナコ(黒砂糖を混ぜたもの)を煮た餅にかけるのが好きだった。キナコでまずは6個、雑煮に落として4個、餡子をかけて2個、またキナコで4個、雑煮で2個、これで18個が腹に収まる。
お餅は腹持ちが良い上に、雑煮には大根がたっぷり入っているので、消化にもよろしい。
だから、正月の昼食は特に必要無かった。

この歳になっては、餅もきっと4個くらいしか食べられないだろうなぁ。
posted by 野内 悟 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ツグミ 鏡開き


ツグミ先日9日の散歩中に、電線にとまっている鳥を撮影していたが、今日までPCに取り込むのを忘れていた。
あらためて見てみたら、どうやらツグミのようだ。
嬉しいことだ。 この後、昨年までのように、もっとあちこちに姿を見せてくれるかな。

さて、今日1月11日は、鏡開き。

鏡餅は、実家では大小色々な大きさのものを作った。
1番大きなものはお店に、次は仕事場や神棚、あとは仏壇・台所・各部屋にと、一臼分の餅を鏡餅に丸めた。
1月も中旬のこの時期になると、鏡餅もひびが入っていて、カチカチになっていた。
細かく砕いてあられ風に焼いたり油で揚げたり、お汁粉にして食べたものだ。
今では、プラスチックの形だけの鏡餅で、その中に角餅の真空パックが入っていて、なんともはや趣の無いことである。
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

初雪

雪の朝の駅前
この冬、初めての積雪。デジカメで写真を撮り始めて、これで3回目の冬。前の冬は、12月中に雪が積もった。
家の周りは、積雪3〜5cm。 
朝、目が覚め外を見たとき、積雪を見て心が躍った。真剣に会社を休もうかと思った。(わしゃぁ、犬かいな)

駅前のブロンズ像、ちょっと雪がかかっただけ。まだ暗いけれど、時刻は午前6時半。

雪の朝駅前2通勤に向かう人は、いつも通りの時刻に駅にやってくる。

通勤の電車で松戸に向かうと、次第に線路の周りの雪が減ってくる。松戸市役所付近では、家の屋根にもさらりとしか雪が無い。

江戸川を渡ると、一挙に雪は姿を消し、亀有駅では雪など全く無い。

新潟県の山の方では、40年前頃と同等の積雪のようだ。
新潟県の積雪深は、新潟市20cm、長岡市でも1m未満。今年は山雪らしい。
40年前私が小学生の頃、新潟市でも1月には30cmほどは普通に積もっていた。
この20年間、年々雪が少なくなっていたため、雪国としてのいろいろな備えがおろそかになっていたのだろう。
積雪のため道路交通が困難になるのは、例年のように繰り返されていた。

40年前、冬の季節は外で仕事は出来ず、雪国ではみなひっそりと暮らしていたはず。だから、魚は塩漬けにし、漬物を沢山漬け、野菜を雪の中にいけて保存していた。
当時と違うのは、働き手が少なくなっていること。
雪堀り雪下ろしをする若い人手が、豪雪地には少なくなってしまっている。
過疎地となった山間部を襲ったこの豪雪は、地震にも劣らぬ脅威となって38豪雪の頃と同様に地域を破壊するかもしれない。
posted by 野内 悟 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

白鳥が歩く

今朝は風も弱く冷え込んだせいで、調整池に厚く氷が張った。
白鳥が歩く
いつもなら、白鳥が乗れば割れる氷が、割れない。
白鳥の会の方々が、鳥たちに食事を与え始めた時、11羽中5羽が池の反対側の氷が薄い所にいた。

暫くして気づいた白鳥たちは飛び立って、食事を与えている場所に下りようとしたが、氷がバッチリ張っているのでなかなか降りられず、池の周囲を5・6周してやっと降りてきた。

こんなの初めて見た。

今日も午前中に、いつも通りの散歩コースを歩いたが、野菜スタンドには特にこれと言った物も無かった。
最後に、市民ホールの前と市役所を経由し、成人式とイベント(二十祭)会場をちょっと見て、帰宅。
今日の散歩は、11.6km。

午後は、五香のXAXへ。    
今日のトレーニングは
posted by 野内 悟 at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

餅つき

午前中、いつも通りのコースで散歩。
野菜スタンドの大根法目の野菜スタンドが、綺麗に作り変えられていた。
今日の目玉は、聖護院大根。残念ながら、食べ方を知らないので買わずに来た。
その先の、古代米を作り美味しい玉子を売る農家は、よくお餅をついているのだが、餅つきは昨日だったそうだ。残念。!

私の学生時代は、私の実家でも毎年暮れに臼と杵で餅をついていた。餅つきは、私と今船橋に住む兄の二人の仕事だった。実家とおばの家で正月に食べる分、お供え餅等々をつくため、8臼くらいついたように記憶している。
二人で杵を持ち、20回ほどついたらひっくり返す。よくTVで見せるような、1回杵を上げるたびに合いの手を入れ寄せたり水を加えたりしない。
二人で交互に杵をおろすから、呼吸が合わないと杵同士がぶつかったりする。ついている最中に、杵に付いた餅のなりかけをちょいとつまむのが旨かった。
12月29日に餅をつきのして、30日に切る。
のすのも切るのも、兄と私の二人の仕事。
切る手間を省くため、厚くのして大きく切った。いま巷で売られている餅に比べ、厚さも大きさも倍はあった。
明治生まれの祖父は、『若いときは、正月に歳の数は餅を食ったもんだ』と言っていた。
私は、18歳まで毎朝歳の数は食った。酒を飲むようになった19歳以降は、18個までしか食えなくなった。

実家の餅つきも、私と兄が就職して上京してつき手がいなくなり、止めてしまった。

午後は五香のXAXで、絞りかすに。
今日のトレーニングは
posted by 野内 悟 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

都内で新年会

昨日突然メールが入り、今日午後から六本木で新年会となった。
昨夜のただ酒がよ〜く効いて、朝の目覚めはなんと午前7時、遅すぎた。土曜は、5時半には目覚めていたかった。
六本木午後2時集合、終了時刻が分からない。予定が無いため、午前中五香のXAXへ寄ってから六本木へ。

さすがに六本木まで行くと、『都内』と実感する。
毎日通っている亀有も都内に違いはないのだが、なんとも垢抜けていない。よく言えば、気取りの無い街。
先日電気製品のパーツを探したが、亀有・北千住と歩いて見つからず、結局秋葉原まで行ってしまった。
仕事をする上では、あまり便利な場所ではない。

居酒屋は、総じて安い。千葉ニュータウン中央は、亀有の5割から10割高。
 亀有はサラリーマンののん兵衛にはとてもありがたい街である。



続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

本当に寒い?

千葉・東京で生活する限り、寒波・厳冬の意識は薄い。
最低気温も所詮、−1・2℃。都内なんて本当に寒いのか甚だ疑問。
今朝は松戸から職場の亀有まで、歩いて出勤。
松戸神社朝の松戸うす曇のため、朝日も届かない。
寒いとは言えど所詮0℃以上もあり、30分も歩いていれば汗ばむ。丁度よい気温ともいえる。
歩く時の娯楽は、景色を楽しむ、犬を連れて散歩する人たちを見ること、そしてAMラジオである。
メモリーオーディオも良いのだが、ソースをダウンロードする手間が面倒くさい。ラジオなら最新の内容が手間いらずで聞ける。自分の好み以外のジャンルも耳に入り、新たなお気に入りが生まれることあって、ラジオが良い。
AMラジオでニュースヘッドラインや、スポーツ芸能の最新情報を入手出来ることはとても貴重である。

なんて考えながら、路地を歩く猫たちを見ながら歩くと、1時間なんてあっと言う間に過ぎていく。

posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

AMラジオはどうなる?

今朝の通勤電車、新京成電鉄で新鎌ヶ谷駅から乗った車両は、新鋭車両N800型。
私は、この車両が嫌いだ。
AMラジオに激しいノイズが入り、殆ど放送を聴くことができないのだ。
電車はJRも新型車両ほど、AMラジオに優しくない。
明らかにインバータノイズが盛大に入ってくる。
新京成のN800型は、駅の反対側のホームに車両が近づいただけで、砂嵐のような音がラジオに侵入してくる。
AMラジオは、ノイズに弱い。
携帯電話、リモコン式のCD・MDプレイヤー、パソコン、車両内の文字の流れる表示器、等々数え上げればきりが無い。
エレベーターの中でも、AMラジオは聞こえない。
ドアが閉まると、AMは聞こえなくなり、モーターのインバーターの音が入ってくる。この時、TVの音声は問題なく聞こえる。

携帯式の半導体メモリーを使った音楽プレイヤーには、FM放送受信が出来る物が多いが、AM放送を受信できるものは無い。
災害時の情報源としては、AM放送は貴重だと思う。

いま唯一AMも聞ける携帯は、ドコモ(ソニー)のラジデンだ。
あれ一台で、AM・FM・TV音声が聞けて、電話もメールも出来る。
あれと同じ機能でAUが出してくれたら、迷わず機種変更する。

今日も、五香のXAXで道草。
トレーニングメニュー
posted by 野内 悟 at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

仕事始め

今日から勤務先は、2006年の始まり。
食事も、通常モードに戻る。

梅干三態
昨年さる野菜の直売スタンドにあった梅干、しょっぱ過ぎず肉厚でとても美味しく、種の中の天神様もしっかり食べて朝の始まり。

今日はまだ休みの企業も多いらしく、朝の電車もまだまだ空いていた。
困ったことに、昼食の場所もお休み中の所が多く、結局20分間ほどあちこち回り亀有駅前までさまよった。

会社でも新年の安全祈願のため、定時前に皆三々五々消えていった。私も、午後5時前に同僚と松戸神社へ。
神社でお参りを済ました後、ちょっと居酒屋へ立ち寄り日本酒を酌み交わし約2時間。
明日も仕事なので、軽めに切り上げ、私は五香のXAXへ。酒を飲んだ直後のため、軽めのメニュー。
今日のトレーニングメニュー
posted by 野内 悟 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

駅伝は興奮する

散歩中、いろんな人を見かけた。

ジュギングする人バードウオッチャージヨギングを楽しむ人、バードウォッチングをする人。
私も、散歩中鳥を見ながら、ラジオで駅伝を楽しんでいる。
大学対応駅伝、今日は復路。凄いドラマの連続だった。
10時頃散歩に出たので、TV音声のみをラジオで聞き続けた。
駅伝やマラソン中継を聞きながら歩くと、ついつい足に力が入ってくる。足につけたウェイトを外して、走り出したくなる。
駅伝で走る選手たちは、100m17〜18秒台で20km近くを走り続ける。中年のおっさんたちには、100mですら走ることが困難な速さ。私は25歳の頃、全力疾走しても12秒9が精一杯だった。
下りでは選手たちは、100m16秒台で疾走している。
8区では順天堂大の難波選手、中継している日テレのアナウンサーの声が震えていた。情景が見えるようだった。
そのせいで、途中からいつもの散歩コースを外れ、神崎川沿いを歩き続け、ニュータウン中央の方まで足を伸ばしてしまった。

途中、船尾のユニローズに寄り、にん玉ラーメンで昼食。高花の結縁寺・阿夫利神社と立ち寄り、ようやくいつもの散歩コースへ戻った。
戸神調整池ニュータウン中央では、戸神の調整池に白鳥が1羽いるとの情報があったので立ち寄ったが、白鳥は見つけられなかった。
池の端の木々の枝が白いのは、これは何だろう。






今日の散歩MAP
posted by 野内 悟 at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

完全休養日

朝からどんよりと曇り、天気予報も雨。
散歩にも出ず、朝からテレビを見て過ごす。

 朝6時頃家族がまだ寝ている間に、大晦日の夜NHK教育で放送されたETV特集を録画しておいたものを見る。
 ゼロ戦の技術者の残した機密資料を、柳田邦夫氏や航空機技術の専門家(東大教授ら)が読み解く内容。
 驚いた。
 世紀の傑作といわれていた零式戦が、実は致命的な欠陥を抱えたまま実戦投入され、根本的な改良は最後まですることが出来なかったという。
 高速で急降下の出来ない欠陥戦闘機、耐弾装備の無い空飛ぶ棺おけ。
 その機体の欠陥は、アメリカ軍がアラスカで捕獲した零戦を徹底的に研究して明らかにされ、それ以降零戦は空中戦で優位に立つことは無くなった。
 元海軍の幹部の方が、『丈夫な戦闘機など意味が無い』と云っていた。あのような思想で戦闘機を企画したから、日本は負けるべくして戦争に負けたのだと納得した。

 人命と安全性を軽視し、根本的な欠陥は隠し通す。

 同様な問題は、今でもあちこちで起こっている。
posted by 野内 悟 at 16:00| Comment(3) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする