2006年06月30日

今年も半分終了

金曜日
今日も午前中雨は無く、喜んで松戸から歩いて亀有へ。
蒸し蒸しと暑いが、陽射しが弱いのが幸い。
歩いていて、汗がじんわりと流れる程度で済む。

水元公園の蓮池オニハスの花
水元公園の蓮池に、今年もオニハスの花が咲き始めた。
水元公園の東の入り口側に広がるこの池、今日も立派なカメラをセットして写真を撮る方がいる。
この幻想的な色の蓮の花は、直径30cmを超える大きなもの。
華美ではなく、厳かな雰囲気を醸し出し、色も形も素晴らしくてひき込まれる。

またまた、これから仕事場に向かうことをつい忘れそうになる。

今日は退勤後、五香のXAXに寄り、帰宅途中駅前のスーパーでこのビールを買った。

アサヒビールプライムタイム
缶の見た目は、いかにも美味しそう。
艶消しのマット状の青い缶、期待が高まる。
期待を込めて、グラスに注ぎ飲む。
なんたって、XAXで絞りかすになった体だ、味には敏感になっている。
やっぱりアサヒビールは、旨いビールがどういうものか間違っているようだ。
左に控えているKIRINのラガーが、ぐっと引き立つ。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

暑い一日

木曜日
なんと午前3時に目が覚めてしまった。のどが渇いたからだ。
ビールを飲みたかったが、ぐっとこらえて水を一杯。
(仕事があるんだから当たり前だが、飲んでも勤めの開始までに6時間もあったのだから、飲んでも良かったか)

今日は暑かった。事務所屋上の寒暖計は、なんと35℃を記録した。


大きな落ち梅暑い時は、梅が美味しい。
土曜日歩いている時、大きな落ち梅を拾った。
道端の梅林の木の下に、大きな梅の実がごろごろ転がっている。
もう色付いている実も、だいぶあった。
ううう、勿体ない。拾い集めて帰りたかった。
日曜日に小室公園の調整池北側の梅園でも、梅の木の下には落ちた梅の実が沢山転がっていた。

夏といえば、烏瓜の花。
烏瓜の花朝早い時間帯に見ることができる。
はじめてみた時は、とっても不思議な形だと思った。

もうじき夏じゃ!

今日は退勤時刻になって、異様に体がだるくてXAXに寄らずに直接帰宅。
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

真夏日

水曜日
昨夜は、しこたま北千住で飲み、帰宅したのは24時直前で、Blogは携帯で新京成線の中からアップした。
帰宅するなり、即布団の上に横になり、気がついたら朝4時。 4時半まで布団の上で意識を確かにする努力を重ね、ようやく起き上がり歯磨き・洗顔。
午前4時50分、ダンベルとヨガマットを持ち出し、朝のエクササイズ。約30分で終了し、朝風呂。
いつものようにコーヒーを淹れ、朝食をはさんでCupに3杯飲んでから通勤。

今日は暑かった。午後2時過ぎに、事務所屋上の百葉箱に入っている寒暖計は、なんと33℃を記録した。
天気予報を信じて、午前10時頃ビルコンの空調制御データ設定を操作し、事務所室温が偏りなく27℃になるよう設定を編集。
期待以上に、午後は室内が快適。よくよく温度設定値のログを調べたら、省エネ間歇運転がどうやら働いていない。
本来午後は、空調の冷房負荷による消費電力を抑制するため、温度設定を15分間で3分間2℃自動的に上げる制御をしているはず。データ上もそう設定したが、どうやら間歇鵜運転が動作していない。

ツユクサ
ここ1・2週間、暑くて蒸し暑い日々が続き、台風が1.2個来て梅雨があけることだろう。
ツユクサは、中学校のころ葉の裏の気孔を顕微鏡で見る実験のため、採ってきたことを覚えている。
この小さな青い花は、とても可愛らしい。水玉
蓮の葉に残る水玉は、なんとなく真夏の朝を連想する。
この蓮の葉は、24日白井市法目の佛法寺で撮影した。

今日も、退社後五香のXAXへ寄った。




続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

今日は楽しい

火曜日
今日日は、定年退職される方のご苦労さん会があり、自分の所属していない部署の宴会に出張。
久しぶりに気の置けない仲間達とくみ交した。

飲んだ所は、北千住。
とてもいいお店だった。
約30名で、貸し切り。 約5千円の予算での宴会コース。刺身から始まって揚げ物煮物焼物と続き、おにぎりまであった。
ボリューム満点で、皆食べきれない。
料理は、普通の居酒屋メニューだが、気取りが無く普通に美味かった。サトイモの煮っ転がしは、ほっとする味だった。
〆の頃にお店の方が、『食べきれない物は、刺身以外はお持ち帰り下さい』と、パックとビニールの袋を出してくれた。
独身者らは、エビ・アジ・ホタテのフライ、鯖の塩焼き、梅のおにぎりを持ち帰った。

また、ビールが良かった。KIRINのラガー瓶であった。

いいお店を選んでくれた幹事さんに、感謝!!
posted by 野内 悟 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

雨の月曜日

月曜日
今日は計画的に、勤めを休んだ。
先週のはじめころの週間天気予報では、今日は紫陽花寺で有名な松戸市本土寺へ行くつもりだった。
あいにく、朝から雨。
と、昨夜のTV見ながらのバーボン飲み過ぎで、半分二日酔いで、午前9時半ころまで雨は小康状態であったが、躊躇していた。
午前10時頃、どっと雨が降りだし、完全に散歩を諦めた。


紫陽花の花(丸)紫陽花の花(ぎざぎざ)紫陽花寺へ行くのを諦め、昨日みた紫陽花で、ようやく気のついたこと。
紫陽花の花は、花びらの形が幾つかある。
花びらは、たいがい4枚だが、はなびらが丸いもの、ぎざぎざのついたもの。

さて、午後になったら雨はまた止んで来た。どうせ、また降ってくるのだろうと思い、五香のXAXへ行った。
ところが、午後はさっぱり雨が降らない。
こんな柔らかな日差しなら、本土寺の紫陽花はきっと今日は良かっただろう。

こんなことなら、午前中XAX、午後は本土寺へ行けばよかったなぁ。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

実りの気配

日曜日
朝は、F1の予選を見ているうち2度寝をしてしまい、目覚めたのは5時40分。
朝の支度をしながら、TBS−TVの時事放談を見たが、さっぱり頭に入らなかった。
7時半からはフジTV『報道2001』をみて、服部幸応氏の伝える鯨肉の素晴らしさに感服。
鯨肉は、低脂肪低カロリー高蛋白と、素晴らしい食材である。
これをアメリカ人が知ったら、ダイエットに異様な興味を示すあの国民は、捕鯨活動を自ら始めるかも知れない。

などと思いつつ、昨日より涼しいことに気をよくして、いつもの散歩コースへでた。
胡瓜の花葡萄も稔りが進むあちこちの畑では、夏野菜の花(胡瓜)が咲き、果樹の実(葡萄)が膨らんでいく。
田圃の稲も株分かれが進み、稲の緑で覆われている。
植物の勢いの良いのを見るのは、楽しい。
ただ、散歩コースの神崎川沿いは、萱が背丈を越える高さにまで伸びて、川面もよく見えない。
鳥たちも、声はすれども、姿を見ることは難しい。


謎の細工こんな風に、葉をつむぐのは一体何者だろう。

今日は、豆蔵さんでコーヒー豆を、野菜スタンドでタマネギを購入して帰宅。

午後は、五香のXAXへ。



続きを読む
posted by 野内 悟 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

白井から船橋北部を巡る

土曜日
水曜日頃までの週間天気予報では、週末から月曜にかけて雨と予報されていたが、幸運にも梅雨の晴れ間に入ったようだ。
喜んで、散歩へ。

未来の名ジョッキー達白井のJRA競馬学校をチョイと見学。
土曜の午前10時前は、いつも教練をやっている。
このから、将来日本を代表するような、名ジョッキーが出るかも知れない。

木下街道を越え、梨園の中の道を南へ歩く。

臆病な柴犬途中の家の庭先に、ちょっと臆病なこいつが寝ていた。
声を掛けたら、驚いたように飛び起き、後ずさりして身構えた。
警戒していて、吼えまくる。
困った。

二重川を渡り船橋市に入る。

僕は留守番西輪寺の手前の家の車庫に、お留守番をしている。
この子は見た目よりもおとなしくて、近づいても吼えないし、すぐ仲良しになってしまう。
これで留守番になるのかな。
西輪寺の池の蓮の花を眺めたのち、船橋県民の森へ。

県民の森の中、道の脇の柵がだいぶ壊れている。


店番のケンタ県民の森の南出口手前に、生産農家の直売所があり、この犬「ケンタ」は店番だ。

美味しそうな野菜が、沢山並んでいた。
しかも、安い。買い物をして行きたかったが、荷物になるのが嫌で何も買わずに通り過ぎ、県民の森を後にして、アンデルセン公園の前を通り過ぎる。
豊富の工業団地内をぐるぐる巡り、東京学館の前を通って船橋清掃工場前にたどり着き、小室を通って白井市法目に。
おなじみいつものこの子は、呼ぶとすぐに出てきてくれる。

いつもの野菜スタンドで、梅干を購入。
助かった。スーパーで売っている「南紅梅の梅干」は、見た目は立派だが漬け込みが足らないようで、酸っぱさが不自然だし種の中の天神様が硬くて美味しくない。
ここの梅干は、天神様も爽やかないい香りがする。

感謝!!

いつもとは違った道を歩いたので、ちょっと新鮮。
歩いた距離は、14.4km。

午後は、五香のXAXで軽く汗をながした。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

目覚めたか

金曜日
今朝はいつもより少し(30分)早起きして、W−Cupサッカーを聞きながら、歯磨き洗顔。
4時20分頃から、TVを見ながらいつものダンベルエクササイズ。
ちょうど前半のロスタイムに入る頃、シットUPを始めた。
見事なヘディングの連携で、同点。さすが、ブラジル。ここまでは、まだ振り出しに戻っただけだと、余裕で見ていた。
後半20分位、もうchは6ch。みのさんの朝ズバに切り替えた。
今日は、みなあの結果で、淡い夢からしっかり目覚めたことだろう。


昨日までの天気予報では、今日は朝から雨であったが、幸いにも朝雨が降っていない。
久しぶりに傘を差さずに、松戸駅から歩けた。

キスゲ水元公園では、あちこちにこの黄色い花が咲いている。
菖蒲田には、まだまだ菖蒲の花が咲いており、十分楽しめる。池は、蓮のはなが咲いており、池の端には紫陽花が咲いている。
水元公園は、これからしばらく花が楽しめる。



可愛い猫水元公園を後にして、東水元の町内を西へ飯塚橋へ向かう。
途中、この綺麗な猫に逢う。
冬や雨の日は、飼い主が家の中にしまうため、お目にかかれなかったが、今日は会えた。
この猫、近所の子供たちにも有名で、通る子供たちが体を撫でたり、『じゃね』と声をかけていく。
体を撫でてやると、嬉しそうに『ミャー』と鳴く。
写真を良く見ると、首輪が付いていて紐につながれているのが判るだろう。
いかに、飼い主が大事にしている猫であることか。

今日は、退社後五香のXAXに寄る。


招き親子猫XAXの手前の寿司屋の玄関に、いつものように招き猫が佇んでいる。
が、いつのまにか子猫が増えていた。




続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

国を愛する心

今日は木曜日。

昨日は大阪からの帰り、新幹線の中でNHKラジオ第一をずっと聞いていた。

その中で、ふと『国を愛するココロ』てなことが、法律化されるとこに、疑問を持った。

哀しいことである。
法律に書いて押し付けなければ、誰も愛せる国では無いと云う事の裏返しではないのか。

薬害エイズ問題にしても、血液製剤によるC型肝炎問題でも、政府は国民を守ろうという姿勢を見せない。
古くは、シベリアや千島列島に国民を置き去りにして何十年もほったらかしにした政府自民党、そんな政府が主導する国を誰が愛せるのか。

また今度、国民の77%が反対するアメリカ牛肉の輸入再開を『国民の意見を聞いて、合意に至った』と、カッコだけの白髪頭のブッシュのポチはほざいているようだ。
そんな、国民の食の安全より、アメリカの顔色のほうが大切だといって憚らない、そんな政府が押し付ける『国を愛する心』など、どぶに捨ててしまえ。

どうせ、この国は国民を裏切リ続ける。

そのとき、きっと政府の代表は『その程度の約束が守れなくても、たいしたことではない。』『人生色々です』と、ぬけぬけと言い抜けるに違いない。


今日は、久しぶりに退社後五香のXAXに立ち寄った。(久しぶりったって、2日空いただけなんだが)
続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

大阪は暑い

水曜日
久しぶりに日帰りで大阪に。午後からの打ち合わせに間に合えば良い楽な日程の為、平常通りに出発。
今朝も、靄のかかるスッキリしない天気で、視界が悪い。

靄の朝
静岡付近から空が明るくなり、日が射してきた。
大阪は、スッキリ晴れて、夏のような天気。
新幹線は空いていた。3人掛けの座席の窓側に座ったが、新大阪まで誰もやって来なくて一人じめ。

2ヶ月ぶりの今日、大阪市交通局の地下鉄四つ橋線の車両の運転席を見入ることが出来たが、地元の古い電車とは隔世の感がある。
大阪の地下鉄の車両は、速度計もデジタル表示。軌道間の通信により、指定速度が時々刻々表示され、それにしたがってコントローラを操作すればよい。

また新大阪・大阪間のJR京都線では、快速電車の新型車両に乗った。
車内の中に、19インチ液晶ディスプレイが片側2面両側計4面ついたユニット、それが1両の4箇所についている。
JR東日本の山手線は、車両出入り口付近にディスプレイが在るが、JR西日本は車両の真ん中の吊広告の場所に付いている。
JR西日本のほうが、乗客のことを考えてくれているのかな、とふと思った。

さて、打ち合わせも、予定通り三時に終了。午後五時半迄雑務を済ませて、午後6時新大阪発の新幹線に乗車。
今日は、大阪の部署の人達が昨夜しこたま飲んでいた為、定時で解放してくれた。

たまには、終電を気にせず、早めに帰る出張も良い。

京都でもまだ明るくて、車窓からの景色が見える。

では、出張帰りの楽しみに、缶ビールを明けよう。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

梅雨の中休み

火曜日

今日も朝は靄が広がり、むしむしとした朝で、爽やかとは云いがたかった。
天気予報は、昼は晴れて気温も上がる『梅雨の中休み』。
午前10時頃には外気温が上がり、外気を取り入れても室温が下がらなくなり、事務所のわずかにしか開かない窓を全て閉じてまわった。
外気を導入し外気と室内の空気との間で熱交換を行う全熱交換器の運転モードを、『熱交換』モードに切り替え、冷房で冷やした空気の冷気を無駄に外に捨てないよう設定。
もう少しビル管理装置が賢ければ、この手でやることも無いのが悔しい。

室内気温の28℃は、少々暑い。
空調の設定温度を26℃にすると、ようやく室温が28℃すれすれ。
環境庁の推奨する28℃設定では、室温は30℃に届き、仕事にならない。

クール・ビズも2年目。

今年は省エネ出来るかどうか、前年比−6%は無理だろう。
いっそのこと、政府主導を楯にとって、『政府の指示に従い、設定しています』と、頑固に主張するのも面白い。

今日は、五香のXAXは休館日。
真っ直ぐ、帰宅。
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜日の道草

土曜日17日の京成さわやかウォークで、ちょっと道草を食った場所。

上矢切の神明神社留守番

上矢切の神明神社である。ここに来たのは、これで3回目。
矢切の丘の斜面に位置し、すぐ目の前には外環道の工事現場が見える。
急な石段を登り、この社の手前に小さな小屋があり、そこにはこの留守番の犬と猫がいる。
何故か犬小屋の前に猫が、小屋の近くに犬がいた。
この犬も、吼えることは吼えるのだが、あまりしつこくなかった。
社までの最後の石段6段を登り、拍手を打って下ってくる時には、こちらを見ているだけだった。

posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

私の夏が近い

月曜日
朝は曇り空でもやっとした天気だが、予報で晴れ間も出て気温が30℃近くになると言う。

昼休みには、予報通り日も射して気温も上がり、からっと暑い。
昼食は、いつもの中華食堂で、熱い麺を食べる。
今日は、熱くて辛い坦々麺にお店オリジナルの薫り高いラー油をかけて、熱々ウマ辛を楽しむ。
食べるうちに、全身から汗が噴出す。
額から落ちる汗が丼に入らぬよう、タオルのハンカチで拭く。腕からも汗が落ち、カウンターを濡らしてしまう。
タオルのハンカチが無くては、到底昼休みが越せない夏が、もうすぐそこまで来ている。

今日の退社後は、五香のXAXに寄る。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

過熱する日本

布袋様今夜、サッカーW−cupで日本が予選リーグ通過できるか否か、決定的となるクロアチア戦がある。
昨日から、あちこちのTVで、やかましいほど特集番組みたいな放送が続いている。
TV朝日の午後6時から、『いまどきごはん』では松木安太郎さんと武田修宏さんが登場。
松木さんは、KIRINのCMでキッとまなじりをけっして、『勝つに決まってんでしょう』と言っている、あれが良い。

さて、今日一日は雨のため、散歩にも出れず、XAXではショートメニューで済ませた。

いざ、この俄かサッカーファンは、午後10時が待ち遠しい。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

さわやかウォーク

土曜日
天気予報どおり、雨はもう明け方近くに上がった。
洗濯して、朝御飯(野沢菜チャーハン)作って、コーヒー淹れて、次男を起こして、7時半に電車に乗っていた。
辛うじて今日だけは晴れるらしいので、さわやかウォークに参加することにした。
ゴール後は五香のXAXへ行くため、松戸駅のコインロッカーにフィットネスクラブの荷物を預け、金町駅から京成線で国府台へ行くルートを選んだ。

久しぶりに京成金町駅に立った。
綺麗になっていた。切符の券売機は、改札の反対側に移動。元の券売機の有った場所には、カフェのPRONTOが出来ている。改札からホームへ、スロープも付いた。

高砂駅の近くの猫高砂駅に着いて、ホームの向こうを見ると、何か居るのがわかった。
猫が寝ている。まあ、なんとも幸せそうに寝ていることか。
国府台駅に着いたら、江戸川の堤の上は行列が出来ていた。
午前8時50分、じわじわとスタート。
今日のコースは、昨年と殆ど同じ。もちろん20kmコースを選択。松戸神社から水元公園へは、昨日も歩いたしコース図など不要。

千葉大園芸学部近くの紫陽花戸定邸の手前で、斜面に紫陽花が咲いているのが見えた。
千葉大園芸学部への道の途中、見事に紫陽花がさいていた。
紫陽花の花の真ん中が、こんな風にはじけているのを見たのは初めて。
戸定邸で、しばし休憩。水元公園で、おむすびとお茶で昼食。
水元公園は北の端まで歩いてぐるりと戻り、菖蒲田の花菖蒲をちょっとまた見て、南蔵院へ寄った。
昨年の夏ごろから、墓地の隅に茅葺屋根の建物が出来ていて、是非近くで見たかったがまだ工事中のようで近づくことは出来なかった。
桜堤通りから江戸川の堤に登り、柴又寅さん記念館のところでゴール。
途中常磐線の鉄橋の下、昔の三菱製紙工場への取水口を撤去する工事が終わったばかりで、建築担当が写真を撮ったりしていた。
ゴール時刻は、午後1時ちょうど。

ゴール後、3年ぶりに帝釈天へ。
帝釈天お堂の周囲が、ガラスで囲われ、木彫の部分の保存措置が講じられていたのに、大いに驚いた。
帝釈天から、歩いて金町駅へ。
ちょうど6号線の歩道を渡る時、京成線の電車が金町駅へ滑り込んだ。

松戸駅まで常磐線各駅停車(千代田線)に乗り、フィットネスクラブの荷物を取り出して、五香のXAXへ。
XAXで着替えて気づいたが、全身汗だく。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

明日は、こんぺいとう3周年リサイタル

詳細は、こちらへ

都内の亀戸カメリアホール午後2時から

3部ステージの、しっかりと楽しめるコンサートとなること間違いなし。

一部・・・童謡  花   春メドレー  うれしいひなまつり  ゆりかごの歌  背くらべ
    我は海の子  うみ  小さい秋見つけた  赤とんぼ  雪 ペチカ ふるさと

二部・・・洋楽  イマジン  サウンドオブサイレンス  この素晴らしき世界
       枯葉※   明日に架ける橋  スタンドバイミー  ママに捧げる詩

三部   フォーレのシシリアーナ・・・クラシック2曲 アルビノーニのアダージョ
  砂山・・・海2曲 島唄  地上の星  森の妖精・・・前田オリジナル2曲 宝雨
  コンドルは飛んでいく  ひばり



posted by 野内 悟 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の朝(またです)

金曜日
朝から、しっかりと雨が降る。
また昨日から、家内は母の手術に立ち会うため実家へ行っていて、今朝の食事の支度と洗濯を済ませ次男を叩き起こしてから出勤。
雨の水元公園都内では大雨洪水警報が出たこんな雨の中、このバカは松戸駅に着いたら駅の乗り換え口では無く改札口へ歩いて、松戸から亀有まで歩き出してしまった。
江戸川の堤の上では、舗装された路面に2cm高の水の膜ができるほど激しく雨が降り注ぐ。
さすがに水元公園は、人気が少ない。
菖蒲田の花菖蒲は、艶やかな花が見事に咲きそろい、明日は咲き始めた紫陽花とあいまって花の見頃であろう。
明日は、京成電鉄主催の、第46回さわやかウォーク。
コースは昨年と殆ど変わらぬ、20kmのコースで、もはや新鮮味は無い。
何度も歩いているおなじみの場所を巡るので、先を急がず周囲を楽しむのも良いかもしれない。
posted by 野内 悟 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

久しぶりに御茶の水へ

今日は、某社のコールセンター見学のため、朝10時にお茶の水駅近くのビルで待ち合わせ。
淡路町の看板淡路町とはちょっと早く着いたので、その辺をぶらぶらして時間つぶし。
すると、意外なことに小さな公園に、何かなと思ったら千代田区の地名由来板が立っている。
江戸時代は武家屋敷の立ち並ぶ地域だったそうで、地名に『神田淡路町』と云う名称がつけられたのは、明治5年のことだそうな。
地名は淡路坂に由来し、鈴木淡路守の屋敷があったことにちなむもの。
明治のはじめ、今の淡路公園の場所に、明治後期の日本を代表する知識人が輩出した共立学校(のちの開成学園)が創立され、正岡子規や南方熊楠もそこで学んだ。また町内には一時期樋口一葉も住んでいたと、この由来板は伝えている。

へぇ〜、と感心しているうちに、約束の待ち合わせの時刻が近づき、待ち合わせのビルへ急いだ。

都内は、知的好奇心をくすぐる場所が、意外な所にある。

今日は、久しぶりに五香のXAXに寄る。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

複合ペンを購入


複合ペン久しぶりに、松戸の文房具店へ立ち寄り、このボールペン3色+シャープペンシルの複合ペンを購入した。
4ヶ月ほど前、仕事で使っていた製図用のシャープペンシルが見当たらなくなり、しばらく貰いもので済ませていた。
ここ数年、図面を手で書くことも無くなり、製図用のシャープペンシルは書き味の良さのみで使い続けていたに過ぎない。
今では、ラフスケッチをする時と図面にサインをする時しか、シャープペンシルを使わない。
しかしながら、やはりプラスチックの軽いシャープペンシルでは、どうも仕事をしている気がしない。
二色ボールペンは、8年前に貰ったものがあり、非常に重宝している。そのペンはスリムで邪魔にならず、愛用しており、ボールペンのリフィルは何回取り替えたか判らない。
さすがにボディもぼろぼろとなり、代わりを購入しようと思っていた。

これに赤黒のボールペン+シャープペンシルなら、出かけるときに1本持って行けば済む。

ま、青のボールペンが付いているのは、ご愛嬌。
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

我は何の子?

火曜日
朝に津田沼方面から来た新京成の電車は、雨に濡れていたが、私はなんとか雨に降られずに済んだ1日。

サッカーW−cupやオリンピックのTVをみていると、日本国民のなかでこんなにも熱狂する人がいる。
だったら、愛国心を法律で規制して国民全体に押し付けることは、無いだろうなと思う。

国ってなんだろう。

愛すべき国土は、自らが生まれ育った土地であり、終生ここに骨をうずめんとすると土地。
けっして国の政府や体制などではありえない。
でも、庶民の生活・心情の判らぬ職業政治達は、訳のわからぬほうへ導こうとしている。

こんなに、2・3世議員ばかりが国会を・日本のあり方を論議(ま・形だけでも)する、他は成り手が少ないのも哀しい限り。
昔、政治のあり方を説いていた、あの学生たちは何処へいったのだろう。

 団塊の世代なのです。

さあ今、今こそ世界を変えてください、あの50年安保で活躍した世代に期待してやみません。

軟弱なオイルショックの時期に、生活の安定を求めた世代は、いまジレンマの真っ只中。

今、55歳以上が一致団結して内閣にもの申せば、いくら聞く耳持たぬ『○△』だろうが少しは考える(かな?)。

≪6月14日8時修正 昨夜は酔っ払って帰宅したため誤字脱字だらけ。≫
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

年を考える

先日受けた人間ドックの結果が届いた。
アルコールによる肝臓障害は、もう15年来のもので、程度は年々軽度になって来ており気にもならない。
が、次第に高くなる尿酸値、低くなる蛋白、数年続く『軽度貧血』。
医師の所見として、『年齢に見合った運動を心がけましょう』、と云うのが気にかかる。

思えば、昨年一時期左足首を故障して走れなくなった頃、マシンジムのセットを1セットから2セットに上げ、足が治っても筋力系のマシンジムの内容を元に戻さず、ジョギングの頻度を上げ距離もピッチもどんどん上げていった。
ちょっと、やりすぎだったか。
2年前の運動量に戻そうと思う。

今日は、退社後五香のXAXに寄り、Wカップサッカーの時間に間に合うように帰ることにした。
日本、勝てるかな。
後半39分で1−1の同点になってしまった。
あああああ、後半44分1−2逆転。
あああああああ、ロスタイム残り2分 1−3。
絶望だ。
日本の1点は、ラッキーなこぼれ玉だった。
結局、積極的に攻めて決めたゴールは、一つも無かった。

これまで、大口叩いたサポーターたちの、落胆の表情が目に浮かぶようだ。
今頃、『これまでの反省点が出た』などと云っても遅い。
日本は、ヒディング監督にまたしても、敗れた。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マシンジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

新しい家電は難しい

日曜日
あいにく、朝からしっかりと雨が降る。
今日は午前中に、昨日頼んだ洗濯機が届くこともあって、散歩は取り止め。
身近な公園をちょっとぶらついて、紫陽花の花を見た。

雨の紫陽花紫陽花も、雨の日が良く似合う。


 10時半、洗濯機が届いた。
 今回購入した洗濯機も日立製。安かったのと、電動機についてはなんとなく「日立」を子供の頃から信じている。
 取扱説明書を見て驚くことしきり。
 まあ、何と分厚く難しい。

 これまで使っていた日立の全自動は、電源スイッチを入れて「これっきりボタン」を押すと一旦数回洗濯槽が回って洗濯物の量を測り、水量と運転時間が自動設定されるので、水量表示に合わせて洗剤を入れればよかった。
 今度の洗濯機は、なにやら手順が込み入っている。
 いろいろ『洗濯コース』が選択できるようになっているが、どうせ『標準』しか使うまい。
 洗濯をするときに、いちいちコースの詳細説明を見ながら選んだりしない。
 付加価値を一杯付けて、特徴を付け差別化を計りたいのであろうが、はたして「日立」を選ぶ人はそんな付加価値で選んでいるのだろうか。

それにしても、取扱説明書が難解だ。
家内は、もう半分お手上げ状態。
posted by 野内 悟 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

さっそく梅雨の晴れ間

土曜日
昨夜、長男が2週間ぶりに帰宅。
今朝は、自分の朝食を済ませてから、長男・次男二人分の朝食(野沢菜チャーハン)を作って、散歩へ。

06_0610清水口調整池風も弱く、池は水面に空を映している。

歩いていくと、暑い。
梅雨入り宣言直後に、晴天で気温が上がり夏の天気になることは、良くあることだ。

朝早い時刻のため、野菜直売スタンドで梅干を購入しただけで、午前10時に帰宅。

K's電器へ、洗濯機を注文に行く。
平成5年に購入した今の洗濯機が、いよいよ動きがおかしくなり、脱水が殆ど効かなくなってしまった。朝の急いでいる時間に、ロクに脱水が出来ないようでは、いらいらすることおびただしい。

新聞の折込チラシを見ると、ヤマダデンキが最安であるが、K's電器へ来て見るとヤマダデンキのチラシよりもさらに安い。
在庫が在れば、明日の午前中に届けてくれるというので、即購入決定。



午後は、五香のXAXへ。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

シンドラーのリ○ト

今朝いつものように、TBSラジオを聴きながら歩いていた。
今日のコメンテーター小沢遼子さんは、巧いことをおっしゃった。

『シンドラーのリフト』
普通の人の乗るエレベーターは米語ではエレベーターだが、英語ではLIFT。

あの映画にもなったのシンドラーのリスト、あのリストに載ったユダヤ人達は助かった。

今、シンドラーのリフトに乗ると・・・・
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨入り

金曜日
4時半起床。
昨夜は23時に布団に入ったため、少しゆったり眠れた。実感としては、あっと言う間に朝。
外は、シトシトと雨が降っている。今朝は、いつものように松戸駅から歩いて行けないかなと思いつつ、次男を起こしてから家を出るため、いつもの金曜日より一電車遅くなった。
松戸駅に着いたら、ほぼ雨が止んでいる。
迷わず、常磐線各駅への乗換え口を避けて、出口へ歩く。
江戸川の堤の上は、心地よい。

6月9日朝の水元公園水元公園に着く頃から、少し雨が落ちてきた。
公園内の菖蒲田では、傘を差して菖蒲を楽しむ人がいる。
だいぶ咲きそろい、見ていて楽しい。
雨にぬれた菖蒲の花は、やさしい感じがする。

『雨に ぬれながら 佇む人がいる 傘の花が咲く 土曜の昼下がり・・・』
 三善英史の歌った72年頃の、雨という曲。妻のお気に入り。
 ふと、思い出してしまい、口からこぼれる。
あの、裏声のような高い音。当時の三善英史さんは、か細くてちょっと頼りなさそうなところが、良かったのだと言う。

水元公園を後にして、飯塚橋へ向かう頃から、雨は本降りになった。

今日退社後は、五香のXAXで40分ほど約700m泳いだ。
今日は、久しぶりに次男の塾の帰りに合わせて、一緒に夕食をするため、早めに帰って食事の支度。

水元公園の花菖蒲
posted by 野内 悟 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

入梅間近

木曜日
先週から比べると気温は低めになり、わりと過ごしやすい。
今日は、かろうじて雨の恐れはなさそうで、洗濯物をベランダに干して出勤。
雨上がりの薔薇
金町や亀有の家々には、庭先に薔薇を植えている家が目立つ。やっぱり薔薇は、人気が高い。
入梅となれば、薔薇の花も終わる。雨に打たれて、花びらがしおれてしまう。

ピンクの薔薇は、なぜかアイスクリームを連想してしまう。

今日は、疲れてしまったので、XAXに寄らずに帰宅。
早く、今日中に寝よう。
posted by 野内 悟 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

気難しい天気

水曜日
今朝の天気予報では、よる晩くに雨が降ると云う事だったが、お昼前に突然激しい雨が降った。
昼休みに食事に出かけようとした時、地面がぬれていることでやっと気がついた。
穴倉のような、窓もロクに開かない事務所にいると、ついつい疎くなる。

その代り梅雨時には、綺麗だがちょっと控えめな花が咲く。

ドクダミの花ドクダミの花も、その一つ。
今日の朝日新聞朝刊の4コマ漫画は、この花のことにひっかけたもの。
漫画の中で、いつもけだるい女性教師が、ぶつぶつ。
『ひとつだけだとなぜかかわいいわね。生徒とおなじね。』

たしかに、一つだけだとかわいい。
ドクダミという、名前が悪いのかな。
子供の頃は、鼻血が出たとき葉をもんで鼻に詰めたりして、けっこうお世話になった。

あの港区のエレベーター事故では、とんでもないことがこれまで各地で起こっていたと報道されている。
警察は試運転をして事故の再現を試みるようであるが、二次災害のないことを望む。
この事故に関連して、儲けようとか権利の拡大を図ろうとするハイエナのような輩が、正義面をしてしゃしゃり出てきそうだ。

今日は、退社後五香のXAXへ寄る。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

朝が忙しい

火曜日
午前4時半起床。
洗顔歯磨き、朝のダンベルエクササイズの後、入浴。
洗濯機をセットし、朝食の支度。
薬缶に湯を沸かし、コーヒー豆を挽きコーヒーを淹れる。
朝食は、昨夜の残りのトマトとほうれん草のひたしと味噌汁、それに今朝焼いた目玉焼きにいつもの梅干。
朝食が済み、コーヒーを飲んでいると、洗濯機が運転終了。
洗濯物を取り出して干す。
そうこうしているうちに、午前6時。
次男の朝食を用意し、通勤用に着替えてから、次男を起こす。米を研いで電気炊飯器にセット、炊き上がりは18時。
6時40分、通勤のため自宅を出る。(I'm off to work.)

どうにも慌しく、ゆっくり新聞が読めない。

こんな朝が、今週一杯続く。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

驚きの連続

昨日今日と、事件が相次いでいる。

秋田の幼児殺人遺棄事件の容疑者として、あの被害者の母親が逮捕された。
まるで、和歌山カレー事件の時のような報道合戦。
まあ、状況証拠からして、彼女が犯人だったとして、彼女の娘は何故死んだのか。その発端の解決が置き去りにされないことを願う。

港区の超高層住宅で、エレベーターと床に高校球児が挟まれて亡くなった。
その時、同じエレベーター内に50代の女性が居合わせたという。
目の前で、人間が挟まれて死に行くさまを目撃してしまうなんて、思うだに恐ろしい。
夜も眠れないのではないか、その女性は。

村上ファンドの代表村上世彰氏が逮捕され、インサイダー取引容疑をみとめた。
まさか、インサイダー取引を認めるなんて、信じられない。以外に潔い。
村上氏は、『私が金を沢山儲けたから嫌われるんでしょ』、という旨の発言をしていた。
別に金を稼ぐのは、悪くない。
金で金を稼いだから、私は嫌っている。
何かの生産活動をして稼いだのであれば、誰も妬んだり嫌ったりしないだろう。
まるで土地転がしのように、安く買って値を吊り上げて高く売り、利ザヤを稼ぐやり方。
額に汗しないで個人や中小投資家の犠牲を掠め取るような、ずるがしこいやり方だ。

まるで潔くないのが、和田義彦という画家。
素人目に、まるっきり下手なコピーのような絵を、『盗作ではない、専門家が見ればまるで違うことが判ります』、と言い切っていた。
元になった絵と見比べると、まるで下手な塗り絵。
和田氏 『私の作品は、盗作ではない』。
確かにその通り、盗作ではなく、あれは模写。


とかいろいろ、会社でニュースをネットで見ながら、憤慨していた。

会社じゃ、もっと仕事しなくちゃ。

今日は、退社後五香のXAXへ寄る。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

もうすぐ入梅か

日曜日
朝3時起床。起きたというより、眠り途中で目が覚めたに近い。
昨夜のBS2の録画、『サンタナのライブ』を見ているうちに明るくなってきた。
5時、洗濯機を回す。6時、朝食を済ませ、コーヒーを飲みながら、TBS−TV時事放談を見る。

今日は正午から六本木で打ち合わせがあるため、10時までの予定で散歩に出た。
紫陽花が咲いたアザミ団地内の緑地に、紫陽花の花がもう咲いている。
天気予報では、今日が入梅前の最後の晴天の週末だという。
帰宅時刻を外さないため、神崎川沿いのいつもの散歩コースをとる。
まだ日曜の朝は、人の動きが少ない。
木下街道で神崎川にかかる白井橋の小室側では、川に釣り糸を垂れ釣りを楽しむ方が昨日より多くいらっしゃる。


いつもの犬いつもの犬のご機嫌を伺いに行った。はじめは、こっちに気がつかなかった。ちょっと声をかけたら、珍しく手の届く所まで来てくれたので、頭や顎を撫でてちょっと遊んだ。



続きを読む
posted by 野内 悟 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

大変だ

テレビ東京 アドマチック天国 亀有

亀有で働く私たちサラリーマンの隠れ家のような居酒屋とそのメニューが、どんどんばらされていく。

「まづいや」のおでん、「おたんこなす」の缶まるごとコーンバター、味の関所「江戸っ子」の煮込み・もつ焼き・ボール(番組内ではハイボールと紹介していたが、皆はボールと注文する)。
ちらっと登場した「金太郎」は、焼き鳥屋さん。

「ハッピー」は、紹介して欲しくなかった。
今でも、席に着くのが困難なのに、あんなに紹介されたらどうなることか。

ま、もっとも入り浸っている店は、幸いにして番組紹介から逃れている。
それだけが救いである。



繰り返しになるがあのArioの立地は、罰当たりである。
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする