2006年09月30日

明日から10月

土曜日
眠ったのかどうかよく判らない。『朝まで生テレビ』を見ていたようでもあり、ウィスキーを飲み始めたのは午前3時頃だが、その前の時間は記憶に無い。
少し明るくなっても、雲があってスッキリしない空模様。
午前8時半、いつもの様に散歩へ。
河原子の選果場は、今日は休止状態。
なにやら運動公園のほうから音が聞こえ、河原子橋から運動公園へ向かった。
運動公園1梨マラソン準備
運動公園では、明日の白井梨マラソンの準備中。
明日の天気の予報は、涼しく日射しも無さそうで、長距離を走るには良い状況かもしれない。
運動公園の入り口から、東へ進路を変え林の中へ。
初めて歩く道はちょっと緊張する。ふるさとの森の東側の出口と、平塚の延命寺からの道との分岐点を発見。大収穫だ。
木下街道を渡り、老人ホーム菊華園の前をとおる。senohのトラックが、レッグプレスやアブトルソ等のマシンジム機器を降ろしているところだった。
こんな機器が、こんな所にあるとは、驚き。
小室橋へ出て、いつもの散歩コースに復帰。ちょっと道草をしたので、小室のラブラドール君は眠っていて出てきてくれない。
長殿橋の先で猫と遊んで、佛法寺へ。

佛法寺では、曼珠紗華があちこちに咲いていた。
佛法寺の墓地墓地の手前の斜面にも曼珠紗華が沢山さいていて、そこに黒い蝶が来ていた。
午前11時半帰宅、歩いた距離は14.7km。

午後は、五香のXAXへ。

定期券が切れていて、それは西白井駅では購入できないので、ついでに西白井の駅前から新鎌ケ谷の駅まで歩いた。
3.7km、所要時間35分。
駅に到着後、定期券購入。土曜の昼下がりは、定期券売り場もスカスカ。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

それ、ホントかな

金曜日
 昨日の青空すっきりの朝とはうって変わって、雲が垂れ込めた朝。

 2週間ぶりに、松戸・亀有間を歩いて通勤。
ところが、松戸駅に着くなり腹の具合が悪く、下り特急状態。途中で、公衆トイレに駆け込み事なきを得た。 昨夜の酒で、だいぶ胃腸が弱っているようだ。
 歩くうちに、次第に笑みが浮かんでくる。
 左足もだいぶ蹴りだせるようになり、スピードも戻ってきた。今日は7.1kmを、1時間5分で歩けた。

 安倍新内閣の支持率を各新聞社が世論調査を行って発表された。
 皆、66%以上の高い数値。
 しかし解せない。所信表明の前の支持率だから、施政方針などとは関係なく、単なる人気投票ではないのかな。
 世論調査は、電話を掛けて質問して答えてもらうものらしいが、自分の周囲でそういう電話を受けた人をあまり知らない。(昔、参議院選挙のとき、我が家に電話があった)
 対象となる電話は、固定電話をランダムに探すらしい。
 今時、昼間固定電話に出れる人間は、年齢も職業も相当に偏りがある。おそらく、普通の労働者層では無い人たちだろうから、私などとは相当意見が異なることは想像に難くない。
 今朝、TBSラジオが放送中に行った調査では、支持率は約30%だった。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

1位決定と 現役引退

木曜日
今朝は、雲ひとつ無い見事な青空が広がった。
昨日より、少々気温も高めで湿度は低く、とても心地よい。

プロ野球のパリーグは、昨日日本ハムがレギュラーシーズン1位通過を自らソフトバンク戦に勝っ決めた。西武が負けるか引き分ければ、日ハムの1位が決まることになっていたが、そんな他力本願ではなく自力で決めたことは立派。

昨日の夜、五香のXAXでエアロバイクをこいでいる間、突然天井から吊るされたTVのchが変わったときには、すでにヒルマン監督の優勝メッセージの最中。
出来れば、あの1位決定の瞬間を見たかった。

新庄の引退セレモニー、これもニュースで見た。
とっても、カッコ良かった。
 グラブとユニホームをグランドに置いて去っていく。
 とても潔く、すがすがしいものを感じた。
 きっと、あの場で何か話せば、涙声になってしまったことだろう。何も語らず、静かに去る。
 素晴らしい!!

 今日は会社でも、定年退職される方の慰労の宴を催す。
 この方には、後進の指導の為、しばらく現在の職場で頑張って頂くことになっている。
 氏のこれまでの功労に感謝し、今後の健康を祈念する。
 

posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

6週間経過

水曜日
朝は雨も一休み。気温は低く、駅のホームで電車を待つ間、吐く息が白くなるのを見た。
秋が来ていると、いやおう無く実感させられる。

今週月曜から、ジムでは最初に15分間歩いて、体を温める様にした。
ストレッチだけで、マシントレーニングを開始するより、体の動きが良い。
トレッドミルで歩くのは、問題なく行える。今日、最後の2分間は、時速7.8kmで歩いた。

正座もなんとか、出来るようになったが、足首を伸ばす動作と左右にひねる動作は未だに痛みが伴う。
運動前のストレッチで、足首を回す動作は左足はまだ出来ない。
ストレッチの際、少しずつ可動範囲をひろげて、焦らずに回復を試みよう。

もう1週間も我慢すれば、少し走れるようになれそうに思う。
今日のトレーニングメニュー
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

事故が続く

火曜日
朝から低い雲が垂れ込め、今にも泣き出しそうな空。

昨夜の帰宅時は肌寒くて、その反省から今日はネクタイ上着着用で出社。
雨は正午頃から、しっかり降り出した。

昨日は痛ましい事故が伝えられたが、少々疑問を持った。
事故とは、埼玉県川口市で散歩中の園児の列に、ワゴン車が突っ込み、園児2人が死亡した事故のこと。
疑問の1
なぜ、保育士たちは園児を左側を歩かせたのか。
道路交通法では、歩行者は右側を歩かねばならない。
しかもあの道は、左側に電柱が建っていて、左側を歩くには電柱を避けるたび6メートルそこそこの狭い道の中央にまで、子供たちがはみ出さざるを得ない。
そんな道を左側を通ったから、後方から来た車への気づくのが遅れたのが、原因の一つではないのか。
何故保育士たちは交通法規を守っていないのか。
また、なぜそんな狭い道に車が入り込むのか。歩行者を守る設備のない道を、なぜ保育園児たちが歩かねばならないのか。

そこには、運転者の過失を別にしても、数々の問題が一杯あることを示している。

全てを運転者の責任のみにして、問題の本質がないがしろにされないことを祈る。
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

幼児の自転車を否定する

月曜日
いい天気も今日までのようで、夜は雲が広がっている。
外気温は低めで、事務所の窓が開けば外気を取り入れれて冷房など不要なのだが、小賢しいインテリジェントビルはロクに窓も開かず、室内気温は28℃近くにまで上昇し暑い。

今朝の読売新聞に、幼児の自転車の記事があった。
それによると、早い親は3才頃から子供に自転車を与えている。
殆どは4歳前後と云う。
私は、子供が小学校へ上がるまで、自転車を与えなかった。
なぜか。

自転車は、軽車両である。運行には、交通規則を遵守しなければならない。右も左も判らぬうちに、自転車を使わせるべきでは無い。
そんな幼いうちから自転車に乗せるのは、親として無責任である。さもなければ、安全に対する意識が欠如しており、自らも交通ルールのわからぬ者ではないかと思う。
今、そこここを走る自転車を見れば、無法者のオンパレードである。無灯火・信号無視・右側通行・歩道内での歩行者を押しのけるような走行。

それは、何処から来ているか。法令順守の精神の欠如からに他ならない。その発端が、幼児のころから交通ルールに触れ、ルールを守るということが骨身に浸みていないためである。
だからこそ、交通規則を教え込んでから、少なくとも右左が判るようになってから、子供には自転車の運転を規則とともに教えるべきと考える。

とっても極端な論理の飛躍であるが、交通規則を意識もしないうちに自転車を野放図に与え、規則遵守の意識をないがしろにして育ってしまうから、飲酒運転がはびこるのである。

幼児に自転車を与えることは、即刻止めるべきである。


今日のトレーニング内容
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

秋晴れ

日曜日
素晴らしい秋晴れだ。
午前8時半、半ズボンに半袖の白いポロシャツ姿で、待ちかねたように散歩へ飛び出した。

曼珠紗華野口橋の手前で彼方に赤い花が見えた。いつものコースを外れて行って見た。道の奥の墓地に彼岸花が咲いていた。
歩いていくと、あちこちに彼岸花が一株二株咲いている。
河原子橋の南側の白井中央選果場では、忙しそうに梨の集荷作業中。大きな新高が運ばれてきて、箱詰めされている。

今日は空が高い。

天高く舞う上空を悠然と何かが舞っていた。
カメラのファインダーでは、殆ど何か判別できなかったが、色からすると鳶ではなさそうだ。
鳥は、上空を悠然と旋回していた。
天日乾燥の稲
その鳥を見ていたすぐそこに、天日乾燥中の稲があった。
これはおそらく、いい米なのだろう。
通常なら、コンバインで刈り取り脱穀したのち、乾燥機で乾燥するものだ。
田圃の土が良いから、こうやって棚を組み干せる。
新潟平野では、もともと泥濘地のため畦にタモの木を植えて木に竹ざおを渡して、稲を干すハザギが田圃には欠かせない。

今日はちょっとコースを変え、新京葉変電所(8月14日の首都圏大停電は、この変電所からの送電がとだえたために発生した)を横に見て、白井復の薬師堂の曼珠紗華を見てから、珈琲豆蔵さんでコーヒー豆を購入して帰宅。
午後は、五香のXAXへ。

今日は夕日が綺麗だった。 こんな日に限って、デジカメを持たずに出かけていた。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

今日は何の日

土曜日
出張と云っても、今日は帰るだけの移動日。
朝食もとらず、新大阪発8時16分ののぞみに乗り、午前中に自宅に帰着。
出張の帰りといえば、漫画を読みビールを飲みながら帰るのであるが、早すぎて新大阪駅の書店は開いていないし、まさか朝からビールと云う訳にもいかない。
朝食は、駅に行けばうどんが食べられるはずと期待して行ったが、新幹線の改札の中にはうどんやさんが無い。仕方なく、朝食は弁当を新幹線の車内で食べた。

今回の出張では、新幹線の移動中ずっとデジタルメモリープレイヤーで、お気に入りのCD4枚を聞いていた。
今までは、FMラジオで新幹線FMのNHK第一を聞いていたが、メモリープレイヤーはなかなか良い。
今度の出張前には、落語のCDを転送しておこう。

帰宅後は、少々迷った。
天気も良さそうだし、散歩に行ってからXAXへ行こうか、それともすぐにXAXへ行くか。
XAXの営業時間は、今日土曜日は午後10時までと思っていた。だから、散歩へ行ってから午後5時頃XAXへ行っても、時間はたっぷりあるはず。
外は風が強いので、散歩を止めてXAXへ行った。

午後5時45分、リカンベントタイプのエアロバイクの2セット目をやっていたら、館内放送が入った。
『本日は、午後6時閉館とさせて頂きます。・・・』
ハッと気が付いた。今日は秋分の日で、国民の祝日だったのだ。
エアロバイクは、プログラムをセットしていたので、終了まであと5分。
閉館10分前に終了し、ストレッチもせずにシャワーを浴びて、着替えたところで午後6時。

散歩に出て5時頃XAXに来ていたら、30分そこそこで帰らねばならぬところだった。

まぁ、結果オーライ。
昨日といい今日といい、曜日と日付にうとくなっていた。
最近は、やたら祝日を月曜日にするものだから、すっかり今日が祝日と云う事を忘れていた。
いつしか、あの変な祝日法に毒されている。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

楽々出張

09220001.jpg土曜日じゃない、金曜日だ。
勤務先は、明日土曜と祝日が重なったため、今日はお休み。ところが私は午前中迄に大阪に到着しなければならない、出張とあいなった。
午前7時40分東京発ののぞみに飛び乗り、10時30分に相手先に約束通り到着。

昼は、珍しい台湾ラーメンのお店に。
担仔麺(タンツーメン)なるものを頂いた。この店には、このラーメンだけ。
担担麺とおなじで、挽き肉の煮たものの載ったラーメン。挽き肉は醤油味、スーブは魚のダシで塩味、麺は平打ちの細目のうどんのようでいてしゃっきり腰がある。
食べはじめは、肉をくずさぬようにしていくと、おいしい塩味のスーブ、肉の味が次第にスーブに移って醤油の味が重なって一杯で二つの味が楽しめ、たいへんおいしいラーメンだった。
スーブがサッパリすっきりおいしいのは、ほどよく加えたセロリのためだろう。

大満足の一杯。

場所は、大阪市西区靭本町。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

予定変更

金曜日
清々しい、とっても良い天気。秋晴れである。

明日から三泊四日で、大阪出張の予定であったが、午後一時急遽会議が召集され、キャンセルになった。
全作業が延期であったが、事前に送付した機器の受け入れ・設置調整のため、私だけが一泊で出張とあいなった。
明日は午前中に大阪の事務所に到着しなければ。

悪いことに、電話もデジカメもメモリープレーヤーも、電池切れ寸前。
明日出かける迄に、充電が済むかなぁ。

posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

最後の通院になるか

水曜日
日中は、とても良い天気になった。

NAS新鎌ケ谷建設中の新鎌ケ谷のアクロスモール(誤記訂正 9/21 7:52)は、次第に外装が出来上がってきた。
よく見ると、シートに貼られた『12月1日OPEN』の文字は、『年内OPEN』に変わっている。
このところ、休日も工事が続いているが、少々予定よりも遅れ気味なのだろう。

今日は、前回の通院から2週間過ぎ、通院し診察を受けた。
まず、レントゲン撮影。
触診では、足首をひねったり、踝の周囲を押してみたり。踝の両側とも、押すと痛い部分がある。
レントゲン写真を示しながら『骨はほぼつきましたね。』
『痛い部分は、骨とつながる腱の部分で、捻挫がまだ治りきっていないからです。
 まだ、無理をしてはいけませんよ。
 あと2週間は、今のバンドをして足首の動きを抑え保護してください。
 その後、まだ痛むようでしたら、来てください。』

これで、あと何もなければ、通院することは無い。
病院を後にして、まだ時間的に早いので、松戸駅前のアイシティに立ち寄った。
年数が経ち濁ってきた右側のコンタクトレンズを、新しくしようと思ったから。
エレベーターへ乗ったら、中が工事のために養生してある。
行き先階のボタンを押して、周りを見たら一杯貼紙があって、『9月18日から22日まで、改装のためお休みします』とある。
残念!!
すごすごと駅へ引き返し、五香のXAXへ向かった。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

虫の秋

火曜日
スズメバチ スズメバチに刺されてお亡くなりになった方のニュースがあった。
 日曜日に神崎川沿いを散歩中、この蜂がブンブン羽音をたてて付いて来ていた。
 スズメバチは、黒や青をねらう習性を持つらしい。お亡くなりになったご婦人は、青いズボンをはいていいた下半身と黒髪の頭部を集中的に刺されていという。
私の場合は、上下白っぽい服装に頭はグレーの帽子(帽子を取っても灰色だけど)だったから、このスズメバチも寄ってこなかったのかも。
 お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます。

バッタ
 神崎川沿いでは、蜂のほかに、歩いているとバッタが一杯飛んできて、たまに顔にぶつかってくる。
 バッタは、ぶつかっても怖くないし、ちょっと痛いだけで済む。
 何故、バッタはバッタと云う名前がついたか。
 そんなこと、子供の頃は考えたことも無かった。素直に言われたとおり『そうなんだ』と、『なんで』とその先を考えることもない子供だった。この素直さは、言い換えれば『モノを深く考えない』ことに他ならない。
 でも、そこで『なんでこいつをバッタと呼ぶのか』を知ると、ちょっと面白い。
 飛ぶ時『バタバタバタ』と音を立てるから、バッタと呼ぶようになったなんて、とっても愉快だ。

 左足首は、順調に回復してきている。
 明日は、2週間ぶりの通院。はたして、治療はどう変わるか。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

TV局の変な日本語

月曜日

紫の夜明け今日は敬老の日で、月曜日なのに祝日のため休日。
習慣的に、午前4時半頃起床。この生活習慣は、まるで老人だ。
TVは平日の番組で、普段と違いゆったりと見ることができる。
日の出の時刻が近づいて、ふと外を見たらあたりが朝日で紫色に染まった。
久しぶりに見た、紫にけぶる夜明け。

ゆったりとコーヒーと朝食のうどんを楽しみ、8時半頃散歩に出ようとしたら、TVの天気予報の中継は赤坂で強い雨が降っていると伝えており、慌てて気象庁のレーダー降雨ナウキャストを確認。
1時間後に強い雨がやってきそうなため、散歩を取り止め。
9時半頃には、雷鳴が轟き猛烈な雨が降り始め、落雷の音も響き渡った。
10時半頃には雨も止んだが、散歩するには時間的余裕が無くなり、車でビールと珈琲豆を買い物に。

午後はまた一雨あるという天気予報を信じて、散歩は諦めて五香のXAXへ。

9月18日の夕暮れ

夕暮れも流れの速い低い黒い雲と、夕日に染まる高い空の白い雲が、妙に綺麗だ。
風が強いのは、台風の影響が残っているからだろうか。
首都圏は、九州四国中国地方に比べ、台風のリスクは小さい。
九州宮崎では、毎年家が壊れて修理を繰り返している所もあるのではなかろうか。
それを思うと、台風のめったに来ないこの地は、とってもありがたいことだ。

今日のトレーニングメニュー
心肺系
内容・利用マシン 時間 消費Cal
ストレッチ約5分間
エアロバイク70分間878kcaL
エアロバイク(リカンベントタイプ)35分間364kcal
ストレッチ約20分間
体重の変化
開始時 終了時 減少量
62.80kg60.75kg2.05kg



吉野家の牛丼復活だって
posted by 野内 悟 at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 変な日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

歩く

日曜日
朝4時20分に目覚めてTVのスイッチを入れたら、落語をやっていた。偶然6chであった。
毎週日曜、4時25分から6chで落語、5時15分から1chで日本の話芸(今日は講談)。
これで、日曜の朝の楽しみが増えた。
6時からの時事放談、加藤紘一氏が出演されていた。氏の論は、素晴らしい。氏こそ近い将来総理になって頂きたい。

朝9時、今日は散歩へ。
06_0917梨の実いつものお気に入りコースを辿る。
たかだか2週間のうちに、すっかり田畑は秋になっていた。
見事に梨が稔っているが、これは新高か長十郎か。
神崎川沿いを歩くと、バッタがいっぱいぶつかる。
田圃は、あちこち刈入れ中。
06_0917古代米の花法目には古代米が数種栽培されている。
黒米は、今ようやく稲の花が咲いている。去年より2週間ほど遅いようだ。
いつものように梅干を一袋購入。
ハンサムなビーグル君はお疲れのようで、元気がない。
豆蔵さんへ行って見たが、今日はお休みのようだ。

09_0617彼岸花今年、初めて見る彼岸花。

午後は、五香のXAXへ。
新京成の五香駅では、駅の中の天井や壁を清掃中。
午後6時に帰宅するときも、まだ拭き掃除が続いていた。
駅の中は、すっきりと明るくなって、とても気持ちよい。さすが新京成だ、いいことをしてくれる。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

冷蔵庫、交代

土曜日

朝日昨夜はバーボンを朝まで飲んで、ビデオを見たり眠ったりして気がつけば朝。
週半ばの天気予報では『週末は雨』だったが、今日はすがすがしい天気になった。
ところが、今日は新しい冷蔵庫の届くのを待つため、午前中はじっと待たねばならず何処へも出られない。
ううむ、惜しい。
引退直前新しい冷蔵庫の届く前に今の冷蔵庫の中身を一旦全て出して、冷蔵庫本体は外側と冷蔵庫の置いてある場所を、久しぶりに拭き掃除。
右は、引退を待つ21年選手の冷蔵庫。
そうこうしているうちに、轟音の原因が判った。
音を出しているのはコンプレッサーではなく、冷凍庫の冷気を送るファン。まだしばらく大丈夫だったかも。

新しい冷蔵庫は、午前10時10分到着。
あっと言う間に、新旧交代は終わってしまった。


据付が終わって、新品の庫内を拭き掃除して、水平度を調整後電源投入。
とっても静か、本当に動いているのか心配になるほど。
posted by 野内 悟 at 19:14| Comment(5) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

スタミナ切れが早い

金曜日
朝日が綺麗で、大気も爽やか。

松戸駅から亀有の職場まで、汗もじんわりとにじむ程度で、心地良く歩いて通勤。
Mapionの距離計測で、松戸駅から職場までの距離は7.1km。今まで6.2kmだと思っていたが、朝の通勤時は足取りも速かったのか。

松戸亀有間

左足の腫れとむくみは、猛烈な勢い。
足首をバンドで保護しているが、バンドの当たっていない箇所が、むっくりと腫れ上がって段差がついてしまう。

この3連休、天候も雨模様らしいので、ゆっくり家にこもって足を休める。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

異動まで半月

木曜日
朝の間だけの雨、天気予報を信じて傘は折畳みのみとして出勤。
期待通り午前中には雨も上がり、昼休みも帰宅時も傘は不要。
涼しくて、風の爽やかな一日。

今夜は、私が来月異動になる激励会を課内で開いてくれて、焼き鳥屋さんで楽しく飲んで過ごした。
その焼き鳥屋では2階で飲んだため、2階との急な階段が非常に気にかかっていた。
『こんな所で足を踏み外したら、恥ずかしくて会社へいけなくなる、気をつけなくては。』
この心配は、なんとか杞憂で終わった。

左足の腫れむくみは、一時期よりも激しい。
先週の金曜・土曜日の歩きが、災いしているのかも知れない。
もうしばらく、おとなしくなるべく足を休めるべきかも知れない。

posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

今度は冷蔵庫を購入

水曜日
昨夜はパソコンの前で眠ってしまい、寒くて今朝3時に目が覚めて布団の上に移動。ちゃんと起きたのは、午前4時。

朝からしとしと雨が降る。
とっても涼しくて、クールビズ対応でノーネクタイの意味が無い。

今日は朝から、『今日は定時で帰る』という決意で家を出た。
火曜の早朝から、冷蔵庫がコンプレッサーが回ると、ゴロゴロと異音を発していた。
もう限界と判断し、本当に動かなくなる前に、買い替える決意をして、帰宅後ケーズデンキへ行く。

冷蔵庫ぱぱっと見て、自宅の狭い台所に入る横幅と容量から、日立のSLIM305を選択。
約300Lの容積で幅550mm以下の製品は、これしかない。
冷蔵庫は、どうして殆どが申し合わせたように横幅590mm以上ばかりなのだろう。
わずか50mmの違いでしかないが、狭い我が家にはこの寸法の差は大きい。
日立は540幅の冷凍冷蔵庫を、この305Lと260Lの2機種生産している。重厚長大の不器用なメーカーのイメージだが、こんなところに意外な配慮があった。

今の冷蔵庫は、2ドアの冷凍冷蔵庫で、220Lのスリムなもの。結婚して入居する社宅の台所が狭かったので、なるべく幅の狭いものを選んだもの。
我が家で最も長持ちした家電品で、もうメーカーも無くなってしまった。
7年ほど前にちょっと変な音が出て『もう寿命かな』と思っていたが、まだ止まらずに動いていた。
20年以上、よく休むことなく働いてくれた。
感謝!!

長年ご苦労であった。新しい冷蔵庫が届くまで、もう少し頑張ってくれ。
posted by 野内 悟 at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

困ったものだ

火曜日
朝から雨が降るのかどうか、微妙な状況。
幸いにして気温は低く、朝のエクササイズで汗がしたたり落ちることは無い。
帰宅の際は、少し肌寒く感じるほど。さすがに9月で、彼岸も近いからか。

昨日、久しぶりにフィットネスクラブへ行ったせいで、足の筋肉が痛い。
上半身はこれまでダンベルで何かと動かし続けていたため、殆ど筋肉も関節も筋も痛まないですんでいる。
日々少しずつ続けることは、大切なことだと実感した。

昨日は、土日のうちにこのBlogに、山のようにトラックバックが来ていて驚いた。
送信元のURLやコメントは色々変えてあるが、送信元のIPは全て同じで中味の無いサイトであった。
60件もこんなトラックバックをつける暇があったら、他に力を注げばよいのにとあきれ返る。
自分の知識と力を、無駄に使っている。
勿体ない。
続きを読む
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

今日から、昼食も外へ

月曜日
朝家を出るときは、パラぱらっと一瞬雨が落ちただけで、傘が要るほどではなかったが、新鎌ケ谷駅付近では道路がびっしょりと濡れていて驚いた。

さて、今朝は通勤途中でコンビニに寄るのを止め、昼食は約4週間前と同じように、お馴染みの中華料理店へ行った。
店の女将さんから、『しばらく顔を見せなかったから、ずっと大阪に出張しているのかと思ってた、どうしたの』と聞かれ、あの怪我のことを話した。
旦那さんも、気にしてくれていたようで、その気遣いがとっても嬉しかった。

だいぶ自由に足が使えるため、動きはほぼ怪我前の状況に戻りつつある。が、同時に痛みはむしろ、増している。
膝の屈伸やジャンプなどの足首に負担の大きな運動は、まだとても出来ない。
足首をうっかり左右にひねると、強烈に痛みが走る。
まだ油断できない。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

少し我慢

日曜日
金土と、歩くうちに左足の小指が、どうしようも無く痛み、今日は一日ごろごろして過ごす。
こうなると、楽しみはこれしかない。

キリン秋味と、ビールを買いに行ったら、これ『キリン秋味』があった。

ラガーよりも、むしろ一番絞りに近い味。
涼しくなった頃のことを考えると、もっと苦いほうが良いかとも思うが、わりとホップの香りは控えめ。
万人向けということか。
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

ガスの中

09090001.jpg土曜日
どうにもはっきりしない天気。
新鎌ヶ谷を発着地点とするウォーキングイベントがあるが、昨日初めて履いた靴で足に豆を作ってしまったため、車で群馬県へ来てみた。
昨年歩きのがした群馬県吉井町の牛伏山。
生憎ガスがかかって眺望は望めなかった。

自分の足で登って来なさい、と言うことか。
今度は、天気の良い春にでも、来てみたい。


posted by 野内 悟 at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

初めて両足揃った

金曜日
1ヶ月前に買ったウオーキング用のスニーカーは、ずっと右足のみ使っていたが、今日はようやく左も揃って履いた。
朝は松戸駅から職場まで水元公園経由で、夕方の退社時は新葛飾橋経由で、今日はJRを使わず通勤。

看板松戸神社の近く、宮前町の交差点に、この看板を掲げた床屋がある。
なんという名前をつけたお店だろうか。
あのシャンソンの殿堂、銀巴里とは。

夕方は、今日の満月を期待して歩いて江戸川堤を通った。
雲の彼方にうっすら浮かぶ赤い月が、わずかな時間であったが見ることが出来た。

デジタルウォークマンで、こんぺいとうの3枚目のアルバム「さんぽみち」を聞きながら歩く。

景色にぴったり。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

報道の偏り

木曜日
朝からどんよりとくもり、午前中はとても涼しかったが、午後から次第に気温が上がり、事務所ビルの外気温計は午後4時頃本日の最高気温29.2℃を計測した。

さて、朝のTBSラジオ『森本毅郎スタンバイ』は、森本氏が夏休みのため今週は中村尚登が担当。
なんだか中村氏の声を聞くと、ついつい土曜の朝のような錯覚に陥る。

昨日の朝からTVも新聞も、皇室に親王誕生関連のニュースばかりである。
『そのあまりに一方向にドォーッと振れる日本のメディアのあり方に疑問を覚える。』と、中村氏はコメントされていた。

徳山高専の指名手配されていた学生は、悲しいことに私の予想していた通り自殺しており、遺体で発見された。
NHKの9時のニュースでは、絞殺された女学生の親のみのコメントが報道されていたが、自殺した男子学生の親は如何なる気持ちだっただろうか。
男子学生の両親の悲しみは、同等以上に深いものだろう。
どうしても、殺された(と言っていいかどうか私には迷いがあるが)女子学生側の両親にだけ心情を聞く、報道姿勢に疑問を覚える。
こんな場合は、こういった情緒的な報道は控えるべきだろう。真実は、二人が封印してしまったのだから。

いつも日本のメディアは、一方的な報道に偏る傾向がある。しかも、短時間に集中し、継続性に乏しい。
大変危険なことだ。

だから、小泉政権が長続きし、老人や低収入の人が苦しめられる現状を生んでいる。
今の格差拡大の責任の一端は、一過性の偏った報道ばかりするメディアにある。
posted by 野内 悟 at 21:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

足首固定具から解放

水曜日
今日は整形外科への通院日

天気予報は、『午後から東京・千葉はしっかりとした雨が降る。』

会社をフレックス勤務で早くあがり、整形外科の診療受付時間ぎりぎりに病院へ。
幸いにして、雨はぱらぱらと傘も要らぬ程度。
待っている間に、待合室の大画面TVで、天皇家に41年ぶりの男子誕生とのニュースを見た。

受付締め切り寸前に病院へ着くと、殆ど待ち時間も無く、診察が受けられる。
医師の診察は、割と簡単。

包帯を解き、足首をひねったり押したりして、痛みの具合を聞いて、こうおっしゃった。

『殆ど痛みは無いようですね。骨が剥がれた部分も3週間ほど経ちましたから、つながりかかった状態です。まだまだ、腫れています。
 もう、固定具を止めてバンドにしましょう。』
と言って、今まで足首を守ってくれた不思議な合成樹脂の装具をどけて、小さなビニール袋を取り出した。
『このバンドで、足首をたすき掛けにして留めます。
 足首の前後は自由に動きますが、左右のひねりを規制します。
 バンドは圧迫するので、寝る時は外して、包帯をたすきに足首に巻いてください。
 痛いようなら、貼るか塗る湿布薬を使っていいですよ。持っていますか。
 2週間後、また来てください。』

と聞いて、どっと安心した。その際の顔色から心情を読まれたのか、こう付け加えられてしまった。

『 捻挫の治療はその後です。
 まだ、骨が落ち着いたわけではありません。』

バンドは、足首の医学サポーターで、実は1昨年の足首を故障した際、足首保護のため1つ購入している。
硬めの伸縮性のバンドで、両端にマジックテープが付いていて、拘束の強度調整が自在で装着が簡単。

これで包帯からも解放された。
明日からは、両足とも普通の靴が履ける。

posted by 野内 悟 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 骨折り損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

古傷

火曜日
昨夜、TVを見ながらバーボンを飲んでいるうち、そのまま寝てしまった。朝は、目覚まし時計もセットし忘れ、電気炊飯器のタイマー予約の炊き上がり音で、目が覚めた。
コンタクトレンズが入ったままのため、視界は明快。
起床午前5時、ふと『今日はエクササイズは止めるか』と思ったが、歯磨き等々が終わったらダンベルを持ち出していた。習慣と言うのは恐ろしい。

朝は、雲ひとつ無いまさに秋晴れ。

次第に足の痛みは薄れてきているが、くるぶしの周りは腫れたまま。
明日の検診で、今後の治療がどうなるのか。単なる捻挫の治療で、湿布程度で済めばよいが。

左足首は、中学校のころから運動を続けると故障しやすかった。中学校2年の頃、原因不明の痛みで専門の病院へ行って検査したことろ、小学校6年生の頃踝の外側をガラスで切りその痕の神経が切れているためだろうと言うことだった。傷口は、深さ1cm幅4cm。まだ傷跡は足に残っている。
40年近く過ぎた今でも、その傷跡を触れると、イライラと痺れるような感触が有る。
あの古傷のために、左足の運動機能が右足よりわずかに劣るため、今回の損傷を招いたのかも知れない。
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

オツオリさん、安らかに

あの山梨学院大で、箱根駅伝でゴボウ抜きを見せてくれた、スーパーランナー。
ちょっと愉快な、あの性格。

9月1日のニュースで、お亡くなりなったことを知った。

今日は、TV朝日の午後7時からの番組を見ていたら、鬼ごっこの鬼として逃げるタレントを捕まえる役で出演。久しぶりにTVで姿を拝見した。

これが、彼の事故死の約1ヶ月前の姿だとおもうと、見ていて泣けてきた。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕日

月曜日
今日から、通勤電車内も座席に座るのをやめた。

9月4日の夕焼けまさに、秋の様相。

今夜は、月も綺麗に出ている。
3日後は、満月。
東の空に、登り来る赤い月が見えるだろうか。




今日は、家内が勤め先の方々と、夜飲みにいくという。
何処へ行くのかと聞いたら、先週開店したばかりの『しちりん』だそうな。
魅惑のお店
駅に着くと、あのもつ焼きの香りが漂ってくる。
しかも、家に帰るにはこの場所を通らねばならぬ。
この誘惑。
こんな、ざっけない居酒屋が、家路の途中に出来るとは。
しかも、焼肉・もつ焼きは、大好物。
今はまだ、開店直後で混雑しているから我慢もできるが、立ち寄らずに真っ直ぐ帰宅することは、この先とても困難に思える。



posted by 野内 悟 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

暑さも控えめ

日曜日
目覚めれば、薄暗くも既に午前4時40分。
家内はごそごそと起き出して、駅前の清掃に出かけていった。
では、と我も起きて歯磨き洗顔髭剃りを済ませ、NHKの『日本の話芸』を楽しむ。今日は落語。
日曜は朝から、TVが面白い。
『時事放談』『所さんの目がテン』『がっちりマンデー(日曜放送なのに)』『サンデーモーニング』『サンデージャポン』『うちくる』『噂の東京マガジン』
サンデーモーニングの途中から、散歩へ。でも音声は、ラジオで聞きつづける。
実際のところ、『サンデージャポン』は先週と先々週見たくらいで、殆ど音声だけで楽しい。

けやき台のススキ今日は西白井駅の南口から、住宅地を歩くことにした。こっちなら、道も舗装されており、包帯も汚れにくいはず。
けやき台の調整池の斜面のススキは、もうすっかり穂が揃っていい景色。
新築現場久しぶりに歩くと、あちこちで十数軒単位で宅地開発されている。
建設中の家の周囲には、木のいい香りが漂っている。
つい、深呼吸。

風間街道を白井のスバル書店からDIYのジャンボエンチョーへ歩いていたら、後方から救急車がやってきた。
ジャンボエンチョーの駐車場出口に、軽のワゴンが停まっていて「あの車、救急車が通るのに邪魔だな」と思って歩道を見たら、60位のおばさんがへたりこんでいる。軽ワゴンと自転車に乗っていたそのおばさんが接触し、そのために来た救急車だった。

そこは無視して、初富小から鎌ケ谷小へ歩いて、新京成線の踏切を渡り、鎌ケ谷市役所から新鎌ケ谷のAEONへたどり着いた。
新鎌ケ谷北総線の高架の向こうに、シートで囲われている建築物が、この冬OPEN予定のアクロスモール。1FにはNASスポーツクラブが出来る。すでに会員募集の事務所が出来ていて、街頭でチラシを配っていて、こんな片足包帯ぐるぐるの怪しいオヤジにもチラシをくれた。
ここで、時計のLAPボタンを押し、西白井駅までのタイムを取ることにした。

新鎌ケ谷駅は私鉄3路線が交差し、駅前には、商業施設のAEONとアクロスシティ、市役所と警察署・消防署、新鎌ケ谷駅の南側には新鎌ケ谷中央病院が建設中。こんな便利なところは、ちょっと珍しいのでは。
いつも渋滞する県道船橋我孫子線も、片側2車線への拡幅工事が進んでいる。あと1年もすると、ぐっと賑やかに便利になると期待している。

だいぶ遠回りになるが、鎌ケ谷市制記念公園から鎌ケ谷市民体育館を通り抜け、R464の歩道へ出て大松の夢工房の前を通って、住宅地の中の静かな道を選んで歩き、西白井駅に着く。
新鎌ケ谷駅前からの所要時間は、45分20秒。

青空時刻は、11時54分。
7月頃と比べ、太陽の高さが低くなった。
街路樹の日陰も広く、風が涼しいことも手伝って、心地良く歩けた。

昨日の反省から歩く速度を控えめにして、12.2kmを3時間半かけてゆっくり歩いた。

午後は、のんびりTVを見ながら過ごす。
風が家を通り抜けていくので、とっても心地良い。
散歩ルートはこちら
posted by 野内 悟 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

小さい秋見つけた

土曜日
昨夜は、久しぶりにバーボン飲んで、気がつけばソファで寝ていた。
朝靄がかかり、涼しい朝。
みのさんのサタズバを見ていたら、自民党の若い国会議員があまりにバカなことを言っていたので、二日酔いも手伝って朝からTVに向かって怒ってしまった。

左足首に固定具を装着し、包帯でぐるぐる。
左足は靴が履けないため、サンダル履き。
8時40分頃、久しぶりに散歩に出た。
稲穂すっかり秋の陽気、日射しが強くて暑いが、風が涼しくて怪我の前のような汗がダラダラとはならない。
田圃の稲は、もうじき刈り取りを待つ状態。

神崎川沿いの100m間隔で設置された看板で、通過時間を計り速度を確認しながら歩く。
100mに58秒から1分、ほぼ時速6km。
砂利道をサンダル履きだから、こんなところか。

小室の付近で、黒いラブラドール・リトリバーと散歩している人とすれ違う。黒いその犬は、リードフリー。
すれ違いざまその黒い犬は、私を見てくるりと向きを変えた。図体に似合わずいたずらっ子のように可愛い目をしている。
一緒にいる飼い主には覚えが無いが、散歩中に何度か会ったことがある犬のようだ。

さて、小室緑地の近くのいつものゴールデン・リトリバーに、久しぶりに会った。近くまで行ったら、あの子も出てきてくれた。いやぁ、嬉しい。

ススキの穂法目の付近で、今年初めてススキの穂を見た。

いつもの梅干を購入。

白井駅北口の新規開店のスーパーの前を通る。
アドバルーンが3つも上がっている。
さすがに人も車も、多い。
あの姉歯耐震偽装が無ければ、スーパーの向かいの空き地にはマンションが建っていて、そこに入居された100世帯以上の方々に歓迎され、もっと賑わっていたはずだ。

いつもの通りの散歩ルートを約3時間かけて歩き帰宅。歩いた距離は、約12.8km。
階段とスロープが歩き難い。

続きを読む
posted by 野内 悟 at 17:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素晴らしい

昨日の朝、新京成線の電車の中、新京成の若い社員の方と隣に座った。
制服で、すぐに新京成の方と判った。

ふと、彼の左手の時計が目にとまった。
TAGHeuerのコンパクトな腕時計。

なにより感心したのは、その時計はきっちり秒単位で時報どおりに合わせてあること。

さすがだ。

交通機関に携わるものとして、時間に正確であること。末端の従業員にこの精神が行き届いてる。

ますます、新京成が好きになった。
posted by 野内 悟 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする