2010年09月30日

今日は、タバコが大売れ

木曜日

明日から、タバコが一挙に値上げされるそうで、やたらと大きな紙袋を提げている人を見た。

でも、今まとめ買いをすると、ついつい煙草の本数が増え、予定よりも早く消費してしまうのではないか。
そして、本数が増えたことに慣れた後、ストックが切れると一層の支出拡大につながるのではないか。

この煙草値上げに際して、『禁煙』するのも一興だが、禁煙グッズに頼るのは感心しない。
自分からの意志によって禁煙しようとするのではなく、『値上げ』という外圧による物だ。
しかも、道具に頼るなど、大人のすることでは無い。
そんなことでは、禁煙などできっこない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

通勤経路を考える

水曜日

今朝は、朝早く会社にいく用事があり、通常の通勤経路ではなく、北総線でそのまま京成高砂で乗り換え、京成上野まで行った。
通常の新鎌ケ谷・松戸経由に比べ、時間的に乗車時間だけでも10分近い短縮になる。
特に早朝は、新鎌ケ谷駅での新京成への乗り換え待ちが、とても長い。10分程度は常に待たされる。
今朝は京成青戸で、羽田行きの急行待ちがあったが、上野の事務所には15分以上早く着いた。

このルートは、残念なことに運賃が高い。
6ヶ月定期で、5万円近く高い。

この通勤時間と通勤費を省く妙案が、無い訳ではない。
私の場合、くぬぎ山まで自転車で行くのである。
くぬぎ山まで自転車なら、20分で行ける。
新京成線のくぬぎ山駅は、松戸行きの始発も出るし深夜の最終も遅い時間まである。
早朝・深夜の通勤をぐっと自由にする。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

豪雨

火曜日

午前中は、雨が降り続けた。
11時半頃、王子へ。
ビルの最上階で作業を始めた頃、雷鳴が轟き急速に激しく雨が降ってきた。
あの雷がビカビカ・ゴロゴロしている最中は、いくら億条に避雷針があっても、最上階には居たくないものだ。

12時半頃、ようやく雨も弱まってきた。

王子をから池袋を経由し板橋区大山へ。
建築現場にいくと、雨の中でも作業中。
建設業界の方々の作業は、天候との戦いでもあるんだなぁ。
雨で遅れたなどいっても、建物を頼んだほうは許してくれない。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

気温による体の変化

月曜日

先週半ばから一挙に気温が下がり、散歩の際の色々な変化が著しい。

まず、喉があまり渇かなくなった。
気温35℃の炎天下で散歩をすると、30分位で次第に汗の出が減ってくる。その辺で、水分補給をしないと、喉が渇きだす。そうなると、500mlくらい飲んでも、なかなか喉の渇きは癒えない。そのため、ペットボトルを持って、歩いていた。
昨日あたりは、4時間で500mlのペットボトル1本で十分だった。

小便をもよおすようになった。
暑くて汗を流しながら歩いている時期は、汗に水分がまわされ小便にまで回らなかったのだろう。
昨日は、1時間に1回は小便をしたくなって、トイレの場所をつないで歩いている。

疲労度が、小さくなった。
汗をかくと、その分体力も消耗するようで、疲労度が先週と先々週ではだいぶ差がある。
ぐっと疲れなくなった。

これなら、もっと歩き続けても平気。
やはり、秋は散歩にも好適な季節。

そうそう、一番大きな違いを忘れていた。
汗の量が少なくなった。
遠くへ行ってしまい、電車で帰る際に気兼ねなく乗車できる。





今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

彼岸花を求めて歩く

日曜日

100926_持宝院.jpg彼岸花で有名な、柏市藤ケ谷の持宝院へ。
期待通り、見事に咲いていた。
朝8時前にもかかわらず、車が10台近く停まっていて、一眼レフをもったカメラマンが大勢。
白井写友会の方々の方も、数名おみうけした。
写友会の方々は、カメラに交換レンズに三脚と、装備が多いので、車でおいでになっている。 わしゃぁ、歩きじゃ。

持宝院を辞して、旧道を辿り16号線を横切り、柏市塚崎の寿量院へ。 ここには玄圃梨という珍しい梨の巨木があり、その実が見られないかなと思って行ってみた。
残念ながら、見つけられなかった。

次に、牡丹寺として有名な、柏市逆井の観音寺へ。

100926_観音寺1.jpg100926_観音寺2.jpg
ここも期待を裏切らず、彼岸花が咲いていた。


ここにも、デジカメを持った人がいた。

この後、少々気にかかることもあるため、くぬぎ山の神経性の車両基地を眺めに行った。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

秋が来た来た

土曜日

今週は、祝日が2日あり年休も取ったので、会社に行ったのは2日だけ。
午後から、清々しい秋晴れになった。

100925_おみなえし.jpg少し風が強いこともあって、空気が澄んで、景色がくっきりと見える。
新鎌ケ谷駅からR464沿いを歩く。陽射しがあるけれど、空気がシンとしていて、全く暑くない。
秋の空気に変わったんだ。

いつもなら朝歩くところを午後から歩くと、日光の向きが違うせいで違う景色に見える。

女郎花の黄色が、さりげない。

100925_彼岸花赤.jpg100925_彼岸花白.jpg市内平塚の延命寺へ行くと、鐘突き堂の下の斜面に、赤い彼岸花が咲いていた。
毎年彼岸花の咲く場所を周ると、見事に咲き始めていた。
なんだか、ほっとした。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びっくり仰天

尖閣諸島沖での衝突事件で、日本政府は逮捕拘留していた漁船の船長を急遽釈放した。

これが政治主導という民主党政権の対応とは、正直がっかりだ。
「粛々と国内法に則って対応する」と公表していたのだから、判決を下してから国外追放等の処分を下すべきだったのではないか。

中国は、日本に謝罪と賠償を求めている。
全く、盗人猛々しいというのは、このことだ。
謝罪と賠償を求めるのは、むしろ日本政府ではないのか。故意に漁船が巡視船にぶつかって来たことは、記録映像で明らかなのだろう。
あの漁船はまるであたり屋ではないか。自らぶつかって来て、医療費だ賠償金だと請求する。渋っていると、いろんな嫌がらせをする。最初の要求をのむと、かさにきて更に要求をしてくる。
石原都知事が、産経新聞に寄せているコメントに、その通りと納得してしまう。


中国政府は、ちょっと脅せば言いなりだと、日本政府の骨無し姿勢を暴くことに成功した。
この先、中国の漁船は我がもの顔で、あの海域で漁を続けるに違いない。

posted by 野内 悟 at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

地下鉄の踏切

金曜日

100924_踏切.jpg上野の台東区役所近くの路地を歩いていたら、ビルの谷間で突然踏切に出くわした。
「銀座線踏切」と、書かれている。
踏切の向うの線路は、地下に下っている。
少し待っていると、銀座線の車両がやってきた。
ここは、地下鉄銀座線の地上の車両基地から、地下の線路へ車両が出入りする場所だった。
これなら、地下鉄の車両は何処から入れるかの疑問は、明確だ。

道路上で地下鉄の車両を見るのは、ちょっとシュールだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

急転

木曜日 祝日(秋分の日)

暑かった昨日、一転して今日は寒かった。

あるイベントのお手伝いで、茨城県のとある場所で、丸一日屋外で過ごした。
朝7時頃から少しずつ降り始めた雨は、10時頃から強くなり始めて降ったり止んだりしながら、午後には雷を伴って激しくなった。
半袖のポロシャツに防水の薄いナイロンブルゾン1枚では、寒くて震えるほど。
休憩所のエアコンは、なんと暖房運転。
僅か一日で、こんなに陽気が変わってしまうとは。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

CMに弱いなぁ

水曜日

人間ドック受診のため、年休を取って会社はお休み。

夕方ジムからの帰り、ウイスキーを買おうと駅前スーパーに寄ったら、サッポロのクリーミーホワイトが並んでいた。
最近TVCMで見ていたから、ついつい買ってしまった。

100922_誇夷偉棆ト.jpg
缶にグラスへの注ぎ方も印刷されている。
それに従って、まず泡をたてて、あとは静かに注ぐ。
滑らかな泡、ふんわりした柔らかな味わい。

まさに、秋冬向けの味。 とっても美味しい。

今夜は、中秋の名月。
ジムでは、窓の外に黄色いまん丸の月が見えていた。
駅からの帰り、東南東の空に薄雲に隠れながら、満月が見えていた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

昔の憧れの車

火曜日
100921_名ヤLB.jpg初代、セリカリフトバック。
デビューは、1973年頃だったのではないかと思う。
セリカは、2ドアクーペが最初に登場し、LB(リフトバック)は後で追加された。
私が運転免許を取得したのが1975年だったから、乗りたい・所有したい車の3つに入っていた。

セリカGTは、当時としてはスペックが凄かった。
エンジンはDOHC、SOLEXツインキャブ。
普通のセリカGTは、排気量1600ccだったが、LBには2000ccの2000GTも有った。
写真のLBは、リアのエンブレムがGTであるから、2T−G搭載の1600GTだ。
2000GTは、18R−Gのグロス145HP。
当時、国産市販車として、最速と謂われた。
車重約1tで、現在の表示にすれば110HP程度に過ぎず、現在の国産車と比較すれば普通のファミリーカーの性能に過ぎない。
ボディサイズも、たいして大きくない。全長4300×全福1630。
パワーステアリングなど付いていなかったので、極低速ではハンドルが極めて重かった。
クラッチのタッチも、ボンヤリとした感触で、普通のセダンと大差なかった。
運転した感覚では、三菱の初代ランサー(A73)1600の方が、クラッチはスパッと繋がるし、軽快で直進性も良かった。
エンジンの気持良い車は、いすゞのべレットが、迫力ある吹き上がりだったし、三菱のGTO−MRは滑らかで心地よかった。
不思議な回転感覚は、なんといってもマツダのロータリー。
1975年当時、サバンナGTを借りた時は、とても驚いた。
レシプロエンジンのあの脈動が無く、まるで遊園地の電気自動車かと思うほど。
アクセルを踏むと、なんの感激も無く「ヒューン」とエンジンが回転を上げ、スルスルとスピードが上がっていった。スピードメータを見て、120km/hを超えていて慌ててブレーキを踏んだ。
ただし、エンジンブレーキは殆ど無いに等しかった。

日産サニーも、気持ちよい車だった。
昭和47年当時のサニーの1200ccのエンジンは、力はあまり無かったがヒュンヒュンと軽快に気持ちよく回るエンジンだった。
機構的にはOHVだったが、毎分1万回転まで回った。

今の国産車は、皆性能が向上し大きくなった。

でも車を所有する面白さ・楽しさは、だいぶ希薄になったように思える。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

彼岸花

月曜日:祝日(敬老感謝の日)


100920_彼岸花.jpg船橋市のある場所で、今年初めて彼岸花を見つけた。

今年は関東全体で、彼岸花の開花が遅れていると、「朝ズバ」の天気のコーナーで報じていた。

やっぱり、夏の暑さがいつまでも続き、1週間ほど遅れているらしい。
日高の巾着田が、駅のポスターで誘っているが、咲き具合はどうだろう。



100920_第三小学校.jpg白井市の第三小学校は、休日なのに工事中。
8月中から工事は続いていた。
フェンスと門が取り付けられ、これまでのように通り抜けることが出来なくなる。
写真中の赤枠で囲った部分は、この春まで無かった。
あの小学校には、給食の配膳用に小荷物用エレベーター(人は乗れない)が、あの辺にあった。
おそらく今度は、人の乗れるエレベーターが取り付けられたのだろう。
でも、児童達は乗っても良いのかな。

100920_はじめ.jpg7時半頃、JRA競馬学校。
今日も休まず、ジョッキーの卵たちは、教練を行っていた。

11時半過ぎに戻ってきたときちょうど教練が終わり、オーバルコースから厩舎へ引き上げる時だった。

丸々4時間の教練とは、なかなか厳しい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

歩道陥没あり

日曜日
100919_陥没@.jpg100919_陥没A.jpg今日の散歩の途中、歩道に陥没してる箇所を見つけた。
場所は、工業団地から河原子橋へ向かって左の歩道。写真の向うは、本白井。アスファルトの路面に亀裂が約50mほど続き、直径30cmほどの穴が空いてる箇所もある。

ここは、中学生の通学路なので、自転車で通行する際タイヤがはまる危険があります。
とっても危険なので、早急な補修が必要です。



さて、気ままに散歩して、「チャンス」を見たこともあって馬に触れたかったが、折立橋の馬場には馬が居なかった。まだ7時前だから、無理も無いか。

白井の工業団地から金山落を渡って、柏市布瀬へ。
足の向くまま歩き、珍しいところにたどり着いた。

100919_香取鳥見神ミ.jpg香取鳥見神社だ。
この小高い丘に、鳥居をくぐって進むと、鳥見神社と香取神社の合体した神社がある。
この丘からは、千葉ニュータウン中央ビジネス街の高層ビルも、我孫子市の住宅群もよく見える。
朝8時頃のせいか、誰もいない。
境内にある多くの祠を見てから丘の下に降りると、見覚えのある橋が目の前に見える。手賀川の浅間橋だ。
橋を渡って、手賀川沿いを歩いて、手賀沼へ。
手賀沼のフィッシングセンター横の少年野球場では、数チームが試合を行っていた。
朝日新聞の旗も見えるから、大きな大会のようだ。

100919_手賀沼.jpg手賀沼に、舟が浮かんでいる。
魚を採る、漁船のようだ。

手賀沼も我孫子側は、サイクリングロードではないため、比較的静か。
湖畔の木々が木陰をつくり、湖面を渡る風も涼しい。
歩くのには、我孫子側が楽しい。






今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

小さい秋

土曜日

朝晩は、めっきり涼しくなった。昨夜は、布団無しで寝ていて、ちょっと肌寒くて目が覚めた。

100918_ススキの穂.jpg冬には白鳥の来る調整池に、鴨が数羽来ていた。

よく見ると、池の端のススキの穂が出ている。

行き先も決めずに、とりあえずいつもの神崎川沿いをぶらぶらと歩く。
折立橋の袂の馬場に、今日は馬が居なかった、つまんないな。

100918_天日干.jpgたいがいの田圃では、もう稲刈りは終わっている。
小室橋近くの田では、天日で乾燥させた稲の取り入れ。
ここの稲は、人手で刈り天日に干すという、昔ながらのやり方を貫いている。
よほど、熱意を込めて育てた稲なのだろう。

収穫の秋だ。

結縁寺へ行って見たが、彼岸花はまだ影も形も無かった。昨年9月21日には、彼岸花が参道の両側に咲いていたのに。何故だ。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

謝るのはどっち

金曜日

中国と日本政府の態度が、とても面白い。
尖閣諸島沖で、日本の海上保安庁の巡視船にぶつけて来た中国漁船を捕らえた事件で、中国政府が抗議してきたという。
日本の駐中国大使を呼びつけ、しかも日曜・深夜を問わず、抗議したという。
日本政府は、相も変わらずグズグズな対応で、中国を刺激しないように、事を荒立てないようにのらりくらり。

これが、中国と日本が逆だったら、どうなっていたかと考えると、とても面白い。

日本漁船を中国軍が拿捕したら、日本政府はどうしたかな。
日本の駐中国大使が、中国政府に出向き謝罪し、漁船と乗組員の変換をお願いするだろう。
中国政府は、まずは日本の大使を門前払いしたりして、その後外務大臣クラスが中国に飛んで何らかの条件を飲むことで、ようやく漁船と乗組員の解放にこぎつける。
なんてことになっているのでは。

悪いことをした側がふんぞり返って、正しい側がへいこらしている。
そんな図式。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

コーヒーが美味しい

木曜日

コーヒーが、ホットで美味しい季節になった。

先週までは、ついつい冷たい飲み物に手が出たが、朝や夜は熱い飲み物も美味しく飲める。

そろそろ「秋の夜長」と云ってもいいような感じ。
コーヒーを飲みながら、小説を読むのも楽しい。

それより今夜は、録画しておいた「JOKER」の最終回を見よう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

もうすぐ彼岸

9月15日、水曜日。 少し前なら「敬老の日」。

来週には、彼岸になる。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものだ。
あれだけ暑かったのに、今日などは快適そのもの。

7月に石神井川沿いを歩いたときに、通った場所の付近を仕事で周った。
あの時の記憶が、地理的な位置の把握に役立つ。

こんな所で、趣味の散歩が役立つとは、何が幸いするか判らないものだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ようやく普通の気温

火曜日

昨夜の雷雨から、一挙に涼しくなった。
日中の日向はまだ暑いが、日陰に入ればすうーっと涼しい。
気温30℃が、こんなに涼しいとは。
夜も、よく眠れる。

民主党の代表選が終了。結果は、マスメディアの予想通りとなった。
これでコップの中の騒ぎが終わり、内閣には落ち着いて内外の課題に取り組んで欲しいもの。

昨夜の雷・停電の影響は、我が家では朝発覚した。
朝、風呂場から聞きなれないポ・ポ・ポ・・と言う電子音が聞こえてくる。
何じゃろかと思ったら、風呂の給湯ボイラーを奥方が取説片手に操作していた。
昨夜の停電で、カレンダーや給湯温度設定が消えてしまっていた。
ビデオやTVは、設定が消えず大丈夫だったが、風呂がダメとは意外。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

雷鳴・稲妻・停電

月曜日

午後8時半頃から、雷による雑音がAMラジオに入り始めた。
8時40分、新鎌ケ谷駅の北総線ホームで電車を待つと、北の空から、稲光が見え始めた。
9時に駅前から帰宅する途中、次第に空の上に稲妻が走り、雷鳴が近づいてきた。
帰宅して風呂に入って、第3のビールを飲み夕食をしていると、益々雷鳴近く大きく激しさを増し稲光がはっきりしてきてふっと照明とTVが消えた。
数年ぶりの停電。
家のあちこちに懐中電灯があり、かばんの中にはLEDライトがあり、復旧するまですぐに何本も点灯。

1分以内に、停電は復旧。東京電力は、素晴らしい。

もう少し長引いたら、キャンプ用品からガスランタンを引っ張り出して、点けようと思っていた。



白井市議員の鳥飼氏が、チラシを各戸に投函していた。
内容は、まず1つは、北総線の成田高速鉄道運行開始に関わる運賃改正に関すること。
次いで、市役所の空調故障から、市の施設・備品の管理の姿勢を問うもの。

白井市役所は、1980年頃建設された建物で、現在の耐震基準には合致しない。
今年も空調設備が故障し、7・8月には室内気温が30℃を超えたそうだ。

市の担当課に、庁舎と設備の長期保全計画がどうなっているのか、質問するべきだと思う。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

大間違い

日曜日
R16や船取線近くの中古車屋さんを眺めながら、ぶらぶら歩いてきた。

100912_持法院.jpg旧沼南町の名刹、持法院へ。
ここは、彼岸花で有名な場所だが、まだまだ影も形も見えない。
境内は、百日紅の花が綺麗に咲いていて、赤い山門によく映えている。

100912_裏道.jpg
船取線から大津川近くの道へ降り、下総基地の東側を歩くと、途中で車が通れない道がある。
真夏でも日影で、とても涼しい。
今日は、藪蚊がうるさくつきまとう。

100912_馬.jpg
折立橋の東詰めの馬場には、2頭だけがいた。一番小さな1頭が居なかった。
2頭とも、頬を撫でて挨拶。
この2頭は、よく人に慣れている。
柵に近寄ると、やってきて顔を近づけてくる。




「北総線値下げ裁判提訴報告集会」が、午後3時から白井で行われるので、ジムへ昼前に行き3時頃白井駅に行くようにした。
会場が前回同様駅前センターだと思い込んでいたが、行ってみたらそんな集会はない。
自宅へ戻って案内を見たら、会場は「白井文化会館中ホール」だった。
もう午後4時になってしまったので、集会へは行かずじまい。
残念!!! そして申し訳ない。

昨日から、北総線の時刻表を見間違えるは、報告会の会場を間違えるは、思い違いが続いた。

明日は仕事で西新井へ行く。こんな間違いをしないよう、気をつけよう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

海を見に

土曜日

歩き出して調整池を過ぎる頃、朝日が顔を出した。
100911_競馬学校.jpg朝5時半、朝靄の中で競馬学校で、教練が始まっていた。

空気がひんやりとして、気持ちいい。

まだ日が出たばかりだというのに、二重川沿いには散歩をする人たちが沢山。

桑納川から新川に出て、八千代市の運動公園の近くにくると、自転車に乗って中学生たちが行き来する。

大和田の排水機場を越えると、川の名前が新川から花見川に変わる。

100911_弁天橋.jpg8時半、弁天橋に着いた。
懐かしい車(サニートラックB120)が、橋を渡っていく。
橋を渡って右に折れると、花見川サイクリングロード。
半年前まで橋の袂に自販機が在ったから、飲み物が手に入ると思っていたのに、無くなっていた。
花島観音の自販機で、ようやくペットボトルを購入、喉を潤した。

100911_検見川浜.jpg10時半頃、花見川の河口に着き、海岸を歩く。

海風が涼しい。

この花見川沿いの道も歩きなれると、近く感じてくる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

何が本当?

金曜日

大阪での厚生労働省の元局長に対する裁判は、無罪となったそうな。
関連する証人全てが、供述を翻したことによって、検察の調書が証拠として認められなくなり、罪の認定が出来なくなったようだ。
検察の裏づけ調査も、相当いい加減なものだったらしい。

一旦検察での調査段階で供述した内容を、関連する人間全員が口裏を合わせてひっくり返せば、物的証拠の乏しい事件なら無罪に出来るというこだろうか。

村木女史が無罪だということで、元厚生省の係長だった上村勉被告が、一人で課の印を勝手に使ったことになった。
普通の会社でも、課長印や部長印を係長が勝手に捺印できることは、無いわけではない。
あの印鑑を捺すということは、どうかと思う。
役所に提出するいろんな文書に、印鑑を捺印させられるが、いまどき¥100で認印が買える時代だ。
誰が捺したか判らない印鑑を捺印する価値が、さっぱりわからない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

不思議な人

木曜日

鳩山元総理は、とても理解できないことを言う方だ。

3ヶ月前、政権を放り出し、そのとき政治と金の問題を払拭すべく道連れにして幹事長をさせた小沢氏を、舌の根も乾かぬうちに民主党代表選の候補として応援するとは。
総理も代表も退いた人間は、次の代表を選ぶ際には直接特定の人間を応援することは、普通の感覚を持つ者なら避けるとおもう。
また、自分が退いた直後なら、現行の代表が後継者なんだから、現行の代表を応援するのが当然だろう。
でなければ、どうして現行の代表に譲ったのか、後継者を支持しないとは訳がわからん。

鈴木宗雄氏に、有罪判決。
それに対する鈴木氏の会見が、新聞紙上を賑わしている。
いかに自分で「無罪」だと唱えようが、法的な裁定を下すのは司法の仕事。
それに従うのが、法治国家の国民の義務。
「権力と戦う」というが、自分が「権力」を濫用して行った行為を裁かれたのだろう。
「国民」が支持していると言うけれど、あの方の云う「国民」は、衆議院選の極狭いエリアの自分を支持してくれた、至極少数に過ぎない。

小沢氏の言う「国民」も、似たようなものだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

なんだろうか

水曜日

「エコカー補助金」が、終わったそうな。
アッシには、関わりのないことでござんす。

そもそも新車を買える金持ちに、政府が追い銭をばら撒く愚策。しかも、補助金で釣っておきながら、突然「もう終わったよ」という。
キャッシュバックセールで客を引いて、無断でキャッシュバックを止めるなんて、民間企業がやったら裁判モノ。

しかし、補助金目当てに買った人は、車の価値がその価格に相当すると認めていないと言うことだろう。
だから、補助金に吊られて、買ったのだろう。
さて、この先自動車メーカー特に日産は、何をセールスポイントとして、車を売るつもりだろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

富岡八幡宮

火曜日

仕事で富岡方面に行き、富岡八幡宮に立ち寄った。

100907_1155~01.jpgとても都内(?)とは思えないほど、広々とした静かな境内。
昔の関取たちの背丈を示す石柱や、手形・足型の石碑があり、その大きさに驚愕した。
でも、意外と足はそれほど大きくない。今時の若者の”バカの大足”に比べて、ちょっと大きい程度。
伊能忠敬の銅像が、いつの間にか出来ていた。

ちょっと見覚えのある女性とすれ違った。
一緒に行った人によれば、有名な歌手らしい。
普段着なので、気が付かなかった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

判りにくい申請書

月曜日

次男が今月20歳の誕生日を迎える。
国民年金機構から、封書で申請書類が届いた。
申請書の書き方が、非常に判りにくい。
「前納制度」「学生納付特例制度」「若齢者納付猶予制度」等、あちこちに書かれている。
申請書は、AとBの2種類があり、裏表になっている。
説明書らしきものが添付されているが、その説明がだらだらとした文章で、極めてわかりにくい。

大学2年生の次男が、「理解できない」と嘆いていた。

制度の説明、必要書類が何か、箇条書きで簡潔に書いて欲しいもの。
申請書の、記入例を付けるべき。

申請書の説明書を作った人は、法律の知識が豊富で作文能力も高いのだろう。
わざと判り難くしているように思える。

申請する立場で書かれていない。申請書には、申請種別と必要な添付書類の一覧とチェック欄くらいは、あってしかるべきだろう。
あれじゃ、加入率が下がるのは、無理もない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

雨が少ないなぁ

日曜日

100905_刈入.jpgそろそろ、稲刈りが始まった。
コンバインを使って行っているとは云え、こう暑くてはたまらんだろう。
日除けに、ビーチパラソルが差してある。

100905_地割れ.jpgここ暫く雨が降っていないのが影響しているのか、神崎川沿いの道には、あちこちに地割れがあった。
左側は、折立橋の南側。右は河原子橋の北側。




100905_馬.jpg折立橋の旧梨ブランデー工場の前に、今日も3頭の馬がいた。
3頭ともよく人に慣れている。
馬場の柵に近づくと、近寄ってくる。
顔を撫でていたら、他の1頭が汗が流れる左腕を舐めた。
馬は、可愛い。

こいつらに会うのが、散歩の楽しみになってきた。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

防災訓練

土曜日

今年も、今日「防災訓練」が行われる。それに合わせて、歩いて事務所まで。今年は、上野。

100904_上野まで.jpg

歩き始めた5時前は、まだひんやりとして快適。
金山落の谷には、川霧がたっていた。
5時40分、くぬぎ山駅の踏切を越え、コンテナのような建物が、ラーメン木蓮だということを確認した。
7時10分、松戸神社で龍神水を杓子に2杯いただき、江戸川・水元公園をへて、8時半亀有に着く。
亀有の親水緑道の途中で、『古隅田川総合案内』というステンレスの案内を見つけ、その道を辿ることにした。
あっと云う間に綾瀬を抜け、9時20分荒川の堀切橋を渡る。

100904_ツリー.jpg東白髭公園を通り、白髭橋で隅田川の右岸に。
川沿いを東京スカイツリーを眺めながら歩く。
桜橋の下では、ゴミを拾っている若者達がいた。でも、その横には、テントハウスが醜い姿を晒していて、異臭を放っている。
10時15分、吾妻橋で雷門通りに上り、人力車の客引きの五月蝿い雷門前を通り抜ける。
寿町で浅草通りに出て、真っ直ぐ上野駅。
浅草通りは仏壇屋さんが並び、冷房の効いた店が開け放たれ日影になっていることもあって、店の前はとても涼しい。
10時40分、上野駅到着。

なんと、今日の行程では、亀有が中間点だった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

のんびり亀有

金曜日

久しぶりに午前中、亀有の元の事務所ビルで過ごした。
窓から緑が見える環境は、気持ちが穏やかになって、とても良い。

帰りは南千住まで歩く。
たったの40分。
なんと、新鎌ケ谷から西白井までと同じ。
都内は狭い。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

暑い

木曜日

今日も一日の大半を、外で過ごした。
日陰の箇所は、そこそこ涼しく感じるが、直射日光の下では、くらくらする。
朝晩もさして涼しくないし、一体全体この天気はどうしたものなのだろう。

民主党の代表戦があるらしい。
民主党は、昔の自民党と同じような派閥抗争。
この円高・株安の、危機的な状況下、国会議員は金の心配が無いからか、暢気なものだ。

なんやら、O氏には伝説的な信頼感『実力がある』と云われているようだから、本当かどうか任せてみたらいい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

今日は何の日

水曜日

今日から9月。
殆どの首都圏の公立小中学校は、今日から授業が始まったのだろう。

数年前なら、一都六県合同の防災訓練が行われていたが、最近は県別に日程も異なっている。
そもそも、なぜ9月1日に避難訓練や防災訓練が行われてきたのか、その由来・主旨があまり報道されていない。
国民の祝日をやたらと月曜にしたことと、同じ考え方ではないか。

大正12年9月1日午前11時58分。忘れてはいけない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする