2010年12月31日

2010年を振り返る

2010年の散歩
散歩
1月249.7km
2月207.0km
3月320.3km
4月315.2km
5月310.5km
6月231.8km
7月242.9km
8月303.9km
9月261.9km
10月264.6km
11月204.4km
12月264.1km
3,176.3km


2010年は、残念ながら昨年を越えることが出来なかった。
この原因は、夏のあまりの暑さに、8月の歩く距離が延びなかったことも一因だ。

11月の中旬に、左膝に水が溜まるようになってしまった。
否応も無く、老化は進んでいる。
次第に『いままで出来たことが出来なくなる』と、自覚することになってきた。

すでに、『下り坂』になったことを、肝に銘じて新たな年を迎えよう。

来年は、もっと距離は延びないと思う。

posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年を迎える準備

金曜日 (大晦日)

101231_Swan.jpg金曜日が年の締め括
りというのうは、とても切が良い。
7時だが東の雲に日が隠れているため、まだまだ暗い。
調整池には、現在15羽滞在中。4羽がまだ灰色の羽の残る幼鳥。
R464と北総線の高架の下を潜って、JRA競馬学校のコースサイドを通るも、今日は教練はお休みだった。

101231長福寺.jpg船橋市八木ケ谷の長福寺では、今夜の除夜の鐘に備え、梵鐘の掃除をされている。101231御滝不動.jpg御滝不動では、山門付近や境内の露店が、普段より多くなっていた。
船橋の大神宮でも、露店の準備が進んでいた。

101231大神宮.jpg中を覗くと、宮司さんたちが大きな白い布を持って何か作業中。
賽銭を受けるところの準備であろう。

お寺も神社も、年末年始の準備をされていた。

大神宮の鳥居の下に、「今年の運勢」というのがあったので、自分の誕生日のそれを1通購入。
おそらく来年の運勢なのだろうが、今日見たのは反則かな。

来年は、試練の年だ。
今年の後半は、『実習生』済ませた。
正直、腹が立った。自分の専門分野を外され、何が『実習生じゃ』
皆、井の中の蛙の集団に過ぎない。
これじゃぁ、『親方日の丸』に頼るしか無いのぉ。

なんとか今年は越えられそうだ。
私を支えてくれた全てのことに感謝して、新たな年を迎えよう。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

レコード大賞

木曜日

朝は少し陽射しもあったが、8時を過ぎる頃から空は雲に覆われて、肌寒い日になった。
鎌ケ谷市粟野の旧道を歩いているとき、おばちゃんから声をかけられた。
「今日は寒いねぇ」。
「そうですねぇ、日が出てればちょっと暖かいですがね。」と挨拶している間、傍にいた犬は丸くなって動かない。
八柱霊園から春木川沿い二十世紀ガ丘・外環の工事現場の上を通り、江戸川に出る。今年、何度も歩いた道。
矢切の渡しの付近は、堤防に階段とスロープの工事中で、通行が制限されていた。

101230_かえる.jpg矢切神社の庚申塚に、面白いものがあった。

『使ったお金はまたかえる』

そりゃぁ、同じ形ではないが、巡りめぐって自分のためになるという意味だろう。
『情けは人の為ならず』と同じこと。



レコード大賞を見ている。
音声の調整がとても気になる。まず音量が安定していない。歌手が歌い始めると急激に音量がさがったり、歌声の音質が中低音が乗っていなくて、とても聞きにくかったり。
また、若い団体の歌い手たちは、音だけ聞いていると、さっぱり違いが判らない。

それに、司会はあんなに5人も必要か?
意外と会場が狭い。ステージも、以前ほど電飾や動くっステージなども無く、お金をかけていない。

しかし、「レコード」って、もはや死語に近くないのかな。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

笑顔

水曜日
101229_Swan.jpg調整池の白鳥は、11羽。
あと一羽、幼鳥が画角の右隅に隠れている。






101229_布袋尊.jpg101229_布袋尊の髭.jpg手賀沼へ行く途中、折立の来迎寺に立ち寄り、布袋尊を拝む。
布袋尊の顎に、なにか剃り残しの髭のようにぶら下がっていた。
よおーく見ると、蓑虫だった。

手賀沼の南側のサイクリングロードを歩く。今日は自転車も歩く人もとても少ない。
西の風が強く、油断していると帽子が飛ばされそうだ。
手賀沼から西の大堀川沿いに沿って、2年ぶりに歩く。

101229_東福寺奥の院.jpg流山電鉄の鰭ヶ崎駅北側の踏切を渡って暫らく行くと、東福院という立派なお寺についた。
その寺の奥の院が、道を挟んで向かいの丘の上にあった。
そこへ登る坂は、死人坂。
このお堂と墓地は、写真をとるのも少し躊躇する畏敬の念を抱かせる何かがあった。





今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

仕事納め

火曜日

今日28日で、今年の通常の業務は終了。
明日から、年末年始の休暇に入る。

昨日今日と、電車の利用者に大きな荷物を引きずった人が多くなり、昼食にすき家に入れば小中学生が大勢いる。
すっかり、冬休みのようだ。

今日の夕方6時半頃、常磐線の下り電車に乗ったら、いつもより少し空いている。
目の前に立つ老人は、ときおり苦しそうに唸る。
どうやら、仕事納めの納会で酒を飲み、酔っているらしい。
結構なご身分だ。
そういえば、昼ごろ乗った都電荒川線の老人たちは、昼まっからいい匂いをさせていた。

へへん、ワシも明日から休日モードじゃ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

木枯らしの道といえば

月曜日

101226_サザンカ.jpgようやく風が冷たい、木枯らしの季節になったように思う。
子供の頃は、11月の末頃雪の降る前の陽気が、ちょうど今頃ではないかとおもう。
木枯らしというと、思いつくのは山茶花。
道端の生垣の山茶花が、今見事に花を咲かせている。
サザンカは、色合いが椿に似ているが、花びらは一つずつはらはらと落ちるところが、椿とは大きく違うところ。

101226_サザンカUP.jpg昨日の日曜に大きく開いた花に、その花の中心部に水滴が見えた。
これは朝露か、それとも花の蜜か。

さて金曜日の朝から2回目を読み始めた小説も、帰宅途中の電車内で読みきった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

冬の鳥

日曜日

朝日に照らされた調整池は、ちょっといい感じ。

101226_SWAN1.jpg101226_SWAN2.jpg白鳥がだいぶ増えた。
19日に成鳥2羽と幼鳥1羽が飛来、22日に成鳥1羽と幼鳥3羽が飛来したが24日に松戸方向へ飛び去り、現在11羽。

コォーコォーと、鳴き声が響いてくる。

少し冷え込んでいて、日陰の浅い水路には氷が張っていた。
畑は、霜柱がいっぱい。


101226_ツグミ.jpg先週の散歩中にも、あのちょっとユーモラスな啼き声が聞けていたので、既に渡って来ていたけれどなかなかカメラに捉えることが出来なかった。
今日は念願叶って、じっくりと見ることが出来た。
ツグミだぁ。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

やはり面白い

土曜日

今日も仕事だが、上野の事務所へのんびりと向かう。
一昨日かった文庫本は昨夜のうちに読み終え、朝の電車内で2回目の読み始め。
今日は電車を乗り過ごしたりせぬよう、気をつけていた。
会社との行き帰りで、4割ほど読んだ。

帰りの松戸で書店に寄り、同じシリーズの本を購入。

9時からの「忠臣蔵」を見て、その理不尽さを改めて思う。
あの西田敏行氏演ずる吉良上野介は、ほんまに憎憎しい。言った言わないの水掛け論で、証拠が無いことをいいことに、やりたい放題。
証拠が無く立件できないという確信があるから、好き勝手なことを言い続けるどこぞのおおもの議員のようだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

乗り忘れる

金曜日

帰る途中、新鎌ケ谷駅で乗り換え待ちの間も、昨日買った小説を読んでいた。
600ページほどの厚さで、文庫本としてはいささか不恰好。
娯楽として面白い。
あと残りは、150ページほどになってしまった。

新鎌ケ谷駅では、乗り換え待ちが11分ほどもあった。
ところが小説に没頭し、電車に乗るのを忘れてしまい、もう7分後の電車に乗って帰宅した。
ドジなことをした。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

喜寿の天皇

木曜日  (祝日 天皇誕生日 天皇は喜寿)

今日は、出勤。仕事があることに感謝すべきなのは、同じ23日でも11月である。 しまった、くだらない愚痴だぁ。

朝、仕事に行く途中、電車の窓から東の空を眺める。
綺麗な澄み切った朝焼けだ。
いいことがあれば良いなぁと思いながらも、今日の現地はそんな甘いことではないと判っているんだがな。

通常半日で終わる筈の仕事が午後4時にも終わらず、私は他の懸案のために後ろ髪を曳かれる想いで、親方と皆を残して現地を後にした。

午後4時半、帰途に着く。
途中の電車内で、夕焼けを見る。
朝と夕、同じ場所で日の出と日の入りを、仕事の行き帰りで見るなんて。

あちこちで、ケーキ屋さんがケーキを売っている。
そうだった、明日はクリスマスイブか。

書店で昨日買った文庫本は、朝のうちに読みきってしまい、帰りがけにもう一度読み終わった。
五香のコナミスポーツクラブからの帰り、書店かっぱで同じ作家の文庫本を購入。
夏見正隆著「スクランブル」。簡潔な文体、スピード感が良い。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

冬至

水曜日

未明からの雨も上がり、風の温い朝。
これでも冬至の気候かと、いささか呆れる。
新京成の電車の窓から、西の空の端に薄紅色の月が沈んでいく。昨夜は満月で、皆既月食だったそうな。

午後8時退社。
空を見上げれば、まん丸の青い月が輝く。
いつものこの時期なら、あの青い月の光が冷え冷えと感ずるものだが、今日は異様に暖かい。
コートが要らないどころか、上着さえ無くとも過ごせそうだ。

帰宅して風呂に入り湯船の蓋を開けると、ゆずが浮かんでいて、いい香りが漂う。

この温かさは、ある意味でありがたい。
我が家は、いまだに灯油のストーブやファンヒーターを使っていない。

これでも、真冬とは・・・


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ニュータウン中央駅南口の新店舗

火曜日

101219_NT中央駅南口.jpg先の日曜日、千葉ニュータウン中央駅から北総線で帰宅しようと、南口へ行って驚いた。
夏ごろ、この駅の南東側の角地はほぼ更地だった。
ところが、ネガネ屋さん・回転寿司の「くら寿司」・餃子の王将・7/11の新店舗が出来上がっていて、餃子の王将とくら寿司は、「近日開店」と掲示されていた。

へぇー、新たにお店が出来るのは嬉しいけど、大丈夫かなぁ。
周辺の人口はたいして増えてもいないのに、イオンモールに飲食店は増えている。
個人的には、わざわざ北総線の高い運賃を払ってまで、行くほどの価値はないから、どうでも良い。
餃子の王将は、最寄り駅にある。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

包丁研ぎ

月曜日

101219_研士.jpg毎週日曜日、西白井駅前に、この方がいらっしゃる。
「包丁研ぎます」と、料金表も掲げている。
パラソルの下で、丹念に包丁を研いでいる。
ちょっと覗いたところ、砥石は粗砥・中砥・中細・細目・油目の5種類を備えている。
研ぎに必要な水は、ペットボトルで用意されている。
昼頃しか見ていないが、研ぎを頼んでいる人を見たことが無い。
おそらく、商売としては成り立っていないだろう。ほとんど、ボランティアでは無いかと思う。
自分の持つ技術を、一般に広く役立つよう奉仕する。無料ではかえって頼みにくいから、一応お代を頂戴しているのに違いあるまい。


私は、中細の1種類の砥石で、我慢している。
一度、お願いしてみたいと思うが、包丁をどう持っていくのが良いか、ちょっと躊躇している。
白昼、包丁をむき出しで持って行き、ギラリと向けて「研いでくれ」ってのは、誤解されるだろうなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

冬の散歩

日曜日


101219_SWAN.jpg清水口の調整池の白鳥は、17日に成鳥2羽と幼鳥1羽が飛来し、現在8羽が滞在中。
鴨も増えて、調整池は賑やかになった。
101219_初氷か.jpg今朝はちょっと冷え込んだようで、神崎川沿いの道の水溜りに氷が張っていた。
この冬、初めて氷を見た。

河原子から平塚の延命寺を経て、浦部の鳥海神社・観音寺へ。
観音寺は、お堂の隣が基礎工事の最中。庫裏を建て直すらしい。
永治の大六天神社の入り口に、大きな木の案内看板が建てられていた。
神社の周囲も整備が進み、もともと見晴らしの良いか多大が、ますます気持ちよい場所になった。

松山下公園を通り抜け、亀成川沿いを遡る。

101219_亀成川源流.jpg印西牧の原の近くまで来ると、まだ工事が進んでいないところが残っている。
3年前まで習志野CCの北側は、こんな小川だった。
ところが、今ではコンクリートで護岸された、幅5mの立派な川になっている。
橋の名前だけは、「ほたる橋」と残っているが、コンクリートでがちがちになった川に、はたして蛍が舞うのだろうか。
こんな護岸工事は、なんとか思いとどまって欲しい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

もう目茶苦茶だ

土曜日

民主党は、既に老害が始まったか。
半年前に「総理を辞めた議員はその影響力を行使すべきではないので、私は次の選挙には出ない。」と公言した元総理は、得意技の心変わりをしたようだ。
あの方の「変心」には、もう驚かない。
半年前に自らを「一兵卒」といった元大物議員は、幹事長の要請を断った。
なんとも威張り散らす「一兵卒」もいたもんだ。
あんなことを許すような組織は、無秩序といって良い。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

日暮里駅

金曜日

帰宅時に、本が読みたくなった。
事務所の界隈では、本屋が無い。上野駅のエキナカはずっと工事中で、帰宅途中に本が買えそうなところと考えたら、日暮里駅を思いついた。
日暮里駅のエキナカは、パンやさん・お弁当屋さん・カフェなども在り、北側の改札の隣に書店があった。

あまり大きくは無いが、小説や新書は結構充実していて、選べる。
なかなか客も多くて、レジ待ちが切れない。
小説にしようかとも思ったが、斉藤孝氏著の「学問のすすめ、現代語訳」を購入。

これで、明日の現場往復時にも、退屈しなくてすむ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

雪が降った?

木曜日

天気予報を聞くと、今日はあちこちで雪が降ったらしい。
近年、雪の降る日が年末まで遅くなる傾向にあったが、すこし戻ったに過ぎないのかな。
小学校の頃は12月になれば必ず雪が降ったし、会社に入った頃はボーナスを貰って初スキーに苗場か志賀に行ったものだ。

確かに、東京でも少々肌寒い日だった。
気象庁のある竹橋と亀有の事務所屋の上気温の傾向を比較すると、最高気温はほぼ同じだが日没後の気温の下がり方に違いが大きい。
都心のビルに囲まれた気象庁は、なかなか気温が下がっていない。
やはり、ヒートアイランドの現象を示している。
この年末の忘年会時期は、もっと寒くてもおかしくない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

警備会社では盗難を防げない

水曜日

先の日曜放送のTBS−TV「噂の東京マガジン」は、建設機械の盗難・ハイエースの盗難を取り上げていた。

建設機械の盗難は、大きな問題のようだ。

ある警備システムが紹介されていて、侵入者があった場合に登録された携帯電話に通報され、侵入者の画像が携帯に表示され、携帯から音声で警告を現地に発することが出来る。これは、優れものだ。
そのシステム紹介のとき、注目すべきことが言われていた。
「従来の警備会社では、侵入検知後25分後の対応。これでは、遅すぎる。
侵入後5分が、盗難にあうかどうかの勝負なのです。」

なるほど、一般家庭でセコムやアルソックと契約していても、警備会社は泥棒が逃走したあとにしかやって来ない。結局あとの祭りで盗難は防げないということか。


続きを読む
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

建設業界は景気が良いんじゃないの?

火曜日

忘年会で、久しぶりに神田・神保町界隈へ。
帰りは、秋葉原へ寄るべく、淡路町から昌平橋へ向かった。
神田郵便局の付近は、大規模なビルの建設中。
都内は、あちこちで高層のビルやマンションの建設現場がとても目に付く。

就職難や一般市民の生活感と、建設業界の見た目の好況感は、なんとも結びつかない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

あほの集りか

月曜日

民主党は、党内の役員でも無い1議員に対し、指示命令一つ出来ないのか。
あのOZは、民主党のオーナーか?
いつまで、一議員の処罰が決められないのだろう。
党の幹事長や執行役員会が、「出て来い」と命令出来ない。
半年以上も前から、「ご自身の自発的な出席を期待する」と言って、結局本人は動こうとしない。
幹事長に一任ってのは、「役員会では決めない」ということだから、全くの先送りだ。
さっさと党の方針を決め、それに従えない党員は除名するべきだろう。
通常の組織なら、組織のTOPの言う事を聞かない者は、排除されるのが当たり前だろう。
当たり前のことが出来ない民主党は、烏合の衆か阿呆のあつまりか。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

流山の入り口

日曜日

101212_朝日.jpg朝日が昇ってくる。
今朝の時事放談のように、今の内閣の行方を示すかのように、雲に隠れた朝日。



101212_レイ君.jpg日立のサッカー場の向かいの交番前に、サンタの衣装のレイ君。

柏市内は、道が入組んでいて、とても歩くにくい。
歩道も、狭い。

南柏でR6を渡る。
この辺は、流山。

101212_何と読む.jpgこの地名は、どう読むのか。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

暖かな一日

土曜日

101211_SWAN.jpg今朝の清水口の調整池、白鳥は1羽増えて、5羽が滞在中。

いつもより遅い時間のためか、とても暖かい。


101211_散歩道.jpg昨日の雨で落ち葉が湿っていて、踏みしめるとふんわりと心地よい。
土の上に落ちた枯葉は、いずれバクテリアなどで分解されて土に戻り、養分となるのだろう。
これが舗装された道では、土に還元されずただのごみにしかならない。

桑納川沿いから新川に沿いに出て遡り、神崎川との合流点に着く。


101211_神崎川.jpg向こう側に、千葉ニュータウン中央のビジネス街のビル(日動火災・三井海上等)が見える。
神崎川沿いを歩くと、しゃれた自転車が置いてあった。
フレームには、RENAULの文字。
つい、「しゃれた自転車だなぁ」と、口からこぼれた。
近くの茂みの陰に、その持ち主が釣りをしていた、おおハズカシ。


101211_新型.jpg途中で、ちょうどスカイライナーの通過する時刻になった。
新型スカイライナーは、走行時の騒音が低く、静かで速い。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

スカイツリーは、救世主か。

金曜日

東京スカイツリーが、そろそろ完成形に近くなってきた。
今朝も隅田川沿いには、スカイツリーに携帯のカメラを向ける老人の姿が多い。
浅草寿町の交差点では、民主党の都議会議員が、「東京スカイツリーを経済の活性に活かそう」と、ビラを撒き訴えていた。

あの施設の観光的な効果は、確かにあるだろう。
ただし、継続的に右肩上がりで、成鳥を続けられるかどうか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

お札の折り方

木曜日

財布にお札を入れるとき、今の財布は小さく定期入れサイズなので、お札は3つ折にして入れている。
三つ折にすると、ほぼカードサイズ。

駅前のスーパーで買い物をしたら、お釣りの千円札についた折目が、三つ折の折目。

ワシだけではないと、ちょっと安心。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

あほらしい

水曜日

市川海老蔵の記者会見。内容は、支離滅裂。
あんなに大勢の記者がつめかけるから、こいつの勘違いは終わるまい。
たかが一歌舞伎役者が、酒乱の上の蛮行。
日頃から、素行不良だと、あちこちで取り上げられている輩だ。
こんなときは、徹底的に無視すれば、反省もするだろうに。
あんなものは、情報ではない。
TVなどは、売れない能のない芸人を救う番組を、だらだらと垂れ流している。
日本社会の一大事のように扱うマスメディアは、何を狙っているのか。
今、政府や官僚・海外の情報をもっと精緻に多面的に分析報道し、国民に問題意識を喚起させることが、報道本来の使命ではないのか。

今日は、過去に日本が国の歩む道を踏み外してしまった、日本人として忘れてはならない日である。
今年は、今日という日に関する報道が、いっそう希薄になった。


さっきから、会社の携帯に不審な着信が繰り返されている。
発信者番号は「+8615000225065」。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

電池切れ

火曜日

ポケッタブルのラジオを持って、通勤時に聴いている。
今朝は、池袋の現場に着いて暫らくしたら、内臓充電池の電気が切れてしまった。
内蔵型のため、予備電池を持ち歩いて備えることが出来ないのが、やや不満。
今朝は、昨夜購入した新書を読んでいたので、時間を持て余すことは無く、ちょうどよかった。

あの新書、「日本は世界5位の農業大国」は、なかなか興味深い内容だ。
統計データをちりばめて、如何に今までの政府主導の報道が、恣意的な意見誘導であり洗脳であると主張している。

確かに、「いわれてみればそうだよね」と、頷ける内容も多い。

やっぱり、統計データというものは、主張を裏付けるために算出のしかた・見せ方を工夫するものだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

枯葉がいっぱい

月曜日

101205_メタセコイヤ.jpg昨日の船橋市小室の4号緑地。
メタセコイヤの葉が、茶色く変わりはらはらと落ちて、地面が茶色く覆われている。

今日、北千住から隅田川を渡り東浅草から下谷神社までの道すがら、あちこちの公園のメタセコイヤも同様に茶色くなっていた。

今朝は、12月とは思えぬ暖かさで、歩いているうちに背中を汗がつたう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

もうすぐ冬じゃ

日曜日

101205_SWAN.jpg西白井清水口の調整池の白鳥。
現在4羽。
先週3羽だったが、うち1羽が飛び去ったのち、別の2羽が飛来したそうだ。

お昼頃には、白鳥を見に来る人たちが増えた。


101205_霜柱.jpgこの冬、初めてみる霜柱。
今朝は、ちょっと気温が低めだったが、まさか霜柱が立つとは思わなかった。
101205_佛法寺.jpg
白井市法目の佛法寺は、冬支度を済まされていた。

この冬は、この雪吊が役に立つような天気の日が、はたして来るのかな。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

ぷんぷん!

土曜日  今日も出勤。

朝、出るときは夜明け前。
雲ひとつ無い東の夜明け前の空に、か細い下弦の月が光っていた。
綾瀬付近で、朝日が射して来た。 眩しい。

これで仕事に行くのでなければ、いい一日の始まりなのだが。

仕事の場所からは、高架を走る東北新幹線が見えた。
今日は、新青森まで開通したんだった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

土砂降りの雨の中

歩いてしまった。 金曜日

7時半過ぎから8時頃まで、谷中・千駄木・池之端を歩いている頃、雷鳴が轟き稲光が煌き、50m先が見えなくなるほどの雨。
舗装された道は、道全体が3cm程に水が覆った。
谷中の霊園の坂の上から、怒とうのように水が下って来る。

中国製・販売元イトーヨーカドーの傘は、これほど強く雨が降ると、雨水が骨を伝ってどんどん落ちてくる。

不忍の池や上野駅のパンダ橋では、さすがにホームレスの人たちが全く居なくなっていた。

強いが、暖かい雨だった。 こりゃぁ、変だ。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

かっちょ悪りぃ

木曜日

日産の電池自動車リーフが、ようやく発売になるようだ。

それにしても、あのへんてこりんな外観じゃ、ちょっと乗りたくない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする