2011年07月31日

梅雨のよう

日曜日
110729_カタツムリ.jpg 北総線値下げ裁判の会、2回目の総会が白井駅前センターで開かれた。
 第1回は、同センターの2Fホールで開かれたが、今日の第2回はぐっと小さな視聴覚室。
 参加者も、裁判の会の会員も全員が集わず、会員以外の人は皆無。
 裁判の原告になっている人すら、全員が揃っていなかったようだ。
 一般市民からは、110729_セミの抜け殻.jpg裁判の会が動いているのかどうか、さっぱり判らない。
 裁判自体の動きが、カタツムリのように遅いからなのか。
 何回か公判があったらしいが、その報告のビラも出ていないようだ。
 選挙のときのように、駅前で報告会と称して街頭活動でもやれば、一般市民にぐっとアピールになるはず。
 裁判の会は裁判が決するまで、セミのように地下に潜んでいてはいけない。
 もっと、頻繁に運動の主旨や裁判の途中経過を、声を大にして叫ぶべきだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

今日も散歩を2回

土曜日
 朝から雨模様。
 
 新潟の豪雨は続いていて、市のHPによると実家の付近にも避難勧告が発令された。
 あの辺の信濃川・中ノ口川は、川底が地面より高い典型的な天井川だから、氾濫すると被害は甚大だ。
 実家の近くの避難所は、川から離れた場所にはあるが、標高は高くない。
 新潟平野の真ん中で、殆どまっ平らな土地だ。
 小学生の頃、大雨で「土手が切れる危険がある」と、親父らと堤防を見に行った記憶がある。
 あれから、40年以上経ち、川の状況はだいぶ変わっている。
 農業用水の取水のためにあちこちに堰が築かれ、川砂の採取が禁止され、川の流水容量は減っている。
 信濃川の臼井橋の部分は水没したが、旧堤防の内側だけで済んだようだ。


 110727_稲穂.jpg 午前中いつもの散歩コースに行くと、田んぼ稲穂が顔を見せ始めていた。
 セミの声は、種類が増えた。遊歩道のケヤキに、梨畑のネットに、セミの抜け殻が付いていた。
 梨畑のネットの内側に、アブラゼミがもがいていた。
 昨日読み終えた「風の中のマリア」の影響だろうか、ついついセミや虫をいとおしく思える。
 もがくセミたちを、ネットの外へ。
 7年も土の中でじっと過ごし、子孫を残すために7日間の勝負に地上に出てきたのに、こんなネットの中で終わっては可哀想。

110727_龍光院_新築.jpg 午後、久しぶりに手賀沼の南の龍光院へ行って驚いた。
 本堂の横に、庫裏が新築されていた。
 山門から境内に入って、つい「うわぁ、新しくなったぁ」と大きな声を出してしまった。
 するとそこに奥様がいらして、「昨年の暮、直しました」とにっこりと微笑まれた。110727_手賀沼ハス群生地.jpg
 手賀沼のハス群生地。
 広い。花が咲いているが、ちょっと遠い。110727_夕日.jpg
 夕立を心配していたのだけれど、なんとか天候はもった。
 ちょっと出かけるのが遅かったので、途中で日没になってしまった。
 
 R464沿いに戻る頃には、すっかり暗くなった。
 無灯火の自転車がやってくると、後ろからだと気づかず急に追い越されて怖いし、前から来る時は街灯の逆光になりこれまた怖い。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

悪いニュースが続く

金曜日
 SF作家小松左京氏が亡くなった。
 今朝は、あの日本一速い球を投げた伊良部秀輝が亡くなった。
 朝の時点では、「遺体が見つかった」ということだったが、夜のニュースでは「自殺」。
 見た目と違って、性格的には繊細な人だったらしい。
 ご冥福を祈ります。



 新潟県三条市・加茂市では、集中豪雨で五十嵐川や下条川が、氾濫の危機にあるらしい。
 また、信濃川もあちこちで氾濫危険水位を越えたそうだ。
 五十嵐川は、三条市で信濃川に合流する川で、これまで数年間隔で危機的な状態を繰り返している。
 あの川の上流には、景勝地八木鼻があり、笠堀ダムがある。日本カモシカの生息地でもある。
 中学校の頃、何度も自転車で往復した。
 五十嵐川は、途中よりも信濃川に合流する付近で川幅が狭くなり、そこで氾濫することが幾度と繰り返している。
 大きな被害にならないことを望む。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

本・本

木曜日
 先週から読んでいた小説「無痛」久坂部羊作を、今日で3回読み終えた。
 久坂部氏の作品は、少ない。
 小説は、「廃用身」「破裂」「まず石を投げよ」「無痛」「神の手」の5作品。
 他には、「日本人の死に時」「大学病院のウラは墓場―医学部が患者を殺す」 (幻冬舎新書)。
 「廃用身」を読んだ時は、衝撃的だった。
 新書の「日本人の死に時」は、最終医療の問題を提起したもので、親父のがんの最後と祖父の家の布団の上で静かに逝ったことを思い出させられた。
 「破裂」も、老人医療への問題点を、ちょっと過激に劇化して現したもの。
 今回読んだ「無痛」は、とても後味が悪い。
 厭世観に囚われ刑法三十九条を悪用しようとする身勝手な男の行動は、自分に当てはまる部分がありぞっとする。
 小説の登場人物で、まともな人は3・4人しかない。
 ストーリーは、障害者の問題や、週末医療の問題、猟奇殺人等々盛り沢山で、最後のストーリーをまとめるところが何かはしょったような印象がおしい。

 帰宅途中、五香のかっぱ書店で、百田尚樹さんの「風の中のマリア」の文庫版を見つけて購入。
 エグザスでエアロバイクを踏みながら、半分ほど読んだ。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

何が良くなったのか

水曜日
110726_プラットホームのサイン.jpg 北総線の駅のホームの、ドアの位置を示すサイン。
 こでまで、白い円だったのが、今週初めからこのマークに変わっていた。
 西白井と新鎌ケ谷が同じこのマークだから、おそらく全駅変更されたのだろう。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

金町の花火見物

火曜日

 19時20分から20時までの、短い時間だった。
 でも、濃密な時間だった。
 見事な花火が、次々と空に舞う。

 花火を待つ間、BS−TBSの取材を受けた。
 おそらくボツになっただろう。
 岡村仁美アナウンサーが胸に着けるマイクを持って、花火を待つ人達のコメントをとっていた。
 岡村さんは普段着で、ごく普通のお嬢さんって感じ。
 「私、あなたのファンなんです」と、手を握ろうかと思ったけれど、自重した。
 知的な美人だった。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

終わりと始まり

月曜日
 今住んでいるURの賃貸住宅は、TVの共聴アンテナの電波は、BS対応の頃地元のケーブルテレビ会社から供給を受けている。
 TVのアナログ放送波は、ケーブルテレビ会社が地デジ放送からアナログに変換し再送信されていた。
 昨日の正午に、あの「瞬間」を待ってアナログchで見ていたが、何も変わらず拍子抜け。
 
 これで、アナログTV放送は終わりとなり、TVから時報が聞こえることはなくなった
 
 この再送信がいつまで続くか判らないが、当分の間アナログ受信のビデオは使える。

 中国の高速列車事故への復旧対策は、すばらしい早さだ。
 日本などでは、あんな動きは真似できない。
 事故車両を高架橋の上から叩き落し、穴を掘って埋めて重機でガシガシ砕いてしまう。
 あの素早さ、拘りの無さ。

 記者会見で、政府報道官に詰め寄るメディアの記者たちの姿勢は、あの国に少し明るさを感じた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

心地よい夏

日曜日
110724_001.jpg 冬白鳥のやってくる調整池のほとりには、この木が生えている。
 木の皮が、はらはらと落ち、白い木の肌が艶かしい。

 110724_芦毛.jpg110724_栗毛.jpg 折立橋の袂の馬場には、いつもの通り3頭がいた。
 柵に近づくと、近寄って来る。
 鼻の横を撫でても、嫌がる様子もない。
 刈り取られた草を食べている。柵の外に散らばっている草を口元に近づけると、ばくばくと食べる。
110724_まどろみ.jpg あとの1頭は、うとうとと眠っていた。

 可愛いものだ。

 日が照っているが風が涼しく、それほど暑くはない。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

柏公設卸売市場

土曜日
110723_市場の入口.jpg 数年ぶりに国道16号線を国道6号の北側へ行った。
 以前は頻繁に通った道だったが、TXが開通する頃から通らなくなっていた。
 公設卸売市場は、土曜日で一般向けに開いている店もあった。
 土曜日のせいだろうか、開いている店も少なく、船橋の市場に比べ規模も小さい。
 市場の中の食堂は、数軒あった。お品書きを見ると、それほど安くはない。
 これからBBQでなければ、ご飯を食べてみたかった。
 
110723_本堂.jpg110723_山門.jpg 柏市松ヶ崎の覚王寺に立ち寄った。
 この寺も、震災によって山門の瓦がずれて補修工事中。本堂は損傷がなかったようだ。
 3月の震災後、あちこちの神社仏閣を訪ねたが、本堂の屋根が損傷を被ったところは殆どなかった。
 日本の伝統的な寺社の構造は、地震の多い日本国土に適合し、しなやかで粘り強いのだろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

牛・丑

金曜日
 放射線汚染した稲藁の流通と拡散が、全国規模だったとは驚きだ。
 それを飼料に育った牛も、全国規模で流通している。
 いずれにせよ、その牛は「国産高級黒毛和牛」だろうから、私の口に入ることはないだろう。
 給食にもその国産和牛の肉が使われたそうで、安全と信じて使った国産品が、最も危険なものになってしまったことは、極めて不幸だ。


 昨日は土用の丑の日だった。我が家の晩御飯にも、ウナギの蒲焼が上った。
 土用の丑の日になぜウナギなんだろうか。
 以前から知っていたのは、平賀源内の宣伝が起源という説。
 ちょっと調べると諸説あり、太田蜀山人が同じように鰻屋に頼まれて宣伝用の狂歌を作ったとか、どこかの大名が神田の鰻屋に大量に蒲焼を3日間注文したら「丑の日」の分だけが変質しなかったとか。
 最も驚いたのは、万葉集の大伴家持の和歌に「鰻を食べて健康を保とう」という趣旨のものがあるそうだ。
 どれが本当かは分からないが、エアコンも換気扇もない時代に、炭を熾して焼いていたのだろうから、江戸時代の鰻屋は暑かったに違いない。おそらく真夏には、店で食べる人がめっきり減ったのだろう。
 真夏に売り上げの落ちる鰻屋に頼まれて、いろいろ宣伝したことが発端ではないかと思う。

 天然の魚なら秋冬の寒くなり産卵前が最も脂の乗って美味しい旬だろうが、鰻は今や養殖がほとんどだから旬も何も無かろうか。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

支える

木曜日110717_032.jpg
 北関東方面から小室の新京葉変電電所につながる、超高圧送電線路とそれを支える巨大な鉄塔。4本の電線がセットになった送電線と巨大な碍子が、500KVの超高圧のしるし。

 これが、日々の電力を送り続ける、現代生活の生命線。
 もしこれが倒壊すると、大規模停電が起きる。

 アナログTV放送終了まで、あと3日。
 アナログTV放送を廃止し、デジタル化することで電波の占有帯域を縮め、空いた帯域を携帯電話などの無線通信に使うのが主目的。
 デジタル化するとTVが進化するかのような喧伝をしているが、本来の目的ではないからうそ臭い表現になっている。アナログ放送最後の瞬間は、HDD−Rに録画予約した。
 既に、電子番組表は配信されていなくて、手動で録画予約。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

東京スカイツリーは、現代の五重塔

水曜日

 3.11の震災当時の映像が公開された。
 あの時、上野の浅草通りから見ていて、大きく揺れているのが判った。
 映像を見ていても、あれは恐ろしい。
 皆さん、よくぞご無事でと、敬意を表する。

 構造的に、耐震設計を突き詰めていったら、たまたま日本古来の五重の塔と同じ構造になったらしい。
 昔から地震で壊れた五重塔は皆無だそうで、日本の伝統的な建築技術は素晴らしい。

 それにひきかえ、GEの設計書丸呑みした原発は、あの体たらく。
 
 やはり、『郷に入れば郷に従え』ということか。



 俳優の原田芳雄さんが、お亡くなりになった。
 最初に見た覚えのある映画は、「やさぐれデカ」だった。
 最近では、NHK−TVの「WALEKRS」で、先達の元カメラマンを演じていた。
 先日の映像は、あまりの痩せように愕然とした。
 71歳かぁ。
 また味のある俳優が亡くなってしまった。

 ご冥福をお祈りします。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

もう遅い?

火曜日

 稲藁が問題になっている。
 家畜の飼料として流通し、放射線物質を含んで予想外の放射能汚染源となっている。
 なぜ、全国各地で米を作っているのに、稲藁が全国規模で流通しているのか。
 地産地消が、掛け声だけの証明である。農業の従事者の高齢化に伴う省力化・効率化ばかり追求するから、米の生産現場で大量に生産される稲藁が廃棄されてしまい、必要な稲藁が地場で入手できず、特定地域の藁が全国規模で流通せざるを得ない実態が招いたものである。
 流通の進化は、皮肉にもいろいろな汚染を急速に広範囲に拡散してしまった。
 いまさら対症療法的に放射能汚染を食い止めることは、できないか無駄ではないか。
 いろいろなものに乗って、日本中に拡散してしまったのではないのか。

 朝日新聞は、先週から「原発と国家」というコラムを連載している。
 被爆国であった日本に、原発導入し戦後復興の原動力として尽力した人たちとして、正力松太郎氏についで中曽根康弘氏の功績を紹介している。
 あのメディア操作と政治力が無かったら、福島原発事故など起きなかった。
 世界が目を見張る戦後復興の代償として、僅か半世紀後に人が住める国土を失うことになるかもしれない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

夏の日

月曜日  (祝日:海の日)  7/19 曜日訂正
 110718_asahi.jpg 5時頃、空がふわっと明るくなった。
 この頃は、女子サッカーW杯決勝が、あんな結果になるとは思ってもいなかった。

110718_denen.jpg 桑納川沿いの田んぼ。まさに夏模様。
 風で稲が揺れて、縞模様が見える。
 
 昨日よりも暑い。首に巻いた吸水ポリマー入りネッカチーフは、水を含んだ吸水ポリマーが温かくなって、とても「ひんやり」とは程遠い。
 歩いていくと、風の温度が場所場所で変化する。
 川の近くや、林の近くは、涼しい風。
 
110718_臨時駐車場.jpg 船橋アンデルセン公園近くでは、臨時の駐車場がOPEN。
 アンデルセン公園は、家族連れに大人気で、続々と車がやってくる。
 満車になった第一駐車場から、第2駐車場へまわる車を捕まえようと、呼び込みに余念が無い。
 第2駐車場よりぐっと近いし、料金も同じで良心的。
 
 船橋県民の森では、補虫網を持った親子連れ、のんびり林の中を散策する老人、バーベキュー場で盛り上がる人たち。
 大賑わいだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこジャパン世界一 バンザイ

凄い、粘り強い戦い。
素晴らしい。

澤選手、得点王だ、最優秀選手だ。

3時50分から、ずっと見ていた。はらはら、ドキドキしっぱなし。
後半、先制されても追いつき、延長戦でも先制されて追いついた。
感激!!
posted by 野内 悟 at 06:36| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

ハスを見に行く

日曜日
110717_早朝の神崎川.jpg 7時前はまだ日が低く、神崎川沿いも林の影が川まで延びて、涼しく散歩が楽しめる。
 折立橋の袂の馬場には、3頭の馬が朝食中。
 3頭とちょっと遊んでから、神崎川沿いを下っていくと、河原子橋の先で激しい水音が聞こえる。
 支流から水が落ちる場所の水音と、そこに多くの鯉が群がっている。

 午前9時、目論見どおりの時刻に、結縁寺に到着。
 110717_ハス_結縁寺.jpg110717_ハス_佛法寺.jpg 山門前の池に、ハスが咲いていたはず。
 意外と少ない。花も小さかった。
 佛法寺の前の弁天池のハスは、見事に咲いていた。
 
 結縁寺から佛法寺までの間は、なかなか日影が少なくてちょっときつかった。
 
 途中、水を補給したのは、折立橋袂の自販機と、船穂の東光院、清戸の医王寺。
 東光院と医王寺では、井戸水が頂けた。
 水道水と違って、ちょっと甘みがあって、美味しい水だった。
 井戸水が自由に汲める場所は、これで5箇所ほど手に入れた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

一度唇から発した言葉の重み

土曜日

 菅総理は、先日発した「原発に依存しない、脱原発社会をめざす」としたことを、個人的な意見だと腰を引きおった。
 ちょっと攻撃されたら、すぐに引き下がる程度の覚悟しかなかったの。
 自民党の議員は、特に2世3世の議員に、「脱原発発言」を非難する資格があるのか。
 原発の安全性や核燃料廃棄物処理の道も明確化せずに、原発を推進してきた自民党は現状を招いた首謀者の一部である。

110716_清水口調整池.jpg 夏空が広がる。
 ものすごく暑そうだったが、意外と暑くない。
 風が涼しいから。
110716_訓練中.jpg 折立橋東詰の馬場では、今日もあの馬が乗馬の訓練中。
 馬は、とっても暑そうだ。
 延命寺に行く手前で、電気工事の高所作業車を含む4台の車が止まっていて、作業の準備中。
 作業者の方々は、電柱を見上げていた。そこには、木の枝が延びて電線にちょっと掛かっていた。
 さて、何の作業をするのか。工事表示もまだ出されていないし、あえて聞くことも無いので、そのまま通り過ぎた。
 神々廻のあの犬は、日陰で幸せそうに眠っていたので、そぉーっと通り過ぎた。
110716_佛法寺.jpg
 佛法寺は、ハスの花が咲き始め。

 向かいの弁天池の端にも、ハスが生えている。
 あれも、あと2・3日で花が開きそう。
 この連休のうちに、あの大きな花が咲くかどうか、とっても楽しみだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ロボット

金曜日
 午前中、ビッグサイトへ行った。
 ROBOTEC、次世代ロボット製造技術展をみるため。
 そこで、災害対応ロボットの現状と東日本震災での活動報告とこれからについて、千葉大と東京大のプレゼンを聞いた。
 千葉大は、小型の自律飛行ロボット。
 震災直後の狭いところで、上空から映像を捉え、情報収集することの有用性を訴えていた。
 有人ヘリコプターでは、入っていけない場所でも安全に入り込め被災者の救出に役立つと、若い研究者は希望に満ちていた。
 彼らの研究している直径60cmほどの小さなヘリコプターは、建物の中を静かに飛んで映像と音を捉えることで、怪我をしている人を探し出せるという。
 東大の海洋大気調査研究部は、岩手宮城の震災後の海中を撮影するロボットで、海底探査した成果を報告されたいた。
 意外なことに、震災後の海底は意外なほど瓦礫などが無く、綺麗だという。
 海中を撮影するロボットで、海上からは見えないところを見ることは、まさに「百聞は一見にしかず」といところ。
 震災後の港湾調査は、海上保安庁が人が潜って行方不明者の捜索を行っていたときいた。
 その当時の海水温は、5℃以下。非常に厳しい状況だ。
 このような、危険できつい仕事は、ロボットに置き換えていくべきで、そのために研究しているという。
 まさにその通り。

 彼らの口調は、なぜか残念そうだった。
 海中を撮影していて、人を発見することが多かったそうだ。
 でも、海中で発見しても、それは全て救えない「ご遺体」だからという。
 それを聞いていて、ぐっと胸に来るものがあった。

 この週末も、調査に向かうそうだ。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

ソーラー

木曜日110709_暑い.jpg 1週間ほど真夏の陽射しが照りつけ、暑い日が続く。
 いよいよセミも、朝から鳴くようになった。
 この眩しい陽の光のエネルギーを、電気に熱に使えないものかと思う。
 気象庁のHPでは、統計資料のページから昨日の1時間毎の、全天日射量が掲載されている。
 昨日の12時台は、3.42MJ/u、約0.95kWh/u。これを太陽電池パネルは、効率約12・3%だから、120Whの電力に変換する。
 ざっくり1u1kW、メガソーラーなら1000kWすなわち100m四方。
 実際には地球の自転により太陽高度が変動し、日が傾けば日射量が減り出力がおちるので、倍くらいの面積が必要だろうが、2町歩の田圃に太陽光パネルを敷きつめれば、メガソーラー発電所の出来上がり。
 
 ソフトバンクの孫社長は、抜け目無い。
 テストプラントと称して、各社から格安で太陽光発電設備を手に入れる魂胆だろう。また菅総理が再生可能エネルギー推進の声を上げており、この機に乗じて政府からも資金援助も分捕るつもりだろう。
 メガソーラーなら、既に国内では東芝やシャープが自社工場に設置済みだから、いまさらデータを取る必要など無い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

夏の使者も揃ったし・・

水曜日110709_バッタ.jpg 今月に入ってから、神崎川沿いでバッタの姿を見る。
 日曜日からは、セミの声も聞こえてきた。
 セミは一夏しか地上にいないが、バッタは何年くらい生きるのだろう。
 どうやって、冬を越えてくるのだろう。
 子供の頃は、そんなことには思いも至らず、「捕まえて標本にしよう」としか考えなかった。
 こんな基本的なことに、50を過ぎてやっと気が付く。

 なんとも鈍かったと思う。
 たいした意味も無く、沢山の虫達の命を奪ってきたんだなぁ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

報道は、より詳細に

火曜日
 日本テレビは、昨夜からニュース番組で「電気は貯めて使う時代に」と、訴えている。
 その中で、川崎市の取り組みをとりあげ、黒くて大きなサイドキャビネットのような、蓄電設備導入を伝えた。
 「当初は、計画停電対応で導入し、今は節電に役立てている。」と、市の担当者のコメントを流した。
 あのエリーパワー株式会社の蓄電設備、POWER YIILEは、リースだそうだ。
 リチウムイオン電池を内蔵し、出力1kW容量2kWh、重量65kg。
 確か、市販価格は1台252万円。
 ニュース映像の中で、市のデスクにはノートパソコンが載っている。ノートパソコンなら計画停電になっても、バッテリーを抱いているから3時間位は余裕で稼働する。
 あのPOWER YIILEには、何が接続されているのか。
 重いPOWER YIILEは、キャスターの固定策も講じられていない。これで大きな地震が来ると、65kgの電池の塊が床を走り回るだろう。凶器を放置しているようなものだ。
 節電になっているというが、リース料金と節電効果の損益はどうなのか。
 なぜ、リースなのか。実はとても投資額が高くて、民間では到底使えないものなのか。
 川崎市のしていることは、実は全くの無駄ではないか。

 そこまで追求するのが、報道の役割ではないのかと思った次第。
 日本テレビは、甘い。 
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

人懐っこい馬

月曜日

110710_お茶目.jpg 昨日の朝の、折立橋東詰めの馬場。
 面白い馬だ。 
 柵の近くに行ったら、向こう側から近づいてきた。もう少しで、レンズを舐められるところだった。
 よく慣れていて、鼻の横面を撫でても平気。 


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

太陽光線

日曜日
110710_手賀沼.jpg110710_ひまわり.jpg 今日は手賀沼へ。
 ひまわりは、活き活きと咲いている。
 朝も7時半頃になると、陽射しが痛い。
 本当に雲ひとつ無い、強烈な晴天。 これでは、午後歩きまわるのは、少々危険を覚える。
 手賀川沿いから、川を渡ってくる風がつめたくて、心地よい。
 手賀沼の我孫子側の遊歩道は、ところどころ木陰がある。
 木陰に入ると、水面を渡ってくる冷たい風とあいまって、とても快適。

110710_はす.jpg 手賀沼の水生植物園の隅っこに、花ハスが植えられていた。
 今日の目的は、このハスの花。
 このはすは、「藕糸蓮(ぐんしれん)」という名の花ハスで、土浦の八島八郎という方が、品種改良によって、作り上げた品種だそうな。
 この蓮は、茎の部分から繊維が採取でき、織物に利用できるという意味から「藕糸」と名づけたもの。

 花が少々小さく、沼の向かい側に大規模に咲くハスのほうが、見た面は美しいと思う。
  
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

散歩2回

土曜日
110709_水蓮.jpg そろそろ水蓮の花が咲く。
 毎年水蓮の咲く、田んぼの隣の池。
 午前中の散歩の際、行ってみたら見事に咲いていた。
 それにしても暑い。110709_馬場.jpg 折立の来迎寺に寄ってから林の中の道で涼んでから、折立橋の旧梨ブランデー工場跡の馬場に行ってみた。
 乗馬の練習の最中だった。
 この男の人に聞いてみたら、白井乗馬クラブとは無関係だそうだ。
 元工場の裏に、ちゃんと厩舎もあった。

 午後は、TBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」が聴きたくて、コナミスポーツクラブへは行かず、散歩に出かけた。
 散歩中にゆっくり聴きたかったから。
 ラジオ番組のゲストは、小林章太郎氏。8年ぶりに声を聴いた。
 まだお元気なようで、安心した。
 110709_D51385.jpg 大町公園が5時閉園だったとは、残念だった。
 鎌ケ谷市制記念公園で、D51を見て休憩。

 今日は、梅雨明けだったそうだ。
 どおりで暑かった筈だ。
 散歩中、午前・午後とも、ペットボトルを3本ずつ飲んだ。
 これから暫らく、30分毎に水分補給が必要になりそうだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

白井市のホームページ

金曜日

 白井市のホームページに、市内の放射線量計測結果が公開されている。
 大気中の放射線量について、毎週月曜から木曜、一日5ヶ所ずつ計測されている。
 一地点は、1週間毎の計測。
 計測結果は、数表がPDF形式で公開されている。
 計測場所を左端の列に、隣に・計測値・計測日が記載されている。
 一日5ヶ所計測だから、5行で一日分になっている。

 とても見辛い。分かり易く伝えようという意志が全く感じられない。もっと工夫が出来ないものか。会社でこんな資料でプレゼンしたら、だれも見てくれない。
 各地点毎の傾向も、上限値に対してどの程度なのか、時間経過による傾向がどうなのか、こんな数表ではまったく伝わらない。
 縦軸に計測値、横軸に日付をとって、各地点の計測データを折れ線グラフで、上限値を赤い線でプロットすれば、ぱっと見て判るのに。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

アナログ残日数表示 デカ過ぎ

木曜日

 NHKの連ドラ「おひさま」の毎日の放送は、NHKのBS放送をアナログのHDDレコーダーで録画して見ている。
 今週に入ってから、画面左下に「アナログ残日数」が表示されるようになった。
 が NHKのBS放送のそれは、大きすぎる。
 画面の約1/6ほども占めている。
 うっとうしいこと夥しい。こういうのを、「いやがらせ」っていうんじゃないか。
 あまりにひどいから、録画対象をNHK総合に変更した。
 BSより地上波アナログのほうが、表示が小さいからだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

いろんなこと

水曜日
110703_031.jpg 今朝は、朝焼けが綺麗だった。
 日曜日は、京成バラ園を素通りしたが、またじっくりと行って見たい。
 
 もう春のバラの花は終わりだろうか。
 バラの花は、春と秋。
 
 秋のバラの花の季節は、逃したくないなぁ。



 帰宅したらTVは、愚にも付かないバラエティが選局されている。どうして、こんなアホ馬鹿番組ばかり見るのだろう。
 TV局は、最近同じようなアホ馬鹿番組の、長時間版がやたらと多い。
 一般大衆から考える力を奪うように、政府から指導でも受けているのか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

可愛い蝶

火曜日
110702_蝶.jpg 体長約15mmくらい。
 ちっちゃい蝶。
 その中でも、10mmくらいの小さい、ムラサキシジミと同等の大きさのもいる。
 この小ささで、冬を越えているのかと思うと、たいしたものだと思う。
 ううむ、健気じゃ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

イガイガになる?

月曜日110702_栗.jpg そろそろ栗の花が落ち始めた。
 花が落ち始めた栗の木を近づいてみると、長かった花の落ちた根元に、小さい丸いものが出来ている。
 どうやらこれが、栗のイガになるようだ。


 松本復興担当大臣が、「放言」騒動を起こした。
 あの方は、7月2日に「被災地へ御用聞きに行きます」と語っていた。
 それなのに、宮城の村井県知事には「ワシは客だ」という主旨の発言。
 自衛隊を引き合いに出し「長幼の序」などとほざいた。
 村井知事も発言されているが、国と地方自治体間に主従関係はない。御用聞きに来たものが、客なのか。訪問した客は、応接間に通されて主人がを来るの待つのが当たり前だ。
 自衛隊は、年功序列ではなく、明快な階級社会である。
 どうもこの松本大臣は、問題発言を連発して、早く復興担当大臣の任から逃れたいのではないか。また、任命責任を問わせて、菅総理を辞任に早々に追い込みたい、確信犯ではないかと思ってしまう。

 タイの次期首相、インラック氏は、美人だなぁ。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

見つけた

日曜日

110703_歩道.jpg110703_バラ園入り口.jpg坪井公園から八千代緑ヶ丘駅前へ、妙な道を通り抜ける。
 新興住宅地の道は、妙に閉鎖的で通り抜ける道が限られている。
 八千代緑ヶ丘の駅から京葉線の高架下に、京成バラ園へ真っ直ぐ行ける歩道が出来ていた。
 昨年京成バラ園に来たときは、この道が無くて大きく遠回りをした。
 これで、京成バラ園に、ぐぐっと来やすくなった。
 今日は時間が無いから、入り口の前を素通りする。
 工業団地を通り抜け、桑納川への近道を降りたところで、ウォーキングスタイルの老人二人に遭遇。
 互いに「なんでこんな道を知っているんだ」と、怪訝そうな表情になってしまったのが可笑しい。

110703_蛇.jpg110703_蛇の顔.jpg 桑納川を渡って、睦小へ登る道の歩道に、このシマヘビがへたばっていた。
 生きてはいるようだ。延ばすと、体長は1mほどはある。
 この辺の竹薮に普段は居るのだろうが、なんでこんなところに居るのだ。
 ぐずぐずしてると、自転車に弾かれてしまう。

 腕と顔が、日焼けで痛い。   放射能焼けも含んでいるかな。



 9時から、NHKスペシャルを見る。
 ベラルーシの放射線対策が紹介されていた。こんなことは、国会議員は知っている筈。
 なのに、日本の政府・議会は、なんもしていない。もしかして、国会議員はあの高い報酬を貰っていながら、NHKが放送できるような内容を知らなかった訳ではあるまいな。
 世界で唯一つ、核兵器攻撃を受けた国なのに、この鈍感さと緩慢さはいったい何なのか。 
 国会議員は、被災地域の住民の声もろくに聞かず、放射線汚染の対策の実態について先例に学ばず、いったい何をして震災後120日間を過ごしてきたのか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

夏の役者がもう一人きた

土曜日

 電力制限令が発令され、今日から暫らく土日勤務の事業所も始まる。
 親が土日勤務になると、学校へ通う子供達はいい迷惑だろう。
 電力制限令は、契約電力500kW以上の需要家にたいして、7月1日〜9月22日(平日)の9時から20時の間(東京電力管内)、使用電力を昨年の最大使用電力の15%削減値に抑制しなさいというもの。
 どうも、TBSの朝ズバを見ていても、この最大使用電力のこどがはっきり云われていないように思う。
 電力と電力量の違い、TVのコメンテーターの皆さん、ちゃんと判っているかな。
 
 昨日、右足を痛めてしまったので、散歩を休んで洗車ついでに涼んでこよう。
 と思ったが、意外と車が汚れていない。昨日の雨が強くて、汚れを流してくれたようだ。
 
 110702_教練.jpg 意外と涼しいので予定を変えて、お気に入り神崎川コースへ、右足を労わってスローなペースで歩き出す。
 折立橋東詰めの馬場には、いつもの3頭の他に奥のほうでぐるぐる周っている1頭がいた。
 リードの中心には、調教師がいてコントロールしている。
 曲率半径が短いから、速く細かく曲がっている。
 いつもの3頭は、かいば桶に鼻を突っ込んで食べることに集中。

110702_トンボ1.jpg110702_トンボ2.jpg 神崎川沿いは、急にトンボが増えた。
 この数日の暑さで、一挙に羽化したのかな。
 トンボがいる付近は、蝶が少ない。
 トンボの口を見ると判るが、トンボは肉食。
 
 あと夏の使者といえば、残るはセミだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする