2011年11月30日

そろそろ冬か

水曜日                 白井市平塚の延命寺観音堂(県指定文化財)111127_延命寺.jpg
 延命寺は、観音堂の裏手で落ち葉焚き。
 煙がたなびいていた。
 落ち葉焚きは、冬の景色。

 そろそろ、山茶花が咲き始めた。

 山茶花、落ち葉焚き、木枯らし・・・ 今日で11月も終わり。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

飛行機が好き

火曜日
 朝6時過ぎ、家を出ると海自下総基地から、P3Cのアイドルアップの音が響いていた。
 6時22分頃、エンジン音が一際高まったかと思うと、すうーっと音は遠ざかって行った。
 さて、何処へ向かって飛び立って行ったのか。

111129_大利根飛行場1.jpg111129_大利根飛行場2.jpg 土曜日に利根川沿いを歩き、若草大橋で茨城県側へ渡った理由は、この大利根飛行場を見に行くためだった。
 飛行機を見るのが、大好きだ。
 大利根飛行場は、頻繁に軽飛行機が離発着する。
 600mそこそこの滑走路。
 河川敷だから、大雨の後は水没する。
 111129_離陸.jpg
 軽量のモーターグライダーは、100mも滑走すれば、もう機体が浮いている。
 セスナでも、2・300mそこそこ。

 見ていて飽きない。
 この日も、30分位は見とれていた。

 3次元行動ができるモノは、憧れだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

道路整備を切望する

月曜日
 111126_長豊橋の路面.jpg 利根川に架かり千葉県と茨城県を結ぶ国道408号線の橋、長豊橋を歩いて渡っているところ。
 この通り、路側帯の白線が引かれているが、こんな幅では人も自転車も恐ろしくて通れたものではない。
 このトラックは、歩く私を避けるため、センターラインを越えている。
 この長豊橋を避けるには、8km上流の若草大橋か6km下流の常総大橋へ迂回するしかない。
 歩いて渡れない、自転車で通れない、そんな橋でいいわけが無い。
 埼玉県の元荒川の橋には、ちゃんと自転車・歩道用の橋が整備されていた。
 橋の管理者は、国か、茨城県か、千葉県か。111127_カンナ街道.jpg
 右は、白井市内のカンナ街道。
 手賀沼のサイクリングロードと周回するために、サイクリストが多く行き来する。
 最近、道路の白線の引き直しが、ずっとないがしろにされ、センターラインも消えている。
 路側帯を示す白線など、どこへやら。
 予算削減も結構だが、道路の往来に必要な安全整備は、省くべきでは無かろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

市内を巡る

日曜日
 今日は、半日で市内を1周しようと目論んだ。
 JRA競馬学校から木下街道を渡り、二重川沿いに出て鎌ヶ谷市の境まで南下して折り返す。
 111127_西輪寺.jpg 大山口から金山落し沿いを辿って、冨塚の西輪寺へ。
 公孫樹が、見事に黄色く色づいている。111127_圓林寺.jpg 思いついて、柏市(旧沼南町)金山の圓林寺へ。
 昨年、公孫樹と紅葉が美しかった。
 ちょっと時期を逸したか。
 寺の石段の手前の道で、落ち葉焚きの煙。
 ほっとする。

 金山落しの桜を見ながら、平塚の延命寺を訪ね、白井聖地公園を通り抜け、桜台へ。
 時刻は10時半。ここから八千代市との境界の神崎川へ出る余裕はないと判断し、清戸の薬王寺から船橋市小室公園へ。
 南山の豆蔵さんに寄ってから、清水口の調整池へ。
111127_SWAN.jpg 昼過ぎ、白鳥は池の中央部に。
 2羽仲良く池に浮かんでいる。
 
 白井市を1周しようとしたが、半日では少々無理だった。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

利根川堤と橋

土曜日
 111126_県道409.jpg 利根川の右岸、栄橋から下流の木下付近にあった。
 「県道409佐原我孫子自転車道線」。書店に並ぶ「千葉埼玉自転車ハイキングマップ」には、このルートは掲載されていない。何故かは、直に分かった。舗装の幅は、1.2m程。路面もあまり平滑ではない。
 ほとんど直線。堤防の上で、周囲にコンビニや自販機が殆ど見当たらず、水分補給が困難。
 さらに、4kmも行くと、舗装が途切れて砂利道に。これでは、勧められない。
111126_若草大橋.jpg 砂利道になった堤の上の道を1km少々歩くと、若草大橋に。
 ここを渡って、茨城県へ。立派に広い歩道がある。
 約600mもある橋を渡るが、さっぱり車が通らない。通行料普通車¥200の有料道路だからだ。
 しかも橋の両側は、主要な道路と繋がっていない。

 橋を渡り切って、正午。そろそろ腹も減ってきた。ところが、なかなかコンビニも見つからない。
 大利根飛行場で、軽飛行機の離発着を何機が眺めているうち、午後1時を回った。
 111126_長豊橋.jpg 利根川の左岸に登って、下流の長豊橋へ。
 橋の北詰の7・11でサンドイッチを食べながら橋のほうを眺めていると、不安になった。
 果たして、あの橋には歩道があるのだろうか。
 昭和43年に掛けられた橋に、歩道が無かった。路側帯も30cmしかない。
 橋の管理者は、人が歩くことなど想定していないのか。
 大型トラックがすれ違う時、橋の欄干と車との間は30cmしか残らない。
 決死の思いで渡った。

 111126_龍正院仁王門.jpg 滑川観音の仁王門。
 茅葺の仁王門は、珍しい。
 中に、木彫りの仁王が睨みをきかせていた。
 龍正院の木々を見て、ほっとしていると、次第に日が傾いてきた。
 壇林寺によって、下総民俗資料館の下を歩く。もう1時間早く出発していれば、ここに立ち寄ることも出来たのに、残念。
 
 滑河の駅前は、本当に何もない。
 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

基本が・・・

金曜日111123_紅葉.jpg 昨夜の報道ステーションは、自転車の通行について。
 宇都宮市の取り組みは、なるほどと思えるもの。
 でも、自転車の利用者の絶対数が、桁違いに多い都内とは事情が違う。
 数年前に自転車の「歩道通行可」としたことが、間違いの始まりではないか。
 交通法規に関する教育は、全くもって不十分。
 歩行者も自転車利用者も、無法状態といえる状況。
 散歩中、反対側を歩く歩行者を、ものすごく多く目にする。正面からぶつかりそうになること、しばしば。

 「車は左、人は右」。

 これが基本のはずが、いい大人がロクに守らない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

人名

木曜日
 立川談志氏、死去。
 師の遺言による新聞の見出しは、「談志が死んだ」。
 上から読んでも下から読んでも、「ダンシガシンダ」。
 みのもんた氏は、ちょっとトボケて「竹やぶ燃えた」とつぶやいた。ほんとは「竹やぶ焼けた」なのだが、若い女子アナ達は誰も突っ込んでくれなかった。

 TBS−TV朝4時45分からのニュースバードで、女子アナウンサーは「タチカワ」と繰り返していたが、正しくは「タテカワ」である。

 日本の人名は、難しい。
 最近の子供の名前は、ほとほと困るほど、難解な読みが多い。まるでクイズ。
 先日転落した車の中で、犬と一緒にいて助かった3歳の女の子は、澄海と書いて「スカイ」だった。
 こんな命名が増えると、人名は漢字禁止かひらがな・かたかなを「指導」されるようになるのではあるまいか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

やっと来た

水曜日 (祝日:勤労感謝の日)
 今日は、お休み。
111123_Swan.jpg 調整池に、また白鳥が来ていた。
 白鳥の会によると、18日(金)にやってきたらしい。
 昼前に見たときも、池にいた。この2羽は、ずっと居てくれるかな。
111123_安養院.jpg 桑橋の安養院は、イチョウがちょうどいい色合い。
 米本の長福寺のイチョウは、とっくに葉が落ち切って、丸裸だった。
 新川沿いを歩くと、12月4日にロードレース開催の看板が、あちこちに立っていた。
 この新川のサイクリングコースは、歩く人も自転車の人も殆どが単独か2人。
 手賀沼が、団体が多いのとは、対照的だ。
 それゆえ混雑もなく、狭いコースでも不都合が無い。111123_新川の桜.jpg
 新川沿いの桜。
 道の駅八千代の近く、この季節にここの桜は花を咲かせている。

 なかなかいいものだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

北総線の人情

火曜日
 今夜、帰宅途中に新鎌ヶ谷駅で下車して、AEON鎌ヶ谷でちょっとぶらぶらしてから、帰宅した。
 新鎌ヶ谷駅に行き、ホームにエレベーター(世界のOTISの油圧エレベーター)で登ると、なんと印旛日本医大行の電車がホームに待機。
 この時間に電車は無いはずなのに、おかしいなとぶつぶつ言いながらポケット時刻表を見ていると、近くの席に座っていた老紳士が教えてくれた。
 「遅れているんです」
 ちょっと、密やかな声で、囁くように。

 ちょっと嬉しくなった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

道路のつくりが追い付いていない

月曜日
 今朝の読売新聞3面は、自転車の交通対策に関すること。
 基本的に、「自転車は軽車両で、道路の左側路側帯を走行する」ことが、ルールだった。
 途中で、「自転車は歩道を走っても良い」としたあたりから、問題の芽が生まれて生きた。
 なんとか、また警察庁は「自転車は車道の左端」を基本とし、歩道を走れるのは13歳未満の子供と70歳以上の老人と身体障害者に限定することを、徹底したいようだ。
 
 千葉県などを歩いていて気づくのは、歩道はおろか路側帯すらない道路が非常に多い。
 法律や原則論を振りかざしても、それを守れる環境が整わなければ、だれもそれに従えない。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

試し乗り

日曜日
 今日はさる団体のイベントの手伝いで、茨城県南部へ。
 会場との行き帰りに、昨日交換したタイヤの感じを試す。
 あまりグリップは高くない。
 タイヤの踏面は、柔らかい感じ。乗り心地は、少し柔らかくなった。
 高速道路は乗っていないので、時速100km位までしか試せないが、タイヤに変なブレもなく真円度も高そうだ。
 行き帰りとも雨で路面が濡れており、まだよく判らない。
 過去30年間に所有した車は、操縦性・制動力・高速旋回を試していた。最高速度は高速道路で、道路脇のキロポスト標示とクロノグラフで簡易計測をした。
 今の車とタイヤとも、試してみたい。
 
 ミシュランタイヤだがよく見たら、made in ITALYと表示されていた。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

雨の休日

土曜日
 雨のため、散歩はやめた。
 一昨日ビッグサイトへ行くとき、最初に買ったデジカメCANONのA40を持って行った。
 カメラの記録媒体は、CFカード。
 木曜日帰宅後、デジカメをUSBケーブルで接続。ところが、2004年1月に購入したデジカメはドラバーが見つからず、画像ファイルが取り込めなかった。

111117_お台場の夕日.jpg 今朝、Webでデバイスドライバーを探すが、Win7に適合するドライバーは提供されていない。
 昔買ったカードリーダーを接続するが、CFカードは開けない。
 最後の手段、一旦退役させたVAIOを起動して、A40を接続してファイルを取り込み新VAIOへファイルを転送し取り込みを済ませた。
 あらためて、古いデジカメの画像を見るが、2Mピクセルながら画像はなかなかたいしたもの。
 会社にあった12Mピクセルのコンパクト機の画像と見比べても、遜色ないどころかむしろ優れている部分もある。
 画像のノイズが少ない、色の再現性が自然。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

電車内の様子の変化

金曜日
111117_朝.jpg 最近、朝の通勤時に新聞を読む人が減っている。
 昨年くらいまでは、日経新聞を読む人が多かったので、それの裏の見出しを読んでいい情報収集源になっていた。
 夕方は夕刊フジやゲンダイなどのタブロイド紙を読む人、これまた珍しくなった。
 新聞の電子版は、日経・朝日が有料サービスを行っていて、スマートホンなら十分読める。
 新聞を広げて読むより、スマートホンの方が読みやすいから、新聞を持つ人が減ったのだろうか。

 読売・朝日などの一般紙を読む人も、稀にいる。
 
 昨日、朝日新聞を読む人がいたので、ちら見をすると気になる記事。「NTTがダイヤルQ2、2014年に終了」。こんな記事、読売新聞には見当たらなかった。
 読売と朝日は、記事の違いが大きい。

 でも、文庫本など本を読む人は、あまり変わっていないように見える。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

食べる花

木曜日
111112_皇帝ダリア.jpg ようやく、11月らしい気温に近づいた。
 民放が早朝通販番組をダラダラ流すのは、うんざりだ。ついTVのchは、NHKへ。
 右の写真の花の名は、「皇帝ダリア」という。今朝5時15分頃のNHK総合TVで知った。
 歩きながら見ていて、「フヨウかクレマチスにちょっと似てるけど、なんだろな」と思っていた。

 さて、最近歩くと、菊の花が目につく。
 ついつい、食べてみたくなり、火曜日は朝からなぜか、「菊のひたしが食べたい」と頭の中で渦巻いていた。
 帰宅途中、松戸駅でちょっと迷った。西口のな兵衛なら、新潟の郷土料理店だ、あるはず。
 でも、菊のひたしと銚子1本てのも何だなと思い、自宅最寄の駅前スーパーに寄って菊の花があったら、買って帰ろうと思い新京成へ。
 でも、駅前のスーパーには、食用菊は無かった。がっかり。
 菊の花を食べるのは、岩手北部・青森南部・秋田・山形・新潟と、昔の北前船の交易圏。
 東京・千葉などでは、店においても商売にならないんだろう。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

程よい負け方

火曜日
 昨日のサッカーは、北朝鮮に敗れた。
 相手国の国歌をブーイングでかき消すとは、なんとも無礼な国だ。
 それにしても、綺麗なピッチのサッカー場。

 まぁ予選通過が決まっている日本は、負けてよかったのではないか。
 もしあそこで勝っていたら、チームもサポーターも、無事に出国出来なかったのでは。

 相手の国や選手たちを思えば、いい負け方だったのでしょう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

請願不採択は、情けない

火曜日
白井市議会だよりで、次の請願が不採択となった。
「白井運動公園陸上競技場の第3種公認継続に関わる請願」
 白井市営の運動公園の陸上競技場は、目にも鮮やかなブルートラックを採用。
 日本陸上競技連盟公認の陸上競技場には、第一種から第五種までの区分があり、3種では加盟団体等の対抗競技会に使用できる。
 施設用器具委員会における審査を行い公認の可否を決定する。公認の有効期間は第一種から第四種では五年。
 千葉県内では、市営の三種公認陸上競技場は、8箇所しかない。
 近隣では、印西市の松山下の陸上競技場、松戸市、船橋市、佐倉市に、三種公認がある。
 白井市の競技場が三種公認を失うと、いろいろな団体の競技が離れて行くことは間違いない。
 記録会や競技会は、その会場が公認競技場か否かで、主催しても参加者のモチュベーションが異なる。
 3種公認を更新しないということは、健康文化都市を宣言した市として、そのシンボルを失うようなものだ。
 白井市は、「安心で健康なまち」を目指しているのに、この請願を不採択とした議員たちは、公認の重要さを判っていない。
 とても残念である。


111113_大町公園のバラ2.jpg バラの花は、春と秋に咲く。
 今、秋のバラの季節。
 日曜日、市川市の大町自然公園のバラ園は、見頃だった。
 近隣では、谷津のバラ園、八千代の京成バラ園が、有名どころ。
 あと、ちょっとした所で、新京成線の常盤平駅から八柱駅の線路沿い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

散歩の楽しみ

月曜日111113_CAT.jpg 昨日あるいた時、松戸病院の東側からの石段にいた猫。
 この猫の後に付いて石段を登ったら、狭い道が続いてまた階段を下りると、武蔵野線の高架が見えた。
 松戸病院の周囲の湿地を囲む丘には、石段があちこちにあった。
 昨年この周囲を歩いた時は、ここを登る選択は無かった。
 このような、新しい道を見つけることは、とても嬉しい。

 市川五中の先の坂を下ったら、元市川北高校に出た。
 その校舎は、工事中だった。
 ただ、その工事も解体ではなく、改築工事のようだった。
 印旛高校の解体工事とは、一体何が異なるのだろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

大町自然公園と市川霊園

日曜日
 大町自然公園と市川霊園の、イチョウを見に出かけた。
 コースは、11/26(土)開催予定の「第34回新京成沿線健康ハイキング」のコースを、参考にさせていただいた。
 市川市万葉植物園に近づくと、コマ地図をもった小学生がうろうろしていた。ウォークラリーでもやっているらしい。
 万葉植物園は、まだ紅葉している木もほとんどなく、今日は見るものが無かった。
 111114_霊園のイチョウ.jpg 市川霊園のイチョウは、霊園の入り口からの上り坂の並木は、ちょっと無様に剪定されてしまって、見るに堪えない。

 でも、霊園の奥のほうの木々が、綺麗に色づいていた。
111114_モミジ.jpg 霊園を出て道を渡り、大町自然公園に入ると、モミジの赤が見事だ。

 公園内のバラ園が、ちょうど見頃。111114_大町公園のバラ.jpg 種類は多くはないが、見事な咲き具合。
 ゆっくりしていたかったが、いささか園内が騒々しかった。

 コース通りに歩くなら、くぬぎ山駅に行くところだけど、新鎌ヶ谷駅へ行った。

 今回のコースでは、東松戸病院の東側から市川大野駅に抜ける道は、よくぞ見つけたものと感心した。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

手賀川から木下河岸へ

土曜日
 111120_手賀川.jpg 手賀沼の東端の手賀曙橋から利根川までの手賀川の左岸を歩き、我孫子市側から印西市木下河岸を目指す。
 川沿いのサイクリングロードに建つ、このキロ表示。0km地点はどこか。
 サイクリングロードは、幅2m程もあるだろうか。
 サイクリストたちは、両方向からやってくる。手賀曙橋から浅間橋で折り返すと、川沿いで周回出来る。
 手賀沼のサイクリングロードと違うのは、歩く人がとても少ないこと。
111120_水門.jpg さて、0kmポストは見つけられなかった。おそらく、成田線の鉄橋の先の国土交通省の北千葉排水機場の水門だと思われる。

 印西市中央公民館の掲示板を見て、木下駅を経由して木下河岸と吉岡家の土蔵を利用した「吉岡まちかど博物館」を目指す。
 木下の街並みは、昭和の香りが漂う。
 蕎麦屋の「柏屋」さんは、その建物の佇まいが素晴らしい。
 店の外観だけで、いかにも美味しい蕎麦が頂けそうだ。
111120_山根山.jpg 以前我孫子線の車内から、ちらりと見えたお堂を訪ねてみた。
 山根山正寶院。
 なんと、狛犬や石塔などがあるが、お堂が無い。
 狛犬の後ろに建てられた標示板に、「平成21年5月25日零時不審火によって、すべて焼失しました」。
 なんと残念なことだろう。
 旧道を進み、三叉路の信号手前に、目指す土蔵があった。
111120_吉岡家土蔵.jpg111120_水天宮.jpg この土蔵が、10月30日に補修工事を終えた、吉岡まちかど博物館。
 管理している方のご好意で、中を自由に見せていただけた。
 2階にも登った。
 階段は、昔の家なら当たり前の急な傾斜。
 我孫子線沿いには、水天宮がひっそりと鎮座。
 ここの石燈籠は、貝塚の化石を使って作られている。

 木下の吉岡家の栄華を偲ばせる。

 我孫子線の踏切を越え、丘の小路を登っていくと、元「印旛高校」の門に出る。
 印旛高校は、その名を印旛明誠高校と変え、ニュータウンのジョイフル本田近くの、印西市草深に移転した。
 甲子園に出場した名門高校の校舎は、なんと解体工事中だった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

雨の休日

金曜日 (通院のため、休みをとる)
 朝、国府台病院へ行くため、北総線に乗る。
 細かい雨が降る。
 吐く息が白い。11月も中旬だから、これくらいの気温が普通。
 長袖のトレーナーが、ちょうど良い。

 特急の羽田行は、矢切には停まらない。新鎌ヶ谷で次にくる各駅停車に乗り換える。磁気式定期券は新鎌ヶ谷まで、PASMOを使うために一旦新鎌ヶ谷の改札を出て入り直した。
 考えてみたら、もっと早く出発して、金町から高砂経由で矢切に来るルートもあった。

 矢切駅から国府台病院まで、じゅんさい池を通って歩く。
 池のほとりに、淡い桜色の花が咲いている木があった。たしか春に来た時も咲いていた。
 おそらくコブシ桜だろう。

111103_ワライカワセミ.jpg 午後、久しぶりに平日のフィットネスクラブに。
 平日昼間は、本当に『老人憩いの家』状態。かく云う私も、傍目には髪も白いし、十分『老人』だ。
 午後6時を過ぎると、現役世代が続々とやって来て、ジムの雰囲気が変わっていく。
 
 老人たちは、ウェイトマシンやダンベルなどの使い方が、独特である。
 テニスラケットを振るように、3kgダンベルを振り回す。レッグカールのマシンで、足を小刻みに動かす。
 どう見ても、無意味な動き。どの部位を強化するような意味はなく、自己満足で時間をつぶしているとしか思えない。
 彼らの年代になれば、体を動かすことが目的になっているのだ。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

いろいろ

木曜日SA3D0007.jpg 昨日の朝に乗った新京成電鉄8900系の車両。
 座席の中央に、パイプが追加されていた。
 新京成の車両で、座席の中ほどにこのようなパイプが配置されているのは、N800系の車両だけだったはず。
 このパイプがあると、乗客は左右に4人ずつ分かれて着席することになる。
 最近の新車両には、多い。
 新京成も、車両を改修して、追加したのだろう。

 午後、東京ビッグサイトのロボット展に行った。20111110_ロボット展.jpg
 歯科臨床実習用ヒト型患者ロボットシミュレータや、リアルな表情を持つヒューマノイド型のロボットは、いささか不気味だ。

 会場の一番隅っこに、トランスフォーマーのモデルが置いてあった。
 これで、高さ2mほど。
 人型ロボットの人間もどきの形態より、こっちのほうがロボットらしくて、安心して見ていられる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

江戸川大

水曜日
111105_江戸川大.jpg 流山市駒木の江戸川大。
 入り口には、「関係者以外の立ち入りはご遠慮ください」と掲示されていたけれど、近所の親子連れが構内で遊んでいたので、つい入ってみた。
 私がカメラを提げているのを見て、若い母親がこう声をかけてくれた。
 『向こうに冬桜が咲いてますよ』
 
 見た目1眼レフ並みのデジカメは、こんないいこともある。

111105_なんの花?.jpg 江戸川大の近くの畑で見た花。
 形はトランペットのようだが、こんな色のものは初めて見た。


 オリンパスが、大変なことになっている。
 あの会社は、世界で初めて胃カメラを製品化し、その物語は先月TVドラマ化されたばかり。
 コンパクトな一眼レフOM−1、デジカメはキャメディアが、すぐに思い浮かぶ。
 
 自民党の茂木政調会長が衆議院予算委員会で、法務省の衛星携帯電話購入費を「最新のスマートホンでも4万6000円だ」と予算額が高すぎると指摘したそうだ。
 KDDIの衛星携帯電話は、携帯電話機型本体が約25万円、据え置きの箱型で約35万円。
 法務省の申請した「電池パック込1台34万6500円は、妥当な金額だ。
 茂木政調会長が「予算が高すぎる」というからには、「私が調達すればスマートホン以下の予算で購入出来る」という自信があるのだろう。
 ご立派である、法務省もお任せすればよろしかろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

流山の赤城神社

火曜日
111105_流山市_赤城神社.jpg 流山市のほぼ中央にある、赤城神社。
 新撰組に縁のある、光明院や流山寺のすぐ近くにある。
 市内の道標に従って歩くと、迷わずにたどり着く。
 まず驚いたのが、この巨大なしめ縄。直径60cmほどもある1本の縄3本をよって作られていて、全体で1.5mほどの太さ。
 しめ縄を吊るすのは、専用の鉄でできた櫓。鳥居はその奥になる。
 神社は鳥居の奥の石段を登った、小高い山の上になる。
 
 なんで赤城神社か、この神社には昔、上州赤城山の土あるいはお札が流れ着いたという伝説があるそうだ。
 また、それが「流山」の地名の由来。

 先日突然お亡くなりになった鳴戸親方の鳴戸部屋は、松戸市馬橋駅から21世紀の森と広場への道の途中にある。
 ご冥福をお祈り申し上げます。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

西福寺の公孫樹

月曜日
111106_西福寺.jpg 西福寺の乳房公孫樹。
 もう黄色い樹の葉が、落ち葉となって地面を覆い始めた。
 見上げると、また緑色の葉もついている。
 木全体の葉が一斉に黄色く色づいて、葉が落ち始めた訳ではないようだ。
 また、地面に落ちた葉は、幅3・4cmほどと小さい葉が多い。

 小室の八幡神社の裏にある本覚寺の墓地のイチョウは、すでに葉が全て落ちて丸裸だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

NEWシューズ と市内の道

日曜日
111106_神崎川堤.jpg111106_雨に濡れる.jpg 先日購入したNIKEのライトトレッキングシューズを、足慣らしに4時間ほど履いてみた。
 市内の神崎川沿いの道は、舗装もされず草も刈られていないので、ちょっと歩くと草に残る早朝までの雨でGパンの膝までびっしょり。アシックスのランニングシューズでは、シューズの中がびしょ濡れになる。さすが、このシューズは少し水がしみこむ程度。また、殆ど滑らず、楽に歩ける。

 健康文化都市を謳うなら、安心・快適に歩ける道を整備してほしいもの。
 白井市内では、この神崎川・二重川・金山落しの3つのルートが、遊歩道として候補に挙げられる。
 とくにこの神崎川沿いは、例年の「白井魅力発見ウォーク」で、何度も使われている。

111106_小室文化まつり.jpg111106_白井文化祭.jpg 小室でも、白井でも、文化祭が開かれていた。
 写真や絵画などの展示があるというので、白井の文化センターに寄ってみた。
 白井写友会は、作品を展示していなくて、失礼ながらたいした写真はなかった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

柏と流山

土曜日
 埼玉県が続いたので、罪滅ぼしに千葉県内を歩く。
 111105_大堀川.jpg 綺麗で堤の道路が整備されている場所として、手賀沼にそそぐ大堀川を歩いてみた。
 確かに綺麗なのだが、少々人工的に過ぎるのが残念。
111105_柏の葉公園.jpg 駒木まで遡り、大堀川沿いからはなれ、成顕寺と江戸川大学を通り抜けて、柏の葉公園の南入り口に着いた。
 春ごろ、会社のレクリェーションでBBQに来たが、全く同じ形態でBBQを楽しむ人たちがいた。
 並木の木の葉が黄色く色づいて、とても綺麗だ。
 バラ園もあったが、バラは次回京成バラ園で楽しむことにして、西口から出て江戸川台駅を目指すと、あまりに近くて拍子抜け。
111105_流山市_道標.jpg 流山市中野久木の愛宕神社に寄り、流山北高校前の道を歩く。
 校舎からは、ブラスバンドの練習の音が聞こえていた。

 ここから市の中心部まで、この道標通りに歩くと市内の名所旧跡を巡ることができた。
 よく出来ている。


111105_流山駅.jpg111105_流山駅改札.jpg 流山電鉄の流山駅に着いた。途中、ちょっと道に迷いそうになった。
 駅は、市役所の丘の下にあった。
 懐かしくなる造り。
 切符は自動券売機だが、改札はフリー。PASMOやSUICAは使えない。
 乗ってみたかったが、まだ午後3時前なので、もっと市内を巡ることにした。
 駅前には、「新撰組 近藤勇・土方歳三離別の地」という、案内図があった。
 新撰組流山本陣跡は、駅から歩いて2分。
 本陣跡では、あのシマラナイ色の羽織を羽織って、木刀を振る女の子がいた。
 
 ケーズデンキは、実に罰当たりな場所に建っていた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

元荒川

金曜日
111103_元荒川2.jpg 埼玉県の吉川橋の先で中川から分かれる元荒川。
 昨日は、その中川との合流点からさいたま市岩槻区の岩槻橋まで、堤沿いに歩いてみた。
 文教大から草加バイパスの間は、とても穏やかでとても良い散歩道。
 川辺が緑に囲われていて、水も綺麗で古い川の表情を見せている。
 いま東京近郊で、こんな川は珍しい。
 「元荒川を自然公園に」というA4サイズの掲示が、あちこちにあった。
 
 堤の上は、幅2mそこそこで、簡易舗装の道。ところどころ道が途切れたり、桜の枝が低かったりするため、自転車で走る人は少ない。その分、歩くには快適だった。
 
111103_コスモス畑.jpg 大落古利根川と新方川に挟まれた、大吉調整池親水公園近くに広がる、コスモス畑。
 その広さに圧倒される。
 学校の周囲をぐるりと囲み、500m四方もありそうだった。

 さて、明日は何所へ行こうか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

土曜の続き

木曜日 (祝日:文化の日)
 先週土曜日、越谷市の元荒川の先と、元荒川を吉川へ向かう途中に見えた高い建物が気になっていたので、まずあの高い建物を確認しに出かけた。
 111103_吉川駅前.jpg 吉川駅南口、金色のナマズ。銅板を打ち出し成型し、漆を重ねて金箔を貼ったもの。
 吉川は、ナマズや川魚料理で有名。111103_新方川.jpg 中川堤に出て吉川橋を渡って直ぐに中島橋を渡り、元荒川の右岸へ。土曜日は左岸を歩いたから。
 あの塔の方向をめざし、北上し新方川沿いの道へ。
 少し歩くと、橋が3本も連なって架かる場所に出た。東埼玉道路の橋2本と昭和橋(現在車は通行止め)。
 ここで、新方川の読みを知る。『にいがたかわ』、ちょっと面白い。
111103_越谷リユースセンター.jpg あの塔の正体は、『リユース』という建物。
 どうやら、ごみ処理施設の煙突らしい。近くには、越谷市立老人福祉センター「いきいき館」、温水プール、体育館、野球場などの、総合公園があった。
 総合公園まえの片側2車線の大きな道を進み、また違う川に出る。

111103_大落古利根川1.jpg 大落古利根川。
111103_逆川.jpg
 寿橋の堰で、大吉調整池とキャンベルタウン野鳥の森に寄り、逆川沿いを越谷御殿町の元荒川まで続く遊歩道を歩く。
 大吉調整池は、親水公園になっていて、池のすぐ縁まで近づくことができる。どこぞの無粋な池とは違い、フェンスなどなく魚釣りも自由。
 逆川沿いの遊歩道は、道のり約3km。多くの人が散歩をしていた。
111103_元荒川.jpg 元荒川の堤は、桜並木。これが大きな桜の木で、春先は桜の花が素晴らしいだろう。
 文教大の前で橋を渡って左岸を行くと、宮内庁埼玉鴨場の横を通る。
 道は、踏みしめられた土の道。
 右岸、左岸と行ったり来たりして、岩槻城址公園に着いた。
 岩槻橋を渡って、旧古隅田川へ。
111103_古隅田川.jpg 春日部で古隅田川が大落古利根川と合流する手前。
 ここで、水面近くを飛ぶカワセミを見た。
 111103_大落古利根川2.jpg 春日部市内の大落古利根川。
 川の両岸の堤は、広く舗装された道。
 幹線道路ともつながっていないため、通る車も少なく歩きやすい。
 川沿いを下っていくと、藤塚橋で遊歩道は途切れた。
 そろそろ日が傾いてきたので、東へ針路を変え東武野田線の南桜井駅へ。
 この辺は、野田線は単線。

 埼玉県の川沿いは、たいてい歩ける道が整っている。
 ほとんどが舗装か敷石が敷かれてるか、踏みしめられた土の道で、とても歩きよい。
 また、ちょっとした主要道には、必ずと言っていいほど歩道がある。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

埼玉県の形

水曜日
111030_顕彰碑.jpg 草加の札場河岸公園にある、「日本の道百選 日光街道」の石碑。
 この形、埼玉県の形を37000分の一に縮小したもの。
 左端の銀色の「日本の道百選」のプレートは、ここ草加の位置になっている。
 埼玉県は、東西に長い。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

吉川市

火曜日
 今日から11月。今日からYシャツは長袖。
 今日は、年休または午前中のみ年休の方が、数名。 何故か。私立幼稚園の入園受付の日だから、早朝から並ぶのだそうだ。

 夜明けの時刻が、6時となった。この先は一日で歩ける時間は11時間に満たず、ちょっと道草を食いながらあるくと、一日50kmは難しい。
111030_吉川橋.jpg 土曜日歩いて通った、元荒川が中川に合流した先に架かる、吉川橋。
 このちょっと古く狭い橋を渡ると、なまずで有名な吉川市。
 狭い橋だけど写真の右側には、ちゃんと歩行者・自転車用の橋がある。
 印旛沼の船戸大橋も幅は大して変わらないが、歩行者・自転車用の橋は無く、歩いて渡るのはドキドキものだ。
 埼玉県のほうが、人に優しいということか。111030_お風呂屋.jpg 吉川市を駅に向かって歩いていると、ちょっと大きな煙突を見つけた。
 お風呂屋だった。
 お風呂屋があるということは、ちょっと古くからある街ということだろう。
 ニュータウンなどには、お風呂屋はまずない。


 東電の福島原発事故担当の園田康博・内閣政務官が原発汚染水の浄化処理水を飲むパフォーマンスをした。
 フリーの記者の要望に応えたものだが、その記者は直後に「政務官が飲んだからと云って、安全性が担保されたわけではない」と、言い放った。
 それなら、政務官が飲んでみせる価値は無いと云うに等しい。飲めと云った奴が、その言いぐさは何事だ。この人でなし。
 この記者の名前は、公開すべきだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする