2012年08月01日

歩道と自転車道の整備

水曜日  (夏休み1日目)
 神崎川の堤を新川まで歩くと、気になることが。
 まず、堤の道の状況。120801_白井市側.jpg120801_船橋市側.jpg
 左が、白井市内の江戸川堤の道。雑草に覆われて全く路面が見えない。
 右は、二重川と合流した先の右岸の、船橋市側の堤。
 しっかり雑草が刈られて、楽に歩ける。
  この差は、大きい。 

 久しぶりに、印旛沼に来た。
 船戸大橋を渡って、印西市側へ向かう。
120801_船戸大橋.jpg この橋、早く歩行者と自転車専用の橋を作ってほしい。
 現状では、路側帯もないこの橋を渡るのは、命の危険すら感じる。
 ここを自転車が安全に走行でき、印旛沼周回の自転車道が整備されれば、サイクリストは必ず集まる。
120801_印旛沼.jpg 


 今日の印旛沼はアオコが発生して、水が緑色。
 この水質が改善されなければ、サイクリストも集まって来ないか。

 給水しようと印旛沼公園に寄った。
 水飲み場の蛇口には、「飲用不可」と張られていた。
 清涼飲料水の自販機があったので、水を買うことは出来たが、お金が無いと水も飲めない公園とはどうなんだろう。
 印旛沼の周囲は、手賀沼に比べて色々な施設が貧弱だ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする