2012年11月30日

今年も残り1ヶ月

金曜日
 今日で11月も終わりだ。
 来月は、12月。
 16日には、総選挙。でも、その日は既に予定が入っていて、投票所には行けないから、期日前投票をしなければならない。
 
 なんだかどの政党を選んだらいいのか、サッパリ判らない。
 この人だけは議員になって欲しくない、この政党だけは嫌だ、という(−)マイナス投票が出来たらもう少し真剣に考えられる。

 もっとも嫌な政党は、党首に好感のもてる人を当て、傲慢な輩が裏で糸を引く党。
 あの政治屋が作った党とった政権は、2回とも途中で頓挫した。
 2度あることは3度あるのか、3度目の正直か。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

公孫樹の明るさ

木曜日121125_イチョウ.jpg 都内でも、この2・3日で、イチョウの葉が黄色く色づいている。
 イチョウが黄色く色づくと、周りが明るくなる。
 イチョウ並木も圧巻だ。
 
 一本の木が、葉を大きく枝一杯に付け一斉に黄色くなり、落ち葉と共に周囲の空間を黄色く飾る。
 一人気高い感じ。 圧倒される。

 春の桜、秋の公孫樹の黄色、紅葉の赤。



 総選挙の公示前、各政党がそろそろ出そろったかな。
 幸福実現党の「アジビラ」は、過激だ。
 「中国を国連常任理事国から追放しよう」。
 国連というと、世界の国々が組織する中立的な公平なモノだと思いがちだ。
 実態は、第2次大戦の戦勝国連合なのだから、常任理事国は当時の連合国主要5ヶ国なのは当然。
 幸福実現党は、中国の人権弾圧・軍事力拡大を根拠に、「中国は安保理常任理事国の資格なし」と主張。
 とても危い。

 各政党が色々主張しているが、日本を将来に向かって強化するには、何が必要か訴えている政党は無い。
 みな、近視眼的な政策ばかり。
 日本維新の会や自民党が、自衛隊の在り方に言及しているのは、当然だ。
 ROEの無い軍隊など、外国から見れば物笑いの種。
 自衛隊も国防軍も、言葉の意味は同じ。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

東京駅

水曜日
121126_東京駅丸の内口.jpg 復元されて3階建てになった東京駅。
 少し抑え気味のライトアップが、ちょっとレトロでいい雰囲気だ。

 土曜の午後5時45分頃、もうすっかり日が沈んのに、東京駅丸の内は大勢の人がカメラや携帯を東京駅の駅舎へ向けていた。
 


121126_東京駅ドーム天井.jpg121126_東京駅天井の鳥.jpg 北のドーム内。
 天井には、ネットが張ってある。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

謎の櫓

火曜日
121124_船堀の櫓.jpg 先の土曜日都内の中川沿いを歩いていて、都営新宿線の高架を越え堤防上の道が新川の排水機場で途絶えるところに、この櫓があった。
 周囲の整備された庭園には、なんの標示もなかった。
 大きさは少し小さいが、色と形は草加にある火の見櫓にそっくり。
 

 江戸川区のHPを見ても、それらしき施設案内などは見当たらない。

 謎だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

FAXかぁ

月曜日
121124_御堀端.jpg 先週、年末のパーティーのご案内を頂いた。
 ご招待頂ける(会費は無料)のだが、今回はご遠慮申し上げたい。
 連絡は、「FAX」でと記載されている。

 さて、困った。我が家は、FAXを持っていない。
 勤務先のFAXを拝借する手もあるが、私的利用は厳禁だ。
 最近、FAXは送信先電話番号の間違いによる、セキュリティ情報事故が問題となっており、FAXの送信は厳密に管理されている。
 送信ログから、私用でFAXを利用したことは、すぐにバレてしまう。
 厳密に言えば、勤務先の設備の不正利用であり、横領行為に近い。

 FAXを送る方法は、コンビニがあるかぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

養老渓谷から五井へ

日曜日
 養老温泉郷から養老川にそって下り、五井まで歩いて見ることにした。
 この季節は日没が早いので、山の中で暗くなることは避けたい。
 また、折角小湊鉄道に乗るのだから、明るいうちに乗りたい。
 幸い、小湊鉄道は養老渓谷駅着が、7時35分と比較的早い。
121125_朝の五井駅.jpg
 五井駅に着くと、日が昇ってくる。ディーゼルの車両が、静かに待っている。
 小湊鉄道のホームに降り、車両に乗り込む。
 車掌さんは、女性。運転士と車掌の2人体制か。
 ディーゼルの軽やかな鼓動を響かせて、ゆったりと動き出す。
 上総牛久の駅は、ホームの島が2つあり、駅員も常駐する大きな駅。
 ここで、車掌が交代した。上総川間駅を過ぎると、車掌が切符を確認し回収していった。
121125_中瀬散策路.jpg 養老渓谷駅から養老温泉郷へ歩き、弘文洞入口から養老川時の中瀬散策路へ降りる。
 気温が低く、川面から湯気が立ち上っていた。
 まだ紅葉はそれほど進んでいない。予想通り、粟又の滝へ紅葉を見に行くには、まだ早かった。
121125_朝生原.jpg  朝生原から予定の折津方面へ向かう。 道の分岐点に「関東ふれあいの道」の道標が建っていた。
 熊野神社から「関東ふれあいの道」の道標に従って、上総大久保駅まで歩くが、そこから自分の予定の道を執る。
 上総大久保駅では、大きな公孫樹の木が、葉を黄色く染めて辺りを明るくしていた。
 その為だろうか、駅の周辺にはカメラを抱えた人が、沢山いた。
 国土地理院の2万5千分の一の地図は、6年近く更新されていないため、あちこちで実態と合わず迷いそうになる。
121125_4両編成.jpg 月崎の先で、線路から音が聞こえてきたので振り返ると、小湊鉄道の五井行きがなんと4両編成でやってきた。
 
 高滝ダムから上総牛久駅を通り抜け、養老川沿いの道に出ると、そこにも「関東ふれあいの道」の道標があった。
121125_西広橋から.jpg うろうろしていて、養老川の西広橋を渡った時は、もう夕闇が迫り始めていた。
 西の端に、富士山のシルエットが見えた。
 
 橋を渡り終えると、みるみる暗くなって来た。
 手元の地図も良く見えなくなって来たので、ちょっと遠回りになるが幹線道路を歩いて五井駅へたどり着く。
 
 これで、千葉県内の鉄道で、乗っていないのは流山電鉄と銚子電鉄の2路線。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

松戸・水元・中川・東京駅

土曜日
 くぬぎ山駅に7時半に到着。所用時間、ちょうど1時間。121124_ラ・セーヌ.jpg 新京成の情報誌CiaoVol105に掲載されていた、ケーキ屋さんの位置を確認。
 くぬぎ山駅の松戸寄りの踏切を渡って、西へ真っ直ぐ500m程の所だった。
 ここには、梨ワインケーキと梨ブランデーケーキがあるそうだ。
 聖徳大学富士見寮の前では、ちょうど五香駅前行きのバスが待機中。
 寮の中から、女子大生がポツポツ出てきて、バスに乗っていく。
121124_八柱霊園.jpg 
 小雨が降る中、八柱霊園の中を歩く。
 8時を過ぎたばかりなので、静かなもの。
 雨からカメラを守るため、レインウェアの中にカメラを入れて歩く。
121124_千葉大キャンパス内.jpg
 武蔵野線の鉄橋をくぐり、松戸南高校方面へ向かう。
 春日神社・松戸5中・東部小学校の間の細い道を歩いていたら、R464に出てしまった。
 二十世紀が丘から水戸街道沿いを経由し、戸定邸へ。
 この季節、戸定邸から千葉大への門が開いていて、キャンパス内の庭園や木々を見て楽しむ。
 戸定邸と千葉大園芸学部のキャンパス内に、同学に学んだ与謝野晶子の歌碑が建てられていた。
 水元公園から大場川のマリーナを眺めながら、中川沿いに進み荒川から豊洲を目指した。
 途中、江戸川ボートレース場で、堤の上の道が途絶えて下に降り、ちょっと遠回り。
121124_清砂大橋.jpg 荒川を渡る東西線の鉄橋の海側の清砂大橋を初めてわたる。
 橋から東京湾の方を望むと、荒川河口橋の向こうに東京ゲートブリッジが見えた。
 豊洲駅前で日没となって、お台場まで行くのを諦めた。
 ダイバーシティでガンダムを見ようと思っていた。
121124_佃大橋.jpg 佃大橋を渡るころは、もう殆ど夜。

 八丁堀の高橋で、思いついて東京駅へ。
 東京駅の丸の内口では、カメラを持った人が溢れていた。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

来ていました

金曜日   祝日:勤労感謝の日
121123_白鳥.jpg 白井市清水口の調整池に、今年もすでに6羽の白鳥が飛来していた。
 幼鳥4羽に、成鳥2羽。
 親子だろうか。
 白鳥の会によれば、11月15日に飛来したそうだ。

 今日は生憎の雨模様で、見物に来ている人は少ない。
 3月半ばまで、白鳥の姿を楽しめる。
 有り難いことだ。

121123_枯葉.jpg 小雨が降り、普通に寒い。
 もうじき12月だから、当たり前の気温だろう。
 
 先週頃から、一挙に季節が進んだ感じだ。
 長楽寺の公孫樹は、もう葉が半分も残っていない。

 このあと、谷田の西福寺の乳房公孫樹を見に行こうと思ったが、8時頃からしっかり雨が降り始め、レインウェアを着てこなかったため断念。

  
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

忘れ物

木曜日
 今月、フィットネスクラブで忘れ物が2件続いた。
 1日には髭剃り等を入れたポーチ、先週はヘッドホンのコードをまとめるクリップ。
 通っているコナミスポーツクラブ五香では、忘れ物は1Fの掲示板に品名と拾得日時・場所が掲示され、1ヶ月保管される。
 あのポーチは、2度と手に入らない記念品だったので、是が非でも見つけたかった。
 コードをまとめるクリップは、先々週買って1週間しか使っていなかったが、小物なので諦め半分だった。
 いずれも、手元に戻って来た。
 とても嬉しい。
 管理がしっかりしていることと、利用者である会員のモラルの高さゆえだ。



 鳩山由紀夫元民主党代表が、政界引退を表明した。
 読売新聞は、社説で「政権迷走の第一走者、場当たり的な言動を繰り返し国民の政治不信を増幅させた張本人、敵前逃亡」と、手厳しい表現をしている。
 一昨年総理を辞めると云った際に、次の選挙には出ない旨の発言をしていたのだから、その通り辞めると言えばいいものを「党の公認が得られないから引退」と発言されているのは、なんとも「根性なし」である。
 朝日新聞は、だいぶニュアンスが違う。
 社説ではなく、あの天声人語で触れている。「友愛を説く鳩山流の理想主義は貴重だ。リベラルの灯台であってほしい」、まるで引退を惜しむような表現だった。
 産経新聞は、産経抄で取り上げ、鳩山由紀夫元首相は、「友愛」の旗を掲げてきた。もっとも言動を振り返ると、「軽きこと綿菓子の如し」といえる。
 これも少し厳しいが、読売程では無い。どちらかと言えば、呆れているようだ。

 まぁ、あの方は生活には不安は無かろう。喰うに困る心配がなく、思ったことを云えるとは、羨ましい限り。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

散歩のプラン

水曜日
 日の出は1月10日頃まで6時50分頃にまで遅くなっていくが、日没時刻はほぼ今頃が午後4時半頃と最も早い。
 歩きに遠くに出かけると、4時半頃には暗くなる。
 歩ける時間が、最も短い時期に当る。

 今週末には、3連休がある。
 のんびり歩くプランを、2つくらいは立てておこう。
 日の出から日没までフルに歩いても、10時間しかない。
 ルート作成しても、どうせその場の気分で変わるし、道を間違えることもある。
 道のり45km位のプランで、実質50kmほどの道のりを歩くことになり、ちょうど良い。
 
 とりあえず、国土地理院の2万5千分の1の地図は、Webサイトからダウンロードは済ませた。
 あの地図は、5年ほど前から更新されていないため、現実とだいぶ異なる箇所があるのが惜しいところ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

12月16日

火曜日
 12月16日は、いろいろなイベントが重なった。

 まず先週火曜日にアポの入った、茨城県で行う某団体のイベントのお手伝い。
 その時は、なんの予定も無かったので、即決で承諾した。
 
 すると、2日後に総選挙の日になった。
 今日、全日本女子駅伝の応援ツアーの案内が届いた。
 15日土曜に東京を出発して仙台へ行き、16日正午からの駅伝を応援するツアー。
 ご本社様が企画するバスツアーなので、往復運賃と宿泊費込で\3,000と格安。
 日曜の駅伝当日の午前中は自由行動だから、とても魅力的だ。

 しかし16日は、もうエントリーしてしまったので、あのイベントお手伝いは外せない。
 一度約束したことを断るなんて、信義にもとるこは出来ない。


 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ゆるゆる

月曜日
 また沖縄で、アメリカ兵が深夜住宅に侵入したとして逮捕。夜間外出禁止令が出いている最中の事件。
 なんとも、軍の規律はどうなっているのか。
 『夜間外出禁止令』と日本語訳されているが、本当に『令』なのか。
 命令違反なら、懲罰ものだろうが。
 実質、『あまり出歩かないように』てな、ユルイ通知程度のモノではないのか。
 兵士の管理が、全く「出来ていない」、というか「していない」。

 また同様の行動をアメリカ本国で行ったら、あの米兵は住民に射殺されていただろう。
 日本人の少年は知らない家を訪ねただけで、射殺されている。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

木枯らし一号?

日曜日
 来月の第3日曜日16日は、総選挙の投票日になる。
 当日は早朝に出掛け帰宅時間が不明のため、期日前投票を行わなければならない。

 今日も投票日に行く予定の場所へ、お手伝いに出かけた。

 昨日のどんよりした曇りと雨が、嘘のようにスカッとした晴天。
 10時頃から、北西の風が強烈に吹く。
 気を抜くと、体が持って行かれそうな強さ。
 朝の気温はたいして下がらなかったが、それでもトレーナーを着込んだ。
 11月の半ばだから、もっと寒くても不思議ではない。

 午後4時半頃、帰路に着く。
 R294常総バイパスを走る車の窓から、遠くに黒富士が見えた。
 こんなところからも、富士山が見える。
 木枯らしが地上の塵を吹き飛ばしてくれて、100年前には普通に見えた景色を見せてくれたのかもしれん。
 こんな景色は、この先生きている間に、あと何回見れるのだろう。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

お休み

土曜日
 久しぶりに、午前中車を洗った。
 洗い終わると、ポツポツと雨が降り出した。
 車で買い物に出掛け、ケーズデンキでSONYの電子書籍READERの実機を見る。

 何度見ても、あまり魅力を感じない。
 紙の文庫本と比べると、1ページの文字数があまりに少ない。
 紙の本なら見開き2ページを続けて読めるが、Eインクの電子書籍では1/2ページ分が表示されるのみ。
 紙の本なら、見開きの中で読み返せる部分が、電子書籍ではページを更新しないと読めない。

 午後4時から、高嶋哲夫作「都庁爆破」を読む。午後6時半頃読み終えた。
 午後からは雨で、薄暗かった。 
 本の読んでいる間、クリプトンランプのスタンドを点けていた。
 小さな電球だが40W。天井の蛍光灯シーリングライトより、消費電力は大きい。
 集中して読むには、周囲が暗く手元だけが明るい方が適している。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

星と街灯

金曜日
 そろそろ、冬の星座が空に現れ出す。
 オリオン座は、まだ横に傾いている。
 その右膝にあたる星(サイフ)が、ほとんど見えない。

 これは、街灯のせいではないかと思う。
 街灯の設置位置が、高すぎる。
 大出力の灯具を、大きな間隔で設置している。
 小さな灯りを低い位置に短い間隔で配置すれば、周囲に溢れる光を少なく出来る。

 今の街灯は、明るすぎる。
 せいぜい、満月の頃の明るさがあれば良い。
 調光可能なLED照明を使用し、人がいない場所は極力照度を落し、人がいる周囲を少し明るくするよう制御する。
 それなら、電力を節約しつつ、防犯効果も保てる。
 人が物陰に潜んでいても、赤外線センサーで人のいる周囲の街灯は明るさを増すから、防犯効果は今より高くなる。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

夜景

木曜日121115_お台場の夜景.jpg
 国際展示場の屋上からの夜景は、なかなか綺麗だ。
 
 ゆりかもめの中から、ダイバーシティ前のガンダムが見える。
 テレコムセンター前と青海の間。
 
 しかし、ゆりかもめの座席は、どうしてあんなに小さいのだろう。

 国際フォーラムの帰り東京駅の前を通ると、夕焼けの東京駅にカメラを向ける老人たちが大勢いた。
 どうやら、東京駅を見る観光コースで来ている人たちのようだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

風が冷たくなってきた

水曜日
121111_桜.jpg 桜の葉は、赤く色づいた。
 ケヤキも葉を落して、木の下は枯葉が多く積もっている。
 
 ゴミとして回収し、焼却炉で燃料を使って焼却する。
 回収する手間、運搬する車、焼却するための燃料、無駄ではないか。

 この枯葉を焼却するのは、なんだか勿体ない。
 集めて花壇の隅にでも積んで土をかぶせて微生物の働きに任せれば、腐葉土になるのに。
 
 
 衆議院が解散、12月16日が投票日となった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

秋 到来

火曜日
121110_富士山.jpg
 日の入りが、午後4時半になった。 日の出は、6時15分くらい。
 昼の時間は、約10時間。
 
 先週土曜日の富士山は、7合目くらいまで薄らと白く雪を頂いていた。
 まだ登山道や、山肌の凹凸がはっきり見える。
 
 朝晩の気温が10℃近く下がり始め、秋本番。
 
 昼間歩くのに最適な陽気だが、明るい時間が短いのが惜しい。
 歩く経路を計画する際は、40km程度で抑えなければ。
 いつも寄り道したり、迷ってしまって、計画通りに歩いた試しがない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

小沢氏無罪

月曜日
 無罪になったが、地元の有権者は醒めているようだ。
 もう過去の人って、印象が強まった。
 どこかの新聞は、号外を出した。
 
 正直な感想は、「まだそんなことをしていたの」。
 無罪と言っても、「疑わしきは罰せず」の原則に則ったもの。
 証拠は、ことごとく消し去っている。
 そもそも企業の代表が部下の業務上の責任を取らないなんてことは、ありえない。

 
 地元の震災復興になんらの力を発揮しない衆議院議員を、地元が次の選挙で支持するとは思えない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

朝焼け

日曜日
 121111_朝焼け.jpg121111_調整池の朝.jpg
 朝日が綺麗。こんな日は、天候は下り坂。
 
 調整池で日の出を迎え、船橋方面へ。
 飯山満の東葉高速線の駅から、東葉高校の門を左手に見て、NTTの野球場の裏へ。
 県道船橋我孫子線の近くの道を歩く。
 意外と、あの騒々しい道路のすぐ近くに、いろいろな神社や仏閣がある。

121111_飯山満能満寺.jpg 飯山満1丁目の、能満寺。
 山門・本堂・観音堂はいずも新しいが、狭い境内の中の墓石には古い物が多い。
 由緒を示す表示には、この寺が吉橋組大師講の12番札所であると、記載されている。
 ここへの道は、昔からの村道の特徴で、細かく左右にうねっている。
 軽自動車1台がやっとの、歩くのには心地よい幅と、短い見通し。
 本堂のすぐ横を、東葉高速の高架が通っている。
 
 県道船橋我孫子線(通称、船取線)の直ぐ近くを再発見した思い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

北京国際マラソン

土曜日
121110_道の駅ふじおやま.jpg 今月25日に開かれる北京国際マラソンに日本国籍の選手は参加できないことになったそうだ。
 彼方此方の新聞やメディア各社のHPに情報がUPされている。
 
 尖閣問題と反日運動のため、主催者側は「安全上」の措置だと説明。
 本音は、そうかな。

 「江戸の敵を長崎で討つ」ようなもの。

 まるで子供の喧嘩だ。
 
 これが中華思想か。1450年頃、もう少しで世界征服が出来そうだった国とは思えない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

茂原街道に沿って

金曜日
121109_茂原街道.jpg
 千葉から茂原まで、茂原街道沿いに歩いて見た。
 茂原街道は、千葉から茂原・上総一ノ宮を経由し勝浦までの街道だけど、そこまでは一日では無理なので、茂原までにした。
 浜野駅から歩き始め、館山道をくぐったところで、茂原街道に出る。
 道は狭いが、車の通行量が多いので、直ぐに村田川の堤沿いに進路を変える。

121109_市原市草刈の道.jpg千葉市草刈りの交差点で、地図上の茂原街道は右へ進むのだが、ここは直進し行光寺へ向かう。
 ちはら台の丘の下の道筋は、おそらく昔の茂原街道ではないか。
 ゆるく左右に折れる道に、半間位の幅の堀が沿って流れている。
 板塀の家並みが続く。

121109_ホタルの里.jpg 行光寺の手前に、地図上池のようなものがあったが、このほたるの里だった。
 湿地が広がっている。
 ちはら台の丘から湧き出た水が、この湿地に流れ込んでいる。

 行光寺の山門をくぐり石段を登って、墓地からちはら台にぬけ、大宮神社で遠景を楽しむ。
 ちはら台駅は、京成ちはら線の終点で、行光寺の墓地の下に線路の終端があった。

 朝9時前の茂原街道(県道14号千葉茂原線)は、沿線に工業団地があるためか、車の通行量がとても多く、車の流れがなかなか進まない。
 犬成りのGSの所から、大作の堰を見に行く。地図より、水の場所が大分小さくなっていた。
 7・11の所から左へ進路を変え、長柄ダム方面へ。
121109_市津湖.jpg 長柄ダムのダム湖は、市津湖。
 水道用の貯水湖である。
 水は、はるばる佐原の揚水場で利根川から汲み上げ栗山川となり、横芝揚水機場で汲み上げて東金ダムに送られ、東側の送水口から市津湖に給水されている。
 水の流れを湖畔のパネルで見て、びっくりした。
 利根川は、大河だ。

 市津湖の周囲を半周ほどして、道の駅長柄に着く。
 関東ふれあいの道の道標が現れたが、それは無視して眼蔵寺から権現の森の岩峯神社と巡って、茂原の街へ。
121109_茂原市街.jpg
 茂原公園から藻原寺を経て、茂原の市街を歩く。
 懐かしい店構えの商店があちこちにある。
 駅に近い通りに出ると、細かいタイル張りのような敷石の道。
 これが、車が通るとタイヤが敷石をたたく音が、とてもうるさい。
 敷石もあちこち剥がれていて、アスファルトで補修した跡がみすぼらしさとうるささを倍加している。

 シャッターの下りた店が多い閑散とした商店街を抜け駅前に出ると、高校の下校時間に当たっているせいだろうか、駅の周囲は高校生が沢山いて一転賑やか。

 茂原には巨大な、パナソニック液晶ディスプレイ(元日立茂原工場)がある。
 この工場も、業績不振でどうなることか。
 閉鎖にでもなれば、茂原はいっそう寂れていくのではないか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

寿萬亀ライスワイン

金曜日121104_ライスワイン.jpg
 先日鴨川の亀田酒造で購入した、ライスワイン。

 月曜夜に、チーズや柿の種をつまみに飲んだ時は、あまり美味しいとは思わなかった。

 今夜、晩酌に飲んで、びっくりした。
 大根と人参・厚揚げ・こんにゃくの煮物をつまみながら、このライスワインを飲むと、大根や人参の旨さが増すのである。
 豚肉の生姜焼きを口に入れ、しばし噛んでからライスワインを口に含むと、旨さがふくらむ。

 どうやら亀田酒造の酒は、「総の舞」もこのライスワインも、料理を旨くする酒のようだ。


 今夜のNTVのケンミンショーで、新潟県のことがあのドラマ仕立ての中で紹介されていた。
 確かに、新潟県は何地方か、判りにくい。
 北陸というと、北陸3県は福井・石川・富山であり、新潟県は含まれない。
 気象庁は甲信越というくくりで、山梨・長野・新潟を扱う。
 通信行政の区分では、新潟は長野と同じグループになる。
 昔の行政区分では、確かに新潟県は中部地方だった。
 新潟県人として明言したいのは、新潟は断じて東北ではない。
 新潟県を代表する放送局といえば、BSN新潟放送である。
 NTVだから仕方ないが、あの放送内で連呼した放送局は新参者だ。
 BSNは、昭和28年ラジオ局として創業、昭和33年TV放送開始。
 UHF放送が始まるまで、BSNは新潟県の唯一の民放だった。

 新潟県出身の私は、この季節、菊の花が食べたい。

 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

五里霧中かぁ

水曜日
 田中文部大臣が、またまたお騒がせだ。
 大学の新設認可を巡る、すったもんだ。
 大学準備側は、「開設準備済みで、もう入試が迫っているから、認可を取り消すな」と云う。
 文科省の大学設置・学校法人審議会が認可を答申していたが、最終の認可を大臣が、NOと云った。
 なんだか、どっちもどっちである。
 認可が下りてもいないのに、校舎を建て学生を募集する。大学側は、勇み足。

121107朝.jpg 「近いうちに」って、仕事では使わない言い回し。
 数年ぶりにあった友人と、「機会があったらまた飲もう」とか「何時とは言えないけれど、会う気持ちはあるよ」てな意味の社交辞令のような表現じゃないか。
 それを国政を左右するような会談で、「近いうちに」解散と言われて、「はぁそうでっか」と引き下がってきた自民党のぼんぼんがアホなのだ。
 そんな気持ちの無い社交辞令に、「近いうちって言ったじゃやないか、何時なんだ」と、無粋に迫る常識の通じない世間知らず。
 まるで京都で、「茶漬けでも」と言われて「戴きます」という間抜けのようだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

ちょっとがっかり

火曜日
 秋葉原のヨドバシカメラで、電子書籍用の端末の現物に触れた。
 SONYのリーダー、楽天のコボ、東芝の***(名前は忘れた)等。
 なんかあまり、魅力を感じなかった。

 電子ペーパーを使った端末は、画面の更新が遅い。その分、電池を消費しないのだけれど。
 文字は見易い。
 それに比べ、カラー液晶のタブレットや端末は、文字が読みにくい。
 バックライトが必要で、コントラストが低く、読みづらい。
 しかも、電池が10時間くらいしか持たない。
 
 なんとなく違和感を抱いて、駅から電車に乗って帰路に着き、文庫本を読み始めて気づいた。
 電子書籍の表示の背景が白過ぎる。
 文庫本の紙は、白くは無い。アンバーというか淡いクリーム色の地色。
 そこに黒い(真っ黒ではない)インクで、文字が印刷されている。
 こっちの方が、目に優しい感じで、読み易い。
 本は、見開きで読む。電子書籍は、片側だけ。
 
 当面、見送りと決めた。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

目からウロコ

月曜日
121104_サギ.jpg 昨日新川沿いのサイクリングロードに来て、新川の下流(印旛沼の方向)を眺め、いい天気だなあと晴れ晴れした気持ちだった。
 新川にはオオバンや鴨に、コイサギも見える。
 ふと見ると、鷺が川ではなくて土手の方に向かって、鋭く嘴を突き立てたのが見えた。
 何気なくカメラのレンズを向け、最大望遠で撮影。
 EVFなので、先日大山千枚田でシャッターを押してと頼まれてファインダーを覗いたCANONデジタル一眼のファインダーのように、はっきり明るく見えることが無かった。
 あのデジタル一眼のファインダーの広い視野角と明るさに、圧倒された。
 それはともかく、土手に向かって嘴を突き立てた鷺の嘴が、なんか変だった。
 
 どうやら鷺が嘴に捉えた獲物は、小さな蛇だったようだ。

 鷺が蛇を捕食するとは、驚きだ。

 百聞は一見にしかず

 かいな。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

晴天

日曜日
121104_晴天.jpg 朝から雲一つない晴天。
風も弱く、小春日和ともいえる陽気。
昨日この天気だったら、鋸山からいい景色が楽しめたのにと、ちょっと口惜しい。


121104_子猫.jpg121104_子猫2.jpg


 「里親になってください」
 ケージに貼り紙があって、子猫が中に。
 もう、とても可愛い。
 団地のルールを無視して、貰って帰りたかった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

鋸山、日本寺、長狭街道

土曜日   (祝日 文化の日)
 鋸南町保田から鴨川市横渚までの全長約26kmの長狭街道を歩いて見よう。
 少々短いので、鋸山と日本寺を加えると、丁度8時間ほどの道のりになる。
121103_鋸山.jpg 朝7時40分浜金谷の駅に着き、「関東ふれあいの道」の道標に従って登山口に着く。
 鋸山の石切り場や日本寺への登山口は、案内板の右の石段。途中の観月台まで、延々と石段が続く。
 長袖のタイトフィットのアンダーシャツと半袖Yシャツではいささか肌寒かったが、石段を登り出してあっという間に体が暖まった。
121103_石切り場跡.jpg 登山道の石段は磨滅していて、踏面が手前に傾き角も丸くなっていて、気を抜くと足を滑らしそうで怖い。
 途中まで登ると、「マムシに注意」の看板。
 石切り場跡には、真っ赤に錆びた小型のブルトーザーがあった。どうやってこんなところへ運んだのか。
 展望台からの東京湾の眺めは、爽快。
 登山道を途中の分岐まで下り、鋸山登山道を登る。
 登りきると、日本寺北口に着いた。ここまで浜金谷の駅から45分。
 崖に刻まれた百尺観音を眺め、山の上の展望台の「地獄のぞき」へ。
 曇って寒かったのあって、膝が震えた。
121103_百体観音.jpg 鋸山を南側の日本寺に下る途中に、千5百羅漢が岩の壁に点在する。
 すごい数の石仏が、あちこちにある。
 石段や道は、よく整備されている。
 羅漢を巡る石段を下り切ると、左大仏の案内。
 崖に刻まれた大仏は、凄まじい大きさ。勝山の展望台から、この大仏が見える。

 日本寺を下山し、保田の駅へ。
121103_長狭街道保田.jpg 保田の駅から南へ歩き、国道との交差点を左へ折れて内房線の踏切を越えると、「長狭街道」の標示が現れる。
 館山道を越えると、街道は保田川に沿って進んでいく。
 信福寺を訪ねた後、保田川沿いを歩いた。
 所々にベンチがある芝生の道で、川面の眺めも清々しい。
 10時頃から雲が切れて来て、時折陽射しが射すようになった。

121103_大山千枚田.jpg 昼食をとった大山不動の急な石段を下ると、「大山千枚田」の道標があったので、それに従って来てみた。
 秋の今頃来てもしょうがないから、誰もいないだろうと思ったが、先客がいた。
 間違いなく皆さんは、車で来ている。
 見晴らしの良いところだが、なにも田んぼにすることは無いだろうと思う。
 水を上げるだけでも、大変だろう。

121103_長狭街道鴨川.jpg 鴨川の横渚の交差点の手前、これが長狭街道の最後の標示だった。
 午後4時、太陽は山に隠れて、次第に暗くなってきた。
 


121103_亀田酒造.jpg 長狭街道の吉保八幡神社の少し鴨川寄りに、「亀田酒造」があった。
 さっそく店に入ると、まぁ旨そうな酒が並んでいる。
 寿萬亀純米吟醸「総の舞」4号瓶と、らいすわいんを購入。
 今朝出るときの荷物は文庫本1冊。ウェストポーチでも良かったが、リュックにして良かった。
 リュックを担いでいなければ、こんな買い物は出来なかった。
 流石に、一升瓶は無理だったが。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

秋晴れ

金曜日
121102_朝の月.jpg 朝7時前、西の空にまだ残る月。
 雲一つない、秋晴れ。
 風が少し冷たくて、11月に相応しい。
 下総基地の滑走路の端を歩くが、まだ7時頃で基地に動きは無い。
 鎌ヶ谷北部小学校の児童の登校に遭遇するが、この小学校の児童たちは全く挨拶をしない。
 久留里の小学生達は、がんがん挨拶をしてきたのに、この違いは何だろう。
121102_酒井根下田の杜.jpg 酒井根の薬師堂から西に進み右へ折れて林の中の道を下ると、フクロウの案内板の奥に池があった。
 池の4羽の鴨は、馴れていてこっちに近寄ってくる。
 この下田の杜は、柏市の緑地保全区域。
 フクロウやカワセミもいるらしい。

 北小金の東漸寺の隣の幼稚園は、親子面接が行われていた。
 子供ははしゃいでいたが、若い両親は緊張気味。

121102_工事中の堤.jpg 南流山で江戸川堤に登ろうとすると、つくばエクスプレスの鉄橋の下流までフェンスで囲われていて、登れない。
 堤防の拡幅工事中。
 ようやく江戸川堤に登り、久しぶりに江戸川を眺めながら歩く。
 平日の昼頃とあって、歩く人もランナーもサイクリストも数えるほど。

121102_江戸川のコスモス.jpg 古ヶ崎の橋の下流に、広大なコスモス畑が広がっていた。
 
 久しぶりに松戸神社に寄ると、七五三やお宮参りの親子。

 松戸駅前の通りに、松屋のとなりに東京チカラ飯が出店していた。
 なんと挑戦的な。

 松屋の牛焼肉丼は、なかなか美味しかった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

いい季節

金曜日
 今日から11月。
 そろそろ寒くても当たり前。
 10月1ヶ月の季節の移ろいは、急激だった。
 半袖1枚でちょうど良かったのは、2週間前。
 上着が邪魔にならなくなり、午後5時には日が落ちて暗くなる。
 
 歩いていて、汗が流れず喉も渇かず、歩くのに最適な季節。

 電子書籍もいいけれど、古本もいいものだ。
 先日BookOffで買った、「異端の大儀」に本屋のレシートが挟まっていた。
 この本を買った人は、どんな感想を持ったのかと、思いが巡る。
 どうして手放したのか、何回くらい読み返したのか・・・
 こんな楽しみは、電子書籍には無い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする