2012年12月31日

今年の締めくくり

月曜日  (大晦日)
121231_酒.jpg 年末年始に飲む酒を、「やまや」白井店へ行き、「越の誉 酒母四段 銀」を選択。
 帰宅して食器棚を捜すと、御猪口はあるが、徳利がない。
 昨年の地震の際、割れてしまったようだ。
 そこで、電車で買いに出かけ、新鎌ヶ谷のAEON、常盤平のSEIYUと巡り、常盤平のSEIYUでこの定番デザインの2本を購入。
 細身のこの2合徳利を洗ってから、計量して見ると約240mlしか入らない。
 
 これでは、少々慌ただしい。

 今年は、千葉県外周1周を達成。
 さて来年は、どんな目標を立てようか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

年末掃除、その2

日曜日
 今日は朝から、雨が降る。
 右足を労り歩けない今、諦めがついてちょうどいい。
 2週間は、我慢我慢。

 午前10時頃、網戸の補修用品購入の為、ホームセンターへ。
 網戸の網は、24メッシュと30メッシュの2種類購入。
 今の住宅へ引っ越した直後に設置したのが3面、5年後に設置したのが3面。
 まずトイレと洗面所の、小さい400x600の2面から着手。
 午後から、次第に大きなものへ。24年の歳月は、想像を絶する劣化を招いていた。。 
 TBS−TVの「報道の日2012」を聴きながら、午後3時半頃終了。
 ちょうど、作業に慣れたころに終わってしまう。

 午後5時半頃、駅前スーパーへウィスキーと炭酸水を買いに出ると、結構な雨降りだが気温は低くない。
 この年末年始は、休肝日が途中に挟まらないから、とことん飲める。

 午後6時から、レコード大賞を見る。
 TBSアナウンサーの吉田明世さんの姿を初めて見た。
 日曜朝5時からのTBSラジオで声は聴いていたが、こんなに可愛い娘だったんだ。
 
 TBSは、レコード大賞を「レコタイ」と言っている。自爆のようだ。

 久しぶりに、じっくりと唄を聴くと、ジーンとくる唄がある。
 TVの音声が物足らないなぁ。コストダウンは、アナログ部分に明確に現れるようだ。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

本棚の整理

土曜日
121229_SWAN.jpg  今年調整池来ている白鳥は、未だに成鳥2羽と幼鳥4羽のまま。
 調整池の白鳥たちは、池の西側に来ていた。

121229_小川の小鳥.jpg 神崎川沿いの小鳥は、姿が良く見えるようになった。
 小室橋で、シジュウカラが沢山来ていた。
 河原に降りている小鳥は、嘴に何か咥えている。
 
 靴はハイドロテックのハイキングシューズを履いた。先週の月曜と同じ場所を歩くと、枯れ草に付いた水が浸み込み、靴下はびしょ濡れになった。この靴の防水性能は、ゴアテックスには遠く及ばないようだ。
 午後はジムを休み、本棚の整理と年末の清掃をすることにした。
121229_整理整頓.jpg パソコンを起動し、radikoでTBSラジオを聴きながら。
 本棚から、一旦本を取り出し、整理を始めた。
 手前にあるのは、漫画の単行本。普段は、本棚の奥に押し込んである。
 「巨人の星」「あしたのジョー」「赤いペガサス」「エリア88」「ガッデム」「金田一少年の事件簿」は全巻。 みなもと太郎氏作「風雲児たち」は、1〜8巻のみ。
 最近は、殆ど開かない。でも、なかなか捨てられない。
 もう少し早く始めて、虫干しをすれば良かったか。
 本棚の中を拭き掃除し、本を入れ直す。
 でも、今年買った本約40冊の本は、既に本棚に入る余地は無い。
 暗くなってから、ホームセンターに行って、プラスチックのトレー2つ購入。
 ちょうど文庫本が、12から16冊収容できる。
 作者別に、楡周平と高島哲夫の2人分で、2つのトレーは一杯。
 なんとかパソコンの周辺に散乱する状況は、改善した。
 作家別にしたから、読み返すとき探しやすくなった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

ならずもの

金曜日
 日本未来の党は、本当に”未来”になってしまった。
 民主党を選挙直前に飛び出して、一大勢力としてまたいつかの風を巻き起こそうと画策した一団は、選挙での思惑が外れ、またその合流した党から分離するという。またも、政党交付金を掠め取る。
 同じ手法で、なんど国民の税金をちょろまかすか。
 まるで、昔の渡世人の集団だ。
 勢いがありそうだと見ると”助太刀します”とすり寄り、ちょっと旗色が悪そうになると抜け出す。
 
 そんな輩は、いつ裏切るかわからない。もっとも信用できない者だ。
 
 だから、先の選挙でも信任が集まらなかったのではないか。

 今度は、政党名を『生活の党』とするそうだが、議員自分たちの生活のための党か。
 へん!
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

原子力規制委員会

木曜日
 原発の地質調査をして、原子力発電所の敷地に活断層があるかどうか、青森県の東通原発の敷地内にある断層について原子力規制委員会は「活断層」と明言した。
 東北電力は、反論している。
 
 地質学について私は全くの素人だが、東北電力など電力各社も地質学の専門家では無い。
 原発建設の申請時には、専門家に調査を依頼したはず。
 当時、「活断層では無い」と判定を下した専門家か地質学の権威がいた筈だ。

 今の原子力規制委員会の地質学の専門家には、その以前判定を下した専門家と対峙して結論を出してほしい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

ランニングは体に悪い、良いじゃないか

水曜日
 『ブリティッシュメディカルジャーナル』に掲載されたことから
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
> ある一定の年齢以降は、たくさんの距離(1週間に30-40km以上)を速いスピード(時速12km以上)で走ることは、健康を害し、寿命を縮めて、心筋梗塞のリスクを高め、運動不足に陥っている人に起こるのと同じような被害をもたらすようになる。これは、『ウォールストリートジャーナル』で報じられた2つの研究から浮かび上がったことだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
産経新聞の「ランニングは体に悪い」研究結果めぐり論争、より。

 私は、こんなペースでは走れない。
 だいたい、時速10−12kmで1週間に25km程。

 ダラスの有名な医師、ケネス・クーパーは、「極端な身体トレーニングは、体をガンにかかりやすくする可能性がある」という。
 
 まぁ、いいじゃないか、好きなこと一杯して楽しんでいるのなら、死ぬのが少しくらい早くなっても。
 好きなことも食べたいモノも我慢して、楽しまずに長生きして何のための人生か。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

見えない足元から

火曜日
121224_散歩道.jpg 神崎川の堤の道。枯草に覆われている。
121224_冬枯れ.jpg 枯れたススキの原。

 冬の景色だ。
 散歩道の枯草の下には、しっかり緑の草が生えている。
 ちょっと目には見えない所で、命はしっかりと息づいている。

 見た目だけでは、本質を見過ごす。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

冬晴れ

月曜日   23日天皇誕生日の振替休日
 今日の休日は、実にありがたいこと。
 昨日は天皇誕生日だったのに、AMやFM放送では『クリスマス・イブイブ』と、なんだかなぁってコメントが多かった。
 基本的に仏教徒が大多数を占める日本で、別に信心もしていない宗教のことがそんなに有り難いのか甚だ疑問。

 それにしても、足が痛い。両足の小指が痛くて、満足に歩けない。
 
121224_調整池の白鳥.jpg121224_調整池のモズ.jpg 清水池の調整池の白鳥は、11月に来た6羽(成鳥2羽+幼鳥4羽)のまま。

 池の端の木に、見慣れたモズがいた。

121224_シジュウカラ.jpg 神崎川で、小室公園で、シジュウカラを多く見かけたが、なかなかカメラに捕えられなかった。
 これは、小室公園で撮影。AFでは、どうしても手前の桜の枝にピントが合ってしまう。
 そこで、MFに切り替えて、撮影した。
 AFよりもMFで撮影した方が、綺麗に撮れる。121224_メジロ.jpg

 


今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

一級河川根木名川

日曜日
 根木名川の利根川河口から、水源の富里市根木名まで歩く。
 一級河川根木名川だが、河口から水源までだけを歩いたのでは半日も掛からないので、印西牧の原駅から京成酒々井駅までの一日コースとした。
121223_根木名川河口近く.jpg 栄町の若草橋付近で利根川堤に登り、長豊橋を越えて十日川の排水機場の先で、根木名川の堤に登る。
 ここの堤は、ちゃんと舗装されている。
 この川幅、千葉県内しか流れていない川が、一級河川でいいのかな。

121223_長沼城址.jpg 堤から右手に見えている小高い丘は、長沼城址。
 
 長沼城址公園で小休止し、再び根木名川の堤に戻る。
 根木名川は、成田市寺台から京成本線の高架の下までは、公園らしく整備されていた。

121223_根木名川の橋.jpg

 根木名川に掛かる橋3つ。
 右から左へ順に、上流へとなる。
 志茂橋から上流は、あまり手が入っていないため、土の堤を歩けて気持ち良かった。

121223_根木名川源流?.jpg 水源・源流は、流れが細くなり道の下に消えたため、おそらく富里中央公園のこの池だろう。

 このころから、靴の中が湿って来ていた。
 利根川堤から降りる頃から、足が痛かった。
 ちょっと嫌な予感は、していた。
 京成酒々井の駅で、靴を脱いで見ると、両足の靴下にはべっとりと血糊が付いていた。
 小指の皮が剥けて、出血していた。
 ハイドロテックの登山靴もどきは、形が私の足に合っていなのだろうか。
 帰宅後、靴と靴下をよく洗ったのは、云うまでも無い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

雨のち晴れ

土曜日
 午前中は、冷たい雨が降っていたので、散歩は諦めて年賀状作り。
121222_北総線車内.jpg 午後からコナミスポーツクラブへ行き、午後7時頃帰宅する時にはすっかり雨も上がり、空には月が輝いていた。
 新鎌ヶ谷駅で北総線の車両に乗り込むと、ビニール傘が2本置き去りになっていた。
 きっと朝出かける時には重宝されたのだろうが、雨が上がれば置き去られてしまうとは切ない。

 今日は私も、ビニール傘を使った。
 これがなかなか便利。傘を差しても、影にならず、視界も利く。
 なるほど選挙用に使われるはずだ。雨の中傘を差しても候補者の顔が暗くならず、街頭演説の際に遠くからも候補者の顔が明るく見える。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

冬至

金曜日
 夜の長さが最も長い、冬至。

 日の出の時刻は、どんどん遅くなって、今は6時50分近い。
 朝日は、みのり台を過ぎる頃、ようやく射してくる。

 その代り、日没は少し遅くなった。もう16時半になった。

 これから日没は、どんどん遅くなっていくから歩ける時間が長くなり、ロングレンジの散歩が出来るようになる。
 真夏は、暑くて汗が流れ水分補給を頻繁にしなければならないが、冬から春は歩けば体が程よく温まるから長い距離を歩くのに適している。
 
 北総や新京成の駅に、北総線の冊子「ほくそう”冬”」が出ていた。
 小さな旅は、西白井から船橋大神宮へ歩く、15kmのウォークルート紹介。
 ちょっと残念なのは、新しい発見は無い。既に、何度か歩いた場所ばかり。

 まぁ、仕方ないか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

新鎌ヶ谷駅に新店舗

木曜日
SA3D0017.jpg 新鎌ヶ谷駅の北総線改札と東武野田線の間、ファミマのある北総線の高架下通路に新しく店舗が開いた。
 現在は、たい焼き屋さん「麻布 寛太郎」とうどん屋さんの「つる亀」の2店舗、1月にはもう2店舗が開業する。
 昨日の夜9時40分頃ちょっと見に行ったら、たい焼き屋さんには行列が出来ていたし、うどん屋さんには数名のお客さんがいた。
 帰宅したら、早速長男がそこのたい焼きを買って来ていた。
 
 あの東口の通路のファミマの南側は何もなく暗い吹きっさらしで寒々とした印象だったが、通路の両側に店舗が建ち並び明るくなりのんびり出来る場所に変身した。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

寒暖繰り返し

水曜日
 今日は寒くなった。
 先週の金曜日から、暖かい日と寒い日が日替わりで交互にやってくる。
 少々寒さに体が慣れてきたせいだろう、昨日の日中はYシャツ姿で靖国通りを歩いても暖かく感じた。

 今夜は、星が綺麗だ。

 オリオン座の左下の星が、見えにくい。
 このニュータウンは、街灯や中高層の住宅の明かりが、星を見るのに邪魔になる。
 夜でも空がぼんやりと明るい。
 夜の明かりのエネルギー源は、当然電力。
 原子力発電が稼働中の夜間は電力が余っているため、無駄遣いとは思わなかったが、火力発電に頼っている現在は重油やLNGを燃やしているから、明るすぎる電灯は電気の無駄と思う。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

やっぱり変

火曜日
 今日から、朝のTV番組は通常通りになり、5時53分からNHKは天気予報に戻った。

 衆議院選挙の党名別得票数と獲得議席数が、新聞各紙で公開されている。
 わずかな得票差が、議席数に大差をつける。

 これが、小選挙区制度の特徴なのだろう。
 2大政党で争うなら、良い選挙制度なのだろうが、少数政党が割拠するような状態では、党の主張に独自な特徴を持った政党の少数意見は捨てられてしまう結果をもたらす。
 少数意見が生かされない制度だろう。
 少数意見だけれど全国共通の課題は国全体を見渡すとき重要なモノで、国全体での支持者が100万人いても、小選挙区制の下では各選挙区ごとの支持者は1万人を下回り、それを扱い主張する少数政党は一人の議員をも国会へ送り出すことは困難となる。

 これって、やっぱり変。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

復帰第一日

月曜日
 復帰第一日目。先週は、1日半しか仕事をしていないため、丸1週間ぶりの感じ。

 帰宅して、1週間ぶりにお酒を飲む。
 サスガに先週火曜日から木曜の夜は、お酒どころではなかった。
 
 ハイボールは、美味しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

恢復

日曜日
 すっかり良くなった。121216_朝.jpg
 冷たい雨の降る昨日とは打って変わって、暖かい日になってよかった。
 火曜日から、グズグズした体調だったから、スカッとした青空をみるとすっとする。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

徒手空拳

土曜日
 昨日は、中国の航空機の領空侵犯があった。
121208_空から見る.jpg 自衛隊の現在のレーダーサイトの配置では、低空で侵入する航空機を補足出来なかった。
 レーダーに捕捉されないよう低空で侵入することは、常識。
 早期警戒管制機を飛ばして、上空から必要な地域をレーダーで探知するのが有効とされる。

 沖縄那覇基地からF15がスクランブル発進したが、約420km離れた尖閣諸島へフルバーナーで飛んでも10分以上掛かる。現地で目視してから発進しても、間にあうはずがない。
 よしんばF15が現地に着いた時点でまだ領空侵犯が続いていたとして、自衛隊のF15は何が出来たか。現場のF15のパイロットは独自の判断で警告射撃すら出来ない。ROE(交戦規程)の無い自衛隊は、現地の判断で撃ち落とすことなど不可能。
 出来ることと云えば、横を飛んで無線で警告をするのが関の山。まさに、張り子の虎。
 これに対して、今回のように「ここはわが国の領空だ」と主張されたら、何も出来ない。
 今回飛んできた飛行機は武器を搭載していないため、専守防衛・正当防衛は成立せず発砲など自衛隊法上不可能。
 中国の飛行機は、自衛隊が憲法上発砲出来ないことを知っているから、無線で警告を受けても撃ち落とされる心配など無いから平然と飛行できる。
 
 政府は「毅然と対応」というが、もっと有効な交渉力が必要だ。
 それには何が必要か、それが判り実行力のある人にこそ、政治を担って欲しい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

念のため、今日もお休み

金曜日
 今朝もまだ、下痢の症状が継続。下腹がグルグル鳴り、便はユルイ。
 この状況で出社しては、感染拡散となってしまうため、今日も継続して休むことにした。
 
 辛いのは、昨日の午後から、長男も次男と同様の症状が現れたこと。
 病院で診察を受けた結果は、予想通りウィルス性胃腸炎。

 今年9月1日に行った、南房総鴨川市の清澄寺の仏舎利塔。
 左が、清澄寺の門から日蓮の銅像の前を通って目に入る、北側の面。右が反対側の正面。
120901_清澄寺仏舎利塔北面.jpg120901_清澄寺仏舎利塔南面.jpg
 正面の先には、太平洋を望める。
 なぜ、古い寺院は高い山の上に建っているのだろうかと、先週の鹿野山神野寺に行ったとき疑問を持った。
 山の周囲では、お寺が一番先に建設されている。
 1000年以上前だから、建設資材を運ぶのにまず道を切り開かねばならなかったはず。
 最初に人力で道を造り、それから次第に大きなモノを運び上げて、境内を整地し寺の建設作業に取りかったのだろう。
 その際、毎日登下山を繰り返すのは無駄であるから、そこに泊まり込んで土木建築作業を行う。
 その為作業従事者の宿舎の建設、建設資材や水と食料など生活必要物資の補給等の運搬等々、付随作業は膨大である。
 今のような建設機械の無い時代に成し遂げた昔の人々の苦労を思うと、尊敬の念で頭が下がる。

 今日は、12月14日。
 日本人なら、ついつい感情移入してしまう、あの話。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

今日も休む

木曜日
 先週土曜日の立ち寄り先、富津市鶴岡の真言宗含富山福蔵院光明寺。
121208_富津市鶴岡光明寺.jpg R127内房なぎさライン沿いに面する。
 こじんまりとした寺で、山門も仁王門もないが、見事な仁王が山内を守る睨みをきかせている。
 某国に睨みをきかせる、現代の「仁王」として何を作り上げればいいのだろう。

 昨日病院で処方された薬によって、大分症状は改善されたが、未だにお腹はユルイ。
 ウィルス性胃腸炎であるから、他へ感染を広めないためにむやみに大衆の中へ出るべきではない。
 職場での感染者は、私で3人目。

 さて、折角の年末の休みだから、年賀状でも作るとするか。
 それと、16日には総選挙があり、期日前投票を済ませなければならない。
 市役所へ行き、期日前投票を済ませてしまおう。
 期日前投票なら、よく手を石鹸で洗ってから行けば、影響は少ないだろう。

 残念なことに、次男がウィルス性胃腸炎に感染。感染源は、私だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

お休み

水曜日
 昨日からの直滑降のため、午前中のうちに病院へ。
 診断結果は、ウィルス性胃腸炎。
 診察は約5分ほどで終了し、次に点滴を受け11時半頃終了。
 薬局へ行き、処方箋の薬を購入し、スーパーに寄り飲み物とうどんを購入し帰宅。

 病院へ行くときは、トイレに行くのが何時になるか不安だったので、水を飲めなかったが、心置きなくポカリスエットとトマトジュースを飲む。
 いつもは喉が渇いていて体が熱い時に飲むものを、体が渇いているが胃の痛い時に飲むのは、少々勝手が違う。
 平時には喉を開いて流し込む様継ぎ目なく飲めるが、ごくごくと咽を鳴らすようにしか飲めない。

 久しぶりに、全く体を動かすことのない、休日となった。
 午後からは、ずっとビデオとTVを見て過ごす。
 日曜放送のフジテレビ「TOKYOエアポート」は、空港と飛行機の絵が綺麗。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

下り特急

火曜日
 午前中、若干気配があった。
 午後から、一挙に顕著に状況が現れた。
 午後1時、お茶を飲んだ30分後に、トイレに駆け込み、その後ほぼ30分間隔でトイレへ行く様になった。
 全く固形の便は出ない。殆ど水。
 どうやら、感染性の胃腸炎らしい。
 午後3時過ぎ、早退して帰宅。
 新御茶ノ水駅で千代田線に乗り、途中千駄木駅・松戸駅でトイレに駆け込み、2時間かけて帰宅。
 
 ずっと下痢しているため、体内の保有熱量が不足し、寒くて堪らなかった。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

九十九谷から

月曜日
121208_九十九谷.jpg

 鹿野山神野寺から坂を下り白鳥神社を見て、ゴルフ場に周囲を包囲された状況に接し少々落胆した後、道を挟んだ向かいに公園がある。
 九十九谷公園とあり、展望台があって眺望がすばらしい。
 展望台のプレートには、東山魁夷作「残照」が掲示されている。

 あの日も、強い南風に拠り、眼下の連なる谷の様子は少し霞んでいた。


 役者の小沢昭一さんが、亡くなられた。
 今年の夏ごろから病気療養中で、TBSラジオの番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」は、以前の放送の「傑作選」を放送していた。
 帰宅途中、松戸駅の駅ビルの書店で、「ラジオのこころ」文春文庫を購入した。
 小沢昭一さんのあのラジオ番組は、学生時代にAMラジオでずっと聴いていた。
 地元新潟の放送局BSNはTBSの放送を多く流していて、TBSでは平日昼のオンエアだが、BSNでは夕方のオンエアだった。
 本を読みながら、あの小沢さんの語り口を思いだしている。

 平日に丸一日歩くときにTBSラジオを聴いていて、本に書かれていることも放送で聞いたもの。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

冬の使者、その2到来

日曜日
121209_氷.jpg 今朝も冷え込んだ。道端の水たまりは、凍っていた。土の道は、凍っている間は歩きやすい。
 気温が低く、融けないから滑らない。
 気象情報に寄れば、先週より1℃ほど今朝は高く、気温は0℃前後らしい。
 先週の寒さでは手が冷えて辛かったので、一昨日手袋を購入した。
 昨日は、慌てて出かけて持っていくのを忘れたが、気温が高くて不要だった。
 今朝は、手がかじかまない。手袋は不要だった。
 体が慣れたか。
121209_SWAN.jpg 清水口の調整池の白鳥は、丁度帰って来た頃だった。
 写真には5羽しか映っていないが、都合6羽が滞在中。
 冬の使者と言えば、やっぱり白鳥だろう。

121209_ツグミ.jpg 調整池の周囲で、特徴的な鳴き声が聞こえた。
 明るいキャキャキャという鳴き声。
 ツグミだ。
 この鳥も、冬の使者と言える。

 冬本番到来である。

 購入したシューズは、HYDORO−TECHのハイキングシューズ。
 ハイッカトのシューズで、ゴアテックスではないが3M製の同等の機能性テキスタイルを使用している。
 ソールは少々固めだ。デザインは、今履いているナイキのTAKAO−MIDに比べ、グッと地味になってしまった。
 ナイキのTAKAOは、3・4ヶ月で踵がフラットに磨滅した。

 果たしてこいつは、どれほど耐久性があるか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

お買いもの

土曜日
 今日は12月8日。日本人なら、忘れてはならない日。
 NHKは午後8時から、その意味もあって「巨大戦艦大和」を放送したのだろうか。


 今日の行き先は、昨日の午後決めた。
 午後2時頃、突然あのお酒が飲みたくなった。
 その酒だけを飲んでは、たいして特徴も感じない酒だったが、醤油で味付けした大根や塩鮭を食べながら飲むと、酒も料理も共にうまく感じた。
 鴨川の亀田酒造の寿萬亀。
 121208_お買いもの.jpg 午後3時頃、長狭街道沿いの酒造の直販所に到着。
 頭の中で「目的地に到着しました」と声がした。
 選んだのは、この3本。
 ライスワインは、前回同様に選択。日本酒は、2本とも純米酒である。
 11月と同じように、クッション材で瓶を保護して貰った。
 4号瓶3本、重量約2kg。背中に心地よい重さを感じて、鴨川駅へ日の暮れる前に着くよう急いだ。
 今日は、お酒を買うついでに、鴨川まで歩いた。 


121208_醤油屋.jpg 佐貫町駅から9分の、内房なぎさラインの交差点。
 創業160年の、醤油屋さん。
 ちょっと惹かれる。
 このころから、風が強かったが、暖かい風で風向きも追い風。
 館山道を越える際に、道を間違えて行き止まりの場所をうろうろしてしまった。
 県道を歩き、途中から林道に入り、マザー牧場の入り口でトイレを借り、鹿野山神野寺へ。
 鹿野山山頂は、アンテナの鉄塔が風で凄い音を鳴らしていた。
121208_鹿野山神野寺.jpg 121208_鹿野山神野寺仁王門.jpg 仁王門をくぐった先の本堂と梵鐘・六角堂は自由に出入りできた。
 神野寺の宝物殿への山門は、茅葺だった。
 その茅葺の門から中へは、拝観料が必要。
 今日の目的は買い物なので、今日はパス。
 すぐ下の白鳥神社は、ゴルフコースの中にあり、石段の途中をゴルフカートが走っていく。

 九十九谷の展望台からの眺めは、圧巻だった。
 ところが、風があまりに強くて、立っていられないほど。
 
121208_三島湖.jpg121208_三島ダム.jpg 三島湖と三島ダム。
 水のきれいなダム湖。堰から越えた水が、滑り落ちていくさまは、風によって変化があって面白かった。
 その後、豊英ダムへ。ダムから湖畔の道へ行こうとしたら、ダムの上は工事中で立ち入り禁止。
 ロマンの森への道では、風向きが向かい風になり、歩くのがとても辛くなってきた。
 国道410沿いからは、ロマンの森の様子が全く伺えない。
 それと風が強く過ぎて、寄り道する元気が無くなってきた。

121208_滝.jpg 豊英湖の上流の小糸川は、深い谷。
 R410を歩くと、何度も何度も小糸川を渡る。
 白い岩の渓谷が見事だった。

 長狭街道へ抜ける君島トンネルを迂回する旧道は、ここも工事中で通行できず、止む無くトンネル内を歩いた。
 

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

旧三芳村

金曜日
121201_三芳村道の駅.jpg 館山市の手前の道の駅、『三芳村鄙の里』。
 三芳村は、平成の大合併で富浦町、富山町、丸山町、和田町、千倉町、白浜町と新設合併し、南房総市となったため消滅した。
 道の駅の近くで、観光バスが川沿いの狭い道を通って行くのに遭遇。
 なんだろうと思っていたら、ミカン狩りの農園があった。

 旧三芳村に知恩院というお寺があり、そこには第二次大戦時の「桜花」の発射台のレールが現存しているということだった。
 行ってみたが、ただのC型鋼があるだけで、判然としなかった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

期日前投票の準備

木曜日
121202_延命寺.jpg 12月16日の投票日は、既にイベントのお手伝いの予定。
 車で出かけてるため、帰宅予定がはっきりせず、午後8時までに帰ってこれるかどうか。
 そのため、来週の土曜日までに期日前投票を済ませておきたい。
 期日前投票について調べると、土日も午後8時まで市役所で出来るそうだ。
 その際に、誓約書の提出が必要。その書式は市のHPでダウンロードできた。

 その準備として、選挙区の立候補者について、調べておかなくては。
 朝日新聞社のHPで、朝日・東大谷口研究室共同調査結果を見て、勉強。
 
 とりあえず消去法で、民主党とその候補は投票候補から除外。
 なんたって、民主党は仮免でお試しして、結果は不合格なのだから。
 中選挙区には、自民党、民主党、維新の会、幸福実現党、共産党の候補で5人。
 さらっと見た感じでは、幸福実現党の候補者は、支離滅裂で話にならない。

 自民党の候補と、維新の会の候補の2人について、じっくり主義主張を比較しよう。
 あとは、政党について勉強が必要だ。
 
 しかし、誰も選びたくない、どの政党も嫌だとなったら、どうすればよいのだろう。
 大橋巨泉の云うように、「白票」を投じるか。

 あと、最高裁裁判官の信任投票は、全く判断材料が無い。
 あんな形骸化した投票が、必要なんだろうか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

伊予ヶ岳

水曜日
121201_伊予ヶ岳.jpg121201_伊予ヶ岳頂部.jpg 房総半島の山は、みな低い。高い山でも海抜400m程でしかない。
 房総に唯一「岳」と名前のつく山がある。たかだか336mの低さなのに。

 山の頂部に、特徴的な岩がそびえている。これが、この低さでも「岳」の名前の由来らしい。
 
 登山口にある天神社に、天狗の絵とともに山の由来を標している。

 天神社のクスノキは、見事な巨木だった。



 早朝、訃報が伝えられた。
 中村勘三郎氏が亡くなった。57歳。私のひとつ歳上。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ぐるりんぱ

火曜日
121202_白鳥.jpg 調整池の白鳥は、2日(日)も6羽。
 池の真ん中に浮かんでいて、横にぐるりんとひっくり返った。
 
 面白いことをする奴。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

房総の山

月曜日
121201_もみじロードからの遠景.jpg121201_もみじロードの中.jpg 土曜日歩いて来た、志駒川沿いの県道182号線。
 山の景色が、目に心地よい。

 県道は、幹線道路ながら交通量は、あまり多くなく歩道もあちこちに設けられており、歩きやすかった。
 もみじロードの看板は、あちこちに建てられていた。
 交通量が少ないのと路肩の広いところが多く、車をちょっと停めて写真撮影も楽々。
 景色も楽しめる、いい道だった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

一挙に真冬

日曜日
121202_初氷霜柱.jpg 冷えた朝。この冬初めての、氷と霜柱。
 師走に入って、真冬になった。
 ただ、意識がまだ追随出来ない。でも体は正直で、手が冷たくてたまらない。
 昨年の冬も、佐原から銚子へ歩いた時も、手が冷たくてなかなか暖まらなかった。
 今度、手袋を買おう。

121202_西輪寺山門の外.jpg121202_西輪寺境内.jpg
 西輪寺の黄色く色づいた公孫樹の葉が、みるみる降ってくる。
 昨日からの寒さで、一挙に葉が落ち始めたのだろう。
 
 白井市の有名な公孫樹は、このほか来迎寺と西福寺にも巨木があるのだが、2本とも葉は既に落ちあげた後だった。

 121202_薬王寺の2匹.jpg 薬王寺には、新しい犬がいた。
 小さなケージに入れられている茶の柴犬は、新しく買われたものだろう。
 外にいる黒い柴犬は、たしか4歳だと思うが、仔犬の頃から私のことを覚えてくれていて、とても人懐っこい奴。
 茶の仔犬も人懐っこい。すぐ仲良しになれた。
 ここに来る前、神々廻の犬「ムック」に久しぶりに会い、体を撫でたり顔を近づけたりした後だった。きっと、私には「ムック」の匂いが着いていたはず。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

紅葉ロード

土曜日
 先月のJAFMATEから思いついて、千葉県富津市の志駒川沿いのもみじロードへ。
121201_天羽高校.jpg 上総湊駅からR465に出る手前に、珍しい名前の高校がある。
 あの『天羽』という名は、昔この地域が天羽郡だったから。
 明治30年に消滅した郡の名前が残っているとは、この地域の人はこの名に愛着を持っているのだろう。
 天羽高校は、略して「天高」。いい略称である。
 
 121201_入口.jpg 富津市六野のR465が屈曲する交差点で左に曲がる予定が、この道案内を見て気が変わった。
 もみじロードは最初の目的だったし、この「滝の不動尊」というのに惹かれた。

121201_滝の不動尊.jpg 道案内に従って細い道を登って行くと、こんこんと水の出ている池に着いた。
 湧水は、崖の途中から湧き出している。木製の樋で、池の上にひいてある。
 掲示板には、詳細な水質検査の結果が標示されていて、安心して飲める水。
 近くにステンレスカップが置いてあったので、汲んで飲む。
 少し甘みを感じる、柔らかい水。

 志駒川沿いには、北側から入った。
121201_もみじロード.jpg 121201_滝.jpg
 あちこちに、カメラを持った人。

 長狭街道に近いほうに休憩所があり、長狭街道と休憩所の間が、とても見事だった。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする