2013年08月31日

ああ、鹿島灘

土曜日
130831_祭礼準備.jpg130831_奉納.jpg 鹿島神宮は、明日祭礼だそうで、その準備が整えられている。
 楼門の手前には、来年平成二十六年 式年大祭御船祭の為に、奉納された方々と金額が。
 
 要石を見て鹿島神宮を辞して、鹿島市役所を通り抜けて、海岸へ向かった。

130831_鹿島灘1.jpg130831_漁船とサーファー.jpg 9時前の鹿島市下津の海岸。
 まだ漁船も出ている。
 
 陽射しはあるが、海風が涼しい。

130831_鹿島灘2.jpg 海岸は、長い砂浜が広がる。砂が締まっていて、車も平気で走って行ける。
130831_鹿島灘3.jpg
 波もそんなに高くない。
 九十九里よりも広々している。
 ついつい、海岸の波打ち際を予定よりも長く歩いてしまった。

 ただ、ここは海が冷たい。だから、海風が涼しいのだ。
 
 今日のこのタイトルを見て、あるマンガを思い出した人、いるだろうなぁ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

夏休の終わり

金曜日130830_朝日.jpg
 今朝の朝焼けの空。
 デジカメのAFモードでは、何処にもピントが合わない。

 いつの間にか、日の出の時刻は5時を過ぎ、蝉の声はコオロギやキリギリスに変わった。
 朝、ラジオ体操に走って行く子供たちが多かった。

 今週末が、夏休みの最後。
 来週から、新学期が始まる。あ、新学期ではない学校も、夏休み明け。
 それなのに、今日の暑いこと暑いこと。


 シリアで化学兵器を使ったっとかで、アメリカが軍事介入に踏み切りそうだ。
 一般市民を1000人近くの人の犠牲者の数よりも、化学兵器を使ったことが許せないことらしい。
 「二度と使ってはならない、責任を取らねばならない」と言った。
 アメリカは、ベトナムに枯葉剤を大量に使った。日本に2発も原爆を落とした。
 何万人何十万人の一般市民を、無差別に傷つけたのはどこの国か。
 自らが過去に使ったものと同じ凶器を使ったら、それを許せんと叩こうとする。
 身勝手な言い分だ。
 
 通常兵器で、先のイランイラク戦争では、何万人の一般市民の犠牲者をだしたのだろうか。

 今度は、シリアに仕掛ける戦を「自衛の為」と称して、日本にも参戦を迫りそうだ。
 尤もそう乞われる前に、日本は尻尾を振ってアメリカにすり寄って行きそうだ。

 まったく、ロクなもんじゃねぇ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

麗しの姿

木曜日
 ダイハツのCMは、面白い。
 ミライースのCMが走っているのは、あのコースのガードレールと周囲の景色から千葉県袖ケ浦市にある袖ヶ浦フォレストレースウェイと見た。

 土曜日に行った、北浦の鉾田市寄りでは、黒鳥が1羽いた。
 130825_黒鳥2.jpg130825_黒鳥1.jpg
 黒鳥は、真っ赤な嘴と小さな目が、とても可愛らしい。
 羽の端っこと脚は白い。

 そこが、たまらなく愛しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線

水曜日
 日曜日に歩いて行った、鹿島線の新鉾田から先の駅。
130825_徳宿駅.jpg130825_鹿島旭駅.jpg 徳宿駅は、ホームが駅前の道路の下。
 ホームへの階段の所に、駅の標示とトイレと自販機・公衆電話BOX。
 
 鹿島旭駅。駅前のロータリーは、とっても広い。
 県道の交差点に駅への入口を示す矢印が在って、見逃すことが無く済んだ。
 駅名の「鹿島旭」は、ここが旧旭村だったからか。近くにあるJAの大きな選荷場の名称も、JA茨城旭村中央選荷場。

130825_涸沼駅.jpg130825_時刻表.jpg 18時09分に到着した、涸沼駅。
 駅舎に見えるしゃれた建物の実体は涸沼観光センターで、17時に閉まる。駅自体は、その奥の高架のホーム。
 8時から17時までは、その観光センターで切符も買えるようだが、既に施錠され裏のトイレも閉鎖されており、切符も買えず腕や顔を洗うことも出来なかった。
  18時04分に、乗りたかった水戸行きは行き去った。次の水戸行きまで、約40分待ち。
 幸か不幸かその待ち時間に、涸沼の湖畔まで行って来れた。
 またその水戸行きに乗れたおかげで、水戸駅で待ち時間が生じて、駅ビルの川又書店で「天空の女王蜂U」が買えた。
 列車に乗った時、整理券のベンダーがあったが、動作しない。どうするんだこりゃと思っていたら、列車に車掌が乗務していて、涸沼駅を出た直後にサッとやってきて、切符は無事に購入できた。
 涸沼−水戸間は、4駅約25分で¥450。北総線NT中央−新鎌ケ谷駅間が4駅10分¥540だから、乗っている時間から考えると高くない。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

内閣衛星情報センターのドーム

火曜日130825_ドーム.jpg
 北浦の湖畔駅より少し北の湖畔から対岸を見ると、緑と白の大きな球体が見える。
 先々週右岸を歩いている時は、「灯台下暗し」で気づかなかった。
 1/25,000の地形図にも、記載されていなかった。

 調べたところ、内閣衛星情報センター (CSICE : Cabinet Satellite Intelligence Center)」の「北浦副センター」で、衛星からの画像情報を受信する地球局で、市谷の中央センターをバックアップするサブセンター。
 気軽に行って、「見学させて」と頼めるような施設ではないらしい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

散歩のしかた

月曜日
 日曜日に鹿島から北浦左岸を巡る際、神宮橋を渡って鹿島神宮へ向かう手前の鹿島高校の高台の下、ウォーキングコースの案内がありそれに従って根本寺へ。
130825_鹿島根本寺.jpg 本堂も皆新しめのお寺だったが、芭蕉の句碑は年代を経た物のようだった。
 薬師如来坐像は、高さが1.6m程もある大きな物。
 隣に建てられている石碑の文字を読むと、江戸時代には朱印地100石の大寺だったそうな。
 境内にある石碑や石塔は、本堂や門などとは不釣り合いなほど、古い。


130825_鹿島根本寺大仏.jpg 薬師如来座像は、高さ1.6mほどもある大きなもの。
 如来座像の隣に、お寺の縁起を記したまだ新しい石碑がある。

130825_鹿島根本寺建具.jpg 本堂の入り口のガラス戸。建具は遠近法で骨組みが出来ていて、遠目にはまるで深い奥行きがあるように見える。




 週末の日テレ24時間TVのマラソンは、放送終了後にゴールしたらしい。
 神奈川県方面からのルートだったらしく、雨にたたられたようだ。
 降雨情報と見比べれば、何処を通っていたかほぼ判明する。
 100kmを24時間かけて踏破するなら、毎時5kmの普通の徒歩ペースで十分可能。
 27分歩いて給水のため3分休憩、これを繰り返せば疲労も溜まらず、毎時4.5km進める。
 これでも30分間の休憩が、途中に4回行え、食事もトイレも可能。
 長時間連続して歩いていると、足に故障も起きやすい。無理のないペースとこまめな休憩が、長時間のロングウォークのコツ。
 3時間歩いたら、シューズを一旦脱いで足を休め履き直すと、足の形にシューズを再フィット出来て疲れも軽減される。マメの予防にもなる。
 ワシは、一日60kmくらいしか歩けないが、深夜単独での徒歩は危険が伴うため日中しか歩かないから。
 江戸時代の旅行では、一日十里が目安だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

北浦左岸

日曜日
 130825_延方駅.jpg 青春18きっぷの、ラストの1日分を使って、北浦左岸へ行った。
 鹿島線の潮来駅から先は、初体験。
 潮来駅を出てしばらく行くと、ぐんぐん山の中へ入っていく。
 眺望が開け、北浦が少し見えるようになると、延方駅だった。
 高架のホームから降りる階段は、片側が閉鎖されていて、前方の車両に乗り階段に近い位置に停車したと喜んだのは、ぬか喜びにかわった。
 外に通じる地上に降りて、びっくり。駅員もいない改札も無い駅だった。
 新宮橋には、歩行者と自転車用に別の橋があり、安心して渡れた。
130825_鹿島神宮門.jpg130825_鹿島神宮さざれ石.jpg まず、鹿島神宮へ。
 以前来たのは、水戸にいる頃だったから、約34年ぶり。
 朝8時半頃で小雨交じりなのに、境内を歩く人がチラホラ。
 鹿がいるはずだが、1頭も出て来ていない。
 鹿の場所の隣に、日の丸の石碑のある面白い石がある。
 「さざれ石」。
130825_鹿島神御手洗池.jpg
 奥宮からさらに進むと、御手洗池。
 澄んだ清冽な水。
 山肌から染み出ている水だが、このままでは飲めない。

 池から少し進むと、公道に出れた。
130825_塚原卜伝の墓.jpg 鹿島神宮駅前から坂道を上り、グルグル歩いているうちに、湖畔に出てしまった。
 地形を読み、塚原卜伝の墓を探しだした。
 意外なほど、質素な墓だった。

 墓に手を合わせ、湖畔に戻る道に出たころから、本格的に雨が降ってきた。
 鹿島神宮駅に戻るかどうか少し迷ったが、そのまま歩き続けることに決めた。
 トレキング用の撥水速乾パンツと、吸汗速乾Tシャツとポロシャツで、雨対策は十分。
 デジカメは、リュックにしまった。
 暫く降り続き、パンツは外がびっしょり濡れたが、裏にメッシュ加工されていて、足にへばりつかない。
 10時頃雨がやみ、30分もするとパンツは乾いてしまった。
 
130825_鉾田夏祭り.jpg 鉾田の街は、今週末は夏祭り。
 街のあちこちに、テントが建っていたり、露店が並んでいたり。
 郵便局の方に向かうと、御囃子が聞えた。
 大きな山車が人手で引かれ、山車には人が乗って太鼓を叩き笛を吹いている。
 揃いの法被を着た人が、集まってくる。

 鉾田川沿いを歩くと、Webの地図サイトでは道のはずが、道とは呼べない場所に突き当り、強引に踏破。
 徳宿駅から北上しようとしたら、ここでも道が無い。
 1/25000の地形図を見て、県道へルートを変更。
 Webの地図サイトは、実際に道を見て確認はとっていないようだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

雷鳴? いや演習の爆音

土曜日130824_足柄山地.jpg
 表富士山の麓に来た。
 天候がとても気にかかった。
 途中、中井や松田付近では、雨が降った。
 9時頃、富士山の方向がら、ドドドドドと雷鳴のような重低音が響いて来た。
 すわ雷かと思ったが、それは自衛隊の演習の音だった。

 富士の裾野は、たいして高い場所でなかったが、とても涼しくエアコン要らず。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

花はいつ開くかな

金曜日130820_佛法寺のハス.jpg
 イチロー選手が、日米通算4000本安打を達成した。
 最近は、年齢による力の衰えから、以前ほどの打率は挙げられていない。
 
 この4000本に対して、ピートローズが朝日新聞のインタビューに応えて、「イチローは偉大だが、4000本は認めない」と言ったという。
 アメリカ大リーグに対する、「誇り」が言わせている言葉だ。

 これに対する、張本さんのコメントが、今から楽しみだ。
 アメリカ大リーグは試合数が多く、年間の打席数が多いため、同じ打率を保てば安打数が多くなる。
 逆であったら、ピートローズは日本の投手に研究され、日米通算4000本など、達成できなかったに違いない。
 大リーグの野球は、技よりも力の野球。だから、日本選手は活躍が難しい。

 藤圭子さんが、亡くなった。
 
 あの方の夢は、いつ開いたのだろうか。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

嘘は罪

木曜日130820_キタテハ.jpg
 先週のTBSのプレバトで、「日本語の違い」がクイズで出され解説されていたが、どうも納得できない。
 森と林の違い。
 人の手が入っているのが林、入っていないのが森という解説だった。
 
 では、原生林は、どうなのだ。あの解説通りに表現するならば、『原生森』でなければなるまい。
 財団法人九州環境管理協会 環境関連用語によれば、『原生林とはまったく人手のはいらない天然の林』。

 大辞林や広辞苑などの辞書で調べると、「人の手」に関する区別は記載されていない。
 「森」
 「盛り」と同源(講談社『暮らしのことば新語源辞典』初版)。
 「遠くから見ると濃い緑が盛り上がって見え、近づいてみると日のさすことがほとんど無い所の意」三省堂『新明解国語辞典』第七版。
 林と森の比較的小規模・低密度のものを林(はやし)、そうでないものを森(もり、杜)とも呼ぶが、明確な区別はないということらしい。

 いろいろな文書や研究所のHPなど調べても、あのTBSの解説のような違いは表現されていない。
 調べていくと、森と林の違いは、人の手が入っているかどうかでは無い。

 あのTBSの解説は、的外れの私見だ。

 もっとも、あんなお笑い番組に、目くじらを立てるのもあほらしいか。
 あのTBSなのだから。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

太陽光発電施設

水曜日
 この頃歩いていると、あちこちに太陽光発電プラントを目にするようになった。

130810_潮来メガソーラー.jpg 潮来の道の駅近くに建設中の、メガソーラー。
 敷地は約300m四方。圧巻の規模。
 太陽光発電パネルが、約30度の傾斜をつけた架台への設置工事中だった。
 工事を行っていたのは、東光電気。
 パネルの総面積が、敷地面積の5割として5000平米もあれば、その発電能力は500kW以上となる。
 まだ、配線もPCSや電源変換設備も、設置されていない。

130810_鉾田市のソーラー発電.jpg 鉾田市某所の、大きな民家の裏庭に広がっていた、太陽光発電プラント。
 パッと見た目には、400平米ほどの広さがあるから、発電能力はおおよそ40kW。

 こんな太陽光発電プラントが、どんどん増えている。

 福島原発は、もうどうしようもない状況だ。
 放射能汚染水は、日々増えていく。その封止用タンクから、水が漏れる。
 幾らタンクを作っても、汚染水を増やさない対策が出来ていないから、まさに賽の河原。
 これで地震でも来て、タンクが半損して貯蔵中の汚染水が一斉に漏れ出たら、海洋への流出は防げまい。
 こんな事故対策が全く出来ていない日本の原発を、他の国へ自信を持って売り込めるという人間の神経を疑う。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

装備の充実を図る

火曜日130820_影絵.jpg
 木陰の道を行くと、木漏れ日が木の葉を影絵のように、地面に映し出す。
 こんな道を歩くのは、とても楽しい。

 8月10日に北浦右岸を歩いた時は、殆ど日陰の無い湖畔の道だった。
 湖畔の道は集落や幹線道路から離れており、給水がなかなか行えず、炎天下で脱水状態が進行した。

 当日の鉾田のアメダスの計測では、気温は35℃以上。
 あの時穿いていたブルージーンは、汗で水を掛けた様になってしまった。
 綿100%のブルージーンは、一旦濡れるとなかなか乾かず、歩く際の負荷ともなった。
 春から秋にかけて長時間歩く際の服装として、上は吸汗速乾素材のポロシャツであるが、下のズボンはチノパンやジーンズで暑さには未対策。
 ネットで「トレッキングパンツ」を検索すると、撥水性とストレッチ性・速乾性の素材のモノを選ぶことで、足の負担が30%は軽減できるとのこと。
 退社後、御徒町のスポーツ用品店に出かけた。
 名の通った店は、有名ブランド品が並んでいたが、あまりにも高価。ズボンが、1万円以上もする。
 ふと思いついて、小川町にあった激安店の本店が、御徒町にもあったはず。
 上野方面へ歩くと、直に見つかった。
 さすがに激安店、安い。最初に買う一本だから、安いのでいいや。
 通常価格¥8190を特価¥3999のところ、ワシは10%割引カードを持っていたので、¥3599。
 多少のデザインや色は気にせず、試着してサイズを確認して購入。
 
 はきごこちは、殆どジャージ。
 ストレッチ性が高く、すっごく楽。
 まぁ、普段使うにも、穿きやすくて便利そうだ。
 元々、ワシは腰をギュッと締め、タイトで体にフィットする、緊迫感を好む。
 今どきの若者の、ルーズなファッションは、大っ嫌い。
 ジャージを着て外を歩くなんて、いくら楽でも自分では許せない。堕落だ。
 昨年、リュックを買ったことと言い、ますます堕落していく自分が情けない。

 でも、まぁいっか。

 


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

慰霊塔

月曜日
130818_清房院慰霊塔.jpg 船橋市飯山満町の小高い丘に、小さなお堂を伴うお寺がある。
 調べると、昭和44年頃建立された、清房院ということ。
 石碑の文字には、「内閣総理大臣 佐藤栄作 謹書」と刻まれている。

 何故あの地に、あんな戦争犠牲者慰霊の塔が建っているのか、よく判らない。

 船橋市飯山満町は、不思議な土地だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

雲に向かう

日曜日
130818_雲の流れ.jpg 朝から良く晴れているが、低い雲が流れてくる。
 旅客機が、雲の上を飛んでいく。1000m以下の空に浮かぶ、低い雲だ。
 雲の流れてくる方角は、南南西。船橋の東京湾岸だ。
 この雲が、眩い太陽を遮ってくれる。
 雲の来る方へ、歩くことにした。

 木戸川沿いの道を、高根台のさくら公園へ。
130818_公園.jpg130818_公園の石碑.jpg 公園の上の方に登り、公園の入口から見てみると、石碑が目に入った。
 石碑の裏には、元船橋市長大橋氏の文が刻まれていた。
 この公園には、何度も訪れていたのに、これまで気づかなかったのが不思議。

 金杉団地から馬込沢霊園へすり抜け、霊園入口から県道船橋我孫子線へ向かう。
130818_井筒屋.jpg130818_井筒屋の細工.jpg
 霊園入口近くの石屋さん、井筒屋は凄い技術展示をしている。
 何年か前にも見て、溜息が漏れた。
 何度見ても、この精緻さは素晴らしい。

 夕方ジムからの帰り、空がなんとなく秋空に見えた。
 風も涼しく感じる。
 昼の暑さは相変わらずだが、秋が近づいている感じだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

花見川サイクリングロード

土曜日 (夏季休暇中)
130817_県民の森.jpg なるべく日陰になる場所を選んで、歩くことにした。
 7時前の県民の森は、さすがに涼しい。
 約2時間で、新川沿いに到着。
 ここから暫く木陰は無いが、曇っているので陽射しは無い。
 八千代の運動公園付近で、空が晴れてきた。
 8時半頃、成田街道を越え、最も高い地点。
 ここから先が、花見川になる。
 弁天橋を渡って、花見川左岸へ。ここから花見川サイクリングロード。
 木陰でとても涼しく、速く歩くのは勿体ない気がする。
130817_花見川サイクリングロード.jpg 9時半頃、花島観音を過ぎ、道が舗装に変わる。
 道が広くなるが、木々が高く覆い、陽射しは当たらない。
 花見川大橋の所は、まだ工事中で天戸大橋の先まで、大きく迂回させられる。
 そこからは、殆ど木陰が無くなる。
130817_亥鼻橋から.jpg 亥鼻橋で、豆腐屋さんのある右岸の方へ針路を変える。
 こっちの方が、桜並木で木陰が続いて、涼しい。
 京葉道路の手前で、左岸に戻る。
 木陰が続かないが、涼しい風が強く吹くので、暑くは感じない。
 次第に、幕張のビル群が右手に見えてくる。
 10時半頃、総武線、京成千葉線のガードを潜る。
130817_海岸間近.jpg 京葉線のガードを潜ると、前方に放送大学校のアンテナが見えてくる。
 遊歩道の脇の木が高く、ずっと木陰になっていて、海風が吹いてきて心地いい。
 この辺りは、公園の水飲み場があり、水道から水が汲める。

130817_検見川浜.jpg 11時10分頃、海岸に到着。
 暫く海を眺めてから、市街を歩いて京成検見川駅へ。

 先週の北浦を歩いた時に熱中症寸前になってから、歩くことにいささか自信喪失気味だったが、今日の歩きで自信を回復できた。
 先週の土曜日は、暑すぎたのだろう。

 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

お寺巡り

金曜日  (夏季休暇中)
130816_バス会社.jpg 西白井からR16への県道191号線沿い、七次中学校のはす向かいに、バス会社が出来ていた。
 「カミコウバス」。
 神奈川県愛甲郡本社のある、貸し切りバスの会社で、ここ白井市七次台は「千葉営業所」ということだ。
 まだ出来て1年以内だと思う。
 
 このバス会社とSRLとホンダの裏の空き地は、URが発注の工事中。
 工事名称は、「千葉北部地区1・2・3駅圏道路整備他工事」、元請「三井住友建設株式会社」。130816_神楽殿.jpg
 冨塚の鳥見神社の神楽殿は、工事が終わっていた。
 鉄製の階段が出来ている。
130816_寿老人.jpg130816_西輪寺.jpg
 冨塚の西輪寺。本堂の前庭に、百日紅の白い花が咲いている。
 陽射しは、公孫樹や他の木の葉で遮られ、直接届かないため、境内はひんやり涼しい。

 130816_林の中の道.jpg 西輪寺から太子堂への林の中の道。
 ここも陽射しが木々に遮られ、涼しい。道の両側は土が切り立ち、木々の根が露出。
 千葉ニュータウンの周辺には、住宅地の直ぐ近くにこんなに楽しい道がある。
 房総半島でも山の奥まで行かないと、なかなか現れない。

130816_柏市泉の不動堂.jpg
 柏市柳井戸の弘誓院で大公孫樹の下で涼んでから、泉の龍泉院へ向かう。
 龍泉院の坂の下の不動堂は、昨年周囲の木々が切られて、道路から良く見えるようになった。
 弘誓院から坂を登って、畑の中の道を歩いて行くと、前方にボーイスカウトの格好をした子供達と大人2人が、地図を見ながら歩いていた。
 私は県道を避けて歩いて、天満宮・不動堂を経由して龍泉院に行った。
 すると、さっきの一団が山門のところにやってきた。
 
 龍泉院は、なにか行事があるようで、石畳に水を撒いたり掃除をしていた。

 130816_道.jpg 柏市藤ヶ谷のゴルフ練習場の裏手に、十三塚という古墳群がある。
 久しぶりに通ってみた。
 アプローチの道も、草ぼうぼうで歩きにくかったが、十三塚から谷津に下りる道がこの通り。
 道が何処か草で殆ど判らない。
 強引に、蜘蛛の巣を払いながら歩いて行くと、ようやく春には八重桜の綺麗なお屋敷の端に出れた。
 こんなになったということは、訪れる人が減ったのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

セミ

木曜日
130815_馬.jpg 折立橋の旧梨ブランデー工場の隣に、昔乗馬クラブがあった。
 乗馬コースは、最近使われているのを見ないが、奥の方に馬の姿が見える。
 行ってみたら、2年前に見たのと同じ馬がいた。
 その奥には、まだ5頭の馬が。この馬たちは、普段どうしているのだろうかと、ちょっと気になった。

130815_秋本寺.jpg 神崎川を下り白井橋に来た時、本白井の方へ向かった。
 秋元寺は、木下街道沿いの入口の戸が、新しくアルミ製の横引きのゲートになっていた。
 ここには、木彫りの毘沙門天がある。
 今日、毘沙門天像は、本堂にあった。
 いつもより、間近に見ることが出来る。


130815_アブラゼミ.jpg130815_ツクツクボウシ.jpg 蝉の姿が濃くなってきた。
 アブラゼミは、すぐに見つかる。
 ツクツクボウシの鳴き声も、聞こえるようになってきた。
 暑さがきびしいせいか、道端でひっくり返っているアブラゼミを、何頭も見る。
 誰かに踏みつぶされては可哀想だから拾い上げると、気が着いたように動きだし飛んでいくモノもいる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

帰宅

水曜日 (夏季休暇中)
 午前11時頃、甥に車で燕三条駅まで送ってもらった。
 お昼は、決めていた。
130814_燕三条駅そば.jpg 燕三条駅の改札フロアにある、駅そば「燕三条庵」。
 ここの「もずくそば」が食べたくて、帰宅時のルートを燕三条駅を始点に据えた。
 普通のかけそばに、もずくを入れただけのものだが、これがたまらなく美味しいのだ。
 今日は、作り方をじっと見ていた。
 なんだ、市販のもずくをぽんと入れただけだった。
 今度、ワシももずくを使った麺を、いろいろ試してみようと思う。

130814_弥彦線架線.jpg JRのローカル線、弥彦線にのって信越線の東三条の駅へ。
 燕三条の駅のホームで見上げると、架線が支線を使わないトロリーワイヤー1本だけなのに気づいた。
 銚子電鉄も同じ方式。

 東三条駅で長岡行きに乗り、長岡で水上行きへの乗換え待ちの時間に、改札を出てお土産を買う。
 
 水上駅で高崎行きに乗換え。
 乗換の際、階段を登って隣のホームに渡る。その階段の登り口で、割り込む輩が多い。
 全く、これでは中国人を笑えない。

 新前橋で両毛線に乗換え、小山駅で水戸線に乗換え、友部駅で常磐線に乗換える。
 水戸線で結城を過ぎる頃、外は暗くなり景色を楽しめなくなった。
 そこで、文庫本を読み始めた。
 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

墓参り

火曜日 (夏季休暇中)
 130813_畳屋さんの幟.jpg 畳屋の店先に、こんな幟。
 熊本はイグサの産地で、そのPRにクマモンが使われている。

 130813_お寺の山門.jpg 墓のあるお寺は、歩いて2分。
 この山門は、門の上に梵鐘がある。
 地所が広くないため、門と一緒にしたのだろうか。

 墓参りは、午後5時頃。
 子供の頃は、墓参りは暗くなってから盆提灯を提げて行ったもの。
 暗くなってから先祖の霊を、提灯を持って目印にして連れてくるという。
 だから、昔は暗くなると墓地にロウソクの灯りが揺らめき、墓参の人で混雑したものだった。

 今は、朝から墓地に人がやってくる。お経をあげる坊さんたちは、30℃を超える暑さの下、袈裟をかけ菅笠を被って汗を流している。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

帰省

月曜日  (夏季休暇中)
 新潟の実家に帰省。
 JRの青春18きっぷを使って、各駅停車を乗り継いで行く。
130812_水上駅.jpg 水上駅での、乗り継ぎ。左手が高崎発水上行き、右手奥が水上発長岡行きの列車。
 昨年は同じ12日が日曜だったが、今日は平日の為か、電車は空いていた。
 上野から、ずずーっと座席につけた。

 長岡駅で改札を出て、駅前の食堂に入って昼食。130812_七夕まつり.jpg
 駅前の通りを行くと、イトーヨーカドーの付近に七夕飾りがあった。
 
 「第15回長岡えきまえ七夕まつり 8月12日から17日」
 
 もう15回目だという。
 昨年も12日に駅前をぶらついたのに、あの時は気づかなかった。

 駅前の大手通を渡り、反対側(長岡市役所側)へ。
130812_行列.jpg
 バス停でもないのに、行列が出来ている。
 行列は歩道の車道寄りに、綺麗に一列。さすがは長岡市民。
 さてなんだろうと思うと、ウェイトレスらしい娘がメモを持ち、行列の人たちに数を聞いている。
 行列の最後に並ぶ20代の女の子2人連れに、声をかけて聞いた。
 「これ、なんの行列ですか」
 「美松のレーメンなんです、美味しいんですよ」。
 と教えてくれた。
 TVで紹介されたこともあるそうで、ワシは全く知りませんでした。

 さて、長岡駅に戻り、新潟行きに乗車。
 ここで、少々迷う。新津か巻からバスで実家へ行くか、新潟まで行って伯母宅を訪ねるか。
 三条までの間悩み、新潟の伯母宅へ行くことにした。
 新潟駅が工事中で、ホームの位置が変わっていて、少々悩んだ。

 越後線に乗換え、関屋駅で下車。昨年来ているから、全く迷わず。
 
 伯母宅に着き玄関でチャイムを押して待つ。伯母は、ワシが誰だか暫く判らなかった。
 伯父も心配していたより、ずっと元気で少しほっとした。
 1時間半ほど話を聞き、バスで実家へ。

 新潟交通のバスは、今年からPASMOが使えるようになっていた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

みつけた

日曜日
130811_朝の太陽.jpg 6時頃外に出ると、ぼんやり霞んで太陽も雲の影。
 でも、既に暑い。
 モヤッとしているのは、光化学スモッグらしい。

130811_梨の実.jpg
 梨畑の梨の実も、色よく実っている。

 神崎川沿いの道が、雑草が刈られてとても歩き易くなっていた。
 今日はズボンが洗濯中で、半ズボンを穿いて来たので草茫々なら、とても歩けないなぁと思っていたが、嬉しい誤算だった。
 神崎川から離れ、折立の来迎寺へ向かい、冨塚の西輪寺と巡って木陰の道を選んで歩く。

130811_西輪寺太子堂.jpg 隠れるように、お堂があった。130811_西輪寺太子堂2.jpg
 車の通れる道からは、直接辿りつけない。
 ここが太子堂西輪寺といううことは、帰宅後地図を調べて判った。
 いろんなウォーキングイベントでも、今まで全く紹介されていない。
 
 でも、地図に載っているのだから・・・


 130811_クマゼミ.jpg 白井聖地公園の駐車場で、ついにクマゼミの姿を見つけた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

北浦右岸

土曜日
130810_神宮橋.jpg130810_新神宮橋.jpg 霞ヶ浦の北浦右岸を歩いた。
 北浦には、橋が掛かっている。
 51号線の神宮橋と、バイパスの新神宮橋。
 新神宮橋は、まだ通ったことが無い。

130810_鹿島線鉄橋.jpg 鹿島線の鉄橋。
 単線だから、すごく華奢に見える。
 1kもあるこの鉄橋、水面までの高さもあり、点検作業は怖そうだ。

 電車が走っていくと、その音は遠くまで聞こえる。



130810_北浦大橋.jpg130810_鹿行大橋.jpg 行方市と鹿島市をつなぐ北浦大橋。
 行方氏と鉾田市をつなぐ鹿行大橋。

130810_白浜ウォーキングセンター.jpg 北浦大橋の南側の県道沿いに、このウォーキングセンターがあった。
 ちょっと期待して、訪れた。
 流しが有ったので、汗まみれの腕と顔を洗おうとしたが、プッシュ式の栓を押したが水が出ない。
 冷水器も、全く水が出ない。電源も入っていない。
 とても暑かったので、水が欲しかった。
 これでは、誰も二度と来ない。
 
 北浦の右岸は、一部を除いて道路はよく整備されている。
 だが、トイレや給水を行う場所が無いため、自転車で走ったり歩くには少々難あり。
 風が殆ど無く湿度の高い今日の様な日は、全く日陰の無い湖畔の道は少々きつい。
 今日は、湖畔の道では、サイクリストに全く会わなかった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

安倍総理は、2枚舌か

金曜日
130803_白浜めがね橋.jpg 安房白浜の長尾川に架かる、めがね橋。
 石積みの、いい形の橋。
 三連のめがね橋は、関東ではここだけらしい。
 左岸側は、公園になっていて、川に降りることが出来る。
 川底は、岩肌。
 「明治21年竣工、戦争中にこの橋を戦車が通ったという。その時の損傷と老朽化の為、昭和52年に補修。平成5年に文化財保存整備修復工事が行われた。」
 と、公園の石碑に刻まれていた。

 この長尾川を、源流まで遡って見たい。

 めがね橋といえば、有名なのは長崎のめがね橋。
  
 今日8月9日は、長崎原爆の日。
 日本政府がNPT再検討会議準備委員会で核兵器の非人道性を訴える共同声明に賛同しなかったことにたいする、長崎市の田上市長の批判は真っ当だ。
 安倍晋三首相の式典での挨拶は、「核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、核兵器廃絶、世界恒久平和の実現に力を惜しまぬことを誓う」。
 ならば、なぜの共同声明に賛同しないのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

狼が来た

木曜日
 緊急地震速報が、誤報を伝えた。
 またしても、オオカミ少年になった。

 そもそも、原理的に無駄なものだ。

 地震のP波とS波の揺れの到達時間の差を利用して、主要な横揺れが到達する前に警報を発する。
 警報が届いてから、横揺れがやってくるまでの時間が、地震に備える時間となる。
 したがって、警報が届いてから揺れに備える時間が長い場所では、震源から離れた場所であるため揺れは小さく、心配するに足らない。
 震源に近く大きな被害が起こりうる場所では、警報が届いた時は既に揺れているか揺れに備える時間は無い。
 すなわち、被害の大きな場所には間に合わず、警報が確認できて備えられる場所では被害は無い。
 
 受信できれば安心と云う、変な警報システム。

 謂わば、「気休め」でしかない。
 
 オオカミが来たと繰り返した少年は、最後にどうなったっけ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

自衛官募集

水曜日
130714_ポスター.jpg 傑作。

 サンダーバードは、子どもの頃放送された外国の人形劇。
 ワシが見たのは、小学校の頃だったから、おそらく50年近く前。

 アメリカの大富豪ジェフトレーシーが設立した国際救助隊と称する、家族で運用する私的な組織。
 太平洋に浮かぶ孤島を基地として活動し、宇宙ステーションも保有して、世界中の情報をキャッチしていち早く事故や災害に駆けつけ、科学技術を駆使して被害者を救う物語。

 自衛隊の仕事の一つに、災害時派遣がある。
 普段一般国民が、もっとも期待する活動の一つ。

 このポスターは、その意味で良くできていると思う。

 4月15日から履いていたコロンビアのトレッキングシューズは、ソールの踵の部分が摩滅してクッション材まで露出。約4ヶ月1,300kmの寿命だった。距離を計測している散歩時以外は、使用していなかった。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

キキョウの想い出

火曜日
130804_キキョウ.jpg キキョウは、お隣鎌ヶ谷市の花。
 キキョウと云うと思い浮かぶのは、刻みタバコ。
 祖父が好んで吸っていた。
 キセルに詰めて、火を点ける。タバコの火が、赤く光る。
 吸い終わると、ポンッとキセルを叩き、タバコを落す。
 外に仕事に行くときは、腰にキセルとタバコ入れを提げていた。
 キセルで吸う姿は、かっこよかった。


 今日は68年前に、広島に原爆が投下された日。
 各新聞は、社説で取り上げているが、新聞によってだいぶニュアンスが違う。
 核の全廃を訴える朝日新聞、核兵器の廃絶を主張することが日本の被爆国としての責務だという毎日新聞、周囲の核脅威には米国の核の傘で安全を担保するのが現実的な選択と主張する読売新聞、原爆を落としたのはアメリカで戦争犯罪であり自国に原爆を落とした相手国の核抑止力に守られて日本は戦後という年月を安穏と過ごしてきたと筋を通した上で日米同盟を基軸にして自国の防衛に当たるべきという産経新聞。

 核というものは、「悪魔にハグしたエネルギー」だ。
 安倍総理は、悪魔とハグとまではいかないが、握手ぐらいはしたいようだ。

 日本政府のジュネーブでの対応は、被爆国の国民として極めて恥ずかしい。
 「大義名分があれば核所有国の核の使用を認める」と、日本政府は全世界に向かって宣言したといえる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

白浜町の夏祭り

月曜日
130803_白浜の山車(砂取).jpg130803_白浜の山車(根本).jpg
 一昨日8月3日は、南房総市白浜町の祭礼で、午後1時半頃房総フラワーラインを歩いていると、ちょうど山車が引き出されるところに遭遇した。
 長尾小学校の近くでは、御囃子は聞こえていたけど、山車を見ることは出来なかった。
 左は白浜町根本の海福寺の先、右が白浜町滝口の御嶽神社の前。
 山車の上には子供たちが乗って、太鼓を叩き笛を吹いている。 
 町の人が集まってそろいの法被を着て、山車を綱で引いて練り歩く。

 何処かの街では、御囃子は録音、山車はトラックの上だったり。



 沖縄で米軍のヘリが基地内の山林に墜落したという。
 小野寺防衛相は「米側に対して迅速な情報提供を要請している。原因究明、再発防止を強く求めていきたい」と云ったらしいが、まず何がどうしてどうなったのか、そしてこれからどうする予定なのか、正確な現在の状況説明を求めるのが第一だろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

市内を半周

日曜日
130804_西輪寺.jpg 朝は曇り空で、暑さを感じなかった。
 西白井1丁目から、白井市と鎌ヶ谷市・柏市の境界となる、金山落し沿いを歩き、冨塚の西輪寺へ。

 公孫樹や木々によって陽射しが遮られ、夏でも西輪寺はしっとりと涼しい。


 
130804_梨畑.jpg130804_稲の花.jpg 梨畑では、農家の方が、梨の収穫作業。
 棚の外には、トラック1台分の梨が積み込まれている。きっと5時頃から作業されているのだろう。
 
 田んぼを見ると、稲にもう花が咲いている。
 館山で「早い」と驚いたが、認識不足だった。
130804_田園.jpg 金山落し沿いの田んぼ。
 稲の種類によっては、稲穂が垂れている。
 田んぼの中の道を歩くと、もう稲穂の匂いがする。
 
 9時頃から、陽射しが出てきた。
 10時頃からは、風が吹いてきて爽快。
 


130804_アブラゼミ.jpg130804ニイニイゼミ.jpg 蝉しぐれが、いささか喧しくなってきた。
 多くいる蝉は、アブラゼミとニイニイゼミ。
 これと羽の透き通ったミンミンゼミ。
 アブラゼミは、色が判り易いから、木に止まっていると直ぐに見つかる。
 ニイニイゼミは、木の肌に近い姿をしているから、見逃し易い。

 平塚延命寺の下の、白井聖地公園の駐車場付近では、蝉の鳴き声が違っていた。
 ワシワシワシと、まるでクマゼミのような声がした。
 今日市内を歩いて、こんな蝉の声を聞いたのは、ここだけだ。

 クマゼミの生息域は、関西以西だったはず。
 
 聖地公園への入口の坂道では、アブラゼミとニイニイゼミの声だけ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

館山夕日作戦失敗

土曜日
 今日の日没の方向は、館山市北条海岸から富士山頂の方向になり、ダイヤモンド富士を見ることが出来る希少な日。
 そこで、日没前に北条海岸へ着くルートを歩き、北条海岸でダイヤモンド富士をようと計画し、天気予報にいささか不安を感じながらも出かけた。
 130803_北条海岸.jpg130803_北条海岸2.jpg
 夕方、西の空は雲が出ていて、富士山は全く見えなかった。
 残念だ。
 海岸では、そろそろ皆帰り支度を済ませるところだった。
 サーファー3人は、しきりに砂浜に視線をむけ、時折手を伸ばしている。
 ゴミを拾っているんだ。

 ダイヤモンド富士は見れなかったが、代わりに良いモノを見た。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

夏休みかぁ

金曜日130727_トンボ.jpg 
 朝、日暮里駅で山の手線に乗り換える時、京成線の乗換口の前を通る。
 リゾートスタイルで大きなキャリーケースを転がしている人たちが、切符売り場の前に溜まっている。夏休みで、成田空港に向かうのだろう、結構なことだ。
 今日は常磐線の快速も、昨日以上に空いていた。夏休みの人が増えてきたらしい。
 ところが、東日本や日本海側の天候は、一向に夏らしくならない。東北はまだ梅雨明け前で、低温や日照不足に関する注意が伝えられる始末。
 さて、今年の夏休みは、事務所ビルの閉まる12日から16日の週、前後の土日と合わせ9日間ある。
 何処へ行くかは、おいおい考えるとして、とりあえず今日は「青春18切符」を買う。

 仕事中に皆の夏休みの話題に、「霞ヶ浦を1周したら何キロ?」となり、googleで検索してみた。先月3日に分けて歩いた経験上約150kmだったが、検索結果は248km。
 湖畔の水際のラインの計測の為、道路の距離とは大分異なるようだ。
 ついでに検索結果で引っ掛かるのは、自転車で走った記録だけ。
 歩いて1周した人の記録は、殆ど見つからない。ワシくらいのものか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ファジーな頭脳

木曜日
 緑内障の発症と症状の進行がなぜ気付きにくいか、昨日放送の「ためしてガッテン」で紹介されていた。
 人間は、実際そこにリアルタイムで見えていなくとも、過去の映像から類推して画像を脳内に作り出していて、視野の欠落を補完しているからだそうだ。
 目で見る映像のうち変化のない部分は、脳内の視野情報には書き込まれず、垂れ流されているのではないか。
 映像の変化の大きい部分のみが、書き換えられているのでは。
 変化部分のみ通信・記録するのは、現在のデータの圧縮技術に通じる。
 視力が多少劣っていても、動く物体の認識力は高い。動くものを見落とすことは攻撃される危険を伴うため、生き残るための必須能力といえる。
 限られた脳内細胞で映像を知覚するためには、視野全体の情報を全て書き換えるのは非効率だ。
 そのため映像の情報処理を簡略化し、余った知覚能力を他の聴覚・嗅覚・触覚にまわしているのではなかろうか。

 今日の報道ステーションの新潟県長岡市の土砂災害の報道では、長岡市寺泊と伝えている。
 こうでなくては。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする