2014年04月30日

雨で一休み

水曜日  (今日も、お休み)
 韓国の沈没船事故は痛ましいモノだが、遺族らの政府批判は筋違いではないかと思う。
 原因は、国民自信の安全と責任に対する、意識の低さにある。


朝から雨が降り続けた。
 午前中は、止み間が少しあったが、午後はずっと降り続けた。
 そのため、散歩はお休み。
 140426_ツツジ.jpg ツツジが、綺麗に咲いている。

 昨日訪れた、神代植物園のツツジも見事だった。
 ツツジの花を、花びらを取り去りめしべの付け根を吸うと、花の蜜がありちょっと甘い味がする。
 子供の頃、そうやって遊んだ。
 昨日、都内の緑道沿いで、ツツジの花を吸っている子供たちがいた。見ていて、懐かしくなった。

 19時から日テレ「○×クイズ」を見る。「凧揚げのタコは、本当はイカと呼ばれていた」は、答えを聞く前に知っていた。
 新潟の実家のほうでは、イカと呼んでいる。
 F1ドライバーの免許の話、解説の中にウソがあった。運転免許停止中、競技ライセンスも停止される。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

野川からJR蒲田駅 その1

火曜日  (国民の祝日:昭和の日)
 国分寺駅北口を出て、日立の中央研究所の方へ向かう。 地図によると、野川の源流は同所の中の湧水池らしい。途中の商店街の中に、元世界チャンピオンの輪島選手の焼き鳥屋さんがあった。
 140429_野川水源?.jpg140429_野川2.jpg JR中央線沿いの道の途中に、野川源流の標示板が設置されていた。
 ところが、日立のその湧水池は、土地の境界にパンチングメタルのフェンスが設置されていて、殆ど見ることも出来ない。せめて金網ならもっと良く見えるのに、意地悪。
 坂を登って跨線橋を渡り、中光線の南側に回り、川の流れを見る。
 国分寺街道の一里塚まで、川の両側には住宅が建っているが、木々が川の位置を教えてくれる。
140429_紅葉橋.jpg 一里塚のY字路を右へ進み、トヨタの先の右の広い路地を進むと、野川にかかる橋に出る。
 もみじ橋。
 橋の向こうに、マンションの前に立派な門が保存されている。
 これは、マンションの出来る前、門の向こうにお屋敷があったのか。
 マンションを周りこむと、次の橋から暫く川沿いに細い道が続いていた。
140429_新次郎池.jpg 東京経済大の中に、この湧水が集まった池があると、標示板が建てられている。
 敷地の入口にゲートがあるが、解放されていて自由に入れた。
 どこかの大重厚産業会社とは、大違いだ。
 今はコンクリートで固められているが、昔は豊富な湧水によりワサビ田として利用されていたそうだ。
 武蔵国分寺の近くの、真姿の池湧水群の流れは、確かにワサビが作れそうに綺麗だった。
 野川沿いは、両岸に歩道が整備されていて、河原も水量が少ない時は歩いて行ける。
140429_野川の中ほど.jpg

 途中、川の中に大きな石があり、そこを渡って川を渡れる。
 菜の花が咲き乱れ、大きな鯉の姿も見え、河原は楽しい。歩いて楽しむ人も多い。
 中央高速の先までうっかり進んでしまった。
 神代植物園と深大寺へ行くため、川沿いの道に登って、後戻りした。
 武蔵境通りは、その広さと歩道・自転車道が備わっていて、感心しきり。
140429_神代植物園と深大寺.jpg

 神代植物園は、正門から入場。
 正門近くの路地裏のそば屋さんは、いかにも旨そうだ。
 植物園の中は、大変な状態。
 シャクナゲ・ツツジ・ボタン・藤と、花盛り。あっという間に、時間が過ぎて行く。
 深大寺へと進み、境内をまわる。
140429_おいた.jpg 本堂の前で、この白い花に見とれていたら、なんとも傍若無人な。
 ご老人は・・・・・

 神代水生植物園へ行くと、木道の向こうになんと中央高速が見える。
 静かな植物園に、高速道路が隣接しているとは。
 植物園の中に、深大寺城址がある。
 典型的な、山城だった。

 三鷹通りの坂を登り下りして中央高速の下を潜り、野川沿いに戻った。
 世田谷通りまで、野川沿いの道を進み、砧公園へ向かった。
 
 <続く>
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

野鳥

月曜日     (年休取得によりお休み)
140428_ウグイス.jpg 清水口の調整池の周囲には、ウグイスが4羽くらいは住みついているらしい。
 池の対岸でさえずり合っているので、なかなか賑やかだ。
 今朝は、偶然カメラに捉えることが出来た。
140428_ヒバリ.jpg ピーチクパーチクと、上空にとどまっている間、絶え間なくさえずっているヒバリ。
 囀りの大きさに見渡すと、思いの外はるか上空にいる。

140428_キジ.jpg 鳴き声が特徴あり過ぎなのが、キジ。
 動きもあまり敏捷ではない。
 日本の国鳥だから、皆そっと見守ってる。



140428_新公園.jpg ふと気が付いて、市役所の隣に出来た新しい公園を見に行った。
 結構大きな公園に仕上がっている。
 築山の斜面は、芝桜が綺麗。
 公園内の芝生は、まだ定着していない。枯れ始めている芝生が多い。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

箱根駅伝のルートのつもりだった

日曜日
140427_スタート地点.jpg140427_タワー.jpg 読売新聞社前から、歩き出す。
 後ろのKDDI大手町ビルが、小さく見える。

 環状2号線の虎門タワーは、お堀端からも良く見えた。
 東京タワーは、相変わらず、美しい。


140427_新八山橋.jpg 箱根駅伝の1区の最初のアップダウンで有名な、八ツ山橋。
 第一京浜が、JRの軌道を跨ぐ陸橋。歩いて見ると、たいした坂ではない。
 駅伝の時は道路を閉鎖しているから、選手たちは真っ直ぐ進んで行けるが、普通に歩くには3回も信号を待つ羽目になる。
 第一京浜は、京急線の高架に沿っているから、迷うことは無い。ただ、車の音が煩くてたまらない。
 青物横丁の駅から、旧東海道を行くことにした。

140427_六郷橋.jpg 六郷橋で多摩川を渡り、神奈川県に入る。
 六郷橋の上から見ると、多摩川の流れは川幅の4分の1も無い。
 川崎に渡って、暫く道標に従って、旧東海道を進んだ。
 箱根駅伝のコースを行くから、なんの迷いも無い。
 権太坂は、どんな急坂かと思ったら、さして急ではない。
 ただ、長い。「権田坂上」という信号があるが、実はそこが坂の頂点ではなく、そこから1kmはだらだらと上り坂が続いた。
 この『坂が終わる』と、淡い期待を持ったところに、3分近くもゆるい登りが続く。
 これはきつい。
 戸塚の不動坂から原宿までの間、自動車専用道路の歩道を歩くのは、とても辛かった。
 防音壁に囲われ、景色も何も見えない。
 自動車用の道は、登り下りよりも左右のカーブが緩くなるように作られていて、歩き易い道とは逆。
 歩く道は、なるべくアップダウンの少ない、川沿いが最も歩き易い。
140427_茅ヶ崎海岸から.jpg 茅ヶ崎海岸の、歩行者自転車道路は、本当に海の近くを歩ける。
 海風に乗って、砂粒が顔を叩く。
 江の島、烏帽子岩、湘南海岸だ。

140427_富士山.jpg 海岸沿いの駅伝コースから見える、富士山。

 これが見えたことで、今日のしんどさは報われた。

 
 帰りの電車で、新橋まで約1時間、さすがに、茅ヶ崎は遠かった。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

大手町まで6時間

土曜日
140426_朝日.jpg 5時35分頃、もう朝日は高い。
 春らしく、ぼんやりした朝日。
 今月の初めころは、防寒対策をして歩いたが、今日はもう薄いブルゾンを羽織るだけ。



140426_福太郎スタジアムの桜.jpg140426_市制記念公園への道.jpg 福太郎スタジアムと名を変えた鎌ヶ谷市市民グランドの周囲には、いろいろな種類の桜が植えられており、まだ満開の桜もある。
 北総線沿いに、市制記念公園との間にできた、新しい道。ぐっと公園と体育館の間の往来が便利になった。
 6時頃、新鎌ヶ谷駅前を通過。
 八柱霊園の入口に着いたのは、7時前だったので霊園には入れない。
140426_春木川.jpg 八柱霊園から下り、春木川の遊歩道を進む。
 春木川は、菜の花がいっぱい。
140426_四ツ木橋.jpg 9時半、四ツ木橋を通過。
 次第に、スカイツリーが大きく見えてくる。
 10時20分、浅草の東武の駅前を通過。
140426_日本橋道路元標.jpg 11時日本橋の道路元標に到着。
140426_道路元標.jpg 常盤橋で旅行会社の主催するウォークツアーに遭遇。
 日本橋や日銀の周辺は、リュックを担いだ老人たちがあちこちにいた。

140426_読売新聞本社.jpg

 読売新聞社の新本社ビルは、とにかくでかい。
 隣のKDDI大手町の、倍もありそう。
 新しい地下鉄の入口は、千代田線の改札に直結。とても便利な位置。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

横浜みなとみらい

金曜日
 昨夜ニュースを見ていたら、建設現場で働く女性をさして「ドボジョ」と呼んでいた。
 酷い。だって語感が悪すぎだ。


 午後から、ロボテックを見に、みなとみらいにあるパシィフィコ横浜へ行く。
 これまで、「横浜は遠いよなぁ」と思って、パシィフィコ横浜は敬遠していた。
 今日行ってみると、亀有から千代田線で日比谷で日比谷線に乗換え中目黒駅で東急東横線急行(元町・中華街行)に乗って行くと、1時間10分でみなとみらい駅に着いた。
 幕張メッセに行くのと、時間的には大差がなかった。
 しかも乗換えは2回で済むので、幕張よりも楽に行ける。

 こんなに便利だとは思わなかった。

 帰りは、ゆっくり横浜駅まで歩いた。
 横浜の港側は、とてもダイナミックだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

庭掃除は、竹ぼうきが一番

木曜日
140419_芦花公園+.jpg 先週土曜日の散歩を振り返るその3。
 芦花公園は、行ってみたら蘆花恒春園という名前だった。
 芦花公園というのは、京王線の駅名だった。
 茅葺の徳富蘆花の旧宅や書屋が残されている。
 旧宅の方は、それほど大きくも無く、穏やかに暮らした晩年が偲ばれる。
 偶然、新郎新婦の写真撮影現場に遭遇。
 公園内の掃除をしている方は、ちゃんと竹ぼうきを使っておられた。
 ほっとした。水元公園などでは、エンジン付きのブロアでふっ飛ばすのを良く目にするが、あれは無粋だ。
 折角の静かな公園が、エンジンの騒音で台無しになるからだ。
 竹ぼうきで掃くと、そのざっざっという音さえ、耳に心地いい。

140419_希望ヶ丘公園.jpg 環八を渡って、遊歩道を進む。
 世田谷区が遊歩道の整備を熱心に進めているということを、TBSラジオ大沢悠里の悠々ワイド、月曜日の「小川知子のぶらり街歩き」のコーナーで知って、歩いて見たくなった。
 地図で調べると、すぐに判った。
 で、歩き出すと、何処かで見たような団地の端の公園。希望ヶ丘団地の公園。
 この団地は、20年ほど前に仕事で来たことがあった。

140419_遊歩道.jpg 烏山川緑道。
 名前からすると、川を暗渠にした上を遊歩道にしたらしい。
 あの公園から池尻大橋まで、遊歩道は続いていた。140419_芝桜.jpg
 沿道には、桜並木やハナミズキ・ケヤキの並木があり、楽しく歩ける。
 元が川の流れなので、ゆるやかに道がうねっていて、歩いていて変化に富んでおり疲れを感じさせない。
140419_緑道合流点.jpg 池尻付近で、北沢川緑道と合流する。

 緑道は車の心配がないからか、のんびり走ってくる自転車も多い。
 今度は、こっちの緑道も歩いて見たい。

 このあと、東大駒場と駒場公園で、旧前田侯爵の洋館を眺めて、大橋ジャンクションの上に造られた目黒天空公園に登ってみた。
 なかなか景色の楽しい場所だったが、生憎の曇り空。
 今度は、天気の良い冬にでも来てみよう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

水曜日
 土曜の散歩を振り返る、その2
 賑やかな吉祥寺通りに突き当たると、向こうは林が拡がりテニスコートなどが見える。
 吉祥寺通りを右手に折れ、多くの人の流れにそって行くと、ジブリの森美術館の入口に着く。
140419_ジブリの森美術館.jpg

 チケット売り場の中には、おおきなトトロ。

140419_フクロウ.jpg140419_ワシ?.jpg
 公園の桜の下に、大きな鳥が留まっていた。
 フクロウは、大きな丸い目でじっとこっちを見据える。
 隣の大きな2羽は、鷲かな。

 公園を東に進むと、玉川上水沿いの遊歩道に出る。
 ここからは暫く、昨年一度歩いた場所なので、記憶に残っている。
 なるべく昨年来た時の、反対側を選んで進む。
140419_花ビラの絨毯.jpg140419_IWATU.jpg
 山桜の花びらが、地面を覆っている。
 昨年歩いた時、何故気づかなかったのか。無線に携わったものなら、誰もが知っているメーカーが岩崎通信機。
 ワシもアマチュア無線局の開局申請は、IWATUのリグで行った。
 無線機と云えば、KENWOOD(旧TRIO)かIWATUが一流。
 歴史のあるメーカーの製品は、使い勝手が良い。

 高井戸の中央高速に突き当たる所で、大きな歩道橋を登って南側へ渡り、芦花公園へ向かった。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

野川

火曜日
 土曜日に歩いた場所を振り返る。
 野川
140419_野川合流点.jpg 武蔵国分寺付近の湧水群からの流れと、野川は国分寺街道の一里塚の交差点付近で合流する。
 野川が国分寺街道を潜る所に、煉瓦のアーチが見えている。
 ワシは、ここで一里塚の交差点の坂を国分寺方面へ登り、殿ヶ谷戸庭園を目指したが開園は9時からで残念。
 以前も、立川の昭和記念公園を通り抜けようとした時も、同じことをしていた。
 国分寺駅南の丸山通を下り、東京経済大の南側で野川沿いの道に戻った。
 貫井南4の付近から、野川沿いの道が整備されていて、川沿いを辿れるようになる。
140419_野川沿いの桜.jpg 野川は、堤の道の下の川原が歩けて、道路を横断せずに、歩き続けられるのが嬉しかった。
 武蔵野公園の手前では、両岸に枝垂れ桜が植えられていて、ちょうど見頃だった。
140419_東京農工大.jpg 公園の入口付近で、野川沿いを離れ北上。むじな坂と標柱のある階段を登り、連雀通りを横断して進むと、東京農工大に突き当たる。
 農工大前の道を東へ進み、武蔵境駅南口近くの観音院まで淡々と歩く。
140419_武蔵境観音院.jpg 駅のすぐ近くなのに、大きな通り沿いなのだが、塀と門の配置が巧みで静かな感じを保っている。
 しばらく境内を眺めた後、ヨーカード―の前を通り過ぎて、突き当りの手前で細い水路沿いの道へ。
 三鷹通りの手前で水路が見えなくなり、太宰治の墓があるという禅林寺に寄るつもりだったが、北側のゲートが施錠されていたので、諦めて真っ直ぐ三鷹方面へ向かう。
 「井心亭はこちら」という案内を見て、なんだか判らなかったが行ってみることにした。
140419_ゆかりの百日紅.jpg
 三鷹市営の和風の文化施設だという。見た目は平屋の料理屋。
 昔、近くには太宰治が住んでいたという。
 この百日紅の木を見なければ、なんの感激も無く通り過ぎるところだった。

 すぐ先の路地を右手に折れてすぐ吉祥寺通りに突き当り、通りの向こうは井の頭公園。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

未熟

月曜日
140419_ツツジ.jpg 韓国の客船沈没事故は、アメリカも巻き込んで大騒ぎになっている。
 あの国は、たかが一隻の沈没船の救難も出来ないのか。
 
 
 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

お買いもの兼散歩

日曜日
 朝日新聞の一面は、韓国の沈没事故。事故発生から、5日目。船体は完全に沈み、船内に空気が残っていたとしても海水温が低く、閉じ込められた人が生存している確率は殆ど無いだろう。
 事故処理を巡って韓国では、政府批判が高まっているらしい。
 隣国の事故とはいえ、こうまで報道する重みがあるのだろうか。


140420_ハナミズキ.jpg 今朝は昨日より陽射しが無い分、少し肌寒い。140420_白馬.JPG JRA競馬学校で厩舎を覗くと、1頭だけ白い馬が気がついてこっちを見ていた。  
 オーバルコースを見ると、あちこちに太陽光発電パネルが設置されている。
 あれだけ数多ければ、出力1MWくらいはあるのでは無かろうか。
 JRAも、なかなかやる。
 と、このへんでカメラの電池が切れた。前回の電池交換から、約600枚撮影。
140420_豆蔵さん.jpg 豆蔵さんの店には、チューリップが咲いていた。
 前の白井の店舗では、こんなことは無かった。
 今の鎌ヶ谷の店は、隣の学校の校庭も花が一杯だし、季節感が溢れている。

 昨日今日は、ちょっと肌寒いけど、春なんだ。

 リチウムイオンバッテリーは、少し休めておけば若干容量が復活するから、歩いている3時間の間にこの1枚を撮る分は容量が復活した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

国分寺とお鷹の道

土曜日
 西国分寺から東京湾まで、野川沿いと世田谷の烏山川緑道と目黒川を歩いて見た。
 西国分寺駅を出ると、周囲は真新しい建物ばかり。
140419_武蔵国分寺公園の木.jpg140419_武蔵国分寺公園の記念碑.jpg 日本高等芸術学園の前を歩いて行くと、フェンスの隙間を老人たちが歩いて行くのが見え、そこを行くと公園に着いた。
 武蔵国分寺公園で、3方が高層マンションに囲われている。公園は、道を挟んで南北に分かれている。
 北側の公園の端に、まるで蒸気機関車の動輪のようなモノが。
 この付近は、旧国鉄時代の中央鉄道学園があったそうで、それを伝える記念碑だそうだ。
 南側の公園へ渡ると、老人たちが木の上を眺めてワァワァ騒いでいる。
 木の天辺に、モズがいた。
 公園の端を歩くと、その先は崖になっていて、下には湧水群があると掲示されている。
 社の屋根が見えたので、西側に進み公園出て左に折れ、坂道を下って行くと消防署の隣に公園があり、その奥に神社があった。
140419_八幡神社.jpg140419_武蔵国分寺薬師堂.jpg 八幡神社の奥には、薬師堂があった。
 何れも正面からではなく、鳥居と門の横から滑り込むような形で訪れてしまった。
 石段を下り門を出る。左手へ進むと国分寺本堂があった。
 本堂の前に門があり、門の南側の広大な土地が、武蔵国分寺の跡だ。
 金堂の跡に、「国分尼寺」の矢印があり、それに従い武蔵野線のガードをくぐると、国分尼寺跡があった。
140419_お鷹の道.jpg 国分寺の本堂の左手を進むと、綺麗な水の流れる小川が流れている。
 崖の下から湧き出ている水は、掬って飲めそうな綺麗さだった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

傲慢な怠け者

金曜日
 今年ツバメを見たのは、江戸川堤で3月末に、白井の神崎川沿いでは4月の第1週。

 TPP交渉で、アメリカは自動車の日本の安全基準と燃費基準が、「非関税障壁」だからアメリカ国内並みに緩和しろと要求したらしい。
 馬鹿な要求だ。
 アメリカ車が日本で売れないのは、このせいだとぬかした。
 ならば、何故日本でドイツ車やヨーロッパ車が売れているのか。
 普通のメーカーは、輸出先の国内基準に合致するように、製品を作るものだ。それが、企業努力と云うのも。
 ヨーロッパも韓国も日本も、皆そうしている。

 アメリカは、その努力をしないで、売れるように基準を緩和しろという。
 安全基準は、より厳しいところに合わせてるのが、企業の良心というもだ。
 アメリカの要求を日本が受け入れても、アメリカ車を買う人は増えないだろう。
 何故なら、アメリカ車は他国の車より安全ではなく燃費も悪いと、アメリカ自身が認めたことになる。
 そんな遅れた車を買う奴はいない。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

窓を開けたい

木曜日140416_八重桜.jpg
 桜の季節は、八重桜の今がこの春のラスト。
 
 昨日今日は、暑い位。
 事務所内の気温は、15時頃29℃にまで届いた。
 セントラルの空調は、まだ冷暖の切り替え前だ。
 省エネ意識で、空調が送風モードでも止める。窓の開かない事務所だから、換気は空調によって行われる。
 したがって空調の運転を停止すると換気も行われず、CO2濃度が上がって環境が悪化する。

 窓を開けて春のそよ風を入れられる建物なら、この季節は最も快適なはずなのに。惜しい。
 でも、花粉症の方には、拷問か。
 困ったものだ。

 韓国の旅客船事故で、疑問に思った。
 海に沈んだ船の中に取り残された人から、携帯かスマホのメールが届いているが、本当だろうか。
 周囲は鉄で覆われ下は海水、そんな所に電波が通るのか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

桜の延命寺

水曜日140412_平塚の延命寺.jpg
 白井市平塚の延命寺。
 本堂前の桜は、殆ど散ってしまっていた。
140412_平塚の延命寺山門前.jpg 山門前の桜の下では、例年近所の方々がお花見を楽しまれる。
 先週の花祭りには、満開の桜が楽しめたことだろう。

 今日の事務所は、午後室温が29℃までに上がった。
 暑い・・・・・・

 群馬の桐生では、昨夜から山火事が続いているそうだ。
 日本の財政も、火の車。 その上、2世・3世議員が悪だくみを続けているから、火の手が止まない。

 韓国で旅客船が横転沈没。何とも悲惨な事故。
 船がゆっくり沈没していく様子は、真綿で首を絞めるような惨たらしさが滲む。
 救助にあたるヘリの映像を、その道の専門家はどう見たのだろう。あまり見事な救難とは見えなかった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

枝垂れ桜のお寺

火曜日
 今夜は、満月。ほんのりと黄色い月。
 19時頃に見えたが、月食は既に終わっていたようだ。

140412_印西市大森の長楽寺.jpg 土曜日の印西市大森の長楽寺。
 ここにも、枝垂桜が見事に咲いていた。

 あの犬のいた大きな檻は、既に無くなっていた。
 喉がつぶれて、かすれた声で吠えるあの犬の姿が、まだ記憶に残っている。
 吠えるけど、結構人懐っこい奴だった。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

吉高の大桜

月曜日  (年休を取ってお休み)
 140414_工事開始.jpg 昨年10月の台風による増水で、崩れた神崎川の堤防の工事が始まったようで、工事標示が設置されていた。
 青い看板が斜めになっていて、「どうせ置くなら、きちんと立てておけよ」と思いつつ歩いて行くと、崩落現場はまだ手つかず。
140414_新川との合流点.jpg なんだと思いつつ、梨畑の花を眺めながら神崎川を下って行く。
 7時半頃は、小雨がポツポツ降っていて、天気予報に裏切られた気分。
 8時45分頃、神崎川と新川の合流点に到着。この辺で、小雨も上がった。
 写真の左側が神崎川。右側が新川で印旛沼につながり、水は静かに写真の手前から奥に流れている。
 どうもこの水の流れが、不思議だ。
140414_印旛沼公園.jpg 印旛沼公園は、ソメイヨシノは散っていたが、上の広場に行くと八重桜が満開。
 あまり期待もせず、寄って見ただけだったが、嬉しい誤算。
 展望台で印旛沼を眺めてから、印旛沼沿いの道に下り、印旛沼のすぐ際を歩く。
140414_印旛沼の堤.jpg 堤が整備され、綺麗に整地されていた。
 とても歩き易い。
 まだ草1本生えていない。この後、芝生が植えられるのだろう。
 そのまま堤の上を歩いて双子橋まで行き、捷水路沿いを興福寺まで行く。

 印旛捷水路沿いの道には、自転車道の標識が設置されていた。
140414_印旛捷水路.jpg 遊覧船がやってきた。
 途中、船戸大橋の方へ向っていた船だ。
 カメラで撮るのにやり過ごしてから歩くいて行くと、速度が殆ど同じのため距離が殆ど変らない。

 興福寺の右手の坂を登り、一旦下って吉高の大桜へ。
140414_吉高の大桜.jpg 花は、ほぼ散ってしまい、ガクの赤い色の状態。
 土曜日頃が、一番の見ごろだったようだ。
 土日は、きっと多くの人が来ていたんだろう。

 大桜を見物した後、ミソコ餅を一串買った。味噌だれを付けて焼いた餅で、ちょっと焦げた味噌の香ばしさがとても美味しかった。

林の中の道を歩いて、坂道を下ると竹林になる。
 竹が大分倒れていて、記憶していたよりも道が明るい。

140414_松虫寺.jpg140414_松虫寺2.jpg 松虫寺は、枝垂れ桜と八重桜が満開。
 




 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

おでかけ

日曜日
140413_ラーメン屋.jpg 16号線の折立の交差点に、新たにラーメン屋が出来ている。
 先月通った時は、まだ工事中だったが、もう整ったようだ。
 ここ数年、関東に進出してきた新しいチェーン店で、開業10年そこそこ。
 昨日通った時は、営業時間外でひっそりしていたが、今日の夕方は煌々と明かりが点いていた。
 
140413_コンビニ予定地.jpg 白井工業団地から手賀の丘公園へいたる坂道を下って、今井の桜の手前左側に整地されたところにこの看板が建てられている。
 コンビニ・セーブオンの建設計画だ。
 7月中には、出来上がる。
 便利になるなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

今井の桜

土曜日
140412_梨の花.jpg いい天気の週末になった。140412_来迎寺.jpg 白井市木の梨畑で、梨の花見をしてから、折立の来迎寺へ。
 枝垂桜が、まさに見頃。
 とっても見事だ。嬉しい誤算。
 これから、市内の桜の名所である、今井の桜を見に行くことにした。

140412_梨畑の向こう.jpg 西輪寺の先、林の中を歩いて北側が開けると、梨畑が広がる。
 梨畑の向こうに、傾斜した黒い板状のモノが見える。
 太陽光発電の、ソーラーパネルである。此処からでは、パネルのサイズ・枚数が判然としないが、あれだけ大きいければ出力数十kWはありそうだ。
140412_花の下の犬.jpg  白井市内にも、空き地を利用したソーラー発電所が増えてきた。

 さるお宅の庭の大きな椿の木の下、椿の花が沢山落ちている中に犬が寝ている。
 なんとも贅沢なことだ。

140412_今井の桜@.jpg
 金山落しぞいに咲く、今井の桜。
 まだ花が残っていて、水面に花びらが浮かんで映えている。
140412_今井の桜A.jpg 右側の桜は、昨年10月の台風で木の根元から倒れている。
 それでも、健気に花を咲かせている。
 他にも、台風の時の濁流で木の根元の土がえぐられ、傾いた桜が数多くある。
 今井の桜も、手を掛けないと、あちこちの木が危ない。

 
 松山下総合運動公園から亀成川を沿いを遡ると、手賀沼の水位が高いせいか流れが無い。
 長楽寺への橋の付近で、ようやく水の流れが見える。
 亀成川は、印西牧の原の調整池まで、河川改修工事がなされてしまい、昔の小川の風情は失われた。
 これでは、ほたるばしの辺りでは、もう蛍は見られないのではないか。
 
140412_牧の原公園.jpg 印西牧の原駅の北側は、宅地開発が進められていた。
 宗甫の明神さまから駅の方を向くと、遮る林は消えてなくなった。
 数年前コスモス祭りが開かれていた牧の原公園。
 キャッチボールを楽しむ親子連れ1組と、花見の若い女性のグループが一組のみ。
 静かなものだった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

桜もいろいろ

金曜日
140406_散り始め.jpg 日曜日の散り始めの桜、ソメイヨシノ。
 ガクは、赤い。白い花びらが散り葉が出てくる前は、この赤が木全体を赤く見せる。
 ソメイヨシノは散ってしまうが、八重桜はこれから。

 足立区の大谷田南公園の環七側に、日産の中古車屋さんがあり、そこにリーフが置いてある。
 ついに電気自動車も、中古車が出回り始めた。
 一緒に並んでいる車は、ADワゴンやNOTE・キューブ。車の格が同列だと判る。
 車自体の魅力は、せいぜいその程度の車なのだ。リーフの高価格は、電池の値段。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

春本番

木曜日
140410_桜.jpg 桜ソメイヨシノの花は、今週末にはすっかり散ってしまいそう。
 すっかり暖かくなり、1ヶ月前とは大違い。
 朝、松戸から水元公園を通って亀有の事務所まで歩くと、いささか暑く感じるほどで背中は汗が流れる。
 昨日今日は、霞んで江戸川の堤からは、富士山は望めない。

 朝は、まだ開き初めのハナミズキが、夕方にはすっかり開いていた。

 江戸川の堤には、つばめが飛んでいる。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

チューリップ

水曜日140406_花壇.jpg
 あちこちの花壇で、チューリップが咲き始めている。
 東水元の家々や、駐車場の隅でも、咲いている。

 チューリップは、可愛い花。形が判り易く、幼稚園の子供でも絵に描きやすい。
 小学校の頃、家の裏庭に球根を植えて観察した。
 花が終わって放っておくと、来年も芽を出して花が咲く。数年、続いた。

 チューリップの花は、富山県が有名。
 昔は、新潟市にも広大なチューリップ畑が拡がっていて見ごたえがあったが、宅地化などで殆ど姿を消している。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

近場の桜

火曜日
 140407_ファミマ清水口店.jpg140407_保育所前の桜.jpg 西白井複合センター向かいのファミリーマートの奥、清水口保育園前の公園にある見事な桜。
 ファミマが出来る10年程前は、通りから良く見えた。
 今は、ファミマの陰になってしまったが、それでも存在感は年々増してくる。

 ファミマで缶ビールでも買って、暫し眺めるのも一興。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

新学期

月曜日
140406_小室公園下.jpg140406_小室公園1.jpg 昨日6日の、船橋市小室公園の桜。
 左は、小室中学校の校庭の下。
 右の写真のメタセコイヤの向こう側が、小室小学校と中学校。
 千葉ニュータウンの中、唯一の船橋市。
 
 今日から新学期。
 桜の花の中で、新学期が迎えられそう。

 新しいと云えば、北総線新鎌ヶ谷駅の下り線ホームの照明が、蛍光灯からLEDに変わった。
 約1/2位の省エネになる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

君知るや・・

日曜日
140406_梨畑.jpg140406_梨の花咲く.jpg いよいよ、日本一の梨の里に、梨の花が咲いた。
 梨の品種により、暫く花が楽しめる。
 梨畑は、棚を組み枝を結わえるから、梨の花は絨毯のように咲く。
 梨は、桜と同じバラ科の植物だから、花の姿形は殆ど同じ。

 140406_R464の桜.jpg R464沿いの桜は、今日が満開をちょっと過ぎて見頃を迎えたようだ。



 
140406_鎌ヶ谷貝柄山公園.jpg 豆蔵さんから新鎌ヶ谷駅への途中訪れた、鎌ヶ谷市貝柄山公園。
 



今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

桜散る

土曜日
 久しぶりに、印旛日本医大駅から佐倉方面へ行った。
140405_西白井駅.jpg 昨夜は飲みすぎて朝寝坊してしまい、北総線を使うことにした。
 ここは電車代が高いのでPASMOを使わず、お茶屋さんの前に設置されたばら売り回数券の自販機を利用。
 通常料金¥620のところが、¥500で乗れる。これを使わない手は無い。

140405_印旛日本医大駅周辺.jpg

 駅前に着いて、驚いた。
 ニュータウン事業で駅前に作った、スーパーマーケットも商業施設いにはのバリオも消えていた。
 少し進むと、那須塩原から温泉を運んでいる温泉施設が、看板を残して消えている。
 全くこれじゃ、千葉”ニュータウン”どころか、ゴーストタウンだ。
 
140405_佐倉市民の森.jpg 桜並木の印旛沼沿いの自転車道から、草ぶえの丘へ向かうと、途中に見事な長屋門。
 佐倉市民の森の中にある、旧増田家住宅。隣の広場に、桜が見事に咲いている。
 岩名の運動公園では、少年野球の試合が行われていた。
 この辺に来ると、帽子を被りリュックを背負った、老人の群れが歩いている。
 先頭は三角の小旗を掲げて、その後ろにぞろぞろと付いて行く。道一杯に拡がって、歩道がある道路でも、歩道を歩かない。困ったものだ。
 桜の城址公園の桜の花は散り始めていて、かえって見事だ。花見で賑わっていた。
 
140405_吉岡福星寺.jpg 四街道市吉岡の福星寺の枝垂桜。
 いささか、遅かった。
 もう花は、殆ど散ってしまっていた。地面にびっしり、桜の花びら。

 ため息をつきながら眺めていると、次々と桜を見に来る人がやってくる。 

 来年には、いい時に来れるかな。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

桜・桜・さくら

金曜日
 「たった1人の行為がNHKに対する信頼のすべてを崩壊させることもある」「自らの行為の影響や責任の重さは昨日までとは全く違う」。
 NHK籾井会長のNHKの入局式で、新人職員にスピーチしたということだ。
 これが、自身の反省の弁なら、誠に殊勝なことだ。

 さて、「自分が新人で入社した時の、社長の訓示を覚えていますか。」という、TBSラジオを聞いて、ワシはどうかなぁ。
 全く覚えていない。
 この辺が、出世するか否かの分かれ目か。
 いまさら反省しても、しようが無い。

 松戸駅で改札を出て、小雨の舞う中を亀有の事務所まで歩く。
140404_西白井駅.jpg 西白井駅は、ほぼ満開。
140404_松戸神社.jpg 


      松戸神社の前。
 葛飾橋から江戸川の水面を見ると、細かなモノが浮かんでいる。
 桜の花びらだった。昨夜の風雨で散り始めたらしい。

140404_水元桜堤通.jpg 東金町7丁目から続く、桜堤通り。140404_水元公園.jpg



 水元公園。


140404_中川公園.jpg
 中川の下水処理場の裏手にある、中川公園の桜。
 一昨日は、この桜の下で花見をする人が大勢集まっていた。
 朝は小雨交じりで、人も殆どいない。
 昼頃、晴れた下ではどうだったか。


140404_不忍の池.jpg 上野の不忍池。
 もう桜は、満開を過ぎ、花びらが池の水面を覆っていた。
 上野公園は花が散り、もう残り少ない。
 観音堂前の、枝垂桜が綺麗だった。

 秋葉原から上野界隈を歩くと、聞こえてくるのは、日本語以外の言葉が多かった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

花見は中止

木曜日1403029_柳瀬川_.jpg
 今夜は、会社の部で花見を予定していた。
 朝一、天気予報により今夜は雨の公算が高いため、早々に花見を中止と判断が下った。
 いい判断だ!

 天気予報は、昼は一旦雨は上がるが、夕方降りはじめるというモノだった。
 ところが、丸一日ずっと雨が降り続けた。

 「歪みの国 韓国」金慶珠著は、ツマラヌ本だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

春の丘

水曜日
1403029_狭山丘陵の花.jpg 所沢市堀之内の金仙寺の先、坂道を登って行ったところからの、野山の眺め。
 色とりどりの木々の花が、ほっとする。1403029_丘で眺める.jpg
 丘の上で老人が二人、静かに景色を眺めている。

 こんな場所で、のんびりするは、いいものだ。

 デッキチェアを持ち込み、ウィスキーでも飲みながら文庫本でも読む。
 そよ風の中で本を読み、時折ウィスキーを舐めながら景色を楽しむなんて、最高の贅沢。

 書店で、変な本を見つけた。
 久住昌之「野武士 西へ」。
 月に1・2回のペースで歩いて、歩いた先から電車で帰り次には電車でそこまで行き、また一日歩いて電車で戻り、大阪まで歩いて行った散歩の記録。
 ワシが一昨年から千葉県外周一周を歩いたのと、おなじ手法で大阪まで歩いた奴がいた。
 よくあるTV番組や散歩のガイドブックの在り方に反発し、散歩は気ままに歩くべきという。
 散歩のガイドブックは、殆どが食べ歩きだ。納得しないのは、ワシも同じじゃ。
 

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

西武球場前の金乗院

火曜日
 1403029_金乗院.jpg 所沢の西武球場前駅を出て、右手の歩道橋を渡ると、ゲートが閉鎖されていて階段で下に降りるしかなかった。
 7時5分頃、狭山不動尊の門は、まだ閉まったまま。
 左手へ歩くと、丘を利用して墓地と五重の塔が見える、金乗院。1403029_金乗寺七福神のお堂.jpg
 ここは、自由に入れる。
 数段の石段を登って境内に入り込むと、龍で囲われたお堂がある。
1403029_金乗寺七福神.jpg
 中国風の屋根の下には、全ての七福神の石像。
 お堂の奥の斜面には墓地が配されていて、登って行くと朱色の塔がそびえている。

1403029_金乗院_佛塔.jpg これは五重の塔か。
 お寺にある五重の塔や三重の塔とは、だいぶ造りが異なる。
 千躰観音堂というらしい。

 このお堂が建つ場所が、狭山湖の周囲で最も標高が高い場所のようだった。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする