2014年05月31日

梅雨間近 暑い

土曜日
140531_復旧工事.jpg 昨年10月の台風の雨で崩れた、神崎川の堤の修復工事がようやく始まった。
 工事の為、神崎川沿いの道が折立橋から工事現場まで、綺麗に整備された。

 神崎川の堤は雑草が伸び、朝露でズボンが濡れる。
 モンシロチョウが、あちこちに姿を見せる。
140531_梅雨時の花.jpg そろそろ、梅雨の時の花が咲き始めた。紫陽花、ビヨウヤナギ。
 あの黄色い花は、梅雨の花だと思う。
 もう1種類、中国伝来の黄色い花が、キンシバイ。
 キンシバイは、勤務先の亀有の事務所の周囲に、今週初め頃から咲き誇っている。

140531_栗の花.jpg
 栗の花も咲き始める。
 栗の花は、なかなか『花』って感はしない。

140531_屋根が付いた.jpg 久しぶりに、神々廻のあの犬に会いに行った。
 犬小屋の上を、大きく覆うように屋根が付いた。
 よかったなぁ、ムック。

 清戸の薬王院へ行くと、2匹の豆柴が「熱烈歓迎」してくれた。

 今日はもう、暑い。
 暑くも無く寒くも無い、ちょうどいい季節は、とても短い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

信用に足る国か

金曜日
 北朝鮮と日本政府は、拉致被害者調査で合意し、経済制裁の段階的解除を表明した。
 しかし、そんなに簡単にあの国を信じていいのだろうか。
 原発廃止や核廃絶について、過去に約束を悉く反故にしてきた国。
 実績が上がるまで、実施は見合わせるべきでは。

 21時からの日テレで放送した映画、「藁の楯」を見る。
 酷い話。
 金さえあれば、何でも出来る。自分で手を下さず、憎む奴を無関係な他人に殺させる。
 その金持ち老人の行為は、殺人教唆。人心を惑わし、法治国家を蔑にするものだ。

 某国なら、平然と行われていそうなこと。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

ETCカード更新

木曜日
 昨夜、大仰な宅配便が届いた。
 パッケージを開けてみると、カード会社からETCカードの更新版が入っていた。
 ETCカードは、有効3年のようだ。
 もうETCカードは、3枚目だ。すると、使い始めて6年が過ぎたか。
 ETCは、とても便利。高速道路を使って遠出する時、お金の心配をしなくて良い。
 寒い時、暑い時、料金上で窓を開けずに済み、快適さが失われない。

 ETCを付けた当初は、利用者が少なかったので、料金所の通過時にいい気分だったが、今では普通になった。今では、ETC装着車のほうが、大勢になった。
 ETCを装着したのは、静岡県小山町に通うためだった。
 土日の早朝に利用するので、ETCの早朝割で取り付け費用はあっという間に回収出来た。

 割引制度も、じわじわ薄れて来た。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

目の保養

水曜日
 今日、コナミスポーツクラブ五香に、凄い可愛い娘が来ていた。
 新しい会員のようだ。
 まだ二十歳前だろう。
 ちょっと見、武井咲に似ている。
 
 可愛い子は、見るだけで和む。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

日本に相応しい防衛用の戦闘機は何か

火曜日
 中国で戦闘機が、高速道路上での離着陸訓練に成功したそうな。 あの中国が公表したとは、珍しい。
 機種は、あの美しいフォルムのスフォーイ27らしい。
 あの中国の高速道路なら、周囲に何もなく直線が長いので、STOLでもないSU27でも出来るのだろう。
 軍事力として、こういう運用が出来ると、アピールすることが大切。

 その事自体は、あまり珍しい事ではない。
 ヨーロッパでは、軍用機が緊急時に高速道路を滑走路代わりに使うことは、何十年も前から想定されている。
 スウェーデンのサーブのビゲンやドラケン、最新のグリペンは、そのためにSTOL性能を持つ。
 現在の空自の戦闘機は、STOL性能も無く、ましてやVTOL機は皆無。
 基地から防空識別圏まで距離があるから、高速性能を要求されF−15やF−4が選ばれているらしい。
 本当の理由は、違うのかもしれないが。(アメリカから購入しないといけないとか)

 日本では、空自の戦闘機がそのような運用をすることを想定していないのだろう。
 あの狭い道幅で、中央分離帯があり、道路の両サイドに遮音壁。
 国内の防衛の為には、ハリアーのようなVTOL機を持つべきだろう。
 災害時の調査・緊急支援等では、ハリアーなら短時間で国内何所へでも駆けつけられる。
 ハリアーは旋回性能等の機動性は高く変幻自在な動きが執れ、領空侵犯機に対し威嚇の効果は大きい。
 高速性能は、マッハ級のF−15には遠く及ばないが。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

もう事務所は夏の気温

月曜日
 5年前に建てた事務所は、換気がとても悪い。
 空調設計において、換気量の設定が最低限度だったようだ。
 騒音対策の為、窓が開かない。そのため、外気の導入は空調に依存する。
 ところが、「省エネ」のために空調を止めたがる。すると、外気の導入量は低下し、快適性はがた落ち。
 焼け石に水で、事務所のドアは開放し、事務所内に扇風機を置く。
 ただし、ドアは一方向にしかない。その為、換気はたいしたことが無い。換気には、入口と出口が必要。
 扇風機をむやみにまわしても、中の空気をかき交ぜているだけで、気流を考慮していないから効果は少ない。
 こんな基本的な事も判らないのが、「ビルの快適性を支援する設計」部隊なのは、片腹痛い。

 紺屋の白袴。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

いいのかな

日曜日
 帰り際に、鎌ヶ谷の豆蔵さんでコーヒー豆を購入することだけは決めて、のんびりさしたる目的も無く、ぶらぶらと歩いた。
140525_R464仮置き場.jpg R464の鎌ヶ谷市運動公園近く、元少年野球場があった場所は、今年の春ごろこんな風に土が盛り上げられた。
 市川付近で行われている、外環道工事に使用する土を3年後の平成29年まで、置いておくという。
 しかし、この土はどこから持ってきたのだろう。

 最近、太陽光発電パネルの設置が盛んだ。
140525_太陽光パネル.jpg
 市川大野の本光寺は、本堂の屋根に49枚も設置している。
 約5kW以上の出力が得られるから、普通の家なら3軒分くらいの出力。


 本堂の屋根は、広くて傾斜も程よく太陽光パネル設置には最適だろうが、なんとなく釈然としない。

140525_貝柄山公園噴水.jpg140525_貝柄山公園.jpg 今日は暑くて、噴水がうれしい。
 鎌ヶ谷市貝柄山公園は、3つの噴水が噴きあがっていて、涼しげ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

横須賀馬堀海岸から三崎口へ

土曜日
 今日催された、 三浦半島100km・60kmみちくさウルトラマラソンと、殆ど同じルートを歩くことになって、道案内が付いていて、楽に歩けた一日だった。
140524_大津駅.jpg 大津駅を7時20分出発。
 横須賀海岸通りに出ると、すでに100kmマラソンを走る人が、ここまで来ていた。
 スタート後2時間半、速い人はもう30km近くを走って来ている。

140524_走水神社.jpg
 走水神社に登ると、弟橘姫のレリーフがある。石段を登り本堂の右側を登ると、古い祠があった。
 東京湾の向かいは、富津岬。
140524_戦没船員の碑.jpg 神社の横の駐車場を進むと、「ふるさとの森」と云う看板の奥に薄暗い道が続いている。
 登って行くと、森のロッジが林の中に突如現れ、更に進むと花の丘が開けていて、海の見える丘に戦没船員の碑が、建っている。
 少し下ると、明治時代の砲台跡が、5か所もある。
 観音岬は、横須賀の港と東京湾の防御陣地だったのか。館山も、富津の岬にも、砲台跡がある。
140524_東京海上交通センター.jpg140524_観音岬灯台.jpg 現在のレーダー式の灯台と、昔ながらの灯台がすぐ近くにある。海上交通センターを見学することが出来なかったのは、とても残念。
140524_灯台光源.jpg 観音崎灯台内部には、全国各地の灯台の写真が飾られていた。
 灯台の光源を間近に見ることが出来る。フレネルレンズで、レンズを薄くし透過損失を抑え、遠くまで光が届くように工夫されている。
140524_浦賀水道.jpg 灯台の上からは、向かいの東京湾観音が霞んで見えた。

 久里浜の海岸から見える富津竹岡や富山は、とても近い。浦賀水道は、ちょっと広い川にしか見えない。

140524_ランナー.jpg
 このマラソンは、普通の交通状況の中を、ランナーが道路の端を走って行く。

 久里浜付近で、ランナーが追い越して行く。
 この辺で、ランナーは50km近くを走破していて、昼に向かって疲労が高まっている。

140524_西浦賀燈明台.jpg140524_劒崎灯台.jpg 西浦賀の燈明台の所は、マラソンのエイドステーションになっていた。
 三浦市劒崎の灯台。この灯台の手前に、エイドステーションがあった。

 三崎町城ケ島へは、時間的に厳しいかと思って、今日は渡らずに済ませてしまった。
 ことごとく、100kmマラソンとルートが重なってしまった。
 三崎港からは諦めて、100kmマラソンと同じように歩くことにした。
 そうなると、マラソンのスタッフが道案内をしてくれるので、地図も不要。

 三崎町引橋のY字路を越えると、のびやかな景色が拡がり、とてもすがすがしい気分になれた。
 千葉県では、こんな広々とした景色が望める場所は無い。いい景色だった。
140524_京急線三崎口付近.jpg 140524_京急線三崎口駅.jpg 京急線の終点三崎口駅へ、列車は鉄橋を渡ってくる。
 京急の赤い車両が、景色に映える。

 また来たい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

歌のようには行かないのか

金曜日
 朝、TV各局の天気予報では、各地の中継映像が流れる。
 NHKは、潮来のあやめ園だった。あの太鼓橋は、何度か渡った。
 見覚えのある景色が出ると、ちょっと嬉しい。

 ASKAが覚せい剤所持で、逮捕されて1週間。
 いまだに事実を認めていないらしい。
 尿検査でも、髪の毛からも、覚せい剤の成分が検出され、証拠は十分。
 僭越ながら、彼にこの言葉を投げたい。
 
 SAY−YES

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

横須賀海岸

木曜日



 140517_逸見の街.jpg 安針塚から急な坂道の途中、有料道路の料金所の見える所では、横浜が見える。
 下りきると、ほっとするようないい雰囲気の街並み。逸見の街。
 アーケードのある商店街は、まるで新潟県加茂市のよう。商店街には、「逸見按針通り」の幟。
 三浦按針は、こんな風貌だったのだろうか。
 逸見の街の人々の、三浦按針氏を敬愛していることが窺える。
140517_三笠公園.jpg 逸見駅から出た横須賀街道は、とっても広々。
 JR横須賀駅は、存在感が希薄だった。
 R16沿いを歩いていて、御幸の石柱に気づいて右へ折れ、どぶ板通りへ。
 水兵姿の自衛隊員や、やたらと大きなアメリカ人が目に付く。
 三笠公園で、記念艦三笠を見る。
 思いのほか小さな船だ。日露戦争当時の、船腹に大砲を備え戦艦同士が並走して砲撃しあった、古い戦い方をしていた頃の遺産のような船。
 第二次大戦の頃には、主砲が巨大化し船腹には付けることが出来なくなる。巨大な大砲を真横に放つと、その衝撃で転覆する危険があるからだ。
140517_馬堀海岸.jpg 夕暮れ迫る馬堀海岸。
 ここから夕日が望めるとは、意外だった。
 大津漁港の辺りで、夫婦連れが後ろから追い上げてきた。
 歩く速度はとても速く、じわじわと置いて行かれる。
 しかし、両手を大きく前後左右に振り回す。あんな歩き方で、どれくらい歩き続けられるのだろう。
 ワシも昔は、30分で4kmは歩けたが、いまはとても出来ない。

 横須賀市に入って目にした、マンホール。
140517_横須賀のマンホール.jpg

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

海の公園から安針塚

水曜日
 PC遠隔操作事件で無罪を主張し保釈された被告が、実は真犯人であることが露見し保釈を取り消された。
 被告人は、「私が真犯人です」と告白したという。
 しかし、仮釈放中に監視が付かないとでも思っていたのか、大甘である。
 「彼は、平気で嘘をつく人間だ。」と、解説されていた。
 ならば、今度彼は「多重人格」(解離性同一性障害)かどうか、診断されるのではないだろうか。



 土曜日の散歩を振り返る。その2
140517_海の公園から.jpg 海の公園は、まるで真夏の海水浴シーズンのような賑わい。
 迷子の案内をする放送がされていて、とても懐かしい思いがした。
 なんでこんなに人出があるかと思ったら、海から上がってくる人の持つバケツには、貝が一杯。
 潮干狩りでの賑わいだった。
 海岸沿いに建てられた標示板によると、この綺麗な砂浜は、砂を運んで人工的に作ったものだそうな。

 金沢シーサイドラインの高架の下を歩き、野島公園へ渡ると「伊藤博文金沢別邸」がある。
140517_伊藤博文別邸.jpg

 正面から見たところ、茅葺のこじんまりとした家だなと思ったら、奥行きは広く大きな邸宅だった。

 伊藤博文別邸の裏口を出て、すこし進むと野島公園と海岸への道が分かれていた。 
 ちょっと小高い丘なので、野島公園への坂道を選んだ。
140517_野島公園からの眺め.jpg 公園の頂上に展望台があり、そこからの眺めは結構なもの。
 横浜教育委員会の歴史標示があり、ここが野島貝塚であると知る。
 八景島シーパラダイスが、日産の追浜工場のテストコースが良く見える。
 追浜のテストコースは、今はもう使われていない様にみえた。
 日産の工場の横を歩き、浦郷町方面へトンネルをくぐる。
140517_謎の高架.jpg トンネルを越えたところに、まるで鉄道の橋桁のようなものが2本、連続して架っている。
 海側は工場だが、山側は直ぐに住宅地。
 一体何なのかさっぱり分からず。
 道なりに進むと、なんどかトンネルを通過。歩道が申し訳程度についた、細いモノ。
 途中、向から来た自転車は、ワシが通り抜けるのを入口で待っていてくれた。感謝!!

140517_浦郷町観音寺.jpg 観音寺への道は、幅の狭い階段の道だった。地図では水平方向に150m程しかないが、傾斜が25〜30度近くあり、とてもきつい。
 両側に住宅が立ち並び、途中で自転車を出して下ってくる人がいた。
 登りもきついだろうが、下りは恐怖だろう。
 登り切ったところに、観音寺があった。
 ちょうど、本尊の開帳中で、「撮影禁止」と掲示。内部に鎮座してる御本尊は、眺めるだけにした。
 狭い境内には、これまた可愛い寿老人。

 急坂を下り、もとの道へ。 
 東芝ライテックの工場前で、R16(横須賀街道)に合流。
 今度は大きなトンネルを越え、Y字路を細い海側へ進む。
 殆ど車の通らない道で、この先は自衛隊の敷地で通り抜けられない不安に駆られた。
 無事に抜けられ、ベイスターズの練習場前に出られた。
 横須賀線の踏切を越えると、複雑な交差点を歩道橋で渡る。真っ直ぐ進むと、京急の安針塚駅。
140517_安針塚.jpg 安針塚への道は、とても急峻だった。
 安針塚は、日本名三浦安針こと英国人ウイリアム・アダムスと妻ゆきのお墓。
 遠い異国に漂着した境遇で、自らの技術力で徳川家康の信任を得て、幕府の外交顧問となりこの墓のある逸見の地に250石を得たという。
 不屈の人だったんだなぁ。

<続く>


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

磯子から八景園

火曜日
 靄のたれこめた朝。


 土曜日の散歩を振り返る。
140517_磯子旧道.jpg140517_磯子金蔵院.jpg R16との交差点を歩道橋で渡り、暫く行くき旧道へのY字路を右の旧道へ。
 ぐっと静かになる。
 金蔵院の色鮮やかな観音堂。道沿いには、「鮭塚」と刻まれた大きな石碑。
 80年以上前に建立されたものらしく、「鮭」と刻まれているが魚介類全般の供養のためらしい。
 旧道は、静かだ。
 磯子駅近くになると、旧道の上り坂はきつくなる。
 左の脇道にそれ、急な下り坂をおりていくと、先に見える景色は、疲れを忘れさせる。
 磯子駅付近で、R16から産業道路を歩き、消防署の付近で右へ折れ旧道に向かう。
 杉田の駅で左に折れ、R16に戻る。杉田の交差点で、複雑な歩道橋を渡ってR16より左に向かう。
 この先は、日本飛行機の敷地だが、どこか先に歩いて抜ける道はあるだろうと思って入り込んだが、本当にどん詰まりだった。
140517_富岡公園.jpg R16に戻り。富岡公園の入口に辿りつく。
 思いの他、急な登り下りで、公園の展望台に着く頃は息もあがる。
 

 公園を下り、団地の端の緑道を歩いて行くと、高架のシーサイドラインが目にはいる。

140517_八景島.jpg
 八景島へ最も大きな橋を渡って入った。途中にあった、マリーナから八景島駅へ渡る歩行者用の橋の入口を見逃してしまったからだ。
 幸いシーパラダイスの入口は、トンネルを越えた先にあり、入場しなくとも下の広場に出ることができた。
 メリーゴーランドの前から橋を渡り、海の公園に入ると多くの人たちで賑わっていた。

<続く>
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

本牧山頂公園と三溪園

月曜日
 自動車のTPPに関するアメリカの主張は、どうしようも無い。
 「トヨタの販売店で、アメリカ車を売らないのはおかしい」。「アメリカ車が日本の安全基準を満たしてい無くとも、日本での販売を認めろ」。
 ヨーロッパ車は、日本国内での販売はここ数年上昇基調。
 安全基準も満足しているし、販売チャンネルは独自に開いている。
 ヨーロッパメーカーは、輸出先に合わせて仕様を変更している。
 自らの企業努力を全くせずに、売れないことを他のせいにし、政府から圧力を掛けようとする。
 そもそも、アメリカ車はアメリカ国内で、どれほどのシェアを持っているのか。
 2013年の統計で、アメリカ国内でアメリカメーカーは50%を切っている。
 自国内ですら、5割に満たない。その車を、道路事情も道路交通法も異なる国に、アメリカ仕様のままでは売れないのは当たり前。

 土曜日の散歩を振り返る
140517_本牧山頂公園.jpg

 本牧山頂公園。小高い丘で、港側からぐるりと眺望が開いていて、とても気持ちいい。
 桜並木があり、春先には桜のトンネルになるだろう。
 アメリカ坂を下り、本牧通りに出る。予定では新本牧公園を通って、本牧通りに出る筈だったが、本牧山頂公園の道が心地よくて公園の端のアメリカ坂まで来てしまった。
 本牧通りは、歩道が広々として、桜が街路樹として植えられている。
140517_三溪園.jpg
 三溪園に、入園料¥500を払って、園内に入った。
 入った瞬間、大きな池と小高い丘の上に塔が見える。
 パンフレットで、三重塔だと知る。
 塔の下まで石段を登ると、三重塔の周囲は木立に囲まれ、全景が見える場所は僅か。
 三重の塔の先に展望台の案内があったので、高いところの好きなワシは行ってしまった。
 展望台には、清涼飲料水の自販機もあった。横には、ゴミ持ち帰り用のビニール袋が備え付けられていて、「ゴミはお持ち帰りください」と掲示。
 一方的に「ゴミを捨てるな」とするより、とても親切だ。
 展望台の西の方を見ると、日石のコンビナートの向こうに、富士山が見える。
 これから先、根岸の本牧通りを歩く間、ずっと富士山が見えていた。

140517_磯子八幡神社.jpg 三溪園の南門を出て、首都高根岸線の下の道を歩いて、根岸駅前を過ぎ橋の手前に八幡神社があった。
 「敬神」の石碑の文字は、「東郷平八郎書」と刻まれていた。
 すぐ先の八幡橋を渡ると、通りはR16「横須賀街道」。

 <続く>


  今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

天気の変化は速い

日曜日
140518_朝露.jpg140518_じゃがいも.jpg 昨日に続いて、すっきりした晴天。
 朝、気温が下がり、草に着いた朝露が朝日を浴びて、キラキラ光っている。
 あちこちの畑で、白や薄紫の控え目な花が咲いている。
 ジャガイモの花。
 こいつが咲くと、初夏かなと思う。

140518_来迎寺.jpg 先週、七福神祭りが行われた、折立の来迎寺へ。
 お寺の前に広がる菖蒲田は、いまでも見頃だ。
 境内に入ると、遠目に妙なモノがある。
 カメの上に、ヨシズの屋根を載せている。メダカが入っているようだ。
 いろいろやるもんだ。

140518_西輪寺.jpg
 西輪寺は、イチョウの葉で陽射しが遮られ、とっても涼しい。

 ほうきを持た小坊主さんの前に、カーネーションがいけられていた。

140518_ホオジロ.jpg140518_トビ.jpg
 手賀沼沿いの自転車歩道の脇では、ホオジロがゆったりと囀っていた。
 トビが、凄く低空まで下りてくる。

 GW頃から、一挙に陽射しが強く気温もググッと上がって、先週からはまさに初夏の陽気。
 4月初旬には、肌寒くてブルゾンが必要だった。一ヶ月少々で、半袖ポロシャツで充分。
 日焼けが急激に進み、腕はまだらに色が変わった。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

横浜から横須賀

土曜日
140517_臨海パーク.jpg 140517_NG.jpg とってもいい天気。
 横浜駅に着いて、歩道橋を渡りそごうから横浜ベイクオーターに渡って、リュックからカメラを取り出しスタイルを整え、歩き出した。
 マリノスタウンの前は、ビル建設用の巨大な鉄骨を積んだトレーラーが待機中。
 臨海パークの南は、パシフィコ横浜。
 キラキラした陽射し、涼しい風。何度もTVで見た景色が、目の前に広がる。
140517_大さん橋.jpg 大さん橋国際旅客ターミナルの木製のデッキは、とても気持ちいい。スロープの部分は柵で囲われて、「入ってはいません」と掲示。
 ここは、是非歩いて、走って遊びたい。140517_大さん橋からの眺め.jpg さん橋の上からランドマークタワーの方を見ると、ビルの合間に富士山が見えていた。
 いいなぁ。
140517_山下公園.jpg 赤レンガパークから象の鼻パークへ渡る橋で、自転車が走っている。道路は、揃いのシャツを着た人が、見張っている。
 何があるのかと思ったら、トライアスロンが開かれていた。
 世界トライアスロンシリーズの横浜大会。しかも今日は、エリートシリーズ。
 NHKや他のTVの中継車が待機。
 コースを渡らないと、港の見える丘公園へ行けないから、暫く待って見ていた。
 通り過ぎた女性のランナーは、左腕の肘から先が無かった。
 港の見える丘公園は、数年前に会社の行事で来たことがあった。
140517_港の見える丘公園.jpg イギリス館前のバラ園は、バラの花が一杯。
 外人墓地は、鍵が掛かっていて、ちょっと覗いただけ。
 元町公園の方へ向かうと、雙葉中の生徒たちが歩いて行く。
140517_電話BOX.jpg 公園前の公衆電話BOX。 

 横浜だけ歩いても、丸一日かけられそうだが、先を急いだ。
 本牧山頂上公園は、いい眺めだ。
 木々の緑がトンネルになって、木陰が涼しい。
 木は、なんと桜。
 アメリカ坂を下り、本牧通りをちょっと海の方へ進み住宅地の道をすこし行くと、「こちら三溪園」の矢印が現れる。それに従って信号の手前を右へ折れ、300m程で三溪園の入口に着く。
 入場料¥500を払って、入場。三重塔や遠望台を見て、南口から道路にでる。
 三溪園の外側は、切り立った崖だった。
 根岸から磯子の間、富士山が割と大きく見えた。
 磯子から先は、月曜のBlogに続きを。

 用意した昭文社「でっか字まっぷ、横浜・川崎・横須賀・鎌倉」は、三浦半島の浦賀から南と半島西側の葉山付近までは掲載が無い。
 次は、国土地理院の1/25,000の地図が、必要になる。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

姑息で拙速

金曜日
140516_sora.jpg  今朝の朝日新聞1面は、総理が集団的自衛権の行使へ向かうことで埋め尽くされている。
 紙面ではその記事を新聞社が如何に扱っているか、重要性が伝わってくる。
 Webサイトでは、その新聞社の意識の軽重は伝わってこない。
 大手新聞社の社説での反応は、予想通り。
 集団的自衛権の行使を認めるに、憲法解釈で突き進もうとする姿勢は、姑息だ。
 一時の内閣の解釈で軽率に決める内容ではない。
 やるのなら、正々堂々と憲法を改訂すべき。
 憲法に定めた通りの改訂手順を踏み、国会議員の2/3の同意を得て、国民投票で決定せよ。
 
 それよりもまず、自衛隊に交戦規程を設けよ。攻撃されてから、ようやく反撃できるのでは、現代の兵器水準では反撃など不可能。一撃で撃破される。
 交戦規程を設け、個別自衛権の範囲で、安倍総理のいう個別事態には殆ど対応可能だ。

 仮に、集団的自衛権の行使を憲法解釈で認めたとする。
 海外へ派遣され、前線に立つことになる。PKOの状態より、交戦の可能性が高まる。
 自衛隊員は、人を殺すことにもなるし、殺されてしまうこともありうる。
 そうなったら、自衛隊員になりたい若者は、現状維持できるか。
 集団的自衛権の行使の為、人員を維持するためにどうする。自衛隊の待遇を改善するか、徴兵制をとるか。
 海外へ派遣するとなれば、補給のため輸送手段を確保しなければならない。弾薬も燃料も人員も増やさねばなるまい、すると予算も増加が必至。国民負担が増すこと必至。
 そのような事柄を全て国民に明らかにしてから議論を深め、正しく憲法を改訂すべき。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

見とれる

木曜日
140511_バラ3.jpg 先週の献血による、血液検査の結果が届いた。
 殆ど二日酔いの状態で行ったのに、ALTやγ−GTPなどの生化学検査数値は、全くの正常値。
 γ−GTPは、過去最低値。20年前に比べると、一桁低い。
 血球数検査の数値は、赤血球数、ヘモグロビン濃度、白血球数等は、殆ど下限値。
 いわゆる、「血が薄い」。

 今週になってから、暑い程の陽気になった。
 昨日からYシャツは半袖に変更。
 若い女の子たちの服装は、一挙に色も形も軽やかになった。サンダルにミニスカートやホットパンツ。
 今夜の新京成で乗り合わせた女の子たちは、スカートが短すぎ。
 目のやり場に困るが、ついつい脹脛や腿の筋肉の付き方を見てしまう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

街は、中国語では”城”?

水曜日
140511_表現.jpg 千葉ニュータウン中央駅のホームの、駅名表示。
 和英漢ハングルの、4カ国語併記。
 中国語の漢字表現で、ニュータウンを『新城』と書かれている。
 そうかぁ、TOWN・街は、城か。
 中国で都市と云えば、北京や南京は城塞都市だから、街は城なのか。
 ぐるりを高い城壁で囲い、外敵から人と街を守るつくり。

 日本は城が中央にあり、その周辺に人が集まり街になった。
 ニュータウンが新城という表現は、違和感がある。

 さて、認知症で徘徊する老人が、問題になっている。
 もしもワシが、認知症で徘徊したらどうなるか。一日で50km以上歩いてしまうワシは、あっという間に千葉県外へ出てしまう。3日間もあれば、北上すれば福島県に、西へ行けば静岡県に辿りつく。
 10日もあれば、大阪に着いている。
 通常の感覚で捜査しても、到底見つけられないだろう。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

目くじら立てすぎ

火曜日
140511_バラ1.jpg このところ、小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」マンガ「美味しんぼ」の、放射性物質影響の描写が話題だ。
 『鼻血が出る』といかいうのが、被爆の影響だという表現。
 でも、騒ぎ過ぎではないのかな。たかだかマンガ雑誌の、マンガ(フィクション)でしょ。
 何処かの研究所の論文ではないだろう。
 ああやってメディアで騒ぎ立てるから、マンガを読む人も増える。話題に上がり、影響力が増していく。
 福島県知事も、「だって、創作マンガでしょ。面白くするために、極端にしてるだけですね」と、気にしなければよかろう。そのほうが、大人の対応だ。
 ここも『鈍感力』が必要だ。安倍総理の鈍感を、少し見習ってもいいだろう。

 あの漫画、まだ連載してたのか。ここ数年、単行本も見ていない。
 あの漫画の、社会的な影響力の大きさにも、驚きですよ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

散歩の時の持ち物

月曜日
140510_バラ.jpg  これまで近場の散歩時使ってきたのは、ウェストポーチだったが、先週末から近所の散歩の際もリュックを使いだした。
 持ち物は、殆ど交換レンズ1本と交換用バッテリー、定期券と家の鍵。 
 ウェストポーチのファスナーが壊れたせいもあるが、腰回りが重く感じて少々煩わしくなったから。
 これも、歳をとったからか。
 リュックの方が、腰のスリングでカメラを保持できるメリットもある。


 朝日新聞の今日の社説、「クルマ脳を改める」を読むと、『日本は道幅が狭いから自転車レーンが拡がらない』とある。
 『まず歩く人。次に公共交通と自転車。最後に私有車。道路を使う優先順位を見直そう。』と主張。
 郊外へ行くと、歩道どころか路側帯すらない主要道が多い。6m程度の幅の国道を、大型貨物車がすれ違う所を歩くのは、恐怖ですらある。
 歩いていると、「この道は歩く場所ではない」と、云われているように思う。
 歩行者・自転車ともに、2人並んで通りたい。
 道路構造令第11条第3項に、歩道の幅員は2メートル以上、歩行者の多い道路では3.5メートル以上、自転車歩行者道は3メートル以上、歩行者の多い道路では4メートル以上と定められている。
 朝日新聞の社説を実現すると、道幅4mは必要だろう。

 昔からのむら道は、殆どこの程度の道幅。
 すると、自動車は通れない道が、殆どになってしまう。
 昭和40年頃から作られたニュータウンは、ほぼ歩道の幅は確保されている。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

千葉テレビ鉄塔、谷津干潟

日曜日
 JRA競馬学校のオーバルコースの前を通ると、インフィールドにソーラーパネルが設置されているのが見える。
140511_通行止め.jpg 三咲稲荷神社から、古和釜方面へ向かう道に、「浄明寺から先、崖崩壊のため通行止め」の表示。
140511_がけ崩れ現場.jpg どうせ歩いて行けるはずと、歩いて行った。
 本当に、浄明寺の先が10m程崩れていた。
 確かここは、緑の金網の外に木が生えていて、向こうが見えなかった筈。少なくとも、端が2mの幅で崩れたのだろう。

140511_坪井せせらぎの道.jpg 桑納川を遡り、東葉高速鉄道の船橋日大前駅の下、せせらぎの道を歩く。
 建築工事用の仮囲いがあり、マンション建設の予定だそうな。こんなところに、7階建てのマンションか。このせせらぎは、壊されてしまうだろうなぁ。
 日大習志野高校の校庭を眺めると、全面人工芝でトラックはブルートラック。140511_千葉テレビ三山鉄塔.jpg
 成田街道に出たところは、習志野駐屯地の前。
 成田街道を歩いていると、千葉TVのアンテナが見えた。
 能天気なワシは、高いモノが大好きなので、アンテナを目指して歩いて行った。
 途中、正法寺でデジカメの電池が切れて、電池を交換。
 食品会社の駐車場の先に階段が見え、その先にアンテナが見えていたので登って行くと、子神社の裏手に出た。鳥居の前が、三山中学。そこから千葉テレビ鉄塔は、目の前だった。

 藤崎の森林公園で大沢家住宅を眺め、津田沼駅の南口から谷津干潟へ向かう。
 歯科医院の角を右に折れると、全く景色が違う。
 宅地開発で道が変わってしまって、ワケが判らずちょっと迷いそうになった。
140511_谷津公園入口.jpg140511_谷津干潟のオブジェ.jpg 谷津のバラ園は、「バラの開花は30%」と表示されていた。
 でも、外から覗くと、結構咲きそろっている。
 桜でも3分咲きは、満開に近い感じだから、いい感じだったのかな。

 船橋駅へ向かう途中、以前船橋総合病院のあった場所を通ったが、あの特徴的な丸い建物は姿を消していた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

ソーラーパワー

土曜日
140510_梨の実.jpg 梨の木に、小さな実がついた。
 実は、まだ直径10mm程度。140510_田.jpg 神崎川沿いには、まだ田打ちも終わっていない田圃が残っている。

 市民プールの駐車場に、バスが何台も停まっている。
 丘の上の運動競技場で何かイベントがあるのだろうと、白井橋を渡ってプールの駐車場へ。
 バスは、成田や栄町の中学校の陸上部のチャーターしたもの。
140510_白井運動公園.jpg 陸上競技場では、中学校の陸上競技会が開かれていた。
 会場では何処を見ても、何の競技会か全くわからない。
 スタンドの下の事務所前の予定表に、「3支部対抗陸上競技会」と記載されていた。
140510_延命寺.jpg 運動公園から、梨畑の中の道を延命寺へ。
 途中、鉄工所が無くなっていて、外国人が跡地を見分していた。
 
 延命寺は、木の葉が濃くなった。
 紫陽花は、蕾が見えてきた。


140510_阿夫利神社.jpg
 白井聖地公園から谷津を渡り、久しぶりに阿不利神社へ行ってみて驚いた。
 神社の参道の下に、大規模な太陽光発電所の建設中。
 おおよそ、100m四方。ざっくり、ソーラーパネルは7000uもあろうか。
 最近のソーラーパネルは、1uあたり120W位の出力だから、ここは800kWの発電所だ。
 ただ、林に囲まれているため日照時間は短く、出力可能な時間は短く効率は悪いだろう。
 谷津の非耕作地の有効活用として、いいことだと思う。 

140510_結縁寺.jpg140510_結縁寺前.jpg

 結縁寺の前の田には、睡蓮の花が咲いていた。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

招き猫、招かざるサービス

金曜日
 4月19日に世田谷の緑道を巡ったときに行った、豪徳寺。
140419_豪徳寺1.jpg

 三重の塔は、木肌の色がすがすがしい。朱色に塗られた、中山法華経寺、池上本門寺の五重の塔とは、趣きが異なる。
 あの日は、八重桜が散り際。地面が花びらで、桃色。

140419_豪徳寺の招き猫.jpg

 豪徳寺は、招き猫の発祥の地らしい。
 最寄駅は、東急世田谷線の宮ノ下。世田谷区の烏山川緑道から、参道がすぐ判る。


 自動車税を払い込んだ。
 納税通知書に、「クレジットカードで自動車税納付」の案内が入っていたので、これはいいかもと思った。
 しかしよく見ると、なんのメリットも無い。
 決済手数料が、¥342もかかり自己負担。しかも納税通知書は発行されず、次の車検を受けるには別途請求しなければならない。コンビニで払い込めば手数料無料で、納税通知書にその場で領収印が捺される。
 何のためのクレジットカード払いなのか。納税者にとって、デメリットしかない。
 利用する奴などいるものか。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

自民党の鈍感力

木曜日
 自民党はたいしたものだ。
 中国・韓国・アメリカが、靖国神社への閣僚参拝を問題視していても、馬耳東風。
 集団的自衛権の行使についても、「国民の大半が賛成している」とほざく。
 細川・小泉両元総理が、「即原発ゼロを国民運動に」と気勢を挙げても、「関心が無い」。
 
 たいした『鈍感力』である。

 某放送局の世論調査では、集団自衛権の行使に賛成するのは、34%程度。何所が、国民の大半なのか。
 さらに、反対するのは41%と、賛成を上回っている。
 
 「即原発ゼロ」ったって、現在原発稼働は0(ゼロ)なのだ。現状維持で、そのままってこと。
 石破幹事長は、「原発0で、放射性廃棄物が0(ゼロ)になる訳じゃない」とほざく。
 放射性廃棄物は、増やさないのがまず次善の策だろうが。放射性廃棄物の処分・処理施策が出来ないモノに、そんな言葉を口にする資格はない。
 中国・韓国・ロシアとの領土問題は、なんらの解決の糸口さえ見られない。140508_見る.jpg
 もっとも、隣国どうしはつねに衝突を繰り返すものが、歴史の常だ。
 
 それにしても、中国の最近の振る舞いは傲慢だ。
 周辺の弱小諸国に開発援助をするのが、大国の執るべき態度だとおもうが、ベトナムやフィリピンに対する姿勢は真逆。あの国は覇権に向かっている。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

東海道沿いのマンホール

水曜日
 歩いている最中、時折気にかかるのが、マンホールの蓋。
140507_MH所沢.jpg 所沢市は、「航空発祥の地」所沢らしく、複葉機3機と市の木イチョウの葉。
 真ん中のマークは、所沢市の市章。

140507_MH小金井.jpg 小金井市は、市の木さくらをデザイン。
 「こがねい」「おすい」の文字。
 蓋の縁に、模様が入っているのは、珍しい。


140507_MH茅ヶ崎.jpg 茅ヶ崎市は、昇る朝日にカモメと烏帽子岩。

140507_MH横浜保土ヶ谷.jpg


 デザインは、箱根駅伝の模様。
 横浜市保土ヶ谷駅近くの東海道沿いで見た。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

観音寺の花

火曜日   (振り替え休日)
 TV−CMで気になったこと。オランダ風車が、骨組みだけの羽根で回っている。馬鹿な。
 風車は、羽根に帆を張って風を受けて回るのだ。あちこちの公園では、電動で帆を張っていない骨だけの風車が回っている。あれを見ると、誤った知識が植えつけられてしまうだろう。
 あんな虚偽の映像をTVで流してはいけない。
140506_ソーラー発電所.jpg 西白井駅への道沿いの七次中学校の南側、一段高い土地の元畑だったところに、太陽光発電が設置されている。
 まだ、接続されていない。幅100m、奥行き15m程の敷地。ソーラーパネルは800uもあるだろうか。出力は、100kW近い。

140506_軽井沢ふれあい散歩道.jpg
 昨年の夏から気になっていた、鎌ヶ谷市さわやかプラザ軽井沢の裏山に作られた、林の中の散歩道。
 白井市側からの入口は、午後9時から開く。
 白井市側からは、土の段々を登る。段々の道端には、今シャガが咲いている。林の中の道は、コンクリートを一切使っていない。自然を活かした、造り。
 木々の葉で空が覆われ陽射しが届かず、夏でも涼しそう。
140506_観音寺門と参道.jpg 久しぶりに行った観音寺。
 写真左が正面観、右が境内側から見たようす。
 門の位置が変わっていた。前は、左側の写真右手の道路側にあり、3段くらいの石段を登って進んだ所にあった。場所はほぼ同じで、時計方向に90度向きを変えた感じ。門は、そっくり移築されたようだ。
 だいぶ入り易くなった。
140506_観音寺の花.jpg

 観音寺は、別名ボタンのお寺。 
 時期的に少し遅かったが、花が残っているボタンもあった。
 門を入った左手に、藤棚。
 本堂の右手に、名前は判らないが、魅力的な花。
 撮ってから気づいたが、皆むらさき色。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

一休み 池上本門寺

月曜日         (祝日 子供の日)
 今日は一日、イベントのお手伝いで、茨城へ。陽射しも暑さも一休み。


 4月29日に訪れた池上本門寺を振り返る。
140429_池上本門寺門.jpg あの日、本門寺に着いたのは16時頃。
 今日の午前中と同じように、細かい雨が降っていた。
 呑川沿いから池上小への道を通って、門の前に着いて驚いた。
 門の向こうには、石段しか見えない。
 この石段、加藤清正の寄進よって造営され96段もあるという。では、数えながら登ると、確かに96段。
 一気に登ると、どっと汗が出た。
140429_本門寺仁王門.jpg 石の参道を行くと、仁王門がそびえる。
 
 思ったほど、大きな建造物ではない。140429_本門寺五重塔.jpg
 本門寺の奥の道の向かいに大きな建物があり、そこに「池上本門寺」と掲げられていた。
 そこの小さな門の向こうに、藤棚があり紫の綺麗な花が咲いていた。

 本門寺の東側に、五重の塔があった。
 意外と装飾の少ない、簡素な造りの塔。
 蒲田方向に少し歩くと、五重の塔は殆ど見えない。

 この日、まだ明るかったのに、本門寺公園に立ち寄らなかったのは大失敗。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

ちょっと我孫子

日曜日   (国民の祝日 みどりの日)
 140504_田植え.jpg 田植えが始まった。
 昨日行った市原市周辺では、殆ど終わっていたが、白井市周辺は遅い。140504_ヒバリ.jpg これから田植えの田圃の畔。
 
140504_機械化.jpg 今どきの田植えは、機械で数条まとめて植える。
 田打ちも、トラクターでガガッと済ませる。
 苗代はビニールハウスの中で、田植え機に合わせたトレーに入れて、軽トラで運ばれる。
 
 田圃の農道は、この時期農業機械が勢ぞろいする。
 白井市の周辺は、梨畑の作業が優先されるためか、田植えの進捗は遅い。

 何気なく、我孫子市街へ行ってみた。
140504_我孫子公園.jpg140504_江戸神輿.jpg 我孫子公園のツツジ。

 天王寺駅の近くに、神輿社寺を掲げた工房があった。

 さすがに、我孫子だなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

市原ARTXMIXの会場をたどる

土曜日
 市原市で廃校した小学校の校舎を活用した、アートのイベントが11日まで開催されている。
 この期間中小湊鉄道が、フリー乗車券を設定したり、会場を循環するバスを運転している。
 日経のWebサイトで、3月頃取り上げられていたので、歩いて行こうと思っていた。
 天気予報によると、今日明日が最適と云うことなので、行ってみた。
 140503_牛久駅前.jpg 上総牛久駅前に、インフォメーションセンターが設置されている。
 旧内田小学校へ行く前に、チェーンソーアートの工房を覗いてみた。140503_香亜奈工房.jpg 看板を見る前に、道路から作品が見え木の香りがするので、すぐに判った。
 工房には、あちこちに作品が。
 これが皆、チェーンソーで作られたとは驚き。
 
140503_バス停.jpg140503_内田未来楽校.jpg ARTxMIXの会場には、専用のバス停の表示が設置され、会場をつなぐルートのあちこちにイベントのロゴをあしらった幟が立っていて、場所は判り易い。
 旧内田小学校の校舎は、郵便局の奥にあった。
 おそらく会場は、10時頃からだろう。まだ9時半前だから、外観だけ拝見し先へ。
 バス停の南側の橋を渡ったところに、現在の内田小学校がある。
 「この先行き止まり」の立て看板を無視し、鶴舞方面へ抜ける道を探る。
 途中までいい感じだったが、杉林の中に入ると直ぐに道が途絶える。
 ようやく、ゴルフ場の端に辿りつき、目論んだ道に戻れた。

140503_鶴舞の由来.jpg 旧鶴舞小の前、立派な巨木の下に銅像が建っていて、銅像の台に「鶴舞」の地名の由来が刻まれていた。
 明治2年国替えでこの地にやってきた、老中井上正直候が「鶴舞」と呼んだのが始まりだそうな。

 高滝湖の市原湖畔美術館で、高滝湖を眺めた後、月出ルートの旧月出小学校へ向かう。
 途中の旧富山小学校は、駐車場があり月出ルート行きのバスに乗り換える為の中継点だった。
 
140503_月出工舎.jpg 旧月出小学校は、校舎の壁に土壁が塗られ、とてもいい雰囲気。
 屋外には、不思議なアート作品。ワシには、良く判らなんだ。
 でも、なんとなく気持ちいい。ゆっくりして行きたかったが、歩く分には時間が惜しく、そうそうに畜産団地経由で養老渓谷駅へ。
 養老渓谷駅からは、月崎駅まで「関東ふれあいの道」を辿り、途中で飯給駅へ行くはずが、そのまま「関東ふれあいの道」を歩いてしまった。
 上総牛久まで戻ってくる目論みだったが、途中の鶴舞駅までしか来れなかった。
 ちょっと中途半端になった。
 でも、畜産団地から養老渓谷駅への道が確認できたのは、収穫だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

花見川から幕張へ

金曜日     (勤務先の特別休日のため、お休み)
140502_牛.jpg 牧場の牛を見たくなった。
 のんびり佇む牛を眺めると、ほっと癒される。140502_ホオジロ.jpg 競馬学校の手前で、ホオジロがいた。
 すっかり春だ。
 高校の登校時間帯のため、船橋北高校や八千代西高校の付近では、自転車の高校生達を沢山見る。
 田園の中を自転車が行く姿は、とても微笑ましい。

140502_ポピー.jpg
 あちらこちらで、ポピーの花が咲いている。
 八千代西高校近くの、道端。
 畑の端、1列にポピーが植えられていた。

140502_新川.jpg
 八千代市運動公園の吊り橋で、鯉のぼりが飾られている。
 吊り橋の東岸には、現在スタジアムやテニスコートの建設中。
 

140502_桜の道.jpg
 花見川大橋の迂回は無くなっていて、天戸大橋の先まで真っ直ぐ行き来が出来た。
 亥鼻橋からは、花見川右岸の桜並木の下を選んだ。
 陽射しが痛い位に感じる。

140502_東京湾.jpg
 検見川の浜から東京湾を望むと、東京ゲートブリッジが霞の向こうに見えた。
 あの特徴ある形状が、存在を明らかにしている。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

鯉のぼり

木曜日    (メーデーの為、休日)
140501_貝柄山公園.jpg 鎌ヶ谷市の貝柄山公園。
 最近、自宅で鯉のぼりを上げる家が減っていると、TBSラジオのゆうゆうワイドで、大沢悠里さんが言っていた。
 
140501_国分川.jpg
 昨年と同様に、国分川で鯉のぼりフェスティバルが開かれる。
 既に準備が進み、国分川と調整池には、鯉のぼりが乱舞。
 昨年より、確実に鯉のぼりの数が増えている。
 この会場は、市川駅より北総線北国分駅の方が、ずっと近い。
 
 ここ数年、鯉のぼりを大きな池や川沿いに掲げるイベントが、あちこちで催されるのは、住宅事情もあるんだろうな。

140501_大柏川.jpg 大柏川が武蔵野線の下を潜る辺りまで、川の両側に菜の花の黄色が綺麗だ。
 

 140501_高円寺.jpg 藤の花で有名な、市川宮久保の高円寺。
 昨夜からの雨で、散っている花も多いが、藤の花は、もっと伸びる。
 週末には、もっと見事になっているはず。

140501_アイリンクタウン.jpg JR市川駅南口側の2つのタワーのうち、西側の45階建ては、最上階に自由に行ける。地上150mと云うから、千葉県内ではこれが最も高い。
 屋上の展望室からの眺めは、圧巻。
 3階から45階までの直通エレベーターは、周りが見える展望用。
 45階から降りるときは、少し怖かった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする