2014年11月30日

大多喜から筒谷渓谷経由、久留里

日曜日
 久しぶりに、いすみ鉄道で大多喜駅へ。
141130_大多喜駅.jpg

 駅から、大多喜城を模した県立中央博物館大多喜城分館が見える。
 前回は、大多喜の役場の方へあるいた。
 なんとなく、踏切の方へ向かうと、ちょうど上総中野行き急行の車両が駅の車庫に停まっていた。
 踏切りに来ると、旗を持ったオジサンが、ポイントを操作している。
 踏切りの警報機が鳴り、あの急行車両が動いて来た。
 急行車両は、踏切の手前で止まり、警報機は止まった。
141130_御止川.jpg
 メキシコ通りを歩いて行く。朝露で濡れた歩道は、良く滑る。
 いすみ鉄道の鉄橋が、朝靄でかすむ。モミジの向こうの取水ポンプ場は、解体工事中らしい。
 なるべくいすみ鉄道の線路沿いを歩こうと進んで行ったが、昼食を仕入れるためちょっと寄り道。
141130_塩渕橋.jpg141130_貴船神社.jpg 
 R465を踏切りの手前で左に折れると、坂道を下り左に曲がると、懐かしい感じの橋を渡る。
 夷隅川は、濁っていた。昨日一昨日の雨のせいか。
 R465の手前の村道に、この神社があった。いい感じの狛犬。

141130_EV充電スタンド.jpg 道の駅たけゆらのさと大多喜と隣のファミマの駐車場に、EV用急速充電器が設置されていた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

市川市

土曜日
 141129_白鳥.jpg 清水口調整池の白鳥は、幼鳥が2羽増えて、6羽になっていた。
141129_貝柄山公園の銅像.jpg





 鎌ヶ谷市の貝柄山公園は、木々が紅葉して見事。メタセコイヤの葉も、赤くなってきた。
 公園内の銅像。背景色が秋色になって、少し趣が違う。
 
141129_中山法華経寺境内.jpg





 中山法華経寺の本堂の前、見事なイチョウの木がその葉を落し始めていた。
 こんなイチョウの木があったとは、全く記憶に無かった。141129_中山法華経寺のイチョウ.jpg 風が強く吹き始め、みるみる内に、イチョウの葉がどんどん落ちてくる。
 
 小雨が降る中、参道を歩いていると、猫が顔をだしてくる。
 障子戸を潜ろうとして、障子の桟に頭をぶつけるとは、のんきな猫だ。
141129_門.jpg 市川市内は、個人宅の門前も、素晴らしい。
141129_鬼越神明寺.jpg 京成線の線路沿いを歩いていたら、踏切の向こうに黄色い絨毯が見えた。
 神明寺の山門横の、公孫樹だった。

141129_葛飾八幡宮.jpg

 
 葛飾八幡宮は、イチョウの葉が参道を埋めていた。

 朝、市川方面へ行ってみようと思ったのは、正解だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

放置国家

金曜日
 産経新聞の前韓国支局長が、朴槿恵(パク・クネ)大統領への報道をもとに、名誉棄損で起訴され公判が行われた。
 この起訴されるだけでも、普通の民主主義の国とは思えない。
 フランスの首相や大統領は、女性関係のスクープは日常茶飯事。それに対して名誉棄損で訴えるなど、聞いたことが無い。
 公判の後、前韓国支局長が乗った車に、韓国の暴漢が生タマゴを投げつけている。
 あんなことを、そのまま放置している韓国は、法治国家と云えるか。
 どう見ても、公正な裁判が行われそうにない。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

つまらぬ拘り

木曜日
 PASMO定期券を使用している。
 自動改札機に、PASMOを翳して、通って行く。
 定期入れは、もう定期券を出す必要が無いから、薄手の名刺入れに変えた。
 PASOMもSUICAも、モノはSONYのFelicaのICチップである。
 あのICチップ内蔵のカードは、検知キョリが約25mm以上ある。

 だから、PASMOの入った名刺入れを、PASMOの入っていない側を翳して見たりして、自動改札機のカードリーダーの感度を試したりしている。
 意外と、反応してくれる。

 ワシの下らぬこだわりは、PASOMを自動改札機に叩きつけたりせず、すこし浮かせていること。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

何を見る

水曜日
141124_東漸寺_狛犬.jpg 今日は、冷たい雨が降り北風が吹き、冬の寒さ。
 直に12月だから、山は雪も降る頃。

 奥高尾の縦走路をどういうルートで歩こうかと、距離計算をしていた。
 高尾駅から歩き出せる時刻は、7時10分頃。12月頃なら、暗くなるまでに9時間は歩ける。
 ふと地図を見ていて気が付いたことは、ルートによっては海抜1000m近いところになる。
 中学校の頃、たしか標高が100m上がる毎に0.6℃気温が下がると、学んだ。
 12月頃、奥高尾の縦走路を行くと、下界より6℃近く寒いところを通る。下界で10℃なら、4℃近辺になる。 ことによると、雪も降るかも知れない。
 一昨年、房総の冬に雪に降られたことがある。
 寒さ対策を講じることが、必要か。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

日野駅

火曜日
 先週の土曜日の高尾山周辺の散歩は、目論見よりも早く終わってしまって、13時頃には高尾の駅近くに下りてしまっていた。
 浅川沿いの堤の道を下り、八王子方面へ向かった。
 14時前に、AMラジオが電池切れになった。
 甲州街道を過ぎ、八高線の鉄橋を横切り、16号線、中央線の下を潜り、進んでい行くと京王線が見えてくる。
 141122_凄い住宅地.jpg
 京王線長沼駅の向こうに、斜面に住宅が作られている。
 これは凄い。
 あそこで住む人は、毎日あの斜面を上り下りして生活しているのか。
 当然エレベーターはあるのだろうが、面倒な事だろう。
 地震や停電でエレベーターが止まったら、あの傾斜を自分の足で行き来しなければならない。

 高幡橋に着くと、すぐ先に五重の塔が見える。あそこが高幡不動だろうが、もう16時になった。
 高幡不動尊には寄らず、前回東京から甲州街道を高尾駅まで歩いた時に気になっていた、JR日野駅から帰ることにした。
141122_日野駅.jpg 16時27分、日野駅に着いた。
 日野駅のちょっとレトロな外観。
 甲州街道に面したところは、鯛焼き屋さん。
 
 こんなJRの駅舎は、珍しい。
 駅の中の設備は、券売機も自動改札機も、今どきのモノが並んでいた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

モミジを見に、東漸寺

月曜日  (昨日11月23日 勤労感謝の日の振替休日)
141124_清水口.jpg

 清水口の調整池への歩道、ケヤキが紅葉して秋の装い。
 調整池の畔のまどか幼稚園の前を歩いていたら、池の上を6羽の白鳥が飛んでいた。
 調整池の東の端に行ったら、白鳥は幼鳥1羽を含み4羽。この4羽は、池の上を飛んでいた6羽とは違うようだ。
 朝6時50分時点で、調整池にいた白鳥は、この4羽。

141124_善龍寺.jpg 高柳の善龍寺へいくと、青竹を積んだトラックがやってきて、寺の門をくぐって竹を運び込みはじめた。
 どうやら、境内の松の木などの、雪吊を施すらしい。
 梵鐘の前のカエデは、少し赤くなり始めていた。
 逆井の観音寺へ向かう途中、、道を少し間違えて遠回り。東京ラーメンの向かいが整地され、何やら工事中。
 建設計画表示は、ローソンだった。
141124_観音寺正面.jpg 逆井中の向かいの、観音寺の正面。
 観音寺の紅葉は、すこし散り始めていた。
 
141124_観音寺1.jpg 本堂の前のカエデは、ちょっといい感じのモノを選んだ。
 このピンク色の彼岸花みたいな花は、名前も判らないけど。

 柏陵高校のバス停前から、坂道を登ってクリーンセンターを通り過ぎ、酒井根下田の森へ。
 双眼鏡やカメラを持った老人の集団がいた。どうやら、”自然観察会”らしき催し。
 バスで移動しているらしい。
 まぁ、この逆井や酒井根の周辺の道は、とても判りにくいから、慣れない人には歩くのは無理か。
 ユーカリ交通公園を通り抜け水戸街道を渡って、北小金の東漸寺へ。

141124_東漸寺仁王門の内.jpg141124_東漸寺観音堂前.jpg 東漸寺は、道路沿いの門の前は、まだカエデの色が殆ど変っていなくて、時期尚早かと思った。
 仁王門の所へくると、昨年に変わらず、見事な色合い。

 ここで、次々と老人に話しかけられた。
 そういえば、最近老人たちに、良く話しかけられる。
 どうやら、ワシの外見が同じ年代の、定年後の老人に見えるらしい。”お仲間”と思って、気軽に話しかけるようだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

高尾山からの眺め

日曜日       (勤労感謝の日)
141122_富士.jpg
 高尾山の山の道、途中の一丁平からの富士山の眺め。
 実に見事だった。
 先週の火曜日頃に中川に架かる飯塚橋から見た富士山は、9合目より上にちょんと雪が乗っていただけだったが、だいぶ下の方まで雪がある。
 まだ雪が薄いため、登山道の九十九折が、良く判る。

 今日は異様に暖かだった。
 年々雪が少なくなり、スキー場はどこも大変。
 今年は、蔵王も白馬も、いろんな意味で大変だろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

関東ふれあいの道 東京都1・湖のみち

土曜日
 かねて入手しておいた、関東ふれあいの道東京都の地図を持って、その1「湖のみち」へ行った。
 ルートマップに拠れば、八王子市南浅川町の梅ノ木平バス停から、小仏城山・高尾山を経て高尾山口駅まで、所用時間7時間15分とあったので、丸一日のコースに丁度良かろうと、連続する7つのコースのうちこの1枚だけを持って出かけた。
 141122_高尾駅前甲州街道.jpg 高尾駅北口のファミマの前で、リュックの荷物を調整していて甲州街道を見ると、イチョウの黄色が見事だった。
141122_JR線路下.jpg  これカメラを構えていると、自転車の若者がVサインを送って次々通り過ぎていった。
 甲州街道沿いを離れ、JRの線路沿いをあるいていくと、煉瓦積みのトンネル。
 この向こうに何があるのか。
 でも、何にも見ずに、通り過ぎた。今日はこの先、長いと思っていた。
141122_浅川.jpg141122_京王線.jpg
 JRのガードをくぐった先の、浅川沿い。
 もうここから、渓谷の雰囲気がある。
 少し進むと、京王線が高尾山口駅へ進んで行く。
 7時半頃、高尾山口前に着く。
 トリックアート美術館がある。トリックアートは、だまし絵を集めたものか。
 たしか、20年位前、江戸川区瑞江にあったような。

 紅葉の綺麗な、高尾山入口付近を歩いて行くと、圏央道の高尾インターが現れる。
 インター出口の道は、地下道で横切る。
 141122_ふれあいの道入口.jpg ICを過ぎた先にバス停があって、橋の手前を左手に折れる所に、ふれあいの道の入口の道標があった。
 ここで、クロノグラフをスタート、経過時間を計り始める。
 峰の薬師への道までは、まるで畑の中を家の裏庭へ通じるような、狭さ。
 薬師の手前の、うかい竹亭は、素晴らしい造り。
 小川沿いの道を登って高尾グリーンセンターを過ぎると車両通行止めとなり、一気に気分は山歩きに。
141122_三沢峠.jpg
 8時半、三沢峠到着。
 ふれあいの道の地図によると、コースタイムは梅ノ木平バス停から1時間。
 ことろが、ワシのタイムは33分。141122_泰光寺山.jpg 泰光寺山の里程標の場所に、8時43分到着。
 コースタイム25分、ワシのタイム16分。
 この辺から、南側の眺望が時折開け、眼下に津久井湖が光って見える。
 ふれあいの道に入って、西山峠を過ぎた辺りで、初めて先行する人に会った。
141122_見晴台.jpg 斜面の道の途中にベンチがあり、「見晴台」と書かれていた。
 ベンチの正面に、富士山が見えている。
 例年通りの、雪を頂いた富士山の姿。

141122_大洞山.jpg 9:30大洞山到着。所要時間46分。(コースタイム1時間30分)。
141122_大垂水峠橋.jpg
 大洞山を過ぎると、後方から足音が近づいてきた。
 トレイルランを楽しむ若者が4人、走って追いついてきたのだ。
 大垂水峠橋で、甲州街道を渡る。大洞山から、20分。(コースタイム30分)。
 橋を渡って、一旦甲州街道に下り、小仏城山への急な階段を登る。
 暫く、急な上り坂が続き、へばりそうになる。ようやく登りが一息ついて、緩やかな広い道が続く。
141122_小仏城山.jpg

 10時24分、小仏城山到着。所要時間34分。(コースタイム1時間10分)。
 ここは、高尾山から登って来た人で、溢れている。
 茶店も完備していて、食べ物も飲み物の心配も無い。
 ベンチでキャンプ用のガスバーナーで湯を沸かして、カップラーメンを食べている人もいる。
 
 コースタイム通りなら、ここで13時を越えているはずだった。
 ここで後悔した。ふれあいの道の地図を、1枚だけしか持ってこなかったのは失敗だった。
 次に来るときは、コースタイムの6掛けで計算して、歩くルートを作って来よう。
 
 高尾山々頂や、ケーブルカーの駅の周辺は、もの凄い人出でごった返していた。
 まるで、デパートの屋上だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

膨らまない

金曜日
 衆議院が解散。
 安倍のボンボンは、「アベノミクス解散」と言った。
 アベノミクスって、何やった。
 日銀の金融緩和以外、何もない。円安になって、どうなった。

 一昨年解散総選挙をするとき、議員定数削減と行政改革を約束しなかったか。
 安倍総理は、約束していたことは殆ど実行せず、集団的自衛権の憲法解釈変更や原発の再稼働判断など、一般国民の望んでいないことを、こっそり進めている。
 沖縄の基地問題は、県民の意見など、全く聞く耳を持たない。
 春闘で大企業のベアは、確かにあった。
 でも、たかだか月額数百円。消費税増税分には、到底足らない。

 アベノミクスは、出来の悪いホットケーキミクスだ。
 焼いても、一部しか膨らまず、喰えない。しかも、膨らむのは赤字国債ばっか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

選挙かぁ

木曜日
141120_朝ぼらけ.jpg 総選挙が、なんと12月14日投票日らしい。
 
 12月14日と云えば、あの討ち入りの日だ。
 とんでもない日程だ。
 殿はご乱心で詰め腹を切らされた後、この日に仇を討たれる。
 殿が、野田佳彦なら、吉良は誰かな。

 現在の政府の政策には、不満たらたら。
 だから今回の選挙では、自民党は選びたくないが、代わりに選ぶべき党が見当たらない。 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

さよなら

水曜日
141119_MUK2.jpg141119_MUK1.jpg 初めて会ったのは、5年位前だった。

 延命寺から戻る道で、君と遊ぶのが楽しみだった。

 グッバイ ムック!

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

美味しいリンゴ

火曜日
 スーパーで綺麗な黄色いリンゴ、「シナノゴールド」を買った。 
 見た目に惹かれた。
 綺麗な色。
 歩きながら、丸かじり。
 旨い。
 すごく甘くて、ちょっと酸っぱくて、とても美味しいリンゴだ。

 高倉健さんが、逝ってしまった。
 また日本の映画界の巨星が、流れて消えた。
 ご冥福を祈ります。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

冬は季節だけでいい

月曜日
141115_紅葉.jpg 先週半ばから、ぐぐっと涼しくなった。
 慌ててイチョウを見に行ったが、昨年より確かに木々の葉の色づきは早い。
 
 歩道の並木の色々な木々が、赤や黄色に色づいてきた。
 昨日の朝は、星が沢山輝いていて、冬の星座が見えた。

 確実に冬に近づいている。

 消費増税を予定通り来年4月に行う意見が、総理の集めた有識者の意見の大勢らしい。
 経済評論家は、殆どが「消費増税は失敗、来年4月に10%に上げたら、景気は失速する」と、主張する。
 常念寺司氏は、「あの『有識者』に経済の専門家はいない」と、断言している。

 まぁ、賃金の上がり方よりも、色んな負担が増えた。
 健康保険料も、雇用保険料も、この春から個人負担額は増額。
 ベアで、給料は数百円上がったが、そんなもん消費税の上昇分には、全く追いつかない。
 アベノミクスで円安になり、輸入品の価格が上昇。
 この冬、灯油価格が上がれば、庶民の懐はぐっと痛む。
 庶民には、株高の恩恵など、関係ない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

最も好きな

日曜日
 白井市内のもっとも美しい公孫樹は、独断と偏見ではあるが、これだと思う。
 
141115_西福寺_乳房公孫樹.jpg

 谷田西福寺の乳房公孫樹。

141115_西福寺_公孫樹の根元.jpg 公孫樹の木の下は、イチョウの葉が地面を覆って、黄色い絨毯のよう。141115_西福寺_紅葉.jpg
 本堂の前の紅葉が、もう赤く色づいている。

 西福寺は、ひっそりと静かな所が、またいい。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

イチョウの色

土曜日
 141115_SWAN.jpg141115_長楽寺.jpg 清水口の調整池の白鳥は、3羽になっていた。
 白鳥の会の方々による、白鳥へのエサやりが始まった。

 七次の長楽寺、梵鐘の前のイチョウ。
 だいぶ葉が落ちてしまっていた。
 昨年は11月末でちょうどイチョウの見頃だったのに、今年はやや早め。
 そこで、市内・近隣の、公孫樹の名木を訪ねることにした。

141115_折立来迎寺.jpg
141115_折立来迎寺_布袋様.jpg 折立の来迎寺の、火伏の公孫樹。
 白井七福神の、布袋様のいるお寺。



141115_冨塚の西輪寺のイチョウ.jpg141115_冨塚の西輪寺の境内.jpg 冨塚の西輪寺。
 ここのイチョウは、葉がまだ青い。
 白井七福神の、寿老人がいる。

 イチョウの実は、ほぼ落ちてしまっている。

 
141115_太子堂西輪寺近く.jpg 西輪寺から、裏手に廻り北へ向かう。
 家々の立ち並ぶ昔の村道を行くと、道の奥に太子堂西輪寺がある。
 村道からは、この公孫樹が太子堂を隠している。

 ここから、柏市柳戸の弘誓院へ向かう。
141115_丸いポスト.jpg
 手賀中学校の手前の郵便局には、昔ながらの丸いポスト。

141115_柳戸弘誓院.jpg

 柳戸弘誓院の2本の大公孫樹は、圧巻だった。

141115_今井青年館近く.jpg 今井の桜の金山落しから、カンナ街道へ出ると、角に見事なイチョウ。


 カンナ街道を少し東へ歩いて右へ折れ、名内の東光院へ。
 田んぼの中の道を進み、林の中の切通しの道は両側の木々で光が遮られ、昼でも暗い。

141115_東光院1.jpg141115_東光院2.jpg141115_東光院の境内.jpg 境内へ登る石段の下から見上げると、空を覆うようにイチョウが拡がっている。


 境内に登ると、数本の公孫樹が見事な色。
 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

ビッグサイトへ

金曜日
 141114_夜明.jpg 今日は年休。
 さて何をしようかと思って、東京ビッグサイトの「メンテナンステクノショー」を見に行くことにした。
 松戸駅からのんびり歩いて、12時頃に辿りつけば良い。
 6時11分、葛飾大橋を渡る。まだ太陽は見えていない。



141114_曳舟川の遊歩道.jpg
 亀有から、曳舟川の遊歩道を歩く。
 川を暗渠にして遊歩道にした場所で歩き易いのだけれど、橋の在った場所が道路になっていて、そこを渡る時は信号に従って待たねばならない。
 遊歩道の中は、ポンプで汲み上げた水が流れるように作られているが、現在は水が無い。

141114_変な船.jpg 荒川を四ツ木の橋で渡り、平井で旧中川沿いに下りて小松川のロックゲートまで行く。
 小名木川との分岐に、旧中川・川の駅があり、変な形の船が遊覧していた。
 この船は、車輪がついている水陸両用車で、スロープを登って川の駅の前に着く。

141114_荒川ロックゲート.jpg

 旧中川は、荒川との間に、水門でつながっていた。
 「荒川ロックゲート」と名付けられた、まるで煉瓦造りのような水門は、上まで登ることが出来る。
 荒川を前にする水門の上は、広々とした眺望が気持ちいい。
 荒川の堤から、小名木川沿いの遊歩道を西へ歩く。
141114_仙台掘公園.jpg 丸八通りの手前で、右へ折れて仙台堀公園に登る。
 砂町が近いせいもあってか、老人が溢れている。
 ここでは、枯葉を掃除するのに、竹ぼうきを使っている。
 水元公園では、エンジンブロアで吹き飛ばしているが、やっぱり竹ぼうきのほうが良い。
 あのエンジンブロアの「ブォーン」という騒音は、無粋だ。
 シャッシャッツという、竹ぼうきで掃く音の方が良いし、そもそもこっちのほうがエコである。

141114_仙台掘川.jpg 仙台堀川の親水公園を辿って行くと、丸八通を越え木場方面へ折れたあたりで、橋をくぐるところが現れてくる。
 横十間川や木場公園の手前の川は、本物の川。
 そのまま水路沿いを歩いて行くと、清澄公園に着く。
141114_深川図書館.jpg 清澄庭園の南側で、深川図書館がある。
 ちょっと風情のある佇まい。
 図書館の前のベンチで、本を読んでいる人がいた。
141114_魚がいる.jpg 水路沿いを進み、清澄橋の手前で左の水路ぞいへ折れる。
 首都高福住ランプの下付近、水面をみるとほっそりとした魚がいる。
 清澄通りの相生橋を渡って、月島へ。
 ここで豊洲からゆりかもめに乗ろうかとも思ったが、たまたま晴海通りに出てしまったので、ビッグサイトまであとわずかだから歩いて行った。
 新豊洲の新市場建設現場から東雲運河を渡る木遣橋の上に、首都高速の高架が出来ていてビックリ。

 141114_ゲートブリッジ.jpg 湾岸道路を跨ぐ角乗橋の上から、ちょうど正面に東京湾ゲートブリッジが見える。
 ここまでくれば、ビッグサイトは目と鼻の先。
 ビッグサイトの前の公園で、ムスタングマッハ1が3台ほど停まっていて、どうやら撮影をしているらしい。

 141114_羽田.jpg
 ビッグサイトで展示会を回り終え、西館の上から羽田方面を見る。
 旅客機が次々と着陸していく。

 風向きによっては、ビッグサイトの方へ離陸してくる。

 羽田空港のデッキから見る角度と違って、ここも面白い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

去るもの

木曜日
 昨日の新聞に、千葉ニュータウン中央から東京電機大が2018年に退去すると、記事があった。
 少子化対策として、キャンバスを北千住に集中させたいのだ。
 やっぱり、この千葉県の田舎で、都内への電車の交通費がバカ高いこんな場所では、学生を集めるのが難しいと云うのだ。
 北千住は、荒川より都内寄り。まず都内に違いない。若者にとって、印西より遥かに魅力的。
 ごもっとも。
 
 ただ、大規模な実験設備の必要な研究は、都内の狭苦しい北千住では難しいだろう。
 電機大が現在のニュータウン中央の施設は売却しないのは、その為だろう。

 なにやら、衆議院が解散し、年内に選挙を行いそうだ。
 消費税増税と成長戦略の失敗に拠る景気後退を受けて、現政権の是非を問う選挙になるのか。
 自民党にダメを出すにしても、代わりにどの政党を支持すべきなのか、全く判断がつかない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

使いにくい

水曜日
 今使用しているスマホは、アンドロイドOSのauのもの。
 音楽を聴くソフトは、LISMOプレイヤーで、Lismoストアからダウンロードする。
 同じLISMOプレイヤーなのに、フューチャーホンの頃のLISMOの楽曲データは使えない。
 ダウンロード中に、頻繁に通信異常でダウンロードに失敗、と表示。
 再ダウンロードすると、同じ楽曲名で何曲も記録される。
 1枚のアルバムをダウンロードし、ダウンロード中の通信異常のため再ダウンロードして、同じ曲を4回ダウンロード。
 再生すると、同じ曲を4回再生。
 ダブっている曲を削除しようと試みると、LISMOプレイヤーでは「削除」が出来ない。
 全く使いにくい。
 再ダウンロードしたら、同じ曲は上書きすべきだろう。
 曲を削除するのに、別のアプリを起動しなければならないとは、使い勝手が悪すぎる。
 取説など読まなくとも、画面のメッセージで使えるのが、普通の使い勝手だ。
 ところが、画面に表示されるメッセージが、どうにも日本語として読めない。
 何を言っているのか判らないような、へんてこな日本語がスマホやパソコンの「ヘルプ」には、溢れている。
 
 英語を中国人が読んで、日本語訳したような日本語。
 普通の日本人には、訳の分からない文章になっている。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

迎賓館の装飾

火曜日
141108_迎賓館のフェンスの灯り.jpg 迎賓館の建築設備は、手が込んでいる。

 これは、フェンスの上に設置されている、灯り。

 ゲートの左右で、ガラスの火屋の色が違う。正面から見て向かって右が白、左が薄紫。

 しかも、ガラスに施されたカットは、菊の花か雪の結晶か。
 電線が露出しているのは、玉に疵。

141108_屋根の鎧武者_左.jpg141108_屋根の鎧武者_右.jpg
 屋根の上の鎧武者。

 左右同じ形と思っていたが、良く見るといろいろと異なる。

 口が開いているか、閉じているか。
 肩掛けと脇の間の隙間、腰の紐、兜の飾りも違っていた。


141108_ドアノブ.jpg
 西玄関のドア。


 そのドアノブも、細かな細工の施された、金色の豪華なもの。

 迎賓館の外観は、石の白と装飾の金、屋根とフェンスの青緑色、僅かに雨どいの赤銅色。
 強烈な、原色は使われていない。
 色遣いは、シンプルだ。

 それ故、軽やかで爽やかな印象を、感じる。



 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

公平に

月曜日
 スケート選手の羽生結弦さんが、帰国。
 アクシデント後の報道で、相手の中国の選手の状態があまり報じられないのが、気にかかる。
 ネットで調べると、両選手とも演技を棄権すること無く最後まで滑りきったそうだ。
 羽入選手の状態は勿論、衝突した閻 涵選手の怪我の状態はどうなのだろう。
 日本のメディアは、両選手の事を偏ることなく報じて欲しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

逝く人

日曜日
 最近、付き合いの長い同年代以上の仲間が集うと、誰がどんな病気だとか、いつ死んだとか云う話題に直ぐになる。
 その中で、58歳のワシが最も若い。
 先日亡くなったAK氏は、2年前に車を運転中に脳梗塞になり事故を起こして入院後、一旦持ち直して脳梗塞が再発し入院を繰り返して逝ってしまった。

 帰宅して夕方新聞を開くと、自動車評論家の徳大寺有恒氏の訃報が載っていた。
 氏の論評がもう読めないとは、淋しい限り。

 ご冥福をお祈りいたします。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

迎賓館を見に行く

土曜日
 
141108_迎賓館_前庭解放.jpg

 11時頃、外堀通りの紀之国坂を登る頃、雨が降り出してきた。
 門の前に着くと、多くの人が来ていた。観光バスも、停まっている。
 門の中に入ると、まず持ち物検査を受けた。
 空港と同様、手荷物をザルに乗せ、金属探知機を通る。
 
 前庭は、綺麗に左右対称に作られている。
 迎賓館の前には、もう一つ鉄のゲートがあった。

 141108_東玄関.jpg 庇の装飾。


141108_屋根の鳳凰.jpg141108_屋根の鎧兜.jpg ドームの飾りは、鳳凰。
 中央の屋根の上の装飾は、なんと鎧武者。
 
 建物の外観の色は、石の白、金色、緑青色、銅の色。

141108_ドア.jpg141108_ドアハンドル.jpg 正面のドア。
 これも、装飾が凄い。
 もと紀州徳川藩の江戸中屋敷。葵の御紋。
 ドアハンドルは、庶民はとても手を触れることなど、出来ないほどの凄さ。

 極めて、贅沢な造りだ。

141108_ゲート.jpg ゲートの金物は、鋳物。
 今どきのパイプモノとは、モノが違う。
 色で、軽快で柔らかそうに見えるが、極めて堅牢だ。
 見た目以上に、重量がありそうだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

靴の違い

金曜日
 朝、松戸駅から事務所までの道のりと、スマホがカウントする歩数は、毎朝微妙に違う。
 今朝は、昨日と同じルートを歩いて、歩数が500歩以上も違う。
 しかも、掛った時間は、5分も短い。
 その違いは、靴にある。
 今朝は、アディダスのライトトレッキングシューズを履いて行った。
 その靴は、4ヶ月履いてソールが磨滅し、山では滑ってしまって危険なため、普段履きにおろしたもの。
 それでも、革のセミウォーキングシューズより、軽くフィット感もクッション性も高い。
 そのため、自然とストライドが延びる。

 用途に合った靴は、速く楽に歩け距離が稼げる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

脚の痺れ

木曜日
 先月セコメディック病院でMRIまで撮って、診断して貰った脚の痺れは神経痛。
 
 じっとして立っていると、じわじわと足が痺れ腰に痛みが走る。
 その後、歩きはじめは左足が妙な感覚になり、足首から先が自由にならない。
 
 ところが、歩き出して30分もすると、すっかり良くなる。
 夜、ジムに行くまで、電車内で立っているうちに、左足が痺れてしまう。
 が、ジムで筋トレをしているうちに、痺れなど解消してしまう。

 全く、貧乏性だ。動いていれば、快調なのだから。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

ゆるキャラ

水曜日
 ゆるキャラGPで、チーバ君は161位と揮わなかった。
 柏市は、カシワニがエントリーしたが、これもふるわず。

 ゆるキャラGPの1位に選ばれたのは、群馬県のぐんまちゃん。
 形が単純で、気に障るところが無いのが、いい。
 今ではビッグネームの「くまもん」は、オバQがベースにあるのではないかと思う。
 小さな子供でも、たやすく書ける形が、親しみを抱かせる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

幕張には幕張の良さを

火曜日
 幕張の浜の松林、これを幅40m程切り開こうとしているそうだ。
 なんでも、この防風林・防砂林としての林が、邪魔なのだそうだ。
 海が見える浜にして、訪れる人を多くして、観光客を呼び込みたいらしい。
 松林を切りたいのは、千葉市。管理する県は、それを拒む。
 「海が見える」とかいうが、幕張の海岸沿いには高層のマンションしかない。
 松林がある今でも、ある程度上の階の住民は海が見えているだろう。

 通りからは松林が有ろうが無かろうが、歩いていても海が見えることは無い。

 幕張の浜が、稲毛や検見川の浜のような賑わいが無いのは、松林の存在が原因ではないだろう。
 稲毛も検見川も、松林があり直接海は見えないぞ。

 松林を抜けると、広々とした海岸の大パノラマが一挙に広がるほうが、感動的だ。
 風見しんごさんの意見が、尤もだと思う。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

旧小貝川

月曜日
 141103_手賀川.jpg 7時半頃、手賀川にかかる浅間橋を渡る。
 天気予報は「晴れ」だが、低い雲が垂れ込めていて、あまり明るくない。
 風は暖かい。
 歩いていると、ふと空気の暖かい場所がある。
 我孫子の気象台公園でアメダスを見て、利根川の堤に登る。
 8時35分頃、利根川に架かる栄橋に着く。
 利根川堤からR356の栄橋西詰に歩いて行くのは、命がけ。
 橋の手前に、歩道が無い。堤には川沿いの自転車道があるのだが、橋の手前になるとその道は無くなる。
 ガードレールがあり、その川の側にスペースが無くなり歩けなくなり、止む無くガードレールの内側を歩く。
 橋に渡れば、車道の左右に歩道がちゃんとある。
 利根川を遡り、小貝川を遡って行く。
141103_旧小貝川.jpg 小貝川の堤の上から、細ながい池のようなモノが見える。
 以前常磐線の交直切替点を見に来た時、なんだろうかと気に架かった場所。
 どうやら小貝川の昔の流れらしいので、歩いて見たくなって、今日の散歩の目的地にした。
 どこから水が流れ込んでいるのか、さっぱり判らないが水は澱んでいない。
 白鳥の親子が住んでいる。
 141103_旧小貝川の中ほど.jpg
 川沿い近くに道は無く、もともと川は広かったことがうかがえる。
 途中に川幅が狭い所に橋が架かっていて、橋の上から川を眺めると葦が茂り、生き物が沢山居そう。
 この橋の袂で、何処かの飼い犬が、足元にやってきた。
 のんきに、一匹で散歩中か。

141103_沖須橋.jpg 沖須橋に着くと、なんと和船に乗り竹竿で操る人がいた。
 この先、旧小貝川は、龍ヶ崎市のふれあいふるさと公園に続いていた。
 が、その先は一挙に川幅が狭くなり、川は消えて行く。
 川沿いを歩いて行くと、今の小貝川の堤防に辿りついた。
 
 あらためて、今の小貝川を見ると、水は少なく川底がすぐ見える。
 その川底は、下の地面より高い。いわゆる天井川。
 普段の小貝川から、昭和56年の水害など想像もつかない。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

日曜日
141102_カマキリ.jpg 10時頃、日が照ってきて、暖かくなった。
 よかったぁ、今日は雨降りでなくて。

 さすがに山の中、カマキリが飛んできた。
 迷惑そうな顔で、こっちを見ている。

 朝は霧が深くて、アスファルトも鉄のフェンスも、しっとりと濡れていた。
 小さなカタツムリが、あっちこっちにへばりついている。
 貝の直径は、10mmに満たない。
 カタツムリって、秋に卵からかえるのだろうか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

今年もやってきた

土曜日
141101_白鳥1.jpg141101_白鳥2.jpg 清水口の調整池に、白鳥が来ていた。
 たった一羽で、この小さな池にやって来てくれた。
 眺めていると、見に来る人が入れ替わり立ち代わり、やってくる。

141101_棟上げ.jpg 池の近くには、梨畑を潰して宅地になった土地に、新しい家が建ち始めた。
 今朝も棟上げをしていて、梁を組む時に木をかけやで叩く、コン、コーンという音が響いてくる。
 木を叩く軽やかな音は、耳に心地いい。

 棟上げでは、昔は人力で上げたが、今どき木材をラフターで吊り上げる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする