2015年01月31日

春の気配

土曜日
 朝歩き出すと、アスファルトの路面に残った昨日の雨が、凍っている。
 日陰の部分は、ツルツル。坂道を歩くのは、緊張を強いられる。
150131_調整池.jpg 調整池に白鳥は、22羽滞在中。
 2羽が、池の上を飛んでいた。
 池のフェンスに近寄ると、傾斜した路面が凍っていて、フェンスにスゥーッと滑って寄ってしまう。
150131_ツグミ.jpg 可愛いツグミ。
 丸々と、よく太っている。
 ツグミは、姿形のみならず、鳴き声も可愛い。

150131_お馴染み.jpg 久しぶりに、顔を見た。
 歩いていたら、足音を聞きつけて、塀の上に姿を見せてくれた。
 いい奴。

150131_延命寺の梅.jpg 延命寺の梅が、ほころび始めた。
 ちゃんと春が近づいてきている。
 
 7時頃道は凍っていたが、8時過ぎには陽射しで融けはじめて、ぬかるんできた。
 12月頃とは、陽射しの暖かさが違う。

150131_手賀沼終末処理場.jpg
 手賀川の向かいは、手賀沼終末処理場。
 白いテントの連なりは、2年前に出現しすごい数になった。
 中に保管されているのは、高濃度の放射性セシウムに汚染された焼却灰。
 結局、行き場が無いんだろう。
 ここから万一漏れ出たら、2km先の利根川に流れ込み、銚子の河口までの約80kmを拡散していくことになる。
 こんなテントで、何年保てるのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

歩き方

金曜日
 OMRONに「歩行姿勢計」なんて製品がある。
 歩数や消費カロリーだけでなく、本体を腰の後ろに装着して歩くだけで、歩行姿勢を測定するもの。
 結果は、iPHONEの専用アプリで、歩行姿勢の点数やタイプ判定するらしい。
 メーカーサイト等で調べると、ほぼ女性向けの製品。
 サンプル調査対象は、300名の女性。
 女性の履くハイヒールは、立っている時の姿形に重きを置いているため、歩くには適さない。
 その為、あまり膝を使わない歩き方になりがちて、横から見た歩く姿勢はあまり美しくない。
 モデルさんがステージで歩く姿は、姿勢が良く膝から前に進んでいく、美しい歩き方。

 ここ数年、つい他の人の歩き方、足の運び方に、目が行ってしまう。
 つま先の出る角度、階段を登る時の足の着き方、腰骨の捻りの大きさ、上体の動き等々。
 
 ワシは、ストライドを大きく、ゆったりとした歩きを心掛けている。
 こちょこちょ足を運ぶのは、好きじゃない。
 膝を効かせてストライドを長くとって歩くには、腰の捻りが大切になる。
 腰の捻りを大きくするには、肩甲骨の自由な動きが鍵になる。
 その点で、リュックは肩の動きが制限され、ストライドが延びにくくなる。
 それでも、腰を捻って膝を出しストライドを確保しようとすると、腹斜筋の負担が高くなる。
 肩が抑えられてしまうので、歩く姿勢が若干うつむき加減になってしまう。これも、腰に負担がかかる。

 長時間歩くのには、リュックは不向きだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

地図に過度に頼らず

木曜日
 暫くの間、千葉県内の近場を歩こう。
 R16の周辺なら、多少間違っても直ぐに気が付く。
 大きく間違っても、総武本線や東関道に突き当たれば、そこから戻れば良い。
 房総の山の中のような、数時間も彷徨うような、とんでもないところへ行ってしまう危険はない。
 
150125_謎のタワー.jpg 詳細な地図など無くとも、大まかな地図でもよいかも。
 行き当たりばったりで歩いて行く方が、発見が有って面白いだろう。
 日曜に歩いていて気になったのは、この青い塔。
 鹿島川の羽鳥橋の西側に、立っている。これは、一体何だろうか。
 行ってみなきゃ、判らない。
 
 歩くなら、川沿いや昔の村道が、疲れない。退屈しないのだ。
 機械的に定規で引いたような真っ直ぐな道は、歩く速度には合わない。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

千葉県の地図

水曜日
 またぞろ、週末の歩く先を考え中。
 今持っている千葉県の地図は、昭文社の「でっか字まっぷ千葉」。2007年1版11刷。
 縮尺は、殆どが1/15,000で、詳細なため実に役に立つ。
 リュックのサイドポケットに入れておいて、雨や汗が浸み込み、ボロボロになった。
 とっくに表紙は、取れて無くなった。
 もう地図の情報は、10年近く前のモノだし、そろそろ買い換えようか。

 一昨年、タブレットかスマホで、紙の地図の代りにしようと思った。
 今、スマホを持っており、地図ソフトを参照することが出来る。
 が、ウォーキング用ナビソフトの画面表示では、どうにも使えない。
 画面の文字が小さいし、文字が読める様に拡大するのに時間が掛かり、足を止める時間が長くなる。
 同じ縮尺で距離感が掴みやすい、パッと大きく広げることが出来て見易い、軽い紙の地図にはどうにも及ばない。
 長時間見ていると、電池切れで見られなくなるというのは、致命的な欠点だ。
 地図は、紙だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

変化に驚く

火曜日
 昨年の今頃は、STAP細胞で日本中大変な騒ぎだった。
 小保方さんが研究中に着ていたのが割烹着だったことで、割烹着が急に注目された。
 小保方さんの経歴にも注目されるようになり、AO入試が「人の個性を活かす」とも云われた。
 理系女子の、ヒロインだった。
 ちょっと可愛かったことも、彼女が注目を集めたことは、間違いない。
150125_狙う.jpg
 僅か1年で、凄い変わりようだ。
 彼女は、もとから嘘を重ねようとして、虚偽の研究成果を作り上げたのではないだろう。
 何処かで、ちょっとした間違いを冒してしまい、それを正す機会を逸してしまったのだろう。
 小さな嘘を取り繕うために、次第次第に雪だるまのように嘘が積み重なって、あんな大きな事態になったのではあるまいか。
 
 嘘は罪だ。

 「太平洋戦争の謎」は、良くできたダイジェストだ。
 当時の日本軍の兵器については、目立つトピックスを取り上げているが、あまり掘り下げは深くない。
 写真がふんだんに掲載され、とても読み易い。
 日本軍は、負けはじめてから、嘘にウソを塗り固めていった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

佐倉市物井から千葉へ

月曜日
 日曜の散歩の記録の続き
 山王の丘から下り、真っ直ぐ延びる広い歩道のゆるい坂道には、左に敬愛大、右に山王小学校がある。
150125_文巻橋.jpg 
 橋の上からの野原の景色は、ゆったりとしている。もしも、東関道の高架と高圧送電線の鉄塔が無かったら、川原の葦原が優美なことだろう。
 橋の袂には、歌碑があった。江戸時代、この地は佐倉八景の一つに選んだ歌人がいたそうだ。
 現在の鹿島川は、当時「物井川」もしくは「文巻川」と呼ばれていて、文巻橋の名は、その川の名前にちなんで命名されたもの。150125_物井駅.jpg 橋を渡り道の端には、JR物井の新しい駅舎がそびえる。
 駅前のロータリーも立派なのだが、日曜の昼下がりは人気が無い。淋しい限り。
 平日なら、小中学校や大学へ通う人で、賑わっているのかも知れない。
 東関道の高架下を進み、川を渡ってみそら団地を突き抜けてR51へ抜けていく。
150125_高龍神社.jpg みそら団地からR51への道は、2年前に工事中の中を通った。
 その時、高龍神社への道は、閉ざされていた。
 整備中の道はまだまだ工事中で、以前通った時と何も変わっていないように見えた。


150125_DIC.jpg R51に出て、坂戸でY字路を右へ進み、14時頃DIC川村美術館に着いた。
 美術館へは寄らず、早めに谷当町へ向かう、150125_林の中.jpg
 鹿島川の支流の小川を渡って、林の中の道を進んでいく。
 佐倉市と四街道市と千葉市3市の、入り組んだ土地で、この山はある地主の所有地らしい。
 私有地の中の道だが、とてもよく整備されている。
 私有地を抜けると、道は舗装になる。
150125_千城台.jpg 御成街道を横切る道を真っ直ぐ進んでいくと、千葉都市モノレールの終点になる、千城台の駅着く。
 さらに道を進むと、千城台西の活気ある商店街が現れる。
 千葉県自動車練習所が左に見える。
 ここは、申し込めば自車持ち込みで、コースを走行できるのだろうか。
 ワシ、昔免許更新講習を印西自動車学校で受けた時、自分の車でアクロバットまがいの走行をして呆れられたことがある。
 150125_都川沿いの自転車道.jpg 坂月橋を渡って、都川沿いの自転車道を歩く。
 都川沿いの湿地はとても広い。
 太田橋から先は、湿地を含めた川幅が一挙に広くなる。
 京葉道路の下で、湿地帯は消えてなくなる。
 そこまでの自転車道は、とても気持ちいい。
 立会橋から下流は、川の端がコンクリートで固められている。
 途中、工事中で道が途切れている場所があり、あっちこっち行ったり来たり。
 千葉城に寄ってから、千葉神社によって初詣を済ます。
 京成千葉中央駅から帰ろうと、中央公園を通った。
150125_中央公園.jpg 千葉中央公園は、千葉パルコの前の広場。
 公園の石畳には、「スケートボード禁止」のコーンが置かれている。
 ところが、その表示の真ん前で、この黄色いシャツの若者は、スケートボードで遊んでいる。
 この若者は、字が読めないのかと思ったら、可哀想になってきた。
 字が読めないから職も無く、こんなところで遊ぶしかないのだろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

臼井から佐倉を経て千葉

日曜日
150125_調整池の朝.jpg 日の出に合せて家を出たのに、白鳥たちを狙っていたら、デジカメがバッテリー切れ。スペアで持っていた古いエネループにチェンジしたが、これも1枚も撮れずに残容量無し。
 やむなく、一旦自宅に戻って、新しいほうの黒いエネループをセットすると、こっちは大丈夫。
150125_白鳥たち.jpg
 22羽の白鳥のうち8羽ほどが、水面を滑走して飛び上がり、池の上を2周ほど周って下りてきた。
 白鳥は体が大きいから、飛び立つまでがちょっと長い。
 降りる時も、ゆっくり周回して降りてくる。
 なかなか、見ごたえがある。
 小室から神崎川へ出ようと、南山から小室4号緑地を経て小室駅前へ、普段とは逆に歩いた。150125_船橋新京成バス.jpg 小室駅前に、船橋市の公認ゆるきゃら「ふなえもん」のラッピングバスが停まっていた。
 ふなっしーが、圧倒的に有名だが、このふなえもんの方が市公認。
 坂を下って右へ折れ、R464を横断して神崎川の右岸の堤に出て、新川まで歩く。
 平戸橋で新川を渡り、八千代市側へ。
150125_先崎城址.jpg
 八千代から佐倉市先崎に入ると、小さな地蔵堂があった。
 お堂の奥に進むと、「先崎城主墓石」と標された墓石があった。
 この小高い山にも、昔城があったようだ。
 小川を渡ってしばらく行くと、ユーカリが丘のモノレールの道にでた。
150125_モノレール.jpg ユーカリが丘のモノレールは、一方向に回っているので、レールは1本。
 車体には、可愛いコアラのペイント。タイヤで走行するから、音は静か。
 家々のすぐ下を通っているが、走行音に気づかなかった。
 京成ユーカリが丘駅に、モノレールは接続する。この立体的な駅は、とても魅力的だ。
150125_寶樹禅寺.jpg 京成線沿いを歩いて行くと、一際立派なお寺が見えてきた。
 山門の中に、梵鐘が、薬師堂がある。左手には、五百羅漢があった。
 本堂の裏の墓地には、観音像が建っている。
 墓地は丘の端に位置していて、見晴らしが良い。
 お寺のぐるりを巡る道を歩いて、手繰川を渡る。この川の堤も歩けそうだ。今度歩いて見ようか。
 京成本線を渡って佐倉街道を南下し、染井野で左手へ新しい綺麗な道を下って行くと、不自然なトンネルにぶつかる。
150125_トンネル.jpg
 トンネルの向こうは真っ直ぐ広い道で、佐倉の南口側へ繋がっているが、その割に車の通行量は少なめ。
 道沿いには、霊園が一つあるだけ。
 コンビニ一つない。ごく最近、通った道では無いかと思う。
 道は、歩道も広く、とても歩き易いが、景色はつまらない。
150125_鹿島川大橋.jpg 暫く歩くと、大きな建造物が見えてくる。
 鹿島川に架かるアーチ状の橋は、鹿島大橋。
 この橋は、京成本線に乗っていると、車窓から見える。
 ここから、鹿島川の堤を歩いて、羽鳥橋まで遡った。
 川は、印旛沼に向かって、流れている。

 川沿いから、昨年訪れた丘の上の密蔵院を眺めながら、丘の下を進んで総武線を跨いで、王子台へ向かった。

 王子台の丘の上は、これで3回目。
 丘を下って、通りを右へ向かって下って行くと、総武本線物井の駅に出る。

 続きは、また明日。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

二重川を行く

土曜日
 150124_白鳥1.jpg 調整池は、全く凍っていない。
 もう9時だから、もう白鳥たちは食事の時間が終わって、水から上がって休憩中。

 この幼鳥は、明らかに眠っている。
 でも、片足で立っている。

150124_白鳥2.jpg150124_白鳥3.jpg 池の東端の水門の上から、滞在中の白鳥を数えると、22羽。
 羽根を手入れしている成鳥の中には、片足でバランスを取っているのもいた。
 
 さてと、今日は豆蔵さんへコーヒー豆を買いに行くつもりなので、いつもの神崎川沿いを歩く。150124_道端.jpg
 今日は暖かいと思っていたが、道端の水たまりは氷が張っている。
 昨日に比べて、この9時頃は陽射しがあって、暖かだった。
 それと、年初に好日山荘松戸店で買った福袋に入っていた、薄手の防水ブルゾンが防風性能があり、殆ど風を遮断してくれるため、とても暖かいのだ。
 10時頃、小室の手前で、二重川を遡る道へ。
 ニュータウン北環状線の小室付近は、現在片側2車線化の工事中。
 歩道の舗装の工事を行っていて、ちょうどタールを流したところだった為、工事管理者が「迂回しないで真っ直ぐ横断してくれ」と言い、親切にも警備の人が誘導してくれた。
150124_二重川沿い.jpg
 二重川沿いをR464の下を越えて遡って行くと、静かな枯草の中の道になる。
 ここは、私の散歩の師と仰ぐ故R464氏が、「白井の戦場ヶ原」と呼んだ場所だ。
 10時半頃、雲が拡がり陽も射さなくなった。150124_二重川の鯉.jpg 
 富が沢橋を越えると川沿いを歩く人が増え、11時頃橋戸橋を越えると前方に青い旗を持った一団が歩いていた。
 一団が足を止めて川を覗き込んでいた場所へ行くと、金色の鯉がいた。
 老人の一団は、「印旛沼まで15km」の看板に見入っていた。
 ふと、御説明差し上げたくなった。
 「一時間ほど歩くと、この二重川は小室で神崎川に注ぎ、その神崎川は一時間ほど歩くと、新川に合流。新川を西へさらに1時間で船戸大橋で印旛沼に注ぎます」。
 でも、止めた。
 二重川の源流は、鎌ヶ谷の大仏の川慈遊園地付近だろう。その窪地を眺めてから、右京塚で新京成の踏切を渡り、正午頃鎌ヶ谷市道野辺中央の珈琲豆蔵さんに到着。
 トイレが工事中の貝柄山公園を通り抜け、新鎌ヶ谷駅に12時40分頃到着。
 やっぱり、散歩に出るのが、1時間遅かったか。今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

親しみの湧く鳥

金曜日
150117_おおばん.jpg ころっとした姿形で、頭と嘴が白い。
 水面に浮かんで進む時、頭を前後に振る姿がちょっとユーモラス。
 水辺に多く見られるオオバン。150117_我孫子市の鳥.jpg 我孫子市の、市の鳥だという。
 オオバンなら、年中あちこちで見ることが出来、親しみ易い。

 手賀沼の工事現場に、オオバンのシルエットが描かれていた訳が判った。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

野鳥を見るには、いい季節

木曜日
150118_カワセミ.jpg150118_ジョウビタキ.jpg 野鳥を見るには、いい季節。
 朝早いと、鳥たちもおっとりとしていて、結構近寄れる。
 青い鳥は、カワセミ。桑納川と新川の合流点。
 2・3年前は、神崎川でも良く姿が見られたが、最近は見ることが減った。
 右のジョウビタキは、道端の家のブロック塀の上。僅か1mの距離だった。
 8時頃で、気温もまだ低かったので、動きがおっとりしていてじっくり見ることが出来た。



 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

雪だぁ・・・

水曜日
 14時頃、小休止で外を眺めたら、白いものが舞い降りてくる。
 雪だ。
 東京で降る雪は、地面に下りると消えてなくなる。
 しんしんと、音を消すような降り方はしない。
 去年は、積もるほどの雪が降ったが、今年はまだ積もっていない。

 降る雪を眺めるのは、夜がいい。

 頭の中に浮かんでくるのは、「雪の降る街を」。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

不義理を詫びる

火曜日
 今日は、大寒。
150118_氷.jpg 喪中の為に年賀の挨拶が差し上げられなかった友人と、住所の更新を失念し年賀状が返って来た友人へ、寒中見舞いを出すことにした。
 昨年末、新しいプリンターの操作が良くわからず、印刷失敗した年賀はがきを郵便局で交換して貰った。
 ところが、今回も3枚も失敗。
 Webの取扱説明書も読んだのに、3回も失敗するとは情けない。

 さて、学生時代の友人Nから、本が届いた。

 今日購入した、文春新書「日本人が知らない集団的自衛権」小川和久著を読んでから、読むことにしよう。
 集団的自衛権と自衛隊の現状を知りたくて、選んだ本。

 イスラム国に拘束され、身代金が要求されている日本人がいる。
 そのうち一人は、民間軍事団体を組織しようとした首謀者で、危険を承知で乗りこんだ千葉県人。
 あやつは、国家の枠を超え、金を貰って人殺しを請け負う商売に行ったのだ。
 そんな奴に、身代金など出す理由は無い。自己責任だ。

 民主党の代表代行の一人に、あの蓮舫がなった。日本の縮小・衰退を画策する、亡国鬼。
 こんなことでは、民主党も滅ぶぞ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

志津から四街道 その2

月曜日
 日曜日に書き切れなかったので、今日続きを標す。

 新川左岸から、右岸側の米本へ渡り、神野の古い道を歩く。
150118_神野道祖神.jpg150118_神野竹林.jpg 米本から神野に入ると、家々は川沿いから少し高い丘に移る。印旛沼が、昔は水害が頻繁に起きたためだろう。
 道祖神の前に、鳥居が建てられている。
 小さな祠は、竹林の中。
150118_少年自然の家.jpg
 新川沿いを印旛沼へ歩くと、阿宗橋を過ぎる頃天体観測用ドームのある建物が見える。
 前から気になっていた建物。
 八千代少年自然の家だった。あのドームの他、もっと大きな半球体の屋根もあった。
 おそらく、プラネタリウムだ。

 上高野と西ユーカリが丘の間の谷津を歩いて、成田街道へ向かう途中に小さな池のある公園があった。
150118_加賀清水公園.jpg あまり水量は多くないが、湧水のある池だった。
 稲荷神社との間に建てられた標示板によると、「加賀清水公園」。
 第八代佐倉城主大久保加賀守忠朝が愛飲し、江戸往来の際に必ず立ち寄った場所だという。
 この水は、成田街道脇の茶屋林屋が、客に振る舞い繁盛していたそうだ。

150118_勝田川.jpg 勝田台駅の南口から、住宅街を16号線側に下り、勝田川沿いを進む。
 堤の上は、土のままで霜が融けた後で、良く滑る。

 もともとの川幅は、相当に広かったようだ。意外と、谷津は深い。古い地名は宇那谷町。
 やはり、古くからの地名は、地勢を良く現している。

150118_大土手山.jpg150118_四街道砲兵学校跡.jpg このこじんまりとした山は、射垜の跡だということだ。
 四街道が、陸軍砲兵学校があった地だと、初めて知った。
 砲兵学校跡の碑は、四街道市役所の道を挟んだ向かいにある。
 千葉県には、旧日本軍の施設が沢山あることに、改めて驚く。

150118_富士山.jpg みつわ台で京葉道路を越えたのが、15時過ぎ。
 ここから西千葉へ抜けて海岸へ行けば、海に沈む夕日が見えるかと思い、海岸を目指した。
 若干、日の入りには間に合わなかったが、夕日に映える黒富士を見ることが出来た。

 12時頃から、駅伝の中継をTBSラジオで聴きながら歩いた。
 ラジオの駅伝中継は、とても難しいのだろうが、中継所のタスキ渡しの中継を2区まで聞いて、聞くに堪えられず、Bay−FMに変えた。
 タスキ渡しの中継は「○○県行った、○▽県も行った』の繰り返し。今通過した県が何位なのか、中継できないのでは、聞いていて臨場感も緊迫感も無い。まったくつまらない、ヘボな中継だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

志津から四街道

日曜日
 ここしばらくは、千葉県の16号線周辺を歩くことにした。
 ちょっと寄りたい場所があったので、船橋北高校前の道を通り、桑納川を渡る。
150118_基準点.jpg 桑納川への道の途中、道路にこんなものが。
 一体何んの、基準点だろうか。
150118_パン屋さん.jpg 八千代市吉橋の、パン屋さん。
 こんなところだから、知っている人しかやって来ない。
 先週、読売新聞の千葉版に、記事があった。
 お店が開いている時間帯には、通ったことがないので、繁盛しているかどうか全く不明。
150118_桑納川から.jpg 桑納川が新川に注ぐ、橋の上から西の方角をみる。
 しっかりと、富士山が見えている。
 ここから、印旛沼の方向へ、新川の左岸(北側)を歩く。
 新川はその流れが緩すぎて良くわからないが、八千代から印旛沼の方向へ流れている。
 このとき、こっち側を行き来する人が極端に少ないことに、ちょっと変だなと思った。
150118_歩道橋.jpg 16号線に近づくと、その理由が判った。
 工事で、通行止めになっている。
 以前、TVなどで取り上げられた、道の駅と農業体験施設をつなぐ歩道橋の工事。
 16号線の橋にもともと歩道があり、新たに歩道橋を作ら無くとも50m余計に歩けば、新川を渡れる。
 本当に、この無駄な歩道橋を作ったんだ。
 あっても無くても、どうでもいいような橋。
 そもそも、農業体験施設自体が、どうでも良いようなもので、昨年通った時にも閑散としていた。

 この工事による通行止めの為、大きく迂回を余儀なくされた。
 ちょっとムッとしながら、16号線に架かる橋の下を潜って、印旛沼方面へ向かった。
 (時間切れなので、続きは明日)


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

20年

土曜日
 もうあれから20年か。
 高速道路が倒れたのは、驚愕だった。
 少し前にアメリカのロサンゼルスの地震で、同じように高速道路が倒壊した時、「日本じゃあんなことは起きない」と思っていた。それなのにだ。
 芦屋に実家のある友人は、実家へ帰って来た後、「ゴジラの通った跡のようだった」と言った。
 断層による直下型の地震のため、被害が線状に連なる格好だった。
 住友ゴムの工場が被害を受け、日本ダンロップのタイヤが無くなった。


150117_朝靄.jpg 150117_白鳥.jpg 調整池には、20羽ほどの白鳥が滞在中。
 あの幼鳥を探すが、見つけられない。
 白鳥の会の掲示によると、あの幼鳥は弱って死んでしまったそうだ。

150117_来迎寺.jpg 布袋様の来迎寺は、蝋梅が綺麗に咲いている。
 このあと、冨塚の西輪寺で福禄寿を拝む。
 何処へ行こうかと思ったが、手賀沼へ行くことにして、まずは藤ヶ谷の持宝院へ立ち寄った。

150117_持宝院.jpg 昨年から建設中の新しい本堂は、ほぼ出来上がって来た。
 なかなか立派な本堂だ。
 本堂の裏手の山は、少し削られて、そこは車の止められる広場になるのだろう。
 新築しても、この持宝院の特徴である、彼岸花の咲く場所は全く損なっていない。

150117_パン屋.jpg 手賀の杜から手賀沼に下りる道に、花輪が出ていて、人が一杯集まっていた。 丘の上は手賀の杜で、戸建て住宅が立ち並ぶ。
 新しいパン屋さんが、OPENするんだ。
 手賀沼の道の駅しょうなんの近くで、コンビニはこの付近にはローソンが一つあるだけ。
 ここなら、近所の住宅地の人たちも、手賀沼に来るサイクリストや散歩の人も、利用するだろう。
 今日もそのローソンは、サイクリストが沢山休憩中。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

横浜もいいなぁ

金曜日
 オーストラリアとのEPAが発効したそうだ。
 貿易上重要な各国とEPAを結んでいけば、TPPなんて不要じゃないのかな。

 横浜の某所へ、仕事で行った。
 行ってみたら、昨年箱根駅伝のコースを辿って歩いた際に、通った場所だった。
 昨年は、国道1号線を歩いて、横浜駅周辺を通過しただけだった。
 今日は、横浜駅の西側を少し歩いた。
 海岸側とは、だいぶ雰囲気が異なって、面白かった。
 
 横浜駅周辺は、まだまだ楽しめそうだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

どうなるのか

木曜日
150113_CAT.jpg 集団的自衛権を容認した閣議決定によれば、今後自衛隊が戦闘行為を行う可能性があるということか。
 憲法9条の条文に触れるか否かは別に置いて、実際の動きを想像してみる。
 集団的自衛権を行使するということは、戦闘行為に加わることになる。
 すると、自衛隊は今までのような「専守防衛」では、装備や部隊の被害が大きくなる。
 当然、自軍が攻撃される前に、自国と密接な国を攻撃した国にたいして、攻撃を行うことになる。
 相手からは攻撃対象になり、前触れなく攻撃を仕掛けられることになる。攻撃の前兆を察知したら、攻撃される前に叩かなければなるまい。
 そうなると、自衛隊には防衛の為に、交戦規程が必要になる。
 いちいち国会にお伺いを立てていたら、戦闘など出来ない。 そんなことをしていたら、やられっぱなしになり、役に立たない。

 また、戦闘の為に装備的にも人的にも、補給がこれまで以上に必要となる。
 現在の防衛予算で、どれだけ戦闘を維持できるのか。燃料、弾薬、兵器、兵員の補充は、可能なのか。
 
 今の政府は、本気に考えているのか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

びっくり

水曜日
 BS−TBSの「関口宏の人生の詩・和泉雅子」を見る。
 見てビックリ。
 和泉雅子さんは、美人女優から突如北極へ挑戦した人ということしか知らなかった。
 日活の三人娘で、TVドラマで見た記憶は、色っぽい美人だった。
 番組で、関口宏さんとのやりとりと聞いて、ビックリ仰天。
 こんな、ざっけない人だったのかと、驚く。
 江戸っ子なんだ。

 凄く話の楽しい人だ。
 可愛い人だ。天然自然児。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

もの想う

火曜日
150113_石仏.jpg 先日、勤務先の事務所で、シンガポールと台湾の話になった。
 どちらも、親日的な国。
 海外へチャレンジする若手を、会社が募集するという。
 派遣先はどこになるのだろうかということから、『まずはシンガポールらしい』との情報。
 その若手たちの会話の中で、『英語が出来れば、なんとか・・。中国語は馴染みが無いし』と、心配している。
 『親日的だという』という所から、『台湾もそう』と会話が弾んだ。 

 今日のNHK「クローズアップ現代」は、ヘイト・スピーチ問題。
 どうして日本人の中には、韓国・朝鮮の人を悪く云う人が多いのだろう。
 極端にある民族を嫌うのは、優越感に基づく差別意識があるのではないかと思う。
 それと、偏った歴の知識。
 歴史の記述は、記述する側によって、同じ事実を異なる表現・解釈が行われてきた。
 いろんな記録を読んで、色んな立場の人の意見に触れないと、偏った意見を醸成してしまう危険がある。
 最も大切なことは、他人の意見を聞くことだと思う。

 一方的にまくしたてるのは、どうかと思う。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

気になる

月曜日 (祝日:成人の日)
150112_調整池.jpg150112_気になる子.jpg 今朝の清水口の調整池に、氷は張っていなくて、白鳥たちは池の東端に集まっていた。
 白鳥の会の方々が、白鳥たちに餌を上げている。
 1羽の幼鳥の白鳥は、少々元気がないそうだ。白鳥の会の方々も、気にかけているそうで、この白鳥には直接パンを上げたりしている。そのせいか、この幼鳥は慣れている。
 鎌ヶ谷大仏から県道船取線へ抜ける道に、また宅地開発された場所があり、ちょっと複雑。
 他人事なのだが、一体ココからどうやって通うのかと心配になる。
 住宅の周囲は、ネギ畑。春先は、土埃に見舞われる。水の被害の心配は無いが、
150112_蝋梅.jpg 鎌ヶ谷の日ハムファイターズタウンの近くで、見事な蝋梅を見た。
 ファイターズタウンの近くの道では、流れた水が凍って、滑ること滑ること。
 ファイターズタウンのスタジアムの壁には、選手の絵が大きくプリントされている。

閑話休題
150112_可愛い車.jpg FIAT500
 近場でも、良く見かける様になった。
 なかなかお洒落な車。ほどほどの大きさ、そんなにパワーは無いけど、小気味よい運転感覚が味わえる。
 持っていて嬉しいし、見て楽しい。なんたって、可愛い。
 とてもいいデザインだと思う。
 どうして、日本の自動車メーカーは、こんな車が作れないのだろう。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

佐倉から四街道を経て千葉へ

日曜日
150111_調整池.jpg 清水口の調整池は7時頃八割がた氷が張っていて、白鳥や鴨たちは氷の無い池の西側に集まっていた。
 150111_SWAN.jpg 4羽が、池から飛び立ち、数回池の上を周回して着水。
 今日は、21羽の白鳥が滞在中。
 池の東端には、大きな一眼レフを三脚にセットした人がいた。
 普段鳥たちは、エサの撒かれる東端に集まっているのだが、氷が張っていると寄ってこない。
 
 今朝は、先日ISETANに入っている好日山荘で買った福袋の、薄いウインドブレーカーを着た。
 薄手なのに、風を遮断するので、とても暖かい。
150111_交通情報.jpg 小室でR464を横断する時、道路情報が表示されていた。
 ラジオの交通情報でもCMでも、幕張のオートサロンのことが報じられていた。
 改造車両の祭典だ。
 あの手の改造車に、湯水のように金が掛けられる人は、その財力は羨ましい。
 今どきの若者は、あんなものに金をつぎ込めるのだろうか。
150111_臼井星神社.jpg150111_臼井城址から.jpg
 印旛沼へ注ぐ新川沿いから、臼井城址へ登ってみた。
 道標に従って登って行くと、巨大なイチョウの木が並ぶ神社があった。
 神社の標示板には、この神社は「臼井城築城の際、城の鬼門の地に創建された社の一つ」と標されていた。
 城址の本丸からの印旛沼の眺めは、とてもいい。
 城址公園を下ってR296に出る手前で、丘の上にお寺の本堂らしき建物が見えたので、つい右へそれた。
150111_臼井妙傳寺.jpg コンクリートの段々で斜面を登ってしばらく行くと、山門があった。
 境内は、本堂の工事中。
 山門には、もともと梵鐘が吊るしてあったようだ。
 ここも境内から、印旛沼の眺めが楽しめる。

 県道に下りて、また坂道を登ると稲荷神社があり、京成臼井駅へ下る道は林の中の道。
150111_臼井道標.jpg 京成の踏切を越えたところに、この道標がある。
 「西江戸道」「さくら道」と刻まれている。
 ここから左(北)へちょっと進んだ所に、右へ入る坂道があった。「光勝寺」への道。
150111_光勝寺.jpg 登っていくと、老人たちが沢山いた。
 お寺で飼っているらしいこの柴犬は、とてもおとなしく人懐っこい。
 初見なのに、下あごをくすぐると、お返しに手を舐めてきた。
 殆ど吠えないから、とても良く躾けられていると覗える。

 臼井の周辺は、こじんまりとしていて、アップダウンもあって、歩いていてとても楽しい。

 佐倉への道は、途中江原の刑場からR296と合流。ニュータウンの中の道は、真っ直ぐなだけでつまらない。歩道があるのだけは、嬉しい。
 JR佐倉駅を、初めて通った。
 構造は、館山駅と瓜二つ。駅の改札の前に立つと、何処の駅にいるのか判らなくなりそう。
 JR佐倉駅から東へ向かい、佐倉街道を南下する。
150111_田中酒造.jpg150111_林の中の道.jpg 神門からR51に入り、鹿島川を二重の橋を渡って、旭鶴の酒蔵の前を通り、ついそのまま旧道を歩き続ける。
 そのうち、杉の林の中の道になる。
 この道が、とても快適な道だった。
 JR四街道駅南口付近から、佐倉街道に戻る。ワシが昔、船橋から吉岡の先へ通った頃、この駅の南口など無かった。
150111_夕焼け.jpg 京葉道路を越えた16時37分頃、夕日が彼方へ沈んでいく。
 昼頃は、うまくいけば千葉ポートタワーで、夕日を見られるかと思ったが、そうは問屋が卸さなかった。
 

150111_東千葉.jpg
 東千葉駅を過ぎ暫く行くと、汚水のマンホールが、カラフルに着色されていた。
 これはなかなか、と思って歩いていたら、千葉市民会館の前だった。
 この付近では、千葉駅へ向かう人が大勢歩いていた。

150111_千葉駅付近.jpg
 千葉駅の北側300m付近で、千葉都市モノレールとJR総武本線の高架が、立体的に重なる。
 まるで、手塚治虫氏が鉄腕アトムや火の鳥で描いた、未来都市のよう。

 駅東口に近づくと、総武本線の線路の下に、おでんや焼き鳥の屋台が連なっていて、これもまたいい雰囲気。
 千葉駅は、まだまだ工事中。

 今日は地図を持たずに行ったので、四街道のクリーンセンターに出た時は、一瞬何処をどう歩いたのか訳が分からなくなった。
 でも、なんとか千葉駅に辿りついた。

 もうダメかと思った左脚は、歩くにはまったく支障が無い。
 ちょっと、自信を取り戻した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

Nのために

土曜日
 深夜2時頃目が覚めて、「Nのために」を見始めた。5時頃一旦休止。
 朝、8時頃から、再び「Nのために」を見る。
 10時半頃、最終回まで一挙に見終えた。
 ミステリーの定番の様に、時間軸があっちこっちに飛びながら、ドラマが進行する。
 榮倉奈々は、高校生から30才くらいまでを演じている。シーンが変わると、ちゃんと年令を演じて見せていた。
 小西真奈美の演じた「野口奈央子」が、許せなかった。
 あの3人が学生時代をすごした野口荘は、なんとなく学生下宿の雰囲気を醸し出している。
 ドラマは、CMを挟んで同じシーンを繰り返したり、前回の繰り返しがあったりして、通しで見ると結構時間短縮ができた。
 ついつい、最終回まで見たくなって、散歩を中止してしまった。

 ジムでは、「間違いだらけの車選び 2015年版」を読む。
 昨年11月07日、この本の著者徳大寺有恒氏が、亡くなられて、この本が氏の最後の寄稿となった。
 読んで気づいたが、徳大寺氏は昨年自らハンドルを持つことは、無かったようだ。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

変わって行くかな

金曜日
 日の出の時刻が、年間でもっとも遅い時期。
 日の入りの時刻は、最も早い時期に比べ、20分は遅くなった。遠くへ出かけて歩く際の時間は、これからじわじわ長くなっていく。

 さて、フランスの週刊誌社の襲撃事件。
 なかなか、容疑者が捕まらない。
 中継の航空写真では、パリの中心部から僅かな距離でも、林や森が連なっている。
 東京では、あんな地勢は無い。延々と建物が立ち並ぶ。
 どこからどこまでがその町であるかどうか、自治体の境界は地図を見ないと殆ど判らない。

 今回の事件の背景には、移民問題がある。
 ヨーロッパ各国で、移民に対する偏見や差別意識、経済的格差などが、問題になっている。
 それなのに、現在の政府は安い労働力を確保するため、移民を進めようという傾向。
 他の国がおこなって来て、問題が顕在化した政策を、繰り返そうとしている。
 「日本は違う」なんてのは、阪神淡路大震災で高速道路がひっくり返って、高速道路の天井崩落で、幻想に過ぎないことが証明している。
 自民党の暴走を食い止めるブレーキ役に、どこか大きな野党勢力が無いと、間違いが繰り返されてしまう。
 民主党が今回の代表選に伴う議論を経て、そのブレーキ役になれるかどうか。
 変化を期待する。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

建設中

木曜日
150101_ELV.jpg 小室駅への通路の急な階段の横に、鉄骨の櫓が出来ている。
 エレベーターだ。おそらく、新鎌ヶ谷駅と同じタイプだろう。
 北総線の駅には、改札階からホームへはエレベーターがあったが、一般道から改札階へ階段を上り下りしなければならない駅が多い。
 西白井駅は、確か3年前にELVが外に出来た。ELVが付く前には、公道から改札階への階段に、折り畳み式の車椅子昇降機「クマリフトのモノベアー」が設置された。
 結局、あのモノベアーは、全く使われないものとなり無駄になった。
 白井駅も、公道からは階段を経ないと、改札に行けない。
 さて、白井駅はどう対応するのかな。
150101_新築.jpg 白井駅北口に、2階建てのビルが建設中。
 (仮称)コスモ白井駅前ビル。
 建設主は、(有)コスモ。
 用途は、「店舗・事務所」。
 建物は、いかにも店舗で、屋上の四角いでっぱりは、店の看板を付ける構造物と見受けられる。
 はて、どんな店舗が入るのやら。

 マクドナルドは、相次いで異物混入事件が起きた。
 マクドナルド・ジャパンの会長は、ベネッセの代表取締役社長でもある、原田氏。代表権のない取締役会長だが。原田氏は、ベネッセの会長に就任した直後、個人情報漏えい事件が起きている。
 原田氏の経営方針に、何らかの問題点があるのではないかと、素人のげすの勘繰りをしてしまう。

 フランスの事件。犯人の乗っていた車は、シトロエン。警察の車は、ルノー。
 大昔からの、フランス映画の構成を、踏襲している。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

公正な税額か?

水曜日
 軽自動車が、売れている。
 実用上、大きさも走行性能も、ほぼ十分な性能を有し、税金が安いから売れる。
 最近の軽自動車は、大きい、重い。
 重量税が、軽自動車とそうでない車で、税額が違うのは不思議だ。
 制定の趣旨が、道路整備に掛る費用を、道路の損傷の原因となる車両の重量によって勘案して掛けようという税金。
 ならば、用途が同じ車で、重量が同じ車で税額が違うのは、納得がいかない。
 軽自動車だろうと普通車だろうと、同じ重量なら道路に与えるダメージは同じだろう。
 もっとも、とっくに道路特定財源が一般財源化されたから、その課税根拠はもう喪失した。
 もともとの課税根拠が曖昧で公平性もあやふやで、もう意味のなさなくなった重量税など止めてしまえ。
 エコカー減税で、重量税が減税されるのも、納得できない。
 百歩譲って道路特定財源として受益者負担の原則に基づいて課税するのなら、車の重量と走行距離に応じた課税が公平だろう。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

遅ればせながら、今年の方針を

火曜日
 新年も、はや6日目。
 今年の抱負とか計画等は、おおよそ元日に思いを馳せるモノだろうが、怠惰なワシはようやく今頃。
 
1.散歩の行き先
 昨年の冬から春先は、狭山湖周辺や都内の玉川上水などの、水路沿いを巡った。
 その際、桜の並木が見事な場所が多数あった。今年は、桜の時期に行ってみたい。
 1月2月は、暖かい房総半島を、ぶらつこう。
 5月になったら、高尾山から奥多摩の山を歩きたい。
 川沿いは、まだ歩いていない荒川沿いを。
 ダイヤモンド富士も、見たい。昨年春には、日付を調べて幕張の浜へ行ったが、曇り空で富士山が見られなかった。
 旧街道は、東海道、甲州街道、青梅街道を、昨年歩いた。身近な所では、日光街道と水戸街道が、残っている。
2.フィットネスジムでの運動
 脊椎の腰の部分がつぶれて、神経線維を圧迫し、姿勢によって左脚に痺れや痛みが生ずるようになった。
 もう歳なのだから、運動の方針を変更しよう。
 運動強度を下げて、時間を延ばして、運動量(消費カロリー)を確保しよう。
 『楽に、長く』、動くことにしよう。
 筋トレは、週3回は行いたい。

3.酒の量
 昨年は、少々飲み過ぎ。
 晩御飯の前は、缶チューハイ350mL缶1缶、その後寝る前にはハイボール。
 土曜日は、休肝日。

閑話休題
 日産の新車のラインナップを見て、がっかりした。
 自分で運転したくなるような運転を楽しめる車、アマチュアの競技で勝てる車は、皆無。
 これでは、日産のCMはあのていたらくなのは、しようがあるまい。
 『運転して楽しい』という、メッセージを出せる訳がない。
 スカイラインにしても、エンジンはメルセデスからの買い物だ。
 スポーツ風の車のエンジンすら、自社で生産出来ない。
 売れているのは、OEMの他社生産品のみ。
 一時的に財務状況は好転したのだろうが、自動車メーカーとしてはもうダメだ。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

仕事始め

月曜日
 今日から、2015年の仕事始め。
 実際仕事の上は2014年度中で、途中であるのだが。

 今年は、昼になって近くの神社に初詣をして、その後解散となった。
 弊社は、こんなにユルイ新年で、いいのかな。

 13時頃早々に駅前で、ワシは皆と分かれて帰路に着く。
 まず書店に寄り、文庫本を購入。
 松戸駅で下車し、ISETANでぶらぶら。
 好日山荘で、福袋1万円を購入。
 
 帰宅して内容を確かめると、夏用のトレッキンググッズだった。
 ポケッタブルのレインウェアとトレッキングパンツ、Tシャツ、コンパクトポーチ。
 値札を確認すると、総額2万5千円ほど。
 トレッキングパンツは、一昨年購入したのがあちこちほつれて来たので、ちょうど良かった。
 いい買い物だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

松戸まで歩く

日曜日  (年末年始休暇 最終日)
 今日は、松戸神社へ、初詣に行った。
 鎌ヶ谷の入道溜の信号のところが、景色が一変していた。
 自動車修理工場のあった場所が、整地され更地に化けていた。

 新鎌ヶ谷から、新京成のくぬぎ山駅を経由して八柱霊園を経て、市立松戸高校の先を左に折れて、結いの花公園へ行ったが、閉館中だった。
 東松戸駅周辺は、みるみるうちに住宅や店舗が増え、賑わいを増している。
150104_閉館中.jpg 松戸南高校の西側にある昭和の杜も、さすがに個人経営だけあって、まだ正月休みだった。
 ちょっとがっかりして、国分川に架かる獅子舞橋を渡って、丘の上にある紙敷の日枝神社へ。

150104_日枝神社参道.jpg 昨年、西側が宅地開発され、参道の林はぐっと小さくなり、厳かな雰囲気は少し希薄になった。
 参道の石畳を本殿前の鳥居へ進んでいくと、社務所が建て替えられ本殿へ向かって左から右手に移っていた。
 社務所の「定礎」の石を見ると、『竣工平成二十六年十月』とある。
 昨年秋に、出来あがったということか。
 もとの社務所のあった場所は、駐車場になっていた。
150104_日枝神社本殿.jpg

 本殿の厳かな様子は、全く変わらない。
 が、以前は参道前の木々に周囲が遮られ、静謐な雰囲気が漂っていたが・・。
 さすがに正月も四日となると、人の姿も無い。
 もと社務所の石段を下ると、ラドン温泉に出る。
 坂を登って、新東京病院の東側から病院の前を通って、松戸南部市場の端の道に出る。
 二〇世紀ヶ丘から、水戸街道を陣ヶ前で渡って、松戸神社へ向かう。
 常磐線を潜る所で、ふと思いついて松竜寺へ。
150104_松竜寺.jpg

 
150104_松戸神社.jpg150104_ペコちゃん.jpg 松戸神社は、広くもない境内が、人出で一杯。
 御龍水を頂き、遠くから本殿を拝む。

 境内の掲示を見て、ワシ今年前厄と知る。


150104_ISETAN.jpg 松戸ISETAN前には、年賀の飾り。


 ペコちゃんは、晴れ着姿。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

神社巡りと夕日を眺めに幕張の浜

土曜日  (年末年始の休暇中)
 150103_調整池.jpg 10時頃、清水口の調整池は、ほぼ全面氷が張っていて、白鳥や鴨たちは池のの西側に集まっていた。
 小さな鳥は、氷の上に立っている。150103_JRA競馬学校.jpg JRA白井競馬学校は、オーバルコース内でジョッキーの卵たちが、馬に乗っている。
 今日は、お休みではないなのかな。
 なんとなく、ゆったり乗っている。教練では、無いのかも。
 八木ケ谷の長福寺に立ち寄り、三咲から新京成の東側を歩いて、御滝不動へ。
150103_御滝不動.jpg 滝不動は、山門の外と内に露店が立ち、賑わっていた。
 山門の中に入って、人の列の長さに驚く。
 お参りをする人の行列が長く、とても待てない。
 初詣だけど、ちょっと遠くから手を合わせただけで、先へ向かった。
150103_アメダス船橋.jpg 飯山満川の谷から、七林中学へ階段を登り、新京成の習志野駅を越えて二宮神社へ向かう。
 途中、薬園台高校の敷地内にある、アメダス船橋を遠目に眺める。
150103_二宮神社への石碑.jpg二宮神社への道の途中、マルエイの角の道端に、この石碑があった。
 なんと刻まれているのか。「二宮」以外は、殆ど判読不能。
 はて、何のことかは判らないが、この石碑は神社への道標になっている。
 石碑のところを左に入ると、狭かった道が進んでいくと広くなる。
150103_二宮神社本殿.jpg 神社の横の入口から入ると、本殿の前は延々と参拝の人の列。

  150103_二宮神社石碑.jpg 人の列は、本殿前の石段を下り再び登った鳥居の前まで、延々と続いている。
 やはりここも、遠くから拝むのみ。
 三叉路の分かれ目にも、石碑があった。
 こっちのは、文字が読める。
 「二宮神社大祭用地」。

 日大生産工学部の前を通り、京成大久保駅方面へ向かう。
 途中、煉瓦積みの門柱の公園に寄る。すると、奥に鳥居と社が見えた。

150103_誉田八幡.jpg なんと、立派な参道と鳥居のある、誉田八幡神社だった。
 参道や社の前に立つ木々は、巨木が多い。
 大久保駅前に出て地下道をくぐり、中央公園から屋敷の第六中の横から、川沿いの道を歩いて幕張PAの横に出る。
 京葉道路を潜って、総武本線・京成線の線路を大きな歩道橋で越え、子安神社へ。
 時間に余裕があるので、検見川神社へ寄り、検見川の浜で夕日を見ることにした。
 15時半に浜に着いたが、まだ日没には間がある。
 うっすらと富士山が見えている。太陽が沈む方角と、富士山の方向が離れているので、幕張の浜まで移動する。
 日が沈んでいくのを待つ間、風は冷たく冷えてくる。

150103_夕日.jpg


 富士山も、シルエットで見えた。

 今日も、左脚は快調。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

おびんするさま さまさま

金曜日  (年末年始の休暇中)
 箱根駅伝を見る。
 茅ヶ崎までは、昨年歩いている。川崎・横浜付近は、数回歩いたから、街並みに見覚えが有る。
 なんとなく、熱の入り方が違う。
 往路のゴール後、それに触発されて散歩に出掛ける。
 歩き出して、驚く。
 左脚の痛み・痺れが嘘の様に無い、どうしたことか。これは、おびんずるさまのおかげか。
 おお、ありがたや、ありがたや。
150102_調整池.jpg 清水口の調整池へ白鳥を見に行くと、池の水面がさざなみが立っているように見える。
 よく見ると、薄氷が浮かんでいるのだ。14時頃の最も気温の上がった時間帯なのに、まだ氷が融けていない。
 今朝は、如何に冷え込んだことか。
 20羽の白鳥は、いくつかのグループに分かれていた。幼鳥1羽は、最も見物する人の多い池の東の端にいる。
 日没の時刻を勘案して、手賀川まで遠回り。
150102_トンビ.jpg 手賀沼の手前で、トンビが2羽上空で絡むように遊んでいた。
 あまりに遠くて、このデジカメのAFでは追い切れない。ひどいピンボケ。

150102_ANA.jpg 手賀沼の曙橋で、上空をジェット機が飛んでいく。
 見上げると、派手なカラーリング。ポケモンがペイントされている。

 手賀沼も、湖岸の葦の際は、水面にまだ氷が浮かんでいる。
 今日は、もう融けないだろう。日が傾いて、ぐんぐん冷えてきた。

 ちょうど、夕焼けの時刻に間に合った。 
150102_夕焼け.jpg


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

明けましておめでとうございます

元日   (年末年始の休暇中)
 初日の出は、東の空の端に漂う雲間から、覗くように差し込む。
150101_初日の出.jpg
 
 本年も、いい年でありますように。 


 清水口の調整池には、20羽の白鳥が滞在中。

 賑やかに、コォーコォーと啼く声が、池の周りに響く。







 例年通り、白井七福神巡り。
150101_来迎寺と西輪寺.jpg まず布袋様は、折立の来迎寺。次に、福禄寿は、冨塚の西輪寺。陽射しがあって風も弱く、暖かい。
 この2つの寺では、誰にも会わなかった。
 西輪寺から、中、河原子、名内を経て、金山落しの桜の下を歩き、大黒天の平塚の延命寺へ。
150101_延命寺.jpg 毎年、延命寺は多くの人で賑わう。
 梵鐘が鳴っている。 今日は、誰でも鐘つきが出来る。
 鐘の音は、高い音が撞いた直後暫し続くが、低い音は延々と長い時間うねるように響き続ける。
 
150101_秋本寺.jpg 白井市白井の秋本寺には、毘沙門天の木像がある。
 ちょうど1組の家族が、初詣に来たところだった。
 ここで、木下街道を横断し、丘を下って二重川沿いから神崎川沿い、小室橋で神崎川左岸に渡り、清戸の薬王寺へ。薬王寺には、弁財天がある。
150101_薬王寺.jpg ここでは、犬を連れたご夫婦が、参詣中だった。
 顔なじみの豆柴と、ちょっと遊ぶ。黒い年上の犬だけが、外にいた。
 年下の茶の犬は、あまりにはしゃいで吠えるので、昨年同様玄関の戸の中に。
 なんだか可哀想。あの子も、遊びたいだけなのに。人懐っこいだけなのに。
 もっと境内の広いところに出してあげて、訪れる人と遊べるようにしてあげればいいのにな。

 小室付近では、はっきりと雪が舞ってきた。
150101_佛法寺.jpg 寿老人の法目の佛法寺は、多くの人が訪れていた。
 おびんずる様の、左の腰と脚を撫でて来た。
 この神経痛が、動き続けなくとも、襲ってこないように願う。

 今日も、歩き出してから、白鳥の写真を撮って立ち止っている2・3分の内に、痛みと痺れが始まる。
 その後、10分から30分間、もう歩けない・脚が抜けてしまいそうなほど、刺す様に痛む。
 ところが、今井の桜の下を歩いている時、気がつけば痛みも痺れもどこへやら。
 しかし、何たる貧乏性の体か。

 17時から、NHKスペシャルの再放送「カラーでよみがえる東京」を見る。
 見事に「歴史は繰り返す」を、現している。
 

 閑話休題
 スズキの新型アルト。VWのUPに似ていないか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする