2015年02月28日

日光、中禅寺湖

土曜日
 朝、凄くいい天候なので、日光・中禅寺湖をバスで回ることにした。
 バスでいろは坂を登る途中から、男体山の姿に興奮気味だった。
150228_明智平.jpg 明智平でバスを降り、ロープウェイで展望台へ。
 明智平でバスから降りたのは、ワシを含めて7人。
 レストハウスのロープウェイの乗り場へ、階段を下る。チケット売り場で、JAFの会員証を提示したら、10%割引になった。
150228_男体山.jpg ロープウェイのかごの中から見える男体山は、優美な形。

 ロープウェイが向かいに着くと、展望台はターミナルの上。
 登ると、中禅寺湖と華厳の滝が、綺麗に眼下に見えた。
 景色に、圧倒された。凄い、まさに絶景。
150228_明智平から見る華厳の滝.jpg よくある華厳の滝の写真は、ここから撮影したモノだったと判る。
 360°の展望に興奮してつい長居をしてしまい、レストハウスへ戻るロープウェイのかごの中から、乗りたかった湯元温泉行のバスが見えた。
 下に降りた時は、すでにバスは出て行った後。次の湯元温泉行のバスまで、30分待ち。
 次の中禅寺温泉行のバスを待つ15分間、レストハウス周辺をゆっくり見学。
 150228_華厳の滝.jpg 
 中禅寺温泉に着いて、滝見茶屋から華厳の滝を見る。
 見た目よりも、滝のごうごうという水の落ちる音の方が、強烈に感じる。
 
150228_竜頭の滝.jpg
 竜頭の滝。滝の周囲に、つららが見える。
 遊歩道は昨夜の雪で、石段が埋もれてしまっていた。
 
 竜頭の滝は、茶屋から滝の正面が見える。

 このあと、日光輪王寺と二荒山神社・東照宮を見物し、東武日光より帰宅。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

鬼怒川温泉へ

金曜日
 昨日、日光方面の観光を検討していて、ふと気づいた。
 今どき、中禅寺湖の先は、雪が積もっているのではないか。
 戦場ヶ原を散策しようと思ったが、雪原を歩くことになるのでは、少々難しいか。
 日光東照宮は、現在陽明門等が改修工事中らしい。
 宿の鬼怒川温泉から出ている定期観光バスにするか否かは、土曜朝の天候で決めよう。
 自分で勝手に行くにも、バスのフリーパスを買って、中禅寺湖まで行こう。
 実は、生まれてこのかた、華厳の滝を見たことが無い。

 ワクワクしている。



 またまた、自民党の議員が金の問題を起こしている。
 数年前、民主党に国民の支持が雪崩を打つように傾倒した原因の一つに、自民党議員の「金」の問題があったと思う。
 数年で、またぞろ政治資金や献金の問題を引き起こすのでは、自民党議員には反省が無いと云える。
 もう、喉元を過ぎたか。



 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

検証

木曜日
150226_豆腐の味噌漬けと清酒.jpg 先日来ずっと悩んでいた、豆腐の味噌漬けに合う酒は何かという課題。
 ちょうど、ウィスキーのストックが切れたので、駅前スーパーで酒を選んだ。
 今日は、日本酒を選択。
 福島の「奥の松」、吟醸酒を選択。あえて純米酒は、はずしてみた。
 豆腐の味噌漬けのしょっぱさは、だいぶ抑えられる。
 豆腐の味噌漬けをちょっとかじり、「奥の松」を一口含む。ウィスキーハイボールやビールと一緒に食べた時は、しょっぱが際立ってしまいキツイ感じになった。
 そこが違う。
 やはり、日本酒との相性は良い。「奥の松」吟醸は、辛口。より甘口の酒の方が、豆腐の味噌漬けに合いそうな気がする。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

プランを練る

水曜日
 今週末、会社の部の旅行で、鬼怒川温泉へ行く。
 金曜の退勤後、バスで移動。
 さて、土曜日はお菓子の城と今市の造り酒屋により、宇都宮で昼食して亀有にバスで帰ってくるプラン。
 だが、一目見てつまらない。
 折角、鬼怒川温泉まで行くのだ。
 帰りは、日光に寄りたいではないか。
 幹事に確認すると、土曜朝食後自由に帰宅しても良いとのこと。
 では、土曜の朝は、鬼怒川温泉から東武日光へ電車で移動し、日光見物をしてやろうか。
 調べると、鬼怒川温泉駅から東武バスの定期観光バスが出ている。
 ¥6,000は高いなぁと思ったが、輪王寺・東照宮・二荒山神社の拝観料込だから、けっして高くない。
 拝観料だけで、¥3,000になる。日光のバスの一日フリーパスが¥2,000。
 定期観光バスには、案内人がついて説明が聴け、自分で行き先を考える手間が無い。
 11月にTV東京が路線バスを使った『電車&バスで行く!秋の日光すごろくの旅6』を放送していた。
 そういえば、見たっけ。
 TV東京のHPから行き先を参考に、土曜日のプランを作る。
 この、事前のプラン作成が、楽しい。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

うむ、珍味

火曜日
 150224_豆腐の味噌漬け.jpg 晩ご飯に、見慣れないモノが、出てきた。
 一口齧ったら、ちょっとしょっぱめのチーズのようで、味噌の風味もして不思議な味。
 奥方に、「これ何」って聞いた。
 豆腐の味噌漬けだそうな。
 晩酌は、一番搾りにしたが、ビールでは弱すぎ。
 
 ご飯を済ませた後、ウィスキーと共に食べてみた。
 これにも、いささか合わない。両方の味が、濁る感じ。引き立たない。

 ご飯とは相性抜群だったから、日本酒が良かったか。
 鴨川の亀田酒造の、ライスワインか寿萬亀が良さそうだ。
 あの酒蔵の酒は、醤油と味噌の味を膨らませる酒だった。きっと合う。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

臨時の監視カメラ

月曜日
 昨日は、東京マラソンが、霧雨の舞う中開催された。
150221_道路閉鎖用具.jpg 土曜日には、あちこちで道路を仕切るための、コーンやバーを配置する作業を目にした。
 浅草の雷門前の道路は、仮設の柵が延々と設置されていたが、あの柵は土曜日には道路脇には全く見なかった。
 あれは、日曜当日の朝、短時間のうちに設置されたものだろう。
 警備の為、ランニングポリスなど、カメラが多数用いられたようだ。
150221_仮設カメラ設置作業.jpg
 前日に、仮設のカメラ設置作業も、あちこちで見ることが出来た。
 カメラの高さは、地上2m少々で低かった。
150221_カメラ用端末盤.jpg ビッグサイト前の交差点には、SECOMのロゴの入った壁掛けサイズの鉄製の盤が、歩道の鉄柵に固定されていた。
 おそらく有線で接続されたものだろう。
 
 150221_カメラ用トランク.jpg150221_端末調整中.jpg 臨時のカメラに接続されていたのは、黒いプラスチック製のトランク。
 カメラからトランク間は、同軸ケーブル1本のみ。
 トランクからは他に何もケーブル類は出ていないので、カメラはバッテリー駆動、通信は無線接続と思われる。
 都内だから、受信用の親機の設置は、沿道の建物に協力を依頼すれば、簡単だろう。
 ネット検索では、臨時カメラは11台。ワシが見たのは。4台。
 
 この手の設備は、事前公開するのは不適切だと思い、事後の今日公開することにした次第。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

霧雨

日曜日
150222_小鳥.jpg 調整池の端の道を歩くと、目の前をスズメ大の小鳥が躍り出た。
 羽色が、スズメとはちょっと違う。
 数年前に、印旛日本医大先の松虫で見た鳥と、緑色の羽根が似ている。
 カメラレンズを替えているうちに、何処かへ消えてしまった。
150222_白鳥.jpg 調整池の白鳥は、ちょうど食事の時間で集まっていた。
 パッと見た目に、21羽いた。

 時折霧雨と小雨が、降ってくる。
 
150222_小室梅園.jpg 小室梅園の紅梅。 見事に花がほころびている。
 白梅は、2・3輪ほころび始めた程度。
 

 さて、コナミスポーツクラブ五香の、契約プラン変更を行った。
 現在は、法人個人会員で、利用制限無し。
 これを、利用頻度に応じた、いくつかのプランを選択する形に変更しなければならない。
 週の利用回数で、料金が分けられている。
 週1回月間4回まで、週2回月間8回まで、週3回月間12回までの、3プランから選択する。
 ことろが、週3回のプランを選択すると、移行期間の5月末までは利用回数制限が無い。
 5月には、回数制限のないプランが開設されるという。
 当然、回数制限無しのプラン継続に、変更した。

 結局、会費の値上げなのだ。

 現在、光熱費の値上げで、ジムの運営は厳しいだろう。
 こんなところにも、安部のボンボンミックスの影響が出ている。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

東京マラソン前日

土曜日
150221_都庁前.jpg 都庁前。
 ここが、スタート地点だろう。三脚にビデオをセットして、ウェア姿の自分を録っているオッサンがいた。
 都庁前の道の両側に、トラックやバスが一杯。
 上空に、ヘリコプターがホバリングしていた。
 150221_仮設トイレ配送.jpg150221_配送車両.jpg 新宿駅の西口から、仮設トイレを配置するトラックが、どんどん出て行く。
 トラックには、東京マラソン2015のマーク。
 8時前には、まだスタッフの動きが少なかった。
150221_5km.jpg150221_10km.jpg ←5km地点。
 外堀通りの市ヶ谷駅と飯田橋駅の中間。
 スタートの都庁前から、この辺りまでずっと下り坂。
 右が、10km地点の、日比谷公園前。
 ここから、日比谷通りを品川方面へ向かう。
150221_15km.jpg150221_20km.jpg 左が、15km付近の、第一京浜沿いレクサス高輪前。
 向きは、泉岳寺方向。
 第一京浜沿いは、ビルの工事が多い。
 右は、20km付近の、日比谷通り西新橋交差点、第一田村ビルの前。
 日比谷の交差点を銀座方面へ向かう。
 コースは銀座4丁目で左へ折れて日本橋へ向かうのだが、あまりに人が多いので築地4丁目の新大橋通りまで下る。
 20km地点は、明治座の先の久松町交差点付近。写真は撮り忘れた。
 途中、ランナーが数名一団となって、歩道を塞ぐように走ってくる。殆ど、暴走族だ。
 歩く人は、怯える様に道を空ける。
150221_30km.jpg 浅草の雷門で折り返して、浅草橋を渡ったところが、ほぼ30km地点。
 水天宮は、現在工事中で、明治座の隣に仮宮が設置されている。
 今度は、茅場町の交差点を右へ折れて、日本橋で中央通を銀座方面へ。
 銀座1丁目になると、なんと歩行者天国になっていた。
 広くて歩くのは、楽々。

150221_35km.jpg150221_40km.jpg 左が、35km地点の、築地本願寺前付近。
 入船橋の交差点から佃大橋へ向かうと、道を歩く人は少なくなり、歩き易くなる。
 ただ、自転車がびゅんびゅんと歩道を突っ走るので、油断禁物。
 右が、40km地点の、東雲第2団地入口交差点。
 もうゴールはすぐそこ。
150221_ゴール.jpg ビッグサイトの東端、有明埠頭公園に、フィニッシュ地点のゲートとスタンドが作られていた。
 カメラテストが行われていた。
 まだゲートが閉じられていて、中には入れない。
 ゲートの外から覗いている人は、ワシだけでは無い。
 東京マラソン2015のロゴ入りのビニール袋を提げたランナー姿の人は、明日走る人かも。

 あとはのんびり、日比谷まで歩く。
 今日歩いていて大きな通り、銀座の中央通や晴海通り沿いは、外国人が一杯で日本語が殆ど聞こえない。
 夕方日比谷へ戻る際、銀座の路地に入ると、やっと日本語が聞えた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

携帯不携帯

金曜日
 今日は、スマホを家に忘れて来てしまった。
 しかも、ラジオは電池切れ。
 
 幸にして、文庫本を持っていたので、退屈することは無かったが、音無しは寂しい。

 帰宅してスマホを確認すると、電話の着信は無く、ほっとした。
 フェイスブックやメールを確認。

 なんとか、不義理はせずに済んだようだ。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

意外な所に出てきた

木曜日
 NHKの7時のニュースを、コナミスポーツクラブ五香で、エアロバイクを漕ぎながら見ていた。
 オレオレ詐欺の現金授受の瞬間の映像は、なんと千葉ニュータウン中央駅。
 タクシー乗り場の映像に、見覚えのある青いバスが映った。
 千葉ニュータウン中央から新鎌ヶ谷駅まで運行している、「生活バスちばにう」のバスだ。

 千葉ニュータウン中央から新鎌ヶ谷駅まで¥300で、平日に毎日運行しているバス。
 あの運賃の高い北総線に対して、住民グループが一念発起し友の会を結成して、昨年運行にこぎつけたバス。

 北総線は、2月10日付で、運賃を又も上げた。
 千葉ニュータウン中央−新鎌ヶ谷駅は、¥560から¥570に上がった。
 ほぼ、「生活バスちばにう」の倍になった。

 平日新鎌ヶ谷へ行くのには、圧倒的に「生活バスちばにう」の方が、経済的だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

じわじわレベルUP

水曜日
 新京成線は、初富駅から北初富駅間の高架化工事を行っていて、新鎌ヶ谷駅も高架ホームの工事中で現在のホームは仮設である。
 今新鎌ヶ谷駅では、新京成線のホームへの地下通路を工事中。
 地下通路は、天井や壁面を仮囲いをしていて狭くなっているのと、通路を部分的に掘り下げたため一部スロープになっている。
150218_いい感じ.jpg その安全確保の注意喚起のため、警備の方が通路の両端と新京成のホームに立っている。
 利用者が来ると、注意喚起の為に「通路が一部スロープになっております、気をつけてお通り下さい」と、警備の方が大きな声で伝えている。
 これが、なかなかいい声なのだ。

 今夜、なんと「松戸行の電車が、まもなく入ってきます」と案内していた。
 凄い、運行案内まで始めた。
 警備の本来の仕事だけなら、そんな「間もなく電車が来ます」なんて言う必要はない。
 電車が来るとき、ホームには放送が入るが、地下通路ではその放送は聞こえない。
 でも、あの一言を聞いてちょっと急ぐと、電車に間に合うのだ。
 きっと何度か、わずかな時間で電車に間に合わなくて、地下通路に戻ってきた人を見て、工夫されたのだろう。
 日々周囲を良く観察し、自分が出来ることを見つけて実践している。
 素晴らしい。見習わねば。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

マラソン準備はどう?

火曜日
 今日9時頃、いきなり雪が降った。
 昨年の2月は、14日に雪がどっと降ったっけ。
 雪は、10分も続かなかった。
 明日も、昼間は寒いそうだ。
 今度の日曜日は、東京マラソン。週末の天候は良さそう。
 土曜日には、コースを下見しに行こうと思う。
 
 木更津のアクアラインマラソンの前日の準備作業は凄かったが、過去に東京マラソン前日に全コースを歩いても、準備らしきものはゴールのビッグサイトくらいだった。
 今年はどうだろう。
 2007年に第一回を開催して、今年で9回目。開催実績を積んで、運営も手慣れて来たのだろう。
 
 今年は、前日の準備を探して歩きたい。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

本気じゃなかったんだろう

月曜日
 電柱の地中化の話題を、TBS−TV「噂の東京マガジン」で見た。
 国は、30年前に方針を立てたらしいが、全く状況は変化していない。
 本気じゃなかったんだろう。
 本気で地中化したかったら、新規に開発する宅地や街区・工業団地では、電線地中化を義務付けるべきだった。
 その法制化をするのが、政治家の仕事。
 それをしなかったから、地中化は進まず、毎年7万本も電柱が増えている。
 
 役所の役人はコストが高いから出来ない等々、出来ない理由ばかりをあげつらう。
 どうしたらできるか、実現するための議論をしていないのは、やる気のない証拠。

 電線地中化も、初期コストばかりに終始している。
 もっと、30年100年後を見据え、保全のためのコストを含めた、TOTALコストで論議すべき。

 政治家は、30年100年先の国家の在りようを考えて、法律を作るのが使命でしょ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

ニッカ柏工場

日曜日
150215_SUNRISE.jpg150215_wasi.jpg 6時39分、日の出。
 もうだいぶ日の出の時刻が早くなって、6時半には歩き出せる。
 近くを歩くと、畑だった所に家がどんどん増えていて、道の様子が変わってしまっている。
 家は増えても、道は以前の畑の中の狭いまま舗装だけされていて、かえって不安を覚える。

 梅の花を期待して、柏市逆井の観音寺へ。
150215_観音寺.jpg

 紅梅は、まだ蕾。本堂奥に、白梅が咲いていた。

 観音寺を辞して、手賀沼へ行く途中に、ちょっと寄り道をした。
 柏市には、ニッカの工場がある。
 柏市増尾のゴルフ場の隣に。ニッカウヰスキー柏工場がある。
150215_NIKKA柏工場.jpg
 ここでは、醸造は行っていなくて、ニッカの醸造所で作られた原酒等の、ブレンドやパッケージを行っている。
 ニッカのウィスキーの8割がたは、ここ柏工場でブレンド・パッケージされ出荷されている。
 毎年、春には工場の解放イベントが開かれ、その時には凄い人出で賑わう。
 工場内には、原酒のタンク等が積まれている。

 陽射しは暖かいが、10時を過ぎた頃から北西の風が猛烈に吹く。
150215_菜の花.jpg 手賀沼の我孫子側。
 菜の花が咲いている一画。以前は、外周の道の北側に菜の花畑が有ったが、今年は沼の端。




 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

豪徳寺と松陰神社

土曜日
 150214_本門寺五重塔.jpg 7時半、池上本門寺の東側の墓地に登り、五重塔を眺める。
 足元の土は、まだ霜で固く凍っている。150214_永寿院と妙見堂.jpg 本門寺の周囲には、多くのお寺が本門寺を取り囲むように集まっている。
 池上梅園も、そのうちの一つの寺の境内。
 行ってみて驚いたが、池上梅園は第2京浜の直ぐ近く。あんなに、道の端だとは思わなかった。
 梅の花は、まだ3分咲き。だから、開園時刻前だったが、惜しいとも思わなかった。
150214_多摩川.jpg 9時頃の多摩川は、野球をする人たちが、河原に溢れている。
 多摩川の上を渡る新幹線は、先頭車両が向こう岸に辿りついても、最後尾はまだ川の上に無い。
 等々力渓谷は、とても都内とは思えない、深い山の中のようだった。
 等々力不動からも、いい眺めが楽しめる。

 岡本公園、砧公園に立ち寄ってから、烏山川緑道を辿って豪徳寺、松陰神社を訪ねた。

150214_井伊直助の墓.jpg150214_吉田松陰の墓.jpg 時の大老井伊直助と、吉田松陰の墓は、驚くほど近い場所にあった。
 さすがに、大老井伊直助の墓は、大きな立派なモノ。
 それに比べると、吉田松陰の墓は、あまり立派とは言えない。

 吉田松陰の墓は、松陰神社にある。
 松陰神社は、高杉晋作など松陰の門人によって創建されたもの。
 もともと、吉田松陰は、安政の大獄で牢獄の中で死んだ。その時の墓は、小塚原(現在の南千住)の回向院にあった。松陰の門人たちが、もと長州藩別邸のあった現在の地に、墓を移した。
 松陰を死に至らしめた張本人である井伊直助の墓と目と鼻の先に吉田松陰の墓を移したのは、意図的な事だったのだろうか。
 なんて、思いながら神社を後にした。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

地図がばらけだした

金曜日
 千葉のデッカ字マップが、いよいよバラバラになり出した。
 
 あのポケット地図帖は、発行2007年。
 もう8年前の地図になった。
 購入してから、そんなに経っていたとは、正直驚きだ。

 今週末歩きに行く場所を検討していて、新鎌ヶ谷の駅で2枚が風に飛んだ。
 もう表紙は、裏も表も無くなった。
 
 明日は、寒そうだ。 都内へ向かおうか。

 数年前は、幕張まで歩くのに、一大決心が必要だった。
 ところが今では、何も構えずフラッと歩いてしまう。歩くことに、時間の感覚がマヒしているのかも。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

尺貫法

木曜日
 日本では、計量法に拠って、計量単位として尺寸や匁などは、公式には使用できない。
 先日TBSラジオで、『身長何尺、耐重何貫と云われて、ピンと来ますか』という話題が有った。
 ワシは、実家が畳屋だったこともあって、長さについてはほぼ尺や間、町、里という単位は、想像がつく。
 尺もフィートも、人間の体に基づいた長さ。
 3尺X6尺が畳1枚の大きさで、人一人が横になる大きさ。
 建築物のサイズは、いまでも尺・間が実質使われている。
 人間が使う家具や建物の大きさを表す単位としては、体の一部を元に何千年もかけて積み上げてきた尺貫法が合っているのは当然だ。
 車の横幅も、多くの普通車で約1.8m。これは、ほぼ6尺で一間である。
 歩いていると、その距離感覚も、kmよりも里の方がしっくり来る。
 ゆったりと歩くと、1時間で1里(3.9km)。
 地図も、1寸(約3cm)が歩いて10分位になる縮尺の地図が、見やすいし歩き易い。

 あのメートルという単位は、純工学的に定めたもので、人間の感覚とは無縁。
 だから、体感的に合わないのだ。

 尺貫法の使用を黙認ではなく、正式に認めて欲しいものだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

建国の日に

水曜日  (祝日 建国記念の日)
 建国記念の日は、さすがに月曜日ではなく、日付指定になっている。
 これを曲げるような馬鹿な輩は、国会議員にはいなかったのだ。
 何故あの戦闘機が、「ゼロ式」なのか。 なんて言っていると、「ジジイ」と云われてしまうか。

150211_Swan.jpg 7時頃、調整池に行くと、「コォーコォー」と呼びあった後、6羽の白鳥が池から飛び立って池の周りを周回した。
 何周か廻って、5羽が池に下りたが、1羽はその後2周回飛んでいた。
 どうやら、白鳥は早朝に池の周りを飛ぶようだ。

150211_老人ホーム.jpg 船橋北高近くに、先日完成した特別養護老人ホーム。
 一部3階建ての建物は、木造だ。
 これにエレベーターはあるのか、ちょっと気にかかる。木造の建物に、鉄の塊のエレベーター。
 無理っぽいが、今どきのエレベーターは、自立鉄塔の中で動くから、木造でも大丈夫。
150211_御滝不動.jpg

 8時半、御滝不動に到着。
 正月には、行列に圧倒され、手を合わせることが出来なかった、太師堂にも手を合わせてきた。
 150211_材木店.jpg 船橋の運動公園へ、バス通りを歩く。
 材木店の前は、木のいい香がする。
 運動公園の前を通り過ぎると、元船橋旭高校は、看板も外されている。
 坂道を下った先の船橋西高校は、校名が「船橋啓明高校」に変わっていた。
150211_上山神明社.jpg 木下街道への道の途中に、巨木に囲われた神社が在った。
 上山神明社。
 道路の隣に参道があり、木下街道に面した所には、石の鳥居があった。
 木下街道を、中山競馬場方面へ歩いて行く。
 途中、「行徳札所 番外 藤原観音堂」には、身代観音があるそうだ。観音堂の中は、暗くて見えなかった。
 境内には、「身代わり観音」の由来を標した、船橋市教育委員会設置の標示板が建っている。
 中山競馬場の入口になる、北方十字路を木下街道から45度の方向の路地を進む。
 初めて通る道。とても、歩き易い。
150211_中山法華経寺.jpg いい感じの商店街を抜け、中山法華経寺に辿りつく。時刻は10時。
 市川市の高級住宅街の中の道を歩いて、真間川を渡り、10時35分葛飾八幡宮に着く。150211_駒どめの石.jpg
 社務所の前の、駒どめの石の説明を読み、こんなところに源頼朝由来のモノがあるのかと、感心しきり。
 
 梅の花を見ようと、菅野の白幡天神社に向かう。11時24分到着。
 何度も訪れた神社であるが、この神社の御由緒を初めて読んだ。
 なんと素晴らしい。
 手児奈の霊堂によって、弘法寺へ。
150211_弘法寺.jpg 弘法寺山門下に、船橋東高校の野球部(だろう)の生徒たちが、集まって石段を見上げている。
 なんじゃろかと思いつつ、生徒の間を抜けて石段を登って行くと、生徒たちが元気に挨拶してくる。
 女子マネージャーの子が、2人いた。
 石段を登り切り、山門の所から眺めていると、下から高校生らは2人一組で石段を横歩きで登ってくる。
 これは、きつそうだ。
 弘法寺の石段は、蹴上げが高い。休まずに歩いて登るのさえ、なかなかきつい。
 これをサイドステップで登ってくるとは。さすが、若い。

 サントリーのCMコピー、「春は あげもの」。
 ダジャレだ。
 リフォームのADVANは、違和感を感じる。
 ADVANは、横浜タイヤの登録商標では無かったか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

夕焼け

火曜日  (年休取得の為、お休み)
 東京電力より、検針票が届いた。
 先月より、1kWh電力使用量が減っているのに、請求金額は¥41上がっている。
 ざっくりとkWh単価を比較すると、2011年の冬に¥21/kWhだったのが¥30/kwhになっている。

 午後の散歩は、暖かい。
150210_CARP.jpg 午後に大町公園へ来たのは、久しぶり。150210_大町公園.jpg 公園には、カメラを構える人、散歩を楽しむ人、花の無い今の時期でも、多くの人がいた。
 景色は、まるで高原のようだ。
 
 150210_野菊の墓から.jpg 矢切の外環道工事現場を抜けて、野菊の墓文学碑の所に、日没前に辿りついた。150210_江戸川堤から.jpg 江戸川の堤に登る。
 

 この夕焼けなら、きっと明日もいい天気だろう。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

本を探す

月曜日
 退社し、書店に寄って、本を探す。
 「石油の埋蔵量は誰が決めるのか?」、文春新書発行。
 亀有のTUTAYAで、あまり期待していなかったが、見つからない。
 松戸まで行って、西口の書店に行く。以前そこにその本が有った記憶が有ったので、寄ったのだが、見つからない。
 諦めて、コナミスポーツクラブへ行くために、新京成で五香へ向かう。
 五香駅に着いて、駅ビルの「Books かっぱ」に寄って見た。
 あった。

 ほっとして嬉しくなり、購入。
 
  
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

的中

日曜日
150208_白鳥.jpg 調整池の白鳥は、今朝は東端に集まっていた。
 最近、数が多いので数えるのが大変。
 今朝は集中していてくれたので、まぁ楽に数えられた。
 すると、24羽もいる。

150208_朝の日.jpg 昨日の時点で、今日の天気予報は、午前中雨。
 早朝、少し雨が降ったようだが、6時頃には雨は上がり青空が見えていた。
 7時半には、空は薄くではあるが雲が覆っている。
 気温は高く、霜も降りていない。
 折立の来迎寺、冨塚の西輪寺、平塚の延命寺と巡った。
150208_建設中.jpg



 名内の金山落しの手前に、コンビニ「セーブオン」が、建設中。
 確か、昨年の春に建設計画が、掲げられていた。

 11時50分、清水口の調整池に来たころ、雨が降ってきた。
 天気予報は、ずばり当たった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

手繰川

土曜日
 天気予報は、「土曜日は穏やかに晴れる」ということだったので、散歩は土曜に楽しもうと昨日はジムへ行った。
150207_調整池.jpg150207_白鳥.jpg 朝7時、池の水面に、水蒸気が立っていた。
 道端は、霜柱がいっぱい。
 気温は、相当下がっている。
 22羽の白鳥は、3グループに分かれて、池のあちこちに散っていた。

150207_煙りたなびく.jpg150207_朝日.jpg 富が沢橋で二重川を渡ると、県民の森が煙に覆われている。
 気温が低いから、枯葉を焼いた煙が地面の近くに留まっているからだ。
 西福寺から県民の森へ向かうと、目の前には3階建ての建物。以前は、銅ぶき屋根の門があって、いい雰囲気だったのに。
 県民の森の中は、木々の間から朝日が射しこんで、ちょっと幻想的。

150207_八千代総合グラウンド.jpg 新川右岸の村上橋の北側に、八千代市の新しいグラウンドが出来た。
 まだ作りかけのようで、スタンドに屋根も無い。隣に、ホールのような建物を建設中。
 きっとあっちに、ロッカールームやシャワールームなどが整うのだろう。
 八千代市は、川を挟んで似たような施設を作るのが、大好きなようだ。
 
 成田街道を渡ると、ちょうどこの辺りが最高地点で、新川は北の印旛沼へ、花見川は南の東京湾へ流れて行く。150207_横戸弁天宮.jpg 花見川の弁天橋を渡り勝田川の合流点へ向かうと、途中に綺麗な鳥居と土俵があった。
 横戸元池辨天宮というのだそうで、石碑の裏にこの横戸弁天の伝説が刻まれていた。
 伝説は、詳細を掲載しているHPがある。ワシは、省略。
150207_勝田川.jpg 勝田川が花見川に注ぐ地点。
 明らかに、人工的に掘られたもの。
 あの大きな谷津を作った勝田川は、昔は印旛沼に流れていたらしい。
 目の前は、R16。
 ちょっと気軽に渡れる道では無く、北寄りの歩道橋を渡って向かい側へ。
150207_エンジュ通りの訳.jpg エンジュ通りを東へ進む。
 Webの地図では、この道は志津駅前の間が、霊園で分断されている。それを確かめに、歩いた。


 とんでもない、とっくに道は真っ直ぐ突き抜けていた。
 
150207_手繰川.jpg 今日の本題、手繰川。
 この標示板によると、この手繰川は、「疎水」。
 人の手で築かれた川。いわば、用水路である。
150207_手繰川沿い.jpg 堤は、芝生で覆われ、とても歩き易い。
 手繰川は、極端に護岸を固めたりしていない。
 周囲の景色は、とても穏やかだ。この谷津の周囲は、あまり天候の良くない今日でも、散歩する人が多い。
 ゴルフ練習場を過ぎる辺りから、川幅は狭くなってくる。
 おそらく、周囲の宅地開発の為に、周囲の丘から流れ込む水量が減少したのだろう。
 東関道で、手繰川沿いを離れた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

変な脚

金曜日
 左脚の痺れは、とても不思議。
 今週火曜日から、ずっと痛くて堪らなかった。
 今日の夕方、亀有でJRに乗り、松戸駅で乗換えると遅れている新京成を待ち、五香までの車内もずっと立ちっぱなし。当然、脚は猛烈に痛む。
 電車も混んでいるから、しゃがみ込んだり体を捻ることも出来ない。
 ところがだ、八柱駅を過ぎて痛みがピークに達すると、常盤平を過ぎる頃に痛みが消え始めた。
 五香駅で下車する頃、痛みも違和感も何も無くなり、脚は軽い。
 
 コナミスポーツクラブ五香に寄り、ストレッチを始めると、とても足が軽い。
 ここのまま走れそうな感じ。腰と背中の痛みと痺れも、殆ど感じない。

 今週末は、もう歩けないと思っていた。
 これなら、まだまだ歩けそうだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

100年以上変わらぬ強さ

木曜日
 今日は、昨日までの天気予報ほどには、雪にはならなかった。

 さて、先週末に歩いていて、気づいたこと。
150201_総武鉄道鉄橋跡.jpg150131_成田線鉄橋.jpg 総武鉄道の鉄橋橋台跡も、現在の成田線の木下にある鉄橋も、煉瓦積みである。
 山手線も、万世橋も、東京駅も、鉄道の昔の建造物は、あの赤い煉瓦で作られている。
 ほぼ100年経ても、堅牢さを保っている。
 関東大震災を乗り越えて、いまでも鉄道の構造物として煉瓦積みの土台などは、全くそのまま残っている。
 
 その建造物の計画をした人、材料となる煉瓦を作った人、建造物の設計・施行管理をした人、きっちりと指定通りに煉瓦を積んだ人、多くの人の熱意と努力の結晶が、世紀を越えるモノを残したんだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

神の滴

水曜日
 先週購入した、ニッカの「余市」。
 これが、素晴らしく美味しいウィスキーだった。
 今日は、あとシングル一杯分しか残っていないので、駅前スーパーに立ち寄りニッカの「竹鶴」を購入。
 
 晩御飯の後、ウィスキー「余市」を飲む。ラスト1杯。
 飲み終わった後で、空になった瓶に、フッと息を吹き込み瓶から還る香を楽しむ。
 甘い香が、瓶から溢れてくる。

 さて、いよいよ「竹鶴」の封を切ろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

鹿島川

火曜日
 昨日に続き、日曜の散歩の記録を。
150201_鉄橋の跡.jpg 鹿島川沿いを遡り、総武本線の鉄橋の近くで、西側に土盛りが途切れたような場所が目に付いた。
 行ってみると、そこは「四街道市指定文化財 総武鉄道物井川橋梁亀崎橋台跡」。
 そこにあったステンレス製の標示板には、往時の鉄橋をSLが渡る写真とともに、説明文が掲載されていた。
150201_現在の鹿島川鉄橋.jpg
 現在の総武本線とは、西に100mほど離れている。また川の向かいに側は何も残されていない。
 川の名称も「物井川」である。
 千葉県で最初に開通した鉄道が、私鉄「総武鉄道」市川−佐倉間だったと初めて知った。
 その明治27年当時に建設された橋台を見ることが出来、暫し感激に足が震えた。
 現在の鉄橋の下を潜って、JR物井駅前の文巻橋へ向かう。
150201_文巻橋から.jpg
 まだ記憶に新しい、文巻橋。さらに遡り東関道の高架を越えると、眺望が拡がる。
 高い煙突は、四街道市クリーンセンター。
 左岸の堤の道を遡ると、R51「佐倉街道」の馬渡の橋に着く。遠目に目立つグリーンと白の大きな建物は、QVC配送センター。
150201_坂戸西福寺.jpg R51を千葉方面へ少し進むと、信号のある交差点に「佐倉の銘酒 旭鶴」の看板。
 左折れ進んでいくと、坂戸の西福寺。梵鐘の無い、鐘突き堂。
 ちょうど境内の木々の剪定中で、檀家の方々が集まっていた。
 境内には、イチョウの巨木があった。
150201_野焼き.jpg

 谷当町の鹿島川沿いでは、野焼きの最中。最近はエンジンカッターで刈るのが主流だが、焼いた方が刈った草の処分の手間が無く土地の消毒にもなり、賢い方法だと思う。
 めったに見られない風景だ。得した気分。
150201_堰.jpg 鹿島川は、流れが豊かで速い。
 あちこちに、農業用水の取水のための堰が、設けられている。
 ちゃんと、魚道も備わっている。
 惜しいところは、川の殆どがコンクリートで護岸されていること。150201_分岐点.jpg 鹿島川は、御成街道の北側で2つに分かれ、上流に向かって左手が本流になる。
 遡って行くと、中野町あたりで堤は歩けなくなり、流れを確認しながら近くの道を進んでいく。
 東金街道を渡り、東金道路の下を越えていくと、ますます流れは細くなる。
 150201_寶蔵寺.jpg 千葉市緑区上大和田の寶蔵寺付近で、もうほとんど川とは呼べないくらい細い。
 ゴルフ場に近くなり、ついに流れを見失った。

 ゴルフ場の周辺の道に腹を立てながら歩いたせいで、土気駅への道を大きく間違え、3kmも遠回りをしてしまった。
 「短気は損気」だった。
 帰宅して地図を確認すると、土気は東に10kmも行くと九十九里。
 こんなところを源にした水が、印旛沼まで流れて利根川に注ぐと思うと、千葉県北西部の地形は面白い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

印旛沼から鹿島川

月曜日
 昨日散歩の、印旛沼からの続き。
150201_鹿島川の下流.jpg 佐倉ふるさと広場から、鹿島川にそって遡る。
 数年前に京成線から下流が、綺麗に整備され歩道は広く舗装されている。
 京成の鉄橋の所は、踏切が有って越えて浄水所まで行ける。
 鹿島橋で道を横断するのは、車の切れるのを暫く待つ。

150201_普門院.jpg 鹿島川を遡り鹿嶋大橋を越えて、あの青い塔をめざした。
 その塔の小高い丘の下につくと、立派なお寺があった。
 山門も梵鐘もあり、境内に「極楽寶燈」と刻まれた灯篭のようなモノがあった。
 足元の木の看板によると、中には写経が収められているそうだ。

150201_塔.jpg ぐるぐる歩いて、ついにあの疑問の青い塔に到着。
 厳重にフェンスで囲み、SECOMの警備装置まである。
 ところが、この施設がなんであるか、管理者の標示も無い。
 どうやら、水に関連した設備のようだが、結局謎は謎のままに・・・・・・・・

 明日に続く

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

師戸川から印旛沼をへて鹿島川

日曜日
 久しぶりに、印西牧の原から師戸川に沿って下り、印旛沼へ向かう。
150201_師戸川.jpg150201_師戸川上空.jpg 総武CCの東を過ぎると、視界が開ける。
 空は、青一色。
 その空に、風に乗って、悠然と浮かんでいる。
 気持ちよさそう。
 
150201_遠景.jpg 遠くを見ると、なにか建物が見える。
 何か確かめたくなって、歩いて行くと何故か見えなくなる。
 西佐倉病院が見えてくると、印旛沼はすぐそこ。

150201_工事中.jpg 西印旛沼に架かる師戸大橋の隣に、仮設の橋を建設中。
 どうやら、船戸大橋の架け替えが行われるようだ。
 いまの船戸大橋は歩道が無く、歩いて渡るのは殆ど大冒険。
 きっと、歩道を両側に備え、安心して渡れる橋になることだろう。

 150201_風車.jpg 佐倉ふるさと広場のオランダ風車は、勢いよく廻っていた。
 風車は、もともと羽根に帆布を拡げ、風を受けてその力で回るはず。
 帆が拡がっていないのに回る風車は、まさか電動で廻っているのではあるまいな。
 省エネに反するし、教育上よろしくない。
 そこらじゅうにある、オランダ風車は電動で廻すことは即刻止め、本来の風車の動き方に戻すべきだと思う。
 
 鹿島川は、この風車ところで、印旛沼に注いでいる。
 よく整備された、鹿島川の堤を歩く。

 TVのダイハード・ラストディがきになるので、続きはまた明日へ続く。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする