2015年06月30日

庶民はつぶやく

火曜日
20150630_情けない.jpg 自民党の議員が、処分を受けたそうだが、報道を見ると処分内容は「メールで受け取った」と云う。
 厳重注意が、メールか。
 そんなもんじゃ、注意されたという意識は無く、応えないだろう。
 処分は、「更迭」っていうから、党員資格停止かとおもった。ところが実は、自民党の役職の一定期間の停止。
 そんなものが、処分って云えるのか。
 
 厳重注意というなら、処分対象者は呼び出されて、党の責任者か長老の前に正座させられ、1時間くらいみっちり説教されるくらいあって然るべきもんじゃろう。
 だから、当該議員は全く反省していないじゃないか。

 マスコミも、当該議員には取材を一切せず、議員の意見を封殺すればよかろう。
 いわゆる「シカト」である。目立ちたがりの議員になる様な輩には、「無視」が最も応えるだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

勿体ないなぁ

月曜日
 国立競技場は、もう解体されて更地。
 新国立競技場は、あのみょうちきりんなデザインを実現するために、2500億円以上かかるらしい。
 そもそも、提案した建築家の設計事務所が、実施設計に責任を負っていないのが不思議。
 
 東京オリンピックを行った元の国立競技場を使う方が、歴史を踏まえることになり、良かったのではないかと思う。
 当然、計測・通信・警備設備等は、最新型に更新する必要はある。
 既存の建築を活かして、最新設備を盛り込むことが、日本の技術の見せ所だったと思うのだが。
 日本は、建築物がちょっと古くなると、がんがん壊してしまう。
 勿体ない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

またまた日焼け

日曜日
 今日は、去る団体のイベントのオブザーバーとして、静岡県小山町へ出かけた。
 先週まで天気予報では、『日曜は、一日雨』だった。
 憂鬱だった。一日、戸外で過ごすのだ。

 ところが、今朝になると雨は上がっており、首都高速で荒川を渡る時、池袋の向こうに富士山が見えた。
 首都高速は、中央環状を走行し小菅から大橋JCへ走行した。

 夏の富士山は、4合目くらいまでの緑と、その上の赤い山肌、雪渓の白と、色とりどり。

 さて、富士の裾野で半日外にいて、腕がまたしても強烈に日焼けした。
 今日は、うっかり日焼け止めを忘れてしまった。

 帰宅して入浴すると、首筋がヒリヒリ痛んだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

梅雨の晴れ間か

土曜日
 もう雨は降っていないと思って7時10分頃散歩に出たら、細かい雨が降り続いた。
 折立の来迎寺、冨塚の西輪寺、柏市沼南藤ヶ谷の持宝院と巡り、R16を渡って逆井の観音寺へ向かった。
 この間、雨のために、デジカメはバッグにしまったまま。
 大津川を渡ってから、雨が上がるのを期待して、ワザと遠回りをして時間を稼いだ。
20150627_蝶.jpg20150627_トンボ.jpg 観音寺には、紫陽花がまだ残っている。
 ちらちらと霧雨が舞う中、クロアゲハとトンボが飛んできた。

 柏陵高校の前を通り、地図も見ないで適当に歩く。
 11時頃にようやく、霧雨が止み始めた。
 この東武線沿いの松戸市や鎌ヶ谷市の道は、南北に貫く道が少なく、やたらと袋小路が多い。
 なんとか六実駅の東側に出て、新鎌ヶ谷駅周辺に辿りつく。
 新鎌ヶ谷駅から、鎌ヶ谷総合病院の前を通り、R464と貝柄山公園への道も複雑怪奇。
 どうして鎌ヶ谷市の道は、こんなに複雑なのか。
20150627_ふれあい緑道.jpg
 鎌ヶ谷市道野辺の珈琲豆蔵さんへは、貝柄山公園を通り抜け東中沢ふれあい緑道を歩くのが、最短ルート。
 あの店へは、車で行くとなかなか大変。

 今日は、コーヒー豆を購入した後、歩いて帰宅。豆蔵さんから西白井駅まで、50分程で着いた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

自民党議員の本音

金曜日
 自民党の若手議員の勉強会に、百田尚樹氏がまた過激な発言をしたそうだ。
 百田氏は、作品は素晴らしいのだが、発言はまるで国粋主義者。
 その尻馬に乗って若手議員が、党の主張に沿わないマスコミに「圧力」をかけるべき旨の発言をしたらしい。
 以前も、若手の女性議員が、歴史認識を誤った発言を国会でしている。
 自民党は、若手議員に対して、誤った思想教育をしているのでないか。

 いい歳をした新人議員にたいして教育する力があるのなら、そのエネルギーを国民に今回の法案を納得できる丁寧な説明に振り向けるべきだ。
 尤も、丁寧に説明すればするほど、矛盾が見えてくるから、説明しようとしないのかもしれないが。

 政府の権力側に立つ議員が、言論に圧力を加えたいと普段から思っている。
 私たち国民は、そんな偏狭な思想の持ち主を、議員に選んでしまったのか。
 国会議員はリコールできないからなぁ。
 ここで過激な事を記載すると、あっというまに電話やメール攻撃が始まるから、力も無い小市民のワシは黙っておこう。

 政府はマスコミをコントロールしたいと、きっと本心で日頃から思っている
んだろう。
 以前にも、新聞や特定の放送局をあげつらっている。
 まぁ、『驕る平家は久しからず』、『「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす』という。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

寒川神社

木曜日
 土曜日の散歩を振り返る。

 中原街道を歩いて行くと、目立つ塔が見えてきた。
20150620_綾瀬浄水場.jpg 通信用のアンテナの鉄塔と、給水塔らしい太い塔。
 周囲の建物は、中央に管制塔のようなガラス張りのペントハウスがある。
 広い巨大な施設は、綾瀬浄水場。

 この先、中原街道を離れ、ひとつ東側の道を歩く。新幹線の高架下を行き、用田の寒川神社前を通る。
20150620_藤沢用田の寒川神社.jpg 
 最初、鳥居の前を一旦素通りしたが、周りの道の途中から社の前に行ってみた。
 なかなか立派な神社。

 中原街道を歩いていたら、「相模一宮 寒川神社 次の信号右折」と、案内看板が目に入った。
 オートバックスの先の信号を右へ進んだ。
20150620_寒川神社.jpg
 石の太鼓橋を渡って、大鳥居を潜り、石畳の参道を進む。
 手水場で手と口を濯ぎ、大きな狛犬の睨んでいる真ん中をし進み、門をくぐって本殿前へ。
 作りは、明治神宮とほぼ同じ。
 白い玉石、社の碧が美しい。
 神社の入口を鳥居から出て南へ向かうと、相模線前の大鳥居まで約1kmの参道が続いている。
20150620_寒川神社表参道入口.jpg 参道は、大きな木で覆われていて、陽も射さずとても涼しい。
20150620_茅ヶ崎JC.jpg 茅ヶ崎市に入る。
 高速道路の高架が、ぶつかる場所が茅ヶ崎JC。
 西側から延びているのが、圏央道。
 東海道(1国)を今宿で渡る。大きなマンションの入口への道を進み、右へそれて海岸方向へ向かう。
 湘南バイパスの下、小出川沿いの公園を歩いて行く。
20150620_新湘南バイパス.jpg ゴルフ場の横に出ると、湘南バイパスは料金所の付近に、アーチ状の建造物が現れる。
 相模川をトラスコ湘南大橋で渡る。
 川の中央で、橋の防風板が切れると、もの凄い横風。帽子を抑えながら歩く。
 平塚駅から高浜台っへ真っ直ぐ延びる大通りは、電柱が無く開放感抜群。

 残念ながら、富士山の姿は見えないので、早々に退散することとした。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

基地の配置

水曜日
 日曜日の散歩の続き

 海軍道路の入口から東名高速の手前で左にそれ、畑の横の道を行く。
 そこでは、畑を渡ってくる風がとても涼しい。畑の向こうは、アメリカ海軍の通信施設。
 瀬谷中学校の交差点で右へ折れて、旧道へ向かった。
 旧道の十字路では、あまりの狭さに引いた。車が信号待ちしている所に、4トントラックが右折してくると、道の余地が無いため、交差点に近づけない。
20150620_seya妙光寺.jpg 旧道に入って5分もしない処に、妙光寺があった。
 日蓮宗のお寺で、日蓮の銅像が立っていた。

 旧道は、適度に曲がりくねっており疲れは感じないのだが、狭くて歩道が無く冷や冷やモノ。
 あまり周囲の建物を見やる余裕が無く、ひたすら海軍道路に合流するまでを急いだ。
20150620_宗川寺.jpg 相鉄本線を越え中原街道に辿りつき、歩道のある街道にそって歩くと、この寺があった。
 ちょっと休憩の意味もあって、立ち寄った。
 福禄寿のお堂があり中を覗くと、木彫りの福禄寿。
 寺の境内には、枝垂桜の巨木があった。
20150620_新道大橋.jpg 境川を渡り、大和市に入る。
 橋の西側の坂の手前両側に、お店が並んでいる。
 なんで此処に、こんなに集まっているのか、訳を知りたいと思った。
20150620_厚木基地.jpg 厚木基地の南端の道を歩く。
 所々で、基地の中が覗ける。
 誘導灯が、スポーツ公園の中から、基地の中に連なっている。この辺は、下総基地も同じ。
 滑走路が南北に走り、東側に管制塔や駐機場・ハンガーなどが並ぶ配置は、下総基地と全く同じ。
 厚木基地は、滑走路が長そうだった。
 基地の向かいの綾瀬市の運動公園で、水を補給。
20150620_お肉やさん.jpg 中原街道を歩いて行くと、面白いお肉やさん。
 綾瀬市は「高座豚」が名産だそうで、大久保商店の豚肉の味噌漬けは、有名なのだそうだ。

 へぇーと思いながら、そのまま歩いて行った。

 続きは、また明日。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

また明日

火曜日
 今夜は、気力が失せた。 
 取引先の某社の作成した、製作仕様書をチェックしていて、そのあまりの稚拙さに辟易した。
 ワシが入社2年に作成した資料は、もっと論理的に書いたつもりだ。

 図面を書くのに、その目的が曖昧だ。
 何を残そうとして書いているのか、何を証明しようとして計算しているのか、計算結果を実機で検証してどう確認したか、あまりにも曖昧だ。
 設計思想の無い設計書など、こんなものは、認める訳に行かない。

 中国で、犬を食べることが、話題になっている。
 中国国内でも、それを懸念しているそうだ。
 他国の文化は、しかも食に関しては、外から批判することは差別であり偏見だ。
 何故犬を食べることが、批判されなければならないのか。
 仏の前では、犬も猫も鯨も人も、皆同じだ。
 どれが賢いから、殺してはいけないなど、順列を付けるのは差別だ。
 喰うために殺すのは、罪にはならない。

 人が食っているものを、自分では理解出来ないから喰うな殺すなというのは、生きるという本質を蔑にした戯言に過ぎない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

横浜市保土ヶ谷区白根から瀬谷へ

月曜日    夏至
 先週土曜日の、散歩を振り返る。

 白根通りの横浜白根郵便局の先で左手の路地を眺めると、散歩する人たちが行き交うのが見えた。
 中堀川の暗渠の上に水を流した小川と歩道が作られ、上白根小学校の入口付近迄続いていた。
 自動車学校の先の交差点を左に折れ、ケアプラザのところで右へ折れ、谷を眺めながら坂を登った。
20150620_尾根道緑道.jpg 鉄道の高架のようなコンクリートの橋が、道路を跨いでいた。
 それに沿って進むと、水道の設備だった。
 霊園の先は、その上が歩道になっていて、桜並木が中原街道迄つづく。
 ズーラシアの南ゲートの先で、左手に折れ坂を下りR16八王子街道へ。20150620_レール.jpg
 八王子街道の手前、下宿で水路の暗渠のような道に出た。
 八王子街道の小さな川にかかる橋に、細いレールが埋め込まれていた。
 水道道路のトロッコのレールだった。
 よく、ここだけ残したものと、感心した。

 八王子街道から離れ、帷子川沿いの道を進むと、「長源寺参道」と道標があった。
20150620_長源寺.jpg その道標の角を右に折れ、八王子街道を歩道橋で渡って、帷子川を学校橋で渡ると六地蔵の先に長い石段があり、その上に境内が拡がっている。
 このお寺には、横浜市指定有形文化財の、大日如来坐像があるそうだ。
20150620_長源寺からの眺め.jpg 立派な梵鐘のある境内は、長い石段を登った甲斐あって、とても良い眺め。
 ちょうど、父と子と祖母の3人連れが、墓参りに来ていた。
 小学校低学年の男の子は、元気一杯で石段を駆け上がって、70歳位の祖母は石段の巻道のスロープを登って来た。
 眺めが良いのはいいが、年寄りには辛い。
20150620_海軍道路.jpg 八王子街道が東名高速の高架を潜った先に、道路沿いに「アメリカの施設」であることを示す看板が、あちこちに現れる。
 海軍道路入口の交差点から南に、真っ直ぐ桜並木の道路が長く延びている。
 広い側道には、散歩をする人が沢山。
 ワシは旧道のかまくらみちを行こうと、この道を歩くのをさけた。
 
 でも、この後旧道を歩いたことは、失敗だった。

 続きは、また明日。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

納車

日曜日
 昨日は、天気予報とは違って、とても良い天気だった。昨日、歩きに行っておいて、良かった。
 残念だったのは、殆ど富士山が見られなかったこと。

 今日は、次男の買った中古車の、納車だ。
 申し訳なくも、ワシが受け取りに船橋市へ。本当は、車の持ち主の次男が行くべきなのだが。

 東葉高速の飯山満駅まで、中古車屋さんの担当に迎えに来てもらった。
 車両の保証の説明と任意保険の説明を受け、任意保険料を支払い、車を受け取る。
 持参したカーマットを、敷き込む。中古車屋さんの担当も、手伝ってくれた。
 さて、車の周りを一回りして、車を確認して乗りこむ。タイヤは、なんと生意気にも、165/65R14だ。
 取説を殆ど読まなかったが、だいたい触れば判る。
 中古車屋さんを辞して、自宅へ向かう。
 
 なかなか元気に走る車だ。
 加速は、結構活発。ブレーキが、ちょっと過敏な感じで、一瞬自分の運転が下手になった気がした。
 音は、やはり遮音が悪い。エンジンの始動時の音が、あまりに大きくてビックリ。
 タイヤの路面の当たりが少し硬く、ちょっと段差を越える時バタバタした感じ。
 これは、タイヤの空気圧を、チェックした方が良さそうだ。タイヤを選べば、もっと落ち着いた乗り味に出来そうだ。
 キーレスエントリーで、オートエアコンだし、ナビも瞬間燃費計も、イモビライザーも付いている。
 これでは、リッターカーが売れない訳だ。

 こりゃ、高速道路以外なら、ワシの古いシビックより快適。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

帷子川から平塚まで

土曜日
20150620_かたびらがわ.jpg 帷子川。
 今日は、まずこの川に沿って、白根という土地を訪ねることにした。
 まずこの川の名前。どうやってこれを、カタビラガワと読むのか。
 クサリカタビラが、この帷子と云う字だった。20150620_かたびらがわ2.jpg 横浜駅付近では、澱んだ流れだったのに、30分も歩かぬうちに、速い流れで水も澄んできた。
 保土ヶ谷区役所の前で、川沿いの小路は無くなったが、相鉄線が帷子川に沿って走っていることに気づいた。
 相鉄線は、横浜新道付近から高架化の工事を行っている。
 星川駅から上星川までの間の、道沿いの商店街は、なかなかいい雰囲気だった。
20150620_かたびらがわ3.jpg 帷子川ぞいの道を、新幹線の高架下をくぐり、相鉄線をくぐると、川幅が一挙に広く護岸がコンクリートで固められている。
 川底は、もの凄く深い。流れは、急だ。
 地図によると、この付近の地名が白根。

20150620_親水緑道.jpg 2・3分も歩くと、左手に親水緑道の入口があった。
 水が汲みあげられて、小川が作られている。
 親水緑道は、河川改修前の帷子川の河川敷を利用して作られたもの。
 木々や竹林と小川の流れが、すごく心地よい。
 ふと、電車の音が近くに聞こえるとおもったら、親水緑道のすぐ近くに相鉄本線が走っている。
 駅の名は、鶴ヶ峰。 なんという地名なのだろうか。
 川を渡って、白根通りを進んで、白根神社へ。
20150620_白根神社.jpg

 白根通りから公園へ下り、中堀川に架かる太鼓橋を渡ると、白糸の滝の降りる石段があった。
 白根神社への道は、凄く急だった。
 白根は、「シラネ」と読む。
 新潟市の南区の白根は、「シロネ」と読む。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

TVよりラジオ

金曜日
 NHKの連ドラ「まれ」が、面白くなってきた。
 輪島の同級生たちが、この先どうドラマに関わって来るのか、想像がつかない。
 常盤貴子が、母親役とは恐れ入る。
 小日向文世が、天才肌のケーキ職人を演じている。これが、いい。

 民放のドラマは、殆どが終結する。
 テンポが早いのは良いのだが、長く楽しめないのが少し不満だ。
 最近は、ファミリードラマが少ない。
 アットホームな、ほのぼのとした心温まる様なのんびりとしたストーリーは、少なくなった。
 もうそんな日常は、当たり前すぎてドラマにしても、視聴率が稼げないからなのか。
 道徳の授業のような物語は、家族みんなでワイワイ話ながら見るべきだと思うが、今どきそんな団欒は難しいのだろう。
 しかも、今どきTVは、一人で見るモノになったようだ。
 40年前は、一家に一台のTVを爺さんから孫まで、3世代一堂に見たものだ。
 今は、見方が違うし、地上波とBSやケーブルテレビは、明らかに一人で見るプログラムが増えている。

 どうせCMは、皆ロクに見ていない。CMが始まると、ザッピングして他のchを探す。
 番組のスポンサーのCMは、殆どの視聴者は見ていない。
 その意味では、ラジオはずっと聴き続けるから、CMも自然と耳に入る。
 CMの効果は、ラジオの方が高いのではあるまいか。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

花もしっとり

木曜日
20150614_hana.jpg 梅雨時には、バラも紫陽花も、花の色が綺麗にみえる。
 
 中国原産のビヨウヤナギは、だいぶ散り去ってしまった。

 昔の梅雨時の雨は、シトシトと静かにじっくり降った。
 ところが、昨日今日の雨は、どっかーんと降って1時間位であがる。
 まるで、熱帯のスコールだ。

 雨の後は、ぐぐっと涼しくなった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

残念

水曜日
 先週土曜日、房総半島の洲崎へ行った。
 以前(確か3年前)に行った道を辿って、房総半島の最西端の洲崎の海岸まで行こうと、灯台下を通過して行った。
20150613_残念な岬.jpg この通り、フェンスで閉鎖され、歩いて入る人にはお金を取る。

 憤慨した。
 あそこの景色は、向かいの三浦半島と富士山が、見る価値がある。
 地主が自ら作った建物を公開するのに、料金を徴収しようというのなら納得する。
 が、借景を元に、金を取ろうとは、何たる強欲か。ふざけるな。

 当然、入らずに引き返した。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

館山砲術学校

火曜日
 先週土曜日に館山へ行った目的の一つは、「館砲」 館山砲術学校跡を見に行くことだった。
 事前にWebの地図検索でも、何処にあるか判らなかった。
 朝日新聞の千葉県版で、住所があったのでそれを目安に行った。満徳寺はそこへの道の、途中に過ぎなかった。
 R410を歩いていたら、房南中学校の校舎が掘割の向こうに見えてきて、目的地は近いと感じていた。
 国土地理院の地図で、不自然に四角く道が敷かれている土地。
 堀に掛る橋が、妙にごつい。
20150613_館山砲術学校跡.jpg あっけなく、館山砲術学校跡は、判った。
 堀に掛る橋を渡ると、コンクリート舗装の道が500m程真っ直ぐに伸びている。
 右側に、館山砲術学校跡を標した、写真付きの標示板が設置されていた。
 道を挟んだ格好の前に、砲術学校の施設の略図と経緯が掲示されていた。
20150613_館砲の道.jpg 標示板には、訓練に向かう予備学生隊が行進する写真が掲載されていた。昭和18年10月頃の撮影らしい。
 その道と堀に掛る橋は、いまと同じ状態。
 砲術学校の訓練生は、物理・化学の知識が必要で、大学・高等専門学校生から選抜された秀才揃いだったそうだ。海軍の士官候補生。
 写真と同じ景色を見て、胸が熱くなった。

 略図を見て、館砲神社を探しに真ん中の通りを歩いて行き、突き当りの丘を登ったが見つけられなかった。

 訓練用砲台の跡地への道は、あまり整備状態が良くなく、登るのを諦めた。

 館山は、旧日本海軍の施設が多く存在し、今でも名残が残っている。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

人間ドック

月曜日  (半舷年休 ついでに 人間ドック受診)
 今年の人間ドックは、新鎌ヶ谷駅近くの、鎌ヶ谷総合病院を選択した。
 8時少し前病院へ着いて、8Fの健康管理センターへ向かった。
 エレベーター乗り場へ行くと、人が一杯。なかなかエレベーターが来なくて、待つ人が溢れている。
 フロアの広さに比べて、エレベーターが少ないのか、スピードが遅いのか。
 エレベーターは、なんと人荷用で26名乗りの積載1700kg。普通、病院は、寝台用のエレベーターを設置する。
 外来者が多く利用する病院中央のコア部分には、車椅子の利用しやすい乗りかごの幅の広い乗用エレベーターを配置するのが、大きな病院の常だ。
 人荷用26名乗のエレベーターは、奥行きが長いが幅が狭く、車椅子は使いにくそうだった。
 8F健康管理センターへ行くと、大きな番号札を渡され、「お呼びしますからお待ちください」と云われた。
 暫く待っていると、「*番でお待ちの方、受付までおいでください」と呼ばれた。
 この辺から、すこしがっかりしてきた。
 待っている間、内装のしつらえを観察。まるで、事務所ビルだ。あまり防音性の高くないスチールパーティションで仕切られ、ホールや通路の広さがどうもしっくりこない。
 
 血圧は、自動血圧計を使って自分で計る。
 
 色々な検査の間の、待ち時間が結構長い。X線や内視鏡などの設備の都合で、病院内をあちこち移動する。
 その間、暇にまかせてボンヤリ見ていて、気が付いた。
 病院内が、何となく雑然としている。

 患者に既往症などを確認するブースがドアを開けっ放しで、そのやりとりが待合室に丸聞こえ。

 もうこの病院の利用は、避けようと思った。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

梅雨空じゃ

日曜日
20150614_梨.jpg 梨の実。
 摘果が済んだ実は、ピンポン玉よりちょっと小さい位まで、大きくなった。

 まだまだ、実は空を向いている。



20150614_ツユクサ.jpg ツユクサが、青い花を咲かせている。
 ツユ時の花と云えば、紫陽花・ビヨウヤナギ・キンシバイだが、やっぱりツユクサが一番可憐。

20150614_延命寺.jpg

 白井市平塚の延命寺。境内の紫陽花が綺麗に咲いている。

20150614_ムック2代目.jpg 神々廻のムックがいた家に、新しい犬がいた。
 まだ、子犬だろう。
 金網に顔を近づけると、興味を持ったらしく顔を近づけ、金網の間かあら鼻を出してきた。
 2・3回鼻や手を舐めたあと、グルグル廻って吠えて騒いだ。
 次に会った時、どんな反応を示すか、楽しみだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

館山の西側周遊

土曜日
 20150613_舎那院の磨崖仏.jpg 北条バイパスの東側の古い村道を歩いていたら、「館山市文化財 舎那院の磨崖物」の看板があったので、看板の示す路地へ進んだ。
 ところが、なかなか見つけられなかった。寺は道より見えない高台にあるのに、路地の奥の舎那院の入口に何の案内も無い。
 ぐるぐる廻って、やっと見つけた。
 
 この後、同じような看板があったが、そこへ寄り道することは避けた。
20150613_小網寺.jpg
 県道86号からの入口を通し過ぎてから戻って、のどかな田舎道を進み、坂道の頂上の手前に、この寺の入口があった。 
 仁王門をくぐると、石段の上に観音堂がある。
 苔むした石段は、滑り易くて緊張する。師団を下る途中で本堂の方へそれた。
20150613_小網寺の紫陽花.jpg20150613_小網寺の梵鐘.jpg 本堂の前の斜面には、色とりどりの紫陽花が咲いていた。 
 梵鐘は、鎌倉時代のモノで、国の重要文化財。

 ここから、館山清掃工場へ向かう時、路地を見逃してしまった。
 進んでいくと、おばちゃんから「この先は行き止まり、何処へ行くの」と聞かれた。
 どうりでさっきすれ違った旦那衆が、挨拶をしてきたわけだ。
20150613_風車.jpg 清掃工場の東側に、太陽光パネルが100×100m近い広さに並んでいる。
 隣の多目的広場の奥には、風力発電の風車が建てられている。
 国道410への曲がりくねった坂道を下って行くと、周囲に高級そうな別荘が建っている一画があった。
 国道410に出て、南へ向かう。突如、通行する車の量が多くなる。
 館山の運動公園の近くで、電気工事のため片側交互通行。
20150613_満徳寺門.jpg 国道410を進んでいくと、7・11の手前に満徳寺の門があった。
 何度も折り返して登る坂道を登ると、釈迦涅槃仏のある広場にでた。
 なんと、拝観料¥500を要求された。ここまで登ったんだから、これまでの疲れを無駄にしたくない。そんな風に思って、¥500を払った。
20150613_釈迦涅槃仏.jpg

 体長16mの釈迦涅槃仏は、なかなかの迫力。
 何かに大きさが似ている。実物大ガンダムが、ちょうどこれくらいだ。

 相浜漁港から、安房フラワーラインを淡々と歩く。
 日本の道100選に選ばれたこの道は、歩くには全く不快。
 真っ直ぐすぎて、つまらない。街路樹が無くて、陽射しを防ぐモノが無い。海辺なのに、殆ど海は見えない。歩道は海側の片側だけだし、飛砂が所々にあり、脚をとられる。歩道はあまり整備されていなくて、今日はもう草ぼうぼう。
 フラワーラインというが、道端に花のある季節は春先だけ。
 相浜から終点の伊戸海岸までの約6kmの間に、コンビニは無い。
 南房パラダイスと館山ファミリーパークがあるだけ。
 ほぼ直線の6kmは、長く感じる。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

恵みの雨

金曜日
20150607_紫陽花.jpg 昨夜から、雨が降る。
 この季節、しっかり雨が降らないと、夏の稔りに影を落とす。
 午後、横浜へ出かけた。 正午頃まだ雨は残り、ずっと曇り空。
 涼しくて、良かった。
 
 新聞に、鎌倉の長谷寺の紫陽花が見頃と、写真入りの記事が載っていた。
 2週間前に行ったのは、早すぎたのね。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

レンズを購入

木曜日
 午後、仕事でカメラ用のレンズを調べていて、ふと一眼レフ用交換レンズも検索してしまった。
 散歩の最中デジ一を持ち歩いて、標準ズームレンズ(35mm換算 27−85mm)と、望遠ズーム(同じく85−450mm)をバッグに入れている。
 基本的には、標準ズームレンズを付け、ちょっと遠くや拡大して撮りたいときに望遠ズームに取り替える。
 バッグを背中から前に廻してレンズを取り出し、カメラ本体のレンズを外して交換する。
 鳥や蝶々を撮ろうとすると、その手間の間に飛び去ってしまい、シャッターチャンスを失うことがしばしば。
 レンズをもう一本持って行くのも、荷物になる。しょっちゅう屋外でレンズ交換をするため、CCD面が汚れてしまう。
 だから、遠くへ行くときには、35mm換算 27−200mm位のレンズが欲しかった。

 シグマレンズに、17−200、17−250、17−300の高倍率ズームがあった。
 在庫店を調べると、柏のビックカメラにある。
20150611_LENS.jpg 退社して亀有駅に行くと、ホームに入って来たのは、柏行。
 これは、『柏に行ってレンズを買いなさい』との、神の啓示の様に思えた。
 柏のビックカメラに行ったら、タムロンの17−200が、破格の約1万7千円。 
 ワシのカメラはAPS−Cだから、35mm換算は1.5倍の28−300mmとなる。
 程よいズーム範囲。安いし、これに決めた。ついでに、PL(偏光)フィルターも購入。

 これで、散歩の時の自由度が上がる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

嘘つき

水曜日
 国会の質疑で、辻本議員が菅官房長官に「憲法違反ではないとする憲法学者もいっぱいいる云われたが、その憲法学者の名前を一杯言ってください」と、迫った。
 それに応えた官房長官は、2人しか名前が挙げられなかった。
 それを問い詰められると、こんどは「数ではないと思います」と、ほざいた。
 誤魔化すために、嘘をついたのは明らかだ。
 あの官房長官の答弁する際の、ウザったそうな態度も気に食わん。いかにも、「めんどくさいなぁ」って気持ちが溢れ出ている。
 こんなことをするのが、「国民に丁寧に説明していく」姿勢か。
 この内閣は、言行不一致だ。

 百歩譲って、『正しいことは数では無い』としたら、それは現在基本多数決で決める民主主義の否定だろう。
 そもそも自民党は、その数の論理でごり押ししようとしている。
 少数派の意見も汲み上げて、採決していくのが民主主義だろう。
 都合のいい部分だけ、「数では無い」などと言っても、数に頼る者が言ったところで説得力は無い。

 嘘つきは、政治屋の始まりか?

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

雨に濡れたかな

火曜日
20150607_仔猫.jpg 手賀沼の南側の丘の道の真ん中で、この仔猫が眠っていた。
 ちょんと小突いたが、まったく動く気配がなく寝息を立てていた。
 ほっといて、歩き過ぎたが10mほど歩いて、気にかかって戻った。
 まだ、ぐっすり眠っていた。
 あごの下に手を入れて持ち上げると、口を開いて鳴いているようだが、聞えないほど幽かな鳴き声。
 片手で持てる程小さい。
 近づいて来るのを少し警戒したが、こいつのほうからよたよたと遠ざかって行った。
 すり寄られたら、連れて行くのを遮る自信が無かったから。
 昨夜から今朝の雨で、あの仔猫はどうしたか。 朝、出社前に気になった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

どんなものか

月曜日
20150607_新道建設中.jpg 手賀沼沿いの道から手賀の杜ニュータウンを貫く、手賀の杜中央通の南の端の、若白毛の交差点。
 T字路の向こうに、新しい道が建設中。
 この道は、国道16号線のスーパーオートバックス前の、現在建設中のショッピングモールアリオの前に繋がる。
 これが開通すると、県道船橋我孫子線(通称船取線)の、有効な迂回ルートになる。
 だが、今の手賀の杜ニュータウンの、静かでのんびりした道路事情は、一変してしまう。
 住民の方は、R16への交通が至便になることの期待と、交通の危険が増すことの懸念、どちらを重要視されているのだろうか。
20150607_新ショッピングモール.jpg
 柏市若白毛の藤ヶ谷CCへ通じる道の途中から、建設中のショッピングモールのタワークレーンが見える。
 

 22時からBS日テレ「深層ニュース」を見る。
 コメンテーターの宮家氏も、同席した朱建永氏の的外れな発言に、呆れかえっている。
 中国は、世界中が自国のモノだという、基本概念を持っているから、他の国から何を云われても聞く耳を持たない。G7で、各国から指摘されても、馬耳東風。
 中国は、自国を「守る」と言っているが、どの国の攻撃から守るのか。一方的に主権拡大を図ろうとしているのは、世界中で中国とロシアだけだ。
 現在、国連の常任理事国なのは、第2次大戦の戦勝国連合だからだ。
 だが、戦勝国と成れたのは、どの国のおかげか。
 その恩義を忘れて、アメリカにモノ云ったり逆らうとは、日本人の常識では推し量れない。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

美味しいパン

日曜日
 朝日・毎日・東京の新聞各紙は、先日の国会憲法審査委員会での憲法学者の「違憲」の指摘を受けて、一斉に内閣を批判する記事を掲載。
 政府広報のような読売は、社説で「やむを得ない自衛措置として初めて容認される」との、中谷大臣の発言を支持している。産経新聞は、静観。
 年金機構の、標的型メールによる情報流出事件は、お粗末なかぎり。
 以前の社会保険庁の「消えた年金」事件も、第一次安倍政権の時ではなかったか。
 どうしてこうもタイミングよく、安部政権の時に同様の問題が起きるのか。不思議なことだ。


 20150607_栗の花咲く.jpg 栗の花が咲いている。

 栗の花は、不思議だ。
 どうしてこれが、あの毬にくるまれ固い皮を持つ、あの栗の実になるとは信じられない。
20150607_菖蒲田.jpg20150607_来迎寺.jpg 折立の来迎寺へ行くと、寺前の菖蒲田で菖蒲が刈られていて、菖蒲の香りが清々しかった。
 来迎寺の本堂の前に、花菖蒲が飾られている。
 今が、ちょうど見頃。いい時に来れた。
 
20150607_龍泉院.jpg 柏市旧沼南泉の龍泉寺へ行くと、今日は第一日曜日で座禅会が開かれていた。そぉーっと境内を歩く。本堂の奥に2年前に建てられた座禅堂は、銅葺きの屋根が少し青みを帯びて少し渋くなった。
20150607_ビワ.jpg
 ビワの実が、だいぶ大きくなってきた。
 スーパーや果物屋さんの店先には、もうとっくに並んでいるが、この辺りの露地物のビワは、まだまだ小さい。

 手賀の杜ニュータウンの坂の下に昨年OPENした、杜のパン屋さんに寄ってアンパンとカレーパンを購入し、食べながら歩いた。(行儀わりぃ)。
 そのパンは、どこかのコンビニのパンのようなフワフワして腰の無いパンとは違って、しっかりした食べごたえのあるパンで、なかなか美味しい。
 アンパンは、粉砂糖がたっぷりかかっていて、黒いポロシャツに付いて目立つこと。
 パンの歯ごたえがあって、餡子が少し甘くて美味しい。餡子が、甘すぎず小豆の味がして、餡子が美味しかった。カレーパンも、中の甘口カレーとしっかりしたパンが、食べごたえがあり美味しい。
 いいパン屋さんだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

軽自動車の購入は簡単だった

土曜日
 次男の車を購入に、奥方と2人で出掛ける。
 下調べにより、ニュータウン中央のダイハツでミラ、白井の木下街道沿いの中古車屋さんでエッセ、それから船橋市の芝山で三菱のアイを見て回った。
 3台とも、ちょっと今一つだった。ミラは、商用車みたいで華がない。エッセは、車体の色がエンジで、車内の色も華やかだったが、ちょっと次男には可愛過ぎる。アイは、なかなかいい感じだった。
 この3台を見たあと、直ぐ近くの中古車屋さんへ行ってみた。
 すると、全くネットで調べた時には見つけなかった、比較的新しく走行距離も短い車があった。
 スバルプレオカスタム、初年度登録H22年8月、走行距離2万キロ以下。
 このスバルは、ダイハツミラのOEM。フロントグリル等のデザインが、ミラと異なる。
 車体も車内の色も、少し大人っぽい。車内の幅は狭いが、長さ高さは十分広々。
 10分程見て、これを買うことにした。
 契約の段階で、軽自動車は手続きが簡単なことに驚いた。
 白井市は、軽自動車購入に際して、車庫証明が不要。車検証を作るのに、住所証明書があればいい。
 
 これなら、ワシも軽にしようか。
 
 ところが、1点ビックリしたことは、任意保険料の高さ。
 次男は初めての契約となるため、割引等級が6等級となり、年額10万円にもなる。

 こりゃ、若者が車を買うのに、躊躇する訳だ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

自民党の議員は国語を小学校からやり直したら

金曜日
 現在政府自民党が、成立をめざしている『国際軍事協力法案』は、素直に読めば憲法違反だ。
 衆院憲法審査会で、自民、公明両党などが推薦した長谷部恭男・早大教授は、あの安全保障関連法案について、「憲法違反」と指摘した。
 それに対して、自民党議員は驚いたようだ。
 あの法案を既成概念の無い小学生が読めば、みんな『憲法に違反していると』言うはず。
 自民党の幹部は、もういろんな刷り込みや既成概念や思い込みがあって、素直に文章を読めなくなっているんじゃないのか。

 正々堂々、憲法を改正してから、あの実施法案は審議すべきだ。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

二宮・国府津・小田原

木曜日
 土曜日の小田原までの散歩を振り返る。
 大磯GCと大磯ロングビーチの間の道から、国道一号線・東海道に出る。
 国道一号線は、歩道もしっかり在って、とても歩き易い。
 西湘バイパスがあって、自動車の通行量が少ないためでもあろう。
 二宮駅の向こうに小高い山が見え、小田原へ着く時刻が気になるので登らずに通り過ぎた。
 20150530_マンホール.jpg 小田原市に入ると、マンホールが面白かった。
 小田原城と箱根の山。走る人かと思ったら、お輿を担いでいる人のようだ。20150530_道標.jpg 路地の前に、不動明王が睨みを利かせた道標。
 「従是大山道」と刻まれている。
 つい、入り込みたくなるが、先を急ぐ。
20150530_清正公.jpg 国府津駅の手前の路地の奥に、気になる像が見えた。
 清正公堂と刻まれた石柱がある。
 これは、加藤清正を祀ったお堂なのか。
 とても綺麗に、手入れされている。

20150530_国府津の街並み.jpg 国府津の駅前になると、道が少し広くなり電柱がなくすっきり。
 東海道沿いは、古い商店の建物が多い。
 信号に「**寺入口」の標示が、多くなる。路地の奥に、大きなお寺が控えている。
 歩道の幅は、小田原市街に近づくにつれて、歩道の幅も広くなる。
20150530_酒匂川.jpg
 17時、酒匂川を渡る。富士山は雲に隠れている。
 小田原市街にはいると、道はぐんと拡がった。
20150530_小田原東海道.jpg 小田原城まで2kmの道案内を過ぎる頃、東海道を標した柱が建っている。
 車が少なくて、スイスイ流れている。
 鬱蒼とした木々のある塀のある屋敷は、門が閉ざされていて、門の前にはチェーンが掛けられている。何か、いわくありげ。

20150530_ATM.jpg これが、さがみ信金のATM。
 凄いことをする。

 小田原城に近づくと、道をゆく人たちが増える。
 小田原城は、そんなに大きな天守閣ではないが、周囲に高い建物がないから、堂々として見えた。

 二宮・国府津・小田原は、じっくり歩きたくなる街並みだった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

大磯

水曜日
 土曜日の散歩を振り返る その2
 13時頃、湘南大橋を渡って高浜台の信号に着いたら、海側の歩道が消えた。
 国道134号線の陸側の歩道へ移ると、海風が当たらなくなって暑い。
 お腹も空いてきて、コンビニを見つけてサンドイッチとジュースで昼食。
 20150530_唐ヶ原.jpg なでしこ小学校は、運動会の最中。聞こえてきた音楽は、「花燃ゆ」のタイトルミュージック。
 花水川橋を渡って、唐ヶ原の交差点。
 ここが、箱根駅伝の往路平塚中継所のはず。20150530_大磯海岸.jpg 大磯町に入り、箱根駅伝のコースは右へ折れて、大磯駅前の国道1号線へ向かうのだが、ワシは大磯海岸方面へ向かった。
 綺麗な砂浜の、こじんまりした海水浴場。
 大磯港から、自転車道があったので、そっちへ向かって歩く。自転車道は、国道1号線のバイパスの車道より一段高いところを通っていて、海を眺めながら歩けて快適。
 自転車道が終わる所に、旧吉田茂邸があった。
20150530_吉田茂邸.jpg
 海岸沿いの小高い丘に、吉田茂邸はある。直ぐ近くが、大磯城山公園。
 吉田茂邸の敷地内は、整備工事中で入れる場所も限られていた。
 なお、日本庭園は少々お粗末で、あまり見る価値を感じない。

 大磯城山公園は、展望台からの眺めが、なかなか良かった。
20150530_大磯ロングビーチ.jpg
 大磯城山公園から下って、大磯ロングビーチを海側から見ようと、大磯プリンスホテルへ向かった。
 海岸沿いの道は、西湘バイパスで自動車専用道。
 「自転車・歩行者 侵入禁止」と掲示されていた。
 ホテルの中へ通じる道には、ガードマンが立っていて、入り込めない雰囲気。
 公道からホテルの敷地内へ繋がる道を歩いて海岸沿いへ出て見ると、海岸に道は無い。
 バイパスを覗くと、歩道も路側帯も無く、入り込めない。

 諦めて、国道1号線に戻って、二宮町へ向かった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

自転車の道交法

火曜日
 改正されたが、基本は40年前のままでしょ。
 小学校の頃に、教えられたはずなのに、皆忘れているだけだ。そもそも、親が未就学児を、自転車を運転するようにしているのが、いけない。右も左も判らぬうちに自転車を運転させるとは、親が無責任だ。
 道が自動車の利用に偏った構造なため、道交法を守ろうとしても、危険で守れない。
 路側帯すらない道路が、多すぎる。
 歩道など無い国道が、どの位あるというのか。きちんと調査されいるのだろうか。
 千葉県内は、歩道も路側帯の無い主要道で、歩く時は命がけという道が多々ある。
 そこを、20tクラスのトレーラーが走る。
 また、歩道の様に路側帯に色を塗った道もあるが、片側だけという所が多い。
 これでは、道交法を順守し右側を歩こうと思っても、いやでも左側を歩かされてしまう。
 その歩道もどきが、途中で道路の右左入れ替わることがある。この時、横断歩道の無いところで道を横断し無ければならず、危険を冒して車道を横切らねばならない。

 法制は、現実に踏まえた改正をしてほしいし、法が守れるようなハード整備をするのが道路管理者である行政の責務だろう。
 現実として法を守れないような構造の道を放置して、通行する人と自転車に法の順守だけを押し付けるのは、行政としての怠慢である。


 土曜日の散歩の振り返りの続き・・・
 長谷寺を辞して、R134を歩く。海岸沿いに歩道があるため、安心して海を眺めながら歩ける。
 稲村ヶ崎の切通しを越えると、真っ直ぐ先に富士山が見える。
20150530_江ノ電すれ違い線路.jpg 江ノ電の軌道は駅以外では単線だが、七里ヶ浜と鎌倉高校前駅の間に、軌道が2本に分かれる場所がある。
 上下線の電車が、ここですれ違う。
 駅以外で、電車がすれ違う場所があるのは、珍しい。しかも、電車がすれ違う様子は、海岸沿いのR134からは、直接見ることが出来ない。
 江ノ電は、鎌倉高校前駅から腰越方面へ行くと、小動の岬の所で小さなRで曲がり海岸線から離れてしまう。
 そこの急なカーブも、江ノ電の見どころ。
 江の島を越えて平塚方面へ歩くと、水族館はあるは公園はあるわ、昔の砂浜の駐車場だけだった25年前の記憶とはまるで違っていた。
20150530_皇太子殿下御成婚記念植樹の碑.jpg 湘南海岸公園の一角に、皇太子殿下御成婚記念植樹の丸い記念碑を見つけた。
 赤い丸いモザイクは、太陽を象ったものだろう。
20150530_水が無い.jpg 公園沿いのR134を歩いていて、水が欲しくなった。
 すると公園の案内図に、「水の広場」というのがあったので、きっと水道があって水の補給と涼めると期待して行った。
 ところが、その水の広場には、全く水が無い。
 小さな子供たちが、遊んでいたが、ちょっと可哀相。
20150530_鵠沼橋.jpg 11時10分頃、鵠沼橋を渡って、R134から海岸沿いの道へ。
 海岸沿いの道は、海風が涼しくて快適。
 海岸は、水辺で遊ぶ人で賑わっていた。
 海岸沿いの道は、サーフボードを付けた自転車で行き来する人や、散歩をする人が沢山いる。
 また海風が快適だから、ずっとその道を歩いていった。
20150530_茅ヶ崎海岸.jpg 烏帽子岩を通り過ぎ、茅ヶ崎のサザンビーチに着いてしまった。
 浜須賀の交差点で、箱根駅伝の中継地点を見ようと思ってきたのに、海岸の気持ちよさに負けてしまった。
 サザンビーチのモニュメントは、「茅ヶ崎サザンC」。
 この「サザン」は、サザンオールスターから来ているのかな。
 
20150530_湘南大橋.jpg 相模川の湘南大橋を渡り、平塚市に入った。
 この時、12時50分頃。平塚漁港の食堂で昼食と思って来たのだが、中を覗うと行列が出来ていた。
 小田原へ明るいうちに着きたいと思っていたので、待たずに先へ急いだ。

 続く

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

鎌倉・長谷寺

月曜日
 今日から、6月。
 中国は、南沙諸島の岩礁の埋め立ての批判に対し、「自国の主権の範囲」と開き直った。
 あの身勝手な驕れる国を、罰することは出来ないのだろうか。自国の防衛のためと主張するが、他国の主張を冒し主権の拡張を行っている国は、世界中で2国と1団体しかない。もっとも危険な国は、中国である。
 太平洋戦争時の「被害者」だと、ことさら主張している。
 ならば、米国に大陸間弾道弾で「水爆」を打ち込むこんで貰い、望む通り核の「被害国」になって頂こう。


 先日の、逗子から鎌倉を経由して、小田原までの散歩を振り返る。
20150530_鎌倉のお店.jpg 材木座の海岸から鎌倉駅へ向かう道の途中、九品寺前の道を水道路の交差点まで北上した。
 小さな洋食屋さんの店頭が、なかなかお洒落だった。
20150530_バレエスタジオ.jpg 水道路の交差点を左折して、住宅地の中の道を進むと、バレエスタジオの壁に魅せられた。
 素敵なイラスト。



20150530_鎌倉のレトロな店.jpg バス通り沿いに、ちょっと古そうな蕎麦屋。

 鎌倉は、なかなかだ。

 ちょっと予定の道から外れてしまって、予定外に長谷寺に着いてしまった。
20150530_長谷寺の紫陽花.jpg
 長谷寺には、拝観料¥300で入った。
 長谷寺の境内は、斜面を利用した、立体的な所だった。
 由比ヶ浜や逗子の海岸が、紫陽花越しに見える。
 紫陽花の花は、少し時期尚早だった。あの斜面一杯に、紫陽花が咲いたら見ごたえがあろうなぁ。

 長谷寺を辞して、さて何処へいこうかとちょっと迷った。
 御成小学校へ戻ろうかと思ったが、海岸線を辿って稲村ヶ崎へ向かった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする