2015年07月31日

永遠の0

金曜日
 今日の朝日新聞の1面の見出しは、「断言首相」。 あの確固たる自信は、どこに根拠があるのだろうか。
 まるで、詐欺師のようだ。

 20時から、NTVで「永遠の0」を見る。
 10分毎にCMが入り、がっかり。
 でも、良いモノはいい。吸い込まれる。

 原作者の人間性がどうであろうと、作品は素晴らしい。

 あの特攻への飛行兵養成の過程で、軍の幹部士官の言葉は呆れたモノだ。
 NHK−SPで、海軍反省会の記録を見ると、既にその頃佐官以上の軍人は、到底勝てないと知っていたことが明らかになっている。
 戦闘継続が間違っていると判っていながら、そうは言えない。誰も言わずに、ずるずると負け戦を続けて、悲劇を積み重ねたのは明らかだ。
 今の自民党が、似たような状態になっていないか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

見かけ倒し

木曜日
 稼働実機の性能調査のため、多摩ニュータウンの京王堀ノ内へ行った。
 ニュータウン特有の、無駄に広い道路と大きな駅と、複合ビルにスーパーと大手チェーン店。
 
 お昼は、その複合ビルに入っていたラーメン店、ラーメン花月で頂いた。
 他に、選択肢が無かった。
 正午前に入店出来たので、後から建設業関連の人たちがどっとやってきた。
 彼らは、毎日来ているらしい。

 嵐げんこつバリ辛らあめんを、味噌味で頂いた。御大層に「辛いものが苦手な人は絶対に食べないでください」と、書かれていた。
 ちょっと期待したが、全く期待外れ。寝ぼけたような、ちょっと辛いかなって程度。
 辛さも一本調子で、辛さに深みもコクも無い。
 餃子の王将亀有店の「辛々麺」に比べるべくもない。辛さは、せいぜい1割位。
 具も貧弱で、薄っぺらなチャーシュー2枚とメンマ。

 あの¥750という値段は、あの味と具にしては高すぎる。
 名前負け。


 安倍総理が集団的自衛権に関して、いろいろたとえ話で説明しているが、ワシャぁ一向に判らない。
 細かい話をするが、大前提を説明しないから、どうにもちぐはぐなたとえ話になっている。
 もしかしたら、安倍総理自身がきちんと理解していなのではないか。
 判らん者が、知らない者達に説明したって、理解など深まる訳がない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

ドラマの舞台

水曜日
2015072_ビル.JPG 特徴的な形の、2つのビルが並んで建つ。
 
 TV朝日のドラマ「エイジハラスメント」で、外観を映し出すときのビルはこれだろう。
 神田淡路町の、ワテラスビル。

 調布の飛行機事故。
 あの軽飛行機は、ターボチャージドエンジンだ。
 昔乗っていた三菱の初代ランサーターボ(E−A173A)も、気温が上がる真夏の昼は吸気温度が上がって空気の密度が下がり、エンジン出力が明確におちた。EP82スターレットと一緒に走っていて、夜の涼しい時は圧倒的に速いのに、真夏の昼には殆ど差が無くなっていた。あのランサーターボは、暑さに弱かった。
 その為か、あのランサーターボは、直ぐに吸気温度を下げるインタークーラーが追加された。
 
 7月26日は、とっても暑かった。
 ターボチャージドエンジンのバイパーは、エンジンが暑さのせいで公称出力を出せなかったのかも。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

水平対向

火曜日
 日曜日の午前中、府中飛行場でバイパー機が離陸直後に墜落、民家を巻き込み炎上する事故が起きた。
 事故の速報は、イベント会場で昼食を摂っている時に、聞いた。
 府中飛行場は、昨年9月に野川から甲州街道へ抜ける時、通った場所。
 あの都のサッカー場の西側に築山があり、その上から滑走路の端を眺めたものだ。

 最近は、色んな人がビデオカメラやスマホで、映像記録を録っている。
 離陸直後の映像は、音声付でTVから流れた。
 映像と音からは、通常の離陸直後のフルスロットルのエンジン音では無い。
 プロペラ機は、離陸前にエンジンの回転を上げ一定時間保つ、ランナップという手順を踏むそうだ。
 滑走を開始してから、エンジン不調に陥ると墜落の危険があるから、エンジンをテストするのだという。
 このほかに、滑走開始前にフラップの作動や、パイロットはチェック項目が沢山あるそうだ。

 いくら離陸重量ぎりぎりだからといっても、エンジンが正常出力が出れば飛べない訳が無い。
 脚が地面から離れてから、機首上げの角度は速度との相関があり、スロットルを開け速度を上げながら機首を上げて行かないと、失速してしまう。軽飛行機を操縦する人は、スロットルを押して速度を上げ、翼に揚力が効いてきたことを操縦桿の手ごたえで感じながら、じわじわと操縦桿を引くのだそうだ。

 事故を起こしたバイパーPA46型は、ターボチャージャーエンジン水平対向6気筒。
 ワシが散歩で行った時には、見なかった機体。
 空冷水平対向6気筒というと、ポルシェや富士重工のエンジンだ。
 エンジンの高さが低くでき操縦席から視界を妨げず、エンジンの振動が少ないため、軽飛行機に多く用いられている。
 水平対向エンジンの振動の少なさは、昭和60年頃スバルレオーネに乗って感心したことだった。
 そのエンジンの低さは、FFなのにフロントにスペアタイヤが積めた。だから、レオーネのトランクは深く大きかった。ワシは、中古でプレーリーを購入する時に、同時に絶版になっていたレオーネツーリングワゴンも探してもらったが、あの車は手放す人が極めて少なく、中古車が見つからなかった。
 あの頃のスバルの水平対向エンジンは、冷却効率が良すぎてエンジンが温度が低くて、燃費が悪かった。
 また、フリクションが小さく、エンジンブレーキがあまり効かず、アクセルを閉じてもスゥーッと回りつづけた。

 しかし、調布飛行場には、管制官がいなかったとは驚きだ。
 パイロット同士が無線でやりとりして、離陸や着陸の順番を相談して飛んでいたのか。のんきな、お仲間同士の飛行場だったんだろう。
 ワシが見に行った時は、新聞社の飛行機が飛んでいた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

悔しいなぁ

月曜日
 先週土曜日に行った境川の源流について、ネットで調べてみると、「境川源流」と標されたコンクリート製の擬木があるとのBlogがあった。
 ワシは、そんなものは見つけられなかった。
 前日の雨のため、斜面から湧水の流れがあり、源流へ登って行くことが出来た。
 GPSの記録では、尾根の下約30mの位置まで、行っていた。

 境川沿いは、歩道や自転車道が、比較的充実していた。
20150725_境川沿い.jpg
 左の写真は、町田市武蔵岡アパート付近、中央が東京環状の東側、右が東名の手前。
 東名の手前で、境川自転車道になるまでは、殆ど自転車に逢うことも無かった。
 中原街道を越えると、自転車専用道ではなくなり、自動車も通る一般の道になった。
20150725_桜並木.jpg 長後街道を越えて、藤沢市高倉付近に来ると、見事な桜が日陰を作っていて助かった。
 上原公園から相鉄線の高架下まで続くこの桜は、春の花の時期には、圧倒だろう。
 地図を紛失していた為、川沿いの目印以外は、何処を歩いているのかよくわからなかったのが悔しい。
20150725_横浜薬科大.jpg 妙な高層の建物は、調べてみたら横浜薬科大の図書館。

持って行った川崎・横浜のデッカ字MAPを見直すと、この境川沿いも載っていた。
 あの時は、諦めてデッカ字MAPを取り出さなかった。
 ああ、大失敗だった。
 地図を見ながら歩けば、気になるSPOTに足を延ばすことも出来たのに。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

熱中症対策

日曜日
 屋外イベントで、沢山の人が集まって、凄い盛り上がりになった。
 あのイベント会場に、あれほど人が集まったのを見るのは、久しぶり。
 朝9時頃に、外気温は29℃に達した。
 正午頃には、気温は37℃を越えたそうだ。
 お客様の中には、熱中症で救急車で搬送される人が、10人も出た。
 
 今日は、エアコンの効いた詰所にすぐ引っ込める業務で、比較的楽々。
 朝行くときに、7・11に寄り冷凍ペットボトルのお茶と水と塩飴を購入し、クーラーボックスに入れて行った。
 良く冷えた水とお茶と、クエン酸入りの塩飴のおかげで、へばることも無く済んだ。
 冷凍のペットボトルのお茶を、保冷剤代わりに使ったら、帰宅してもまだ半分凍ったままだ。
 これはなかなかの優れもの。
 いろはすのアロエは、さわやかでほんのり甘く、とても美味しかった。 

 高校野球千葉県大会は、専大松戸が7回に一挙7点を取り、大逆点で習志野を下し優勝。
 おめでとう!!
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

境川に沿って

土曜日
20150725_朝日.jpg 今日の天気予報は猛暑だが、朝でる時は薄雲が出ていて、そんなに暑くならないのではないかと思った。

20150725_高尾天神社.jpg 高尾に先々週来た時、黄金色の塔があったので、それを見に行こうと行ったら、「高尾天神社入口」を見つけたので、登って行った。
 石段が大きく急で、登りきった時は、大汗をかいていた。
 社は、そう大きくは無かった。
20150725_道真公銅像.jpg20150725_みころも霊堂.jpg 天神社の東側に、学問の神様「菅原道真公」の銅像が建っている。台座の高さ7m88、像の身長4m85の、巨大な像だ。
 池の奥に、黄金色の塔があった。
 みころも霊堂といい、産業災害の殉職者を合祀している霊堂だそうだ。

 さて、産業災害とは、どのような災害を指しているのか、さっぱり判らん。

20150725_学校.jpg 館が丘団地の東側に、妙な吊り橋あがある。
 穎明館という、堀越学園の経営する、中高一貫校らしい。
 学校の敷地へのアクセスは、あの吊り橋だけのようだ。
 
 先々週と同様、町田街道を歩く。2回目は、ぐぐっと近く感じる。

20150725_境川源流.jpg 町田市大沢地青少年センターから、奥へ登って行く。
 途中、砂防ダムの先に細い流れがあって、その奥に「源流」の掲示。
 そこを登って行くと、丸木の橋を渡った先に「この先登るのは危険」と表示があり、一旦戻って木で端を固めた、登る道へ回り込み登って行った。
 尾根の先が見えたところで、道が無くなった。沢沿いは無理して登れば、登れそうだが斜度が30度近い。
 登るのはいいが、下りが恐ろしいので、ここで断念した。
 この後は、淡々と川沿いの道を探しながら、下って行った。

 境川は、東京・神奈川の県境や、神奈川県内でも、市町村の境界になっている。
 
 藤沢の遊行寺の下まで行ってみたが、川の流れが急で水も綺麗だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

宣伝に踊る

金曜日
 土用丑の日だ。
 やたらと鰻の蒲焼が売れる日だ。もともと、真夏の暑い日には、暑い鰻屋には客足が落ちることをなんとかできないかと、江戸時代に相談された平賀源内が一考を講じて編み出した宣伝文句だ。
 冷房も無い江戸時代に、鰻の焼けるのを待つ間、炭火を使っている暑い店で待つのはそりゃ苦痛だっただろう。
 もともと、この暑い時期は、ウナギは旬では無い。現在は殆ど養殖ウナギのため旬は関係ないだろう。
 鰻の栄養価は高いが、長い夏の間1食くらい食べたところでたいした効果はあるまい。
 ことさら、ありがたがる必要は無い。

 昼休み、お弁当を買って事務所へ帰る途中、五丁目の鰻屋さんから鰻を焼く旨そうな匂い。
 ところが、店に客はいない。店先には、画鋲で貼り紙。「今日は売り切れました」。
 さすがは、亀有だ。 

 晩御飯は、案の定鰻丼だった。2年前に比べて、美味しいとは感じない。
 35年前に神田小川町の鰻屋寿々喜で食べた昼のうな丼¥2,000は、とても美味しかった。
 あの頃は平屋だった。今ではビルになって、店は喧騒を逃れる様に地下にもぐっている。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

稲穂

木曜日
20150718_稲.jpg この写真は、先週土曜日のもの。
 稲穂も出て、今頃もう花が咲いているだろう。
 
 夜でも、セミが鳴いている。
 真夏到来だぁ。

 そろそろ、夏休みの計画を立てよう。
 青春18きっぷは、9月10日まで有効。往復¥2,350以上のJR利用ならペイする。
 房総半島へ行くなら、安上がりになる。
 小湊鉄道の、計画路線の付近を巡って見たいが、真夏の房総半島は、山の中は足を踏み入れたくない。山ビルが鬱陶しいのだ。あいつらは、油断ならない。
 
 神奈川東部か、多摩地域に行ってみようか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

不正経理

水曜日
 東芝が、大変なことになっている。
 トップの経営に問題があるが、あの会社の製品には何ら問題は無い。
 原子力発電所等のプラント事業、ダイナックに代表されるパソコン、SC−LiBのリチウムイオンバッテリー。
 あのリチウムバッテリー技術は素晴らしく、性能は他社の追随を許さない。
 自動車のエネルギー回生・蓄積用のバッテリーは、殆どが東芝のチウムイオンバッテリーを採用している。
 充電容量は、他社と大きな違いは無い。
 ところが、充放電の回数と瞬時の充放電容量が、群を抜いている。
 短時間での電力の充放電量が大きくとれ、その充放電を繰り返しても電池容量の低下する充放電回数が、圧倒的に多いのだ。
 しかも、発熱などのリスクが小さい、とても優れた2次電池なのだ。

 良いものを作る技術を持つ企業が、小手先の経営手法の間違いで消えてしまっては、国家的損失だ。
 あの監査法人は、一体何をしていたのか。過去にも同様の不正見逃しの、不名誉な実績がある。
 
 まぁ、大東芝は、この程度の事でへこたれはしないだろう。

 頑張れ、盗シバ。いや違った、東芝。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

花火

火曜日
 金町の江戸川堤で行われた「葛飾の花火」は、天候にも恵まれ抜群の見ごたえだった。
 昨年に比べ人出が早く多く、金町から柴又へかけての江戸川堤は、見物で埋めつくされた。
 川の向こうの松戸側の堤の上も、見物する人が沢山。

20150721_夜の坂川.jpg 花火が終わって、江戸川堤を歩いて葛飾大橋を渡って、松戸駅に向かった。
 江戸川を松戸に帰る浴衣姿のカップルが、幾組もいた。

 坂川には、祭礼の提灯が設置され、点灯されていた。
 夜の坂川は、しっとりといい雰囲気。
 松戸神社で、御神水を頂き、松戸駅から帰路に。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

夏の海

月曜日 (祝日 海の日)
 海の日だから、幕張の海へ。
20150720_朝の日.jpg 朝歩き出すと、幸いにして雲が太陽をちょっと隠してくれた。
 なるべく、木陰を選んで歩く。
 船橋県民の森へ行くと、7時前なのにもう遊んでいる人たちがいた。
 
 新川沿いから、八千代の運動園で水を補給。
 30分毎に水を飲みながら、歩き続ける。花見川のサイクリングロードを行くと、1時間毎に公園があり、水の補給が出来る。
 
20150720_幕張の海.jpg 幕張の海。
 どピーカンでは無かった。
 東京湾は、ぼんやり霞んでいる。


20150720_水遊び.jpg 幕張の浜は、遊泳禁止だ。
  でも、水遊びをする人や、浜辺で日光浴を楽しむ人が沢山いる。
  犬たちも、水辺ではしゃいでいる。
 フライングディスクの得意な、ボーダーコリーもいた。
 飼い主が投げたディスクが水面に落ちたのを見たあの犬は、なんと海に向かわなかった。
 
 QVCマリンスタジアムでは、高校野球千葉県大会が開催中。
 あそこでは、8時半から専大松戸VS船橋芝山戦が行われていた。
 武蔵野線の車内でスマホで確認したら、専大松戸が勝利。

 良かったねぇ。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

やっぱり梅雨明け

日曜日
20150719_カンナ.jpg 朝から、眩い日差しが降り注いだ。
 日焼け止めを持ってきたが、汗で直ぐ流れてしまいそう。
 
 きりきりと痛いほどの陽射し。
 
 10時頃、『こりゃ、梅雨明け確実』と確信。
 気象庁は、梅雨明けを発表。

 いよいよ、夏本番だ。

 さて、先週金曜日に、ワイヤレスマウスが不調となった。
 昨日、いろいろ試したが、どうやらUSBポートに挿すレシーバーが、壊れたらしい。
 昨日は、タッチパッドだけで、画像の編集とBlogのUPを行ったが、指が攣りそうになった。
 早速夕方K'sデンキに寄って、マウスを物色。
 現在使用中のノートPCは、Bluetoothが組み込まれているため、Bluetoothマウスにしようかと思ったが、大きさ形など気に入ったものが無いため、USB接続の無線マウスに。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

夏の使者

土曜日
20150718_セミの抜け殻.jpg 朝から、セミの声が響いている。
 蝉の抜け殻を発見。
 アブラゼミとニイニイゼミ。
 蝉が鳴くと、夏が来たと、実感。

 神々廻のムックU世に会いに行ったが、暑くて元気が無かった。
 地面を掘って、湿った土の上に寝そべっていて、顔だけあげて近づこうとしない。
 ムックも、同じことをしていたっけ。

20150718_変な花.jpg 白井市笹塚で、妙な花を見つけた。

 この形、とても自然の花には、見えない。



 TBSラジオ午後1時から「久米宏のラジオなんですけど」を聞いていたら、今回の安保関連法案の強行採決について、面白い意見が紹介されていた。
 「あの安保関連法案が成立すると、自分の子供が戦場へいって戦闘に巻き込まれ、死んだり人を殺すことになる。どうして、あんな法案を平気で通すことが出来るのだろう。
 安倍には子供がいないからだ。」
 そうか、安部首相には、自分の子供が戦闘に巻き込まれる心配がないから、あの法案は他人事なのか。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

不可解だ

金曜日

 憲法第9条 (そのまま引用)
 『第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』

 小学生程度の国語力しかないワシには、どう読んでもこの憲法条文をそのままにして、今回の安保関連法案が合憲だとは読めない。
 憲法制定時と、日本周辺の情勢が変わってしまい、武力の行使に拠らなければ国と国民の財産生命を守ることが難しく、武力による威嚇を行使しないと国土の保全が困難にする他国が存在するようになったのなら、憲法条文を改正しなければならないだろう。
 それは、個別自衛権の行使に於いても、PKOに参加する時も必要な事だったはず。
 憲法学者の大多数は、今回の安保関連法案を「違憲だ」と云っているが、全員が「第9条を変えるな」と云っているのでは無い。

 憲法の精神が素晴らしいのは、云うまでもない。が、世界中の国すべてが、平和を愛し専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている訳ではなく、他国を経済的・思想的に牛耳ろう、自国の権益を拡大しようと武力による威嚇を行使をする国が幾つもある。
 その現在の国際情勢から、国と国民の財産生命を守る為に武力の保持と行使がやむを得ないモノであるのなら、政府はそれを国民に丁寧に説明して理解を得、憲法改正を行うべきである。
 きちんと、その武力としての自衛隊を明記して、普通の国の様に個別自衛活動を出来る様にすべき。
 その手順をすっ飛ばして、実施法案を成立させようとしているのは、憲法違反だ。
 今回の内閣と国会議員は、憲法第99条違反である。

 このまま、安保関連法案が成立し、自衛隊が海外へ派遣されたら、自衛隊は非常に活動しにくい状況に陥るだろうことは、過去のPKO覇権時の経験で明らかではないか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

虚偽の国

木曜日
 安保関連法案の強行採決を、世界中の各国がどう思っているか。

 憲法を盾に、これまで海外派兵を拒絶してきた国が、憲法を改正もせずに自ら海外派兵を行う法案を採決した。
 
 他から見れば、なんたる二枚舌か。
 彼の国は、高潔な精神に基づく平和憲法を掲げているが、国の骨格を形作る憲法と矛盾する実施法を平然と定める、不誠実極まりない国。
 正しい法解釈に基づく反対意見を、権力で封殺する。
 形の上では、民主的な選挙・投票により選出された議員によって多数の政党が構成された、議会制民主主義をうたっているが、その実態は一党支配の独裁国家。
 国民を欺く政府が支配する国は、誠実な外交を行うのか疑わしい。
 彼の国が過去の戦争に転がって行った時と、同じような状況にはまり込んでいる。
 あの国には、世界TOPレベルの技術力がある。
 核兵器は保有していないが、核兵器に利用可能なプルトニウムをたっぷり保有している。
 あの国の技術力なら、あっという間に核兵器を開発・実用化出来る。

 やはり、日本は危険な国。

 そう思われても、仕方ない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

デスノートが欲しい人がいるのでは

水曜日
 安部政権が、暴挙に出た。
 この先、衆議院での採決を阻む道は、無いのだろうか。
 心ある自民党の議員が、反対票を投じるか本会議を欠席して、過半数に届かなくなれば良い。
 自民党の若手議員は、あの「勉強会」のていたらくからして、全く期待できない。
 期待すべきは、自民党OBの戦争体験者だろう。

 それを想定して、議員の定年制を決めたのだろうか。

 全く、謀略に長けたモノだ。

 今回の法案は、憲法改正をしてから、審議すべきものだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

相模川沿いから水道道

火曜日
 日曜日の、横浜水道道を訪ねた散歩を振りかえる、その2.

20150712_城山ダム.jpg 津久井湖観光センターから、城山ダムを眺める。

 城山ダムの上は、湖面側に歩道があり、湖面を見ながら歩ける。
 湖の水面には、アオコが浮かんでいる。20150712_川尻遺跡.jpg 谷ケ原浄水場を過ぎると、川尻石器時代遺跡がある。
 国指定の史跡だそうだ。縄文時代の家や墓石の跡らしい。
 今は、ブルーシートが掛けられ、見ることが出来なかった。
 旧小倉橋への道は、山王神社前をぐるりと廻って、ヘアピンカーブを下って行く。
20150712_古い橋.jpg
 旧道の上を跨ぐ、橋の様なモノが見える。
 おそらく、昔の水路ではないか。
 川にかかる橋も、今は使われていないようだ。

 谷が深くて、陽が射さず涼しい。

20150712_水路の跡.jpg 谷の両側に、四角い水路の跡が残っていた。
 東側は、鉄の扉で塞がれていて、「久保澤隧道」の文字。
 
 新しい橋の下を潜ると、ヘアピンカーブの急坂。
 脇に細い歩道があり、そっちを下ると旧橋の袂に降りれた。
20150712_新旧小倉橋.jpg
 橋の下は、相模川。
 あの城山ダムの、下流。 川には、釣りをする人が沢山いた。
 ここで、水道道の標示がないかと、ちょっと見まわしたが見つからなかった。
 川沿いの道を進み、相模川清流の里、キャンプ場を通る。

20150712_水準点.jpg キャンプ場の奥の水の流れる遊び場の奥の階段を延々と登り、川の上の道にようやく出る。
 こんなに、川への谷が深いとは、驚いた。
 登った所に、案内板と一級水準点の標示があった。
 どうやら、ここの道が水道道路らしい。

 ここからは、水道道の標示板を確認しながら、ひたすら道なりに歩く。
 殆ど、真っ直ぐな道で、つまらないこと夥しい。
 水道道だが、途中で水の補給できる場所が少なく、うろうろした。
 水道があったのは、麻溝公園と桜の散歩道。
 東名高速の下から川井浄水場の間は、草茫々の中。
 途中、色々迷ったため、西谷浄水場と終点の野毛山公園へ行くのを諦めた。
 
 次回は、今宿の水路と西谷浄水場と野毛山を巡るルートを考えて、歩いて見よう。


 自民党は、安保関連法案を、強行採決すると決めたらしい。
 あの法案は、憲法違反だ。
 本当に戦備を充実し、武力で外敵の脅威を排除する国にするのなら、現在の武力的脅威を国民にしっかり丁寧な説明を行って、憲法改正をすべきだ。
 憲法を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記し、自衛隊が無駄な損害を出さないように法改正を行う方が先だ。

 憲法学者は、憲法を改正するなとは、云っていない。
 憲法に手を付けず、実施法を作ったとあっては、対外的にどうなるか。
 文面上は平和憲法を飾っているが、実体は異なる二枚舌の国と知れ渡り、立憲主義の国とは名ばかりの危険な国と思われ、国際的な信頼は、失墜する。

 誰か、あの暴走老人たちを、止めてくれ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

城山湖から津久井湖

月曜日
 昨日の散歩を振り返る。

 城山湖の周辺は、アマチュア無線の方が、リグを持ち込んで交信を楽しんでいた。
 ロケーションが良いので、遠くまで電波が届くのだろう。
 城山湖は湖畔から、水面まで高低差が大きく、水面が遠い。
 地図によると、湖畔から山の方へ道があるはずだったが、施錠されたフェンスが設置されていて通れなかった。
20150712_文学碑.jpg 発電所側に戻って、急傾斜の道から林の中の道を進むと、加藤武雄文学碑があった。
 石碑のある場所には、木製のテーブルとベンチがあり、南側の眺望が楽しめる。
 比較的よく整備された、登山道が続いていた。
 
20150712_峰の中継所.jpg 城山湖から見えていた、峰の無線中継局のアンテナの下を通る。
 2本目のアンテナの下を過ぎると、延々と続いた登りが下りに転じた。
 地図によると、「峯の薬師奥の院」「東慶寺」「峯の薬師」が、続く。
 奥の院は、見逃しそうな小さな鳥居の奥にあった。
20150712_峯の薬師奥の院.jpg 
 本当にこれかと思ったが、その先には鉄筋コンクリートの建物があり、そっちはまるで廃墟。
 
 きっと、こっちの鳥居の奥の石碑が、奥の院なのだろう。
20150712_峯の薬師.jpg
 峯の薬師・東慶寺に下った。
 この「表参道」の石柱の下が、延々と九十九折の下り坂が続く。
 踵の擦り減ったトレッキングシューズでは、冷や冷やモノだった。

 横浜水道の取水地「三井」の読みは、てっきり「ミツイ」だと思っていたが、「ミイ」だとバス停を見て知った。
20150712_津久井湖ボート場脇.jpg グルグル無駄に歩いて、津久井湖のボート場に、やっと到着した。
 ボート場の西側に、横浜市水道局の施設がある。
 これは、昔のポンプ場なのか。厳重に施錠されている所をみると、稼働中の施設のようだが。

20150712_三井大橋.jpg 三井大橋は、車道と隣の歩道の2本の橋。
 歩道橋の両脇に、赤く塗られた太い鉄管が、吊り下げられている。
 橋は、津久井湖の水面から高い位置にあり、見晴らしは抜群。

 橋を渡って、信号のある交差点を左へ折れ、城山ダム方面へ向かった。
 この時点で、時刻は10時を回ってしまい、予定を1時間近く押してしまっていた。
 この遅れが、あとあと響いた。

 続きは、また明日。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

未達成

日曜日
 久しぶりに、高尾へ行く。
 武蔵野線で行くと、西国分寺駅で急ぐと直ぐに高尾行きに乗れるのは、変わっていない。
 20150712_御嶽神社.jpg 南口に御嶽神社へ登り、支度を整える。
 なんたって、高尾駅の南口には、モスバーガーはあったが、コンビニが無かった。
 御嶽神社は、狭い個人で作ったようなコンクリートの道と段々の先にあった。
 
 ちょっと道を間違えて、町田街道に戻る。
 公団館ヶ丘団地を、通り抜けてみた。
 巨大な丘の上の団地で、小学校と2つの中学校と高校があった。
 起伏にとんだ丘の上に建設された、中層(12階位)の団地群で、平らな道が殆ど無い。
 若いころ住み始めた頃は、いい景色が楽しめる良い住宅だっただろうが、歳をとったら極めて辛い立地だろう。
 20150712_大とびら.jpg20150712_大戸観音堂.jpg 町田街道を下って行くと、気になる看板があった。
 「道の駐車場 大とびら」
 こりゃなんじゃろうと思って見たら、こんなんだった。
 大戸の複雑な交差点で、道を間違えてしまった。
 大戸観音道ということだが、鳥居と梵鐘がある。見た目に観音堂は判らない。
 登って行くと、道端のせせらぎは、まさに清流。
 自動車が入れないように、施錠されたゲートをすり抜けて、傾斜22%と標示された道を登って行く。
 城山ダムの駐車場の近くで、和太鼓を叩きながら歌を歌っている人がいた。
 聞き耳を立てたら、なんと岡本真世の「TOMORROW」だった。
 和太鼓で、「涙の数だけ強くなれるよアスファルトに咲く 花のように・・・」を、歌い上げている。

 城山ダムの上について、金比羅様への道があまりの急な石段に驚く。
20150712_城山湖.jpg
 城山湖の景色に、圧倒された。

 途中、トロッコ道の標示板を探しながら、こそこそ歩く。
 今日は、横浜の水道道を辿るつもりだった。

 鶴ヶ峰の駅前に着いた頃には、17時を過ぎてしまい、西谷浄水場と野毛山の水道局へ行くのは諦めた。

 いささか疲れた。
 途中の様子は、また明日。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

夏の天気

土曜日
 20150711_プール.jpg  河原子橋の袂の梨の選果場には、農家の方が来ていて、準備を始めるようだった。
 神崎川沿いを久しぶりに、河原子橋の東側に来てみた。20150711_てふてふ.jpg
 所々に、稲の植えられていない田んぼがあり、すこし悲しい。

 市民プール、今日は一杯人が訪れるだろう。

 神崎川沿いの道は、白井橋を渡ると草茫々。それまで、しっかり草刈りが済んでいて、歩き易かったのに。
 二重橋の所で、ふと神々廻の方へ行く気になった。
20150711_ディサービスたんぽぽ.jpg 神々廻の鳥見神社への道の途中に、看板が出ていたのでつい行ってみた。
 2年前には、無かったと思う。以前は、立派な平屋の民家が建っていた。
 ちょっと山の中の別荘風。
20150711_ムックU世.jpg 今日で3回目。
 前回とは、逆方向から近づいたので、気づくのが遅れたらしい。
 もう全く吠えず、金網に顔を近づけて鼻先を出して、手を舐めてきた。
 金網に体を寄せて来て、頭や体を撫でるとクンクンと甘えた声を出す。
 もうすっかり、友達になれたようだ。

20150711_祭礼準備.jpg 平塚の延命寺では、御神輿が出されて、午後からの八坂神社の祭礼の準備中。
 
 手賀教会に立ち寄ってイコンを見て、手賀沼沿いを歩いた。

 油断して日焼け止めを使わなかったら、またしっかり日焼けした。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

残るは1年1ヶ月

金曜日
 もう7月である。
 来月には、ワシも誕生日が来て、50代最後の誕生日。
 定年間近。
 ビッグサイトで、監視カメラのデモブースでモニターに映った自分の姿を見ると、もうすっかり白髪の老人だ。
 ワシと対応する企業の方は、きっとワシのことは、昔は現場でバリバリやっていて今は窓際族の閑職だと思っているんだろうなぁ。
 だって、この見た目60歳位の白髪の老人で、肩書は「主任」じゃ。
 企業内でどのような経歴か、きっと想像できるんだろうなぁ。
 
 最近は、いろんな関連部署が、面倒なこと云う役割をワシに振ってくる。
 いい人ぶるのは、性に合わない。
 きっと社内の皆は長い付き合いだから、その辺を見透かしておるんだろう。

 まぁ、いいわ。 それが、ワシの存在意義かもな。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

誰が責任者?

木曜日
 またまた、国立競技場建設問題が、喧しい。
 建設見積金額が、2,520億円と、桁違いだ。
 大手新聞社は、全て批判的。
 朝日・毎日・東京新聞が批判的なのは当然だが、政府広報室のような読売新聞まで批判しているのには驚く。
 
 誰も責任をとらず、なんとなくその場の空気に流されて、既定路線がそのまま決まって行く。
 誰も、あの特殊な建設案に、反対しない。あの凄いデザインが、建設費用の上昇と工期の長期化を招いている。
 しかし、どこにそんな莫大な建設資金があるのだろう。
 予算の担保もなく、建設案に賛成する有識者って、いったい何者なんだろう。
 そんな巨額の費用を費やして、オリンピックの為に競技場を作ったとなると、日本は世界中から軽蔑されるのではないか。既存の施設を有効活用して、コンパクトなオリンピック運営を目指すと訴えて、招致したのではなかったのか。

 東京都知事の舛添氏は、突然反対意見を言わなくなった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

チェックが甘い

水曜日
 最近、スマホのLISMOプレイヤーが、とっても不調だ。
 プレイヤーは、起動して再生画面になれば、メインSWを切っても再生を続ける。
 その後、メインSWを入れると、プレイヤーの操作がパスワードを入れなくとも出来る。

 最新のアップデートを行ってからは、一旦停止すると再生再開が出来ないことしばしば。
 そこからは、パスワードを入力して、ログインしてLISMOプレイヤーの再生画面を表示して、再生停止操作を繰り返すと、ようやく音が出る。

 どうも、スマホのアプリは、機能チェックが甘い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

七夕

火曜日
 今日は、七夕。
 亀有の駅周辺では、足立区中川で七夕飾りをおいている家を、1軒見つけた。
 最近、軒先に短冊などの七夕飾りをつけた篠竹を飾る家は、少なくなった。
 まず、あの竹を自由に切って来れるような、竹薮はなかなか無い。
 『笹の葉さぁらさら、軒端に揺れる お星さま きらきら 金銀砂子』 

 生憎、今日は曇り空で、夜空の星は見えない。
 もっとも、首都圏の東京近郊では、晴れていても天の川は見えない。

 60年近く生きて来て、天の川をこの目にしたのは、17才の夏。
 粟島に、キャンプに行った夜、見上げた空を星が埋めつくしていた。
 あのころは、視力2.0以上だった。さすがに、昼間の星は見えなったが。
 空に浮かぶ星に、奥行きが感じられた。星の奥の空の暗さが、まさしく星が浮かんでいるように見えた。
 もはや、40年前の記憶。

 今、あんな空は、何処で見られるのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

固いなぁ

月曜日
 団地の外壁工事で、窓がマスキングされてしまって、窓が開けられなくなった。
 たまたま、気温が低いからいいモノの、どうしてこういう工事が7月になってしまうのか。
 窓が開けられなくとも困らない、4月とか11月頃に工事が出来ないのは何故だろう。
 
 URの賃貸住宅だから、おそらく年度予算で工事を発注するから、4月なってから入札・発注。工事開始が、6月になってしまうので、このような工程になるのだろう。
 外壁塗装を行うのに、この梅雨時になるのは、如何なものか。
 工事をする側に立っても、なにを好き好んで蒸し暑く雨の多い時期にと思う。

 もっと、工事のやり易い季節に、工事を計画出来ないモノかなぁ。

 
 世論調査の結果、安保法案の今期国会での採決に反対は59%に、以前より反対側が高くなった。
 これは、国会での議論や憲法審議会の発言を聞くにつれ、今の与党の法案の理解が深まるにつれ、反対派が増えたと理解できない自民党・公明党の議員は自己否定しているに等しい。
 説明が足らないから、賛成が増えないと思っている。
 理解が深まったから、反対が増えているのだ。

 あの法案は、憲法条文を素直に読めば、憲法違反であることは小学生なら理解できる。
 素直に条文を読もうとしない、曲解しかしない議員を、誰が信じられるか。
 
 あの法案は、根本的に日本の国として『何がしたい』という目的があって、技術論としての法制だろう。
 その『目的』を、きちんと説明していない。
 思うに、『目的』を果たすためには、憲法改正が必要なのを承知しているのに、無理やり言いくるめようとしているのが、見て取れる。だから、ちぐはぐな弁明に終始する。
 正面切って、『戦って国の存立を守る』と言わずに、言葉の修飾で誤魔化そうとしている。
 あのような、巾着切のような卑怯な真似は止め、本音を原状の国際政治情勢を国民に開示して、憲法改正を訴えれば良いではないか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

読み違えたか

日曜日
 今日は雨で、全く歩きに行けそうにない。
 昨日の朝日新聞朝刊におりこまれたbeの「みちものがたり」は、鎌倉の切通し。
 釈迦堂切通は、昨年7月13日に行ったところ。ワシは、亀ヶ岡団地側からまんだら堂前を通って、切通しを通り抜けた。 
 天予報では、丸一日しっかり雨だという。午前中から、ジムへ行く。
20150704_ハス.jpg
 15時半頃ジムを出ると、雨は上がっていた。
 昨日よりも、雨はもう少ない。これなら、早めに切り上げて帰宅して、散歩に出れたな。
 昨日、佛法寺には、ハスの花が咲いていた。
 蕾のもあったから、今日開いていたかも知れない。
 惜しかったなぁ。

 天気を読み違えた。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

雨じゃ

土曜日
 15時頃から散歩に出たが、雨は上がることなく降り続いた。
20150704_ひまわり.jpg 7月だ。
 ひまわりは、もう人の背丈より高く、おおきな花が咲いている。
20150704_半夏生.jpg 夏至を過ぎた今頃、このちょっと変わった草が花咲く。
 葉の半分が白くなり、目立たぬ花を引き立てて、虫を誘っているのだそうな。
 数年前まで、葉の白い部分には何か付いたのかと、思っていた。
 無知は、罪だなぁ。

20150704_梨.jpg 梨の実が、育って来て、直径約4cm程になった。

 神崎川沿いを歩いていると、雨が次第に強くなってきた。
 雨が降ると、道路を走る車の音が大きくなる。タイヤが水を叩く音が加わるからだ。
 結構五月蠅くて、ラジオのボリュームを上げざるを得ない。
 今日は、午前中にラジオの電池が切れ、スマホのradikoで聴いている。
 音は綺麗だ。でも、時報は入らないから、番組で「時報をお知らせしました」と云うと、間抜けな感じ。
 スマホのイヤホンの音量は小さく、車が通る場所では聴き取れないことが多々ある。
 キケンだから、歩く時のイヤホンは、耳かけ型で片耳だけにしている。
 耳かけ型の方が、耳の中に入れるカナル型よりも、周囲の音が聞き易い。
 
 神々廻の子犬は、なかなか耳が良い。500mも手前から、ワシが歩いて来るのに気づいて、ワンワンはしゃいでいた。可愛い奴、ムックU世。

 佛法寺に寄った後、ホームセンターに寄って子犬と仔猫を眺めた。
 1ヶ月位の仔猫は、目がクリクリで可愛い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

資産家なら、年間1万キロの散歩は可能

金曜日
 朝から、勢いよく雨が降っている。
 昨夜は、満月だったはずが、空は雲で覆われ見ることはできなかった。
 今週末は、雨で散歩へは出れないかも。

 昨日の朝、文化放送を聴いていたら、「ウォーキングの目標、半年で1万キロを目指してます」という投稿を聞いた。
 これは凄い。
 半年で1万キロということは、1ヶ月約1,670キロ、一日約56キロ。
 てぇことは、毎日欠かさず11時間歩くってことだ。
 どう考えても、普通に仕事をしていては、実現不可能。
 資本家で、働かなくとも、金利か株式配当金の収入があれば可能。
 株式なら、最近の株式配当は5円/株位だから、10万株位保有していれば、年2回配当があり年間約1,000万円の配当。
 かかる税金が、約2割。税引き後、約800万円手元に残る。これなら、生活可能だ。

 仕事をしないで毎日歩くにしても、雨の日もあるから毎月20日位が散歩できるか。
 毎月千キロ、年間1万キロは、歩けるだろう。

 出来る様になりたい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

銅像のメンテナンス

木曜日
 先日から、鎌ヶ谷市の貝柄山公園の銅像が、ペンキや蜘蛛の巣で汚れているとの報道があった。
 ワシが昨年6月頃行った時には、ペンキの汚れなんてなかった。
 問題の銅像は、公園の東側にあり、少し目立たない場所。
 
 市川市によれば、市川市内の銅像は定期的に清掃しワックスかけをしているそうだ。
 だから、市川東部公民館の先の(お尻のプリッとした)銅像は、あんなに艶々なんだ。

 白井市内の銅像は、殆ど定期的なメンテナンスは、行われていないようだ。
 西白井駅前の「和み」は、ずっと緑青がまだらに浮いたままだ。
 
 あの手の銅像は、磨いたりしてはいけないのかと思っていた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

今日から7月

水曜日
 7月って何月っていうのかな、と朝の電車の中でふと気になった。
 5月が皐月、6月が水無月、7月・・・・・ そうだ文月だ。
 5分程かかった。

 文月の由来は、ネットで調べて、色々あってびっくり。

 昨日の新幹線内の焼身自殺事件は、とても悲しい事件だ。
 新幹線の安全対策が不十分だと、ここぞとばかりに批判する評論家が突然湧いて出てくる。
 日本の公共交通は、殆どが乗客の協力で安全が保たれているといってよいだろう。
 利用者には性善説で、なりたっている。
 あの状況でも、車両火災にならなかった。新幹線の車両は、極めて安全だと実証したようなモノ。

 焼身自殺した方は年金暮らしで、年金では生活が成り立たなくなり、世をは儚んでの自殺。
 アベノミクスは、弱者を救わないことの、照査。
 焼身自殺するなら、国会議事堂か永田町の自民党本部ビルでやって欲しかった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする