2015年11月30日

AM−FMサイマル放送

月曜日   
 12月05日、在京のAM放送キー局(TBS、文化放送、ニッポン放送)3局が、AMと同じ放送をFM波でも送信を始める。
 ありがたいことだ。AM放送は、電車内では車両の材料によって電波が届かなかったり、インバーターノイズでかき消されてしまう。 特にJRや東武の古い車両は、全くと言っていいほど、聴こえない。
 FMの90MHzの上で、放送される。
 ちょっと古いFMラジオは、アナログTV音声が聞こえるように、108MHzまで受信可能だった。
 通勤に使っている名刺入れサイズのポケッタブルのラジオは、受信バンドは90MHzまで。
 家には、20年前にキャンプ用に買ったTV付きラジオが、76〜108MHz。TVはアナログTVなので使えないが、FMラジオはグッと使える。
 お風呂で、試験放送を受信してみると、在来のFM波より受信感度が高く明瞭に受信できる。
 送信所が、東京スカイツリーの為だろうか。

 radikoでも聴取できるが、radikoは放送とCMなどのコンテンツによって、音量が変わったりするのが気に入らない。時間的に遅れるのも、好かん。それと、スマホの電池の消耗が激しいのも、面白くない。

 やっぱり通勤用にラジオを買い換えようかな。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

県道89号線

日曜日
 鴨川から房総半島を横断する道路には、長狭街道がある。
 それと、もう2本ルートがある。一つは貝渚から峰岡浅間を経由して勝山に下りる嶺岡ハイウェイ、もう一つが太海から岩井に出る県道89号線。
 今日は、県道89号線を歩いた。
 この道は、部分部分は、歩いたことがある。でも、太平洋側から東京湾側まで、通して歩いたことが無かった。
20151129_鴨川海岸.jpg こんなにいい天気の時に鴨川に来たのは、久しぶりだ。20151129_妙昌寺の門.jpg 漁港から坂を登ってきた妙昌寺の山門、ここから登っていくと、魚見塚の展望台に出て、峰岡ハイウェイへつながる。
 今日は、ここは登らず、鴨川青年の家へ。
 トンネルは歩道も無く狭くて危険だから、迂回して青年の家を通ることにした。
 ところが、トンネルの出口の駐車場へ出ることろが、工事中で「全面立ち入り禁止」になっていたので、仕方なく戻ってトンネルを通る。
 駐車場の掲示では、「車両通行禁止」。歩行者は、通っていいことになってる。
 この不整合に、腹が立った。グラグラした。
20151129_仁右衛門島.jpg 仁右衛門島を見て、奇岩の並ぶ海岸を周る。
 地下道をくぐって、太海の駅の西側の「外房黒潮ライン」に出る。
 車が多くて、緊張する。
 曽呂十字路を左手に折れ、いよいよ今日の目的の道を行く。
20151129_道しるべ1.jpg 道端に、道しるべが建つ。
 曽呂は、温泉があるらしい。
20151129_妙なもの.jpg 水田家住宅は、前回来たとき、行って見たから今回はパス。
 山の向こうに、動くものが見えた。 風力発電の風車らしい。
 県道は広く、片側だが広い歩道がついている。
 暫く行くと、県道の曽呂川沿いの向かいの道を歩く。こっちの方が、家々に近くて楽しく歩ける。
 
20151129_曽呂温泉入口.jpg 曽呂温泉は、川の向こうの山の中らしい。
 向こうに見えている山は、高鶴山。
 曽呂の街並みを抜けると、高鶴山の入口に着く。
 県道は、この八雲神社の前から、急激に道幅が狭くなる。この区間は、バスの通行は難しい。
20151129_分水嶺.jpg 坂道を上り詰め、ここが曽呂川の分水嶺。何故か、この一番高い所に水道施設がある。
20151129_愛宕山.jpg 遠くに、房総半島最高峰にして、自衛隊の重要なレーダーサイトのある、愛宕山が見える。
 
 お昼を食べた高照寺からは、歩いたことのある道になった。

 歩きながらFacebookを操作するのは、疲れる作業だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ホキ美術館

土曜日
 20151128_米沢の森.jpg 上総牛久駅から房総横断道へ進んで、すぐに左へ折れ小高い丘へ向かう。
 ため池があり、池の水面に霧が浮かんでいた。
 この頃、とても寒く感じた。
 地面には、霜が降りていて、鼻息も白い。
 20151128_うぐいすらいん.jpg うぐいすらいんを、淡々と歩く。
 ゆるやかなカーブ、上り下りの傾斜が少ない。広いところでは、歩道がある個所もあるが、大桶から長柄山の峠間が少し道幅が狭く、歩道も無いので少し緊張する。
 でも先週も歩いた場所なので、短く感じる。陽射しが無いので、やや肌寒い。
 先週は、峠を登り切ったところで右へ折れて長柄ダムへ向かったが、きょうはまっすぐうぐいすらいんを辿る。
20151128_大仏通.jpg 茂原街道の手前の交差点で、「大仏通」の看板を見て、そっちへ行ってみた。
 20151128_サッカー場.jpg トンネルの手前に、「VONDS市原グリーンパーク」の看板。VONDS市原は、市原市の市民サッカークラブ。
 「先週見た人工芝のサッカーコートは、これだったのか。」と納得。
 大仏通りは、とても綺麗な新しい道で、交通量が少ない。
 

20151128_大仏はここ.jpg20151128_道しるべ.jpg 「奈良の大仏1.3km」と道しるべがあったので、進んでいくと看板が建っていた。
 木の看板の奥は、奈良公園。
 確かに、大仏はあった。
 が、写真の公開は、控える。
 東国吉から、外房有料道路の上を渡って、あすみが丘のホキ美術館へ。
20151128_ホキ美術館.jpg 以前、美術館の建物を眺めに来たことがあった。
 今日は、入館して、展示されている「写実絵画」を見る。
 順路を一周して、まず建物の内装を見る。 
 建物内部は、照明の使い方、壁の色、光の取入れ方が、素晴らしい。
 2周目、展示されている絵画に見入る。
 離れて見ると、まさに写実的で、まるで写真を見ているかのよう。
 だが、近づいてみると、確かに油絵。
20151128_美術館のパンフ.jpg 絵を見ていたら、あっという間に、2時間が過ぎた。
 島村信之氏の作品、「寝室の朝」が凄かった。
 女性を描いた、ほぼ実物大の絵。
 画集を買ってこようかと思ったが、縮小した絵ではあの凄さが伝わってこないので、買わなかった。

 美術館を出て、半分放心状態で、歩き続けた。

 ホキ美術館に展示された、写実絵画は凄い。 何時間でも見ていられる。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

実名公開の要否

金曜日
 このブログでは実名を使わず、ハンドルネームを使用している。
 所属する勤務先も、伏せている。
 ところが、Facebookでは、実名も勤務先も電話番号も公開している。
 Facebookで友達になっている人は、ハンドルネームを知っている人もいる。

 実際に、ワシのBlogの内容から関連を調べていけば、勤務先など簡単に明らかになる。
 特許、学会へ提出した論文、いろんなイベントの参加者名簿等々。
 実名で検索すれば、相当の行動・実績が、把握できる。

 その意味で、Blogで意見を記し行動記録を残すの、にいまさらハンドルネームを使う「匿名」の意味はどれほどあるのだろうか。
 実名で意見を公開すると、反論や非難が怖いのか。「匿名」なら、批判反論を躱せるから、安心して過激なことも書き込めるという、ある意味「卑怯」な姿勢を保持したいのか。
 
 そんなつもりはない。
 このBlogでも、ネット上でもハンドルネームを使っているが、それはもう一人の自分になれるのが楽しいのだ。
 もう少し、もう一人の自分を楽しみたい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

領空侵犯

木曜日
 トルコ軍が、ロシア空軍のSU−24(フェンサー)を、領空侵犯し10回に渡って警告したが、進路を変えなかったとして、撃墜した。
 日本では、ロシア軍の領空侵犯には、空自がスクランブル発進して並走するように飛行し、無線で警告するのみ。
 憲法9条があるからか、領空侵犯機に明白な侵略・攻撃行為が無い限り、自衛隊は攻撃しない。
 トルコ軍は、通常の軍隊でありROE(交戦規程)に従って、警告後撃墜したらしい。
 独立国の軍隊なら、当然の行為。

 撃墜されたロシア軍機の生き残った搭乗員は、「警告など無かった」「いきなり尾翼をミサイルでやられた、回避する間も無かった」と語っている。
 そりゃ、回避できず撃墜された不名誉なパイロットは、本当のことは語らないだろう。
 「いきなり後方からミサイル攻撃された」 このことから想像することは
1.ミサイルは、レーダーでロックオンするタイプではなく、熱源探知で探知する赤外線誘導タイプ。
 レーダーロックオンのAAMなら、そのレーダー電波によってロシア軍機は狙われていることが分かる。
2.ロシア軍のSU−24は、後部警戒レーダーが機能していなかった?
 
 トルコ軍は、地上のレーダーでロシア軍機を追尾し、無線で警告を与えたのだろうか。
 ミサイルは、AAMではなく、地対空ミサイル(SAM)だった。
 SAMというと、巨大なナイキなどを想像するが、今どきは携帯式のスティンガーミサイルもある。
 スティンガーは、赤外線・紫外線シーカーで目的を捉えるので、発射後の誘導は不要。

 低空で飛んでいたロシア軍機は、その手のミサイルによって撃墜されたのではないだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

マイナンバー通知が届いた

水曜日
 マイナンバー通知が届いた。
 簡易書留の宛名書きは、凄く文字が小さい。あれでは、誤配も起こりうる。
 老眼のワシには、読むのが辛い。せめて、倍くらいの文字高さ4mm位の大きさにして欲しい。
 よくあれで、監督官庁の役人が承認したと思う。

 12桁の番号は、まず勤務先へ届けるために。通知書のコピーを取った。
 
 同封された説明を読むと、マイナンバーカードが便利につかるようになるのは、3年後かららしい。
 そのサービス実現も、まだ予算がついていないようで、取らぬ狸。
 でも、そのサービス内容も、日常に使うような内容ではなく、カードを作る必要性がよく判らない。

 生体認証によって本人確認が出来れば、そんな番号データを記載したり記録したカードは必要無い。
 あと5年もすれば、顔認証の精度もスピードもググッと向上し、指や手のひら認証と組み合わせれば、ほぼ誤認識が無くせる。指紋は偽造できるが、手のひらや指の静脈パターンは、偽造が殆ど不可能。
 番号が漏れる可能性が高いカードなどより、生体認証のほうがセキュリティが高い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

柿の赤

火曜日
20151123_柿の木.jpg20151123_柿の紅葉.jpg
 柿の木の葉が、赤く色づいている。
 柿の種類で、葉の色合いも変わるようだ。
 知識が無いため、この見事な色の柿がなんという柿の木か、ワシは知らない。

 柿は、秋には実が赤くなるが、葉も赤くなるとは。
 今年の秋、あらためて意識した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

黄色に赤と、秋は色々

月曜日 (祝日:勤労感謝の日)
 今日は、ハッピーマンデーではなく、正規の日付通りの祝日。
20151123_SWAN.jpg 清水口の調整池に滞在中の白鳥は、変わらず2羽のまま。
 今日は、小雪。
 それに相応しい、肌寒さになった。
 そろそろ、次の訪問者が来てくれても良さそうな気候だと思うのだが。
 散歩中の方とも、「まだ2羽ですねぇ」と、増えてくれることを期待した会話を交わす。

20151123_折立の来迎寺.jpg 来迎寺の火伏の公孫樹。
 だいぶ、葉は落ちてしまっているが、色づきはとてもきれい。
 先週に続き、市内の公孫樹の名木2つを、今年も見ることが出来た。


20151123_イチョウ.jpg
 公孫樹の木。
 左から、市内所沢薬師堂、冨塚太子堂西輪寺前、柏市柳戸の弘誓寺。

20151123_柳戸観音.jpg 弘誓寺のイチョウは2本。そのうちの一本に、まだ葉が残っている。
 5日くらい前なら、双方の木に黄金色の葉がついているのが見られたのだろう。
 此処の公孫樹は、素晴らしい。

20151123_紅葉.jpg
 カエデ等の赤く色づく木々も、色づき始めた。
 平塚の延命寺と、その下の白井聖地公園は、モミジなどの赤い色の紅葉が楽しめる。

 惜しむらくは、空の青が欲しかった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

市原犬成から千葉市の散歩

日曜日
 今日は、寒かった。
 午前中から陽射しも射さず、気温も12℃以下。16時頃の方が、暖かい感じだった。
 この秋、初めて寒さに震えた。
 なんたって、服装は春秋物で、防寒対策はまるでなっていなかった。


 さて、昨日の散歩を振り返る。
20151121_火の見下の公孫樹.jpg  市原市喜多の茂原街道沿いの、犬成火の見下に見事な公孫樹があった。

 この先の路地を進むと、次第に林の隙間から、両側が崖になっていて尾根の道を進んでいると気づいた。

20151121_犬成神社.jpg 鳥居の奥に祠があり、その奥
に道が無いかと期待したが道はなく、参道を引き返す。

 参道の途中、北側にお寺の本堂が見えた。
 150m程の広い参道を歩くと、境内にたどり着く。お寺の名前は、寿福寺。
20151121_寿福寺.jpg 大きなお寺で、立派な梵鐘がある。
 境内の木々の紅葉を楽しみながら、本堂の奥へ進むと、東屋のある墓地の入口に続いて、道が延びていた。
 なるべく、茂原街道を通らずに、村田川沿いに出たかったので、道を北上。
20151121_サッカー場.jpg
 突如、人工芝に夜間照明の整った、立派なサッカーコートが現れた。
 これだけ立派な施設なら、地図にも載っているのではないかと、スマホで地図を見るが見つからない。

 畑の中の道を歩ていくと、道は高台の端で、下の谷に道路が見えた。
 暫く歩いていくと、林の中に喜多神社があり、坂道を下ると支川村田川沿いに出た。

 長柄ダムの放水路からこの川沿いに出るつもりだったのだが、途中で道を見失っていたところ、ようやく予定の道に戻れた。

 ほっとして、予定のルートを歩いていくが、そのうち電気柵が張り巡らされいて、川沿いの道へは入れなくなった。
 市原市永吉の富士宮橋を渡り、村田川の新番場橋を渡ってちはら台のスーパービバホームの北側を通って、村田川沿いの整備された遊歩道にたどり着いた。
20151121_公孫樹.jpg 村田川沿いの遊歩道を楽しく歩いていくと、大きな公孫樹の木が見えた。
 近くに行こうと、遊歩道沿いから道を探して、ようやく木の前に辿りつく。
 道は、以前ちはら台に来た時に通った、掘割のある道だった。
 公孫樹の木は、普通のお宅の庭にあった。
 住居不法侵入になってしまうので、通りから眺める。
 村田川沿いを、県営団地のところで人と自転車しか通れない橋を渡って、スーパーベイシアの脇を通り抜けて、田んぼの中の小さな流れ沿いの道に出る。
20151121_千葉市緑区の小路.jpg

 約1kmほどの径は、とても心地よい。
 虫取りの網を持った親子が、遊んでいた。 途中には、桜並木もあり、春先には楽しそう。
 どうやら、大多喜ガスのガス管路の上に作られた、遊歩道らしい。
 ちはら台の大百池公園まで続くこの道は、車の心配がなく安心して歩けるいい道。
20151121_宮崎見晴らし台から.jpg 大百池公園、生実池と巡り、外房線の踏切を渡って、斥候の松の横に出る。
 淑徳大の前から京葉道路の上を渡るころ、日が暮れ始めた。
 大森台駅の近くの、宮崎見晴らし台公園から、蘇我駅の方に夕日が見えた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

姉ヶ崎・長柄・千葉

土曜日
 晴天。
20151121_姉ヶ崎神社.jpg20151121_姉ヶ崎神社東門.jpg 姉ヶ崎神社。
 石段を上ったところにある本殿前には、茅の輪があった。

 東側の門へ向かうと、丁度朝日が射しこんで来ていた。
20151121_姉ヶ崎大神山古墳.jpg 姉ヶ崎神社を、10分ほど東側に行くと、左手に折れ少し下ると、白い標柱が建っている。姉ヶ崎大神山古墳である。細かい石段を上ると、赤い鳥居がある。
 眺望が開け、東京湾が拡がる。ここは、夕方来てみたい。
 ここから姉崎高校までの坂道沿いは、いい景色。ここに建つ家は、毎日素晴らしい景色が楽しめるとは、贅沢だ。20151121_姉崎高横の池.jpg 姉崎高の横にある池。
 向こうに、何か通信設備の鉄塔が見える。

20151121_道の駅.jpg 館山道をくぐって、進んでいくと、何度も通った房の駅の前に出た。
 ここの四つ角は、房の駅のはす向かいにケーキ屋さん、のこる角にコンビニが建っている。
 この房の駅の前から市原ICまで片側2車線になる道(R297)は、通行する車が多くていい商売になるのだろう。
 R297を東へ進むと、直に養老川にかかる浅井橋に。
 真っ直ぐ進むと、小湊鉄道の上総三又駅に出る。
20151121_上総三又駅.jpg

 こじんまりした、改札も無い駅というより、停車場というのが相応しい。
 駅に掲げられた、沿線案内図に、可愛い落書き。こういう落書きは、許せる。
 市原刑務所前の坂を上っていき、うぐいすらいんから海自市原送信所の横を通り、道の駅ながらへ向かう。
 歩いていくと、やたらと多くの犬の声が絶え間なく響いてくる。
 なんと、犬の声は、専門学校ちば愛犬動物学園・長柄ドッグヒルズという所が、その源。
 途中で、「関東道の駅」の道しるべが現れてきて、つい武峯神社へ足を運んだ。
20151121_武峯神社.jpg 道しるべに従って眼蔵寺から左の坂道を登った所で、前に歩いた道だったことを思い出した。
 以前とは、逆方向に歩いている。
 武峯神社には、国土地理院の三角点がある。

 道の駅ながらに寄った後、長柄ダムの市津湖畔の周遊路を歩く。
20151121_長柄川大橋.jpg20151121_大きな鳥.jpg 長柄ダムで作られた人造湖、市津湖は利根川から引いた水を、上水道や工業用水として供給するために蓄える、でっかい調整池。
 今日は、だいぶ水位が低い。

 ダムの放水口側を下って行くと、頭上に大きな鳥がゆったりと旋回している。
 最大望遠200mmのズームでは、なかなか鮮明に撮れなかった。

 続きは、また明日・・・
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

不公正

金曜日
 またぞろ、自動車に新たな税金が掛けられそうな勢い。
 車の燃費性能に応じて、購入時に車両金額に何%かの税金を課すというもの。
 その燃費性能の判定基準は、例のメーカーの叩き出したユーザーでは実現不可能な、「カタログ燃費」。
 燃費が悪い車は、同じ距離を走るに、当然燃料消費量が多くなる。
 すると、燃料消費が多いのだから、燃料を多く購入する。当然、燃料に掛かっている税金も多く払う。

 それにまた、税金を上乗せしようという。
 購入時だけとはいえ、車両価格300万円の車に3%の購入時課税されたら、税額は9万円になる。
 ガソリン価格が約120円だと、750リットル相当額。1万キロ走行する分のガソリン料金を、先に国にふんだくられるようなもの。
 阿漕な税金だ。

 きっと将来、「手動運転車課税」が、生まれるだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

手帳は来年対応

木曜日
 今週から、プライベートの手帳は、2016年版に移行した。
 11月16日から、記録できるようになっていたから。
 手帳は、仕事用と、プライベート用の2つを使用。
 記録するのは、天候とジムでの運動記録。休日に歩いて行った行先。
 困ったことは、手帳が捨てられず、溜まっていくこと。2007年からずっと残っている。2009年までは、貰い物を使っていた。そのころまでは、複数の取引先からいろんな種類の手帳やカレンダーを、年末に貰っていた。
 2011年からは、高橋の手帳を使っている。
 Blogを付けているので、検索すれば殆どの自分の行動記録は追いかけられるが、手帳はBlogの下書きのようなもの。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

ちょっと残念

水曜日
 お昼に五丁目の総菜屋さんへお弁当を買いにいったら、降りているシャッターに張り紙があった。
 閉店のお知らせだった。
 週に2・3回は、あの店のお弁当を買っていた。
 激安の¥250弁当や、量り売りのサラダ等が食べられなくなった。

 とっても惜しい。
 あの店の「ベーコンのマリネ」は、玉ねぎのスライスとパプリカを酢と塩で和えたもので、ベーコンはちょっとだけだった。玉ねぎがたっぷり食べられるので、大好きだった。
 
 さて、明日からは、昼食のバリエーションを、増やす工夫をしよう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

ほかほか

火曜日
 朝は、雲で空が覆われていて、今にも雨が降りそうだった。
 が、とても暖かかった。
 夜は、パラパラ雨が降る。

 フランスパリは、先日の同時テロの影響が大きく、昨日は交通機関や道路閉鎖などで、ほぼ外出禁止状態で、まさに戒厳令下だったらしい。
 テロは、日本で起きていない訳じゃない。
 オウム真理教の地下鉄サリン事故は、世界でもまれに見る化学兵器テロ。
 30年以上前だが、丸の内の三菱地所の爆弾破壊事件もあった。
 日本国内のテロ事件は、首謀者がほぼ同じ民族であることが、かえって気持ち悪い。

 帰宅時に駅前スーパーに寄って、リンゴを一個買って家路の途中丸かじり。

 りんごは、丸かじりが旨い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

いせき

月曜日
20151116_橋の名前.jpg 千葉ニュータウン中央駅の東側に架かる、R464を跨ぐ橋の名前は、「コスモス大橋」。
 ここ4・5年にこの駅周辺に越してきた人たちには、不思議な命名の橋だろう。
 「なんで、コスモス?」と思うに違いない。
 今、あの駅周辺に、橋の名前になるほどのコスモスの花畑は、皆無。
 20年ほど前は、いまイオンモールのある付近は空き地で、あの広大な一帯が毎年秋にはコスモスの花畑になっていた。
 このコスモス大橋も、橋の欄干?が汚れてみすぼらしくなっている。
 この「コスモス大橋」という橋の名前は、既に過去の遺跡になってしまっている。

 平成の大合併の際、新市名に「秋桜市」を推す人もいた。
 もしあの頃、「秋桜市」なんて命名していたら、今頃は物笑いの種になっていたことだろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

秋の天気

日曜日
 午前中、10時半頃になって、夜明け前からずっと降っていた雨が、止み始めた。
 13時頃には、雲が切れはじめ、空も明るくなってきた。
 気温は、朝から高めだったので、7時頃から外に立っていたが、雨が小降りになってきたことも手伝って、寒さは感じなかった。
 14時頃には、青空が見えてきて、陽も射してきた。
 15時半には、雲一つない青空が拡がった。
 全く、秋の天気は、変わり易い。

 こんないい天気の時に、歩けなかったことは、口惜しい。
 今月は、半月が過ぎたのに、歩いた距離はわずかに85km。
 
 ま、いっかぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

雨の休日

土曜日
 朝から雨が降りそうで、今日は歩きに出られない。
 車で、買い物をしよう。
 6時半頃、外を眺めると、雲は低いが薄い。2時間くらいは雨の心配はないとふんで、散歩に出発。
20151114_白鳥.jpg 調整池には、あの2羽の白鳥が滞在中。

20151114_草原.jpg 久しぶりに、神崎川沿いを河原子橋から東へ。


 草原は、枯れて秋色。20151114_NT北環状線.jpg
 小室橋から川沿いを離れ、ニュータウン北環状線の工事現場をみる。
 神崎川を渡る橋は、増設されて片側2車線に対応が済んでおり、ここから船橋CC前までの道路を建設中。
 宗像神社前の高台への段差は、陸橋が架けられるらしい。
 この道から陸橋を上ると、宗像神社の参道の前に出て、左へ緩くカーブを曲がると船橋CC前を通り、ニュータウン中央の北側につながる。
 この道が出来上がれば、R464の混雑を回避できる。

20151114_西福寺.jpg

 白井市谷田の西福寺の公孫樹の名木、乳房公孫樹。
 毎年この時期に見物に来ている。
 見事。 見ごたえがある。
 
 この数分後、雨が降り始めた。とてもラッキーだった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

日本の危機

金曜日
 核燃料サイクルが、破綻しそうだ。
 高速増殖炉もんじゅの管理が杜撰だと指摘され、管理運営資格無しと断ぜられた。
 あれが止まると、日本が大量に保有しているプルトニウムの行方が問題になる。
 なにせプルトニウムの保有国は、技術大国の日本なのだ。
 ロケット技術も確固たるものを持っている。自力で、人工衛星を打ち上げる能力を持っている。
 核爆弾も大陸間弾道弾も、容易に作り出せると、諸外国は考えるに違いない。
 あることないこと論い、日本を攻撃しようとする大国が現れないとは、限らない。

 日本でも核武装をしようと考える輩も、出てこないとは限らない。
 極めて危険だ。
 夏見正隆氏の小説のようにならないことを願うばかり。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

近視眼では困る

木曜日
 行政事業レビューで、河野太郎氏が吠えている。
 腕には、黄色い時計。
 およそ政治家らしくない、機能重視の時計。
 予算の無駄遣いに切り込むには、適任かも。
 「国民にきちんと説明して理解されないことは、認められない。」との趣旨の発言をしているが、先端技術の開発などは、理解できないだろう。
 一見無駄にしか見えないことが、10年20年後に世界を席巻する技術になることもある。

 そんなことより、首相が外遊してあちこちで約束している経済援助は、日本の国益に叶っているのか。
 あれこそ、壮大な無駄ではないの。
 あの額は、10億や20億などではなかろうが。
 桁が違うよね。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

蹴りたい背中

水曜日
 たしか、12年くらい前の芥川賞受賞作の小説のタイトルだ。

 ワシが蹴りたくなるのは、駅のホームや階段で「スマホ」を見ながらノロノロと歩く輩の背中。
 周りが見えていないから、歩く場所も階段や通路のど真ん中。
 「こりゃぁ、端を歩けんのか」と耳元で囁き、踵で蹴り下してやりたくなる。

 日経BPのサイトに、毎週月曜の「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」というコラムがある。
 今週は、マツダの新ロードスターの開発責任者のインタビュー
 その中で、エンジンスタートボタンの配置の話題があり、もの凄い違和感を抱いた。
 ロードスター(ND)のエンジンスタートボタンは、ステアリングの左側に配置されていて、パーキングブレーキを外した左手の形ので、そのまま左手の親指で押せる形にしたと説明している。
 パーキングブレーキを外してから、エンジンを始動するなど、フェイルセーフの考えから言って間違っている。マツダの開発者は、エンジンを始動してから暖機中、ずっとフットブレーキを踏み続けているのか。アホか。
 説明がおかしいのではないか。
 エンジン始動の際は、フットブレーキを踏みこみ、パーキングブレーキが掛かっているいること、ミッションがニュートラルに入っていることを確認してから、スタートボタンを押すんではないのか。
 『パーキングブレーキレバーの位置から、ミッションのレバーを経て、スタートボタンへ左手を流していく』。というのなら、分かる。
 また、エンジン始動時は、勝手にエンジンがフォンって噴き上がらせるようにしたそうだ。
 これも、余計なことだ。
 エンジンを始動し、エンジンの目覚めを確認するために、アクセルを煽って回転上昇を確認するのは、ドライバーの仕事。水温の上昇を待って回転を少し上げ、油圧の上がり方を確認して、エンジンの状態を確認するのは、30年くらい前の車では必ず行っていた。
 昔のチューンUPした気難しいエンジンでは、必須の動作だった。チョークを引かないと始動できないし、水温上昇に合わせて、チョークを戻していく。で、時々アクセルを煽らないと、エンジンがかぶって止ってしまう。
 今どきの乗用車のエンジンでは、まず必要が無い。 
 住宅地の中では、深夜や早朝などには、なるべく静かに動き出したいもの。
 そんな時、勝手にエンジンが吹き上がるのは、迷惑千万。無駄な空ぶかしを、車が勝手に行うように作りこむなど、省エネの観点からも、反社会的。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

秋口の陽気

火曜日
 昨日で、東京モーターショーが閉幕。
 新聞によれば、入場者数は81万2500人。2011年のビッグサイトに移転してからの3回中、最も少なかった。日本自動車工業会は、「閉幕時に天候が悪かったため」と説明。
 そうかな。天候が悪ければ、他の観光地などへ出かけず、モーターショーへ出かける選択をする人が多そうなもの。
 モーターショーでは、三菱自動車のブースが記憶に薄かった。
 よく考えてみれば、三菱自工はあの急なスロープにアウトランダーを置いたり、PHEVのアウトランダーのカットモデルを展示したり、なかなか頑張っていたのを思い出した。
 中でもYAMAHAは、面白かった。
 MOTOライダーは、村田製作所のモデルに近い制御らしい。
 でも、あのロボットで、何を目指しているのかよく判らなかったが、凄い技術だと思う。

 今日は、朝から生ぬるい。
 Yシャツを長袖に変えたら、今日は暑いほどだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

枯れ葉

月曜日
 ケヤキの木の葉が茶色く色づき、枯れ葉は落ち葉となり、地面を覆っている。
 枯れ葉を見ると、秋なんだと実感する。

 ラジオで、「枯れ葉」”イブ・モンタン”を聴く。
 元は、このシャンソンなのだが、この曲はジャズでも多くの人が演奏している。
 ピアノ・トリオだったり、ビッグバンドだったり。
 大好き。

 交通事故のニュースで、山手通りで大学生達が乗ったワゴン車が横転大破したことを、報道ステーションが伝えていた。
 6人乗りの車に、荷室に6人乗って合計12人が乗っていたという。
 定員を越えて乗車していたため、カーブで外側に大きく膨らんだのではないかと伝えていた。
 車はどうやら、トヨタのハイエース。貨物車だから、定員は6名でも定格積載荷重は500kgはあるはず。
 荷室の6名は、約400kg。積載量として超過していたとは、云えない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

今年も来た

日曜日
 20151108_白鳥1.jpg20151108_白鳥2.jpg 今年も、清水口の調整池に、白鳥がやってきた。
 先週31日昼頃、この2羽が来たという。
 ワシが先週池を見た6時頃には、まだ姿はなかった。
 まだ2羽だけだが、ことしは何羽この池に滞在してくれるか、楽しみだ。

20151108_清水口歩道.jpg20151108_火伏の公孫樹.jpg 11月に入り、すっかり秋らしくなった。
 歩道のケヤキ並木。
 折立の来迎寺の火伏の公孫樹は、まだ色づきは半ば。
 見頃は、来週末ではないかと。





20151108_柿.jpg20151108_垣根.jpg 畑の柿木、垣根の木々。
 秋口の色は、まずは黄色。

 
 TVで国立競技場が映ると、どうして解体してしまったのだろうかと、疑問に思ってしまう。
 2020年に東京オリンピックが開かれたとき、56年前に行われた時と同じ聖火台に聖火が灯っているとしたら、どれだけ素敵だろう。
 50年以上の時を越え、同じスタジアムで競える。出場するアスリートたちは、時代を歴史を感じるに違いない。
 日本は、歴史を大切にすると、世界にアピールすべきではないのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

うれしい期待外れ

土曜日
 昨日天気予報を見ると、今日は曇り明日日曜は雨。

 今日はスポーツ施設で、戸外で過ごすため、天候が気になった。
 朝は、雲間から、橙色の朝日が見えた。筑波山が見えてきたので、一日どうやら雨の心配はない。
 午前中少し陽が射すと、ほかほかと暖か。午後から雲が厚くなると、風が冷たくて少し肌寒い。
 夕方には、また暖かさが戻ってきた。

 さて、明日は散歩に出ようかと思っていたが、雨ではそうもいかない。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

息が白くなった

金曜日
 通勤時、電車内で見る人たちの服装が、まだYシャツ姿の人から、ダウンジャケットを着こみマフラーをしている人まで幅広くて面白い。
 日中は暖かくて、上着など邪魔になるほど。
 早朝や夜は、少々肌寒いほどになる。
 今朝は、吐く息が白くなった。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

モーターショーに思う

木曜日
 モーターショーは、アフター4チケットで16時から20時までの4時間で、十分だろうと思って行った。
 が、3日の夜は凄い人出で、思うように見ることが出来なかった。
 但し、黒山の人だかりが出来ていたのは、マツダのRX−VISIONだけ。
 日産のブースは、割とひっそりしていた。隣がルノーなのは、笑える。デザインが似通っている。
 海外のメーカーは、ドイツ(WV・ポルシェ・AUDI・BMW・メルセデス)、イタリア(FIAT・アルファロメオ)、フランス(ルノー・プジョー・シトロエン)、イギリス(ジャガー・ランドローバー・MINI・ラディカル)。
 韓国は無し。VOLVOもロータスも無い。
 国内メーカーでは、光岡自動車が出展していない。オロチの販売が終了したから、次のショーモデルを期待したのに。
 面白い車は、オフロード車のPOLARISと、3輪のスリングショット(2年前にも出展されていた)。

 ブースのディスプレーは、2年前に比べて凄く地味。いかにもお金を掛けていない感じ。
 コンパニオンのお嬢さんたちが、以前に比べて普通の女のコが増えた。
 失礼だが、目を見張るような美女は、激減していた。



 女優の加藤治子さんが、お亡くなりになった。 92歳だとは、少々驚き。
 ご冥福をお祈りいたします。

 ほんわかした、いい感じの「おかあさん」役が多かった。
 40年前に、東宝映画「初めての愛」に、島田陽子の伯母役で出演されていた。
 共演者は、加藤大介、志垣太郎、岡田祐介、加賀まりこ、このへんが記憶に残っている。
 あの映画は、挿入歌が小椋桂さんの歌だったから、見に行った。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

飛び石連休は、いいもんだ

水曜日
 昨日が文化の日で祝日。
 一昨日を休めば、4連休。
 カレンダー通りに休むと、今日は水曜日のため今週はあと2日で土日の休みがやってくる。
 また、週半ばの休日は、ゆったりと過ごせて、気分が楽。
 昨日のように月曜が平常営業日で火曜が休日になると、月曜も「明日が休み」だから、「早く帰ろう」「明日は休みだから、とことん飲んでも大丈夫」「朝まで○○しても平気」と、自由な気分になれる。
 休前日は、そんな気分になる。飛び石連休だと一週間にその休前日が2回になる。

 解放感が、2倍。
 ハッピーマンデーより、得した気分がするのは、ワシだけか。

 今夜、新人歓迎会で使ったお店は、とても心地よかった。
 松戸駅東口のUNOという、イタリヤ料理屋さん。
 約10名で予約したら、個室になったそうだ。
 お店で、「予約した**です」と告げると、店の奥の方の個室へ案内された。
 なんと、普通のリビングのソファとガラステーブルが並んでいる。まるで、自宅のリビングのようだ。
 ピザもサラダもパスタも、オリーブオイルの香りが、とても良い。
 リビングで寛ぐ感じで、とても心地よい時が過ごせた。
 
 松戸にも、こんなにいい店があるとは。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

縮んでいくモーターショー

火曜日  (祝日 文化の日)
 午後4時からの割引料金を利用して、モーターショーを見に行ってきた。
 16時までの時間には、都内(一部埼玉県)を歩いて回った。
 綾瀬駅から、西新井大師、舎人公園を経て、見沼代親水公園を歩く。
 舎人公園は、南西側がまだ工事中。北側に噴水や水生植物が見られる池がある。
 が、あまり見るべきものは無かった。
20151103_見沼代親水公園.jpg 古千谷橋から約1.5km、よく整備された遊歩道が続いていた。
 新芝川は、真っ直ぐな用水路で、サイクリングロードが堤にあるが、一般道との交差箇所を横断することが出来ず、大きく迂回させられてしまう。これでは、楽しくない。

20151103_旧芝川.jpg 新芝川が荒川につながる水門のところには、右岸側からは通過することが出来なかった。が、旧芝川沿いにつながっていて、助かった。
 旧芝川沿いのせせらぎの道は、じつに心地よかった。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

自動運転車について思う

月曜日
 あと数年もすれば、自動運転車が出回って来そうな勢いだ。
 そうなったとき、マニュアルで運転する人とATで運転する人の混在どころか、もっと強烈な事態になりそう。
 自動運転車と、人が運転する手動運転車が、道の上で同時に走る事態となる。
 想像すると、とても恐ろしい。
 自動運転車は、先行する車を追尾して一定の車間距離で走り続ける。
 自動運転車は、前方に車が割り込んできた場合、安全と車間距離の確保のため、自動ブレーキを掛ける。

 高速道路で自動運転車に追尾されたら、自分で運転していたら凄いプレッシャーを感じるだろう。
 車間距離一定でついてこられると恐怖を感じて、スピードを上げる。それにまた自動運転車が、一定の車間距離で追随してくる。
 今そんな運転をされたら、どう感じますか。
 ワシは追尾してくる車を振り切ろうと、必死に逃げる。
 
 自動運転車が、数台一定の車間距離を保って走行している列に、手動運転車が割り込んだら、自動運転車が急に自動運転車が急ブレーキを掛ける。自動運転車に乗っている人はたまったものではない。
 
 道路を走る車が全部自動運転車になれば、問題は解決するのだろうが、それまでの道のりは遠いだろう。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

秋の空

日曜日
20151031_学祭.jpg 今日から、11月。 
 学園祭の季節。
 昨日、市川の千葉商科大では、学生たちが学園祭の準備をしていた。
 9月以降は、イベントのお手伝いが、多くなった。
 今日も、イベントの一日お手伝い。

 昨日とは、打って変わって、爽快な青空が拡がる。
20151101_秋空.jpg 15時頃、南の空に鳥の様な雲が見えた。

 陽射しも、夏のような暴力的な強さはなく、柔らかで心地いい暖かさ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする