2016年04月30日

田植・時計店・藤

土曜日
20160430_朝日.jpg 5時、既に日は高く、散歩に不自由は無い。
 清水口の調整池に、カルガモの親子4羽が滞在中。

20160430_折立の来迎寺.jpg 5月8日(日)に白井七福神菖蒲祭りが開催される、折立の来迎寺に行ってみた。
 菖蒲は、既にだいぶ咲いている。
 咲いている黄菖蒲は、まだ一輪だけだけど、祭りの当日には満開が期待される。
 布袋様の周囲には、花が一杯。
 
20160430_田植え.jpg 今井の桜の周囲には、田植えが済んでいる田んぼもあった。
 我孫子市新木の田んぼでは、田植えの真っ最中だった。
 苗は専用のトレイでビニールハウス内で育てられ、軽トラで運んでくる。
 苗を田植え機にセットしたら、あとは田植え機の運転操作を見守っているだけ。
 田植機のスピードは、たいしたものだ。4条植でも、12人力位の能力。

20160430_時計店.jpg 木下の成田線の近くにある、伊藤時計店。
 柱時計や、歯車の見える時計が、飾られている。
 ショーウィンドウの左上に飾ってある、木の時計は凄く古そう。でも、ちゃんと動いている。
 店の中では、時計の修理作業中のようだ。

 時計店の先の踏切を渡り、万葉公園へ登って行くと、円形の藤棚があった。
20160430_万葉公園の藤.jpg 

 千葉トヨペット高花店の1Fに、トヨタ2000GTがディスプレイされていると、先日同じ会社の部長が言っていたので、行ってみた。
 あった。
 アイボリーホワイトの、2000GTが鎮座している。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

意外なレース

金曜日 (祝日 昭和の日)
 今日は、筑波サーキットで催された、第24回JAPAN MINI DAY IN TUKUBAへ。

 1000CCや1300CCの、FFのパイオニアと云える、古いMINIの集まるイベント。
 メインイベントは、100分の耐久レース。
 古いフォーミュラカーの、レースもあった。

 古い貴重な車なのだから、レースとはいってもゆったり車を労わって走ればいいのに、皆走り出せばやはり熱くなる。
 なかなかエキサイティングな走りっぷりだった。
 結構荒れたレースになり、赤旗中断や、車が宙を舞ったりした。
 幸いなことに、ワシの居たポストでは全くトラブルが無く、平和そのもの。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

素晴らしい写真 出来の悪いカード

木曜日
おでかけ日和表紙.jpg 新京成線が、沿線の情報を掲載した、小冊子「おでかけ日和2016」。
 この表紙を飾る写真が、素晴らしい。
 モデルは、今SONY損保のCMのイメージキャラクターを務める、唐田えりかさん。
 表紙の他、冊子の中に数枚の写真がある。いずれも、新京成のみのり台駅で撮影されている。
 みのり台駅の、ちょっと古い木のベンチ。
 透き通るような表情。
 とっても、いい。 

 冊子を手に取り、五香の駅から自宅まで、ずっと見とれていた。
 

 新京成さん、よくやった。すごいよこれ。


 マイナンバーカードを、市役所へ受け取りに行った。
 昨日、市役所に電話して、受け取りの時間帯を予約。その際、市役所から届いた「マインナンバーカードのお受け取りについて」というプリントの右上に印刷されている、番号を聞かれた。
 なかなか、手続きが難しい。
 市役所へ行き、マイナンバーカード交付専用の窓口があり、そこへ行く。
 本人確認のモノとして、免許証を提示。窓口の大きなタッチパネルで、暗誦番号を2つ入力。
 たいして待つことなく、マイナンバーカードを受け取った。
 正直いって、がっかりのデザイン。
 券面の表には、顔写真と氏名・住所・生年月日と有効期限、「白井市長」の文字と電子証明書の有効期限が記載されている。顔写真のサイズは、提出した写真の半分位の大きさ。
 裏面には、個人番号と生年月日、個人番号カードコールセンターのナビダイヤルの番号。
 磁気ストライプと、ICチップの接栓がある。
 国家が個人を証明するカードなのに、発行元の国名の記載も無い。
 どこかのお店の、メンバーズカードの方が、よっぽど気が利いたデザインだ。今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

今日から連休

水曜日
 なんと、今日から連休に突入する。
 先日の徹夜分と先月の土日出勤の、二日分の代休を今日明日に取得。5月6日は年休。
 次に出社するのは5月09日(月)、驚異の12連休。


 三菱自工の燃費偽装問題は会社の姿勢としては問題だが、燃費性能のメーカー公表値などワシは端から信じていないから、車自体の性能値として別段問題とは思わない。
 もともと三菱の車の実測燃費は、カタログ値に達しない幅が他社に比べ大きいのは、良く知られたことだ。
 カタログ値の燃費を鵜呑みにして車を選ぶなど、愚かなことだ。
 自動車雑誌の、実用テストの結果を参考に判断するのが、当たり前だろう。
 燃費なんて、運転の仕方で、もの凄く変わってしまう。


 今日は、雨の心配はないから、のんびり歩く。
20160427_はてな.jpg20160427_田んぼ.jpg 6時頃出発し、8時頃桑納川と新川の合流点に着く。
 一部の田んぼには、水か張られていて、足の長い鳥がいた。
 もう田植えが済んでいる田もあった。

20160427_新川沿いのツツジ.jpg20160427_花見川の桜.jpg 新川沿いは、植樹された桜も見事だが、桜の下のツツジも見事なもの。
 成田街道を越えると、川は花見川になる。川の流れも反対に海へ向かう。
 花見川の成田街道と弁天橋の間には、川沿いの八重桜が花びらを散らしている。
 
 9時頃、弁天橋に着く。ここから、花見川沿いのサイクリングロード。
20160427_花見川サイクリングロード.jpg
 新緑が、清々しい。

 この緑の中の道は、柏井橋までの約2kmしかない。
 歩きなれると、短く感じる。

20160427_ゴルフ練習場.jpg
 二重川沿いから帰宅の際、普段はJRA競馬学校の中を通るのだが、ちょっと気が変わって木下街道を渡ったところで、ゴルフ練習場を通った。
 すると、駐車場の中央に、見事な藤の木が有った。
 木の丈は低いが、花の房の豊かさ、花の色艶は、とても見事。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

気持ちいい道

火曜日
20160424_マラソン道路.jpg 習志野のマラソン道路。県道57号線の信号で、この歩道の広い道路と交差する。
 車道より広い歩道が、京成大久保駅に向かって左側に続いていて、桜の並木が見事。
 この歩道部分は、戦前、鉄道第二連隊が演習用に使用していた軌道の跡。緩やかにカーブしていて、歩きやすい。
 先日は、御成街道の所で左へ折れ、実籾本郷公園へ向かった。
20160424_鴇田家住宅.jpg
 実にキレイに整備されている。 ここに来たのは、3回目くらいか。
 手前の運動公園では、小学生らしい子供たちが、ユニフォームを着て野球の練習をしていた。
 のべつギャーギャーと、声を上げている。ワシは、あの喚き散らしながらゲームをするところが、野球の嫌いなところだ。
 テニスやゴルフで、ゲーム中に、対戦相手を揶揄するような言葉を発するか。
 ラグビーやサッカーで、柔道や剣道で、1500m走や走り高跳びで、・・・・。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

香りの強い花

月曜日
 北海道5区の衆院選補選の自民党候補は、義理の父親の跡を継ぐ「世襲」ではないか。 全く古臭い。
 地盤・看板を引き継いだ候補が、勝ったとはいえ僅差だったのは、どう見るべきか。


20160423_藤の花.jpg
 GW近くなると、藤の花が咲き始める。紫色、白、赤紫と、数種の藤がある。
 見えなくとも、あの強い香りが漂ってきて、直ぐに判る。
20160423_蜂.jpg 藤の花が咲いている所には、ずんぐりした大きな蜂がブンブンと羽音を立てて、飛んでいる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

千葉港の旅客桟橋

日曜日
 先日、東京新聞のサイトで、千葉港に旅客桟橋ができたとの記事を見たので、見に行った。
 稲毛の浜からポートタワーを目指して、てくてく歩いて行った。途中、山崎パンの工場の近くでは、香ばしいいい匂いがしてくる。
20160424_ケーズハーバー.jpg
 わりあい、こじんまりした施設。遊覧船の桟橋が、一つだけ。
 板張りのデッキは、歩いて気持ちい。芝生もキレイ。
20160424_ケーズハーバー2.jpg ケーズハーバーという複合施設は、出来立てで賑わっている。2F建てで、それほど大きなビルではない。
 2Fに登ったが、まだ準備中のお店が多い。
 1Fのカフェの、丸のままのグレープフルーツにストローが刺さった、グレープフルーツジュースはちょっと惹かれる。
 1Fにも2Fにも、オープンデッキのカフェがあり、ゆったり楽しめる。
 モノレールの千葉港の駅から、歩いて5分ほど。
 千葉ポートタワーに行くとき、ここに寄ると丁度いい感じ。
 
 これまで千葉港には、ポートタワーしか遊べる場所が無かったが、ぐっと楽しめるようになった。

 朝の出発時刻が、8時半にずれ込んだことが、惜しい。5時に出ていれば、午前中には着いていたはず。
 午後にはコナミスポーツクラブ五香で、Bay−Fmを聴きながら汗を流せたのに。
 それでも、天気が良ければ、夕陽をこの桟橋で見物できたのに。
 ちょっと、ついていなかったか。
 ワシ、今年本厄。 厄払いに行った方が良いかなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

春・春

土曜日
20160423_梨畑.jpg 梨の花は、まだまだ楽しめる。
 ある梨畑は、細かな紫色の花が、びっしり咲いている。


20160423_神崎川.jpg 神崎川沿いを久しぶりに歩く。
 神崎川も、川沿いに菜の花が咲いている。
 気のせいか、今年は川沿いに菜の花が多い。
 例年なら、川を鯉が昇る頃なのだが、さっぱり鯉の姿は見えない。
 
20160423_蝶々.jpg 川沿いを行くと、蝶々が沢山いる。
 カエルの声が聞こえる。 気をつけて歩くと、カラスのいる付近ではカエルの声はしない。
 カエルは草むらの陰に隠れて鳴いていて、なかなか姿を見つけられない。
 鳴き声を聞いていると、3種類位の違う声が混ざっている。

 コナミスポーツクラブ五香で、「カエルの楽園」を読んでいる人がいた。
 売れているみたいだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

徹夜

金曜日
 システムの確認作業が、はかどらない。
 10時頃から開始して20時を過ぎても、まだ半分位しか終わっていない。
 1システムで1時間+1時間×端末数の時間が掛かる。
 こりゃ、終了予定は明朝5時頃だろう。

 でも、実質作業時間は、20分+20分×端末数。2/3は待ち時間。
 おかげで、持って行った小説「潜航せよ」は、待っている間に読み終えてしまった。

 予想通り、4時頃作業完了。
 亀有駅前のなか卯で牛丼で朝食を摂って、最も早い電車で6時05分最寄りの西白井駅に帰着。

 と、この日記も、帰宅した23日の6時半頃記している。 トホホ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

あほか

木曜日
 三菱自工の燃費不正が発覚。
 新聞やネットの日経BPを見た正直な気持ちは、「騒ぎ過ぎ、何がそんなに問題なの?」。
 メーカーが公表している燃費数値が、「達成不可能な目標」に過ぎないことは、周知の事実だろう。
 色んな自動車評論雑誌の実車テストで、カタログ数値を達成した車が、かつてどれほどあったか。
 なんだか、VWの排ガス偽装と同列にあげつらっているが、問題ははるかに軽微だろう。

 三菱自工だから、メディアがこぞって吊し上げているように見える。
 何かあると、トコトコン責める。
 こんな報道をするから、『報道の自由、第72位』なんじゃないの。

 同じ日経BPで、「テスラと日産、売れ行きの差に見るEV市場」が掲載されていた。
 ごちゃごちゃ分析しているが、一目見て「欲しい」と思えるかどうかの差だ。
 いろいろ説明しないと、魅力が伝わらないような商品が、売れる訳が無い。
 それは、「象の墓場」で、楡修平氏が書いている通り。
 日産のリーフは、パッと見て魅力が無い。
 内包する性能が、目で見て感じられるような、姿形をしていない。

 今回の三菱自工の「燃費偽装」を暴いたのは、日産自動車。
 全く皮肉だ。沈みゆく者が、まるで道連れに泥沼に引きずり込んだようだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

熊本だからまだ

水曜日
 地震対応の救援物資輸送や、避難所への支援実態、各企業の対応を、各種の報道で見ると、東日本大震災後に大騒ぎしたBCPがさっぱり有効に機能していない。
 救援物資の食料や水は、多くのゴミを生み出す。
 ゴミは、平常時なら定期的に収集され、ごみ処理場に搬送され焼却される。
 ところが、焼却場が震災の被害で稼働できない。道路が寸断されたり、収集を担当する人が被災して収集車が運行できなかったりして、ゴミの収集が出来なくなっている。
 被災地が熊本で人口が少ないから、この程度の混乱度合いで済んでいる。

 もしこれが、東京都の山の手圏内で起きていたら、どうなっていただろうか。
 想像さえ、したくない。
 道路が寸断され、水道が電気が止まり、鉄道のほとんどが運行不能になり、携帯やLTEの基地局が被災してスマホが通信不能に。
 橋が落ちて、都内へのアクセス道路が無くなる。歩いて帰宅しようとしても川が渡れず、都内でじっと待つしかなくなる。
 あっという間に、備蓄食糧は底を打つ。
 都内に集まっている人間の中には、地方の人間と違って権利ばかり主張するモンスターが多くいる。
 東北や新潟や九州のように、整然と避難生活が行えるとは思えない。
 多くの外国人旅行者は、どういう振る舞いをするか、知れたものではない。
 流言飛語が飛び交い、大混乱に陥るだろう。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

radikoで聴く

火曜日
 東京メトロの地下鉄線内では、AMラジオに電波が届かず聴こえない。
 北千住駅で地下に潜るので、AMラジオを切り、スマホのradikoを起動し聴いていく。
 事務所ビル内でも、AMラジオはLANやパソコン機器の発する電磁ノイズの影響で、聴取に堪えない。
 FMラジオでも聴けるから、古い携帯のFM受信機能で「ワイドFM」を聴いている。
 このため、スマホの電池の消耗が、早くなった。
 radikoは、移動すると電池の消耗が早くなる。おそらく、移動による基地局の切り替え時に、多くの通信が発生するためだろう。
 
 さて、百田尚樹氏の「カエルの楽園」は、2回読んでしまった。
 明日は、何を読んで通おうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

歩数が減る

月曜日
20160416_大津川.jpg 柏市藤心付近の、大津川。

 日々の通常生活時の歩数が、4月に事務所移転から減少した。
 亀有勤務時は毎日ほぼ1万歩だったが、4月以降は約7千歩未満。
 駅から事務所ビルまでの距離が短いのと、エスカレーターの利用箇所が多いため。
 知らず知らずのうちに、運動量が減っていく。
 これは、恐ろしいことだ。

 これを何処でカバーするか。
 朝の通勤時に、千駄木や西日暮里から歩く。昼休みに、神保町の書店街や、神田の駅前、秋葉原へ行って過ごす。
 お茶の水から神田の駅まで歩いても、高々10分程度でしかない。
 秋葉原駅なんて、往復しても10分。

 都内は、狭いのだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ジェットコースターのような天気

日曜日
 明け方の外は、雨上がりだった。
 9時半頃から、強い風に雨が横殴りに降り、いささか寒いほどになった。
 11時頃、雨が上がったかと思ったら、正午過ぎにどっと雨が降り始める。
 2時頃には、陽が射す中雨が降り、路面はさっぱり乾かない。
 3時頃になると雨が上がり、強い日差しも相まって、汗ばむ陽気になった。
 全く、寒かったり、暑かったり、忙しい天気の一日。
 
 サーキットのコースサイドにある緩衝材のスポンジバリアは、幅2m×高さ1.2m×奥行0.8m。
 これが、風に煽られて、倒れる走る空を飛ぶ。
 車やバイクがコースアウトしたとき、ガードレールに激突したとき緩衝材として機器や体の損傷を防ぐために設置されている。
 コースの路面に出てくると走行の邪魔になり危険なため、安全の確保のため直ぐに位置を修正しなければならない。
 スポンジだから、雨を吸うと凄く重くなる。
 細かい土砂がスポンジの隙間に入り込んでいて、引っ掴んで動かすとスポンジに入り込んでいた細かい土砂や粉末状のスポンジが舞い上がり、頭から浴びることになる。
 それが目に入って、とても痛い。
 スポンジバリアを移動する際には、体で押したり足で蹴とばしたりする。ズボンや服は、ドロドロになる。
 トレッキング用のストレッチパンツは、直ぐに乾き、泥は叩けば落ちるから実に都合が良い。

 コースオフィシャルの装備は、山歩き用がちょうどよい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

ついでに新京成の第58回沿線健康ハイキング

土曜日
20160416_梨棚.jpg20160416_金山落.jpg





 梨畑。
 棚に枝を括り付けるため、花が絨毯のように広がる。
 冨塚付近の金山落としは、まさに春の小川。
 西輪寺は、境内に桜の木があり、地面は桜の花びらで埋め尽くされていた。

 柏市逆井に、カタクリの群生地がある。行って見たが、カタクリはさっぱり。
20160416_観音寺.jpg 逆井の観音寺。
 牡丹の花が、咲き始めていた。
 まだまだ早い、ようやく開き始めた感じ。黄色い花は、まだ蕾。
 一週間後は、きっと見頃だろうなぁ。
 観音寺の境内には、枝垂桜もツツジも咲いている。
 
20160416_松飛台さくら通り.jpg 新京成の第58回沿線健康ハイキングのテーマは「春の芽吹きを探して 桜を愛でる道を歩く」。
 そのコースの一部、松飛台のさくら通り。並木の桜は、殆ど散ってしまっていた。
 八柱霊園の中には、八重桜が咲いていて楽しめた。
 市立松戸高校の前の門から、さくら通りに戻ると、右手の霊園から桜の花びらが舞ってくる。
 新京成の紙敷車庫がハイキングのチェックポイントで、記念品引き換スタンプを押す。

 同じフリーハイキングを楽しんでいる数名の老人の一団が、車庫前の道を強引に横断する。
 歩道があるのに、車道をダラダラと歩く。全く、交通規則を守らない。あかんなぁ。

20160416_春木川.jpg 春木川沿いは、菜の花の黄色と桜の色が、とても華やか。
 20160416_モノレール.jpg
 ここ、こんなに菜の花があるとは、知らなかった。先週来たらサクラの花も一緒に楽しめたのに、惜しいことをした。
 春木川沿いに、見覚えのある車両が置いてあった。
 ついこの前まで走っていた、千葉都市モノレールの車両。
 昭和の杜の、新たなコレクションだ。

20160416_こいのぼり.jpg 八柱霊園の手前の家に、立派な鯉のぼりがあった。
 そろそろ、あちこちに鯉のぼりが見られる頃か。

20160416_子和清水.jpg 新京成の第58回沿線健康ハイキングの見どころの一つ、子和清水。
 常盤平のさくら通りも、既に桜は散ってしまっていた。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

年寄りは子供に寛容ではないのか

金曜日
 朝から清々しい、いい天気。
 電車の窓の外の景色は、桜の花はすでに散りはて、梨畑の棚の梨の花が真っ盛り。
 しばらく電車の中では、本を読んでいて景色の変化に気づかなかった。
 亀有の事務所への道すがら、ハナミズキが咲いている。

 このところ、園児の騒音の問題から保育園の新設が見送られるケースが、あちこちで起こっていたことが報じられている。
 市川に続いて、天王台でもあった。
 保育園を待望する人達と、間近に騒音を感じる人たちとの、利害の対立である。
 それにつけても、年寄りが幼子の声を不快に思うのは、いささか悲しい。
 自宅に孫がいて、子供たちが集まって遊んでいる家なら、気に障ると感じることも無いだろう。
 間近に保育園が出来ても、そこの園児たちが保育園の周辺の子供たちとは限らないから、その元気な声を寛容に受け止められないのではなかろうか。
 自分の孫が通う保育園を、「喧しい」という爺婆がいるとは思えない。
 また、生活騒音について、やたらと厳しいと思う。
 こんな調子では、街中で機械を使う商店は、早晩やっていけなくなる。
 生産活動に伴う「音」を、活気と思わず「騒音」を切って捨てる。
 こんなことでは、地方創生などおぼつかない。
 
 少子化対策は、国家政策なのだろう。この保育園開設問題は、ぜひ国が主導して仲裁し解決してほしい。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

サクラにとどめの雨か

木曜日
 昨夜から降った雨は、桜の花を散らせる雨になったか。
20160409_松山下公園近くの桜.jpg 先週土曜日、早くに咲いた桜をようやく見に行けた。
 さすがに、この雨で今週末は、もう桜の花は見納めになるか。20160409_梨の花2.jpg ソメイヨシノはもう終わりだが、八重桜はこれからの種もある。
 梨も、種類が多く、まだまだ楽しめる筈。

千葉市桜木霊園
20160410_千葉桜木霊園.jpg
 四街道から、千葉市に入り歩いていくと、千城台のモノレールを越えた先で、「小桜橋通」という標示が見えた。
 千葉メディカルセンターを過ぎて、右手に桜の木が見えたので通りから外れると、霊園があった。
 起伏に富んだ土地に、墓地が広がっている。船橋市の馬込霊園とよく似ている。
 幹の太い桜の並木と、カイヅカイブキの老木。ここまで幹が太くなるのに、何十年かかったのだろうか。
 20年くらいでも、幹の太さは10cm程度にしかならない。
 
 今週末は、梨と牡丹の花を見に行こうか。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

チューリップ

水曜日
20160413_花壇.jpg 早いもので、チューリップがあちこちで咲いてる。
 団地の近くの花壇にも、チューリップが植えられている。
 
 チューリップは、小学校1・2年生の頃、学研の科学の付録の球根を植えた。
 毎日水をやって、花が咲くのを楽しみにした。
 なんとなく、チューリップは子供向きの花という気がするのは、偏見だろうか。
 
 小さいころ沢山のチューリップの花を見たのは、新潟への電車の窓からだった。
 球根を取るためのチューリップ畑。同じ色のチューリップが、延々と続く。
 単純だけど、圧巻だった。
 
 あのチューリップ畑は、もう住宅地に変わっている。

 先日、冷蔵庫の自動製氷器の周囲が破損したらしい。製氷器の裏のポリプロピレンのパイプが脱落した。
 止む無く、製氷機能の利用を中止し、プラスチック製の製氷皿を買って来て使い始めた。
 製氷皿で作った氷のほうが、キレイだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ゆったりのんびり、でも仕事はきっちり

火曜日
 20160412_CAT1.jpg 今日は亀有の試験室に朝から籠り、システムの設定確認と動作テストを行った。
 7時前に事務所に出ると、当然のように一番乗り。
 雑音が無く、ゆったり落ち着いて仕事に掛かれる。先月までは試験室の隣に事務所があったので、結構割り込みがあったが、今日は電話も少ない。20160412_CAT2.jpg
 試験中に、データ送信などで、間が開くことがある。
 そんな時は、スマホでFacebookにアクセスして、時間つぶし。
 でも、効率良く仕事が進み、明日の分まで消化。
 
 昼食中に、電話があった。
 「15日(金)と17日(日)は、空いていますか」。天王台の御大からだった。
 さすがに金曜日は無理なので、17日は応諾した。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

状況の変化

月曜日
 土日の歩数記録は、スマホを使った。
 その訳は、歩数計の表示が消えていたから。
 それで、今日は電池交換。
 前回の電池交換から2年程度しか経っていない筈だ。
 土日は、スマホの歩数計を使用。
 今日、電池を交換すると、初期の画面が表示された。

 昨日の「長足」のために、脚の筋肉が凝り固まって、自分脚じゃないみたいだ。
 ジムに来れず散歩に出れなかったこの約一ヵ月で、体の状態が変わってしまったようだ。
 筋力が低下。汗の量が減った。
 2・3年前は、少々ブランクが有っても、直ぐに以前の状態に戻ったが、元へ戻すことは出来るのか。
 以前出来ていたことが出来なくなる、これが「老化」だと言える。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

久しぶりの長足

日曜日
20160410_臨時バス.jpg まず、吉高の大桜を見に、印旛日本医大駅へ。
 印旛日本医大駅には、コンビニすらない。
 なんとこの土日印旛日本医大駅前から吉高の大桜まで、臨時の無料バスが運行されている。
 駐車場の問題や、途中の道の安全を考えると、いいことだろう。

 ワシは、まず松虫寺へ。
20160410_松虫寺.jpg
 ソメイヨシノは、もう散っているが、枝垂桜が艶やか。いつ来ても、いいところ。
 カフェの前を通り過ぎ石段を下って竹林の中の坂道を登り、大桜への入口に着く。
 峠の茶屋に印旛日本医大駅から、約40分。
20160410_吉高の大桜.jpg
 7時前で、無料送迎バスの運行前だが、もう沢山の人が見物に来ている。
 大桜は、少々散り始めているが、見事に咲いている。まさに見頃。
 今年も、いい感じの時に来ることが出来た。
20160410_迎福寺.jpg20160410_捷水路.jpg 7時ちょうどに迎福寺。
 印旛捷水路沿いを双子橋まで歩く。7時40分に双子公園に到着。

20160410_印旛沼沿い.jpg 印旛沼沿いのサイクリングロードの桜は、殆ど散ってしまっている。
 佐倉市のコミュニティバスが、走っていく。おそらく、これから行く先を巡っているバスだろう。
 「尚子・裕子コース」という、ジョギングコースの道しるべのあるところで、サイクリングロードを離れて草ぶえの里の方へ向かう。
20160410_佐倉市民の森.jpg
 佐倉市民の森には、8時半に着いた。開門前の為、この茅葺屋根の住宅の見学は出来なかった。
 隣接する広場の桜が、素晴らしい。
 くさぶえの里は、開園準備中。
 建設業安全教育センターの桜が、満開だった。

20160410_岩名の仁王尊.jpg 岩名の運動公園の陸上競技場と小学校の間を通り、岩名の仁王尊へ。
 途中の林の中の道は、懐かしく心地よい。
 仁王尊の斜面は、擁壁工事のコンクリートが、程よく風雨で色褪せて、目立たなくなっている。

 佐倉城址公園。 
20160410_佐倉城址公園.jpg
20160410_歴博の小鳥.jpg 

 今日の目的地の一つ、吉岡の福星寺。
 20160410_吉岡の福星寺.jpg
 この枝垂桜を見たかった。でも、ちょっと遅かった、残念。

 来年は、見られるかな。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

サクラ・桜

土曜日
 1ヶ月ぶりに散歩に出ると、すっかり春になっている。
20160409_サクラの花びら.jpg 沢山花が咲き、モンシロチョウがタンポポの花に遊び、木々には薄緑色の若葉が芽吹きだしている。
 ひらひらと舞う蝶をみていると、「ああ世の中みんな生きている」と、涙が出そうになる。
 こんなことに感傷的になるとは、すっかり年を取ったものだ。
 桜はもう散り始めていて、道は水玉模様。20160409_梨の花.jpg もう梨の花が咲き始めた。
 

 市内の桜の名所を訪ねて歩いた。

 金山落とし沿いの今井の桜は、丁度見頃。
 一昨日の雨で、金山落としの水面が高く、水面には花筏。
20160409_今井の桜.jpg


 延命寺は、観音堂の裏の木々が大胆に剪定されて、通りから観音堂が良く見える。
 浦部の鳥見神社から観音堂へ下り、永治の大六天神社へ。
20160409_延命寺の桜.jpg


 手賀沼を一望する丘の上に、桜が咲き誇る。
20160409_大六天.jpg

 
 松山下公園を通りぬけ、和泉の宝珠院観音堂から泉倉寺へ。
20160409_光堂.jpg20160409_泉倉寺.jpg 宝珠院観音堂も、お堂の奥に桜が咲いていたのに驚く。
 細い曲がりくねった小路を抜けると、泉倉寺が見える。
 枝垂桜が、艶やかな色。

 久しぶりに歩いたので、散歩をこの辺で切り上げ、ニュータウン中央駅に向かった。
20160409_ビジネスモール.jpg ビジネスモール内の、データセンターの建物周囲に、桜が植えられ公園のようにしつらえてある。
 でも、こんなところには誰も近づかない。銀色のオブジェが、まるで墓場の様で、人を寄せ付けない冷たさを醸し出す。
 竹中工務店の研究所には、桜が見事に咲いているが敷地内に近づけず、桜の下から眺めることが出来ないのが惜しい。

 一ヵ月ぶりに歩くと、もう暑くて汗をかくほど。僅かな間に、一挙に季節が進んだと感じた。
 陽射しが強くなり、そろそろ日焼け対策を講じないと、昨年のGW前のように火傷のようになってしまう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

明日は何処へ行こうか

金曜日
 明日は、久しぶりに、何の予定も無い休日。
 
 桜を見に、歩きに行きたいが、何処へ行くか迷う。
 天候は良さそう。
 今年は、この土日がラストチャンス。
 都内はもう、終わっているだろう。

 うん、贅沢な悩み。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

散りはじめ

木曜日
20160406_sakura1.JPG20160406_sakura2.JPG 朝、最寄りの駅から見る桜。
 今年は、全く桜を眺めに歩いていない。
 今日は、雨の予報。その雨で、桜の花は散ってしまうかも。

 昨日鹿児島鹿屋基地を飛び立った自衛隊機が行方不明になり、大規模な捜索が行われている。
 自衛隊機には各種の発信機が搭載されており、飛行位置などは詳細にリアルタイムで把握されているのではないのか。
 この捜索活動は、他国に対する日本の航空管制能力を隠すための、ポーズじゃないのだろうか。

 さて、TV朝日は22時台に「報道ステーション」を放送していない。
 古館氏が去ったら、及び腰か。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

人口一億

水曜日
 「一億総活躍社会」の目的は、人口一億人を維持することなのか。
 「活躍できる、余裕ある社会」なのか、それとも「活躍しないと生活できない」、余裕のない社会なのか。
 何のための。人口一億なのか。
 根本的な目的が、明確にされていないと思うのは、無知なワシだけか。

 一家の生活を維持するために、一家全員が働かなくてはならないとしたら、生産性が極めて低いということだろう。まさに、貧乏暇なし。
 
 地方の疲弊は、地方に仕事が少なくなってしまって、経済活動が縮小しているせい。
 エネルギーも食糧も輸入に依存して、国内の生産活動が低下していく。
 生産拠点である地方は、ますます経済規模が縮小し、労働力を必要としなくなり、若者は生活が成り立たない。 勢い、都市部に若い人口が集中し、保育施設が不足する。

 全く、悪循環。
 なんとかしろよ、日本の政治家たち。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

さて、4台目の車は

火曜日
 117クーペを買った後、次の乗用車を買うまでの間に、3台ほど車を購入し保有した。
 25歳の夏に自動車レースのクラブのクラブ員になり、僅か20名ほどのクラブでレースなどのスポーツイベントを主催しようと、オフィシャルライセンスを取得。
 レースに出場し、サーキットにコース員や計時委員で参加。役務実績を積み、JAFの上級試験を受けて、計時のコースA2ライセンスを取得。
 コースのオフィシャルライセンスは、レースの参加実績によってドライバーの国際ライセンスを取得し、申請によってコースA2を取得。
 この辺りで、いつの間にかレースのクラブの主要メンバーになって行き、クラブイベントのためにいすゞエルフのルートバンを購入。 
 9人乗り積載量1トンの、テールゲートが観音開きの、とても使いよい貨物車。
 1500ccだから、力は無い。高速道路は、100km/hで走行するのがやっと。
 でも、不思議に疲れない。エアコンはついていないが、外気導入がとても良いので、真夏でも走っていれば暑くない。足元からも、外気がガンガン入る。リヤにもヒーターがあり、冬も寒くない。
 エルフのルートバンは、結構日常に使用した。
 会社の仲間で那須にスキーに行くとき、このエルフを出した。
 スキー場の手前で、突然の吹雪で視界が遮られ、急に目の前に現れた除雪車に衝突。
 足元に、除雪車の鉄のドーザーブレードが見えた。
 あとで車屋さんが言うには、「フレームのしっかりしたエルフだから、ケガも無く済んだのだよ。ハイエースやキャラバンだったら、運転席まで潰れてしまって両脚骨折は必至」。
 とにかく丈夫な車。
 タイヤのスタッドボルトは、左右で逆ねじになっていて、走行時のタイヤの回転で緩まない設計。
 この車でも、レース用のサニーを牽引して、サーキットやオフロードコースに行った。
 このエルフルートバンは、結婚する直前まで所有した。
 クラブのトランスポーターのため、カラフルなペイントとカッティングシートでクラブのロゴを貼りつけた。
 ロゴは、会社のCADで下絵を作成し、カッターで切り抜いた。
 工場から現場に、こっそり部品の輸送をしたこともあった。
 工場の守衛さんは、あのエルフで駆け付けたワシのことを、運輸会社の運転手と疑わなかった。

 この頃、競技用のサニーと、乗用の117クーペと、このエルフルートバンの3台を同時に所有した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

新しいビルの住み心地

月曜日
 新しい事務所のビルが、何時から入館できるか不明だったため、少々時間を調整し7時過ぎに着くように行った。
 どうやら、7時前でも通常に入館できるらしい。
 セキュリティがちがちのビルで、あまり住み心地は良く無さそう。
 湯沸かし室が小さく、広いフロアに一箇所だけ。他社と共存するフロアのため、少々遠慮してしまう。
 事務所内には、電気ケトルが置かれていて、水さえあれば直ぐに湯が沸かせる。
 コーヒーは、自前のインスタントを飲みたい。
 ただし、カップを洗うのは、共用の湯沸かし室に行って他社の人と一緒になり、気恥ずかしい。
 サーキットへ通う時のように、ポットの湯を持ち込み、紙コップで飲むとしようか。

 ビルの周囲をちょっと回ってみたが、コンビニは多いが食堂は少ない。
 立ち食いそば屋が、近くに無い。靖国通りを渡ると「ゆで太郎」があった。
 靖国通りの神田側に行けば、食堂も多そうだ。
 
 秋葉原もお茶の水も神田駅へも、歩いて10分圏内。

 時間をかけて、お店を探すとしよう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

今日も筑波 3台目の車は117

日曜日
 今日も御大が招集し、筑波サーキットへ。
 この土日は、茂木と富士スピードウェイでビッグレースがあるため、4輪レースのオフィシャルが双方に取られ、筑波に行ける者が殆どいない。
 結局人手不足で、非常に手薄な状況。公認のレースを行える体制には、到底達しない。
 コースポストは、1名。ちょっと大きなトラブルが発生すると、記録はおろか連絡もままならない。
 今日の筑波のイベントは、レースのをなぞった非公認のインチキなもの。
 本来、正規のオフィシャルライセンスホルダーは、携わってはいけないイベントだ。

 さて、走っている車を見ていると、また自分でも走りたくなる。

 自分で所有した車の3代目は、いすゞ117クーペ、PA95。
 量産型の角型4灯ヘッドライトの1800XC、OHCエンジンの電子制御燃料噴射モデル。
 ジウジアーロデザインの、ヨーロッパ風の車。ちょっと女性的な線の細い感じで、今見ても美しい形。
 (三咲の、某酒店の倉庫に鎮座している)
 エンジンが1800ccのOHCだから、それほど強力な馬力がある訳ではなく、加速力は並みの乗用車だった。ところが、高速域での安定性は高く、ストレスなく高い速度を維持できた。
 昭和54年当時の車としては、速度計が正確で(当時の国産車は、100km/hを越えると、過大表示されるものが殆どだった)、117で120km/hを維持していると追い越されることは少なかった。
 操縦性が素直で、アクセルコントロールでアンダーステアが消せて、フッと内側に車の向きを変えることが出来た。
 サスペンションのストロークが長く、とてもしなやかな乗り心地だった。
 空力的に優れていて、速度を上げても車体が浮くような感覚が無く、雨の高速道路を走ると雨水が綺麗に車体を流れ、リヤウインドウが綺麗に洗い流される。玉に瑕は、ワイパーが凄く遅いことだった。でも、窓ガラス用の撥水剤(レインXなど)を使えば、全く問題にはならない。ガラスの角度が良いのか、ウインドウが風によって雨粒が綺麗に飛んでいって、綺麗に保たれた。また、車体に雨水の走った跡のような、妙な筋などが出来なかった。
 付属しているジャッキが、ダンパージャッキで、一般の国産車に付いてくるパンタグラフ式とは、比べ物にならない使いよさだった。車載工具の品質・機能も、当時の国産車とは比べ物にならない高品質。
 いすゞの車は、このあと所有する2台も同様、椅子が優れていた。117の椅子は、腰が痛くならず、丸一日乗っていても、殆ど疲れを感じなかった。
 クーペボディだったが、見た目よりも室内は広々。ガラス面積が大きくて、明るく開放的。
 トランクには、スペアタイヤが積み込まれていて、容量はそう大きくは無かったが、使いやすい形状。
 スペアタイヤのホイールが、小物入れになる。使い勝手を考えられたデザイン。
 初めて持ったエアコン付きの車。リヤシートにも、空調の吹きだしがあり、とっても快適。
 いい車だった。
 117で、サーキットもダートトライアル場も走った。ジムカーナにも出た。
 土曜日に筑波でサーキットタイムアタックに出て、日曜日には新潟県安田アイランドでのジムカーナを走ったこともあった。
 あの優雅なツアラーは、本来そんなことに使う車ではなかった。
 おっかさんのような、包容力のある優しい車。
 あの頃は、とにかく速く走りたくて、4年ほど所有した後に手放してしまった。

 今、もう一度乗ってみたい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

呼ばれて飛び出る

土曜日
 昨日の昼頃、事務所引っ越しのため、デスク周りの荷物を段ボールに詰め込んでいる最中に、スマホに着信。
 出て見ると、発信者は天王台の御大。
 「明日、6時に来てね。」といきなり云われた。
 「明後日は、ワシは茂木へ行くから、明後日は一人で筑波へ行ってください。」
 前に云われていた覚えは無かったが、予定は散歩とジム行きの個人の行動だけだから、行くことにして快諾。
 天気も曇り空の予報だし、丁度良い。

 16時までのイベント予定が、15時20分頃切り上げられたため、途中沼南のゼビオに立ち寄った。
 トレッキングシューズの踵が磨滅してしまったので、新しいトレッキングシューズを購入。
 Trekstaのゴアテックス仕様のミッドカットシューズが、約1万1千円と安かった。
 ためし履きをして、25.5cmを選択。
 
 サーキットのコース監視では、雨が降っても外に立って旗を振るし、サーキットによってはぬかるみを走ることもある。立って旗を振るのは、鉄板の上。
 だから、滑りにくく防水性に優れた、トレッキングシューズが最適。
 ついでに、トレッキング用のソックスを2足。トレッキング用パンツは、一昨年購入したものがまだ使える。

 これで、4月から5月の散歩の準備は整った。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

新お茶の水は、都会かな

金曜日
 約1年半ぶりに、朝の通勤時間帯に新御茶ノ水駅から本社へ行った。
 8時40分頃、千代田線で新御茶ノ水駅に着く電車に乗った。
 思ったより混まない。西日暮里駅で、座席に座れた。
 今までの亀有駅までに比べ、約20分電車内の時間が長くなる。
 千代田線では、AMラジオは電波が届かず、聴こえない。より本に集中できる。
 往復で、読書の時間は40分増える。
 通勤には、秋葉原から歩くという選択肢もある。秋葉原駅から歩いても、5分少々。
 北千住からJRにすれば、地上だからAMラジオも聴こえるはず。
 毎日秋葉原駅から帰るのは、誘惑が多い。
 2年前、事務所が神田美土代町から秋葉原に移転し、3カ月ほど事務所があった。実際には、1か月半しか秋葉原にはいなかった。
 でも、秋葉原界隈は、ワンダーランドだ。ヨドバシカメラもあるし、ラジオデパートも秋月電子も近いし、ついつい衝動買いをしてしまいそう。
 だから、通勤定期は、千代田線経由新お茶の水にした。
 ワシャ、誘惑に弱いからなぁ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする