2016年08月31日

大宮の印象

水曜日
 訳在って、昼頃大宮に行った。
 大宮駅東口を出ると、駅前の高島屋の方への大通りは、電信柱の無いすっきりとした街並み。
 埼玉県内の大きな街は、駅前の通りから電信柱が殆ど消えている。

 大宮の東口は、あまり大きな建物が無く、広々とした印象。
 歩道も広い。
 大きな新しいビルの間に、古い一戸建てが点在する。
 大宮には、あまり来たことが無かった。
 氷川神社は、東口側に在った筈。こんど、来てみよう。

 22時頃、最寄り駅に着くと、虫の声があちこちから聞こえてくる。
 つい2・3日前は、セミの声だったが、今日はコオロギや鈴虫。
 秋が近い。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

景色のいい場所

火曜日
 首都圏は、台風の影響はたいしたことが無かった。

 日曜日に行った安孫子市で、R356の日秀の観音寺から、手賀沼方面へ向かい踏切を渡って下って行く。
20160828_将門?.jpg 坂道で、道が3つ又に分かれるところ。
 左が将門の井、右が将門神社、とある。
 なんでこんなところに、将門にちなむ神社があるのか。
 知識の薄いワシは、全く分からなかった。
 調べてみたら、今の我孫子市日秀(ひびり)は、将門が子供時代を過ごした地と思われるとの、研究記録もある。
 確かに、手賀沼の周辺には、平将門に由来する神社などが多い。
20160828_将門の井.jpg 三つ又の道を左下ると、白い木の標柱に「将門の井」と記されている。でも、ボロボロ。
 井とはいっても、全く枯れ果てている。『将門が承平2年(932年)に軍用として掘ったといわれる井戸』だという。

20160828_将門神社.jpg 元の三又の道へ戻り、右へ坂を登って行く。
 集合住宅の北側に、将門神社があった。
 鳥居も拝殿も真新しい。屋根の銅板は、まだピッカピカ。
 「将門神社」と刻まれた石柱には、「拝殿建立記念 平成28年9月」と刻まれていた。
 む?まだ、平成28年の8月だ。
 まぁ、良いか。

 神社の南側に建つ5階建ての県営住宅は、手賀沼を臨む丘の上にあり素晴らしい景色が日々楽しめることだろう。
 うらやましい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

明日は大丈夫か?

月曜日
 明日は、台風10号が接近する。
 39年前、日テレの24時間テレビの第一回が催されたときも、台風が通過したときだったような。

 台風10号は、関東からは遠い位置を進むようだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

発見

日曜日
 朝、散歩に出たら、細かい雨が舞っていた。
20160828_もうすぐ稲刈り.jpg 稲穂もまもなく黄金色。
 重そうに垂れるようになってきた。
 
 今日も千葉県の地図を持って行った。
20160828_低地集水路.jpg 手賀川を渡り、柏市(旧沼南町)から安孫子市への境を越える時、境界が手賀川の北の水路だったことに驚く。
 市区町村の境界は、大概が川か水路。
 ところが、市街地が広がると古い川が暗渠になったり、治水のために流れが真っ直ぐに直されたりして、「ここが境界?」てな場所が生まれる。
 この安孫子と柏の境界が、用水路というのは不思議。

 R356沿いに、鳥居があり下る石段がある。
20160828_葺不合神社1.jpg
20160828_葺不合神社2.jpg
 下って行くと、石畳の先に古い鳥居の先の石段を登ると拝殿と本殿が上にある。
 拝殿への石畳の参道の左手は、弁天池で周囲の湧き水を集めて水を湛えていたらしいが、今日は枯れている。
 拝殿の周囲は深い木々に覆われ、静謐な気が漂っている。
 本殿の彫刻が、素晴らしい。
20160828_葺不合神社本殿彫刻.jpg 
 前の道は、旧水戸街道。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

松戸市の外周一周

土曜日
 元山駅から、松戸市の境界線を一周してみた。
 20160827_鎌ヶ谷市との境界.jpg 鎌ヶ谷市との境の、鎌ヶ谷西高への道。
 道の右側が鎌ヶ谷市、左側が松戸市。
 とても狭い道で、車がすれ違うのも困難。
 地図で見ると、市の境界が道でも川でない場所が結構あった。
 実際に行ってみると、畑の真ん中に境界線がある場所もあった。
 20160827_鎌ヶ谷市との境界2.jpg 鎌ヶ谷市粟野の東邦病院の付近は、境界を探すのが難しかった。袋小路がやたらと多い。六実の駅へ向かう近道は、私有地。
 六実駅周辺の道は、難物だった。
 鎌ヶ谷市西佐津間と松戸市六実の境界は、東武野田線の線路で分断されていて、踏切はだいぶずれた場所にあった。
 六実中学校の正門の通りの向かい側は、柏市。
 松戸市のこの学校から最も近い家は住所が柏市だから、ここの子はこの学校には通えないんだろう。
 なんだかなぁ。
20160827_鎌ヶ谷市との境界3.jpg 東武野田線の西側の、鎌ヶ谷市との境界。
 右側が鎌ヶ谷市西佐津間、左の高台側が松戸市六実6丁目。
 緩やかに曲がりくねった道は、元々水路だったのではないかと思う。
20160827_柏市との境界.jpg 柏市との境界に、笑える看板があった。
 水平部の道幅は、1mもない。
 こりゃ、無理だ。誰か試した奴でもいたのかな。

20160827_流山との境.jpg 江戸川の堤に、石柱の標識が建っている。
 流山との境は、TXのすぐ近く。
 江戸川堤は、歩きなれた場所。
 松戸神社で一休みし、湧き水をペットボトルに詰め込む。20160827_矢切付近.jpg
 江戸川の堤は、綺麗に草が刈られていて、楽に歩けるようになっていた。

 矢切から先、地図を見て歩くと、意外なことに以前歩いた道ばっかりだった。

 松戸市の境界線には、大きな幹線道路は無かった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

明日はどうしよう

金曜日
 国の年金積立金の運用損が、5兆円だという。
 公務員は、こんなに失敗しても、何も責任を問われないらしい。
 大分県警の隠しカメラの件については、どうしてあんな警察署内での打ち合わせの映像が、記録されていたのか不思議だ。
 あの刑事官を貶めようとして、記録していたのではないかと、疑ってしまう。
 
 女優高畑淳子氏が、バカ息子のために会見して謝罪した。
 息子ったって、もう22歳で十分大人で刑事責任を問われる年齢。
 息子のしでかしたことへの謝罪は、親として仕方ないだろう。
 でも、息子本人のことと、突き放したほうが良い。
 普通の企業に勤める人間が、刑事事件を起こしたらどうなるか。 

 大女優と呼ばれるようになった人の息子が、バカな事件を起こすのはよくあることのようだ。
 最近では、三田佳子の息子が、覚せい剤の使用で逮捕されている。
 事件当時は、この先女優として「もう終わり」の様に云われていたが、今では何もなかったかのように女優活動をしている。

 芸能界は、個人の才能で判断する「実力次第」の世界だから、前科などどうということは無いらしい。
 
 明日の天気予報は、明け方から雨。
 今日の夕焼け空をみると、到底信じられない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

いろいろ

木曜日
 民進党の代表に、前原氏が立候補。
 前原氏に期待する。

 電車に乗っていて、吊り広告のミュゼの脱毛に注目した。
 この爽やかな女の子は、誰だ。15年くらい前の中山忍さんによく似ている。

 HONDAが、新NSXを発表した。
 電動ハイブリッドで、凄まじいスタイル。
 光岡自動車の、「オロチ」のようだ。
 やたらと大排気量大出力で、ホンダらしくない。
 ホンダは、小排気量ながら高回転までキュンキュン回る精緻なエンジンを軽量ボディに積み、大排気量車をあっと言わせる走りの車のイメージ。
 S660こそ、ホンダ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

先行き不安

水曜日
 久しぶりに、自民党の世耕弘成氏を、TVで見た。
 経済産業大臣になって、一挙に老け込んだ感じがする。 
 このオヤジも、3世議員。
 安倍内閣は、同じような世襲議員のお仲間クラブなんだな。

 北朝鮮が、SLBMの発射に成功した。
 あの国は、いつの間にSLBMを発射能力を備えた、大型潜水艦をモノにしたのか。
 SLBMの種類が判らないが、サブハープーンの様に通常の魚雷発射管から発射できるミサイルだとすると、高度な技術のミサイルだ。
 発射に成功したということは、潜水艦をオペレーションする能力も備えたということ。
 あの国に、潜水艦やSLBMを自前で作る能力があったとは、驚きだ。
 開発や製造には、莫大な金がかかる。
 どうやって外貨を稼いでいるの数は、日本と同等以上。
 国際的には、開かれた国だ。外交交渉も、侮れない。
 日本で報道されている、「飢えた国」といのうのは、本当なのかと疑いたくなる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

装備充実

火曜日
 ウエストポーチを購入した。
 散歩中の服装で3年前から、トレッキング用のパンツを着用するようになった。
 ストエッチ性と汗や雨で濡れても、速乾性で乾くことを念頭に置いている。
 これは、ブルージーンを穿いていて汗が溜まって重くなり疲労と脱水症状を起こし、熱中症一歩手前になったことの反省から、トレッキング用パンツにした。
 お尻のポケットに財布を入れると、財布はずぶ濡れになり札が使えなくなる。
 だから、財布やタオルのハンカチは、リュックの中。
 ところが、財布を取り出すときに、一旦リュックを降ろさねばならず、不便なこと夥しい。
 千葉県西部を歩く分には、もはや地図は不要。
 カメラ以外の荷物は、財布とスマホとPASMOカード。
 ウエストポーチに、カメラ以外のモノを入れ、カメラをストラップで体に密着させれば、リュックは不要。
 ぐっと身軽に歩ける。

 民進党の代表選が行われるらしい。
 なんと、あの亡国の徒である「蓮舫」が、代表に立候補している。
 民主党政権時に、国の勢いの後退を推し進めた張本人。
 あの女は、日本を滅ぼそうとしている。日本を愛していないモノを、政党の代表にしてはいけない。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

東京オリンピック開催は、10月10日に

月曜日
 オリンピックが終わった。
 心残りは、走高跳などの、日本人選手が出ない競技をほとんど見られなかったこと。
 放送が、凄く偏っている印象。

 オリンピックの閉会式が、あった。
 あのアベのボンボンのスーパーマリオのパフォーマンスを映像で見て、マツコ・デラックス氏が酷評したのも尤もだ。
 あまりにも中途半端。

 2020年は、東京でオリンピックが開催される。
 この真夏の東京で、安全に屋外競技が行えるのだろうか。
 猛暑に、台風。真夏の関東の天候は、厳しい。
 アスリート・ファーストを標榜するのなら、開催時期を10月に変更するようIOCに諮るべきだと思う。
  
 オリンピックは、競技をTVで見る人のために開催するのではない。
 各国の優れた競技者が一堂に会して、その力と技を競いあう場だ。
 最高のコンディションで競い合えるように、開催国は尽力すべきだ。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

大山参り

日曜日
 今日は、日本近海にある3つの台風の影響が、日中は関東に及ばず晴天を保ちそうなので、平塚から大山を目指した。
 20160821_平塚駅.jpg JR平塚駅の北口を出るのは、初めて。 
 駅の中には、大きな七夕飾り。
 平塚は、関東の3大七夕祭りのひとつ。

 駅から出て、北の方を見ると、大きな鳥居が見えた。
20160821_平塚八幡神社.jpg
 予定には無い行動。
 池の真ん中に、水が湧き出る。3・4ヵ所ある。この水は、湧き出るのもなのだろう。

20160821_高麗山.jpg 花水川橋を渡り、高麗山を登る。
 小さな山だが、急こう配で汗だくになった。

 20160821_大山阿夫利神社下社.jpg
 大山阿夫利神社下社に、登りつく。
 ケーブカーがあったが、自分の脚で登った。
 案内に、「所要時間 約40分」のところ、15分で到着。
 その代わり、全身汗だく。大山の頂上へ登る気力も無くなり、ケーブルカーで下山した。

 ペース配分が出来ないなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

雨の日は、メンテナンス

土曜日
 昨夜から雨が続いている。
 昨日の夕方、雨雲レーダーを見ると、関東の南南東に渦を巻く雲があった。熱帯的圧だ。
 渦巻く雲は台風10号になり、さらに東にも熱帯低気圧、また小笠原の南に台風9号。
 これらの台風や低気圧の影響で、暫く雨の天気が続きそう。
 週末の散歩は、あっさり諦め、リュック等のメンテナンスをする。
 
 腕時計の布製のバンドを洗う。
 カシオのデジタルウォッチ(数年前の息子からのプレゼント)は、一昨年ウレタンのバンドが切れ、布製のベルクロで留めるバンドに取り替えた。
 布製だから、汗が染みこみ酸っぱい臭いがするようになった。
 洗面器にお風呂の残り湯を張り、洗剤を少し入れてバンドを浸し、ブラシで軽くこする。
 あっという間に、湯は真っ黒になった。 

 次に、リュックを洗う。先月も洗ったが、今日も洗う。
 丸一日散歩するときには、汗を大量にかく。その汗は、リュックに浸み込む。
 汗の塩分は、ファスナーにも浸み込み、結晶化してファスナーを固着させてしまい、ファスナーがスムーズに動かなくなる。力づくで引くと、軽度のうちはガリッと音がして何とか開くが、何度も繰り返すとファスナーが壊れる。
 ファスナーの固着を除くには、水拭きするか水洗いが効果的。
 バケツに水を張りリュックを浸し、洗剤投入。ブラシでファスナーを集中攻撃、全体は押し洗い。
 これも、水が黒く濁った。

 汗汚れは、黒い。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

3代目は、ぼんくらか

金曜日
 朝は、雨が降っていた。
 この変わり易い天気は、もう夏の終わりが近いと思わせる。
 ヒグラシの、「カナカナカナ」と啼く声は、涼しさを感じさせる。

 アメリカの核の先制不使用に、日本の首相が反対を声明した。
 日本は、核兵器の保有や使用を、その存在自体を否定すべきが国の主張であるべきではないのか、世界唯一の核被爆国として。
 非核三原則を標榜している国の総理が、核に頼っていてそれを期待するなど、2枚舌のペテン師だ。

 政治家として3代目の、現首相。
 国民に誠意をもって、云えるのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

台風一過なのに

木曜日
 昨夜から、雷は鳴るは雨は降るは、天候は大荒れ。
 今日の日中、雷が鳴り続けた。
 たまたま、ワシが外を歩いている時間は、雨が降っていなかった。

 TV朝日の報道ステーションの積乱雲の映像は、まるでインディペンデンスデイのようだ。
 この週末も、天候は不安定だという。

 今週末は、残った青春18きっぷを使って、ちょっと遠出しようかと思っていたが、山の方は天候が危うい。
 今日明日雨が続くようでは、山の方を歩くのも危険だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

足利善徳寺

水曜日
 オリンピックのハイライトを見ていて、奥方がいいことを言った。
 「卓球は、見ていて面白いね。サッカーは落ち着いて見てられない。」
 卓球は、1ポイントごとに間があり、対峙してサーブする際の瞬間「いざ勝負」という緊張感がある。
 だから、面白い。
 陸上の短距離も、スタート前の号砲の鳴る直前の緊張感がたまらない。

 15日に立ち寄った足利で、太平記館の向かいにあった、善徳寺。
20160815_善徳寺.jpg 立派な山門と、石造りの鐘楼。
 本堂の屋根の感じは、京都の二条城のよう。
 
 僅かに足利学校と駅の間を行き来しただけで、これほど見るモノがある。
 
 足利は、魅力的。

 秋になったら、ゆったりと歩いて見たいな。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

足利学校

火曜日
 昨日は、水上から高崎行に乗って新前橋で両毛線の小山行に乗り換え、足利で途中下車。
 青春18きっぷは乗り降り自由だから、とても便利。
 前々から両毛線の車窓からちらりと見えて気に掛かっていた、「足利学校」を見学。
 14時46分に足利駅を下車。次の小山行は、16時12分発。
20160815_全景.jpg 駅から歩いて、3分程の位置にある。
 太平記館の前の歩道橋を渡ると、そこは裏門でそこからは入れない。
 ぐるりと回りこみ、石畳の道を進むと門があり、中にビデオルームのある案内所があった。
 入場料を払おうとしたら、JAFの会員証で割引があり、通常¥420のところ¥340になった。
 
 敷地は広大ではなく、1時間ほどで見学するには、丁度良い感じ。

20160815_入徳門から孔子廟.jpg
 入徳門から真っ直ぐ学校門へ、白い石の道が続く。学校内は、白い玉石が敷き詰められていて、歩くところは石の板が敷かれていた。
 杏壇門の中に孔子廟があり、孔子の座像が祭られている。
 
20160815_方丈周囲の庭.jpg 中央の大きな建物は、その形状から方丈と呼ばれる。
 天井が高く、ゆったりとした気分になる。
 南庭園、北庭園、庫裏との間には、坪庭がある。
 衆寮は、収容人員はせいぜい6名ほど。
 孔子の「儒学」を学ぶ場の為、仏教色は薄い。
 
 もっとじっくり見学したかったが、1時間しかなかったので駆け足で通り過ぎざるを得なかった。
 隣の鑁阿寺も含めて、もう一度じっくり見学に行きたい。

20160815_EF60.jpg 足利駅前には、電気機関車のEF60が展示されている。
 EF60は、あまり見た記憶が無い。

 珍しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

蓬平温泉

月曜日(終戦の日)   夏季休暇 6日目(最終日)
 20160815_温泉宿.jpg 蓬平温泉の宿。
 朝、外に出て眺めると、複雑な形をしている。
20160815_鯉.jpg 宿の玄関の横には、巨大な錦鯉が泳ぐ池がある。
 蓬平温泉は、直ぐ近くに山古志があり、錦鯉の育成が盛んだ。
 3件の温泉宿と、そば屋とラーメン屋土産物屋の、小ぢんまりした温泉。
 2006年の中越地震では、大きな被害があったらしい。
20160815_高龍神社.jpg 商売繁盛と家内安全の神様。
 この神社が、蓬平温泉の始まりになっている。
 急な石段を登ると、本殿がある。
 中越地震で、大きな被害があったが、2年ほどで修復したそうだ。
 本殿の横に、下の道から荷物を揚げるゴンドラがあった。良く見ると、電動ウインチで巻き上げるモノ。
 ワイヤーを見ると、楊重能力は100kgはありそうだが、ゴンドラがちょっと心配。

 この神社の石段の横には、なんとエレベーターが設置されていた。
 なんて敷居の低い神さんなんだろう。

20160815_水上.jpg 帰路の途中、水上駅ではSLが2両も車両区に、しかも1両は転車台に乗っていた。
 駅周辺も、昨日とは打って変わって、人が溢れている。
 SL水上号の運行があったそうだ。SLは集客力抜群。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

40年ぶりの同級会

日曜日   夏季休暇 5日目
 今日は、母校長岡高専電気工学科の同級会のため、長岡の蓬平温泉へ。
 
 長岡駅東口に15時に着けばよい。
 青春18きっぷを買って、各駅停車を乗り継いでいく。
 北陸新幹線の開業によって、中央線松本・長野経由の上越線で行くルートは無くなってしまったので、高崎までのルートをどうするかに絞られた。
 高崎駅まで、八高線で行くことにした。
 単純に乗り換え案内で検索すると、西白井発北総線東松戸でJR武蔵野線に乗り換え、西国分寺で中央線高尾行に乗り換え、八王子で八高線に乗るというものだ。
 ところが、ルートを分割して検索すると、新鎌ヶ谷で新京成に乗り換え八柱駅まで行き、新八柱駅でJR武蔵野線に乗っても、八王子で同じ八高線に乗れる。また、そこまで夫々の乗換駅での待ち時間が短い。
 7:18八王子駅発川越行に乗る。
 電車のドアは、自動では開かず、押しボタンで開閉する。
 単線の為、各駅で上下線の交換待ちがあり、所要時間が長くなる。
 高麗川で、高崎行に乗り換える。
20160814_八高線.jpg
 ここからは、ディーゼル機動車。同じ車両にボックスシートとロングシートが併設。しかもBOXシートの片側は、一人掛け。
 こりゃ珍しい。でも、一人で乗るときは、ロングシートの方が、ゆったり足が延ばせる。
 窓には、ロール式のシェードではなく、カーテンが付いている。
 車窓からの景色を楽しみながら過ごすと、あっという間に高崎に着く。
 
 高崎から先は、何度も乗った路線なので、高崎駅ビルで購入した文庫本を読んで過ごす。
 ワシの前に立った、大学生らしい男女の二人は、部活の合宿に行くようだった。
 男子の方が、『新潟の北の方にある島って、竹島だっけ』と、女子に聞いた。
 女の子は『そんなわけないじゃん』と、呆れ声。
 スマホで新潟の地図を見ていた男の子は、『ああ、さわたりじま』と云った。
 女の子『さどがしまだよ』。 男の子『そう読めるよ』
 笑いを堪えるのに、往生した。

20160814_長岡市役所.jpg20160814_長岡市役所にペッパー.jpg 長岡駅について昼食を済ませると、集合時間にはまだ間があるので、駅周辺をぶらつく。
 駅前の大手通りの昔厚生会館があった場所に、今は長岡市役所がある。
 ユニークな建物で、パッと見市役所には見えない。

 建物の中に入ると、市民課の受付にペッパーがあった。
 
 結構面白い。

 
 40年ぶりに、昔の同級生に会う。
 外見ですぐ「こいつだ」と判る奴、「お前、誰?」と判らない奴。
 ワシは、判らない部類に入っていた。
 入学当時の担任の先生(当時は講師)に、40年ぶりであった。
 体育科の講師で、元バレーボール選手。ワシらを担任したのが、クラス担任として初めてだったという。
 熱い先生だった。
 話が出来て、とても良かった。73歳の先生は、いまもスポーツマンらしく矍鑠としていらした。
 聞くと、毎朝腹筋足上げ50回、V字の腹筋5分、腕立て伏せ100回、ストレッチと、約1時間を日課にしていらっしゃるという。
 凄い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

橋を見に行く

土曜日   夏季休暇 4日目
 2月20日に特殊な工事を行っていた行徳の橋を、見に行った。
20160813_鎌ヶ谷大仏八幡神社.jpg 船橋方面へ向かうため、鎌ヶ谷大仏駅前へ。
 八幡神社の本殿が開いていて、中にはちゃんと鏡がある。
 境内は鬱蒼とした林で、蝉しぐれが一杯で、すぐ隣が鎌ヶ谷大仏の駅とは思えない。
 地面には、丸い穴があちこちに空いている。
20160813_ミンミンゼミ.jpg ミンミンゼミが、地面にひっくり返っていた。
 捕まえようとすると、飛んで逃げ回る。
 でも、うまく飛べないようで、直ぐに落ちてくる。
 地面に落ちたところで、良く見ると羽の1枚の形が歪んでいた。

20160813_妙典橋.jpg20160813_妙典橋の橋桁.jpg 行徳の妙典橋。
 2月20日には、一番行徳側の東京メトロの車両基地を跨ぐ橋桁を『送り出し工法』の、第一回目の工事が行われた。
 今日は、もう本桁が架かっていた。
 意外と、橋は低い。

20160813_妙典公園.jpg 妙典の東西線の鉄橋の周囲は、BBQを楽しむ人が一杯。
 あまりマナーは、よろしくない。
 このように、コンロの炭を地面に捨ててはいけない。
 東西線の鉄橋の北側は、同じテントが立ち並び、まるで市営のBBQ場だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

SEV耐久

金曜日   夏季休暇 3日目
 今日は例年この夏の平日(お盆前)に筑波サーキットで開催される、SEVのチャリティイベントのお手伝いに行ってきた。
 形式的には、4輪自動車を5時間ドライバー数名が交代で乗る耐久レース。
 遮二無二がつがつと勝ちに行くようなストイックなものではなく、和気あいあいと走ることを楽しむほのぼのとしたイベント。
 レース前の車の調整のためのフリー走行と決勝の耐久レースの間に、ファミリー走行会が設定される。
 一般の車両でサーキットが数周回走れる。
 先導車が着き、安全なペースを保ってくれるので、安心して走行できる。
 経験者にすれば、眠くなるようなペースなのだが、初めて走ると横方向のGが長時間連続することが新鮮な驚きがある。一般道では、横Gがあんなに継続するようなことは、殆ど無い。
 
 いやぁ、走りたくなる。
 でも、本気で競技走行をしたのは、もう35年も前のこと。ちゃんと走れるだろうか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:43| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

湖北からぐるりと本八幡まで

木曜日   夏季休暇 2日目
 今日は相模の山行を諦め、近場を回ることにした。
20160811_名内の猫.jpg20160811_粋な看板.jpg 白井市名内の工業団地の端っこに、猫がのんびり寝ていた。
 近づくと、慌てて畑に隠れた。
 
 手賀の丘を下り、手賀沼周辺の道沿いに、粋な看板が建っていた。

20160811_はしご車.jpg20160811_かごの上.jpg 我孫子市西消防署で、はしご車の訓練を行っていた。
 はしごを伸ばすと、先についたかごは結構揺れるらしい。

20160811_我孫子本陣跡.jpg20160811_茅葺屋根.jpg 安孫子駅の近くに、「我孫子本陣跡」という標柱があった。
 安孫子にも「本陣」はあったのに、今は残っていないとは惜しい。
 
 大きな茅葺屋根は個人の住宅で、通常に使用されているらしい。

20160811_馬橋の王子神社.jpg 馬橋の王子神社は、本殿が無く、建設予定地と縄で囲ってあった。
 昨年10月に火事て焼失し、再建する予定。

20160811_まばし.jpg 中根立体の近くに、「まばし」という橋が架かっている。
 ここが昔は水戸街道で、「馬橋」という地名の元になったそうだ。


20160811_白幡天神社.jpg 菅野の白幡天神社。
 17時を過ぎていたので、社はもう戸を閉めていた。
 でも、境内には近所の子供たちが遊んでいる。

 湖北・天王台・安孫子・柏・北小金・馬橋・北松戸・松戸・本八幡と、駅前をぐるりと回ってきた。
 時間帯の違いはあるが、湖北・天王台・安孫子は、人が少なく少々寂しい感じ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

結縁寺のハス

水曜日
 今日から、6日間の夏季休暇。
20160810_朝の空.jpg 歩き始めた6時頃は、東の空に残った雲で陽射しが遮られ、涼しく快適。
 でも、直に雲は去って、きれいな青空が拡がった。20160810_ひまわり.jpg 神崎川河原子橋の袂の選果場では、梨の出荷用の箱が搬入作業中。
 いよいよ梨の出荷が、本格的に始まるようだ。
 ひまわりが、朝日に向かって咲いている。
 やっぱり、ひまわりは、夏の花の主役。
 河原子橋から、平塚の延命寺へ向かった。
20160810_空蝉.jpg20160810_蝉.jpg 延命寺の隣の松戸市営白井聖地公園で、おおきな空蝉を見つけた。
 レンズキャップは、62mmレンズ用。
 おおきな空蝉から羽化したのは、この大きなセミだろうか。
 神々廻の豆柴ムック2世に会ってから、思いついて千葉ニュータウン中央へ向かった。

 千葉ニュータウン新聞発行人の武藤さんが、FACE Bookで結縁寺のハスの花を紹介されていたので、見たくなった。
20160810_結縁寺のハス.jpg
 午前中だったのと、丁度見頃になった花があった。

 21時からNHKのニュース9を見ていたら、神奈川県の厚木や伊勢原で夕方凄い雨が降ったという。
 明日も、同様に夕立の可能性が高いらしい。
 明日は本厚木から山へ向かおうと思っていたが、止めることにした。
 野原の真ん中を歩いている最中に、あんな土砂降りに遭遇してはたまらない。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

とろけそうな暑さ

火曜日
 明日から、夏季休暇。
 定年退職になり、継続契約で役職が無くなった身だから、本当は先週の月火水の3日間を休みたかった。

 正午頃、気象庁のアメダスをチェック。船橋のアメダスは、37℃に近づきつつあった。
 外回りをしている人や工事現場で働く人の、しんどさを想像すると頭が下がる。
 
 帰りがけ、秋葉原のヨドバシアキバに寄って、デジカメのストラップを購入。
 購入時に付属していた肩掛けのストラップは、1mm幅のストラップ部のカメラの金具に触れるところが半分擦り切れ、一部が伸びて薄くなっていた。
 先週の土曜日、散歩中に気づいた。
 デジタル一眼は、レンズと合わせると1kgほども質量がある。肩からストラップで提げて歩いていると、振動で損耗が早かった。
 
 ストラップは、長さ調整が簡単に出来て、移動中は締め上げて体に密着させられる、ニンジャストラップと云うものを購入した。
 PENTAXの純正品が、店に無かったせいもある。
 ついでに、息子たちがプレゼントしてくれたバックパック用に、カメラ保護用のインナーソフトボックスを購入。
 これで、休暇中の装備は整った。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

夏の涼

月曜日
 20160807_大町自然公園3.jpg 真夏の散歩は、木陰がいい。
 大町自然公園は、木々に覆われ真夏でも日を遮る道が多い。
 湧き水の流れもあり、涼感は格別のものがある。
 快適な、散策路だ。

 市川霊園も都営八柱霊園も、木々が多いゆったりとした空間ではあるが、墓地の周辺には木々が少ない。
 開放的であるがゆえに日当たりも良く、昔の寺の裏にあったような林の中に墓石が点在するような、暗く湿った寒気のするような墓地ではない。

20160807_戸定邸2.jpg 松戸の戸定邸の、千葉大との間の庭園。
 濃い木々により陽射しが遮られ、高台を渡る風が心地よい。
 戸定邸の周辺を眺めると、徳川昭武氏が居を構えていた頃は、東に相模台が西には遠く富士山が臨めたのことが伺える。
 素晴らしい景観であっただろう。

 松戸神社から戸定邸への常磐線を潜るアンダーパスに、徳川昭武氏が撮影した写真がライトボックスで掲載されている。
 明治40年頃の、松戸界隈の写真。
 あの頃の松戸の様子が、モノクロームの写真に表現されている。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

真夏の一日

日曜日
20160807_かまたん.jpg 女子ウェイトリフティングの三宅宏美さん、銅メダル。
 入賞確定後、バーベルに擦り寄った姿に、感動した。

 鎌ヶ谷市のマスコットキャラクター、かまたん。
 梨をモチーフにしたキャラクターで、なかなか可愛い。
 白井のマスコットキャラクターも、梨をモチーフにしたものだが、可愛さが足らない。
 それは、胴体の丸さ。



20160807_大町自然公園1.jpg20160807_大町自然公園2.jpg 大町自然公園の木道を行く。
 まるで、高原のような清々しさ。
 湧き水が集まった流れに、錦鯉。

20160807_彼岸花.jpg 池のほとりに、彼岸花が咲いていた。

 大町自然公園から駒形神社へ向かう10時頃、ちょうどリオ・オリンピックの400mメドレーの決勝。
 TBSラジオで、中継された。
 絵が見えない音声だけの中継は、違った意味で興奮した。

20160807_坂川.jpg 坂川沿いにも、部分的に桜並木がある遊歩道があり、日陰になって助かった。
 千葉県内の中小河川は、流れが澱んでいて水も綺麗ではない。
 神奈川の河川は、相模の山から流れでる水が、大きな高低差を保って流れてくるため清流だ。
 松戸周辺の中小の川は、澱んでいて流れも感じられない。

20160807_戸定邸.jpg 戸定邸の庭園。
 木々が陽射しを和らげて、とても心地良い。
 
 本でも持ってきて、一日読んで過ごすのが良さそうだ。
 そんな、ゆったりとした過ごし方を、してみたい。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

原爆投下の背景

土曜日  
 71年前、広島に原爆が投下された日。 
 『唯一の被爆国である日本は、世界でただ一つの核報復をする資格のある国だ』。
 などと、過激なことを云う輩までいる。
 半世紀以上経った今、そんな昔のことで正当防衛だと主張するのは、どこかの傲慢な団体や被害妄想民族だけにしてくれ。

 21時から、NHKスペシャルを見る。
 見ていて、怒りに震えた。
 あの放送の内容が真実なら、日本への原爆投下は、軍部の独断専行・虚偽の報告によってもたらされた暴挙。

 是非、アメリカ国民に見てほしい番組だ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

定年後1週間

金曜日
 定年後、継続契約とて、1週間が過ぎた。
 実質、何も変わらない。
 当然だ。先週までと同じ部署に居て、同じ仕事を続けているのだから。
 先を見据えた、開発的な仕事からは、外された。
 ぐっと「楽」になった。
 ただ、定常的な仕事の分担率は、少し高くなった。
 もしワシが、1年後「もうヤーメタ」と云ったら、どうするつもりか。
 それがちょっと心配。あまり定年後のジジイに頼ってはいけない。
 もう少し、バックアップ出来る体制づくりが、必要だ。
 同じ機種の設計が出来る者が、2人以上いないとても危うい。

 さてオリンピックが始まるが、甲子園とどちらを見るか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

夏休みの計画その1

木曜日
 世間一般、夏休み気分一杯。
 電車の乗り降りの際、迷惑な振る舞いをする、電車に乗り慣れていない人が多い。
 下りる人がまだ沢山いるのに、スマホを見ながら乗り込もうとするオバサン。
 スポーツバッグを足元に置いて脚を投げ出して席に座る、少年野球の中学生。

 来週には、ワシも夏休みを取る。
 14・15日は、高専の同級会が、長岡である。
 10年前にも催されたのだが、ちょうど運悪く左脚をはく離骨折して行けなかった。
 39年ぶりだ。
 電車で行くか車で行くか。やっぱり、のんびり各駅停車に乗って行くことにしよう。
 長岡なら、実家へ行くよりずっと便利だ。
 乗り継ぎを調べたら、高崎まで八高線か両毛線を使うルートが選択できる。
 4年前に使った中央線を経由して行くルートは、あの姥捨駅の景色をまた見たいのだが、長岡に15時頃着くには、前日に出ないと無理。
 さて、どういう乗り換えルートで、長岡に行こうか。
 時刻表を調べて、ルートを調べるのも楽しみだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

夏の想い出

水曜日
 帰宅したら、BS日テレで「長岡の花火」の生中継。
 わずか10分程度しか見られなかった。
 長岡の花火は、18歳の夏に一度だけ、間近で見た。
 凄かった。
 川原で見上げる視界を覆いつくす花火は、圧倒的だった。
 3尺玉を初めて見た。巨大さもさることながら、上空で開くその時の重低音と大音量に圧倒された。
 花火の迫力は、6割が音だ。 
 TVの中継では、音の迫力が無いため、ワクワクしない。

 なぜ、そのとき長岡に居たか。
 高専の3年生の時、電気工事士の実技試験対策実習を、夏休みを利用して寮に泊まり込んでいた。
 電気工事士の実技実習は、午前中だけ。あとは、寮でごろごろしていた。
 学校のプールは入り放題だったから、さんざん使った。
 長岡高専のプールは、井戸水を使っていたので、とても冷たかった。
 約300名収容の寮には、卒研で泊まりこむ5年生が数名とワシだけ。
 寮の食堂は、夏休みの為休止。3食自炊で過ごした。ご飯を炊くのは難しかったので、殆どンスタントラーメンかパン。一度だけ、飯盒で炊いた。
 当時の寮には、冷房など無かった。風呂もボイラーが止められ、毎日水のシャワーで過ごしていた。
 寮は、長岡市東部の悠久山公園の近くの高台にあり、夜は涼しかった。
 夜は、寮の部屋で、音楽をヘッドホンで聞きながら、本を読んで過ごした。

 今思うと、あの夏から小説や本をよく読むようになり、翌年の春には視力が落ちてしまった。
 それまで、ワシは視力2.0以上だった。視力検査の表を、2m下がっても最下段が判別出来た。 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

まぁなんだか

火曜日
 4時頃目が覚めてから、雷鳴が鳴り響く。
 5時頃には、雷も少しおさまってきて、雨も小降りになった。
 
 今朝も、階段にアブラゼミがひっくり返っていた。
 人差し指を差し出すと、6本の脚でつかまってくる。
 で、意外と元気で、直ぐに羽ばたいて飛んで行った。

 ワシの居る会社は、本当にいい会社なのだろうか。
 フリーランスで仕事をすることになるから、柵無くモノを云うのが出来るし、云わねばなるまい。
 
 でもワシは、今まで云ってなかったかと云えば、そうでも無い。だから、39年間、あのポジションにいた。
 早い話、「うるさい奴」だった。
 これからは、もっと遠慮なく云ったろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

出直し

月曜日
 息子たちから、誕生日祝いにリュックとサーモスの真空断熱タンブラーを貰った。
 嬉しい。
 リュックは、日本ウォーキング協会共同開発、Alpineデザインの真っ赤な15L。
 通勤にも良さそうだと云ったら、奥方から「通勤には赤はダメよ」とくぎを刺された。

20160801_のんびり.jpg 今日8月01日付で、私は定年後の継続契約社員となった。
 これから、一年毎に契約を更新するか、解除するかの選択をすることになる。
 役職は無くなり、給与は基本給が新人社員と大差ない。もっともたいした役職は無かったから、落差は小さいって言っても、10万円は減額になる。
 でも、この先昇進などは無いから、上司に気を遣う必要はない。もう遠慮はしない。
 今まで以上に原理原則に忠実に、言うべきことは遠慮なく云わせて貰おう。
 それこそ、年寄りの役回りだ、と思う。

 普段は、寝たふりして、のんびり過ごそう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする