2016年10月31日

想い出の地

月曜日
 土曜日は、中学校の同級会に行くついでに、燕三条駅から大河津分水経由で、同級会会場の弥彦まで行った。
 上越新幹線が開通した頃から帰省する際は、燕三条駅から弥彦線に乗り換えて燕駅まで行き、燕駅で新潟電鉄に乗り換えて月潟駅まで行った。
 長岡高専に進学した際、到底通学出来ないから学校の寮に入り、月に1回位寮費と小遣いを貰いに家に帰る際は、信越線東三条駅でJR弥彦線に乗り換え燕駅で新潟電鉄に乗り換えた。
20161029_JR燕駅.jpg
 JR燕駅。
 跨線橋の右側のホームに、昔新潟電鉄のホームがあった。
 新潟電鉄は電車、JR弥彦線はディーゼルだった。
 当時超ローカル線だった弥彦線は、新潟電鉄との乗り換えの便は悪く、30分から1時間位待つことがあった。
 あの先のホームの待合室で、何度も長時間待ったもの。
 結婚すると報告する際と、結婚して暫くの間年末年始に帰省する際は、この燕駅で乗り換えて実家に行った。
 新潟電鉄は、もともと燕から新潟県庁の前の県庁前駅(最終的には白山駅)を結んでいた。
 県庁前から東関屋間の路面電車区間は1992年に、燕から月潟間は1993年に、月潟−東関屋間は1999年に廃線となった。
 すでに電鉄の設備は撤去され、軌道も無い。

 ホームは、当時の面影を伝えている。

 土曜日に燕三条駅から歩いて見ると、あまりの近さに驚いた。僅かに30分でしかなかった。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

一挙に秋深まるか

日曜日
 午前中は、曇天でうすら寒った。
 この1週間で、一挙に秋らしくなった。
20161029_国上のモミジ.jpg もうじき1月なのだから、無理もない。

 昨日の新潟、弥彦近くの神社では、モミジも赤く染まっていた。

 やはり新潟は、季節が千葉より進んでいる。
 昨日帰宅時、最寄りの西白井駅に降りて、はっきり新潟より暖かかった。
 
 そう思って行った今朝の茨城は、同じように肌寒かった。
 新潟と違うのは、陽射し。
 今日も、15時以降は陽射しが射し、太陽光線のエネルギーを貰える。

 新潟は、秋から冬・春先まで、殆ど低い雲が空を覆う。
 新潟の冬の天気は、あまりにもどんよりと暗く、関東生まれの人には苦痛らしい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

中学校の同級会で新潟へ

土曜日
 中学校の同級会が、新潟県の弥彦温泉で催されるため、出席のため新潟へ。

 懐かしい顔、「おまえ誰」って奴も。
 かくいうワシも、殆どそうらしい。

 中学校の同級生、卒業時72名中、既に8名が亡くなっていた。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

ほどほどが重要

金曜日
 秋葉原へ買い物に行くと、相変わらず外国人旅行者が多く、話し声は日本語以外の方が多い。
 
 LEDランプを買う。
 最近は便利になって、定電流ダイオードを組み込んだ、直流電源を直接つなげられるチップがある。
 2年前には、シリーズ抵抗器組み込みの、電圧指定のLEDがあった。
 今日買った定電流ダイオード内臓のチップは、より使いやすくて、使用電圧が3.5V〜20V。
 これは便利だと、買ってきた。

 ところが、If=16mAなのに、目茶苦茶明るい。
 正面から見ると、眩しいほど。
 試験表示機には、無駄に明るい。まさに、過ぎたるは・・・・。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

ご冥福を

木曜日
 三笠宮さまが、ご逝去された。
 100歳だったという。
 報道ステーションで、三笠宮さまが第二次戦争中中国戦線でされた、軍部を批判する訓示の内容を聴いて胸が熱くなる。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

土曜の企み

水曜日
 今度の土曜日は、中学校の同級会。
 会場の場所は、地元ではなく弥彦温泉。
 地元は、数年前に電車が廃線となり、極めて不便な土地となってしまい、県外からのアクセスが困難。
 新潟でも三条でもよかったのだろうが、弥彦神社で厄払いを行おうという趣向。

 集合時刻は、15時半。
 弥彦へ、どうやって行こうか。弥彦には、JR弥彦線の駅がある。
 弥彦線の時刻表を調べると、弥彦駅の到着時刻は13時40分頃。集合時刻までには、2時間近く間が空く。
 
 土曜日の天気が晴れならば、燕三条まで新幹線で行き、歩いて弥彦温泉へ行くのがいい。
 燕三条から弥彦温泉間は、直線距離なら12kmも無い。
 最短ルートなら、3時間も掛からない。
 大河津分水を見てから行くと、約30kmの道のり。
 燕三条へは新幹線を使うと、8時前に着ける。15時半の集合時間には、7時間半もあり余裕たっぷりだ。
 
 問題は、雨の日だ。
 雨なら、各駅停車を乗り継いで、のんびり鉄道の旅を楽しみたい。
 そのため、切符は東日本週末パスを購入した。JR東日本を土日フリーに使える切符で、新幹線に乗るときは特急券を買えばよいオトクな切符。
 JR越後線を使って、柏崎刈羽原発を見てくるのも、出雲崎の良寛記念館を見るものいい。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

多様な働き方って

火曜日
 朝は、10℃近くに下がった気温で、ちょっときりっと身が引き締まる。
 昨日から、薄手の上着(半袖)を羽織っている。
 これで、十分。寒さは感じない。
 先週末から、布団を敷かずに眠り込むと、脚が冷えて目が覚めるようになった。
 布団を敷いているが、掛けるのはタオルケット。
 
 パジャマのズボンを、半ズボンから長ズボンに変えよう。

 政府は働き方改革で、「柔軟な働き方」を可能にする方針を決定したらしい。
 テレワークや兼業・副業も認める。正規の社員が、社外の新しい発想に触れることで生産性が図れると云う。
 一見良さそうだが、そうだろうかと疑問を抱く。
 多様な働き方を推進すると、正社員は何が本業か判らなくなっていく。
 一番危険なのは、契約・派遣を多数契約し、一人親方になって行くこと。
 報酬は、成果に寄る対価となる。
 すると、納期に間に合わせるためには、長時間労働を余儀なくされる。
 36協定など、関係ない。
 正社員ではなく、数社に非正規の契約を結び、労働時間を総合的に把握出来ない。
 あの政策は、非正社員をどんどん増やす結果になるに違いない。

 ますます、暮らしにくくなる。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

1週間後は11月

月曜日
 朝、雲一つない晴天。と思ったが、東や西の地平の近くは雲があり、日光や那須の山、富士山も見えない。

 帰宅途中、空を見上げると、薄雲の向こうに星が見える。
 来週は、11月だ。そろそろ、冬の星座が見えてくる。

 11月には何処へ行こうかと考えていて、今年はモーターショーの無い年と気づく。
 ちょっと残念。
 それで、CEATECに、車の展示が多かったのかと。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

秋晴れ

日曜日
 第3回アクアラインマラソンが、開催された。
20161023_袖ケ浦.JPG 早朝は雲が空を覆っていたが次第に雲が切れて、スタート時刻の10時近くなると青空が拡がった。
 気温は、ほどほどで風が涼しく、湿度も低め。
 マラソンには、絶好の日和。
 まさに秋晴れ。
 出走者は、ハーフマラソン約4,700人、フルマラソン約11,100人。
 コースは、予定通りアクアラインの海ほたるを往復するコースを使用。
 東京湾アクアラインは、13時30分に交通規制が解除された。

 2020年の東京オリンピックを、10月10日に開催し2週間の会期だと、23日に閉会となる。
 すると、こんな爽やかな秋晴れの日に、閉会式が行えるのだ。

 アスリートファーストを唱えるのなら、東京オリンピックの開会式は10月10日に変更すべきだ。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3回目のアクアラインマラソン 準備状況

土曜日
 明日は、第3回のアクアラインマラソン。
 2年前は袖ケ浦駅から歩き始めたが、今日は木更津駅からコース順に歩くことにした。
 6時36分、木更津駅到着。内房線は、君津まで複線のため、ここまでは速い。
20161022_駅.jpg 6時40分頃、駅にはアクアラインマラソンの、ポスターや寄せ書きが飾られていて、ちょっとワクワクする。

 

20161022_GOAL.jpg フィニッシュ地点の旧市役所の向かいにはステージが組まれ、
テントが並んでいた。
 一昨年、昼頃来たときは、プレイベントが開かれていた。
 まだ7時前の為、警備の人間がたっているだけ。
 スタート地点の公園も同様、まだ何も無かった。
20161022_8時.jpg 8時、海上自衛隊航空補給所の門の前。
 ここを右に折れてしばらく行くと、6km地点の小櫃川に架かる金木橋の長い上り坂。
 登り切ると、アクアラインが見えてくる。
 アクアラインの金田ICの先に、強風時にアクアラインが危険と判断されたときの代替コースとして、アクアラインの側道が今年は設定されている。
 そこを歩いていく。
20161022_袖ケ浦BT.jpg 袖ケ浦バスターミナルまでの道を往復する。
 小櫃川や内房線を跨ぐために、アップダウンがある。
 
 明日は、この代替コースは使われないようで、全く準備がなされていない。

20161022_袖ケ浦公園のイベント.jpg

 
 袖ケ浦公園の近くのイベント会場は、大賑わいだった。

 袖ケ浦市の方が、アクアラインマラソンに関連するイベントや、コース周辺の横断幕など、盛り上がっていた。

20161022_準備作業.jpg

 15時頃、コースの閉鎖用の資材運搬配置作業を見つけた。
 一昨年は、もっと小さなトラックで、作業も学生アルバイトだった。
 今年は、大型トラックに、作業者は明らかにプロ。

 3回目になり、準備作業も効率UPしたのだろう。
 仮設トイレは、既に配置済みだった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

明日天気になあれ

金曜日
20161021_朝焼け1.JPG 日の出の時刻は、6時近くになった。
 通勤のため駅へ向かう時間帯では、まだ太陽は地平線の下。

 今朝は、高い雲と低い雲が、朝日に映える色が違っていて、見ものだった。

 日中は良い天気だったが、夕方から薄い雲が空を覆って、今夜は月も見えない。
 土日は、木更津・袖ケ浦へ行く。

 いい天気になってほしい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

黄色い月

木曜日
 日曜日から、左足に妙な痺れが起きるようになった。
 先週までは、歩けば痺れが消えたのだが、今週は歩いていると痺れが継続していた。
 こりゃぁ困ったなあと思っていた。
 今日、90分間15キロ強走ったら、あの変な痺れが消えていた。
 でも、あの痺れは神経の痛み。 いつ何時、ぶり返すか判らない。
 いささか、不安ではある。
 
 帰宅途中、半分位に欠けた月が、東の空に黄色く輝いていた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

酷い

水曜日
 「影法師」作 百田尚樹 を数年ぶりに読むと、ぐんぐん心に浸みる。
 帰宅の電車内で、読み終えた。
 武士の在り方、友を支える友情、電車内で涙が溢れるのを堪えることが難しかった。

 沖縄県東村(ひがしそん)高江周辺で進むヘリパッド移設工事現場の周辺で、抗議活動をしている市民に大阪から派遣された機動隊員が、差別的な発言をした。
 大阪府警は、その機動隊員に「厳重注意」すると表明。
 でも、そんなことでいいのか。
 警察に入るときは、本人の思想信条が詳細に調査審査されるのではなかったか。
 彼の住民に対する言葉は、酷いものだ。国民の安全を守る警察組織の人間のものとは思えない。
 あのような差別的な思想の持ち主は、公務員として相応しくないのではないか。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

レアもの

火曜日
 今日の読売新聞の地域・千葉版に、千葉鉄道物語の記事があった。
 今日は、「デキ3」銚電の人気者、だった。
 その記事に、こんな表現があった。
 「銚子市を走る全長6・4キロのローカル私鉄、銚子電鉄(銚電)。仲ノ町駅の車両基地に、その電気機関車はいる。「デキ3」だ。」
 この「その電気機関車はいる。」という言葉は、記者が鉄道好きなことを思わせる。
 「いる」と、まるで生きもののように書いている。

 なんと、その「デキ3」は今、市川の県立現代産業科学館の千葉県内の鉄道の歴史や技術を紹介する特別展「出発進行〜もっと・ずっと・ちばの鉄道〜」の目玉として、展示されている。
 特別展は、12月4日まで。 
 見に行こう。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

秋の空

月曜日
20161016_利根川.jpg 昨日は、いい天気だった。
 しばらく雨が降っていないため、利根川の流れも澄んでいた。

 夕方まで、雨がしとしと降っていた。

 18時頃には雨も上がって、21時頃は月も出ていた。
 これだけ月が明るいのだから、街灯の照度を下げたらもっと綺麗に見える筈。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

コロッケ列車

日曜日
 関東鉄道竜ケ崎線に乗りにいった。

20161016_我孫子真栄寺.jpg 
 我孫子市新木の、真栄寺。
 立派な梵鐘があり、その横に俳句を刻んだ石がある。
 「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」
 シュールな句。この句を石に刻んだ人は、この寺の住職か?

20161016_葦不合神社.jpg 先月にも立ち寄った、この神社。
 隣接する県営住宅から、歩いて来れることが分かった。
 イチョウの葉が色づくころには、来てみたい。


 関東鉄道竜ケ崎線で、『コロッケトレイン運行中』ってことだったので、行ってみた。
 龍ヶ崎は、町おこしのネタにコロッケを使い、先日は全国コロッケフェスティバルin龍ケ崎が、開催された。
20161016_コロッケ列車.jpg
 車内は、吊革にコロッケのオブジェがくっついている。
 コロッケのステッカーが、いろいろ貼られている。
 眺めていると佐貫までの2駅間は、あっという間。
20161016_ハートの吊革.jpg


 一箇所だけ、このハートの吊革。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

秋晴れ

土曜日
 5時40分頃手賀大橋を渡ると、朝日が今日の晴天を約束してくれているようだった。

 文字通り、雲一つない晴天。
20161015_TUKUBA.jpg 朝7時半頃の気温は、約12℃。
 次第に陽が高くなると、少し汗ばむほどに。
 風が涼しくて、日陰に入ればすっと汗も引く。
 役務は、スポーツ走行のコース監視。
 今日は、富士で4輪の世界耐久(WEC)、茂木で2輪のMOTE−GP。
 そのため、筑波のコースオフィシャルの人手が足りず、急遽お呼びがかかったもの。

 走行のインターバルに、コースに下りて路面のチェック。

20161015_kitateha.jpg 路面に落下物らしきものがあったので、近くに行ってみたらキタテハ。
 よく飛べないようだった。
 放っておいても、バイクや車の走行に支障はないが、踏み潰れてしまっては不憫だ。
 そうっと手で包んで、コースポストに保護した。
 
 14時頃、少し元気になったらしく、自力で飛んで行った。

 帰り道、つくばみらい市の付近で、利根川の堤の方に沈んでいく、赤い大きな夕日が見えた。
 利根川を渡って、柏井布施付近の旧河川敷を走行中、正面にまん丸の月が大きく見えた。

 明日も、いい天気だろう。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

月夜に想う

金曜日
 朝から、いい天気。
 キリッとした空気が、肌を引き締める。
 半袖Yシャツで通勤するのは、今日限りにしよう。
 ワシは平気だが、見た目で他人に奇異に思われるのは心外だ。

 夜、天上に、青い月が光っていた。
 今夜は、十三夜か。
 空を見上げると、星が沢山見える。

 明後日の夜に、同じ月を見て変身したい。

 ワシは、車に乗ると、人が変わるらしいが。
 自分では「そんなことはない」と思っている。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

浄水器カートリッジ交換

木曜日
 昨日、集合住宅の給水設備の更新が行われ、給水管が新しくなった。
 圧力ポンプから、直結ブースターポンプに変更。
 配管が新しくなって、暫く濁り水が出るということだった。

 それに合わせ、昨夜浄水器のカートリッジを取り替えた。

 昔、松戸に住んでいたころ、水道水があまりにも臭くてまずくて、浄水器を使い始めた。
 30年浄水器を使い続けている。
 いまの住宅に引っ越して来てから、水道水はそれほど不味いとは思っていない。
 浄水器のカートリッジの汚れを見ると、やっぱり必要かなと思い使い続けている。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

いい天気

水曜日
20161012_朝日.jpg 朝焼けが綺麗だった。

 こんな朝は、久しぶりだ。
 気温も低く、心地いい。ちょっと速足で歩いたくらいでは、汗も滲まない。
 よく晴れた朝なら、5時頃から歩けるくらいの明るさ。
 

 今夜は、月が綺麗。
 満月じゃないから、オオカミに変身したりしない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

スポーツの秋到来

火曜日
 今日も、晴れ間の無い、曇り空。
 昨日までの3連休は、先週水曜日頃までの天気予報は、まるで当たらなかった。
 金曜日に発表された、日本気象協会の1時間予報で、的中したのは9日日曜日のみ。
 朝7時頃から11時頃まで雨が降り、次第に天候回復し晴れ間も見える。
 全くその通りだった。
 
 土曜日は、始終小雨が舞っていて、12時半から14時まではしっかりと雨が降った。
 AMラジオには、雷由来のノイズが入り、その数分後にはどっと雨が降り出した。

 晴れ間の見えると予報された日曜日は、全く陽射しなど見えず、夕方神崎町付近では小雨が降った。

 季節の変わり目は、天気予報も難しいらしい。

 今日から秋雨の時期が終わり、暫く安定した秋晴れが続くそうだ。
 1964年の東京オリンピックを10月10日に開催したのは、この頃から秋雨の時期が終わって安定した天候になるからだったという。
 何度も云うが、2020東京オリンピックも、開催時期をこの時期に変更すべきだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

八日市場から滑河

月曜日  (国民の祝日 体育の日)
 飯高檀林を訪ねるついでに、八日市場から神崎・滑河まで歩く。

20161010_薬師如来.jpg20161010_老舗.jpg 薬師如来の石像の足元に、八日市場の地名の由来を記した標示があった。
 毎月八日の縁日に市場が立つことが、八日市場の由来だそうだ。
 商店街には、趣のある店舗が多く、歴史のある街であることが伺える。

20161010_病院.jpg 丘の上に、国保匝瑳市民病院が建つ。
 2階建てで高さは無いが、床面積が広い。駐車場が周囲に沢山ある。
 この丘の上まで登ってくるには、車でなければ辛かろう。


20161010_脱走塚.jpg 病院の先に、脱走塚と云う墓所がある。
 なんで「脱走塚」なのかは、標示板に由来が記されていた。
 幕末の水戸藩士の市川勢が天狗派と対立し、脱藩して東北越後を転戦し水戸城に戻ろうして果たせず、銚子に逃れたのち天狗派と戦い亡くなった水戸藩士の墓。
 合掌。

20161010_看板.jpg20161010_総門.jpg 以前来たときは、夕暮れが近く大急ぎで立ち去ってしまった、飯高檀林へ向かった。
 今日の目的地。

20161010_飯高寺.jpg 飯高檀林は、日蓮宗の学問所で、立正大学の前身とされる。

 重厚な雰囲気で、外観上派手な装飾は一切ない。
 
 総門から、杉の巨木が立ち並ぶ鬱蒼とした道を行くと、大きな講堂が見えてくる。





 
20161010_栗山川の橋.jpg 栗山川に架かる橋。新しいアーチ状のトラスの橋の隣に、老朽化して立ち入り禁止となった橋がある。

 栗山川は、房総の川としては珍しく、流量が多く流れも速い。
 佐原で利根川より取水して、源流に流し込んでいる。



20161010_畑.jpg 道の駅くりもとから東関道までのあいだ、サツマイモ畑が広がる。
 多古や栗本町は、サツマイモの名産地。



20161010_田んぼ.jpg 神崎駅の南口側の田んぼ。
 古代米の刈り取りをしていた。
 白井の法目で栽培しているものと、同じ品種らしい。

20161010_発酵の里こうざき.jpg 圏央道神崎IC近くに新たに出来た道の駅、発酵の里こうざきへ行った。
 周囲の道路が工事中で、利根川沿いのR356に登ってから入った。
 道の駅には、バス停があり、高速バスが乗り入れている。

20161010_発酵の里こうざき2.jpg
 駐車場に、神崎町周辺の観光案内や、名産品の直売所がある。
 なぜか、駐車場の一角に軽飛行機が置いてあった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

雨の日曜

日曜日
 今日は、気象協会の天気予報的中。7時から11時頃まで、雨がしっかり降った。
 散歩は諦めて、午前中から、ジムで汗を流す。
 14時過ぎに帰宅する頃、すっかり雨は上がっていて、曇り空なので洗車日和。

 さて、昨日歩いた場所で、驚いた所が、稲敷市阿波の大杉神社。
20161008_大杉神社入口.jpg

 通りに面した石の大鳥居の後ろに、2つの天狗の首。

 20161008_大杉神社.jpg 境内に入ると、豪華絢爛。

 すべてが巨大ではないが、まるで日光の東照宮のようだ。
 社殿のあちこちに、彫刻が施されている。
 国道125に面した煌びやかな門は、現在は閉鎖されている。
 小雨が降るなか、訪れる人もいなかったが、この大杉神社は関東・東北地方に分布する大杉神社の総本社で、年間50万人もの参詣者があるという。

20161008_大杉神社2.jpg
 ぐっと渋い神楽殿の前から、奥に進むと校倉造りの建物がある。

 20161008_大杉神社にいた猫.jpg 
 
 ワシは、全く知らなかった。

 昨日は、雨と先を急いでいた為直ぐに立ち去ってしまったが、一度周囲の寺社と共にじっくりと訪ねてみたい。
 地図で見ると、大杉神社から神崎神社は、ごく近い。
 稲敷阿波の周囲には、神社が多く点在する。

 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

佐原から美浦経由で土浦

土曜日
 霞ヶ浦西浦右岸を、土浦まで歩いていくことにした。
 以前行ったのは、確か3年前。その時は、潮来から歩き出した。
 今日は、佐原駅前から。
20161008_十余島排水機場.jpg 水郷大橋を渡って、利根川左岸を遡り、新利根川の水門に着く。
 水門を見ながら、見えている稲敷大橋へ。


 20161008_稲敷大橋.jpg 稲敷大橋を渡る。
 進行方向の右側にしか、歩道がない。車が切れるのを待って、橋の右側に渡る。
 橋の西詰には、浮島の野鳥観察所。
 ここまでは、関東ふれあいの道。
 
 ここからまた遡って、伊崎の排水機場の所で右へ折れ、阿波崎城址を探す。
20161008_阿波崎城址入口.jpg ちゃんと、路地の先に案内板が、ドーンと建っている。

20161008_阿波崎城址.jpg

 急傾斜地を活かした、城跡。
 城跡の奥の丘は、ゴルフ場になっていた。

 時々、雨が降っては止んでいた。
 古渡橋(ふっとばし)の7・11で昼食を摂った後は、しっかりとした雨に1時間ほど降られた。
 雨の中では、少々悔やんだが、足を止める訳にはいかないので、ひたすら歩いた。
 雨が上がった後、ご褒美があった。
20161008_虹.jpg20161008_虹の根.jpg 虹が見えた。
 霞ケ浦の水面に、虹の根元がはっきりと。

 我慢すれば、いいことがあるもんだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

運動会日和

金曜日
 風が涼しく、程よい日差しの強さ。
 湿度が低く、カラッとしていて、動いてかいた汗も日陰に入ると、すっと引く。
 まさに「運動会日和」。
 
 明日から、3連休。
 千葉や茨城では、雨はなさそう。
 今日みたいな気温と湿度なら、快適に歩けそうだ。
 明日は何処へ行こうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

東京オリンピックは、10月開催にしよう

木曜日
 気持ちよく晴れ渡った。
 久しぶりだ。
 駐車場の愛車RX−8は、昨夜の雨と風で、木々の葉や樹脂が落ちて汚れていた。
 こりゃ、土曜日には洗わねばならんなぁ、と思いながら駅へ。
 
 新御茶ノ水から亀有へ向かう電車で荒川を渡るとき、秩父の山並みが見えた。

 最近、ググッと涼しくなった。
 気温が高かったが、湿度が低くてカラッと。日陰に入ると、スッと涼しくなる。

 まさに、スポーツの秋到来。
 東京オリンピック2020は、やっぱり10月開催に変更しましょうよ。
 アスリートファーストなら、是非。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

CEATEC2016

水曜日
 昨年同様、幕張メッセのCEATECへ。
20161005_Hitachi.jpg ホール1の社会エリアへ行ったら、入口すぐに日立のブースがあった。昨年までは、日立はあまり展示会に積極的ではなかったが、今年は力が入っている。
 先日、羽田空港で案内をすると発表し、昨日はJR東日本の東京駅で多言語対応の案内の実証実験をすると発表したロボット、EMIEW3を展示していた。
 日立のEMIEWは、もう8年以上も作り続けて、3になった。
 何度見ても、あの頭の形は、「サザエさん」を連想してしまう。

20161005_KIROBOmini.jpg TOYOTAのブースで、KIROBO−MINIとお話ししてきた。
 30分ほど待って、手に取って、話しかけて、遊んできた。
 ちょっとおバカなところが、可愛い。
 簡単な会話なら、応対はしっかりしている。ちょっと長い話をして質問すると、とぼけて誤魔化す。
 ロボホンほど、動いたり踊ったりしないから、すこし物足りない。

20161005_ROBOHON.jpg
 シャープのロボホン。
 とても可愛らしい動き。

20161005_テスラ.jpg テスラの電気自動車。
 運転席周りを見ると、大きなディスプレイ。ドライバー正面のメーターパネルも、液晶のディスプレイ。
 このテスラの車、パッと見てカッコいい。やっぱり、先進的な車は、見た目にカッコイイことが大切。
 ドアハンドルは、手を入れると15mm位外側に出てくる。
 ドアを閉じると、少し間をおいて、その15mmがスイッと引き込まれる。
 見た目に面白いが、こんなにボディから出っ張る形状で、歩行者への安全上問題はないのだろうか。

20161005_読書する.jpg 車のヘッドアップディスプレイの展示が、あちこちにあった。
 ドライバーの視線の移動を少なくして、安全を向上しようとするのが目的。
 ごく近い将来、ドアミラーも無くなり、車周囲の映像はカメラの捉えた映像がディスプレイで表示されるようになりそうだ。

 綺麗な女性に見とれて、つい足が止まった。

 この本を読んでいる女性は何じゃろかと思って、ブースを覗くと、脳波センサのデモだった。
 彼女の頭に乗っている、ティアラのようなものが、その脳波センサ。

 午後半日、見て回ったが、僅かなブースしか見ることが出来なかった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

信用に足るか

火曜日
 昨日、始発で出かけて、松戸駅で12分も待った。
 乗り換え案内の経路検索に従った。
 松戸駅では、快速の上野行が5時44分に出て行った。
 さては、とJRのサイトで駅の時刻表を調べると、北千住まであの快速で行けば、綾瀬始発の千代田線に乗り継ぎ可能だ。
 今朝、実践した。
 5時44分松戸発の上野行に乗り、5時54分北千住駅に到着。千代田線のホームに行くと、5時57分発の代々木上原行きに、楽々間に合った。
 何故、乗り換え案内は、最短時間の乗り換え経路を案内しないのか。

 最近、スマホのあの手のアプリは、情報の信頼度があまりにも低い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

両手・両足で操る

月曜日
 昨日、愛車RX−8を、初めて2時間を越えて運転した。
 パイオニアのNAVIは、運転を始めてから2時間経過すると、「休憩しましょう」と語りかける。
 
 昨日は、往復3時間50分程、運転した。
 あんなに連続して運転したのは、久しぶりだ。
 AT車の時は、渋滞にはまるとついつい居眠りをしそうになった。
 RX−8で久しぶりにMTに乗ると、渋滞でも居眠りはしない。
 やるべき操作が色々あるからだ。
 左足でクラッチを踏み、右足ではブレーキをアクセルに踏みかえる。
 左手でサイドブレーキを開放しながら、右足でアクセルをじわじわ開きながら、左足でクラッチを半クラッチから調整しつつ繋いでいく。
 角を曲がるときは、ブレーキを踏み減速しつつギアを下げて、繋いでいく。
 減速しながら、アクセルを煽ってシフトダウンしたギアにエンジン回転を合わせて、クラッチをつなぐ。
 ヒール・アンド・トゥという、至極当たり前の操作。あくまでも、ブレーキが主体で、減速後のスムーズな加速のため操作。
 これを応用すると、ブレーキを踏まずに停止寸前までエンジンブレーキだけで、減速できる。
 これが出来なくては、MTに乗る資格は無い。
 
 ATでは、全く必要が無い。
 MTならではの操作で、同時に両手両足を使う。
 長時間走行しても、両手両足を使って頭も使うから、眠くなったり出来ない。

 やっぱり、MTはボケ防止になる。 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

古い日産車

日曜日
 今日は、日産車をこよなく愛する人たちの、年に一度のお祭り『日産祭』のコース員としてのお手伝いに、袖ケ浦フォレストレースウェイに行ってきた。
 昭和40年代からの日産車のうち、スポーツ系の車が多く集まった。
 プリンス系のスカイラインは愛好者が多く、殆ど歴代のGTRが揃っている。
 正規のレース用車両から、レース用レプリカから、全くの普段乗りのナンバー付きノーマル車両まで。

 今日の注目の車両は、シルビア。
20161002_初代.jpg 左は、初代モデル。
 昭和40年から43年まで、約550台生産された、美しいボディの車。
 私の実家のモータースにも、同じ色のシルビアがあった。
 当時、人口わずか3,500人の村に、このシルビアが有った。
 今思えば、実に珍しいことだ。
20161002_2代目.jpg 右は、2代目。
 初代が、見た目は女性的な美しさでも、中身は当時のフェアレディをベースにした、硬派な車だったのに比べ、2代目は奇抜なデザインのサニーエクセレントベースの軟弱な車。
 昭和49年頃、ロータリーエンジンを積むことを前提にデザインされた奇抜さだったが、オイルショックで燃費の悪いローターリーエンジンの採用が中止となった、生い立ちの不幸な車。
 昭和50年にデビューし、昭和54年に製造中止。
 当時は、トヨタのセリカと競合する、「カッコで乗る車」と日産は売り込んでいたが、あのカッコで鈍いL18型エンジンとサニーベースの足回りの弱さで、商売的に成功しなかった。

 今日、改めて2代目シルビアを見ると、トレッドが狭く腰高で安定感を感じない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

定期券 継続

土曜日
 今日から10月。
 パソコンの設定を、秋に変える。スクリーンセーバーのスライドショー設定を、参照する写真を昨年の10月から12月に変更。
 朝6時頃雨が降っていて、天気予報も6時頃から15時頃まで雨。
 散歩を諦め、午前中からコナミスポーツクラブ五香へ行く。

 通勤の定期券が期限切れになっていたので、新鎌ヶ谷駅で継続。
 西白井から新鎌ヶ谷間は、磁気式定期券。これは、新鎌ヶ谷駅の窓口で購入。
 新鎌ヶ谷駅から松戸経由新御茶ノ水駅は、PASMO定期、
 PASMO定期の継続は、自動券売機で簡単に継続。現金を銀行ATMで引き出していったが、自動券売機ではクレジットカードが使用可能だった。
 これなら、カードで定期券を買うことにしよう、ポイントも付くし。
 いやぁ、便利になったものだ。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする