2016年12月31日

今年の終わりに

土曜日 大晦日 
 20161231_SWAN.jpg 調整池に行ったら、ちょうど給餌の時刻で、池の端に鳥たちが集まって大騒ぎ。
 

20161231_氷.jpg20161231_JRA競馬学校.jpg 今朝も、道の水たまりが凍っている。
 大晦日なのに、JRA競馬学校は、教練を行っていた。

20161231_道野辺八幡.jpg 道野辺八幡神社へ、年末年始の準備中。
 御神馬舎の扉が開いていて、見ることが出来た。


20161231_消えたコンビニ.jpg20161231_FT鎌ヶ谷.jpg ファイターズタウン鎌ヶ谷へ行く道の途中、コンビニが消えた。(もとスリーエフ)
 ファイターズタウン鎌ヶ谷は、門が閉じられていた。
 大谷翔平選手は、きっとここにいるに違いない。


20161231_金ぴか.jpg あまりにも、金ぴか。20161231_雪だるま.jpg シンプルがいい。
 ゆいの花公園には、例年のとおり雪だるまのオブジェ。
 ここも門が閉じていた。
 年末だからなぁ。
 近くの公園では、家族で凧を上げて遊んでいる。


20161231_イベント用.jpg 元山駅手前の踏切近くの、携帯ショップ。
 年末年始の販促イベントのために、こんなに派手なことをする。
 




 今年の、ワシの一大事は、なんだったか。
1.還暦を迎え、定年になった。
 財形貯蓄や個人年金の契約解除を先送りしたが、税金の面からは失敗だった。 
 今年中に解約していれば、2000万円まで控除されたのに。
 来年以降に解約して、手元に金を受け取れば、税金を取られてしまう。
 
2.車を買った。
 マツダのRX−8。
 結婚して以来、初めて自分の好みだけで選んだ。
 どうせ距離は乗らないから、省エネなど考慮する必要もない。年間、2000kmも走らないのだ。
 燃費など2の次。自ら操り気持ちよく走れる、MTの車両を選んだ。
 今の処は、おとなしく乗っているが、いつまで我慢できるか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

快晴

金曜日
20161230_SWAN.jpg 清水口の調整池の白鳥は、21羽に増えている。
 いくつかのグループに分かれていて、全てを一緒に撮ることが出来ない。
 コォーコォーと賑やかに啼いて、羽根を広げたりするので、見ていて飽きない。

20161230_水たまり.jpg20161230_霜柱.jpg 冷え込み、道の水たまりが凍っている。

 霜柱も、見事に立っている。
 土の道は、霜が融ける前が歩きやすい。


20161230_葬儀場.jpg 松戸市クリーンセンター近くの六高台さくら通りの角、もと此処にはファミマがあった。
 建物は、ファミマのまま。葬儀場って、そんな風には見えない。
 目の前は片側、中央分離帯のある片側2車線の道路。車の出入りも、不便だろう。
 建物は小さいから、1家分の家族葬を行うのが、狙いなのだろう。
 昔なら、お寺で済ますのになぁ。親父の葬儀は実家で、祖父の時はお寺で行った。

20161230_H2ステーション.jpg さくら通りを南東に進むと、4町目の角に昨年出来たエネオスのH2ステーションがある。
 最近ようやく街中でトヨタの水素自動車、MIRAIを目にするようになった。
 今日ここは休業なのか、まだ開業していないのか。20161230_何かな.jpg
 六高台の住宅地を歩いていくと、こんな表札があった。
 昔、蔵王にスキーハウス「ぼくの家」というのがあった。
 はて、見た目は普通の家で、お店にも見えない。
 何かなと思って眺めていたら、「デイサービスなんですよ」とスタッフの女性が教えてくれた。
 六高台には、グループホームやデイサービスが多い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

懐かしい記録

木曜日
 7時前に散歩に出ようと思っていて、TBS−TV朝ちゃんを見ていた。
 すると、7時半頃から宮原知子さんが、織田信成さんと滑るというので見ることにした。
 氷上恋ダンスは、ちょっとだけだった。
 
 散歩に出そこなった為、年末恒例の本棚整理を実施。
20161229_本棚整理.jpg 本棚の中の本を一旦すべて取り出し、棚板を拭き掃除。
 整理している間、アナログ放送時代のHDDレコーダーを起動し、「監査法人」を見る。

 今年になって購入して本棚に入りきらない本を、本棚周辺に積んでいた。本棚の中と文庫本を収容したコンテナが6つ。本棚とコンテナ内と全ての本をチェックし、著者ごとのコンテナに入れて整理する。
 手元に置かないと決めた本をBookOffで売り払う為に、ピックUP。
 本棚の一番下の段には、レースにオフィシャルとして参加したときの、プログラムがある。
 ついつい、ページをめくってしまい、時間が過ぎていく。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

なんだかなぁ

水曜日
 朝7時頃、AMラジオを聴いていたら、安倍総理の真珠湾での演説の中継に変わった。
 
 今回の訪問には、手放しで喜べない。
 オバマアメリカ大統領が、広島へ慰霊に来たのとは意味が違い過ぎる。
 日本真珠湾攻撃は、ハーグ陸戦条約の第三条約「開戦に関する条約」のいうところの、『開戦に当たっては、開戦宣言(宣戦布告)や最後通牒(条件付開戦宣言を含む)によって相手国に事前に通告すること』に違反する行為である。
 でも、攻撃は対象は軍事施設であり、非戦闘員を狙ったモノでは無い。
 広島への原爆投下は、攻撃対象は軍事施設に限ったものでなく、一般市民を大量に虐殺した戦争犯罪である。
 同じハーグ陸戦協定違反には違いないが、人道的な罪の重さが違う。
 アメリカが第2次大戦中に行った、2度にわたる原爆や沖縄攻撃や日本本土への焼夷弾を使った絨毯爆撃は、非戦闘員を狙った虐殺行為だろう。
 もっとも、実質的な戦闘能力が無くなっても降伏交渉に踏み出せなかった日本政府の愚かさは、国民を顧みない姿勢であり許されざるものだ。

 さて、明日から年末年始の休暇がはじまる。
 どうやって過ごそうか。
 一日は、恒例の本の整理と、本棚回りの清掃を行おう。
 買い物は済ませてあるから、年末の3日の一日はフリーだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

業務終了

火曜日
 今日で、今年の勤務先の業務は、終了。
 亀有分室のサーバー類を停止し、電源を分電盤のMCCBで遮断。
 試験用機器を片付け、室内を軽く清掃。

 来年1月から異動となり、ワシは今度ここへは外部からの来訪者になる。
 
 入社以来40年間、設計と開発に携わって来た。
 ずっと、自らモノを計画し作る仕事だった。
 いろんなことがあったが、思えば楽しい40年だった。

 来月からは、他人が設計したモノが仕様通りに出来上がっているか、確認し検査する側に変わる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年賀状

月曜日
 大急ぎで、年賀状をしつらえる。
 昨日一旦作成したのだが、印刷するとき表書きと裏面を同じ面に印刷してしまった。
 今日、郵便局ではがきを取り替えて貰い、再度印刷。
 
 裏面のデザインを変えようかとも思ったが、取りやめて作成済みのデザインをそのまま使った。
 印刷後、宛先ごとに手書きでコメントを書き加えた。
 筆記具には、先日部の歓送会でプレゼントしていただいた、カートリッジ式の筆ペンを使用。

 喪中の挨拶状が送られてきた先には、寒中見舞いを出そうと思う。
 明日、ハガキを買いに行こう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

柏・流山・松戸・市川を巡る

日曜日
 JRAのCMが、有馬記念に向かって賑やか。
 ワシ、有村架純さんと広瀬すずさんが、区別がつかない。
 
 8時頃まで、清水口の調整池で、19羽の白鳥を眺める。
20161225_SWAN.jpg まだ羽根の色がグレーの幼鳥が3羽、成鳥16羽はいくつかのグループに分かれている。
 はっきり番いと見受けられるペアもいる。

 折立の来迎寺、冨塚の西輪寺、藤ヶ谷の持宝院にちょっと立ち寄り、手賀沼沿いに出る。
 今日は手賀大橋を渡らず、柏沿いの湖畔を進む。うっかり道の駅沼南に寄らずに来たため、途中トイレに寄るも大津川にかかるひどり橋の袂のトイレは故障中、北千葉第2機場のトイレはシャッターが下りていて、ふるさと公園でやっとトイレで用を足せた。
 同じ手賀沼湖畔でも安孫子側は、トイレも水飲み場も短い間隔で整備されているのに、柏市側は人に優しくないなぁ。
 大堀川を遡って行くと、昭和橋の先でカワセミを見かけた。
20161225_カワセミ.jpg TXの高架を潜り、調整池の端で上に戻って、東武野田線の踏切を渡り道なりに進むと、流山警察署前に着いた。
 坂を登った頂点の交差点に、右に神社が左のはす向かいにファミマ。
 
 ファミマで昼食を済ませた後、重厚な鳥居の神社へ。
20161225_茂侶神社.jpg 茂侶神社は、延喜式神名帳に記されていたという、歴史ある神社。
 祭神は大物主命で、奈良県の三輪山にある大神神社の分霊とされており、ここの地名も三輪山。
 
 坂を下って行くと、流山街道の花輪城址の下に出た。
 以前歩いた、今上落川沿いを歩いてから江戸川堤に登り、松戸神社の所まで下って行く。
20161225_松戸神社.jpg20161225_松龍寺.jpg 松戸神社に参拝し、龍神水を二口頂く。
 年末年始のことが、記されている。
 松龍寺では、除夜の鐘が撞ける。歴史ある街では、除夜の鐘を「騒音」とほざくような不心得者はおるまい。


 坂川沿いから国府台の柳原排水機場で、江戸川の堤に登り国府台の駅で京成線に乗って、船橋で乗り換え鎌ヶ谷駅で下車。
20161225_富士のシルエット.jpg 江戸川の堤から。
 微かに、富士山のシルエットが見える。
 東武野田線で船橋を出た頃、丁度陽が落ちた。
 鎌ヶ谷駅の手前で、富士山がくっきりと見えたが、駅に着くと富士山が見えることが無い。残念。

 道野辺の珈琲豆蔵さんでコーヒー豆を購入し、新鎌ヶ谷駅まで歩いて北総線に乗って帰宅。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

船橋へ

土曜日
20161224_SWAN.jpg 清水口の調整池は、白鳥に鴨が沢山いた。
 白鳥は、ざっと数えて13羽。
 8時頃、ちょうど白鳥の会の方が、給餌の時間。


 米やパン屑が投げ入れられると、池の水面が波立つ。

20161224_神崎川土手.jpg20161224_神崎川分岐点.jpg テニスコート横の神崎川沿いが、舗装されていた。どこまで続いているのだろうかと歩いていくと、けやき台の調整池との分岐点の工事現場まで続いていた。
 
20161224_走っている.jpg JRA競馬学校のオーバルコースでは、軽快に走る姿があった。
 軽やかな足音と馬の鼻息が、リズミカルに響いてくる。

20161224_木戸川.jpg 船橋市古和釜の交差点を渡ると、木戸川がすっかり整備されて堤を散歩する人がいる。
 堤を歩いていくと、学校の手前でまだ工事が続いていて、堤から退去。
 
 県道船橋安孫子線(通称 船取線)を渡る頃、風が強くていささか閉口気味。
 少し早めだったが、塚田の駅で散歩を切り上げた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

年始用の酒を買いに鴨川へ

金曜日  (祝日 天皇誕生日)
 今年もあと、1週間ちょい。
 新年のお酒を買いに、鴨川の亀田酒造へ行くことにした。
 どんなルートで歩こうかと、月曜日から検討を重ねた。そこで、今まで歩いたことのないルートを選択した。
 まず、久留里へ行くために、始発で木更津へ。
20161223_八剱神社.jpg 久留里線の時刻表を見ると、約40分も待ち時間がある。
 以前久留里駅に行ったときは、こんなに待たなかったように思う。
 久留里線はICカードが使えないから、別に切符を買う必要があったので、改札を出て八剱神社へ。
 茅の輪があった。大晦日の大祓の準備だ。
 こっそり、潜ってきた。

 木更津駅に戻り、ホームに待っている久留里線の車両に乗りこんだ。

 列車の中は、ジャージ姿の高校生たちが一杯。

 久留里の駅前の水汲み場、久留里の街道沿いの造り酒屋さんで、湧き水を飲み比べる。
 一軒一軒、水の味が微妙に異なる。
 7・11で、おむすび3個とペットボトルの水を購入し、亀山湖へ向かった。
20161223_亀山ダム.jpg20161223_亀山湖.jpg 久留里から2時間で、亀山湖に到着。
 亀山湖は、木更津で海に注ぐ小櫃川をせき止めた、人口湖。
 ダムは、放水していた。
 片倉ダムから、県道24号線を南下すると、直に濃溝の滝のある清水渓流広場が見える。
 4・5年前に歩いた時とは、大きく様変わりしていた。
 駐車場も広くなり、ドライブインやレストランが出来、観光バスや多くの車が行き来している。
 なんだか、大切なモノを失った気分。
20161223_林道.jpg

 県道24号線からR410へ抜けるのに、林道を選んだ。
 この林道が、あちこちに「車両通行止め」の警告が出ていた。正直、少し怯えながら、先へ進んだ。
 途中のトンネルは、殆ど工事が終わっていた。
 この林道は、なかなか歩きやすい道だった。
20161223_亀田酒造.jpg
 14時半、亀田酒造到着。
 いろいろな施設や建物が増えている。駐車場の隅には、電気自動車用のチャデモの急速充電器がある。
 年始用の酒、4合瓶を2本購入。
 鴨川駅へ向かうのに、JA鴨川の所で、今まで歩いたことない天津への道へ。
 途中の大きな学校のある交差点「大日交差点」を右へ折れると、真っ直ぐ鴨川の駅。

 この道も、途中で歩道が左右に移動したり、消えてしまったりと、あまり感心出来ない道だった。

 息子たちが還暦の祝いにプレゼントしてくれたリュックは、4合瓶2本とカメラで一杯一杯になった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

春一番のような

木曜日
 21時半頃、コナミスポーツクラブ五香から外に出たら、生暖かい南風が強く吹いている。
 4月の花見の頃でも、こんなに暖かくはない。

 BS日テレの深層ニュースは、沖縄の問題。
 森本敏氏が、苦しい弁明をしていた。
 オスプレイは、不時着水して、あそこまで損壊してしまった。
 海外メディアは、はっきり「CRASH」と表現している。
 夜間の空中給油訓練で、給油装置にブレードが触れて損傷したのが、事故を招いたという。
 疑問に感じるのは、何故回転翼を持ち垂直離着陸の出来る航空機に、空中給油が必要なのだろうか。
 ヘリコプターに空中給油をするかぁ。
 滑走路が無くても離着陸可能な機体なら、地上で給油すればよいだろうに。

 不時着水を行ったにしても、着水時ローターというかプロペラは、航空機モードで飛んでいたのだろう。
 ブレードを上に向けてヘリコプターのようなモードで着水できたのなら、あそこまでバラバラにはならなかったのでは。
 不時着時の機体の損傷が、一般の航空機よりも大きいの明らかだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

屋形船で忘年会

水曜日  (冬至)
 今夜は、部の忘年会。
 なんと、浅草から屋形船で隅田川をぐるりと巡る、リッチな仕立て。
 ワシは、今年で今居る部から去るため、歓送会を兼ねてくれたので、ワシは無料。
 なんと、部を離れるということで、記念に花束と筆ペンのプレゼントを頂いた。

 浅草から隅田川を下って、お台場の付近で旋回して、豊洲と晴海の間を通って越中島で隅田川に。
 隅田川を遡り、吾妻橋付近でぐるりと廻ってスカイツリーを眺めた。
 隅田川沿いは、何度も歩いたが、夜景を見ることは殆ど無かったので、ちょっと新鮮だった。

 屋形船だから、料理は天ぷら。
 メゴチの天ぷらが、美味しかった。

 浅草を歩いて気づいたが、世の中は年末で暮れも押し迫っている。
 あちこちに松飾があり、門松の立つ店もちらほら。
 それにしても、なんて暖かいのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

無実だってぇ

火曜日
 歌手(かな)のアスカ氏が、嫌疑不十分で釈放されたそうだ。
 任意に提出を求められた尿が実はお茶で、覚せい剤の使用が検証できないからだという。

 でも、提出を求められた尿を偽証したのは、罪にならないのだろうか。
 そうやって誤魔化した、またその偽装する用意を普段からしていたということは、常時警察からマークされていた自覚があったということだろう。
 本当に覚醒剤を使用していないのなら、何故すり替える必要があったのか。
 
 本人がブログで「無実です」と書いているが、何ともなぁ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

水道道路

月曜日
20161217_砧浄水場.jpg 土曜日は、六郷用水跡から丸子川沿いを歩き、東名の高架下を潜った辺りで、水道道路を辿って此処に着いた。
 砧浄水場。
 ここから高円寺まで、真っ直ぐな道が延びている。20161217_水道道.jpg 道は、微妙な幅で、環八までは交差する道路に、大型車の侵入を防ぐような設備もあった。
 新たに作った道らしく、五差路や六差路のような、幹線道路と変速的に交わることが多い。
 巨大な水道管が埋設された場所を示す、東京都水道局の標示やテレメーター設備が設置されている。
 幹線道路ではなく、他の道路へのアクセスも制限されているため、車の通行量が少ない。
 でも、余りに真っ直ぐなため、歩いて楽しいかは疑問。

20161217_面白店名.jpg 水道道路の途中に、面白い名前の店があった。
 看板で店名を見て、吹きだしてしまった。

 「目標を視認」って、この店長は飛行機オタクか、ウフフ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

白鳥もいろいろ

日曜日
20161218_白鳥1.jpg20161218_白鳥2.jpg 清水口の調整池に今朝、白鳥は11羽いた。
 池にある掲示板には、「19羽」とある。
 しばらく、池の様子を見ていたら、2羽の白鳥が舞い降りて来た。
 どうやら、白鳥はあちこち飛び回っているらしい。

20161218_交通事故現場.jpg
 R16で、事故現場に遭遇。
 4台の玉突き事故。発端は、最後尾のタクシーらしい。

20161218_手賀沼の白鳥.jpg 手賀沼公園は、水辺に自由に近づくことが出来る。
 子供たちは、白鳥に触れたくて、近づいていく。
 ここの白鳥は、留鳥のコブハクチョウ。
 こいつが、意外と可愛くなくて、近づくと威嚇してくる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

六郷用水・丸子川・水道道路

土曜日
 先週見つけて気になっていた、六郷用水跡を辿ることにして、京急蒲田へ。
20161217_蒲田の朝.jpg20161217_月.jpg 京急蒲田駅を出て、呑川沿いに出る。
 日の出直後の、呑川。空には月が浮かんでいた。
 JRの線路をアンダーパスで潜り抜けると、大きなビルが解体工事中だった。
 解体中のビルは、工学院の校舎の一部だった。
 工事現場を回り込み、高層のガラス張りの建物の前に。
 20161217_日本工学院.jpg 日本工学院の本館。
 蒲田駅の西口側は、狭い路地が入り組み、下町って感じが漂う。
 商店街を通りすぎると、東急池上線の線路沿いに出る。
 真っ直ぐ北へ向かい、池上通を渡って本門寺の手前で、六郷用水の跡の遊歩道に着く。
20161217_六郷用水跡.jpg 先週も来た場所。
 用水跡を辿って行くと、あちこちに六郷用水の歴史を記した標示が立っている。

20161217_鵜ノ木松山公園からの眺め.jpg 環八を越えたら、ちょっと六郷用水跡を外れて、鵜ノ木松山公園の上に登った。
 多摩川の向かいは、武蔵小杉。高層ビル群のかげに、富士山が隠れている。
 僅か10年前には、あの高層ビル群は無く、富士山の姿が楽しめたいい場所だった。
 
 横須賀線の高架を潜って東光院から先は、初めて歩く。
20161217_六郷用水跡2.jpg
 東光院の先は、掘割に鯉が泳いでる。
 散歩には、抜群。
 中原街道を潜るアーチは、もともと六郷用水の水路のためのモノだろう。
 東急多摩川線の踏切を渡ると、丸子橋が左手に見える。

20161217_多摩川浅間神社.jpg
 急な坂を登ると、鳥居の向こうに立派な本殿が見えた。
 石段を登り、左手に多摩川を臨む舞台があった。
 富士山が見事に見える。
 東急東横線を神社の裏で越えられなかったので、一旦坂道を下り高架の下を潜って、亀甲山古墳公園に登る。
 公園はスロープの工事中で、一旦玉堤通りに下りて、再び5号古墳の手前から登る。
 中の道は、霜柱が融けてぬかるみ始めていた。
20161217_田園調布.jpg 流れは、丸子川と名を変えていた。
 石垣が築かれた流れは、とてもい佇まい。八幡神社の付近の桜並木が咲いたら、きっと素晴らしいだろう。
 目黒通から先は、以前に歩いたことのある道だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

老人に、禁固刑は響くか

金曜日
 埼玉の高齢者による交通事故に、禁固刑の実刑判決が下された。
 被害者の母親は、「娘の死が無駄にならなかった」と会見したが、甚だ疑問だ。
 あの判決では、高齢運転者の免許制度には何らの影響もなく、高齢運転者やオートマティックトランスミッション車の危険を回避する仕組みに言及していないだろう。
 ただ、罰が厳しく下されただけで、そんなに喜んでいいのだろうか。

 極論だが
 80過ぎの老人を刑務所に繋いで、先の無い老人には堪えるのだろうか。
 若者なら、「自分の将来が危うくなる」とか「貴重な時間が失われる」とか、もの凄く悔いるだろう。
 余生を送っている老人には、もう拓く未来は無い。多少時間を束縛されても、将来の夢が閉ざされるなどの、失望感は起きまい。
  
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

間抜けなこと

木曜日
 最近、夜に「火の用心」と云って拍子木を打ち、夜回りをする人たちが出る。
 師走の気配が高まるのだが、今の夜回りの唱える声がなんとも情けない。

 昔は、こう云った。
 「火の用心 マッチ一本 火事の元」
 今では
 「火の用心」 これを繰り返すだけ。
 何故か。今どき、マッチを使う家庭など無く、マッチ一本などと云っても通じない。
 「火の用心 マッチ一本 火事の元」は、見事に五七五の川柳になっている。
 非常にすわりが良く、語感がいい。

 今の「火の用心」は、俳句の上五を繰り返すだけで、間抜けな印象。

 「火の用心 マッチ一本 火事の元」 これは凄く優れた川柳なんだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

自然の光

水曜日
 月が綺麗な夜。 今夜は満月。
 街灯の明るさが邪魔して、満月の青い月明かりを楽しめない。
 あんなに明るい街灯を高い位置に設置するから、空の明るさを実感できない。
 本来、この満月の明かりだけで、夜道は明るい。
 街灯は、満月の月明かりと同等の照度とすれば、省エネにもなる。
 街灯は、光の色が暖色でもっと出力の小さいものを、低い位置に配置すべきだ。

 今日、車のリコール対応を予約した
 土曜日の17時、車をディーラーに持ち込むことになった。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

憬れ

火曜日
 土曜日は、都内の南西部の旧街道を歩いた。
20161210_天祖神社.jpg 旧東海道から池上通にそって歩いていくと、大きな寺社が多いことに驚き、古くからの街であると感じた。
 それと、地形が平坦ではないことが、意外なほどだ。
 品川からの旧東海道は、海岸より一段高い。昔は、この街道の位置が、東京湾に面していた。
 大森駅近くの天祖神社は、小高い丘の上にある。
 この小さな起伏のある土地が、東京の見どころを多くしている。
20161210_千鳥いこい公園.jpg 池上線の千鳥町近くの公園。
 公衆トイレがあり、六郷用水跡から登って来た。
 紅葉の色に、ほっとする。
 都内は暖かいから、モミジの赤はちょうど見頃だった。

 東急池上線。
 この響きに、何故か憬れる。殆ど訪れたことも無いのに。
 きっと、42年前に聴いたあるシンガーソングライターの唄のせい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

冷え込む朝

月曜日  ( 年休を行使し 休暇 )
 20161212_日の出前.jpg 冷え込んだ。
 日の出の時刻を待って散歩に出ると、朝焼けが美しい。
20161212_白鳥.jpg 調整池の白鳥は、確認できただけで10羽に増えていた。
 冷え込んだから、凍りか霜柱が見えるかなと思って出てみたが、暫く雨の無い乾燥した日が続いていたせいか、地面はカラッカラ。

20161212_朝の煙.jpg20161212_散歩中.jpg 7時頃、気温がまだ低く、落ち葉を焚く煙も上に登らず、地表近くに漂っている。

 散歩中の人は、防寒対策をしっかりしている。
 気温が低くて、手袋を持たずに来たことが、悔やまれた。
 手が冷たくて、手の指が痛かった。

 千葉ニューのイオンシネマへ、映画を見にった。
 8時40分上映開始だったので、間に合うかどうか少々心配だったが、楽々間に合った。

 「海賊と呼ばれた男」は、とても面白かった。
 原作は、3回ほど読んだ。 原作と異なる個所もあったが、それはそれで面白かった。

 20161212_生活バスちばにう.jpg 千葉ニュータウン中央から新鎌ヶ谷へは、このバスを使った。
 北総線の高額運賃に苦しむ千葉ニュータウン(NT)の住民のための格安路線バス「生活バスちばにう」。
 月刊千葉ニュータウンの発行人や、北総線のあまりの高額な運賃に異を唱える人たちが結束して、2年前に実現した千葉ニュータウン中央から新鎌ヶ谷駅まで直行する路線バス。
 料金は、¥300。

 乗って見たかったのだ。

 R464を、自分の運転する車以外で移動するのは、初めて。
 バスの高い位置から見える景色は新鮮だった。

 平日昼間のため、運行はスムーズ。千葉ニュータウン中央駅から新鎌ヶ谷駅前に、約21分で到着した。 
 バスには、ワシの他2名が乗っていた。
 時間は北総線の倍近くかかるが、快適さは優る。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

今年の最終イベント

日曜日
 今日は、4輪自動車レースのコースオフィシャルとして、今年最後のイベント。
 毎年年末に催される、トヨタ86愛好者のためのイベント「86まつり」。
 参加車両は、現行のトヨタ86、スバルのBRZと、「86」をスポーツ用車両の代表に押し上げたトヨタのレビントレノ車両型式「AE86」。
 AE86は、デビューは1983年。販売終了は、1987年。
 既に、30年以上経過している。
 それなのに、状態の良い個体が多く現存しており、走行性能もまだまだ一線級。
 レースやジムカーナ・ラリーなど、自動車競技での実績は素晴らしい。
20161211_TUKUBA1.JPG 夕ぐれまで、盛りだくさんなイベントだった。
 筑波山を見るのも、今年はこれで最後。
 夕陽に映える筑波山は、紅葉で木々の色が赤く見える。

 イベントは、参加者が楽しむことを第一にしており、JAFの公認競技会ではない。

 それで良いと思う。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

都内ブラブラ

土曜日
 主に、都内の旧街道を歩いて回った。
20161210_品川駅.jpg20161210_品川駅港南口.jpg JR品川駅。長いコンコースを歩いて、東側の港南口へ向かう。
 大画面のもの凄い数のデジタルサイネージが設置されている。
 港南口は、高層ビルが林立。
 不思議な形の、モニュメントは、「ハートの塔」だった。
20161210_北品川駅への道.jpg 東京海洋大の前から楽水橋を渡って、北品川駅の方へ向かう。
 旧東海道へ向かう道は、上り坂。
 旧街道は、海岸から一段高い場所にある。20161210_シンゴジラポスター.jpg
 旧東海道を歩くのは、これで3回目。心地よい道である。
 通り沿いの商店に、なぜかシン・ゴジラのポスターが、あちこちに貼ってある。
 北品川では、「シン・ゴジラに潰された街」と、貼ってある。
 たしかシン・ゴジラで、第3形態に進化する手前は、八潮高校から北品川駅までを移動していた。
 青物横丁で、京急線の高架を潜り、歩道橋を渡って池上通りを大井町駅へ向かった。
 このルートは、シンゴジラの進行ルートと思われる。
20161210_光福寺の大イチョウ.jpg 大井の光福寺。
 公孫樹の巨木。推定樹齢、800年という。20161210_光福寺の大井.jpg 本堂裏の墓地に、鉄柵で囲われた場所があった。
 石には「大井」と刻まれている。
 横穴式の古い形態の井戸で、昔は水が湧きだしていたという。
 この井戸の名が、大井の地名の由来だという。
 池上通り沿いは、見どころが満載だった。
 品川区貝塚遺跡公園は、開園が9時で門が施錠されたままだった。

 旧街道が残っている所は、なるべく選んで歩いた。
 古くからある道は、歩いていて疲れが少ない。
 道が程よく狭くうねっていて、あまり遠くまで見通せない。目の前の景色が、次々と変化するため、飽きないから疲れが少ないのだと思う。

20161210_暴走老人.jpg 大森駅の先で見かけた、ひどい自転車の乗り方。
 老人2人が、左右に並んで歩道を走行する。
 歩道一杯になるため、向かいから歩いてくる人は、必死に端によって避けて通る。
 本来自転車は、車道の路側帯を一列で走行するモノ。
 歩道走行の走行は、65歳以上の老人か幼児に限り、特例として許されているに過ぎない。
 基本的に自転車は車両であり、特に標識の無い道路では、一列に走行することが決められている。
 二列で走行していい場所は、「並進可」の標識のある場所のみ。
 後ろから見ていたら、殆ど信号も守っていない。順法精神の欠片も無い。

 こんな老人に、自転車を運転させてはいけない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

リセット・リブート

金曜日
 賞与支給日だったが、定年で契約延長になったワシには、賞与は無かった。
 ってのも、4月から9月までの賞与査定期間の分の賞与を、定年になった8月に貰っていたからだ。
 
 さて、昨夜からスマホが調子が悪くなり、メールの送受信が不調になった。
 スマホは、エラーメッセージで、送信できません「エラー302」とか表示する。
 ところが、この「302」とかが、何を意味するモノかさっぱり判らん。
 auのサイトを開いて見ても、なんの解説も無い。

 同じようなことは、弊社のソフトにも散見される。
 エラーコードが表示されても、その意味はユーザーには伝わらない。
 で、あのエラーを見て、ユーザーはどうすれば良いのか、全くわからん。
 何のために表示しているのか、ソフト設計者の意図が理解できない。

 あれこれ調べてみたが、通信元には問題無さそうだ。
 原因は、スマホ側らしい。
 再起動したら、メールの送受信がスムーズに完了。

 ワシは定年になって、仕事は仕切り直しになった、いわばリブート。
 スマホも、定期的なりブートが必要らしい。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

無常

木曜日
 昨日、くぬぎやま駅で、懐かしい人を見た。
 両手で杖を使って不自由な脚を支えて、やっとの様子で歩いて行った。
 頭は、白く薄くなっていた。
 年は、ワシより若い。
 15年ほど前、コナミスポーツクラブ五香に通い出したころ、彼は凄いトレーニングをこなしていた。
 筋トレも、ジョギングやエアロバイクも、もの凄い負荷を軽々とやってのけていた。

 10年位前、急にジムに顔を見せなくなった。
 5年前、松戸の駅で右手に松葉杖を使って、片脚を庇うように歩いている姿を見かけた。
 事故か何かで、脚か腰を痛めのだろう。
 
 昨日見た様子では、体の自由が利かなくなったように見えた。
 あれだけ切れのあった体の持ち主が、あんな様子になるなんて。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

ばくち打ちが決める

水曜日
 IR法案って、何だぁ。
 IRっていえば、インベスター・リレーションズのことだろう。
 企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動だよな。
 それとも、infrared 赤外線のことか。

 なんで、それに関して、国会で審議する法案が出来るのだ。

 なんて思っていたら、全く違っていた。
 統合型リゾート「Integrated Resort」の略だという。
 
 中心の話題は、カジノの解禁。
 現行法では、日本はカジノは刑法で禁止されている。
 国会の議員さんは、カジノの解禁に熱心らしく、衆議院では6時間そこそこで議論を終えて可決した。
 議員は選挙で選ばれる。選挙は、博打のようなものだから、議員が博打好きなのは当然か。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

水準は日々変わっていく

火曜日
 大分県の行方不明の幼児が、無事に保護されたニュース映像を見た。
 大衆の面前で泣きわめく若い父親の姿は、嘆かわしい。九州男児なら、もっと毅然としとれや。
 その点、祖父は立派だ。

 22時からNHKのE−TV「知恵泉」を見る。
 あの番組で、コメントしている作家は、感心しない。
 ゼロ戦は、デビュー当時は圧倒的な性能を誇ったが、弱点もあった。
 空力的な性能が洗練不足で、急降下速度が高速に耐えなかった。それは、何故か。試験飛行が満足に出来なかったからだ。
 名機と呼ばれていても、性能更新のスピードは早い。
 いつまでも、世界水準の中で、TOPを保つことは難しい。

 改造に次ぐ改造で、ゼロ戦が訳の分からん状態の中、一旦戦闘機から撤退していた中島飛行機は、名機「紫電改」を作り上げた。
 紫電改は局地的な迎撃機で航続距離は短く、ゼロ戦とは全く違う思想で作られたモノ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

なにを謝るのか

月曜日
 安倍首相が、アメリカのオバマ大統領を誘って、ハワイの真珠湾へ行くそうだ。
 オバマ大統領の広島訪問の、「返礼」として真珠湾へ「犠牲者の慰霊のための訪問」だと。
 
 真珠湾攻撃に対する謝罪では、オバマ大統領の広島への慰霊とは、意味が違い過ぎる。
 真珠湾攻撃で犠牲になった人は、戦闘員だけではないか。
 通常の戦闘行為における戦死者だけではないのか。

 アメリカの広島への原爆投下は、無差別に非戦闘員を殺戮した行為である。
 ハーグ陸戦条約に反する行為で、戦争犯罪に値する。
 だからこそ、アメリカ大統領が「謝意を表して訪問する」ことに、意味がある。
 
 日本の真珠湾攻撃はどうか。宣戦布告が遅れたが、その事実と準備をしていることを当時のアメリカ政府は、把握していた。「だまし討ち」として世論誘導したのは、アメリカ政府の策略だろう。
 攻撃対象は、軍事施設に限定しており、ハーグ陸戦条約に従った通常の戦闘行為。

 なぜ、通常戦闘行為を日本の首相が、「謝罪」するのか。日本は、あの真珠湾で戦争犯罪を犯した訳では無かろう。
 これで謝罪したなら、日本の首相は太平洋戦争の戦場すべてに、謝罪行脚をしなければならない。

 戦闘行為全てを間違いだというのなら、PKO活動を正当化出来るのか。
 安倍総理は戦闘行為全てを間違いだと認めるなら、日本国憲法の「戦争放棄」の精神を、国連総会で高らかと謳いあげるべきであり、核兵器の廃絶・武器の廃絶を主張してはいかがか。
 当然、武力は国際紛争を解決する手段として認めない憲法を持つ国なのだから、武器の輸出は即刻停止。
 武器輸出三原則を、元の武器輸出禁止三原則に戻せ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

お役に立てる

日曜日
 今日は、筑波サーキットで、超ド級の改造車の走行イベントが開かれる。
 これは、毎年12月の恒例イベントらしい。
 ワシは、コース員として、数日前に依頼されて参加。

 さて、前の車に使っていたメモリーナビが、お役に立てることになった。
 レジェンドドライバーのK氏のナビが壊れてしまったという。
 直すのも面倒だというので、今使っていないナビがワシの手元にあると言ったら、使って下さるということになった。
 来週日曜にまた筑波に行くとき、手渡すことを約束した。

 今年7月に車を買い替えてから使わなくなって、居間のコンテナの中に眠っているナビ。
 次の働く先が決まったのは、嬉しい。


昨日の福岡の病院にタクシーが突入した事故を、TVのニュースで見る。
 車両は、トヨタのプリウス。事故原因は、ドライバーだけにあるのか、科学的な分析・解明を望む。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

大山のぼった

土曜日
 伊勢原駅に着いて、カメラを取り出し、歩き出す。
 小田急線内に同乗していた登山スタイルの人たちは、大山ケーブル行のバスを待っている。
210161203_伊勢原駅前.jpg 駅前に大きな鳥居。この手前がバス停。210161203_粋な看板.jpg 東名を潜ってしばらく行くと、クリーニング店の看板が目に入った。
 服の形が、大山の稜線にそっくり。
 きっと、店主は意識してこの看板をデザインしたのだろう。
 歩いていると、登山スタイルの人を乗せた大山ケーブル行のバスが、追い越していく。

 9時頃、大山ケーブルの駅に着く。
 ケーブルカーの運行開始は、9時。バスで早めに来た人たちも、ここでケーブルカーを待っている。
 バスで来た人たちは、屈伸運動などをして歩き始めている。
 ワシはもう、1時間半近く歩いて、ウォームuPは完了。
210161203_男坂入口.jpg 9時10分、男坂を登り始める。
 8月20に来たときは、女坂を登ったから。
 男坂の方が、『キツイ』との評判だ。石段の連続で、確かにキツイ。
 でも、10から13段位で、一段落着く形で登って行くし、途中の景色がいいので疲れが癒せる。
 女坂より、楽しんで登れる。
210161203_阿夫利神社下社.jpg 9時半、阿夫利神社下社に到着。
 小休止して、景色を眺める。生憎、すこし霞んでいて、すっきりした景色は楽しめない。
 すぐに神社の左手の、山頂への登山口へ向かう。
210161203_山頂への道.jpg 9時35分、登山口の鳥居をくぐると、いきなりの急な階段。
 石段の蹴上は大きくないから、脚を上げるには楽だが、踏面が狭い。
 登りだから怖くないが、恐ろしくて下りたくない石段。
 しばらく行くと、「夫婦杉」がある。
 道の途中途中に、石柱があり「○○町目」と刻まれている。
 知らなかったから、10町目が山頂だろうと思っていたが、大間違い。
210161203_大山山頂.jpg 10時20分、山頂到着。
 途中、富士山が見えるポイントがあったが、今日は雲に隠れて見えなかった。
 あの「町目」というのは、道のりを表わしたもので、最後に見たのは28町目。おそらく山頂が、29町目。
 「丁目」ではなく、「町目」としているのは、昔の距離の単位「町」に拠るのだろう。
 1町は60間。11町で1200m。
 さて、山頂のトイレを利用し、整備費用として100円をカンパ。
 
 山頂で正午だろうと思っていたが、10時半ではまだ早すぎる。
 見晴台へのルートで下山を開始。
210161203_見晴台.jpg 山頂からの下山路は、段差の大きな木材で端を押さえた段々。
 踏面の土がえぐれている箇所が多く、木材は角柱で濡れると滑るため安心して踏めず、とても歩きにくい。
 また木材が丸太の箇所も、同様に歩きにくい。
 11時18分、見晴台到着。
 ここでも、山頂同様、昼食をとる人が多くいた。
 ここから、どのルートで下山しようかと迷った挙句、日向薬師方面へ向かった。
 登山道は、下りの方が怖い。

210161203_浄発願寺.jpg
 登山道を下り切り、日向ふれあい学習センターのところで、一般の舗装路に出る。
 しばらく下って、浄発願寺の3重の塔が見えてきた。
 12時18分、浄発願寺到着。
 道を下って行くと、農家の産直スタンドに、みかんが並んでいる。
 山を見ると、みかんの木が多い。

210161203_ひなたカフェ.jpg 可愛い店構えのカフェ。

 東名高速を潜って、伊勢原の市役所へ近づく。
 8月20日に来たときは、R246を本厚木へ向かった。
 今日は、真っ直ぐ伊勢原駅へ。
 今日は、大山へ登った。 
 大山登山のサイトを見て、今日は丸一日かかると思っていた。
 ところが、14時前に駅へ帰ってきてしまった。
 昨年、高尾山へ登った時も、同様だった。

 さて、「大山のぼった」、この言葉。何処かで聞いたことがあり、引っ掛かっていた。

 帰宅して、思い出した。
 松本零士氏の作品、「男おいどん」の主人公の名前だった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

最低気温は確実に高くなっている

金曜日
 昨日から12月。
 結婚した当時、12月の忘年会シーズンの夜は、寒くて背広だけでは震えていたように思う。
 改めて、気象庁の過去の気象データを参照した。
 すると、昭和60年の12月10頃からは、最低気温が氷点下になることがしばしばあった。
 今年は、どうだ。 
 今日などは、最低気温が千葉県船橋で、8.6℃。
 暖かい筈だ。

 50年前の小学生の頃、12月になると、雪が降る日がぽつぽつ。
 冬休みになると、地面の雪が消えなくなる。
 でも、40年前には、年末に雪が無い年があるようになった。

 会社に入って3年目、冬のボーナスを貰った週末に、苗場スキー場に初滑りに行った。
 12月には、あちこちでスキー場開きが催された。

 最近は、どうだろう。
 年末に人工降雪機を使わずに、滑走可能なスキー場がどれほどあるかな。

 温暖化は、明らか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

ワシも走りたい

木曜日
 昨日急遽依頼された、筑波サーキットのコース員として、一日筑波に来た。
 
 午前中は、雨が残り路面温度も低く、走る方は大変だっただろう。
 
 今日は、某自動車雑誌主催の、貸し切りイベント。
 車両の排気量やモディファイレベルに応じたクラス分けがされ、各クラス当たり10台程度に。
 そのため、他車と干渉することが少なく、車の性能を存分に引き出せることを狙ったイベント。
 約1時間半のフリー走行と、クラスごと20分ずつ2回のタイムアタック。

 ところがこの天候で、朝一のフリー走行は、雨で満足に走れない。
 1回目のタイムアタックも、最初から5組目までのクラスは、路面が濡れた状態でタイムが出ない。
 勢い、タイムアタックは、午後からの路面が乾いてからの2回目が勝負所となった。
 雨で慎重な走行を繰り返していた午前中に比べ、一気に走り方が変わった。
 
 見ていて面白いのだが、少々危なっかしい。
 それでも、同時にコースインする台数が少ないため、車両同士が接触する可能性は低い。
 クラッシュは、単独で済んだ。

 ワシの車と同型の車が走行するのを見ていると、走りたくなる。
 ヘルメットとグローブとタイヤを買って、走行会に参加しようか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする