2017年09月30日

柏から鎌ヶ谷

土曜日
 9月17日に、第12回4社合同(新京成・東武・京成・北総)ウォークが、五香から新柏のコースで開催された。
 そのコースをなぞって、柏駅からスタートし、鎌ヶ谷の豆蔵さんでコーヒー豆を買うルートを組んで、歩いてきた。
 柏神社。
20170930_柏神社.jpg 街の真ん中にあるこの神社は、なんだか小っちゃくて重々しさが無い。
 この位置は、昔の水戸街道の小金牧の木戸があった場所だと云う。
 この柏神社前の県道261が、昔の水戸街道。
 柏神社の右の路地を進むと、路地にはレイソルの旗が下がっている。
 真っ直ぐ進むと、日立柏サッカー場に出る。
 坂を下って小川を渡り、西側の路地に入り進んでいくと、屋敷堀を巡らした巨大なお屋敷に突き当たる。
20170930_屋敷.jpg 大きな門には、「彌惣治文庫」と掲げられていた。
 この長い屋敷堀と土塀に囲まれた屋敷は、600年続く彌惣治家だという。
 当主である薮崎恒夫さんが、明治の文章家大町桂月の掛け軸や著書などを集め、平成11年11月に彌惣治文庫文芸資料館として開いたものだということらしい。
 すぐ近くに、増尾城址公園がある。
 公園に隣接して、芝浦工大柏中高がある。
20170930_増尾の市民公園.jpg 増尾の少林寺から、柏市水道の井戸と貯水タンクへ向かう小路に、ボランティアが作っている花畑がある。
 今、千日草の赤い花が、可憐に咲いていた。
 小路を新柏の中原小へ向かうと、幾つかの柏水道局の井戸のポンプ小屋と、貯水タンクが並んでいる。
 柏の水道は、井戸水なのか。
 中原小学校は、今日運動会だった。

20170930_栗ヶ沢公園.jpg 栗ヶ沢公園のテニスコートでは、松戸市中学校のテニスの新人戦が行われ開会式の最中だった。


20170930_コナミ五香.jpg 4月まで通っていた、五香のコナミスポーツクラブ。
 ここは、土日の開館時間は、10時。 9時半なのに、入館を待っている老人がいた。
 専用の建物の為、非常に使いやすい。
 柏セントラルとは、筋トレ用のマシンに大きな差がある。
 コナミスポーツクラブには、同じ種類のマシンが殆ど、複数台ある。
 柏セントラルは、複数台あるマシンは、無い。この差は大きい。
 一見もの凄く多くのマシンがあるように見えるが、配置が雑然としているため。
 コナミスポーツクラブ五香は、整然と配置されているため、多くは見えない。

20170930_大町自然公園.jpg
 大町自然公園のバラ園は、秋のバラが咲き始め。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:34| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

紙の新聞は、

金曜日
 最近は、朝の電車で日経新聞を読む人を見なくなった。
 ワシの通勤経路が、都心へ向かうルートから外れたせいかもしれないが。
 朝っぱらから、スマホで何を見ているのかとチラ見すると、指が頻繁に動いている輩はゲーム。
 ゆっくり動いている輩は、スマホでマンガを読んでいる。
 ゲームもマンガも、ダメだという気はないが、朝っぱらからってのは感心しない。
 頭がクリアな状態に、これから仕事に行く朝だから、新しい情報を仕入れる一番いい時間帯なのだ。
 そんな時に、娯楽に走ってどうするのか。
 
 スマホで日経のサイトを見ている人もいるが、自分の見聞を広める意味では、新聞紙面のほうが優れてる。
 スマホやPCのサイトでは、自分の読みたい記事しか読まない。
 新聞誌面を眺めていると、いろんな記事が目に入ってくる。
 つい興味を惹かれて、読んでしまう。すると、知識の幅が拡がる。
 紙の新聞は、知見を広げる、
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

劇場みたい

木曜日
 正午のNHKニュースは、国会衆議院の生中継だった。
 いやぁ、びっくりした。
 開会して、いきなり「憲法7条に定めるところにより、衆議院を解散する」、だもん。
 国会って、正午に開会するのも、驚き。
 こちとら、昼の食事を始めた時だ。
 国会議員は、昼食の時間を大切にしないのか。
 何故、「解散する」と議長が宣言した直後、議員たちは万歳をするのか。
 若い奴が、「みんなこれで失職するのに、なんで万歳なんですか」と、疑問を投げていた。
 何が嬉しくて、万歳なのか、甚だ疑問だ。
 小泉進次郎氏は、「合理的理由なくやり続けるのは僕は好きじゃない。そういったものを全部なくせばいいと思う」と語った。正論だ。
 
 安倍総理は、政策の変更を国民に信を問うなどと云っているが、その政策について国会で質疑応答もせず、解散して選挙に持ち込んだ。
 8月頃自ら言った、「丁寧な説明」を否定している。
 不誠実極まりない。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

来月一杯はかかる

水曜日
 RX−8の修理の開始を依頼し、終了見込みを聞きに車屋さんに行ってみた。
 部品の取り寄せに難航しており、10月いっぱいはかかりそう。
 タイヤが1本バーストし、交換が必要だったが、1本だけ交換するとバランスが崩れてしまう。
 だから、この際4本交換することにした。
 早く帰ってこい、私の8(エイト)。

 エイトと云えば、ドコモのiphone8のCMは、不謹慎だ。
 『「八」と書いて「エイト」と読むんだ。』
 天下のNTTグループが、こんな日本語破壊のようなCMを堂々と公開するなんて、どうにも我慢ならん。

 今更、あの未熟な小僧に、賠償してもらう気も無くなった。
 
 21時からTV東京のドラマ「ダレスの剣」を見る。
 上川徹也が、素晴らしい。
 仕事上のこととはいえ、20年も前の事情聴取の時の一言一言を覚えていられるものだろうか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:47| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

地震予知なんか無理

火曜日
 中央防災会議の作業部会では「現時点では科学的に確度の高い地震予測はできない」と報告されたそうだ。
 東海沖地震の、対策のことだ。
 東海沖地震は、事前の観測や情報解析で予知できることを前提に、1978年に大規模地震対策特別措置法という法律が作られ、3日くらい前に地震の兆候をつかんで対策を講じる計画が作られてきた。
 やっぱりと云う思いだ。
 約40年間、ようやく間違いを認めたか。

 書店で「マツダコスモスポーツ」の、モデル本を見つけた。
 ロータリーエンジンの1/2模型も付属するという、週間雑誌。
 惹かれるなぁ。

 2週間ぶりに、アーリータイムズをソーダ割で飲む。
 美味しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

面の皮

月曜日
 日の出の時刻が5時半頃になり、朝の明るくなるのが一挙に遅くなった感じがする。

 さて、最近、アメリカと北朝鮮の舌戦が続いている。
 その北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)のことが気になり、ちょっと調べてみた。
 国交を樹立している国は、日本は最多で、192か国。北朝鮮は、166。
 北朝鮮も国際的に、意外と開かれた国と云えるか。
 その北朝鮮と、反駁している国は、日本・韓国・アメリカの3国のみ。
 これなら、国連の安保理事会で、必死に経済制裁の実行を訴えなくては、他の国は関心が薄く効果が得られないのだろう。
 北朝鮮の「自衛のための核開発は、防衛上の当然の権利」と云う主長(強弁)も、判らんではない。
 が、そのプロセスは、どうだったというのか。
 IAEAの勧告に従ったふりをして核開発を止めたふりをして各国の経済支援を取り付け、その陰で原発の稼働と核兵器の開発を続けた。
 その不誠実さを恥じることも無く、国連総会で主張する北朝鮮の面の皮の厚さに、呆れかえる。
 
 面の皮の厚さに感心するのは、日本の総理大臣も負けていない。 

 いくら代わりがいないからと云って、自らの政策の成果検証もろくに行わずに、同じ施策を続けようとする。
 8月頃に、「丁寧に説明する」と云っておきながら、そんな事は何もしていない。
 野党を、国民を、なめ切っている。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:35| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

すっかり秋空

日曜日
 昨日、文化放送を聞いていたら、 物事が入り乱れた混沌とした状態を表す擬態語のことを、文化放送のアナウンサーが「すっちゃかめっちゃか」だと強弁していた。
 このアナウンサーは北海道生まれで、それが北海道の方言だということを知らなかった。
 アナウンサーなのに、呆れたものだ。
 本来の表現は、「しっちゃかめっちゃか」である。
 まれに「ひっちゃかめっちゃか」というのは、江戸訛りの「し」と「ひ」の混同現象による。
 似たようなことは、「ケンミンショー」でよくみられる。

20170924_夕方の空.JPG 朝は、雲が厚くたなびいていて、「本当にこれで今日は晴れるのか」と疑問を抱いた。
 日中は、スッキリと晴れ渡った。
 陽射しが強くて日向では汗が吹きだすが、日陰に入るとすうーっと汗が引く心地よい、秋の天気だった。
 17時を過ぎると、あっという間に陽が傾き、薄暗くなって来た。

 夕方見上げる空は、すっかり秋の装いだった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

秋空

土曜日  秋分の日
 午後から雨が上がって、すっきりと晴れ渡った。
20170923_コスモス.jpg20170923_ススキ.jpg 久しぶりに、晴天の中を歩くと、とても気持ちいい。
 昨日、こんな天気だったらなぁと思いながら、歩いた。
 流石に、彼岸だから、ススキの穂も出ている。

 柏市藤ヶ谷の持法院は、地元では彼岸花で有名な寺。
20170923_持法院.jpg
 昨年以来、山門の前の彼岸花が、激減しているのが残念。
 特に山門の右側が、極端に減っている。  

 手賀沼沿いの安孫子公園で、夕陽を眺めた。
20170923_手賀沼の夕日.jpg

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:54| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

権現堂堤へ

金曜日   勤務先は休日
 曼殊沙華を見に行こう。
 ついでに、古河駅の周辺を少し歩いて見よう。
20170922_新古河駅前.jpg20170922_向こうは渡良瀬遊水地.jpg 新古河駅は、真新しい駅舎だった。
 駅前は、鰻料理の割烹旅館がある他は、云わば何も無い。
 直ぐに迫る堤を登ると、北西側には渡良瀬遊水地が見える。
 三国橋を渡って、茨城県古河市に入った。
 古河城の史跡を巡って、古河城跡の歴史博物館へ向かった。
20170922_古河城跡周辺.jpg
 古河城は、平城だ。
 うっかり、城址の歴史博物館の周囲を歩いてしまい、歴史博物館は見ることが無かった。
 城址への路は石畳が敷かれ、いい雰囲気だ。
20170922_青木酒造.jpg20170922_イチョウ.jpg 街の真ん中に、造り酒屋があった。

 その酒屋の土蔵の隣に、巨大な公孫樹の木のある神社。



20170922_大聖院.jpg 駅西口の間近い所に、静謐な雰囲気を湛えた寺院があった。
 
 駅前へ行くと、古河市の史跡案内略図が、建っていた。
 こりゃ、じっくり巡る価値がある。
 JR古河の駅前は、全く段差のない、バリアフリーを実現していた。

20170922_思案橋.jpg 陸自古河駐屯地の縁の道を歩いて、「思案橋」という名の橋を渡った。
 地図でこの橋の名前を見ていたから、渡ってみようと思った。
 橋の袂に、橋の名前の由来が記されていた。
 由来を読んで、つい涙が湧いてきた。

20170922_権現堂.jpg
 権現堂の曼殊沙華は、圧巻だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

若者は、やっぱり馬鹿者

木曜日
 メールの使用は、仕事の上では重要な連絡手段。
 電話では、後で「言った、言わない、聞いてない」の、トラブルを避けられない。
 メールなら、文章でのやり取りなので、はっきりと形が残る。
 異議があれば即刻返信して、修正が出来る。
 FAXは、最近あまり使用されない。
 電話番号の間違いなどで、送信先を間違えるトラブルが絶えないからだ。

 今どきの若者は、重要な話は電話か直接会って話すかを選ぶという。
 SNSだと、意図しない人に見られてしまうからだと云う。
 アホラシイ。
 選択するツールが間違っているに過ぎない。
 多数に広く拡散・共有することを目的としたSNSは、内緒話には向かない。 
 何でもかんでもSNSってのは、なんとかの1つ覚えだ。
 阿呆!!

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

秋の準備

水曜日
20170920_自販機メニュー.JPG TXの駅のホームの自販機。
 少しであるが、温かい飲み物が加わっている。
 
 自販機も、秋物の用意が出来ている。

 あと10日もすれば、10月。衣替え。

 また上着を着る季節が来ると思うと、ちょっとメンドクサイなぁ。
 本性を現して、薄着で通そうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

なんだろうか

火曜日
 衆議院の解散総選挙を、画策しているおっさん、いやお爺さんがいるらしい。
 内閣改造後、まだ一度も国会は開かれていないから、施政方針演説もしないで内閣は総辞職するのか。
 これじゃ、大臣の名前を覚える暇もない。
 安倍首相は、改造した内閣を「仕事人内閣」と自賛したが、実態は「何もしないかく」であるという共産党の小池晁氏が見事なコメント。

 事実上内閣の広報誌である、読売新聞はすでに選挙の争点3つを一面に掲載。
 どうやってこんな記事が載せられるんだろう。

 全世代型社会保障制度を実現する。
 →有権者に耳障りのいい、美味しい話をして議席を稼ごうという、アメ。
 対北圧力強化継続
 →ほとんど効果が無く、実績も上がっていない。日本独自の経済圧力など、国交がないのだから掛けられない。国連で騒ぎまくって、他国の対応にすがるだけ。
 9条改正
 →これが本当にやりたいことだろう。だから、甘いアメを争点の一番に挙げて議席を稼いだら、国民の意見など顧みずに、安保法制時のような傲慢なやり口に出るに違いない。
 
 安倍総理は、内閣改造前に「丁寧に説明責任を果たす」と云っていたが、あれ以来全く説明さえしようとしない。
 よくもまぁ、こんな内閣の支持率が上がるものだ。
 まぁしかたないか。
 なんたって、「嘘つきは政治家の始まり」という言葉さえあるくらいだ。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

柏駅周辺

月曜日  国民の祝日 敬老の日
 日中は、柏駅界隈をブラブラ。
 柏市は人口42万人。松戸市や市川市の48万人より少ない。
 でも、水戸市の約27万人に比べると、圧倒的に多い。
 先週行ってみた水戸市に比べると、街は圧倒的に小さい。
 もっとも、水戸は茨城県の県都であり、その歴史的背景から考えると、柏の駅周辺がみすぼらしいのは、やむを得ない所。
 柏駅を松戸駅と比べると、似たり寄ったり。
 駅が東武とJRで分断していて、どうにも使い勝手が悪い。
 JRの駅側は、常磐線の田舎の駅の雰囲気が抜けず、あか抜けない。
 駅の周辺は、どこが目抜き通りなのか判然とせず、駅前の広場も広くない。
 西口のバスターミナルは、道沿いに分散していて、使い勝手がとても良くない。
 到底人口42万人の都市の表玄関には、思えない。
 東口側には、商業ビルが何棟か建っているが、繋がりが悪い。
 広々としたペデストリアンデッキの向こうに、旧そごうのタワーが建っているが、そごうは店を閉じてしまっているので、人の行き来が無く寂しい限り。
 西口側は、高島屋が雰囲気を作っている。都市的なムードを持つのは、高島屋の周辺のみ。
 西口側は、R6までの幅が200mしかなく、市街の規模を大きく出来ない。
 道の配置が、整理されておらず、2本しかない大きな通りからそれると、いきなり庭付きの民家がある。
 市川市も、市川や本八幡の駅からそれると、民家があるがこっちは大きなお屋敷や洋館。
 松戸市も市街地は小さいが、歴史を感じる建物や旧家がある。

 柏は、田舎だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:00| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

寒かった

日曜日
 台風は、またもなかなか足が遅く、九州四国付近をうろうろしている。
 これで、明日は本当に晴れるのだろうか。
 
 今日は、天候は予想ほど荒れず、少々雨が強かっただけで済んだ。
 気温は日中でも、20℃前後で、雨に打たれると寒く感じた。
 今日のレースでは、主催者側が例年の季節感で飲み物を、500mLのペットボトルを一人当たり5本と大量に用意してくれた。

 今日のレースは、JAF非公認。
 来週は、正規のJAF公認レースが、同じ筑波サーキットで開催される。
 来週も、ここに来る。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 18:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

TANTOとN・Box

土曜日
 私のはっつぁん(RX−8)の修復は、事故当事者の了承を取り付けていないため、まだ本格的には始まっていない。
 代車は、今日までダイハツのTANTOカスタムを借りていた。
 今日から、ホンダのN・Boxに変わった。
 N・Boxは、29年式の、モデルチェンジ前のもの。
 TANTOと比べると、モデルが古いのが判る。
 静粛性も、現行のTANTOの方が、優れていた。
 メーターがハンドルの正面に独立してあるため、メーターが小さくて見づらい感じ。
 いろいろな操作・表示が、TANTOに比べると、小さくて貧相。
 運転席の足元、特に左足が狭い感じ。
 どうやら、N・Boxは今回のフルチェンジで、メーターを一体型にして大型化、TANTOに近づけた。
 エンジンスイッチも、ハンドルの右にあるTANTOの方が自然。
 N・BOXもフルチェンジで、右に変更した。

 どっちも、乗って困ったのは、ルームミラーの位置が高いこと。
 ミラーを見るのに、視線を上げるだけでなく、少し首を曲げて上を見ないとミラーが見られない。
 どちらも運転席と助手席のシートに下に、巨大な空間があるのに、トレーが無い。
 日産の2代目プレーリーは、シート下にトレーがあり、とても重宝した。
 何故無いのか、不思議。

 いずれにせよ、RX−8とは両極端。

 明日は、筑波までN・Boxに乗って行く。ちょっと楽しみ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

騒々しい

金曜日
 北朝鮮が、またもICBMを発射した。
 飛んだ軌跡は、前回とほぼ同じコースだが、飛距離は3,700kmに達した。
 これで、グァム島に届く飛距離を持つことを、アピール出来たことになる。
 日本上空の通過時の飛行高度は、800kmに及ぶ。
 事前準備なしに、こんな高高度の飛行物体を捕捉し破壊する能力は、日本は持っていない。
 国会で、「毅然とした態度」を示すと云っているが、毎回同じで実効性が無い。
 彼の国にしてみれば、「大国の影に隠れた腰ぎんちゃくが、何をほざいている」と、嘲り笑うことに過ぎない。
 そもそも、自国の安全保障を先の戦争で負けた国に委ねている、占領下にあるような体制の国家とも言えない国家が、自国の安全保障の為の政策を非難する資格は無いと思っているのだろう。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:27| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

ゆるく行こうよ

木曜日
 日本はNPT未加入のインドと、原発輸出を可能にする日印原子力協定を交わした。
 このことは、核兵器を持たない国から見れば、日本はダブルスタンダードと云われても仕方ない。
 北朝鮮に理解のある国からみると、自衛のために核兵器を所有した北朝鮮ばかりが、何故責められるのかと訝るのもありうる。
 しかし、北朝鮮の核保有への道のりは、まったく不誠実だ。
 IAEAの勧告を聞いたふりをして、密かに各原発の稼働を再開しプルトニウムを作り、国の経済援助を騙し取って行ったものだ。
 だからと云って、非難だけしていても、事は解決するはずがない。
20170910_ターザン.jpg  歴史を遡って見ると、アメリカは話し合いで解決する国ではない。

 昭和16年頃、日本は抜き差しならない状況に追い詰められて、道を踏み外してしまった。

 のんびり風に揺られるように、互いにゆるく行けないものか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

水戸市の北側

水曜日
 土曜日に行った、水戸市を振り返る。
 保和苑から東へ向かった。
 後で地図を見ると、この付近は学校が沢山集まっている。
20170909_水戸八幡神社.jpg
 茨城高校の先に、八幡神社の鳥居があった。学校の方には、祇園寺への山門があった。
 重厚感がある。
20170909_水戸八幡神社本宮.jpg20170909_水戸八幡神社参道.jpg 本宮の中を覗くと、磨かれた鏡が見えた。
 東に延びる参道は、鬱蒼とした木々に囲まれて、静謐な趣があった。
 ついつい、歩く脚が遅くなる。
 老夫妻が歩いて行くので、ちょっと後に続いた。
20170909_烈公御涼所.jpg
 巨木のそびえる展望の見事な地だった。
 北の方へ展望が開けていて、万代橋の青い柱、ひたちなか市の日立製作所の工場の2つのタワーが見える。
 ここなら、夏でも木陰になり、那珂川からの川風が渡ってきて、涼しいだろう。

20170909_芸術館タワー.jpg 歩いていて、いやが上にも目に入ってくるのは、水戸芸術館の異様な形のタワー。
 高い所の好きなワシ(何とかと煙というでしょ)は、下まで行ってみた。
 すると、芸術館の入館料を払うと、タワーの中のエレベーターで上まで登れるという。
 たった¥200だ。迷わず、チケットを購入。
 エレベーターは、流石にお膝元の日立製。かご内は3方向がガラス貼りで、タワーの内部構造が見える。
 中には、メンテナンス用の階段があるが、そこは開放されていない。
 ドアは円筒状で、開閉してもタワー内にはみ出さない。
 施工が大変だっただろうと、想像がつく。

20170909_三の丸.jpg 三の丸は、風景がぐっと江戸の風情を残している。
 水戸武道館は、今でも市役所の分庁舎として使わているらしい。
 水道の給水塔も、ちょっと華やか。
 20170909_弘道館.jpg 弘道館へ着いたときは、16時55分。
 公開は、17時までだった。
 事前の距離計算では、16時には此処に付ける筈だった。
 ところが、見所があまりに多く、公開の時間内に辿りつけなかった。残念。
 
 三の丸から水戸城跡の付近は、江戸の風情を残す中に、幼稚園・小中高等校がある。
 この雰囲気のなかで少年時代を過ごすと、どういう歴史観を身につけるのか。

20170909_水戸駅前.jpg 水戸駅前は、約38年ぶり。 
 その変わりように驚いた。
 巨大なペデストリアンデッキが拡がり、水戸市が地域経済の中心地であることを、猛烈に主張している。

 ワシは、まだ偕楽園には、行ったことが無い。
 水戸は、じっくり歩く価値がありそうだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

水戸の西側

火曜日
 土曜日の水戸森林公園から、水戸市内への歩きを振り返る。
20170909_藤井川.jpg 楮川ダムから田野川に沿って、藤井川の排水機場に出る。
 藤井川の堤は、歩き易く整備されていた。
 川と云うより、排水路にしか見えない。
 藤井川という名称から、なんとなく大阪を連想する。
20170909_大井神社.jpg 旧道を歩き、飯富町を行くとこの神社の鳥居に惹かれた。
 急な石段を登ると、豪奢な本堂がある。

 常磐道のトンネルを越えて、台渡里廃寺跡を探して、ぐるぐる巡った。

20170909_曝井.jpg 愛宕神社への道標に惹かれ、坂道を登ると「曝井」と標示のある湧き水があった。
 今でも湧き水が出ている。江戸時代は、水量豊富な湧き水だったそうだ。
 今は、湧き水の丘の上は、宅地開発されて保水量が減少したのだろう。

20170909_愛宕神社.jpg 愛宕神社。
 趣きのある、社。
 神社の周囲は、古墳。
 昭和52年から昭和54年まで、隣の旧勝田市(現 ひたちなか市)に2年間住んでいて、週末は水戸市に遊びに通った。 
 でも、水戸市のこんなところは、来たことが無かった。
20170909_保和苑.jpg
 保和苑では、女子高生たちが展望台で、談笑していた。
 こんなお寺で遊んでいるなんて、水戸の高校生は一味違う。

 <続く>
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:39| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

水戸市森林公園から

月曜日
 <土曜日の水戸森林公園へ行った時の続き>
 くれふしの里古墳公園を辞した後、小川の縁に降りた時巨大な茶色い壁が見えた。
 地図を確認すると、三野輪池の端の堤のようだった。
 地図を見て、池の堤に西側から登って行ったが、気がつくと池の遥か上流に出てしまった。
 一旦下って、東側の県道を登った。
20170909_三野輪池.jpg 県道から堤の上への道は、一回間違えてから辿りついた。
 堤から、水辺は凄く深く遠かった。
 ずっと雨が少なかったので、貯水量が少なくなってこの状態なのか。
 次に森林公園へ向かうのに、わざと旧道を選んで、道を間違え右往左往。

 20170909_木葉下.jpg 県道の森林公園への道しるべに従って進んでいくと、どんどん道が心細くなり、上空を鳶が舞っている方の林道を進んでいくと、道端に「金山跡」の標示があった。
 水戸には、国内3位の産出量の金山があり、豊臣政権下から徳川時代にかけて産出されていたという。
 こんなのは、初耳だった。
 林道を登って行くと、森林公園へのゲートがあった。
20170909_水戸森林公園.jpg
 ある森の交流センターの時計台は、県道から見えていた。
 自然環境活用センターの駐車場に、片手に本を抱えた人の銅像。
 大鍋展望台へ行くと、35年来の付き合いのY氏が来ていた。3週間前に緊急入院し、先週退院したばかり。2週間の入院生活の為か、ちょっとほっそりしていた。
 展望台から南東方向に、パラボラアンテナの沢山着いた鉄塔が見えた。
 地上波デジタルテレビの送信所だということだ。
 展望台が騒がしくなったので、先を急ぐことにした。
20170909_森林公園のアプローチ.jpg
 少し下った先に小鍋展望台があり、そこはひっそり。
 林の中の小路を下って行くと、直に県道に出る。こっちの入口には、どでかい看板がある。
 緩い坂を下って行くと、直ぐに展望が拡がる。
 20170909_楮川ダム.jpg
 道路沿いに道標があり、ダムがあると判る。
 小川沿いの道を歩き、ダムへの坂道の途中の斜面を登って、ダム湖の上に出る。
 途中、放水路の途中に、猛禽類らしき鳥が飛んできたが、撮影に失敗した。
 楮川ダムは上水道用の貯水池で、浄水場が隣接しており、極太の水道管で水戸市内へ上水を供給している。
 水戸市の西側に、こんなダムが在ったとは。

 水戸市は、昭和50年頃18万人程だった人口は、平成の大合併により現在約27万人。
 この後、常磐高速を潜って水戸市内へ入って、感心することの連続だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:10| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

彼岸花を探しに

日曜日
 朝早いうちは、秋の虫の鳴き声。7時半を回ると、蝉しぐれに変わっていく。
20170910_セミ.jpg
 冨塚の西輪寺で、アブラゼミが、ツクツクボウシが鳴いている。
 木には、セミの抜け殻が、2種類残っている。
20170910_持法院.jpg そろそろ彼岸花が咲くころだろうと、あちこち見に行った。
 冨塚の西輪寺は、まだまだ蕾の状態。
 藤ヶ谷の持法院は、すでに咲いている株もあった。
 来週末あたりが、ぐっと花咲き見ごたえがある状態になるだろう。

20170910_稲刈り.jpg ようやく、稲刈りが始まった。
 稲刈りも、コンバインで、あっという間に済んでしまう。
 昭和40年頃までは、田植えも稲刈りも機械化されていなくて、人手による人海戦術。
 だから、地方は農業従事者の人口が多く必要で、人口が多く地方経済が活発だった。
 今は、機械化によって、減反政策も相まって、農業従事者人口が激減。
 地方経済は、消費者と生産者人口の減少によって、減退して行ったと云ってもいい。
20170910_中沢ふれあい緑道.jpg 
 鎌ヶ谷の貝柄山公園から登って行く東中沢ふれあい緑道に、白い彼岸花が咲いている。


 フジテレビの27時間テレビは、始まりの3時間と終わりの3時間しか見なかった。
 終盤の3時間は、いい番組だった。
 ある意味で、NTVより良心的。だが、生放送で行う必然性は無い。
 TV朝日の番組かと思ってしまう。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:18| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

内原から水戸

土曜日
20170909_朝.jpg 朝、久しぶりに朝日を見た。
 東武野田線で柏に出て、JRで安孫子で始発に乗り換えて、内原へ向かう。
 我孫子で約20分、始発を待つ。安孫子には、駅の売店も無い。
 こんなことなら、取手駅で待てばよかったか。
 牛久から神立までの間、ぐっすり眠りこんだ。

20170909_内原駅前.jpg 33年ぶりに、内原駅に降り立った。
 びっくりする変わりよう。
 駅の出口が、南側から北側に変わり、駅の東側にAEONやケーズデンキがある。
 駅前からの通りは、R50まで真新しい。
 R50も片側2車線になっている。笠間まで6kmの標識をみて、近さに驚く。
20170909_マンホール.jpg マンホールの絵柄は、かたくりの花。
 近くにカタクリの自生地があるらしい。
 カタクリは、旧内原町の花だったか。
 
20170909_お堂.jpg 杉崎町の町中の路地を歩いていくと、小さなお堂があった。
 拾壱面観世音菩薩堂。
 頻繁に、人が出入りしていて、手入れが行き届いている。
 路地を歩くと、とても心地いい。
 立派な門構えの屋敷や、屋敷堀を巡らした屋敷が多い。

20170909_古墳公園.jpg くれふしの里古墳公園は、牛伏古墳群を中心に巨大な古墳が点在。
 高さ約18mのはに丸タワーは、歩いて登れ最上部が展望台になっている。
 展望台からの景色は、絶景だった。

 なかなか、目的地の水戸市森林公園に辿りつけない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:34| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

ワシなら公開しない

金曜日
 バレーボールの中継が延びて、バトルシップの放送に間に合った。
 冒頭から、稚拙なカメラワークが続く。まるで30年前見た、香港映画のようだ。
 でなければ、安っぽいTVドラマだ。
 よほど小さい画面で見ることを前提に作ったような絵だ。
 ストーリーの後半は、まるで「宇宙戦艦ヤマト」だ。


 西白井駅の中に、アマチュアカメラ愛好家の作品が掲示されている。
 ワシなら、とても恥ずかしくて公開出来ないレベルの写真ばかり。
 ピントが何処にも合っていない。何を主体に捉えた写真なのか、意味不明な写真だ。
 風景写真では、ちょっと良いモノもある。
 遠景と近くの対象を重ねて写した写真は、どちらにもピントが合っていない。
 だから、何を主題に写そうとしたのか、意図が伝わらない。 
 波乗りの写真は、波乗りをしている人にも、逆巻く波にもピントが合っていない。
 しかも、ぶれている。ブレの方向は、意図的にスピード感を現そうとしたとは見えない。

 露出が考えられていなくて、陰影の無いベタな絵になっているモノが多い。
 
 殆ど、カメラのオートフォーカスや自動感度調整任せにした、撮る意思の感じられない写真。
 自分がどういう写真を撮りたいのか、それがはっきりと写真に現せなかったなら、公開などすべきではない。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

日産への期待

木曜日
 左肘に滑液が溜まった影響で晴れていた左腕の腫れがだいぶ引いて、静脈が浮かび上がるようになって来た。
 もう少しで、全快だあ。
 
 日産のリーフがモデルチェンジし、航続距離は400kmに延びた。
 内容を見ると、バッテリー容量が、24kWhから40kWhに拡大したから、技術的に進歩したとは言えない。ただ単純に、電池容量を拡大しただけ。
 でも、電動機も大きくした。旧リーフのパワートレーンは、NOTE−Eパワーに使う戦略。
 スタイルは、高級感が無い。
 まるで、ホンダのFITのようだ。
 今日産には、小型のスポーツカーを作ってほしい。
 NOTE−Eパワーの機構を使った、2シータースポーツ。
 エンジンはフロントに搭載し、モーターで後輪を駆動する。
 バッテリーは搭載場所を選ばないから、重量バランスを最適にする位置が選べる。
 きっと重量バランスに優れ運動性の優れた、コンパクトな車が出来る筈。
 最高速は、リーフ同様の160km/hで十分。
 車の楽しさは、最高速などでは無い。

 お願い、やってよ日産。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

今、1兆円あったら

水曜日
 夜、皆の晩御飯が終わった後、奥方がTVに向かって居眠りをする。
 その姿を見ると、まあ老けたなぁと思う。
 ワシにしても、女子高校生が電車で席を譲ろうとするほど、見た目は老人になっている。

 1兆円で何が出来るか。
 関東に、サーキットを作る。
 ほどほどの速度域で走って楽しく、安全設備をしっかり整えた、快適なサーキット。
 1周3km程の長さで、コーナーは高速から低速までバリエーションに富んだレイアウト。
 あまり高速コースだと、アマチュアが市販車で楽しめなくなってしまう。
 車の性能だけでは勝負がつかず、テクニックで勝負できるコースにしたい。
 周辺環境に配慮して、防音対策をしっかり施さねばならない。
 その防音用の干渉帯には、キャンプ場や遊園地を配置。

 出来るかなぁ。

 やってみたいことは、もう一つ。
 ゴルゴ13に依頼する。何を頼むかって。決まっているじゃないか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

蝶々

火曜日
 20170903_てふてふ.jpg
 日曜日の散歩中に目にした、蝶々。
 歩きながら撮っているので、絞りもシャッタースピードもカメラ任せ。
 光の方向など、考える暇もない。
 レンズがズームレンズなので、接写が出来ないのが残念。寄りすぎると、ピントが合わない。
 一度、空中を舞っている姿を撮ってみたい。

 今朝、東武野田線の電車内で、左肘を曲げても引き攣る感じが消えていることに気づいた。
 今週末には、ほぼ普通の肘に戻るか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

関東大震災を思う

月曜日
 昨日歩いて訪れた、高津観音寺。
20170903_高津観音寺.jpg 何年か前にも、訪れている。
 この大陸風の梵鐘で、覚えている。
 この鐘楼は、関東大震災の際のデマで虐殺された朝鮮人を慰霊するために建立された。
 近くには、「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊の碑」と刻まれた、黒い石碑がある。
 犠牲となった方の名前は、何故か刻まれていない。
 この碑が、陸自の習志野駐屯地と防衛省宿舎の直ぐ近くにあることは、何かの反省によるものなのか。

 そんなことを思いながら、手を合わせて来た。



 日曜日の朝、TBSラジオ「プレシャスサンデー」のキャスターは、宇垣美里さん。
 ピンチヒッターだと云うことだった。
 TVで姿を毎朝見ている。容姿端麗。とても可愛い。
 とても良かった。
 優しくて甘い声の色。ラジオで声だけ聴いた方が、可愛さ倍増。
 声の基本周波数がちょっと高いため、笹川友里さんより聴きやすい。
 小説家「浅井りょう」との対談は、とても面白かった。
 宇垣さん、朝のTV番組「あさちゃん」のコーナーも担当していて平日は朝早いのに、日曜の早朝からの4時間の生放送は大変だっただろう。
 毎週日曜朝は、宇垣美里さんの声が聴きたいな。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

秋の空だ

日曜日
 7時頃歩き出して、気がつくこと。
 音が違う。
 蝉しぐれが聞こえない。歩いていて、周囲が凄く静かに感じる。


20170903_競馬学校.jpg 朝は、雲一つない青空だった。
 こりゃ、海を見に行こう。と、思ったのは正午に花見川に出た時。

20170903_栗.jpg 栗を撮ろうと、デジカメの電源を入れると、いきなり「電池容量がなくなりました」表示。
 昨夜、スペアのLi−Ionバッテリーをチェックしておいて良かった。
 栗の実が、もうそろそろ。

 地面に、落ちている毬もポツポツ。
 

20170903_幕張の浜.jpg 幕張の浜に出てみると、もう夏の色ではない。
 陽射しが照っているが、7月頃の様なじりじり焼かれる感じは、もうない。
 この1週間で、一挙に季節が進んだ感じがする。


20170903_幕張公園.jpg
 幕張の公園。
 夏休みが終わった直後の週末だからかな、人出が少なかった。

 海浜幕張駅付近に着いたのは、15時近かった。
 ジムに行くのは諦めて、新津田沼まで歩くことに決めた。

20170903_K2形.jpg 新津田沼のヨーカードー向かいの、津田沼1丁目公園に展示されている、K2形機関車134号。
 小振りで可愛い機関車。注目する人も、あまり多くない。

 秋津から津田沼駅まで歩いているとき、この『津田沼』という地名を考えてしまった。
 全ての文字が、水に関わっている。
 ここは、昔どんな地形だったのかと想像すると、今の様子が信じられない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:30| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

雨のち晴れ

土曜日
 朝5時頃、利根川を渡ると本降りの雨になり、ワイパーは間欠動作では間に合わないほどになった。
 天気予報は、午前中雨で、午後には晴れてくる。
 午前中の雨は、時間1mm程度の小雨ということだった。
 とんでもない、しっかり本降り。
 筑波サーキットは、メディア対応ロードスター4時間耐久レース+ロードスターパーティレースと、マツダサーキットタイムアタック。
 午前中の走行は、雨で濡れた路面に、温まっていないタイヤが滑り、スピンやオーバーラン続出。
20170902_TUKUBA.jpg
 午後から雨も上がり、強い陽射しが射してきた。
 日焼け止めを塗りサングラスをつけた。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

台風次第

金曜日
 今日から9月。
 朝、柏の葉キャンパス駅前では、学校へ向かう子供たちが連れ立って歩いていく。
 今日から、2学期なのだろう。
 15号台風が、小笠原諸島付近で迷走している。
 この前、5号も迷走して九州から四国を通って、日本海側へ抜けた。
 15号が、予報通りに進んでくれれば、明日は過ごしやすい陽気になりそうだ。
 明日は、筑波でレースだから、早く寝よう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする