2018年11月30日

言い換えは危うい

金曜日
 入管難民法案による外国人受け入れを、内閣は「移民ではない」と強弁する。
 国連は、移民をどう定義しているか。
 『3カ月から12カ月間の移動を短期的または一時的移住、1年以上にわたる居住国の変更を長期的または恒久移住と呼んで区別するのが一般的です。』
 ってことになると、5年間の在留を認める日本の入管難民法案は、間違いなく「移民」。

 このような、強引な「言い換え」を、日本は繰り返しやってきた。
 戦争を「事変」と、言いいくるめた。
 
 今回の法案は、実質「移民法案」と承知しているから、無理やり言い替えているのだろう。
 正直に言えないような、後ろめたさが内閣にあるということ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

自動車税が変わる?

木曜日
 自動車税、車を保有しているだけで課せられる、税金。
 現在は、車両の排気量で、税額が区分されている。
 これを、年間の走行距離で課税しようというものらしい。
 これは、ハイブリッド車・電気自動車・燃料電池車など、排気量で区分できない車が多くなったため。
 
 走らない車は、税金が安くなる。
 でも待てよ、この走行距離は、どうやって判断するのか。
 一番確実なのが、車検の際に記録され、車検の度に記録が蓄積され、年間走行距離に換算されて課税額を決めるというやり方。
 そうすれば、車検整備は存続することとなり、既存の自動車整備業界は安泰。
 
 走行距離を自己申告するのでは、誤魔化す奴が出るに決まっている。

 ワシは、年間走行距離が2,000kmそこそこなので、距離課税にされたら安くなるかな。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

歩いた時の美味しいもの

水曜日
 今朝も、通勤の途中、ちょっと歩いた。
 利根運河沿いを歩きたかったから、流山おおたかの森駅で下車して、北上。
 1時間ほどで、利根運河に着く。
 利根運河に着く前に、ファミマで塩豆大福を購入。
 
 勤務先について、塩豆大福を食べる。
 塩豆と餡子と餅が、とても美味しい。
 
 散歩中や歩き終えたときに、とても美味しいものは、甘い和菓子やパン。
 パンも、アンパンが美味しい。
 昨日は、草餅大福。一昨日は、豆大福。
 歩きながら食べるのは、一口羊羹。
 餡子を使った和菓子系が、とても美味しい。
 食べて、あの甘さが疲れを癒し、直に力が湧いてくる感じ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:30| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

北朝鮮を笑えない

火曜日
 また、衆議院で強行採決がなされた。
 入管法改正案である。
 運用は省令で決めるため、何とでも出来るざるのような法案だそうだ。
 
 大枠だけ決めて詳細は省令で定めるという手法は、国内法には多数存在する。
 でも、今回の入管法は、あんなのでいいのかな。
 内閣は「移民法ではない」と強弁するが、現在の技術実習制度でさえほぼ「移民」だろう。
 今度の入管法は、家族を呼び寄せて永住まで認めるのだから、移民制度であることは明白。
 安倍総理は、「移民の明確な定義は無い」と、強弁した。
 
 この発言を、他の国はどう見たか、気になる。

 この法案のような、強行採決の繰り返しを、安倍内閣は何度も行ってきている。
 これが、独裁で無くて、なんだろう。

 北朝鮮と何が違うのか。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

いつなんどき

月曜日
 朝、勤務先に歩いてくる途中、がんセンターの近くを通る度、思うこと。
 
 ここには、がんを患い死線を彷徨っている人が、いるんだろうなぁ。
 いま歩いているこの時、痛みに苦しんでいる人、まさに死を迎える人があの建物の中に。

 今、ワシは健康そのもので、あと数年は病気で命を落とすなどとは、考えられない。
 数年で命を落とすとしたら、病気ではなく事故だろう。
 車を運転していて、事故を起こすか巻き込まれるかで、いっそ即死するのがいいか。
 
 この先、生き続けられるのは、20年もあるまい。
 今までより、これからの方が、短いのは間違いない。
 必ず死ぬのだから、あまり先のことを考えても、詮無いことだ。
 気楽にすごそう。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

冬近し

日曜日
 朝は、冷え込んで、寒く感じた。
 先週とは、えらい違いだ。
 先週からの1週間で、季節が一挙に冬に突き進んだ感じ。
 そろそろ、衣服も冬モードに変更しなければ。
20181125_夕焼け.jpg 筑波から帰る途中の夕焼け。
 
 秋の深まりを感じる、夕焼けだった。

20181125_金麦.jpg コクがあって、美味しい発泡酒。
 先週水曜日に1本買って飲んだら、旨かった。
 
 金曜日に、1ケース買ってきた。

 これで暫く、楽しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:02| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

船橋サーキット

土曜日
 船橋市郷土資料館で、次の企画展が開かれているというので、行ってみた。20181124_企画展.jpg とても魅力的な、タイトル名称だ。
 船橋ヘルスセンター、船橋オートレース場のあった場所を主体にした、企画展。20181124_船橋サーキット航空写真.jpg
 昔の国土地理院の航空写真を元に、大きな再現写真が作られていて、これだけで価値がある。

 船橋サーキットのコースレイアウトが、よくわかる。
 直線が500mもあり、難しそうなコーナーが続く、テクニカルなサーキット。
 インフィールドに設けられた連絡路を使えば、いろいろなコースが設定可能なよく考えられた構成。

 あそこには、巨大な人工スキー場、ザウスもあった。

20181124_船橋サーキットのパネル.jpg 
 レース中の写真は、あちこちで目にしたもの。
 どうしても、クラッシュシーンの写真が多いのが、ちょっと残念なところ。

 ただ、この企画展の主体は、船橋オートレース場と、オートレース。
 個人的な見解だが、オートレースはモータースポーツと云えるかどうか、甚だ疑問だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:54| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

この日に思うこと

金曜日 祝日:勤労感謝の日
 朝は、満月が西の空に浮かんでいた。
 
 本当に、雲一つない快晴。
 15時頃、筑波山とそれに連なる山々が、よく見えた。
 空気が澄んでいるからなのだろう。
 筑波山の山肌が、色が変わっているのが分かった。
 山の姿が見えると、何故かほぉーっと感心してしまう。
 
 帰宅途中のラジオで、石原裕次郎さんの「我が人生に悔いなし」を聴いた。

 今この場で死んでも、悔いのないような生き方をしているか。
 いつ何時、何が起きて命を失うかは、神のみぞ知る。
 一瞬で命を失うまで行かずとも、大怪我を負ったり、不治の病に罹ったりするやもしれん。
 それなら、今日は手を抜いておいて、明日穴埋めをしようなどというのは、生きる姿勢としてどうなのか。
 やましい手段までつかって、使いきれないほどの金をかき集めるなどというのは、意味のないことに思える。
 
 働いた代価としての報酬を、生きていくのに必要十分な額が、得られればそれでよい。
 その働きが、社会に貢献できるモノならば、それ以上何を望むのか。

 だから、社会のために働く人には、それ見合う報酬をあげるべき。
 老人と幼児のどちらの保護に、社会として援護を厚くすべきかは、難しい。
 
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:51| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

小雪

木曜日
 今週になって、朝晩ぐっと冷える日々が続いた。
20181122_紅葉.jpg
20181122_黄葉.jpg 柏の葉公園では、イチョウも紅葉も、綺麗に色づいてきた。
 
 勤務先は、先月末からセントラル空調の冷温水発生機の更新工事を行い、今週工事を終了した。
 予定では、来週終了の予定だった。
 急激に冷え込んできた今週、ぎりぎり工事が間に合った。

 今日は、暦の上では、小雪。

 ようやく平年並みに、気温が下がってきた。

 事務所から柏の葉キャンパス駅までの帰り道、頭上に真ん丸の月が輝いていた。
 桜田大臣の自宅周辺は街灯も少なく、月明かりで出来る自分の影を楽しみながら歩いた。
 最寄り駅の周辺は、LEDの街灯が多く、月明かりが楽しめない。
 高い位置に設置された大光量の街灯は、その差すような冷たい色の光が嫌い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

がんばれ日産

水曜日
 日産のゴーンCEOが、逮捕された。
 おそらく、日産も三菱も役員から解任され、あの巨額の役員報酬が支払わられなくのだろう。
 50億もの予算が投入されていれば、日産は新車両の開発がもっと素早く進んでいたのでないだろうか。

 私的に会社の利益を吸い上げられても、頑張って新型車を投入し業績を向上してきた、日産の社員にエールを送ろう。
 
 今後は、もっと自信を持ち、社員一丸となって突き進め。
 
 今こそ、頑張れ日産!!
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:40| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

循環

火曜日
 毎朝歩くと、最寄り駅周辺より、柏周辺は1℃以上気温が低い感じがする。
 今朝から、上着を着て通勤。

20181120_イチョウ.jpg 柏の葉公園は、イチョウが黄色く色づいた。
 海から遠く離れているから、あの台風の塩害が及んでいないのかな。

 秋が深まり、林の木々の葉が落ち始めた。
 夏には木の葉で陽の光を遮って暑さを防いでいた木々は、冬が近づくと葉を落として陽の光で暖かさを届けてくれる。
 落ちた枯葉は、土に還り養分となる。

 前線での役目を終えたら、見えないところで支えていく。
 人もそうだよなぁ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

流通経済大柏高校

月曜日
20181119_流通経済大柏高.jpg 高校サッカーの千葉県大会で、市船を下した。
 
 市船は、総武線の線路のすぐ近く。船橋駅でも東船橋駅からでも、歩いて通学可能。

 それに引き換え、流通経済大柏高は常磐道柏ICの西側で、最寄りの駅は東武野田線の江戸川台かTXの柏の葉キャンパス駅。どちらも2.5km程の道のり。
 のびのびした校舎で、いろんな活動をしている高校だ。
 キャンパス駅から東武バスか、江戸川台駅からスクールバスで通う場所。

 柏市は街の歴史が浅いから、高校や大学が柏駅の近くには無い。
 柏市には、高校や大学などが集まっている、所謂「文教地区」が無い。
 しいて言えば、柏のキャンパス駅周辺が、それに相当するのだろう。
 東大・千葉大、市立柏高校・柏の葉高校がある。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

危険なトラックに遭遇

日曜日
 今日は、筑波サーキットで開催される、SCCN November Race Meeting in Tukuba に参加。
 10月28日の富士以来全く触っていなかった八が気になり、昨夜エンジンを掛けてみた。
 無事、始動。
20181118_朝日.jpg
 早朝、まだ暗い時に、TXの脇の県道から左折してR294のバイパスへの県道に入ったら、前方に4tonのアルミパネルトラックが走行。
 異様にゆっくり走行していた。
 制限速度50km/hの道を、35〜45km/hでフラフラしている。
 信号で停止後走りだすとき、左右にふらつく。
 どうも様子がおかしいので、なるべく近づかないように距離を置いて後ろから、様子を伺い走行。
 
 R294のバイパスに折れて、片側2車線になったら、一挙に抜き去った。
 一時でも、並走したくなかった。

 早朝には、危険な運転者が多いので、油断禁物。
 とくに、余りにゆっくり走行している車は、要注意だ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:55| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

残念な紅葉

土曜日
20181117_SWAN.jpg 
 調整池の白鳥が、4羽増えて6羽になった。
 
20181117_花.jpg 鎌ケ谷大仏駅の東側を通って、馬込町から船橋運動公園前を過ぎ、長津川緑地にでる。
 水門の近くに、こんな花が咲いていた。
 これって、梅か?
 
 東武線塚田駅を通り過ぎ、行田の旧日本海軍の無線基地跡地の円形の土地にでる。
 無線基地跡の記念碑を見てから、中山競馬場の外周に。
 中山法華経寺へ向かうが、競馬場の周辺は駐車場が多い。
 あんなに駐車場が多いから車で競馬場に来るのか、車が来るから駐車場を増やしたのか。

20181117_奥の院.jpg
 正中山奥の院。
 競馬場の南側から中山法華経寺へ向かう道を歩いたら、ちょうど奥の院の前を通ることになった。
 久しぶり、6年は来ていなかった。
 奥の弁財天の場所を見て、前来たことがあったことを思い出した。
 すごい数の水子地蔵が並んでいる。

 中山法華経寺に着くが、例年のような綺麗な紅葉がない。

20181117_葛飾八幡.jpg
 参道の入り口から門へ向かうと、例年なら黄色いイチョウの葉が木をおおっているのに、今年は葉があまり残っていない。
 20181117_千本桜.jpg 千本桜は、黄色くないのに、木の上の方の葉が落ちてしまっている、

 葛飾八幡神社は、七五三のお詣りで、賑わっていた。




今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

さすが、ダワイの国

金曜日
 歯舞色丹2島は、「引き渡す」。 が、主権は渡さない。
 何たることだ、ロシアの認識は、到底容認できない。
 
 国家間で領土を「引き渡す」といったら、主権を渡すことではないのか。

 どんな手段であろうが、一旦手にしたものは決して手放さない。
 第2次大戦時に、掠め取った領地は、返すなどという気が無い。
 常に「よこせ・よこせ」と、まくしたてたロシアだ。

 まだ、日露戦争の遺恨を忘れていないのだな。

  プーチンに見くびられている安倍総理は、認識をあらためるべきだ。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

ああ稀勢の里

木曜日
 稀勢の里が、休場してしまった。
 残念だが、仕方がないだろう。場所4連敗では、致し方ないか。
 
 稀勢の里は、故障した時にじっくり休んで、しっかり治療に専念すべきだった。
 完治するまで、稽古を休むべきだった。
 彼には、休む勇気が足らなかった。
 
 稽古をしないと不安で、ちょっと良くなると稽古をして、怪我をした箇所をまた痛める。
 痛みが残っているから、全力を出せない。
 そこで妙な姿勢で体を庇うから、体に負担がかかる。
 悪循環である。

 実際、休むことは勇気が必要だ。
 どうしても、ちょっと痛みが引くと体を動かしてみたくなる。そこで、完全に治癒するまで、じっと我慢ができるかどうか。
 早く体力・筋力を取り戻したくて、少々の痛みがあろうともトレーニングをしてしまうのが、大成できない可哀相な奴。
 このままでは、「引退」を迫られるだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

千代田線

水曜日
 TVで、『千代田線6000系車両ラストラン』を見て、驚く。あの車両は、世界初のサイリスタチョッパー式ワードレオナード制御で、学生時代に上京して乗ったときは興奮したものだ。
 アルミボディで、かっこよかった。
 あの電車には、就職して幾年も通勤で利用した。
 
 いつの間にか冷房が付き、制御装置がインバーターに変わってしまっていた。
 あのサイリスタチョッパー制御は、時代の流れによって、インバーター制御に取って代わられた。
 
 さて、アメリカとの貿易合意は、TAGと日本政府が云っているが、原文の英語ではUSJTA。
 日米貿易合意である。
 何処にも『物品限定』の文字は無い。
 だから、アメリカのペンス副大統領は、『FTA』と言ったのだ。
 
 心臓移植をしないと生きられない3歳の子供がいる。
 そんな難病をかかえたをかかえた子供を、巨額の費用をかけて救う必要があるのだろうか。
 その子供に、そこまでの価値があるのだろうか。
 いつもワシは、このての報道がある度、疑問に思う。
 親にしては、金額ではないのだろうが、ワシの子がそうなったら諦める。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:46| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

国の目指す道を示せ

火曜日
 政府は、何としてでも外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案を、成立させたいらしい。
 基本的な疑問なのだが、本当に今人手不足なのか。
 日本の人口は、減少に転ずることが明白。
 国内生産規模も、減少に転ずる筈で、そうなると人手は一時的に不足しても、数年後には余剰となる。
 
 だから、政府は10年程度の間、生産規模が減少に転ずるまでの一時的な人手不足を、外国人で充当しようというのだろうか。
 けっして、移民政策とせず、不要になったら即座に帰国していただける、労働力に限定しようと。
 
 今は人手不足でも、今後AI活用で生産効率を向上し、より少ない人員で経済活動が達成できるようになれば、人手不足は解決可能。
 それは、工業的なことには限らない。農業、林業、漁業でも。
 そういったシステム・設備開発に、政府は人的・資金を投入する計画なのか。
 そのシステム・機器開発に民・学連携して資金も人的にも集中投入し、システムの実用化までの間に不足する人手を外国人労働者で補う。
 その画期的な省力システムを開発出来たら、そのシステムを世界中に輸出したり特許収入で、外資を稼げる。
 それなら、未来は明るい。
 
 政府は、そういうビジョンを明示すべき。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

外国人就労拡大?

月曜日
 内閣が進めようとしている、外国人就労者拡大政策は、ほんとうに外国人の労働者を想定しているのだろうか。
 「移民政策」ではないと、総理は強弁している。
 移民政策ではないとしたら、外国人就労者には日本国籍を与えないということだろうか。
 日本国籍を与えないということは、どういうことだろう。
 日本国憲法で認めている、3原則は彼らには適用しないということか。
 
 2号技能者と認定(誰がするのか疑問だが)したら、家族を呼び寄せることが可能だという。

 呼び寄せられた家族
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

自衛隊の装備に興奮

日曜日
20181111_朝日.jpg 6時半頃歩きだすと、太陽は雲に隠れていて、ちょっと肌寒い。
 ところが、11月の中旬ということを思えば、暖かい。



20181111_SWAN.jpg 清水口の調整池には、先週飛来していた白鳥2羽がちゃんといた。
 よかったぁ。

 この小さな調整池に、よくぞ飛来してくれたものだ。

20181111_柏の高校.jpg ちょっと気になって、柏市内の公立高校を訪ねてみた。
 まずは、県立柏高校。 布施弁天の近くで、柏駅からはとても遠い。
 次に、市立柏高校。柏市と野田市の境界の、利根運河沿い。これまた、柏駅からはとても遠い。
 市立柏の生徒たちは、すごく朝早くから自転車で勤務先の近くを通り過ぎていく。
 柏市市内の高校で、柏駅から歩いて行ける高校は、R16の柏警察の向かいにある柏中央高校だけ。
 
 柏市内の公立高校は、どうしてこうも駅から遠いのか。
 柏市内の高校生は、可哀相だ。
 しかも、設立が全て新しい。
 大学と云えば、市川も船橋も、駅から近いところに存在する。松戸市は駅のすぐ東に、聖徳大がある。

 これから想像できることは、柏が街として新しいということだ。

 昼に帰宅したとき、ちょうど東日本女子駅伝の7区に、タスキがわたる頃だった。
 アンカー勝負は、圧巻だった。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

菅生沼

土曜日
 菅生沼、筑波サーキットへ行く途中に初めて見て、その大きさに驚いた。
20181110_菅生沼.jpg
 沼は、東西500m、南北約4km。広々とした葦原が拡がる。
 外周は、遊歩道があるが、東側は砂利道だった。

 水海道のあすなろの里から、菅生沼を渡って、自然博物館へ。
20181110_自然博物館.jpg
 博物館の建物は、沼のあちこちからよく見える。
 三角形の屋根は、まるでギャオスの頭のようだ。
 今日はゆっくり見物する時間が無いので、内部の見学はしなかった。
 
20181110_ミュージアムパーク.jpg 博物館の周囲は、芝生の広場や花畑や池があり、子供たちが楽しそうに飛び回っていた。


 
20181110_岩井図書館.jpg 
 岩井図書館は、凄い建物だ。
 騎馬の武将は、平将門。
 旧岩井市は、あす将門祭りだそうだ。

20181110_マラソン会場.jpg
 明日は、ハーフマラソンが開催され、スタート・フィニッシュ地点となる坂東総合文化センターでは、前日の受付が行われていた。
 市内には、のぼりや明日の通行止めの掲示が、あちこちにあった。

 今日は、ちょっと心細い散歩になった。
 途中の道々で、バス停を見ても、1時間に1便程度しかない。
 バスは、守谷行きか、野田行だった。
 電車は、水海道まで行かないと無い。 

 やはり、朝1時間遅くなったのが、痛かった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

移民ではないとすると、どうなのか

金曜日
 今の国会の「外国人労働者受け入れ拡大政策」は、よく判らない。
 特定技能2号となった外国人が呼び寄せた家族が、どう扱われるのかとても心配だ。
 子供たちは、日本の小中学校で、義務教育を受けられるのだろうか。
 働く親が特定技能2号となり10年以上働けば、その子供たちは成人し結婚もするだろう。
 その時、彼らの国籍はどう扱われるのだろう。
 
 総理は、「移民政策ではない」と強弁しているから、日本国籍は与えないのだろう。
 
 すると、特定技能2号の子供たちが結婚して産んだ子供たちは、国籍はどうなるの。
 
 でも、在住しているから、日本に税金を納めるのだろう。
 納税義務は、国籍の有無に関係しないのかな。
 憲法に依れば、国民の3大義務は、「勤労・教育・納税」。
 移民とせず、国籍も与えなければ、この3大義務は免れる。
 でも、特定技能2号の人は「勤労」を日本のために提供している。収入を得れば、所得税・住民税も納めることになる。
 国民では無ければ、保護する子女に普通教育を受けさせる義務は、なくなる。

 なんか、ものすごく、問題が幅広く思えてきた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:06| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

明けの明星?

木曜日
20181108_朝.jpg 
 朝、最寄り駅に歩いていくと、東の空に大きな赤い星が輝いていた。
 あれは、火星か。

 体が慣れたのか、立冬を過ぎた今朝も寒さを感じない。
 
 10月22日の週は、もっと寒かったような気がする。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:16| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

戦争遺産を見る

水曜日
 今日は、立冬。
 朝でもそれほど、寒くない。
 2週間前の方が、朝は気温が低かったと思う。

 昨日も通った柏送信所は、元陸軍柏飛行場の跡。
 第2次大戦中の柏飛行場は、秋水のテスト飛行を行っていた。
 元柏飛行場の南側の端は、現在の県道47号線。
 その道路の突き当り、花野井の交番の裏に、秋水の燃料庫跡がまだ残っている。
 今朝は、通勤途中に足を延ばして、3年ぶりに見に行った。
20181107_燃料庫跡.jpg 
 交番の奥に、燃料庫の入り口が覗いている。
 
 ここに住む人たちは、この地がどういった歴史を抱えているのか、きっと知っているのだろう。

 ここのすぐ近くに、ほかの燃料庫跡地もある。

 柏は、軍都だったと、改めて知らされる。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:11| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

久しぶりのしっかりした雨

火曜日
 午後、事務所の外に出て驚いた。
 ザーザーと音を立てて、雨が降っている。
 しっかりした雨は、久しぶり。
 
 もと陸軍柏飛行場の外側の誘導路の名残の道は、排水が悪くちょっとした雨で水たまりができてしまう。
 現大臣の櫻田義孝氏の、自宅直近の道路なのに、整備状況は最悪。
  
 自宅周辺(半径10m)は、排水工事がしっかりしている。
 この整備範囲の狭さが、氏の了見の狭さを表している。
 たいして、政治的な影響力は大きくないということだろう。

 地元のPRポスターの桜田氏の写真は、とても若々しい。
 TVの中継で見るのとは、まるで別人だ。
 写真は、20年くらい前のものじゃないだろうか。

 桜田オリンピック担当大臣、もともとは建築屋だから、建築には詳しいだろう。
 適任だろう。
 バッサリと無駄を排除するような、采配を期待する。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:28| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

早起きは三文の・・・

月曜日
20181104_菊.jpg 週末の土日は、あちこちで菊花展が開かれていた。

 石岡の常陸総社でも飾られていた。
 昨日は、柏市藤ヶ谷新田の熊野神社へ行くと、その近所に『11月4日まで熊野神社で菊花展』とあちこちに立て看板があった。
 そうかと、熊野神社へ行くと、なんともう菊の花を片付けている。
 写真は、軽トラの荷台に乗った菊の花。
 
 9時前だったから、なんとか見ることができたのは、早起きのおかげ。

 先週末、晩秋の通勤に防水・防風性能のある、ちょっと薄手のブルゾンを探しにワークマンに行ってみた。
 オレンジ色以外のカラーは、デザイン的にしっくりこない。

 今朝、見るからに『ワークマンのもの』と分かるデザインは、ワシの好みではない。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

秋本番なのだが

日曜日
 朝、TVを見ていて、6時からTBS−TVにchを変えて驚愕。
 時事放談が無い。
 実に、10月の日曜の朝は、6時頃家にいたことが一日も無かった。
20181104_朝日.jpg 朝焼けが綺麗な日は、天候が下り坂という。
 
 次第に、空には雲が拡がっていった。
20181104_SWAN.jpg
 7時頃、裏の調整池に行くと、白鳥が2羽浮かんでいた。
 早い。

 この成鳥と幼鳥の2羽は、ずっとここに滞在するのかな。

 これから来春まで、白鳥を見られるのは楽しみだ。


20181104_四季桜.jpg
 藤ヶ谷の風早小学校近くに、桜の花が咲いていた。
 珍しいなと思って見入っていたら、老人が近づいてきてワシに言った。
 『何の花かわかるか』
 「桜ですよね、十月桜ですか」
 『四季桜だよ、年に4回咲くのだ』

 わざと十月桜かと云ったのだが、この爺は勝ち誇ったように言った。
 まぁ、四季桜は春と秋の、年2回開花する。
 四季桜と云えば、栃木の銘酒である。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:42| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

雪入から石岡

土曜日  祝日:文化の日
 まだ紅葉には早いと思いながら、雪入ふれあいの里公園から石岡駅へ向かった。
 神立駅からは、まばらであったが道しるべがあったから、簡単にたどり着いた。
20181103_雪入ふれあいの里.jpg
 標高は200mそこそこだが、眺望抜群。
 こんなところに池があり、鴨がいた。
 三ツ石森林公園を、階段の登山路を登り続け、峯の道に出て閑居山へ向かう。
20181103_峯からの道しるべ.jpg 道しるべに従って、閑居山へ下った。
 書いてある通りの急坂だった。雨上がりなら、滑って落ちてしまう。
 今日はカラカラに乾いているから、なんとか下ることができた。
 登ることは、とても難しい道だった。
20181103_磨岩仏.jpg 百体磨崖仏は、いったい何処かと、探してしまった。
 岩の壁に、岩を切り出した後の穴が空いていたが、ちょっと入る勇気は無かった。

20181103_仏像.jpg 百体磨崖仏から、急な岩の道を下っていくと、不動明王や種々の仏像が、並んでいた。
 
 国土地理院の1/25,000の地図では、『石岡VLBI観測施設』とあったので、見に行こうと歩いたが、見つけられなかった。
 道と呼べないような藪を通って、ゴルフ場の上の方になんとか出ることができた。

20181103_常陸国分尼寺跡.jpg
 国分尼寺跡は、ただの野原だった。

20181103_国分寺.jpg
 市川も国分尼寺は建物が一切失われて、石岡も国分寺は残っている。

 今日は、夕方になってしまった。
20181103_石岡の夕暮れ.jpg
 市内の主要な通りは、無電柱化されていて、すっきりとした街並み。
 レトロな建物が、連なっている。

 石岡の街の中は、じっくり歩いてみたい街だ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:18| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

小春日和

金曜日  勤務先は休日
 昨夜の日本シリーズ、10回の柳田の打席には、しびれた。
 TVの中継で、解説が『なかなか出ませんねぇ』などと言っていた直後に、スカッと一発。
 打席での映像を見た瞬間に、『入った』と思わせる打撃。

 さて、今日は勤務先が休日。3連休になった。

 昨日の国会の報道では、山下法務大臣の答弁に呆れた。全く質問に答えていない。

 21世紀の森と広場。
20181102_21世紀の森と緑。.jpg
 あまり紅葉は見られない。

 ここにいるのは、さすがに平日の昼間だから、暇な老人ばかり。

20181102_梨の木.jpg 大町自然公園の手前の、梨畑。
 なんと、梨の花があちこちに咲いている。
20181102_大町自然公園.jpg 大町自然公園は、心地よい。
 陽の光で、ポカポカ。まさに、小春日和。

20181102_バラ園.jpg
 同じく、大町自然公園のバラ園。
 もう少ししたら、園内のすべてのバラが、咲きそう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:35| Comment(3) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

年齢を意識する季節

木曜日
 今日から11月。
 今年もあと、2ヶ月になった。
 この時の移ろいを、20年前は嬉しく思っていた。
 それは、先が確かに続くとしか思っていなかったから。月日の流れが、今ほど速く感じなかった。
 60歳を過ぎて、この先が何年あるかという不安が、ぬぐえなくなった。
 そのせいか、一日一日の流れが惜しくなる。
20181101_市民の森.jpg 朝、柏から事務所まで、適当に歩く。
 篠籠田市民の森。
 柏市は、あちこちに小さな林が、公園として管理されている。
 散歩していて飽きない。
 ところが、駅から離れると、様子が変わってしまう。
 工業団地として開発された土地と、民間のデベロッパーが造成した住宅地が入組んで、道は複雑な迷路のようになっている。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする