2019年04月30日

省力化

火曜日 (平成の最終日)
 昭和最後の日、昭和64年1月7日は、池袋に調査に行っていて電光掲示で「天皇崩御」のニュースを見た記憶がある。
 大葬の礼の日も、冷たい雨の降る日だった。
 TVも、特別番組ばかりだった。今日も、天皇陛下や皇室に関するコンテンツ、平成を振り返るプログラムが多い。午前中の番組では、NHKは民放のような番組。
 

 


 昨日、柏の松屋に行って、驚いた。
 店の構造が変わっていて、テーブルが向かい合わせで配置され、普通の定食屋さんのようになっていた。
 店のスタッフは、厨房にいるだけ。厨房のカウンターの上には、40インチのディスプレィが吊り下げられている。
 食券を買うと、食券にオーダーNo.が印字されていて、ディスプレイの左側に調理中のオーダーNo.が、右側に出来上がりのオーダーNo.が表示される。
 出来上がると、「〇△□番の食券をお持ちの方、カウンターへおいでください」と、合成音声が流れる。
 まるで病院か銀行の窓口のようだ。下げるのも客が行う。
 券売機は、キャッシュレス決済にも対応。
 松屋は、省力化を積極的に進めている。
 牛丼店は、カウンターが厨房をぐるりと囲む構造が殆どで、スタッフが厨房の中からカウンター客の前に届けるスタイル。
 客が受け取り下げるこの形(立ち食いソバ屋は殆どこの形)なら、店舗の席の配置の自由度が増し、テーブル席の配置も容易。
 スタイルは、社員食堂か学食。
 殆ど接客に会話の必要が無いから、日本語のつたない外国人でも支障なく働ける。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:48| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

昭和の日

月曜日    祝日 昭和の日
 平成最後の、昭和の日。

20190429_矢の橋.jpg
 柏市藤ヶ谷の、矢の橋バス停周辺の芝桜。

20190429_雉.jpg バス停基地住宅近くの家の庭先に、雉がいた。
 そぉーっと息を潜めて見ていたら、散歩しているご婦人が通りかかる。
 『雉です』と、声を掛けた。
20190429_藤.jpg 逆井の観音寺へボタンを見に行くと、藤が咲いていた。

20190429_観音寺のボタン.jpg
 観音寺のボタン。
 少し、花がまばら。
 見ると、まだ蕾のままのモノもある。まだ少し、早かったのかな。

20190429_宿連寺の湧水.jpg 柏市立病院への坂の下に、湧水がある。
 金魚や鯉が泳いでいる。
 花野井の大洞院から東急柏ビレッジに下り、利根川の旧堤防に登る。
 陸自の訓練場を見ながら、堤の上の道を歩く。
 訓練場の門の守衛所に、歩哨が一人いた。暫く行くと、後方に視線を感じた。
 
 常磐道のアンダーパスを潜り、船戸の医王寺へ。
20190429_医王寺.jpg
 ここでも、ぼたん祭が催されていた。
 ぼたんの花は、少し散り始めている。

20190429_運河の鯉のぼり.jpg 運河には、鯉のぼりが渡してあった。
 
20190429_駒木の鯉のぼり.jpg 大堀川の駒木付近の調整池の橋にも、鯉のぼりが沢山渡してある。
 最近は、鯉のぼりを自宅に上げる家が減り、まとめて飾るようになったようだ。

 まぁ、賑やかでよいか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:14| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

花咲く、寂れる故郷

日曜日
20190427_燕三条駅.jpg 新幹線の燕三条駅の新幹線の改札手前に、この巨大なナイフとフォークのオブジェがある。
 さすがに、無垢のステンレスでは、もの凄い質量になるから、ハリボテだろう。
 けれど、ステンレスでこの形の、箱物を作る技術もたいしたもの。
 

20190428_庭1.jpg20190428_庭2.jpg 実家の庭木は、花が咲き始めていた。
 花水木が、この赤の他、白の花をつける木が2本あった。

 実家の前の通りは、昔は賑やかな商店街だった。
 ところが、今は寂しい限り。
 店を辞めてしまって改築して住宅にしたり更地になって、雁木が途切れた場所があり、商店街は歯抜けになってしまった。
 新潟市も、人口減少が続いて、80万人を切ってしまったそうだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:29| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

皆が連休と云う訳じゃない

土曜日  (10連休初日)
 有り難いことに、今日から10連休。
 ワシの勤務先は、過去にもGWが9連休になったこともある。
 その際は、4/30や5/02を特別休日にして、営業を休止して連休化した。
 一般企業や学校は休みではないため、少々複雑だった。
 今年は、カレンダー上も休日が続く。
 今日明日は、新潟の実家へ行く。

 でも、勤務先の業務の性格上、完全に休んでいる訳ではない。
 事故や故障対応のために、サービス部門は休日シフトで縮小して稼働している。

 また今年の連休では、元号の切り替わりがある。
 おそらく、各企業や行政のシステム担当や外注のソフトハウスのSE・プログラマは、昨日あたりから猛烈に忙しく、GE中は寝る間も無いのかもしれない。
 ワシも、システム関連の担当の時は、GWはメンテナンスのため数日出勤だった。

 物流関係では、ヤマト運輸に代表される宅配便業者は、殆ど休まない。
 SECOMやALSOKに代表される警備業界も、年中無休。
 当然、観光地は書き入れ時だから、休みなしだし、小売業は殆ど休まない。

 このGW中に恒例の「外遊」をする、国会議員や政府の閣僚が多いらしい。
 天皇の退位と即位の行われるこの儀式の時には、天皇に承認された大臣は、日本国内に留まるべきではないかと思う。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

明日のこと

金曜日
 昨日文化放送で、京都大学大学院教授の藤井聡氏が、4月30日を「平成大晦日」とおっしゃっていた。
 なるほど、旨い事言う。

 明日明後日は、実家の新潟へ行く。
 上越新幹線の空席状況は、意外なほど。今日の22時台に検索しても上野発14時台に、まだ空席がある。
 新潟に17時以降に着く列車では、レジャー目的から外れるためか。
 
 天気予報を検索すると、明日の新潟は寒そうだ。午後は、気温が10℃に届かない予報。
 さて、いかなる服装で行ったらよいか、少々悩ましい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:35| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

ご飯おかわり有料

木曜日
 都内と千葉県、栃木、茨城の12店舗やよい軒は、今定食のご飯が『お替り自由』ではなくなった。
 亀有にいたころから、やよい軒ではこの『ご飯おかわり自由』も、魅力的で週に1度は昼食に通った。
 そのご飯が、美味しいからまた嬉しかった。
 そもそも、やよい軒の定食のご飯茶碗は小さめで、最初の盛りは少なく、ちょっと1杯お替りをして普通の店舗のご飯と同じ分量になる。
 50代の頃、ワシは「サバの塩焼き定食」に、ご飯は3杯食べていた。
 やよい軒は、少な目で食べたい人に配慮した、ご飯の分量だった。

 ご飯の量を、お好みで調整できる、心配りだったと理解していた。

 また、お茶碗が小さ目のため、茶碗のご飯が冷める前に食べ切れる。
 それだけ、美味しく頂けるということ。
 そこも含めて、やよい軒が好きだったのに。
 今回の有料化は、『あくまでも、ひとつのテストマーケティング』と公表されているので、元通りに『自由』に戻ることを期待する。


 ワシは、柏の町外れに勤務したため、定食屋さんで昼食をとることが無くなってしまって、昼食を選ぶという楽しみを失いさみしい思いをしている。
 
 飲食店で、店のサービス、スタッフの動き言葉遣い、お客の振る舞いなどを見るのは、いい刺激になる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

高齢運転者の事故に思うこと

水曜日
 87歳の元高官が池袋で起こした事故は、高齢ゆえに起きてしまった事故かもしれないが、何故あの高齢になってまで自ら運転していたのか。
 ワシが20歳くらいの時は、50歳の親父は晩酌をすませた後パチンコに行きたくて、ワシに『運転させてやるから土曜日帰って来い』と呼び出していた。
 ワシも、免許を取ったばかりで車を運転したくて、親父の誘いにホイホイとのって下宿から週末に実家へ行っていた。
 昔は、大概家には祖父母に親子の3世代が住んでいて、年寄りは子か孫に車を運転させて出かけていたものだ。
 年寄りは、自らハンドルを握らなくても、何処へも行けた。
 87歳になっても、自分で運転しなければならないことが、問題の本質ではないかと思う。
 75歳を過ぎれば、もはやご隠居である。

 核家族化が、高齢者の運転を招いている一因でもある。
 すなわち、戦後の国の在り方、国民の生活を導く政策が国土のグランドデザインが、間違っていたのではないか。
 また間違っていたと気づいても、政策を修正することを怠ったのではないか。
 「決まったことだから」
 という弁明を何度聞いたことだろう。

 この思考様式で、日本は何度も失敗を繰り返している。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(7) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

客観的な報道を

火曜日
 歩数計を着けて、出勤。
 ただし、着替えた時点で、歩数計を外した。仕事中の動きは歩数から、除外したかった。
 帰宅して歩数計を見ると、26,559歩。

 先週の池袋の交通事故に伴って、高齢者の交通事故増加が報じられている。
 高齢者の事故率は、本当に高くなっているのだろうか。
 高齢の運転者の実数が多くなっているのは確実だから、事故率が同じでも事故の発生件数は増えるのは当然。
 マスコミは、やたらと高齢運転者が危険だと報じるが、もっと客観的な統計数字に基づいた報道をすべきだ。
 
 事故なんて、一定の確率で起こるもの。それは、人間のするものだから、ある意味で仕方のないことだ。
 不可抗力だ。
 そこに、いろんなファクターが複合的に加わると、事故率を引き上げてしまう。
 事故因子を、一つ一つ排除する努力を、今まで先人たちは積み重ねてきた。
 自動車メーカーは、事故が起こっても乗っている人が亡くならないよう、怪我をしても怪我の程度を抑えるように、車体の構造を工夫しシートベルトやエアバック等の安全装備を開発してきた。

 今のマスコミ報道は、自動運転を早期に導入するよう、世論を煽っていないか。
 池袋の事故を起こした人は、旧通産省工業技術院の元院長と、絶好の報道対象者だろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

つつじ

月曜日
20190420_駅前の像.jpg あちこあちで、つつじが、咲き始め。


 GWが近くなり、田圃のしろかき作業が、白井市内でも始まった。
 最近は、トラクターで行っている。
 


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:07| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

花盛りの春到来

日曜日
 今日は、市会議員選の投票日。市長選は、立候補者1名のため、無投票となってしまった。
 白井市の人口は、約6万3千人。有権者数約5万1千人。
 市会議員の定数21名。過去の投票結果によると、投票率は50%程度なので、約1千票を得れば当選確実。
 前回の2015年から、ニュータウンで生まれて育った方も、立候補者し市会議員になっている。
 ニュータウンの住民も、既に『よそ者』ではない。

20190421_梨の花.jpg 梨の花が、今満開。
 市内の道を行くと、あちこちで梨の花びらが地面を水玉模様に彩っている。
20190421_旧平塚分校.jpg 旧平塚の小学校の分校は、投票所になっていた。
 この分校跡の建物は、NPO法人の事務所として利用されており、整備の手が入っている。
 玄関の上に掲げられた時計は、15分ほど遅れていた。

20190421_大六天神社.jpg
 印西市浦部の大六天神社。
 手賀沼を望む景色がいい。社の周囲に芝桜と水仙が植えられていた。半月位前なら、水仙の花が綺麗だっただろう。
 
20190421_アゲハ蝶.jpg20190421_菜の花.jpg
 亀成川沿いを行くと、堤には菜種の花が咲いていて、キタテハが留まっていた。
 芝桜に、アゲハ蝶。
 蝶々が、多く飛び交っている。
 
 菜の花は綺麗だが、河川を管理する側にとって、菜種は困った植物だそうな。
 根が太くて、春が過ぎて枯れると根の後の土壌が緩み、堤が痛むのだそうだ。


20190421_松虫寺.jpg

 松虫寺は、枝垂桜に八重桜が、見事に彩っていた。

20190421_倉庫.jpg
 松虫寺から印旛日本医大駅への道の途中、大きな倉庫のような建物が出来ていた。
 開発事業前公開版には、「研修所および倉庫」と掲示。
 建物の入り口には、社名の表示しかない。
 建物の壁に、マセラティのロゴがあり、周囲には保護シートに覆われたマセラティのSUVが。
 車の輸入業者の倉庫だろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:03| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

春うらら

土曜日
 暖かくなった。3月末とは、凄い違いだ。
20190420_モミジの花.jpg モミジが、新緑の葉の下に、小さな可愛い花を咲かせている。
 以前、ラジオで柴田理恵さんが話していたのを思い出す。
20190420_花水木.jpg20190420_白い花水木.jpg
 花水木の花が、咲き始めた。
 この赤い花も可憐だし、白い花も清楚な感じで、綺麗だ。
 この木が外来種だというのが、ちょっと信じられない。
 また、名前がいい。
 だれが、こんな素敵な名前をつけたのだろう。


 八重桜が、艶やかに咲いている。
20190420_八重桜.jpg

 一本調子のソメイヨシノより、色も花の形も複雑で見ごたえがある。
 大阪造幣局の桜の通り抜けは、八重桜だからそれは見事だ。

20190420_母と子.jpg 

 とても微笑ましかった。



 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:53| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

意味不明

木曜日
 自民党の萩生田光一幹事長代行が、消費税の税率UPを延期することもあると発言した。
 この発言は、適切だ。

 この経済状況では、増税延期いや中止は当然だ。
 殆どの経済評論家は、消費税増税は景気の回復を破壊すると、猛烈に反対している。
 日本商工会議所は、何を血迷っているのだろうか。

 北朝鮮は、長距離(?)誘導兵器の発射実験に成功したと表明。
 これでは、平和のための交渉など、意味がないではないか。
 しかし、次から次へと、よくもまぁ今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:43| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

虫のいい主張

水曜日
 漫画家、モンキーパンチさんが他界された。
 ルパン三世は大好きな漫画だったし、アニメも好きだ。
 佐倉市にご自宅があるのは、知っていた。生まれが北海道だとは、初めて知った。
 
 日本政府は、アメリカと通商交渉に入ったそうだ。
 日経新聞やNHKなどのTVのニュースでは、『TAG物品貿易協定』と云っているが、これは無い。
 そもそもあの協定は、英語で書かれた原本しかない。
 TAGというのは、外務省が作文した「仮訳」でしかなく、公的なものではない。
 あの協定は、USJTA「日米貿易協定」である。
 物品と表現したのは、外務省の希望である。
 だから、アメリカはサービスなどでも、交渉してくるのは必至。
 
 しかしながら、農産物の輸入条件をTPP並みにしろと云うのなら、アメリカはTPPに入るべきではないかと思う。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

差別用語

火曜日
 ノートルダム大聖堂が、火災で崩壊しそう。
 ノートルダムといえば、すぐ連想したのは「ノートルダムの○○〇男」。
 この○○〇は、現在差別表現のために、使用できないそうだ。
 だから、今の題名は「ノートルダムの鐘」。

 あの「ノートルダムの○○〇男」は邦題で、原題は「Notre-Dame de Paris」だそうな。
 いジプシーの踊り子エスメラルダとカシモド。
 漫画「あしたのジョー」では、白木葉子が少年院を慰問で演じていた。
 鞭うたれるカシモドのエキストラとして、たまたま少年院に来ていた丹下段平が演じた。
 
 ノートルダム大聖堂は、日本でいったらどんな建物があたるのだろうか。
 
 ワシは、思いつかない。
 建築物に、そう思い入れはないから。
 日本の建築物は、多くが火災の被害に遭っている。
 形あるものは、皆壊れる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:38| Comment(3) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

印旛沼沿いのサイクリングロード

月曜日
 今日から上着を、防寒用のソフトシェルジャケットから、普通の背広に変更。
 6時頃は、ちょうどよかったが、8時近くになると少々暑くて汗ばむ。

 昨日は久しぶりに、八千代から新川を下り印旛沼へサイクリングロードを歩いた。
20190414_新川沿い.jpg 阿宗橋から印旛沼方面の新川左岸のサイクリングロード。
 殆ど直線の道で変化に乏しく、歩いていても水面が見えないのが、惜しい。
 印旛沼は、干拓を繰り返されているため、自然の汀は残されておらず、ほぼ直線。
 また、治水のために道は、堤防の下に舗装で施工。

20190414_印旛沼東側.jpg 佐倉ふるさと公園から東へ向かうマラソンコースでも、殆ど直線。
 道の造りは、新川沿いとほぼ同じ。
 自転車なら、これでも良いだろう。ただ、ふるさと公園から双子公園までの5.5kmの間に、給水も出来ずトイレも無いのは、歩く側には辛い。

20190414_土浮干拓付近.jpg 印旛沼の東端への道の内側に、広めの道が造成されている。
 まだ、砂利を積んで整地しただけだが、おそらく舗装するのであろう。
 
 久しぶりに来てみると、道が変わってきていた。

 船戸大橋は、未だ工事中だった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

佐倉チューリップ祭り

日曜日
 歩き始めて、佐倉のチューリップ祭りを見に行こうと思った。
 新川沿いを歩いて西印旛沼へ向かう途中、可笑しくなった。
 普通の人間なら、佐倉へ行くのなら電車に乗る。ワシは、新川沿いを歩くと、端から決めてかかった。
 やっぱり、ワシ頭のネジが、数本飛んでいるようだ。
20190414_佐倉ふるさと公園.jpg チューリップ祭りで、凄い人出。
 公園のシンボルのオランダ風車は、帆布を張っていないのに回っている。
 あちこちの公園にもあるオランダ風車は、殆どが電動で回っている。
 この佐倉の風車は、本物の機構を備えているから、羽根に帆布を張れば風で回るのに。
 あの骨だけの風車が回ることを見せるのは、子供の教育に良くないと思う。
20190414_チューリップ各種.jpg
 いろんなチューリップが植えられている。
 まるで、ボタンのような形の花も。
20190414_チューリップ1.jpg20190414_チューリップ植え方.jpg 畑のように畝で植えられている。
 同じ種類が、揃えて植えられているのが殆ど。
 でも、ランダムに植えられているのも、見る分には楽しい。

 公園のすぐ近くを、京成本線が通っている。
 線路の背後の丘の上から眺めたら、見事な景色だろうと思ったが、行くのが大変そうだったのであきらめた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

堰の桜

土曜日
 スズキが、日産と同じような「検査不正」を行っていたことで、リコールを届け出た。
 大和ハウスは、建築基準法違反があったと、報告・謝罪。
 うーーん、『がっかり』だ。

 
 また、韓国の水産物の輸入規制をめぐりWTOは、第1審の判断を覆して韓国の主張を認め禁輸を容認する判断を下した。
 JDIは、台湾中国のメーカーの傘下に。
 この2点は、現在の安倍政権下での、対外政策のゆるみ・たるみを反映したものだ。

 今日は、筑波サーキットへ、A級ライセンス講習会とサーキットタイムアタックの、審査員長として呼ばれている。
 折角、車で常総方面へ行くのだから、小貝川の岡堰と福岡堰を見に行った。
 いずれも、以前冬に歩いて行った場所。
20190413_岡堰.jpg 岡堰は、取手市役所から北へ約2.6km程の、小貝川にある。
 堰は、1600年代に鬼怒川と小貝川を分離し、利根川と合流する現在の流れを作り、岡の地に堰を作ったのだそうな。
 昭和28年に改修され、現在残っている桜は、中の島と僅かなもの。
 広い水面の中に浮かぶ桜は、とてもきれいだ。

 この堰の周囲には、駐車場が無く、周辺の道路に車を止めた。

 中の島に立つ銅像は、間宮林蔵氏。

 次に、福岡堰へ。
 
20190413_福岡堰の桜.jpg
20190413_福岡堰.jpg この季節、福岡堰は、たっぷりと水を湛えていた。
 筑波山も、遠くに富士山も望める。

 桜並木も、公園の桜も素晴らしいものだった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

いい加減な本

金曜日
 昨日購入した、本「あなたはどっち? 千葉都民 千葉県民」は、全く根拠のない独断と偏見に満ちたものだった。
 安孫子と市川については、地勢的な分析が欠落している。
 
 所詮、中学生向けの、お笑いだ。

 野田市の東京への通学率が低いのは、東京に直結する公共交通機関が無いせいだ。

 掲載されている数値も、本当だろうか。
 
 ワシ、43年前に新潟県から上京し、足立区に半年、茨城県ひたちなか市に2年。その後、千葉県に越してきて、今まで千葉県に住んでいる。
 船橋市に7年間、松戸に2年半、今の白井に31年。
 通勤は都内だったから、総武線も常磐線も使った。

 偏見はあまりなく、冷静な観点を保っていると自負している。今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

三菱車のデザイン

木曜日
 昔の三菱車には、素晴らしいデザインが多い。
 昭和45年頃の、初代ギャランハードトップ。A1やAUは、欲しかった。
 昭和46年頃の、GTO。
 昭和52年に出た、ギャラン煤Bその後のエテルナ狽フ、空力ボディは魅力的だった。
 あの空力的に洗練された形は、当時のアウディ80と同様に、評価が高った。
 直線的なデザインが、ワシは好き。
 ランサーEX(E−A175A)も、すっきりしたデザイン。
 シグマもランサーEXも、所有した。
 所有した初代ランサーターボは、エアコンが無かったが、風通しが良くて夏でも走っていれば涼しかった。
 ランサーターボは、真夏の昼間以外は速かった。
 5速で6000回転を維持すると燃料消費が激しくて、50Lの燃料タンクが120kmも走ると空になった。

 初代ミラージュは、素晴らしいと思っている。現在に復活しても、未来的なデザインだと思う。
 スタリオンのデザインも、奇抜で凄かった。
 なにせ、「宇宙戦艦スタリオン」と呼ぶ評論家もいたほど。

 ちょっところっとしていい感じなのは、初代のRVRとシャリオ。
 SOHCの自然吸気のエンジンはパワーが有って、180km/hのスピードメーターを振り切る力があったが、車体剛性が低くて車体の前後が捻じれるような感じがあり飛ばすと怖かった。
 
 初代のekワゴンは、ケレン味のないすっきりとしたいいデザインだった。
 軽自動車は、実用重視で飾らないという哲学を体現している、素晴らしい形だった。

 日産が、陰謀を駆使して三菱の株価を暴落させて安値で買収した後の三菱のデザインは、ぐちゃぐちゃで大嫌い。
 今後、日産の影響力が及ぶ三菱自動車では、良いデザインは望めないだろうなぁ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:20| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

ついに

水曜日
 桜田義孝オリンピック担当大臣が、事実上の更迭。
 失言続きの、あの工務店のオヤジは、ついに限界にたっしたか。

 パソコンも知らないサイバーセキュリティ対策担当大臣で、まったくチンプンカンプンな答弁をした。
 確かに、裏表のない、「いい人」だったようだ。

 まったくもって、柏市民の恥である。
 あのような人を衆議院議員として選んでいた柏市民にも、責任があるだろう。

 ま、これで、これ以上恥を晒すことはなくなったか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:47| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

桜色の水玉模様

火曜日
 今朝は、大堀川沿いの桜並木を見ながら、勤務先まで歩いた。
 昨夜の雨で、桜の花びらが地面に水玉模様を作っていた。
 6時前は、川霧が立ち、幻想的。
 桜並木は、流山市になると、消滅。
 流山駒木の調整池で、葦にとまる青い鳥を見ることが出来た。カワセミだ。

 『今日はいい事がありそう』と、訳もなく思った。

 駒木のふるさとの森では、コゲラの姿を見た。

 今日はスマホを家に忘れてしまった。
 こんな時に限って、いいものを見ることが出来た。

 スマホが無いから、電車の運行情報も判らない。
 判らない方が、気持ちにゆとりがある。

 何でもかんでも情報があることが、幸せではないように感じた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:47| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

自転車も危険

月曜日
 今日は、自転車で柏IC近くの勤務先へ行った。
 午前中に、関連会社の倉庫へ行く用事があったので、往復する時間短縮のため自転車が必要。
 柏の葉キャンパス駅前で、レンタサイクルを借りることでもよかったのだが、自転車で行ってみたい気持ちもあった。
 5時10分頃出発。R16沿いを行くと、思いのほかUP・DOWNがあることに気づく。
 長男の自転車は外装5段変速のため、楽に乗れた。
 6時15分頃勤務先到着。

 R16は、歩道があるから、歩道を走行していった。
 歩道は、車道への出入りのために路面が平坦ではなく、意外と走りにくかった。
 幅も、一定ではなく、1mを切る狭い場所も多かった。
 特に路線バスのバス停のある場所には、特にスペースが確保されておらず、人が立っていると自転車で通過することが困難なところもあった。
 R16の路側帯も狭く、大型トラックが頻繁に通行するR16では、路側帯の自転車での走行は危険だし迷惑。
 歩道を走行するにしても、道路の左側の歩道を走行した方が効率が良いので、左側を走行した。
 歩道だから、どちらを走行しても、法的には違反ではないが、左側が効率的。
 それは、同方向に走行する車の巻き起こす風を受けて、走るのが楽になるから。
 右側の歩道では、車が対向方向に走行して巻き起こす風が、走行抵抗になり疲れが増す。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

桜 蝶々 小鳥

日曜日
20190407_梨.jpg もう、早い種類の梨は、花が咲いている。

20190407_芝桜.jpg
 とある邸宅の外構に植えられている芝桜。

20190407_モズ.jpg 久しぶりに、間近でモズが見られた。
 手賀沼沿いは、ぐっと暖かで春らしくなった。
 
20190407_蝶々.jpg 歩く足元に、蝶々が見られるようになった。
 
 モンシロチョウも多く飛び回っていた。


20190407_手賀沼・大堀川沿い.jpg
 手賀沼湖畔や大堀川沿いの桜。
 昨日見た常盤平の桜に比べ、花の色が少し濃いように思える。
 木の若さの違いなのかな。
20190407_大堀川沿い.jpg
 柏市大堀川沿いの桜並木。
 ここがR16とR6の交わる渋滞の名所「呼塚の交差点」のすぐ近くだとは、とても思えない。
 桜の枝が低く、手が届く位置にあり、花自体が間近で楽しめる。
 露店などは、規制されているのだろう。
 穏やかに、花見が楽しめる。


20190407_柏西口第一公園.jpg
 柏西口第一公園。
 花見を楽しむ家族が、数組。
 この公園は、結構いい花見のポイントだと思う。街の真ん中で、コンビニも近いのに、人も少ない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

桜・さくら

土曜日
 期間設定型フリーハイキングの第74回新京成沿線健康ハイキングに参加し、前後に桜を見る散歩に出かけた。
 ハイキングのコースは、八柱駅をスタートし馬橋駅前の萬満寺のチェックポイントを通り常盤平駅がゴール。
 松戸市松飛台の工業団地から八柱霊園を経由して、八柱駅へ向かった。
20190406_松飛台.jpg
 松戸南郵便局からマブチモーター本社前・八柱霊園への道は、桜の巨木の並木が続く。
 市立松戸高校の前は、見事なもの。

20190406_八柱霊園.jpg 八柱霊園の中には、大きな桜の木が点在する。
 
 八柱霊園から、新京成線八柱駅へ向かう。
 

 駅の手前で、常盤平のさくら通りが、見える。
20190406_八柱駅.jpg 8時45分、八柱駅西口から歩き出す。
 ここから、第74回新京成沿線健康ハイキングのパンフレットに従って、進路をとる。20190406_松戸運動公園.jpg 松戸運動公園は、トラックの外周に桜が植えられていて、実に華やか。
 指定のコースは、水路の暗渠の上。
 殆ど車が来ないから、安心して歩ける。
 
20190406_萬満寺.jpg
 チェックポイントの、馬橋の萬満寺。

20190406_八ヶ崎桜並木1.jpg R6を歩道橋で跨ぎ坂道を登ると、桜並木が続いている。
 通りは、がんがん車が通り、桜の花びらが舞う。歩道があるから、歩くのも安心。
 武蔵野線の線路を越えるとコースは桜並木から、左へ外れる。20190406_八ヶ崎桜並木2.jpg 信号を越えて大きく左へ折れると、なぜこのルートなのか納得した。
 振り返って見る桜並木が、見事なのだ。
 ぐるりと桜の咲く公園をつなぐコースを通り、小金原の団地の中央の商店街に出る。

 ベンチで休んでいるのは、殆どが高齢者だ。しかも、80代以上と思われる。

 栗ヶ沢から金ヶ作への道は、道路工事中。
20190406_常盤平駅.jpg 11時頃、常盤平駅に到着。
 駅の7・11で参加記念のバッジと、お茶をもらった。
 駅は、桜祭りに来た人が溢れていた。

20190406_常盤平さくら祭.jpg
 今年の常盤平のさくらまつりは、ちょうど満開にあたった。
 とても見事だ。
 まだ午前中だから、これでも人は少ない方だろう。
 午後には、歩くのも難しいほどの人出になるだろう。

20190406_六高台.jpg 六高台も、桜まつりが催されていた。
 地元中学のブラスバンドの演奏や、踊りの発表、大道芸、とても賑やかだった。

20190406_貝柄山公園.jpg
 豆蔵さんでコーヒー豆を購入し、いつものように新鎌ヶ谷駅へ行くため貝柄山公園を通ると、ここでもさくら祭。
 
 ここへ来る途中、アジア人のカップルに、桜の見られる場所を訊ねられた。
 しかし、鎌ケ谷の道は日本人相手でも、教えるのは難しい。
 あの豆蔵さんの近くの道は、日本人でも迷ってしまう。
 豆蔵さんでコーヒー豆を買っている間に、あの二人は道がわからずに戻って行った。
 
 新鎌ヶ谷駅で北総線の下りを待っていると、向かいのホームにさっきの2人がいた。
 何処へ行くのだろうか、少し気になった。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

汚い!!

金曜日
 自民党の塚田一郎国土交通副大臣が、自ら辞任した。
 安倍総理や麻生副総理は、昨日まで庇うようなそぶりを見せていた。
 罷免はせず、辞任という形に追い込んだ。
 安倍総理も麻生副総理も、自らは段を下さず良い人ぶっていながら、冷たく突き放したのではないか。

 こんな外面は優しい振りをした血も涙もない親分に、自民党の議員は従っていくのはなぜか。
 結局何があっても、守ってくれない。
 そんな奴に忠誠心を抱くなんて、理解できない。
 


 政治屋のあほさ加減とは、打って変わって、はやぶさの制御は凄い。 

 地球から電波が届くのに15分もかかる距離にあるはやぶさに、どうやって制御信号を伝え映像を受信しているのだろうか。
 電波の減衰は激しいだろうし、はやぶさからの無線出力はそれほど大きくないだろう。
 その微かな電波を捉えて、復調していることに驚く。

 この技術は、世界に誇っていいものだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:04| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

PASMOは自由だ

木曜日
 TXの定期券は、有効期間が昨日まで。
 退社して柏セントラルへ行くため、柏の葉キャンパス駅からTXに乗る。
 昨日までは、磁気式定期券を対応する改札機に送り込まねばならなかった。
 流山おおたかの森駅では、磁気式定期券が使える自動改札機が、限られていて不自由な思いを繰り返した。
 
 今日からはPASMOだから、どの自動改札機でもOK!!

 磁気式定期券に比べると、なんと自由なことか。
 自動改札機に、あの薄い磁気式定期券を取り出して、あの狭いスロットに差し込むのは面倒だった。
 PASOMOなら、RFIDのfelicaのチップが通信してくれるから、定期入れを翳すだけでいい。

 すごく楽だ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:49| Comment(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

やはり忖度

水曜日
20190403_無投票.jpg ワシの居住地の選挙区では、県議会議員の立候補者が定員以下だったため、無投票当選となってしまった。
 それでも、立候補者が1名いたからよかったものの、もし立候補者がいなかったらどうなるのだろうか。
 

 塚田一郎国土交通副大臣は3日の衆院厚生労働委員会で、山口、福岡両県を結ぶ下関北九州道路の調査を国が直轄することになった経緯について「安倍首相や麻生副総理が言えないので、私が忖度そんたくした」と発言した。
 党の幹部や、内閣の幹事長などから責められると、「事実と異なることを言ってしまった」と弁明。

 内閣は、この発言を「撤回する」と云っているが、そんなものでいいとは思えん。
 一度くちびるからこぼれた言葉は、取り消すことなど出来ない。

 そのような席で口にした言葉は、おそらく事実であろう。
 任命権者である総理大臣は、責任を取らせて辞任を促すべきだ。
 事実でなかったとしたら、そんな嘘つきが副大臣であることは可笑しい。
 二重に、政治家としての資質を疑う。

 さらに、調査事業も白紙撤回すべきだろう。
 この副大臣を罷免しないのなら、ボンボン総理の姿勢は、森友・加計問題がやはりと思わせる。
 これは、長期政権の弊害だろう。
 もう安倍総理も、引退すべきだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

定期券は

火曜日
 通勤定期の有効期限が、切れる。
 北総線と東武野田線の定期は、PASMO定期券なので自動券売機で継続。
 
 さて、残るTX一駅間は、明日まで定期券が有効。
 暫く、朝は柏か流山おおたかの森から歩いて通う。
 TXは、一日に1回しか乗らない。すると月間22回ほどしか利用しない。
 6ヶ月定期は、約4万円。1か月あたり、約¥6,700。
 流山おおたかの森ー柏の葉キャンパス駅間は、ICカード料金¥206。
 多く使っても、月25回利用なら、定期券を買うのは、損。
 TXの定期は購入せず、PASMO1枚で通勤することにした。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:28| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

元号の決め方に思う

月曜日
 新元号は、万葉集から引用された。
 中国の漢籍から採用していたこれまでと、一線を画したもので、政府の意気込みを感じる。
 『今こそ、中国の文化的な縛りから、解き離れる。』
 中国は、すでに歴史的な根拠ある漢字を、簡略化して字の意味を軽んじている。
 中国3000年の歴史と云えど、漢詩などは全て官僚が記したもの。
 もっとも中国では、『国』として3000年継続しているとは、言い難い。

 1300年前の市井の言葉が文書で残っている点では、世界広しといえども日本は突出している。

 いかに日本の民衆文化が歴史あるものか、高らかに宣言している。


 ニュース番組で元号発表の号外を奪い合う様が映し出されていて、恥ずかしい思いがよぎる。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする