2019年08月30日

TXは帰宅時のみ利用

金曜日
20190830_朝焼.jpg 朝焼けがきれいな朝だった。

 今週の前半に比べると、少々蒸し暑い。
 朝焼けが綺麗だと、天候は下り坂になるという。

 6時頃柏警察の付近で、サーっと雨が降って3分程で止んだ。
 7時頃には、再び降り始めた。
 
 もうそろそろ真夏の暑さは終わるのかな。
 
 毎朝、勤務先まで、TXを使わずに通勤した。
 当初、暑さでまともに歩けないのではなかと心配していたが、なんとか歩けた。
 まぁ、ほぼ全身が、汗でびしょびしょになった。
 勤務先では、作業服に着替えるから、問題ではない。

 TXの一駅分の定期券は買わず、PASUMOで通って、むしろ便利だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:34| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

暑さの質

木曜日
 夜、帰宅の際、虫の声が変わった。
 
 先週までは、蝉時雨だった。
 今は、コオロギや鈴虫だ。

 今年の夏(まだ終わっていないが)は、猛暑だという人がいるが、そうだっただろうか。
 本当に暑い日は、少なかったように思う。
 暑かったのは、8月第2週から第3週の、せいぜい2週間だった。
 3・4年前は、7月の初めから9月の初旬まで、ずっと暑かったような気がする。
 今年は、暑い期間は短かったが、気温も湿度も高かった。
 近年の暑さは、年々激しさを増している。

 40年前は、『暑い』と言っていた頃の最高気温は、30〜32℃位だった。
 今は、暑いっていうと35℃を越えた日のことになってしまった。

 朝、7時頃には30℃近くなる。
 来年、7月中旬頃から、熱波に見舞われたら、東京オリンピックは殆ど屋外競技禁止になるだろう。

 今からでも、JOCはIOCに開催期間を10月01日からに変更申請すべきだ。 
 暑さ対策で、効果の見込めないものに巨額を投資する位なら、その金で開催期間の変更をもぎ取るべきだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:48| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

そろそろ収穫

水曜日
20190827_稲.JPG 田んぼの稲は、すでに稲穂に実が入り、頭を垂れている。
 
 ふと気づいたのだが、稲の背丈が例年より低い。
 稲の茎も細めだし、株も少ない感じだ。

 素人考えだが、これは7月の日照不足の影響ではなかろうか。


 今夜のTV朝日「報道ステーション」は、九州の豪雨災害がメイン。
 韓国の日本への態度については、あっさりしたもの。
 TV朝日の事態の重要度への判断は、そういうものなのか。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

白井の梨

火曜日
20190827_梨.JPG 梨が実り、収穫時を迎えている。
 梨畑の地面には、熟れすぎたり、風や雨で落ちた梨が転がっている。
 中学生の頃、部活のランニングで校外を走るとき、ちょっと梨畑に入り込み落ち梨を拾って食べながら走ったことがある。
 当時の梨は、二十世紀。
 甘みが軽く水分が多くて、暑いときには抜群の美味しい食べ物だった。

 白井市は、以前『梨ブランデー』を製造する第三セクターの会社を設立した。
 経営が思わしくなく、平成二〇年に破産。
 そもそも、梨でブランデーを作るという計画が、会社としての商品展開が難しかったのだろう。
 隣の鎌ヶ谷市が、先行して『梨ブランデー』を作っていた。
 それに対抗して、会社設立からいきなり『ブランデー』を作ろうとした。
 ブランデーは、ワインを醸造し蒸留してから、長い期間樽で熟成してから供給可能となるから、製造開始から売り上げが上げられるまで、長い無駄時間がある。その間、ブランデーは作り続けなければならず、赤字長期間が続くのは必至。
 会社設立から、ずっと赤字経営が続き、債務が膨れ上がり廃業を余儀なくされてしまった。

 原価が高いから、販売価格が高い。
 あまり日本人は毎日飲む様な酒と思っていない、ブランデー。
 ワシも、自分で買うことは、無かった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:36| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

くるまの使い方いろいろ

月曜日
20190824_看板車.JPG 東鎌ヶ谷の、イタリアンレストランの店頭に、看板代わりにこの名車が置いてある。
 デビューは1958年で、1960年代に一世を風靡した名車である。
 なんといっても、愛らしいスタイルが素晴らしい。
 結構、状態のいい個体で、自走可能ではないかと思われる。
 これを店のシンボルとしてディスプレーしているオーナーのセンスが素晴らしい。

20190824_らくがきカー.JPG 初富本町のホンダに、旧々型の7代目CIVICが、『らくがきカー』として置いてあった。
 以前乗っていたCIVICと同型なので、ちょっと気になる。
 このモデルは、日本カーオブザイヤーを受賞したが、売れ行きはさっぱりだった。
 ボディは、平面が多くて、らくがきには最適か。
 もっとしっかりらくがきで、ボディが埋め尽くされたら、それはそれで乗ったら楽しいかも。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

夏の終わり

日曜日
20190825_new.JPG 今日から、新しいシューズで歩く。
 メレルのローカット・ゴアテックスである。
 歩き始めて、ソールが柔らかいことに、少々不安。
20190825_神崎川の道.jpg
 久しぶりに歩く神崎川沿いの道は、白井大橋までは草が刈られて2週間ほどで、足元に朝露がまとわりつく程度。
 ところが、木下街道を越えると、小室橋までの間は草ぼうぼう。
 メレルのシューズは、外側がびしょびしょになったが、中に水分は侵入してきていない。
 形も、ワシの足に合っていて、痛いところが無い。

20190825_セミなど.jpg
 アブラゼミは、なぜコンクリートの電柱にとまるのか。
 この芋虫は、羽化したら果たしてどんな蝶々になるのか。


20190825_閉店.JPG 白井駅前のスーパーの隣、書店だった建物。
 看板が外され、店内はもぬけの殻。閉店したのか。20190825_ハス.JPG

 佛法寺には、ハスの花が1輪残っていた。

 日差しは強いが、気温は高くない。
 風が涼しく感じる。





今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

閉店・新築・移転

土曜日
 久しぶりに、白井駅方面へ行った。
20190824_閉店コンミニ.JPG 和食の店・河太郎の路地の向かいのコンビニミニストップは、閉店。 
 昨年OPENした、FLAT Villageは、おしゃれなカフェと云ったところ。
 白井には似つかわないほど、しゃれた外観。



20190824_新築施設.jpg 白井テニスの裏側、木下街道沿いに、大きな建築現場がある。
 一体何を作るのかと、建築計画か開発行為届け出を探した。
 通常、建築目的を周辺に広く伝えるために、建設現場の目立つ場所に掲載するものだ。
 ところが、雑草に覆われて見えない状況で、放置されている。草を取り除いて見えるようにして、写真撮影した。
 この事業主は、現場を見ていないのではないか。
 送迎保育ステーションとショッピングセンターを造成するということだが、こんな姿勢の事業主では先行きは暗い。

20190824_ダイハツ旧.JPG20190824_ダイハツ新店舗.JPG 鎌ヶ谷市丸山のダイハツのディーラーが、閉鎖されていた。
 驚いた。ダイハツは、販売好調なはずなのに、どうしてか。
 と思って歩いて行ったら、県道船取線沿いに移転していたのだった。
 やっぱり、販売好調で、新店舗を建てたのだ。

20190824_ヒグラシ.JPG20190824_猫.JPG 貝柄山公園に行くと、セミの声も変わってきた。
 夏の終わりを惜しむ、ヒグラシの声がした。

 公園の端に、トラ猫が寝ていた。
 起きてこっちを見てもらいたかったが、なかなかこっちを向いてくれない。
 
 日差しが強くなっても、あの一時期のような気が遠くなるような暑さは、もうない。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:33| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

柄にもないこと

金曜日
 夕方、柏の葉キャンパス駅や流山おおたかの森駅で、浴衣姿の若い女性を多く見かけた。
 はて、なんじゃろかと考えたら、流山の江戸川で花火大会がある。
 数年前、偶然花火大会直前に、江戸川堤を歩いたことがあった。
 
 ジムからの帰り、東武野田線に柏駅から乗ると、浴衣姿の中学生か高校生の女の子が2人乗って来た。
 可愛いのだが、浴衣が着崩れていて、はしたない。
 胸元の合わせが、緩んでいる。
 裾が、乱れている。
 母親らしい人も付いているのだが、何も注意しない。
 とても可愛らしい容貌なのに、とても惜しい。

 まさか見ず知らずの老人が注意したら気持ち悪かろうと、何も言わなかった。

 真夏の男の服装で気になるのが、Tシャツ姿。
 はっきり言って、みっともない人が多すぎる。
 でっぷり太っていて、ピッチピチの半そでTシャツは、凄まじい。
 痩せていて肩も胸の筋肉もないのに、下っ腹だけが飛び出ている。
 よく恥ずかし気もなく、あれで街中を歩けモノだ。
 
 ワシ、60を過ぎてから、街着にTシャツは着なくなった。
 ってのは、暑さ対策で、長袖の吸汗速乾Tシャツを素肌に着けて、上にポロシャツを着るようにしている。
 年齢は、首筋に出る。
 年を取ると、首筋の皮膚にたるみやしわが現れる。
 Tシャツでは、首回りが露出するので、いささか気恥しい。
 60過ぎたら、あまり自分の体の年齢を現してしまう部分を晒すという行為は、慎むべきだ。
 その意味で、スーツにネクタイは、いい服装だなぁ。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:30| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

カワイイやつ

木曜日
 涼しくなった。
 朝夕は、先週までのような、『立っているだけで汗が流れ落ちる』暑さは無い。
 これで、最高気温は30℃以下。
 朝、歩いていると、道にひっくり返っているセミが、結構多い。
 指を翳すと、摑まってきて、まだ生きていると分かる。
 オスのセミは、激しく鳴く者もいる。
 
 セミは、ちょっとユーモラスだ。
 木に止まっているときは、動きが緩慢ですぐに摑まってしまう。
 コンクリートの電柱にとまる。
 地上を移動するのは、あまり早くない。。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

ファイヤートーチ

水曜日
 愛知県の名古屋で、中学校の『伝統行事』で、火のついたモノを振り回すダンスの練習で、生徒が火傷をする事故が起きて話題なっている。

 あれを見て、南太平洋の島の火のダンスを思い出した。

 伝統行事というが、たかだか30年だ。
 ワシ、もう60歳になったせいか、たかだた30年程度で『伝統』などというのはおこがましく思える。

 そもそも30年前にあのダンスを始めた根拠は何なのか、原点に立ち戻り継続すべきか否か考えなおすべきだ。
 まさか、教育委員会の慰安旅行でサモアへ行ったとき、アトラクションで見たファイアートーチを見て教育長が『感動した・生徒に運動会でやったらどうかな』なんて、くだらない思いつきが発端だったら、どう思う?

 尤も、ワシは『みんなで一緒にちーぱっぱ』てのが、物心ついたころから大嫌い。
 運動会でダンスをするとか、組体操とか、『なんでこんなこと、なんの意味がある』と、小・中学校でずっと思っていた。

 高専に進学して、そういった行事が無くて、喜んだ。
 とことん個人任せで、学生は自主的に行動するのが本文。
 とても居心地が良かった。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:10| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

あおり運転って何

火曜日
 ここのところ、『あおり運転』って言葉が気に障る。
 
 あの大阪に住む輩が高級外車のディーラーを騙して、SUVを借りて乗り回し全国あちこちで迷惑行為を繰り返し、茨城県で決定的な暴力行為に及び逮捕された。
 しきりに『あおり運転』と報道されているるが、あの愚か者が行った行為は、『あおる』行為なのか。

 ちがうだろう。

 煽るの意味は、何か。
 国語辞典で調べると、
1 うちわなどで風を起こす。また、風が火の勢いを強める。「うちわで―・って火をおこす」
2 風が物を揺り動かす。また、風を受けて物が動く。「強風にテントが―・られる」
「通路の扉 (ひらき) が―・っているので」〈紅葉・多情多恨〉

3 おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける。たきつける。扇動する。「競争心を―・る」
4 物事に勢いをつける。「人気を―・る」
5 (「呷る」と書く)酒などをひと息に飲む。「毒を―・る」
6 写真で、煽り4を上向きにして写す。また、低い位置から上向きに写す。
7 相場の高騰をねらって、意図的に大量に買う。
8 前を走る車の後ろにぴったり付いて走る。
9 鐙 (あぶみ) で障泥 (あおり) をけって馬を急がせる

 どう考えて、他者の行く手を妨げるようなことではなく、もっと速く行けとたきつけるのが、運転上で『あおる』行為だ。
 
 あの髭面の中年オヤジが行ったのは、走路妨害・進路妨害だ。

 大手マスコミや新聞社の編集責任者は、皆さん日本語のプロだろう。
 大概、文系の大学卒なんだろう。

 それなのに、どうして日本語を正確に使わないのか。
 間違った表現を使って、正そうともせず煽り立てるなど、恥を知れ。

 同じようなことを、1930年代頃から繰り返して、日本をあの愚かな戦争になだれ込む様な意見形成を行ったのも、大新聞社群だったのではないか。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

幼稚な男

月曜日
 常磐道で『おあおり運転』後、暴力をふるった男とその時籠城していた女が逮捕された。
 この二人について、いろいろ報道されている。

 この男、数年前親族からの相続によって、マンションのオーナーとなり、ふるまいが変化してい行ったそうだ。
 逮捕される前の仕事は、マンションオーナーであり不動産業。経営コンサルタントとも名乗っていたらしい。
 彼の信条は、『急がば回れ』。皮肉にしか聞こえない。

 逮捕の瞬間、『出頭させろ』と騒ぎ暴れる。
 あおり運転の動機が、『前の車が遅くてむかついた』
 全く身勝手で、現状把握の出来ない、幼稚な発想。
 指名手配され、2日以上経っているのに、逮捕されたときに何ほざくか。
 前の車が遅くてむかついたのなら、いらん道草を食うようなことをする発想が、本末転倒だ。
 早く走りたいのなら、前に出たらわき目も降らずに、速く走っていけよ。

 逮捕当時の状況を見ると、同時に逮捕された女性に、たよりすがる様な発言をしている。
 
 首謀者は、その51歳の女で、その女にあの男はたぶらかされたように思える。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:39| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

300回に1回

日曜日
 NHK総合の『全貌二二六事件』の再放送を見る。
 当時の海軍陸戦部隊の存命者、中林秀一郎氏の言葉を聞き、この方は新潟県人ではと思う。

 うっかり奥方が次男に編集してもらって、大切にしていた番組の録画を消去してしまった。
 ごめんなさい。
 録画を確認して消去を繰り返していて、僅か3分のタイトルがあったので再生。
 すると奥方、『これはいいよ』と云ったので、消去した。
 『いいよ』というのは、『今は、見なくてもいい』という意図だったと、嘆き悲しむ奥方。
 普段のコミュニケーション不足が、招いた事態。
 ううん、ハインリッヒの法則は、こんなことにも当てはまるか。

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:57| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

バカな行為

土曜日
 あおり運転というか、暴力運転をしていた輩の車が判明し押収され、運転していた奴は指名手配された。
 あおり運転の発端となった東名高速で死亡した夫婦の母親が、「車は凶器だね」と嘆いていた。
 違う
 車を凶器にするのは、運転する人間だ。
 あの容疑者の行った行為は、殺人未遂ではないか。
 
 いくら前走車両が遅くて腹が立っても、車を停めて暴力を振るうなど、考えられない行為。
 早く行きたいのなら、抜き去ったらさっさと行けばよい。時間が惜しいから、急いでいたんじゃないのか。
 高速道路上の走行車線の真ん中で停車するなど、自殺行為。
 8月10日の早朝で、常磐道の上り車線だったので、大型車両の通行量が少なく、たまたま事故が起きなかっただけ。
 車を降りて高速道路上を歩いているとき、運が悪ければ車に撥ねられている。
 車は、代車を約束を破って、長期間借りっぱなし。
 返却も、代理人を仕立てて、本人は姿を隠している。
 あの容疑者は、もう他人の前に姿を現すことが出来ないのではないか。
 なにかそのような背景があるのなら、どうしてあのような危険な運転行為をしたのか。 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:20| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

不思議な国

金曜日
 夏季休暇は、当初9・13・14日の3日間を年休にし、9日から14日までの6連休の予定だった。
 ところが中小企業の辛いところで、13日の会議の資料と出席のために、13日は休めなくなった。
 また、14日ワシが休むと、午前中にフォークリフトに乗れる緊急対応要員がいなくなる。
 そのため、13日の年休を15日に変更。14日の年休を14日と16日の午後半休に変更した。

 14日から今日までの3日間、微妙な感じになった。
 午後半休だが、昼休みは緊急対応の為待機、退社は13時過ぎになる。
 昨日は、台風の影響で甲子園の高校野球は中止となり、がっかり。

 今日、また北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射した。
 短距離弾道ミサイルは、結構高価であろうと調べてみたら、スカッドミサイルで2〜5億円だそうな。
 北朝鮮は、そんな高いミサイルをバンバン打てるほど、金持ちのかな。
 ネットやラジオなどの情報では、あのミサイル実験は北朝鮮のビジネスの一貫らしい。
 北朝鮮は、ミサイルを売って外貨を稼いでおり、あの実験は売り込みの為のデモンストレーションだそうだ。
 あの国は、死の商人なのか。
 韓国の大統領は、それでも民族統一を望んでいる。今は、北朝鮮には、相手にされていないようだが。

 北朝鮮製のミサイルは、ソ連製のミサイルをコピーして改良加えたものが殆どで、先月のミサイルはロシア製イスカンデルに酷似。
 今週発射したものは、アメリカ製に似ているという。
 いったいどこから、技術情報が北朝鮮にながれたのか。
 これでも、アメリカの大統領は、「アメリカ本土に届かなければ問題ない」とつぶやきつづけるのだろうか。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:31| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

敗戦の日

木曜日  夏季休暇 後半
 今日は、1945年、ポツダム宣言の受諾を決定して、日本で天皇が敗戦の詔勅を玉音放送で国民に対して発した日。
 戦争が終わったというのは、サンフランシスコ講和条約を締結した日になる。
 降伏した日なら、アメリカ戦艦ミズーリにおいて、日本側を代表して重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、連合国を代表して連合国最高司令官のマッカーサー元帥がミズーリ号の船上で重光葵が降伏文書に調印した1945年9月2日だろう。
 8月15日を『終戦の日』と呼ぶのは、正しくなかろう。
 
 柏高島屋で、リュックとポロシャツを購入した。
 リュックは、通勤用。なんと、¥3000の超廉価。
 ワゴンセールの廉価品で、2年目に貰った商品券を、代金に充てた。
 さすがに高島屋である。
 あんな安い商品なのに、丁寧に不織布の袋に入れてから、バラのマークの紙袋に入れてくれた。

 先週放送のフジテレビ『ルパンの娘』を、T−VERで見る。
 なんと、元TBSアナウンサー田生みな実さんが、なんと「ドロンジョ」役で出演。
 深田恭子さんは、元祖『ドロンジョ様』だ。
 田中みな実さん、単独ならそれなりに美しいが、深キョンと並ぶと見劣りする。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

紙はいい

水曜日
 昨夜は、月がきれいだった。今夜は、月齢13日。

 午前9時頃、急に曇りだしたともったら、激しく雨になった、
 12時頃から、雨が降ったり止んだりを繰り返した。

 14時頃、ようやく雨雲がきれて青空が見え始め、退社。本当は、午後半休なので13時には退社する予定だった。

 帰宅したら、依頼していたビデオテープのDVD化サービスから、DVDが届いていた。
 約30年から25年前の、家庭用ビデオの映像。

 22時頃、息子たちが帰ってきた。
 そのビデオを見ると、懐かしい。息子たちは、少々気恥しいらしい。

 祖父の1周忌に新潟の実家で、一族が集まっていた時の映像があった。

 動画は見るのに、時間がかかる。やっぱり、思い出を残すには、紙の写真のほうが良い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:45| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

無謀だ

火曜日
 水の事故、特に海で多い。
 もう土用波が立つ頃だから、海水浴は避けるべき。
 波消し用のテトラポットの周辺は、水が複雑な流れをするので、海の底に吸い込まれたりするので近づくべきではない。

 鴨川の海岸の映像を見ると、あの高波の中を海水浴とは、無謀に過ぎる。

 もっとも太平洋岸は、平常時からも波が高い。
 42年前に初めて茨城県ひたちなか市の阿字ヶ浦海岸へ行って、波の高さに驚愕した。
 新潟市の海岸では、夏には波はほぼ無い。
 真冬でも、海岸の波は1m程度だった。
 真夏の海水浴シーズンに、2m近い波が押し寄せる。日本海とは、波のピッチも違った。
 よくあの高波の中で、子供連れで泳ぐなぁと、感心したっていうか呆れた。

 関東の人たちは盆を過ぎても、平気で海水浴をする。
 理解できない。

 今日も暑い。
 IOCは、東京オリンピックの暑さ対策をいろいろ考えているようだ。
 解決策は、簡単である。
 8月開催予定の東京オリンピックは、気象条件からいって無謀だから、中止する。
 それが一番安全だ。
 百歩譲って、10月開催にすればよい。

 殆ど亜熱帯の夏の東京で、オリンピックを開催するなど、バカなことだ。

 「おもてなし」とかほざいた司会者は、責任ななど執りそうにない。個人の結婚表明を、総理官邸で行うような常識のない輩だ。
 サメの脳と揶揄される組織委員会会長は、ラグビーのW−CUP開催のほうが重要だったらしい。

 何とかするには、市井の人間は何をしたらいいのだろう。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

日本政府は真っ当か

月曜日 (山の日の振り替え休日)
 昨日が、国民の祝日『山の日』だった。
 最近は、右足の股関節に違和感があり、昇るのに少々腰に痛みが走るため、ジョギングも歩きも控えめにしている。

 広島・長崎の原爆の日の平和宣言で、核廃絶を唱えるのは真っ当だ。
 当時のアメリカの非戦闘員を狙って無差別に殺戮した原爆投下を、『不法な行為』と、もはや日本人は責めない。

 日本の市井の人々は、あの無謀な戦争にずるずると突き進んだ責任をもっと問うべきだろうが、それもしない。
 日本人が『戦争犯罪人』として問うべき人たちは、現状把握ももろくにしないで戦闘を継続した、当時の日本軍の思い上がった軍人たち。
 国家の最高決議会議で、戦争は回避すべきと思いながら、その場の雰囲気に押されて、ずるずると課題を先送りした姿勢の政治家・外交官・軍人。

 現在の日本政府は、当時の政府とくらべてどうだろうか。
 現在の国内や国際的な経済情勢の変化を認めず、決めたことだからと消費税増税を進めようとしている。
 正当な意見を詭弁を弄して、無視する。反対意見をもつ人をポストから排除して、意見を封殺する。
 大手のマスコミにも、批判的なところには、種々の圧力を加えて、意見を抑え込もうとする。
  
 大手の新聞とTVしか見ない老人たちは、政府の意見を妄信するから、与党は安泰。 
 若者は、スマホのゲームに夢中で、ニュースには無頓着。

 知らず知らずのうちに、『見ざる言わざる聞かざる』が、浸み込んでいる。
 国民を、こんな風に仕向ける政府は、本当に民主国家の政府として、真っ当なのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

清流を見に東久留米へ

日曜日
 千葉県内では、清流を見るのは難しい。
 房総半島は山が低く、保水量が少ないからか、養老の滝でも流れは緩く、清流とは言い難い。
 先月行った西国分寺では、武蔵野の丘から綺麗な水が湧き出している。
 この夏の暑い季節に、済んだ湧水が見たくなった。
 松戸市にもあるが、流れる様子は見ることが出来ない。

 ふと思いついて、黒目川へ行ってみようと決めた。
20190811_黒目川.jpg 東久留米の黒目川の、源流近く。水量は少ないが、綺麗な水が勢いよく流れている。



20190811_落合川源流付近.JPG 東久留米市八幡の白山公園から所沢街道を越えた北側に、かすかな小川があった。
 ここから、落合川の湧水点が集まり、次第に水草の揺れる流れになっていく。


20190811_南沢湧水.jpg 六仙公園から南沢浄水場を通り過ぎると、林の中に遊水の水源が現れた。
 いかにも、涼しげ。

20190811_落合川2.JPG 南沢湧水は落合川に注ぎ、毘沙門橋の先で水量が一挙に増える。
 南沢通の所に堰があって、水深50cm位の溜りになっている。
 これなら、泳げそうだ。
 人は泳いでいなかったが、犬を泳がせている方がいた。
 水は冷たい。

20190811_たての緑地.JPG 向山緑地公園から歩いていたら、細い遊歩道にぶつかった。
 標示板の解説を読んでいたら、こみ上げるものがあった。

 この距離だとすると、田無製造所は南町3丁目付近にあったのだろか。
 
 落合川沿いに出て西武池袋線の下を潜り、黒目川と合流するまでの落合川の流れは、まさに清流。
 親子連れが涼を求めて、水遊びをしていた。
 涼やかな綺麗な水で水深も浅く、遊ぶにはこんなにいいところはない。
 


20190811_妙音沢.jpg
 関越道を越えて新座高校の東側のがけ下に、奇跡のような湧水があった。
 木道が組まれ、湧き出す場所の間近に迫れる。
 木々の下で、清涼感抜群。
 老婦人が孫をつれて、水彩画を描いていた。


 この先は、新座の市営霊園から朝霞駐屯地前を通り、外環道を越えて(意識は無かったが)、光が丘公園へ。

 光が丘を越えて環八を渡って、豊島園のところから石神井川沿いにたどり着く。
 久しぶりに石神井川を下って、王子駅前まで。

 薄曇りで、助かった。
 それでも、30分毎に水を飲みながら歩いた。
 石神井川も、王子の手前までは、澄んだ水が流れていて、見た目は涼しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:09| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

やっぱり夏は甲子園

土曜日
 朝から、高校野球の中継を見る。
 9時頃から、エアコンを止め窓を開け放って、TVを見る。
 甲子園のグラウンドに立つ選手たちのことを思うと、エアコンを入れたくない。

 第2試合、熊本工業と山梨学院高校の試合は、延長戦になった。
 13時頃、室内気温は31.5℃。風が通るから、耐えられる。
 『13回からタイブレークかぁ』と思っていたら、12回裏熊本工業にサヨナラホームランが飛び出し、決着がついた。
 劇的!!!

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

だいぶ暑さに慣れたか

金曜日
 筑波サーキットの、SEV5時間チャリティ耐久レースに、コース員として参加。

 JAF非公認の、草レース。
 ルールも特殊で、耐久レース故に給油が必要だ。その給油の際には、1回には20Lしか補給できない。
 しかも、給油の時は、10分間コース復帰を待たなければならない。
 だから、ただ速く走るだけでは、勝つことが出来ない。
 エンジンをぶん回してガンガン速く走っても、燃料消費が激しく給油のためのストップが頻繁になれば、ピットで止まっている間にどんどん遅れをとってしまう。
 また、コース上にトラブル車両が停止したら、セフティカーを入れてレースを抑えて安全を確保して、車両を回収する。
 そのセフティカー導入の時に、給油のピットストップを行えば、周回数の損失を少なく抑えることが出きる。
 このレースは、勝つための戦略が難しく、その駆け引きが面白い。

 今日入ったポストは、エアコンが新しくなっていたが、さっぱり冷えない。
 首に水を含ませて冷やせるタオルを巻き、外にいてもそれほど暑さは感じなかった。
 UVカットの吸汗速乾長袖Tシャツを着ていると、自分のかいた汗が風に当たると蒸発熱で体を冷やしてくれる。
 今週の暑さで、暑熱順化が進み、ワシはそれほど暑さを感じなくてすんだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:29| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

夏の日の思い出

木曜日
 明日は、年休を行使して、筑波サーキットへ行く。
 日立の工場系列は、明日から19日まで10日間の夏季休暇だそうだ。
 どうやら、12日が山の日の振り替え休日になったため、夏季休暇を5日間に設定して明日から休みだそうだ。
 
 なんと今日は、立秋だ。

 梅雨明け10日、ホントに暑い日が続いた。
 ようやく体が慣れてきた。
 午後は、屋外で作業をした。
 日陰で風が通るから、あまり暑さは感じなかったが、汗は否応なく流れ出る。
 作業服は、汗が浸み込んで、びっしょり。
 汗をかくのには抵抗が無いから、流れる汗は気持ちいい。

 ところが、空調の効いた事務所に入ると、服に浸み込んだ汗が体を冷やし、寒くて耐えられない。

 二十歳前には、冷房の効いた部屋は、学校の図書館や電算機室だけだった。
 長岡高専は、長岡市東部の丘の上にあり、市内より涼しい場所だった。
 水は全て、地下水。うまい水だった。
 プールの水も地下水で、冷たくてしっかり泳がないと、寒いくらいだった。
 18歳の夏には、2週間ほど学校の寮に留まり、電気工事士の実技訓練をした。
 夏休みで、寮の食堂は休業。自炊で過ごした。
 実技訓練は、午前中。 午後は、悠久山公園へ行ったり、市内のジャズ喫茶で過ごしたり。
 夜は、FMやテープでジャズを聴きながら、本を読んで過ごした。

 あの夏、初めて長岡の花火を見た。

 あの時が、ワシの青春だったかな。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

暑さに慣れる

水曜日
 この日記は、実は8日に再度書き込もうとしている。
 昨夜は、UPするのを忘れて眠り込み、今朝UPしようとしたらこのブログのサービスがメンテナンス中で、入力していたTEXTが失われてしまった。
 
20190806_朝.JPG 朝の日の出の時刻も5時近くに遅くなってきた。
 
 だが、暑さは真夏のもの。
 朝の通勤時、今朝は空に薄い雲がかかり、直射日光を防いでくれたので、なんとか歩き通せた。
 
 ようやく、暑さに体が慣れてきたようだ。

 勤務先に着いた頃には、汗だく。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:44| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

原発再稼働を目指す被爆国ってなんだろう

火曜日
 8月06日。
 日本人なら、忘れてはならない日。
 原爆投下は、人類史上これ以上ない、戦争犯罪だ。
 非戦闘員を、無差別に、大量破壊兵器で、抹殺しようとした。
 核兵器の悪魔性は、世代を越えて継続するところにある。
 その悪魔の兵器を1度ならず2度まで我が国に投下した国に、今でもひれ伏している。

 核分裂反応を利用した大量破壊兵器の被害を蒙り、その75年後にはごり押しで作った原子力発電所が地震と津波で壊滅的な状態となり、放射性物質が多量に拡散して国家の存続の危機にもなりうる状況に陥った。
 原子力発電所は、極めてトータルコストの高いものだということを、証明している。
 
 それなのに、日本国民は原発再稼働を目指す、現政権を支持してしまっている。

 先日、『この世界の片隅に』を見て、市井の人間がいかにあの戦争で蹂躙されてしまったか、考えさせられてしまった。
 アメリカは、日本本土の制空権を手に入れ、高高度から航空機の生産拠点をピンポイントで爆撃破壊しようとした。
 ところが、兵士の練度が低く、狙った場所を爆弾で攻撃できなかった・

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:59| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

梨の季節到来

月曜日
 帰宅の時、わざと白井駅まで乗り越し、西白井駅まで戻った。
 白井駅の歩道の跨線橋では、梨の試食販売を催していた。

 なんで?

 地元の白井駅前では、皆地元の梨の味は承知しているから。試食販売するのにどれほどの意味があろうか。
 千葉県内でも、意味は薄いだろう。
 都内の銀座・浅草・品川駅の構内なら、拡販への効果があるだろう。

 もう、幸水が出荷される季節になったんだ。

 ワシが子供の頃、夏の暑いころの梨は、圧倒的に二十世紀。
 甘さはあまりないが、ほのかな甘みで水分がたっぷりあるので、夏にはちょうどよかった。
 でも、あの頃の夏は、30℃を越えるとそれは、『事件』だった。

 屋外で食べたときは、家の仕事を手伝い大汗をかいた後、木陰で涼んでいる時だった。
 冷蔵庫で冷やしたりはしていなかった。

 今、二十世紀ナシは、あの頃のような美味しさを感じられるだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:23| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

ハードの進歩

日曜日
 さて夏休みの前半が、今日で終わる。
 この4日間、あまりに暑いので、散歩を止めた。

 真夜中に、日経xTECHの連載記事、『電子立国は、なぜ凋落したか』を読んで考えさせられた。
 この連載は、2014年のもの。
 日本の半導体事業の、繁栄から凋落までの動きが、丁寧に解説されている。
 ムーアの法則を顕著に実現して、半導体は凄い勢いで集積度が上がっていく。
 半導体に求められる品質が、製品の性能向上のスピードに合わせて次第に長寿命から5年程度に変質していく。
 パソコンは、5年もすればハードウェアを変えたほうが、適切になってきている。
 確かに、6月末にPCを買い替えて、その性能差を実感している。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

マナー

土曜日
 朝日新聞の週間番組表ので岸恵子さんの写真を見る。とても86歳とは思ない。
 今日も、午前中AR−CADで遊ぶ。どうも、JW−CADのほうが、機能がちゃんとしている。
 AR−CADの無料版は、機能を制限しているらしい。
 (富士フイルムイメージングシステムズ CSセンター)から、メールで先日送付したビデオテープ受領の知らせが届いた。
 DVD化が終わったら、見るのが楽しみ。
 それが届いたら、ビデオテープは全て廃棄しよう。

 柏セントラルで、不埒な人を見てしまった。
 ロッカーを一人で2つ使っていた。ある方がそのことを咎めたが、その不埒なオヤジは「すみません」と口先だけで云った。
 あのオヤジに、だれに対して「すみません」と云ったのか、問い詰めてみても良かったかな。

 確かに、柏セントラルのロッカーは、容量が小さい。
 でも、ロッカーは一人で一つというのは、常識的な考えだと思う。
 ロッカーの錠も、会員カードを差し込まないとロック出来ないようにして、『ロッカーは一人で一つ』を促すようにしている。
 ところが、柏セントラルのロッカーの錠の仕組みは、構造が単純で差し込むカードは会員カードでなくとも何かのカードであればよい。
 普通の会員は、そんなことは承知しているが、マナーとして『ロッカーは一人で一つ』を守っている。

 この不埒なオヤジの職業を聞いてみたかった。
 こんな自分勝手なことをする小賢しい奴は、どんな仕事に就いているのだろうか。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:13| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

首掛けスピーカー

金曜日 (夏季休暇 前半行使)
 昨日誕生日に、次男から届いたプレゼントは、SHARPの首掛けスピーカー「SOUND PARTNER AN−SS1」。
 Bluetooth接続で、専用の送信機も付属しており、TV音声を耳元で聴ける。
 取説が簡易の為に、ペアリングがなかなかうまくいかないと思っていたら、スピーカー本体の充電中は音声が出ないと分かり事なきを得た。
 音声入力レベルが低く、TVのヘッドホン出力を最大出力の8割ほどに上げないと、聞ける音量に達しなかった。
 使い始めは、『音が出ない』と、ペアリングを疑った。
 使ってみると、細かな音が耳元で聞こえて、快適。
  Bluetooth接続故、スピーカーからの音声に若干のタイムラグがあり、ちょっとエコーがかかったような感じ。
 音質は、低音が貧弱だから、ニュース等を見るには快適。

 韓国政府の日本の輸出管理正常化への対応は、全くもって的外れ。
 韓国の主張は、根本的に間違っている。
 日韓の関係を悪化させているのは、韓国政府の対応であることは間違いない。
 韓国は、日韓請求権協定自体を、無効だと主張しているに等しい。
 韓国内では、事実を正しく報道されていないようで、国民は韓国政府に踊らされている。
 日本の大手メディアの報道姿勢も、日韓の対立を煽るような傾向にある。
 これでは、TVと新聞しか見ない年寄りは、
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

母に感謝

木曜日  (夏季休暇 前半行使)
 44年前に長岡市で購入した、AKGのマイクロホン・ブームスタンドの処分先を探す。
 ネットで検索しあちこち当たってみたが、マイクロホンスタンドの買取先は見つからず、やむなく粗大ごみとする。
 44年前のものなのに、包装の段ボール箱は、実にしっかりしている。

 今日ワシは,63歳になった。
 また一歩、確実に棺桶に近づいた。
 さて、とっくに人生の折り返し点を通り過ぎていると思う。
 折り返し点は、何時か。
 40歳頃が気力・体力・技術力共にピークであろう。
 年齢も平均寿命が日本人男性は81歳だから、40歳は中間点。
 もうその時点から、20年以上経過しており、傍目にはすでに老人の部類になった。
 人間ドックの問診時に気づいたが、常時服用している薬はなく、結構健康体だということ。

 誕生日は、生んでくれた母に感謝する日である。
 10歳頃までは、痩せすぎの虚弱児で、小児喘息や腎臓炎を患い、母親に心配をかけた。
 それが今では、兄弟中で最も健康な体を持っているのは、母のおかげだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:32| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする