2020年07月31日

ボーッとしてんじゃないよ

金曜日
20200731_感染者比率.jpg 新型コロナ感染症の国の対応は、聞けば聞くほど情けなくなってくる。
 政府は、4月の緊急事態宣言以降、PCR検査数の能力が不足していることが顕在化してを、増やす施策を殆ど何も行ってこなかった。
 アメリカのニューヨーク州は、徹底的にPCR検査を行い、陽性者は隔離することで感染の拡大を封じ込め、陰性者は経済活動に当たることで経済の活性化に成功している。
 他の国では、新型コロナ感染専門の病院を新設し、平常の医療行為を妨げないように対処している。
 翻って、日本の対処は、どうだろう。
 ロックダウンもせず、PCR検査もクラスター発生の周辺に限定して、検査数を絞って来た。
 当初は、検査能力が不足しているから、止む終えない対応であった。
 フランスやドイツで認可され稼働している日本製のPCR検査の自動化システムがあるのに、日本国内では認可されていなかった。
 それが、企業の努力で認可され、飛躍的にPCR検査能力は拡大できるはずだった。
 ところが、そのシステムはどうなったのか。
 どうやら、検査数を増やさなくとも、緊急事態宣言で『自粛』を呼びかけるだけで、なんとなく5月末頃に新規感染者数は減少してしまった。
 緊急事態宣言の発令後、国内で感染対策に不足しているモノや仕組みが明らかになったのに、偶然感染者数も減少、死者率も海外よりはるかに低く抑えられてしまったから、必要な対策を怠ってしまった。
 そのつけが、いまの感染者数の拡大に、対応できない無策ぶりを露呈。
 なんの解決策も講じられない。
 5月からの3ヶ月間、国は第2波の対策を何もしてこなかった。
 まったく、緊張感が無い。少し長い視点で、計画的な対策を講じない。

 この緊張感と計画性の無さは、他の国内問題や、対外政策にも共通ではないか。
 
 国家議員は、何をボーッとしてるんだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:41| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

不正集団

木曜日
 昨夜は、風が冷たくて、窓の障子を閉めて就寝。
 例年なら、熱帯夜に悩まされる季節なのに、嬉しいような複雑な思い。

 かんぽ生命の不正問題で、おどろく事実があったそうだ。
 かんぽ生命の勧誘者が、持続化給付金を申請しているというのだ。
 かんぽ生命を扱っているのは、郵便局員だから持続化給付金の支給対象ではないはず。
 営業担当は、かんぽ生命の歩合給を、個人事業主としての収入として、昨年の同月と比較して収入が減っている為、給付対象になるという屁理屈で大量の人間が申請したそうだ。
 
 全く呆れたものだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

そんなに安心か

水曜日
 背中の痛みは、だいぶ薄らいだ。

 韓国の私設の生物園に、従軍慰安婦の像に土下座する背広姿の男の銅像が、設置された。
 背広姿の男のモデルは、安倍総理と思われる。
 その存在すら疑わしい従軍慰安婦の銅像ですら、噴飯ものなのに、それに土下座する他国の代表的政治家を模した像を置くとは、韓国の国民はどこまで情けないのか。
 
 北朝鮮の書記長は、『我が国は、核兵器保有国になった。もはや戦争という言葉はない。我が国家の安全と未来は永遠に堅固に保証される』という主旨の演説をした。
 いかなる手段にせよ、最終兵器を所有したから、他国からの侵略の危険が無くなったということなのだろう。

 最終兵器としての核兵器は、存在してからまだ1世紀を経ていない。

 最終兵器としていつまで有効か、今後100年間保証の限りではない。


 NTVのドラマ『派遣の品格』、なんとも詰めが甘い。
 いくらドラマの中の『お話』だからといっても、あのリアリティの無さはお粗末。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

背中が痛い

火曜日
 今朝3時半頃、背中の痛みで目が覚めた。
 木曜日には、左腕が痛くて手が上がらなくなり、湿布をしていた。
 今朝の痛みは、全く様相が異なっていた。
 右の肩甲骨の内側が痛み、胸まで苦しい。
 朝のストレッチも、背中の痛みで殆ど出来なかった。

 始発で出勤。
 時間に余裕を持たせて、ゆっくり歩いて行く。

 勤務先に着くころ、多少楽になった。
 
 17時頃、気がつくと大分楽になった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

変化に対する能力

月曜日
 久しぶりに小学校の前を通ったら、普通に登校している。
 どうやら、3月4月の休校命令の為に、夏休みは縮小され始まりが遅くなったようだ。
 
 政府がごり押しした、Gotoキャンペーンは、『夏休みに合わせて始めるために、1ヶ月前倒し』と言われている。
 政府は、自らが指示した休校により夏休みの始まりが遅れることを、知らなかったのか。

 まったく、認知症の老人のようだ。

 進化してきた生物は、変化に対応してきた種である。

 こんなふうに自ら招いた変化に対応できないようでは、自民党のごり押しした政治家はこの先政治家生命は無いのでは。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:51| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

セミ登場

日曜日
 目まぐるしい変化に富んだ天候。
 9時頃、青空がひろがったぁって思っていたら、9時半頃にどっと強い大粒の雨が数分間降る。
 10時頃には、また陽射しが射し始める。
20200726_感染者比率.jpg
 千葉県の累計新型コロナ感染者、自治体別人口1万人当り。白井市は、県内平均値を下回り、比較的安全な地域となった。

 10時半頃、ベランダの手摺の塗装補修用のペイントを買いに、ホームセンターへ。
 2軒回ったが、ちょうどピッタリの色が無いので、自分で調合することにして似た色のペイントと作業用のボウルを購入。
 剥がれたペイントの破片を参考に、色を調合。塗ってみたら、色がだいぶ違う。
 ペイントが、風化して白化しており、塗ったペイントは元の色に近い色だったようだ。
 塗り終わってTVを見ていたら、また雨が降って来た。
 1時間半ほどしか経っていないのでもう一回塗り重ねたいが、雨の分布を見るとこれからしばらく雨が断続的に降りそう。
 雨の止み間に、外へ出る。
20200726_セミ.jpg
 歩道のケヤキ並木で、セミの声が聞こえる。
 アブラゼミを、この夏初めて見た。
 この空蝉も、アブラゼミとニイニイゼミ。

 ファミマの近くで、ミンミンゼミの鳴き声も聞こえた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:49| Comment(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

土曜日
 久しぶりに、新京成電鉄に乗って、新津田沼まで行った。
 電車に乗った第一印象は、『明るい』ってこと。
 駅間が短く、駅を発車すると間もなく減速開始し次の駅に着く。
 電車の加減速も素早い。
 ドアの開閉もキビキビとしていて、電車が停まってからドアが開かずにボーッとしている無駄時間が少ない。
 何処かの私鉄の様に、車内がどんよりと暗い雰囲気だったり、無意味に停車していることもない。

20200725_新津田沼駅.JPG 帰宅する際、新津田沼駅でちょっとがっかり。
 ここには、大きな鶏の唐揚を乗せたそばで有名な、弥生軒の出店があった。
 さすがに、3月以降の新型コロナ騒ぎで、閉店を余儀なくされたか。
 とても残念だ。

20200725_白井駅.JPG 白井駅には、白井高校写真部の展示が始まっていた。
 今月の初め頃、新聞各紙で取り上げられていた、白井高校の校歌のこと。
 作曲者が、いまの朝ドラのモデル古関裕而氏だということ。
 こんな歴史が、白井高校にあったとは、ちょっと嬉しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

無策のつけが回った

金曜日 (祝日 スポーツの日)
 数年前の計画通りなら、今日は東京オリンピックの開会式だった。
 ところが、新型コロナウィルスの感染の拡がりと、一向に感染が終息する気配も無く、到底オリンピックどころではなくなった。
20200724_感染者比率.jpg
 千葉県内の累計感染者比率は、千葉県全体で1万人当り2.2人を越えている。
 印西市の感染者増は、特定企業の研修施設に全国から集めた研修生に発生したクラスターによるもの。

 印西市以外は、東京都に近い自治体が占めている。
 近所のダイソー白井大橋店で従業員に新型コロナ感染者が現れ、店内消毒を実施中。
 ついにまた白井市に感染者が出た。
 
 結局、『危機』感は煽っているが、対策指示も指導もなにもしていない。
 自粛と言っているその横で、Go to ****。
 
 統計上人の移動制限は、感染拡大を防ぐ効果は認められないというが、県内の累計感染者比率は県外との人の行き来が感染を拡げている照査。
 何を信じて、行動するべきなのか。



 明日兄が緊急搬送された病院で医師から、兄の状況説明があるというので。同席出来ないか頼んでみた。
 すると、説明時に3名までなら良いということ。親族でもあり入院の保証人として届け出るワシが同席することは、むしろ当然であると同意を得た。
 明日は、午前中津田沼へ出掛ける。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

実態に合わせた改善

木曜日  (祝日 海の日)
 新東名と東北道・東関東道・常磐道の一部区間で、制限速度が120km/hに8月から変更される。
 ようやく、実態速度に規制速度を合わせて、適正化することになった。

 そもそも高速道の法定速度が100km/hに制定されたのは、1968年(昭和38年)である。
 そのころ、国産の自動車で安全にその速度で巡航出来る車が、どれほどあったのか。
 当時は、法定速度は殆ど出しうる最高速度に近かっただろう。
 車のエンジン、懸架装置、タイヤの性能は、格段の進化を遂げ、軽自動車でさえ法定速度は口笛を吹きながらリラックスして継続できる速度になっている。
 
 道路での運転する速度は、道路を走行する大多数と同じ速度で走行することが、安全である。
 相対速度差が大きいと、危険は増大する。
 『安全運転』を標榜して、自分だけ周囲より低い速度で走行する人が、事故に遭遇することが多いのはそのため。

 常磐道の柏ー水戸間は、殆ど120km/hで流れている。
 (稀に200km/hを越える速度で走る奴もいる。)

 今回の改正は、実勢速度に近づけたもので、物流の大型トラックや高速バスの所要時間短縮に寄与する。
 大手の物流業者のトラックは、制限速度ー2km/hを義務付けられ、遠隔で実走状況を常時監視されている。
 現状では、高速道路でも淡々と78km/hで走行して、一般の普通乗用車からは邪魔者扱いされる。
 満載時には、加減速をなるべく行わず、所要時間と燃料消費を節約する走行を行っている。乗用車が急に前に割り込むと、ブレーキを踏まざるを得ない。落ちた速度を回復する為に、余計な燃料を消費してしまう。

 大型の貨物が、周囲の流れを妨げないように走れるようになるのは、運転者のストレス軽減になる、大歓迎だ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

何をしている

水曜日
 昨夜23時頃、突然電話の着信があった。
 どこか遠くで、携帯の着信音が鳴った。リュックの中だったので音が小さく、TVの中の音かと思って放置した。
 すると、今度は固定電話に着信。
 我が家の電話は、常に留守電。録音している音声を聞いていたら、どうやら要件があるらしい。
 スマホを確認すると、義理の姉からの着信が在ったので、折り返し電話をした。
 兄が外出して酒を飲み、泥酔状態で正体を無くし自宅と間違えて他人のマンションへ侵入し、倒れて頭を打ち倒れているところを発見され不法侵入で通報されたので、警察と救急車を呼ばれて、病院へ搬送された。
 診断は、頭部外傷による出血と、脳挫傷に伴う脳内出血。
 2回目のCTを撮っている最中で、病院からの緊急連絡先に弟であるワシの連絡先を届けていいか、義理の姉が確認の電話を架けて来たのだった。
 今日は、ICUに移されたそうで、まだ意識が戻っていないか麻酔効いて眠っているのか、全く動けない状態だそうな。
 おそらく1週間ほどの入院となるようだ。
 ところが、病院は現在の新型コロナ騒ぎで、面会は禁止。気だけもんで、なんも出来ない。歯がゆいこと夥しい。

 奥方に告げると、日中に実家の母から電話があったそうだ。
 『実家の兄に、桃を送るように頼んだけれど、届いているかな』ということだったそうだ。
 母は、またどこかで転んだらしく、体が自分の自由に動かないもどかしさに、ますます気弱になり悩んでいるようだ。
 まぁ、お袋は耳が遠くて、電話しても会話が噛み合わないから、電話では伝えたいことの半分も伝わらないから、数か月前から手紙作戦に切り替えようと思っている。

 兄は、アルコール依存症の治療の為、今年1月から8週間も入院したのに、退院3日後にもう酒を飲んでいたそうだ。
 8週間も入院したのだから、入院費用もバカになるまい。
 高額医療費の請求書類も提出しておらず、特別定額給付金の申請もまだ行っていないという。
 書類という書類は、居間の隅の書類の山の中に放置してあったらしい。
 全く、何をしているんだ。

 このコロナ騒ぎの中、病院は面会謝絶あだし、新潟の実家へ行く訳にもいかず、全くもどかしい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

能力

火曜日
20200721_感染者比率.jpg 明日から、Gotoトラベルキャンペーンが、始まってしまうようだ。
 東京発着の旅行を補助対象から除外したことから、キャンセル料を政府が負担するという。
 キャンセル料を補償するとなると、虚偽請求が行われることが懸念される。
 そういうことには、異様に知恵の回る輩が、いるものだ。
 しかし、キャンペーンの事業説明を今日明日行うとは、なんともドタバタだ。
 
 キャンペーンの開始は、本来8月からだったというから、急に1ヶ月前倒ししたところから無理を生じている。
 
 政府主導で、新型コロナ対策を講じて来て、結果的になんとかうまく行っているが、その過程は失敗続き。
 水際対策は、出だしで穴だらけ。
 空港での検疫、PCR検査体制の充実、自粛要請と補償の両立、どれも上手くいっていない。

 自民党の政治家も、政策立案能力はたいしたことは無い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:21| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

心地よい朝

月曜日
20200720_朝.JPG
 4時半頃、一瞬東の空が赤らんだ。
 この感じは、数分間しか続かなかった。

 久しぶりに、全く雨の心配のない朝。

 雨が降っていなくても、霧雨が漂って歩いているとじっとりと濡れることも多かった。

 7時前だから、気温もあまり高くなく、歩いていて快適。

20200720_ミュア.JPG 昨日の朝、白井市南山公園にいた、4匹の猫の1匹。
 写真がへたくそなので。良く分からないが、この猫の目は青かった。
 可愛そうに、右目が濁っている。怪我でもしたのだろう。
 こいつは、60cm以上近づけなかった。少し間合いを詰めると、すっと引いた。

 人間に警戒心を抱いている。

 柏の葉公園では、セミが鳴いていた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

残りの華

日曜日
 19日の朝刊で発表された、千葉県内新型コロナウィルス感染者数(居住地別)
20200718_感染者比率.jpg 
 こんなに明確に、東京都に近い自治体の感染者比率が高くなっているのに、Gotoキャンペーンなんて政府はどういう了見か。
 そもそも、あのキャンペーンは、感染が収束した後の経済活動の回復を促進するための、施策ではなかったのか。

 前提条件が成立していなかったら、常人なら計画を中止・先送りするものだ。

 自民党の老政治家は、全く異なる感覚をお持ちのようだ。それこそが、老練な政治感覚なのだろう。

 

20200719_朝靄.JPG 6時頃、雨が上がった。
 近くの調整池の周囲を巡る遊歩道を、ぶらりと歩きに出た。
 R464と北総線の切通を渡る歩道橋から東の方を見ると、超高圧送電線の鉄塔が靄に霞んでいる。


 朝早く歩きに出たのは、一縷の望みを持っていたから。
20200719_佛法寺のハス正面.JPG20200719_佛法寺のハス後から.JPG 法目の佛法寺。
 ハスの花は、朝早く開いて、午後には閉じてしまう。

 1輪だけ花が残っていた。
 これ、見ることが出来ただけでも、幸運。

 午後3時頃から、次第に雲が切れ、青空が拡がり始める。
 陽が射すと、一挙に暑くなる。

 昨年越してきた我が家は、風が勢いよく通り抜けるので、涼やかで快適。
 この風通しのよさに惚れて、ここを購入した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:38| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

雨の休日

土曜日
 先週新調をお願いしたメガネを、受取ってきた。

 昨年引っ越した1か月後に壊れた3年前に作った『中近』の、代替品。
 4年前に作った『遠近』では、手元がとても見辛くなってきて、ついに我慢出来ない状況になった。

 今度も、PCの仕事や本・新聞を読むために、手元の見え方を重視した『中近』メガネ。
 かけて見て、ちょっと安心。
 手元が良く見える。レンズの上の方から眺めれば、遠くにも焦点が合う。

 日常生活では、ほぼこれで良い。
 車を運転するときは、以前の『遠近』か『近視』用の眼鏡を使用すればよい。

 フレームをこれまでずっと使用してきた、メタルフレームから、ちょっと太めの丸い樹脂製のフレームにした。
 メガネが軽くて、心地良い。


 21時からフジテレビで、映画『コンフィデンスマン・JP』を見る。
 この映画には、三浦春馬さんが出演している。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

誤解

金曜日
 昨日掲載したGotoトラベルについて、ワシは誤解していた。
 対象から外れたと云っても、県を跨いだ移動を禁止も自粛要請もされていないのだ。
 クーポンに拠る旅行費用の5割まで、タダになるかどうかだけの話。
 旅行に行きたい人は、自腹で行けば良いだけのこと。
 
 まるで、県を越えた移動制限が解除されるのがGotoトラベルではなく、それから東京都発着を金銭補助対象から外すだけ。
 もともと移動制限などしていない。
 この程度のこと、なんで国家の一大事の様に、大騒ぎしているのだろう。
 Gotoキャンペーンは予定通り実施しても、関東の1都3県の居住者、東京都に通勤する者とその世帯の人間は、居住地の県を越えた移動を制限すれば、感染拡大のリスクがぐっと抑えられるのではないだろうか。

 この観光や交通機関の支援を目的とした、Gotoキャンペーンは本当に経済にプラス効果が大きいのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:56| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

特別な休み

木曜日  勤務先の創立記念日のため、休日
 今朝の新聞発表『県内の新型コロナウイルス感染者数(居住地別)』より県北西部を抜粋し、人口1万人当り比率を示す。
20200715_感染者比率.jpg

 この中で、印西と白井は、4月までの初期感染時期の数値が殆ど、ここ1ヶ月の感染者は1桁だ。
 明らかに、都に近い自治体が、高い数値を示している。

 都内への行き来は、控えたほうが良い。

 午前中、柏駅前まで行って来た。
 現在会員登録している、柏セントラルスポーツクラブを、8月一杯で退会する手続きをしてきた。
 理由は、昨年11月脊柱管狭窄症の影響で、右脚股関節の炎症を起こしリハビリに3月末まで費やした。
 そして、運動を再開した6月に1時間ほど走ったら、今度は同じ症状が左脚に出た。
 また、今月の第1週に、皮膚の感染症になり、現在治療中である。

 この状況では、暫くスポーツクラブどころか、散歩ですらままならない。

 しばらく、体が健康な状態を取り戻すまで、オトナシクしていようと思う。
 
 Gotoキャンペーン、東京都外しとなった。
 東京都に居住している人、東京を発着する旅行をキャンペーンの対象外にするらしい。
 こんな制限では、全くもって不十分だ。
 都内には、昼間にどれだけの人間が、周辺自治体から出入りしているというのだ。
 東京発を外すのであれば、東京都に日常的に通勤している人たちとその家族は、キャンペーンから除外すべきである。
 東京都に通勤とかで長時間滞在している人たちの移動を制限しなければ、東京からの感染拡大を防ぐことは出来ない。
 東京に通勤している、千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県の人間は、普段の移動経路以外への移動を制限すべきである。
 またその家族も、家庭内感染のリスクが高いので、移動制限対象であって然るべき。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:06| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

怪物

水曜日
 防衛白書が、出た。
 対中国の記述が、だいぶ踏み込んだものになったそうだ。
 是非読んでみたい。

 中国(中国共産党)は、防衛白書について「偏見と虚偽情報に満ち、中国の脅威を煽(あお)り立てており、でっちあげの資料だ」と反発したそうだ。
 こういう反発したというのは、防衛白書の指摘が正当だからだろう。
 痛い所を突かれると、中国はいつもこのような反応をする。

 南シナ海の中国の主権主張について、アメリカが明確に批難した。
 当然である。
 4年前に、オランダハーグの国際裁判所で、『国際法上、中国の領有権の主張はなんの根拠もなく、違法行為だ』ど裁定を下した。
 ところが、中国は一考妥にせず、『紙屑だ』と切って捨てた。
 南シナ海の領有について今になって中国は、『中国の歴史上、明確に南シナ海は、中国の領海である』と発言した。
 中国の歴史は、その当時の権力者の都合に合わせて、修正してきた捻じ曲げられた歴史である。
 そんなものは、公正な判断基準には値しない。
 中国は、独善的で傲慢な、覇権主義国家である。

 この国を亡ぼすのは、おそらく外的要因では無理だろう。
 15世紀の様に、また内部の反乱から、自己崩壊するに違いない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:44| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

役にたつのかなぁ

火曜日
 厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ、COCOAをスマホにインストールした。
 Bluetoothを常駐させておくため、バッテリーの消耗度が高いのではないかと思う。
 インストールは、あっけないほど。
 インストール前の、使用規約の了承が、やたらとくどい。

 政府は、観光促進のGotoキャンペーンを、勧める方針。
 しかし、都内首都圏で感染者数が増え続けている状況で、国内一律にGotoキャンペーンを実施するのは、どういう考えなのか疑う。
 感染拡大を防ぐ手段として、外出自粛は有効では無かったという科学的証拠を示して、観光促進をしても問題ないと説明できれば納得もする。
 そういう、科学的・統計的な数字の裏付けがあって、丁寧な誰もが納得できる説明が必要だ。
 説明もせず、『予め決めておいたことだから、予算消化のために実施する』と云わんばかりの、思考力の硬直化したかのような対応としか思えない。

 こんな政府に、日本の今後を任せて大丈夫なのだろうか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:28| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

新型コロナの兆しはあるか

月曜日
 先週、皮膚の炎症から1週間。
 炎症のせいか、服薬している薬のせいか、毎朝の体温が高めを推移している。
 
 先々週偶然入手した、ウレタンフォームのマスクを着けてみた。
 すかすかで、息の通りが良く、メガネが曇らない。
 これでは、飛沫を防ぐ能力は、殆ど期待できないのではないか。

 感染者の傾向によると、感染のリスクが最も高いのは、会食のようである。
 
 マスクも自分の飛沫を外に出さないために、必要であると同時に、不用意に鼻や口と目の周囲を触らないために重要。
 食事や休憩する時、食べたり飲み物を飲むためには、マスクを外す。
 その瞬間が、最も無防備になる。

 だからこそ、居酒屋で長時間飲み食いするのは、感染リスクが高い。
 なかなか、外食は出来ないな。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:31| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

珍しい虫

日曜日
20200712_朝.JPG20200712_朝2.JPG
 昨夜は、深夜に雷鳴がなっていたように思う。
 朝には、路面も少し濡れていたが、東の空には朝日が差し込み、西の方の空は少し青空も見えた。
 でも、どうにも安定しないような空模様の為、じっと家で過ごすことにした。

 朝から蒸し暑く、気温は28℃を越えている。
 正午頃には、30℃近かった。
20200712_玉虫2.JPG20200712_玉虫.JPG 昼食の乾麺のそばと天ぷらを買いに出た帰り歩道を歩いていると、T字型に飛んでいる大きめの昆虫がいた。
 木の近くを飛び回って、ワシの方へ向かってきた。頭の色がとても綺麗だった。
 道路の向かい側に飛んで行って、姿を消した。
 ファミマの前の歩道を渡って、向かいの歩道で見つけた。

 この個体、先週木曜日の朝に見た玉虫と大きさもほぼ同じ、同じ個体かもしれない。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:03| Comment(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

特別給付金の使い道

土曜日
20200711_感染者比率.jpg 千葉県内北西部の各自治体の、累計感染者数。
 5月以降感染者数が増えていない白井市は、人口1万人当りの感染者数が県内5位に後退。


 月曜日に皮膚科で診療を受けて以来、毎朝夕湿疹が出来で皮膚が破れた箇所の処置をする。
 処置は、荒れた皮膚の箇所に軟膏を塗り薬品を塗布した布を被せて、ずれたりしないようにサージカルテープかフィルムで押さえる。
 夕方は、入浴して石鹸で良く洗ってから、行う。
 朝は、入浴出来ないので、皮膚はアルコールで洗浄する。
 首・左手・両脚の、15ヶ所を処置するため、約20分程かかる。
 この手の傷の処置は、小学生の頃から傷の絶えないワシは、お手のもの。

 この状況では、スポーツクラブに行くわけにはいかない。
 自宅で、ビデオを見る、ラジオを聴いて過ごすのだが、先週末から土曜午後の楽しみだったラジオ番組が消えてしまった。
 ロングレンジウォーキングを始めた頃から聴いてきた、『久米宏のラジオなんですけど』。
 あの番組は、午後になって少々疲れ気味の時に、いいカンフル剤だった。
 あの後の番組は、毒にも薬にもならない。

 14時半頃、メガネを新調するため、歩いてお出かけ。
 自宅近くに、メガネ・ハットの店舗があるから、引っ越してきて以来行こう行こうと思っていた。
 昨年11月頃、普段仕事で使っていたメガネの鼻あてが、片方取れてしまった。
 それ以来、5年前に作った、車を運転するときの眼鏡で代用していた。
 このメガネは、遠近の為、手元の細かい文字が読みにくい。
 先月、勤務先のノートPCが更新され、15インチの高精細液晶モデルになり、やたらと文字が小さくなりとても疲れる。
 15インチなのに表示画素数が、1980×1080もある。100%表示では、文字が小さすぎて読めない。
 125%表示に設定しているが、それでも小さい。
 今週は、PCを操作するのに、ストレスを感じていた。

 メガネ・ハットでは、以前作ったメガネの履歴が、しっかり残っていた。
 店舗が違うが、同じチェーン店で、データが共有されている。
 そこで、以前作製したメガネの特徴と、現在のワシの希望によって、勤務先の仕事用に中近用メガネレンズにした。
 出来上がりは、来週末。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:35| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

かっこいい

金曜日
 流山おおたかの森駅から、大堀川の調整池の途中に、通常の流山のマンホールとは違うデザインのものが有った。20200710_マンホール.JPG

 TXとおおたかが、デザインされている。

 最近、この付近では、おおたかを見ることが無い。

 朝は小雨が降っていた。
 午後は雨が上がり、陽射しも差した。
 18時20分頃新鎌ヶ谷駅に着くと、雨が降り出した。18時半頃白井駅前ではポツポツ降っていた。
 19時前には、夕立のような雨。

 慌ただしい天候だ。
 もう7月も中旬になる、間もなく暑い暑い真夏がやってくる。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:05| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

梅雨の天気

木曜日
 朝、がん研究センターからこんぶくろ池付近を通る頃、激しく雨が降って来た。
 僅か数分でしかなかったが、公園の道は一挙に水が上がった。
 リュックは、撥水スプレーをかけておいたが、本来防水性能が無い。
 勤務先に着いて確認すると、一番外側のジッパーの中は水が浸入していた。

 今朝の新聞で、政府の骨太の方針原案が、報じられていた。
 デジタル化の推進が、大きく書かれている。
 これって、2001年に同じような方針が、あったではないか。
 約20年間、政府は何をしていたんだろう。
 あの時の方針で進んでいたら、日本は今のようなIT後進国にならなかったはず。

 東京の新規コロナ感染者が、今日は200名を超えた。
 それでも、対策を、国も東京都も示さない。
 
 どうなんだ、この国。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:15| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

梅雨の晴れ間か

水曜日  (年休とって筑波へ)
朝20200705_.JPG 今朝の朝焼けは、荒れる天候の兆し。
 ここ数日、強い風が吹き荒れている。
 雨が降ると、傘が邪魔になるほど。

 ある方から、忠告を受けた。
 『野内さん、香港へ行くとあなた逮捕されるよ。』
 幾度となく、このBlogでFacebookで、公然と中国共産党を批判・批難する書き込みをしているからだそうだ。

 今日は、予定通り勤務先を休んで、TMAC主催のA級ライセンス講習会にオブザーバーで参加するため、筑波サーキットへ。
 10時頃から午前中は、激しい雨が断続的に降った。
 12時過ぎ、雨は上がり、筑波山が綺麗に見えるようなった。

 帰宅途中、利根川の橋の上で、手賀大橋の上で、夕日の美しさに見とれる。
 運転中で、車の流れも良かったので、写真は撮れなかった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

かよわい花で終わらない

火曜日
 20時半頃、番組表を見て、あわててBSフジを見た。
 桜井よしこ氏の弁に、心酔した。
 中国は、歴史を臆面もなく、書き換える国。
 習近平を国賓で招くとは、恥でしかない。
 中国は、日本と友好的な関係を持つ意思は、無い。
 
 その通りだ。

 日本は、アメリカの庇護の下で咲く、可憐で美しい花。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

通院(最低の病院 鎌ヶ谷総合病院)

月曜日
 昨夜電話で、通院して皮膚科の受診を予約したため、新鎌ヶ谷の鎌ヶ谷総合病院へ行く。
 朝、体温は、起掛け37.1度、朝食後37.6度。
 鎌ヶ谷総合病院は、受付開始が8時。
 てっきり9時頃だろうと思っていたので、寛いでいた。
 WebでHPを見た瞬間、『いかん行かなきゃ』と思い、着替えて出発。
 風雨が強く、車で出発。
 自宅前からR464に出る道で、なんと目の前にRX−8がいた。
 R464を走行し、左後ろに着く。運転しているのは、若者だった。最近みたRX−8は、年輩者が多かったが、殆どがMT。
 若者は、ATでも構わず乗っている。
 そのグレーメタリックのRX−8は、西白井駅前の交差点で消えた。
 
 鎌ヶ谷総合病院に着いて、駐車場へ車を入れようとしたら、入り口が不案内だった。なんと正面入り口に駐車場の入り口があった。
 駐車場のゲートは、病院の一番奥にある。駐車券を受け取り車を停めて病院へ入ろうとしたら、一般の入り口は正面にしかない。
 駐車場から正面入り口には、病院の建物サイドに歩道は無く、一旦駐車場の中を歩いて公道に出て正面入り口に回るしかない。
 約150mほど、強風と雨の中を歩かされた。
 病院の入り口では、発熱チェックがあった。でもワシは、36.5度と平熱と判定され新型コロナ検査はスルーした。
 この病院の診察券を持っていたので、自動受付機に通す。診察科が表示され、受付登録しようとしたが、皮膚科が無い。
 カウンターの有人受付に尋ねると、『皮膚科は、火曜金曜のみです』と云われた。
 昨夜の応対は何だったのか、運萬やるかたないが、ここで騒いでも単なる暴走老人になってしまう。
 雨の中を歩かされた、駐車場の配置を呪いながら、出口ゲートで駐車券を入れると短時間だったためか駐車料金は無料だった。
 病院敷地から車で公道に出ようとしたら、なんと病院正面の車寄せを通らないと公道に出られない。
 何たる、無駄な配置なのか。
 この病院の駐車場は、歩行者が駐車場の裏側から入ることもできない。

 これで、この病院は二度と使わないと決意した。数年前にも、人間ドックの時に、相当腹が立ったのを思い出した。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

発熱

日曜日
 帰宅途中、東名高速に乗った頃から、妙に頭が熱かった。20200705_FUJI.JPG
 木曜日頃から、右脚が腫れていた。
 突然、湿疹があちこちに吹いて出る。
 土曜日にも、右の脛が3ヶ所腫れてから皮膚が破れ、体液がジュクジュクと浸みだしてきた。
 木曜の夜は、首筋に1ヶ所出来て、破れた。
今朝は何もなかった、左手の甲に2箇所湿疹が出来て昼頃破れてしまった。
 傷パッドを張ったが、体液がパッドの上ににじみ出る。
 右脚の付け根のリンパ節が、大きく腫れあがっている・

 今日、履いて行ったトレッキングパンツは、気がつくと浸みだらけになってしまていた。

 体温を測ると、37.8℃。
 救急外来へ電話したが、発熱があると告げると『発熱外来を受診し、検査を受けてから、皮膚科の受診をお願いする』とのこと。


 そもそも体温が37.5℃を越えたら、勤務先は出勤停止。

 明日は休んで、病院へ行こう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:25| Comment(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

リニューアル 続き

土曜日
 昨年6月末頃、中古の住宅を購入し、それまで住んでいた公団の賃貸住宅から出る決意をした。
 昨年の今日は、帰宅途中に西白井の東日本住宅を訪れて、中古物件の照会と見学を申し込み、物件探しを開始した。
 あれからもう1年も経過した。
 7月になってPCのスクリーンセーバーの設定を変更し、参照する画像のホルダーを昨年の7~9月の写真にした。
 すると、昨年の自宅の引っ越しまでの、現自宅の写真が表示される。
 初めて見学した時から、購入を決意して調べた時、リニューアル工事中、リニューアル完成時等々。

 先週のリニューアルの続き。
 タンスの裏のコンセントに、延長コードでテーブルタップを接続し、VDSLモデムとTA・無線LANルーター・電話機の通信設備と台所の電気炊飯器を接続していた。
 が、タンスの裏側でタンスは容易に動かせず全く点検出来ない場所のため、通信設備の移設に伴い電源の取り出しを取りやめることにした。
 残った電気炊飯器は、台所の壁のコンセントからテーブルタップで取りまわすことにした。
 台所の壁のコンセントは、2箇所あるがどちらもアース端子付き。1ヶ所は1個口、もう1ヶ所は2個口。
 テーブルタップを追加するため、コンセントを両方ともアース端子付2個口に交換。
 既設コンセントはJIMBOの製品。アースはなんと、より線をソルダレスの圧着端子でねじ止めされている。
 PANASONICの製品なら、ACラインもアースも、差し込み接続。より線は棒圧着端子を取り付けて、差し込み施工する。

 9時30分のホームセンターの開店直後に、配線器具を購入。帰宅して取替。
 ワシは、電気工事士だから、施工上法律的な問題はない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

経過観察する

金曜日
 右脚が、あちこち傷ついて、化膿したようになってしまった。
 昨夜、自動搬送機の故障対策をした後、妙に右の脛が痛むのに気がついた。
 腿の付け根のリンパ球も、腫れている。
 どこにもぶつけたような記憶はないのだが、暫く経過観察をしよう。

 よく見ると、傷がありそこから透明な液体が、滲んでいる。
 白血球が雑菌と戦っているんだな。

 おそらく、暫く放っておけば、体が戦って自然に治癒するはず。

 ふるさと納税の返礼品競争で、過度の返礼品を付けたり商品券をつけたりして競争を煽ったとして、総務省が泉佐野市をはじめとする4市町村を対象自治体から除外した。これに不服として裁判を起こして最高裁まで争い自治体側が勝訴、3市町村がふるさと納税に復帰することなった。
 ふるさと納税は、応援したい自治体に「納税」という形で寄付するもので、その納税額は本来の居住地の自治体への住民税などから控除される。本来の自治体の税収が、移転する形になる。 
 ふるさと納税で税収が増えた自治体は、地元産品で寄付金の3割以下の返礼品を、寄付した人に贈る。
 子の返礼品目当てで、寄付する人が増えて問題になった。
 本来「寄付」なのだから、返礼品はおかしい。送るにしても、礼状の文書だけでいいだろう。
 「寄付」が地元自治体の税収を減らす仕組みも、ふるさと納税は控除対象にしないように改めるべきだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:10| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

感染拡大?

木曜日
 13時のニュースで、東京の新たな感染者が100名を超えたと報じていた。
 今週に入ってから、新規感染者が増加傾向にあったのに、何ら対策も指導もしていない。

 無策が招いた、当然の結果では。

 この先、秋から冬になって、インフルエンザの流行の季節を迎える。
 この調子では、新型コロナの感染は収束など、おぼつかない。
 ブラジルや南半球の各国では、完全拡大が続いている。
 来年オリンピックなど開催している場合ではあるまい。

 東京オリンピックは、2024年まで延期だな。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:21| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

半年が過ぎて思うこと

水曜日
 今日で、1年の後半に入った。
 既に半年が過ぎたというが、実感が乏しい。

 新型コロナによる外出自粛、イベントの自粛、スポーツジムの営業自粛で、休日に何処へも行けないことが変化の乏しい期間を過ごした、
 散歩に出かけるにしても、市外へ足を延ばすことを制限してしまい、都内や神奈川・千葉県東部へ出かけることを諦めた。
 
 お花見の季節も、桜まつりは無く、純粋に桜の花を楽しむことが出来た。
 ところが、千葉県北西部、松戸市や船橋市・市川市へは、足は遠のいてしまった。
 よくよく調べると、人口当たりの感染者数は、3月末時点で白井市と印西市が県内で飛びぬけて高かったので、出かけていくと感染源になりかねない状況だった。
 今にして思えば、感染者比率の高い地区の人間が、より安全な場所を怯えているという滑稽な状況だった。

 ここ1ヶ月の感染者発生状況をみれば、白井市は0に近い。
 地元は、安全地帯だろう。
 早い時期に感染者が多かったのは、北総線と京成の空港アクセス線が原因だっただろう。
 成田空港直結で、海外からの来訪者が多く利用する電車で、接触感染があったと推察する。
 海外からの入国を止めてから、北総線沿線の感染者は増えていない。

 政府は、まだまだ外国からの入国を制限しておくべきだ。
 特に、中国は禁止すべき。

 香港に『国家安全法』を押し付けた、傲慢な中国には断固とした措置をとるべきである。
 あの国家安全法は、香港を抜きにして、成立させた。欠席裁判のような、立法のしかた。
 日本国内で言えば、全国知事会でその県の意見や主張を一切聞かずに、当該県の条例を勝手に制定したようなものではないか。

 中国共産党は、世界へ約束したことをとこも無く破り捨てる、独善と傲慢の独裁国家を築いている。
 あのやり方は、経済的に牛耳れば、世界中の各国に同じことを押し付けてくるに違いない。
 目指すところは、世界征服なのだから。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:45| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする