2020年08月31日

腕時計購入

月曜日
 兄夫妻とその支援者の4名で、病院で面会し談笑した後、新津田沼のAEONに立ち寄った。
20200831_Wacth.JPG そこにある時計屋さんで、CASIOのスポーツウォッチを購入した。
 税込みで約5千円。
 電池駆動だけど、2・3年に1回のことだから、たいした問題ではない。
 ストップウォッチ機能付きで、LAPタイムの記録が可能。
 今使っている長男が以前プレゼントしてくれたものと、ほぼ同機能。
 スタート・ストップ/LAPの押釦が、時計の表面についていて、押し易い。
 よくよく取説を読むと、計測中に現在時刻の表示が可能。
 LAP計測結果と、現在時刻が同時に読める。
 これは、ワシがサーキットでコースにいる時、是非欲しい機能だった。

 なんといっても、液晶表示が大きくて見やすい。

 それに、なんとモーションセンサーによる、歩数計機能付き。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:24| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

活躍の機会

日曜日
20200830_阿夫利神社.JPG 印西市高西の阿夫利神社へ行って、そこから松山下公園へ抜けるルートを選択。
 阿夫利神社へ行くと、貼り紙があった。
 夏季の例大祭(7月25・26日予定)は、新型コロナ感染拡大の防止の観点から、中止したという。
 氏子や周辺の方々は、さぞかし残念であっただろう。

20200830_待機.jpg 田の稲は、穂が稔り、収穫が間近。
 松山下公園の近くに、コンバインが待機していた。
 農作業用の機械は、年間に僅かな期間しか稼働する機会が無い。
 だからこそ、整備と点検が必要だ。

20200830_稲刈り.jpg 亀成川沿いの田では、稲刈りが始まっていた。
 2条刈りのコンバインで、素晴らしいスピードで刈り取って行く。
 刈り取って脱穀し、稲籾はタンクに蓄え、稲藁は裁断して廃棄する。
 勿体ないと思ってしまう。昔は、稲藁を堆肥や農作業用の材料に、畳床の材料に活用したものを。
 機械化して省力化したため従事者が減り、副産物の利用が止まり、継続可能な発展が止まってしまっている。

 印西牧の原のBIGHOPでは、噴水で子供たちが水遊びをしていた。
 本当に涼しそうだった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:30| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

寂しい夏

土曜日
20200829_新規感染者比率.jpg さて、今日は何処へ行こうかなと思う参考に、7月以降の感染者数をみる。
 東京に近い自治体が高く、鉄道でいうと総武・東西・東葉高速沿線が高い。
 公共交通機関を使わずに移動する分には、何処へいこうとリスクに差はあまりないだろう。




20200829_陽射.JPG20200829_陽射2.JPG 強い陽射しで、くらくらする。
 遅い時間に散歩に出たことに、少々後悔した。
 家の中から外を見て、暑そうで躊躇していた。
 歩き出してみると、意外と暑くない。
 木陰は、涼しい。

20200829_栗.JPG すっかり季節が進み、栗がもう収穫時期になっていた。
 畑の近くに、袋に入れて売っているところもあった。

20200829_市民プール.JPG
 市民プールは、新型コロナ禍で、閉鎖中。
 平年なら、夏休み最後の週末、この暑さでプールは大賑わいのはず。
 ウォータースライダーに、誰もいない。

 20200829_神崎川沿い.JPG 神崎川沿いの道。
 小室橋を渡り船橋市側に移ると、綺麗に草が刈られており、歩きやすい。
 ここが、船橋市と白井市の差だろうか。
 神崎川を久しぶりに小室に来て、小室駅前に行ってみたくなったので、鎌倉橋まで下って八幡神社から駅前へ向かった。

20200829_小室駅前.JPG 駅前に来てみると、昨年までスーパーのあった場所は、更地になっていた。
 これでは小室に住む人は、日常の買い物にも困るだろう。

 小室公園の東側は、数年間から宅地開発され、多くの戸建て住宅が建った。
 それなのに駅前には、ファミマと僅かな商店しかない。

 それでも、需要が少なくて、駅前のスーパーは成り立たないのか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:43| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

秋の気配

金曜日
 朝5時頃、セミの鳴き声がしなくなった。
 これは、気温のせいかと思ったが、今朝は28℃近かった。
 日の出の時刻が、5時10分頃になったから、セミがまだ休んでいるのだろう。

20200828_空.JPG 昨日は靄が掛かって、直射日光は遮られていて暑く感じなかったが、今朝は5時半頃からこの青空。
 遠くに、白い入道雲が見える。手前の低い雲は、にわか雨を降らせる雨雲。

 この青空は、真夏というより残暑の秋空ではないか。

 22時頃ジムからの帰り、セミの声に交じって、秋の虫の音が聞こえた。

 安倍総理が、突然辞任会見を開いた。
 体調が原因だと云うが、計算しつくされた辞任時期。
 連続在任期間が憲政史上トップとなった8月24日を過ぎてから。体調が悪化して、病院へ行ったのが24日。
 どうしても、連続在任期間が憲政史上トップの実績が欲しかったのが、見え見えだ。

 日本国内の財界や政界の人たちは”大人”だから、安倍総理のことを持ち上げるコメントばかりしている。
 まぁ、去っていく『過去の人』を、こき下ろすのは『大人げない』ということか。
 これで、あらゆる責任を取らずに、とんずらするわけだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:01| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

気づき

木曜日
 無くしてからようやく気付くものは、健康だ。
 6月頃発覚した左股関節の延長も、殆ど直って来た。

 脚も故障や怪我をすると、同じような故障や障害を抱えている人たちの辛さが、初めてわかってくる。

 松葉杖を使っている人をみると、早く治ることを思っているだろうと感じる。

 脚の故障は、普段自分を運ぶ力の元が、逆に荷物になる。
 速く歩きたくても、痛くて歩けない人は、外見では殆どわからない。

 みなそれぞれ、何らかの制約があると思えば、他人のことが許せるようになる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

風蝶花

水曜日
20200826_クレオメ.jpg 柏通信所の近くに、風蝶花が咲いている花壇があった。

 とても不思議な花。
 
 花一つ一つは、派手ではないが、全体はまるで花火のような花。

 とても艶やかで、好きな花だ。


20200826_ハス.JPG 柏の葉公園の日本庭園の池の中に、ひっそりと隠れるようにハスの池がある。
 まだ、花が咲いていた。


20200826_がんセンター.JPG がん研究センターの裏を通るとき、ある方を思い出してしまう。
 リンパ癌で他界された、ハンドルネームR464氏。

 このがん研究センターには、癌を発症し闘病されている方が、多くいらっしゃる。
 癌を患い、余命宣告を受けて、残る人生の短さに闘っているのかな。

 今健康なワシも、余命は限られている。
 平均寿命から云っても、余命は約20年。
 病気や不慮の事故で、命を失うかもしれないし、肉体的な障害を蒙るかもしれない。
 そう思うと、今この時をどう過ごしていったらいいのか、迷う。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:55| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

そろそろ夏の終わり

火曜日
20200825_朝日.JPG 昨夜は、エアコンの要らない、快適な夜だった。
 今朝、家を出ると、涼しい。
 と、静かなことに気づいた。
 セミが啼いていないのだ。

 まだ、日の出前だからかな。

 日中はしっかりと暑くなったが、夜には30℃を下回り、エアコンなしでも過ごせる。
 
 日曜のにわか雨のあと、一挙に季節が進んだような感じだ。
 このまま、暦通りに夏の終わりが来ればいいなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:53| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

変えたもの

月曜日
 JAFの会員証が届いた。
 JAFの年会費を、口座自動振替に変更しておいたから、自動的に会員資格が更新され、会員証が届く。
 便利になったものだ。
 
 会員証の色が、ゴールドに変わった。入会40年だと。
 すると、来月でライセンスを取得してから、40年になる訳だ。
 4輪自動車の競技ライセンスを取得するには、JAFの会員にならなければいかなかったので、JAFに入会した。
 当時は、何も知らなかったんだ。

 競技ライセンスを取ってジムカーナやレースがやりたいと思ったあの40年前が、ワシの人生を変えたといっていい。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

道路管理が・・・

日曜日
 今年も、NTVは『24時間TV』を敢行した。
 オリンピック金メダリストの高橋尚子さんが、今年は走る。中継のコメントを聞いてびっくりした。
 金メダルを取ったシドニーオリンピックから、もう20年も過ぎたのか。
 日々のトレーニングを怠っていないらしく、35kmを軽々と走り切った。

 昨日の散歩を終えて歩数計を確認したら、画面が消えていた、電池切れか。
 このところ、歩数カウント数値が、少なすぎる。汗が浸み込んで、モーションセンサ用の動きが悪くなってしまったかも。
 スマホに歩数計アプリを入れれば、計数可能だが、アプリによっては電池消耗が多く、一日もたなくなってしまう。

 さて、今日は歩数計は無い。
20200823_神崎川沿い.JPG 気楽に、ワシの散歩の基本ルートの神崎川沿いを歩いて、平塚の延命寺へ向かった。
 R16を越えてから、神崎川を下る川沿いの道は、草茫々。
 強引に突破するには、それなりの装備が必要。ワシのアディダスのゴアテックスシューズは、朝露でびしょ濡れになっても内部には水は侵入してこない。
 普通にジョギングシューズで散歩するには、草を刈るか舗装の必要がある。
 健康文化都市を謳うには、それくらいの投資と管理が必要だ。

20200823_河原子街道.JPG 河原子橋のところから河原子街道を北に向かうところ。
 歩道が、雑草で殆ど塞がれている。
 ここは、小中学校の通学路でもあるのだから、歩道の整備は重要なことだ。
 道路管理者は、もっと定期的に道路を巡回して、整備をしていただきたい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:29| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

真夏の道

土曜日
20200822_NewShoes.jpg 今日から、散歩用のシューズを、新しくした。
 今年になって、股関節の炎症で、脚左右の力のバランスが悪化し、右側の踵の摩耗が早かった。

 3年ぶりに、アディダスにしてみた。
 
20200822_稲穂.JPG 歩き始めた頃は、空に低い雲が掛かって、陽射しが無くて涼しく快適に歩けた。
 田んぼの稲穂は、重く垂れて、色も黄金色に。
 渡ってくる風に、籾の匂いがした。



20200822_鶏頭.jpg 道端に、鶏頭の花が咲いている。
 黄色い花を、初めて見た。
 赤と黄色の2色が並んでいると、一層に華やか。




20200822_林の中.jpg 10時半頃から、低い雲が消えて、陽の光を遮らなくなった。
 一挙に暑くなる。日向を歩くと、溶けそうだ。

 木陰が、とてもうれしい。
 風が通り抜けると、とても涼しい。
 
 この先、なるべく日陰を選んで歩いた。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

無防備なやつ

金曜日
20200821_新規感染者比率.jpg 7月以降の感染者比率。
 柏・我孫子・松戸方面は、感染者が少ない。



 朝、東武野田線の新鎌ヶ谷駅の改札を入って少し行った所で、床にセミがひっくり返っていた。
 人差し指を翳すと、指につかまって来た。
 拾い上げて暫く歩いて、ちょっと困った。
 出来たら、土の上に放してあげたいのだが、駅の構内は土の露出した地面が無い。
 ホームに降りる階段の途中で、セミは気がついて飛び立っていった。
 正直、ほっとした。
 
 朝、道の真ん中でひっくり返っているセミは、殆どがアブラゼミだ、
 力尽きて、落ちているのかもしれない。
 道の上で放っておけば、誰かに踏みつぶされるかもしれないので、植え込みや木の根元の土の上に移してあげたい。
 指を翳すと、力の残っているセミは、指につかまってくる。
 力尽きているセミには、蟻が群がっていたりする。

 昨日は、羽化する前の幼虫が、歩道の敷石の上をよろよろと歩いていた。

 セミは、鳴く声がちょっとうるさいだけで、何の害も無い。
 
 アブラゼミは、他の種類の蝉に比べて、とても無防備だ。
 木に留まっている場所も、人の手の届く低さでも平気だし、近づいてもなかなか逃げない。
 直ぐに捕まってしまう。
 見た目は、ちょっとユーモラスで、憎めない。
 セミが怖いという人もいる。私の息子たちがそうだ。

 その気持ちが、ワシには判らない。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

秋の気配

木曜日
20200820_朝日.JPG20200820_夕焼け.JPG 5時10分頃、ちょうど朝日が昇ってくる。
 夕方、18時30分頃、夕焼けがまばゆい。
 朝夕の太陽を見ると、秋の様相を見せ始めた。



 ここ1ヶ月、本はTカードのポイントで買っている。
 お酒を買ってついてくるTポイントで、楽しみも手に入れる。とっても得した気分。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:35| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

いい道

水曜日
20200819_カラスウリ.JPG 今朝は、涼しく感じたので、ちょっと歩く距離を延ばした。
 
 殆ど地図を見ないで歩いているので、上手くいけば最短距離を選べる。

 柏市みどり台からR16への道は、流通経済大柏高校のグランドの裏を通る道だった。
 比較的広い道なのだが、道の両脇の林の木々が道の上を覆っていて、全く陽が射さない。
 とても涼しくて、快適な道だった。今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

美味い酒が飲める

火曜日
 今日から、新規に入会したジム、ルネサンス白井は今日から24時間営業。

 晩御飯後に行ってみた。
 結構、人が来ている。
 筋トレ用のマシンは、ほぼ塞がっていて、空きのマシンを見つけて使う状態。
 19時半頃から使ってみたが、この時間帯が最も混みそうだ。

 歩いて3分の場所に、ジムがあるのはとても便利だ。
 ジムで大汗をかいて体が温まっているうちに帰宅すると、外の気温が低く感じられ、吹き込む風が涼しい。
 エアコンを入れる必要を感じない。
 
 ハイボールが、とてもうまく感じる。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

暑い

月曜日
 15時半から、兄の入院する主治医と療養士さんから兄の状況を聞くため、14時に退社しTXの柏のキャンパス駅まで歩いた。
 
 この時刻、スマホで外気温を検索すると、柏市十余二は36℃だった。
 いやはや、溶ける様に暑い。
 R16沿いの道路工事の建設仮囲いの前は、仮囲いの白く塗られた鉄板の照り返しが、猛烈な暑さをもたらす。
 
 流山おおたかの森駅で、東武野田線の車両がホームに入ってくると、電車の冷房の排熱がホームで待つ私たちに襲い掛かる。
 逃げ込むように、電車に乗り込む。

 18時頃、新津田沼から新京成で帰路に着く。
 電車内は、普通に混んでいる。
 75位の男性の老人は、マスクを顎にしている。
 まぁ、仕方ないなぁと思ったが、『マスクを鼻まで上げなさい』と云うことはしなかった。
 あんな老人が感染源になる筈が無い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

セミしぐれ

日曜日
20200816_ミンミンゼミ.JPG 富士スピードウェイは、流石に富士の裾野にあるだけあって、今日も気温は32℃止まり。
 テントで陽射しを遮れば、渡る風が涼しかった。

 車を停めたところの梢に、ミンミンゼミがやって来た。
 
 しばらく静かにみていたら、腹を震わせて啼き始めた。

 よく聞いていると、あちこちでいろんなセミの声がする。
 
 PCMレコーダーで録音し、家で聞き返したくなる。

 でも、実際に録音すると、その時気づかない他の音が沢山入っているもの。
 自然の音の録音は、狙った音の音量と周囲の音へとの注意が難しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

溶けそう

土曜日  終戦記念日
 9時から千葉テレビで、高校野球県大会決勝トーナメント、専大松戸VS日体大柏を見る。
 中継の画像を見ていると、画像の精細度が気になる。カメラの画素数が少ないのか?
 専大松戸は、8回コールドで圧勝。

 正午過ぎに外へ出ると、気温と陽射しで、くらくらする。

 午後は、ルネサンス白井で、エアロバイクを漕ぎながらTBS−TV『終戦75年スペシャル』を見る。
 TBS−TVは意図的に、当時の国防婦人会を今の『自粛警察』と同じように、間違った正義感と描いている。

 19時半からNHK総合『太陽の子』を見る。
 俳優 三浦春馬 の遺作のようなもの。

 圧巻だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

相手に合わせた対応

金曜日
 明日は、日本が第2次大戦の際に、ようやく敗戦を決意した日だ。
 『終戦記念日』とは、よく言ったもので、戦闘を行っていた国々と敗戦の条約にサインした日ではない。

 現行の日本国憲法前文を、なんとなく読んでみた。
 『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。』
 この憲法を作った頃、『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』と在るように、そうではなかった国は日本であった。
『いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない』
 思うに、現在の日本や周辺の国々は、自国の利益や権益に終始し、侵略や大量破壊兵器の開発保持に汲々としている。
 そもそも、某周辺国は『平和を愛する諸国民の公正と信義』に悖る行為をしているのであるから、そのような国にたいして『武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。』などということは無い。
 やられようとしているのに、そのまま攻撃されるのを手を拱いて見ているなど、国家の維持のためにあってはならない行為だと思う。

 22時からNHK総合TVのドラマ『ディア・ペイシェント』を見る。
 ちょっと、身につまされる内容。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

許せない

木曜日
 20200813_朝日.JPG 5時、ようやく日が昇ってくる。

 今日はもう13日だ。
 お盆の迎え日。本来は、実家へ帰り墓参りをする日。
 今年は、中国から広まった忌まわしい感染症のせいで、日常生活や伝統行事が台無しだ。
20200813_新規感染者比率.jpg

 新型コロナ感染者率は、7月11日以降で割り出すと、印西市白井市柏市は、千葉県内でも県平均以下の低い地域になる。
 
 7月以降の感染源が、中国からの旅行者にもたらされた3・4月頃とは異なっているのだろう、感染の高い地域が東京に近い自治体に偏っている。

 こんなデータは公開されていないから、首都圏から実家の新潟へ行く訳には行かない。

 親族が集まってご先祖様を敬い思いを巡らすことが、阻害されるこの現状が許せない。

 ただ、今年は少し助かると、云えなくもない。
 悲しいことだが。
 いつまで、隠しおおせるか。

 今夜は実家へ電話でもしようと思っていたが、ジムへ行ってしまったので、電話するタイミングを逸した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

日が短くなった

水曜日
20200812_朝.JPG 日の出の時刻が遅くなり、朝5時20分頃、新鎌ヶ谷駅で乗り換える時刻に、ようやく朝日が差し込むほどになった。


 今日から、旧盆の休業にはいる企業が、多い。
 電車も、通勤の人は少なく、旅行に出る人がちらほら。

 昼食は、工業団地向けのお弁当屋さんに頼んでいるが、明日明後日は休業だという。
 明日明後日は、昼食を用意して行かなければ。
 
 朝、約1時間歩いて勤務先へ行ったが、1時間もすると喉の渇きに耐えられず、自販機で水500mLのペットボトルを購入し飲み干した。

 15時頃、急激に曇り出して激しく雨が降り、気温が下がった。まさに、夏の天気。

20200812_夕日.JPG 夕方最寄り駅に着いたころ、夕焼けが微妙だった。

 今日は、忘れられない1日だ。
 35年前、親父が癌で他界する前に、今の妻と結婚する約束をして親父に紹介したのが6月頃だった。
 親父が7月中旬に癌で他界し、新盆の為に新潟の実家との間を往復している頃だった。
 あの頃、ワシは日記を付ける習慣が無くて、詳細な日時を記録していない。
 
 あの頃から、夏は異様に暑くなり始めた気がする。

 あの頃は、PCは未だMS−DOSで動く、プログラムを組める人間がBASICやC++で自分で課題を解決するために、プログラムを書いていた。
 日本語の文章を作るのは、専用ワープロが主力だった。
 当時、SONYのワープロ専用機は、2インチフロッピーやデジカメを接続できて、仕事に結構役立った。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

恐怖の暑さ

火曜日    (夏季休暇 最終日)
 メッセンジャーとSMSを使用して、実家の兄と船橋の義理の姉と連絡を取り合い、入院中の兄(長男)の状況を伝えることを知らせた。
 当初は、手紙を送ろうと思ったが、『紙』に印刷したモノでは、母の目に留まってしまう。
 ふと、SDカードにPDFファイルを収容して送れば、内容を母が読むことは出来まいと思いついた。
 まてよ、、気の回る母のことだ、封書が届けば何か気づいてしまう。
 実家の兄にSMSでメールアドレスを伝えて貰い、メールの添付ファイルで手紙を送ることにした。
 まずテストメールを送信し、受信できたことを確認してから、手紙の本文を送信。

 この経緯を、義理の姉にメッセンジャーで伝えた。
 手紙の本文は、PDFにしたので、メッセンジャーのシェアファイルに追加しUP。
 ところが、義姉はPDFが開けないというので、元のTEXTをメッセンジャーに貼りつけた。

 その後、義姉と電話で、約50分程会話。
 ヘッドセットが役に立った。

 午前中は、空の色を見て恐怖を感じて、出歩くのを諦めた。
 室内の気温計は、14時頃33℃近くになった。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:20| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

ボケの国民

月曜日   祝日:山の日
 今日も、筑波サーキットで過ごす一日。
 昨日との違いは、A級ライセンス講習会だから、ほぼ屋内で過ごすということ。
 熱中症の危険は、殆どない。日焼けの予防策も、不要だ。
 15時頃、筑波サーキットのタワー付近の気温は、37℃を記録。
 いやぁ、暑かった。

 今日は『山の日』というが、2016年に制定された際は、8月11日だった。今年の7月下旬からの祝日の日付移動は、すべてオリンピックにかこつけたもの。
 この辺の節操なさは、今の政府のいい加減さと一旦決めたら変更するわけにいかないという、融通の利かなさを良く表現している。
 結局、今年は新型コロナ感染症の拡がりをこの夏までには収束するだろうという、根拠のない希望的な観測を持ち、全く感染拡大阻止の方策も講じずに過ごした無能さの現れである。
 オリンピックは日本国内だけのイベントではないのに、世界に目が向いていなかった。
 新型感染症の対策として、治療薬やワクチンの開発と十分な量を確保するには3年はかかると、専門家たちは言っていた。

 こんな先を見通す目を持たない政治家たちばかりになってしまったのは、一体どこに要因があるのだろうか。

 平和ボケで、世界の様子に目も向けず、目の前の安楽に浸ってしまうだけの、私たち国民にあるかも。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:33| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

暑かった

日曜日  (夏季休暇中)
20200809_筑波.JPG 10年ぶりくらい久しぶりに、筑波サーキットのジムカーナ場に来た。
 20年くらい前には、ここで約200台近い車両が集まって、ジムカーナを行った。
 
 久しぶりに来てみると、こんなに狭い会場だったのかと、驚いてしまう。

 午前10時頃までは、雲がかかっていて蒸し暑いが気温は低かった。
 次第に陽射しが出てきて、気温も上がって来た。
 
 日焼け止めを顔に塗ってはいたが、うっかり手の甲に塗るのを忘れていた。
 帰宅して手を見てびっくり。手首から先が、赤く日焼けしている。

20200809_ビール.JPG 今日は、久しぶりにビールを飲んだ。
 やっぱり、本物のビールは、旨い。

 第3のビールとは、味の厚みが違う。

 ちょっと贅沢をしたけど、暑いときはビールが旨い。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:00| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

散歩の行き先は狭い

土曜日  (夏季休暇中)
 新型コロナ感染者の増加率を、7月11日をベースに算出してみた。
20200808_新規感染者比率.jpg 今年初めからの累計感染者数よりも、現状の危険度が分かるのではないかと思う。
 圧倒的なのは、浦安市になる。
 白井・印西・柏は、感染が拡がっていない地域となる。
 年初から5月頃までの感染は、中国から持ち込まれたものが主体で、中国からの旅行者が集中する鉄道の沿線が、高い感染者率となった。
 7月以降は、明らかに東京都に近い自治体で、都内から直接乗り入れる路線の沿線に集中している。
 鉄道の路線としては、JRではなく都営線・営団地下鉄から乗り入れている路線沿線が高い。
 不思議なのは、常磐線沿線が低いこと。


20200808_彼岸花.JPG アンデルセン公園の近くで、彼岸花を見つけた。
 なんて早いんだろう。 

20200808_木戸川沿い.JPG 木戸川沿いは、3年くらい前に整備され、川の両岸が遊歩道になっている。
 流石に、船橋市だ。
 白井市は、以前の市民憲章で、神崎川や市民の森で自然に親しもうと云っていたような気がするが、神崎川沿いの道は全く未整備で、草茫々のことが多い。
 白井市内の神崎川沿いの道は、歩いても1時間少々の距離しかないのだから、遊歩道として整備してほしいものだ。

20200808_イトトンボ.JPG 大町自然公園では、イトトンボやオニヤンマを見ることが出来た。
 オニヤンマは2頭いて、けん制し合っているから、なかなかカメラに捉えることが出来なかった。




20200808_新京成車両.JPG 新京成電鉄の車庫には、現在の最新型と最も古い車両が、並んで置いてあった。

 個人的には、古い8510系が好きだ。制御系は既にVVVFインバータに換装されている。

 この3月以降、散歩の行き先は、江戸川を越えていない。
 なんとも、寂しい限り。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

マイナンバーカード 電子証明更新

金曜日  (夏季休暇中)
 レバノン・ベイルートの硝安の爆発事故の映像は、衝撃的だ。
 爆風だけの被害としては、小規模核兵器並み。

 つい、OPローズダストを、ちょっと読んでしまった。


 ふと思いついて、マイナンバーカードを見ると、電子証明書の有効期限が今年の誕生日だった。
 更新に行かねば。そう思って、暗証番号を探すが、何処にも控えが無い。
 普段全く使わないカードのパスワードなど、覚えていられない。
 個人認証のキーは簡単に偽装できる暗証番号などではなくて、個人に特有のバイオメトリクス認証にして欲しい。なんたって、常に自分に備わっているものだから、忘れることなど無い。
 ちょうどよいから、電子証明書の更新に合わせて、暗証番号も再設定した。
 英数字で設定する暗証番号は、なんと英文字は大文字限定だ。
 今どきは、英数字は大文字小文字混合が常識なのに、セキュリティレベルが低くないか?

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

ついにエアコン運転

木曜日 (夏季休暇中)
 真夏の暑い日は、高校野球に限る。
 千葉テレビで、船橋東ー習志野を見る。
 応援も無く、校歌の演奏も無い、高校野球はちょっと不満。
 
 サマージャンボ宝くじを購入。これが、誰かの助けになればと思って、購入。


20200806_セミ.JPG 白井郵便局前のケヤキ並木では、セミ時雨。
 よく聞くと、ミンミンゼミにニイニイゼミにアブラゼミ。
 アブラゼミが、もっとも警戒感が無い。
 手が届く位置にまで近づいても、そのまま。

 今夜は、室内気温が31℃。
 たまらずエアコンを運転開始。1時間ほどで室温は、27℃に下がった。
 冷房能力3kW級のエアコンに、約18畳の部屋は少々負荷が高い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

夏空

水曜日   (夏季休暇)

20200805_夏空.jpg 夏季休暇の1日目は、袖ケ浦FRWへ行った。
 実は、この日に合わせて、夏季休暇を設定した。
 
 袖ケ浦FRWの7番ポストに入った。
 ここはコースサイドの林の端にあり、午前中は陽射しが木々に遮られ、林を渡ってくる風が涼しくて快適だった。
 午後は、時折湧き上がる雲が、陽射しを遮り暑くはならなかった。

 午前中のインターバルは、エアコンの効いたサーキットのミーティングルームで涼んでいたが、午後はポストで自然の風で涼むことにした。
 ヒグラシやツクツクボウシの蝉時雨の下で、真夏の涼しさを満喫した。

 ところが、15時頃土砂降りになった。
 流石に山の天気。
 
 傘を差しても、だいぶ濡れたが、そこは山歩き用の服はたいしたもので、濡れても直ぐに乾いた。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

悩ましい

火曜日
 昨日から、ネットで脳の機能障害について、調べている。
 日経メディカルの情報も、なかなか役に立つ。

 ふと思いついたのが、カーロス・リベラだ。
 漫画『あしたのジョー』で、矢吹丈が力石徹を試合中に、事故とはいえ死なせてしまったことがトラウマになり、試合相手の頭部を打撃できなくなった。
 そのために、その欠点を暴かれて日本ランキングの上位と次々試合をするうちに体に変調を来たし、どさ廻りにまで落ちぶれた。
 その丈を、救った陽気な天才ボクサーが、カーロス・リベラだ。
 丈はカーロス・リベラと、2回の試合を経て、力石徹のトラウマから完全に離脱できた。
 ホセ・メンドーサとの世界タイトル戦前に、カーロス・リベラは丈の前に突然姿を現す。
 
 ところが、カーロス・リベラは、重度のパンチドランカーになっていて、自分の名前さえ思い出せない。
 カーロス・リベラは、ホセ・メンドーサとの対戦で、一発のパンチでマットに沈んだ。
 その時のパンチは、カーロス・リベラの左のテンプルに打ち込んだ、コークスクリューパンチのストレート。
 その一発で、カーロス・リベラは、頭蓋骨亀裂骨折を起こし、脳の皮質を損傷し記憶と意識障害を抱えてしまった。
 
 その部位も、症状も、とても良く似ている。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:25| Comment(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

新型コロナ

水曜日
20200803_感染者比率.jpg 新型コロナ感染者数が、凄い勢いで増えている。

 どうして、感染拡大が起こるのか。
 無症状感染者がいて、それが誰分らないから、飛沫感染やエアロゾルを防ぐために皆でマスクを着用して3密を避けようと言っているんだろう。
 もしかしたら、私が感染源になるかもしれない。
 嫌な不安が、渦巻いている。

 普通のインフルエンザと比較すると、何が怖いか。治療薬が無い、予防のためのワクチンが無い。重症化すると、一挙に肺炎になる。

 でも、毎年流行するインフルエンザも、根本的な治療薬は実は無い。
 予防のためのワクチンも、今年はこの種が流行するかもしれないからこのワクチンで予防しようと、当たるも八卦みたいなもの。

 いまの『呼びかけ』は、4月頃には通用しただろうが、もう効かないのではないか。
 感染源となる人を特定して隔離すれば、感染拡大は防げるのではないのか。
 その方策を、政府は何故行おうとしないのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:20| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

真夏到来

日曜日
20200802_ヒマワリ.JPG 夏らしい、強い陽射しが降り注ぐ。
 地面が冷えている為気温はまだ低く、40年前の夏のような30℃に届かない。
 これくらいなら、まだまだ快適。
 
20200802_手賀沼1.JPG 手賀沼は、夏の水辺のスポーツを楽しむ人が多く来ている。
 パドルボード、カヌー、ヨット。
 いやぁ、楽しそう。
 とても、新型コロナ感染症で、危機的な状況が迫っているなんて、到底信じられない。
 新型コロナウィルスは、高温多湿にも強いのかな。

20200802_手賀大橋下の通路.jpg 手賀大橋下の遊歩道の通路の壁面には、おしゃれなオオバンの壁画が描かれている。

 いよいよ、真夏がやって来た。

 日本の高温多湿の真夏の気候が、新型コロナウィルスの感染の勢いにどう作用するか。

 多少不謹慎ではあるが、楽しみでもある。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:33| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

63歳を振り返る

昨年の63歳の一年間、色々なことがあった。

まず、今の住まい、公団の中古分譲住宅を購入した。
 昨年8月2日は、正式に譲渡契約を結び、仲介手数料と購入代金を振り込む為、不動産屋さんと売り主の3者が銀行に集まり振込手続きをした。
 昨年7月4日(木)、人間ドックの受診の帰り、電車内で『買おう』と決めた。
 その週末7月6日(土)、不動産屋さんと、候補物件を見学。
 最寄り駅の西白井の2物件と、今の住まいの白井駅の物件を見た。
 西白井の3LDKの2物件は、玄関でまず気が萎えた。
 今の住まいは、玄関を入った瞬間に、奥方と二人『ここがいい』と意見が一致、即断した。
 8月中は、内装の改装工事をはじめとする、引っ越しの為の準備を開始。
 9月末に、引っ越し。

 11月半ばに、右脚を故障。歩くことが困難となり、整形外科で治療を受けた。
 12月半ばに、痛みが消えたが、右脚の腿に力が入らなくなった。
 MRIを撮り、詳細な診断を受け、リハビリ治療を開始。
 3月末に、右脚の力もほぼ回復。歩けるようになった。
 ところが、この頃から新型コロナ感染症の騒ぎで、ジムは営業自粛、県外を跨ぐ移動の制限が掛った。
 そのため、今年に入ってから、散歩で歩きに行く先が、居住する自治体の周辺に限られてしまった。

 6月の半ば、また同じような故障が、今度は左脚に起きた。
 運動と歩くことを制限し、回復を待っているうちに、63歳は終わってしまった。

 64歳になってしまった。
 身体的に無理が利く余地が、60前と比べ少なくなったと、昨年否応なく実感させられた。

 急に大きな負荷を掛けると、体が耐え切れずに故障してしまう。
 これからは、体を鍛えるために、架ける負荷を急激に上げずじっくりゆっくりバランス良くを心掛けなければ。

 日々の鍛錬、たゆまぬ精進。



posted by 野内 悟 at 23:42| Comment(0) | 決意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする