2020年10月31日

ポンコツ化する体

土曜日
 朝、今年の手帳から来年の手帳に、必要事項を転記した。
 昨年の手帳や20年前のシステム手帳を参照し、関係者の住所・電話番号を確認。
 すると、昔乗っていた車の記録が出て来た。
 走行・燃料消費を記録し始めたのは、結婚して3年後にエアコンの無いランサーEXターボからトヨタビスタに乗り換えた時から。
 トヨタビスタ(初代FF車)は、僅か3年しか乗っていない。
 結構いい車だったんだけど、エアコンの黴臭さが、何度消臭剤を使っても一向に消えなかった。

20201031_nya.JPG さて、整形外科でマッサージを受けながら治療師と相談していると、
『野内さん、症状が変わったようですね。近いうちにもう一度院長の診察を受けてください』。
 ワシの腕を動かしながら左肩と二の腕の筋肉を触り、『筋肉が部分的に切れているかもしれません』。
 水曜日に急激に痛くなった時、確かに『ピシッ』と音がしたっけ。
 昨年の10月頃から、体の故障が続く。だいぶポンコツになって来た。
 
20201031_白鳥.JPG 久しぶりに、清水口の調整池に行ってみたら、なんと白鳥が5羽滞在中。
 今年は、早い。
 まだそれほど、気温も下がっていないのに。

 20201031_イチョウの葉.JPG 鎌ヶ谷市の市制記念公園のイチョウ。
 イチョウの葉は、端の方から半分くらいが、黄色く色づいていた。

 この半分色づいた様は、まるで蝶々のようだ。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:40| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

もうじき暖房が必要

金曜日
20201030_けやき.JPG 朝は、少し肌寒い感じ。
 通勤の人たちは、コートやダウンジャケットの人もいる。
 流石にワシも、長袖のYシャツを着こんだ。

 勤務先の空調は集中冷暖房で、まだ冷房・暖房の切り替えを行っていないため、暖房が入らない。
 1Fの陽射しの入らない事務所は、換気の為に窓を開けている為、今日はやや寒かったようだ。
 そろそろ暖房モードに切り替える必要が出て来た。

 昨日買った、防風ブルゾンは、今週末から着てみよう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

スポーツの秋

木曜日
 左肩が痛むが、腕をデスクの上に載せてしまえば、なんの痛痒もない。

20201029_プラタナス.JPG 朝6時頃歩き始めた時は、東の空に雲がたなびいていた。
 7時頃には、雲一つない晴天となった。

 運河沿いのサイクリングロードでは、市立柏高校の陸上部(駅伝部?)の女子が、空色のタスキを掛けて駆けていた。
 サイクリングロードは、人と自転車しか通らないから安全だし、0.5km間隔で標識が立っており、タイム計測するには丁度良いだろう。

 堤の上の道だが、平坦ではなく適度にUP・Downがある。
 今日の走り方は、長距離向けの抑えたペースで、おそらく想定ペースを守って走る練習だったのだろう。
 
 今日は肩の痛みが激しいので、スポーツジムでのトレーニングは中止。
 しばらくは、ストレッチ重視のトレーニングにしよう。

 ジムへ行かないから、柏駅で改札を出て、久しぶりに買い物。

 UNIQLOで、防風・防水の軽めのジャケットを購入。
 ジュンク堂で文庫本を購入し、カバーを掛けて貰った。
 ところが、そのカバーは、本の表紙に挟み込んではなかった。何たる手抜き。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:49| Comment(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

左肩、症状悪化

水曜日
 中目黒のタワーマンションの強盗事件被害者女性、女優かと思うほど美しい。

 15時頃、耐切創防止手袋を装着しようとして、左手を引いたところ左肩から『ピシッ』と音がして、左腕が自力では水平以上に上げられなくなった。
 デスクに向かって、キーボードを打とうと左腕を上げようとしたら、痛くて机の上に載せられない。
 右腕で支えて、ようやくデスクのキーボードに載せることが出来る。
 先日、勤務先のノートPCには、21.5inchのLCDをHDMIケーブルで接続し、キーボードもワイヤレスキーボードに変更しておいた。
 キーボードのキーストロークが小さくなり、指の上下動が少なく手済むため、左腕を殆ど動かさなくてもキーが叩ける。
 幸いにして、胸より下に肘を上げるまでは、ちゃんと力も入る。
 鳩尾よりも高い場所に、腕を上げることが困難。
 電車に乗っても、吊革にまで左腕が上げられない。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:38| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

任せていいのかな

火曜日
 菅総理の所信表明演説が、国会であった。
 政策を列挙した演説。
 あれが、所信表明演説なんだろうか。ビジョンを示した訳ではない。
 首相はビジョンを表明し、詳細な政策は担当行政庁が作るのが、在るべき形ではないのか。
 TBSラジオの朝の番組、森本毅郎スタンバイの『朝刊読み比べ』のコーナーで、森本氏はこう評した。
 『菅総理は、叩き上げのお役人、首相というよりは。その人が権力をもつとどういうことになるんでしょうか。』

 携帯電話料金を下げ、デジタル庁を新設し行政のデジタル化を図り、温暖化対策として2050年温室効果ガス実質0を目指し、新型コロナウイルス対策でワクチンを来年前半までに全国民分を確保し、活気ある地方づくりとして農林水産物の輸出戦略を立て観光需要回復の計画を立て、社会保障改革の計画を立てる。
 と、並べて見れば、いいことずくめかな。
 やらなければならないことを、列挙している。一体どこに集中して、どういう国にしたいのだろう。
 10年20年後のことを考えていない訳ではないのは、30年後の温室効果ガス実質0を謳いあげたことで示している。
 だったら、30年先を見据えたビジョンがあって然るべき。

 経済政策は、前政権の路線を踏襲。
 
 菅総理には、独自のビジョンは無さそうだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

勝手な解釈

月曜日
20201026_紅葉.JPG 今日も、抜けるような青空。
 朝7時前頃までは陽射しが無くて、空気がヒンヤリしていた。吐く息も白い。

 気温10℃以下になると、流石に寒く感じる。もうそろそろ、軽い防寒着を着ようか。

 核兵器禁止条約が、批准が50ヶ国となり、1月発効することなった。
 ところが、この条約は核保有国の全てが不参加で、核の傘に守られた日本をはじめとする各国も不参加。
 まさに、絵にかいた餅。
 日本は、世界で唯一の被爆国である。暴論だが、日本こそ唯一核報復する権利を持った国である。
 『やられたら、やり返す』
 75年前に核でやられて、まだやり返していない国なのだ。
 だから、この条約には、参加しないのだろう。

 中華人民共和国は、ツイッターで『中国は常に核兵器の全面的な禁止と徹底的な廃棄を主張しており、これは条約の目的と基本的に一致している』と投稿したという。
 この文章には、欠落している箇所があるのではないか。
 『常に』の後に、『我が中国以外の如何なる国と地域の』という文言が入るのが、本音なのだろう。
 だから、中国は、核兵器もミサイルも、開発を加速しているではないか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:04| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

秋晴れ

日曜日
 20201025_筑波.JPG 雲一つない、秋晴れに恵まれた。
 気温は18・9℃で爽快だが、風が冷たくて日が陰るとスッと寒くなる。
 20201025_構内の木.JPG
 サーキットホールの前の木。
 木の葉が色づいて、秋模様だ。

 こんないい天気に、サーキットに拘束されるのは、いかに仕事とはいえ恨めしい。

20201025_青空.JPG 午後、空を見上げると、既に半月が上がっていた。

 サーキットの本コースでは、マツダロードスターのレースが催されていた。
 このロードスターのレースは、広い世代のドライバーに人気がある。
 ロードスターでレースをしたくて、50過ぎのおっさんがA級ライセンスを取りに講習会にやって来る。

 ワシも走りたいなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:42| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

巧いナンバー

土曜日
 NHK総合TV『ちこちゃんに叱られる』を見ていて、『1馬力って何』という質問があった。
 それは、工学系の人間なら常識。昔は、1hp=750Wと云われていましたが、重力加速度を厳密にして、今は735.5W。
 ワシ、レッグプレスでは、190kgのウェイトを約2秒で30cmほど上げているから、その瞬間は約0.38hp。

 20201024_道野辺八幡.JPG20201024_七五三.JPG
 道野辺八幡神社。
 そろそろ七五三だと思っていたら、すでにお参りに来ている。


20201024_秋の空.JPG20201024_P3C.JPG 空の感じが、真夏の頃とはだいぶ違う。 
 空の青の色、白い雲の形も、真夏の頃様な強烈な力を感じない。

 そんなことを考えて見上げていると、下総基地のP3Cが訓練飛行をしていた。
 上空を通過すると、自宅の白井の方向へ飛んでいく。
 1分位の間隔で、繰り返し飛んでくる。北の方へ飛び去ってから、次に通過するまでの時間が、短い気がする。
 もしかして、2機で訓練をしているのでは。

20201024_ナンバー.JPG 希望ナンバーだろうか、トヨタ86(車両形式 ZN6)に、このナンバーを付けている。
 なかなか、巧いナンバー。
 単純に『86』にしないで、引き算で答えが『86』。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:32| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

秋の色々

金曜日
20201023_日本庭園.JPG20201023_木の葉.JPG 柏の葉公園の日本庭園。
 朝は、7時頃警備の方が自転車に乗って、扉を開けに来る。
 今朝は、ちょうど開けに来た時だった。
 
 池には、錦鯉がいる。
 周囲の木々の葉の色が、池の水面に映える。
 あと半月もすれば、もっと赤や黄色の鮮やかさになるかな。

 庭園の入り口の向かいは、バラ園。現在開園中。
 
 そういえば、秋の薔薇の花の季節なんだ。

 現在の総理、菅義偉氏が野党時代に発行した単行本『政治家の覚悟 官僚を動かせ』が、文春新書から新書版で再発行された。
 話題になっているのは、その内容の違い。

 菅氏は、自民党が野党だった12年3月に刊行した著書「政治家の覚悟 官僚を動かせ」(文芸春秋企画出版部)の中で、旧民主党政権が東日本大震災の時に十分に議事録を残していなかったことを批判。
 「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為であり、歴史的な危機に対処していることへの民主党政権の意識の薄さ、国家を運営しているという責任感のなさが如実に現れています」と、公文書管理の重要性を強調していた。
 今回の新書版では、この章が削除されている。
 文春の編集者が、新書版にするに際して編集はしただろうが、変更については著者に確認し同意をとっている筈。
 とすると、自らが主張していたことを、立場が変わると簡単に翻すような節操のない輩だということだ。
 この節操のなさは、政治家としては当たり前なのか。

 『女心と秋の空』は、天候が変わりやすい秋の空模様に女性の移り気な心を例えたことわざだが、『政治家の覚悟』がコロコロ変わるようでは信用できない人間と云わざるを得ない。
 

 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:41| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

誰の努力

木曜日
 携帯電話の料金値下げが、菅総理の経済政策の一つらしい。
 ところで、この料金値下げに、政府や官公庁は何をするのだろう。
 値下げをするのは、キャリアである携帯電話会社。
 政府は、口先だけ出して、『値下げしなさい』と圧力をかけるだけではないのか。
 企業努力で利益を上げている企業に、利幅が大きすぎると、政府が介入していいのだろうか。
 携帯電話会社は、電気通信事業法で国の認可が必要な事業なので、圧力を掛けられる。

 これが、政策かぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:48| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

設備に不満

水曜日
20201020_紅葉.JPG
 そろそろ、木の葉の色が、色とりどりに変わり始めた。

 久しぶりに、船戸の医王寺に行ってみた。
 秋を感じさせる木々や花は、何故か無い。

 掲示物の内容を更新し、ラミネート処理をして、建物内の掲示ヶ所全てを貼替。
 ラミネート処理が、時間がかか。A3サイズで約2分程かかり、メンドクサイ。
 装置が連続運転1時間を超えると、自動的にヒーターの電源が切れる。
 そうしたら、電源を切って30分後に、ようやく運転再開。
 約50枚ほどあるため、2時間以上費やした。

 午後は、明日の準備。
 Skypeで、水戸と仙台と3ヶ所をつなぐテスト。
 パソコンの表示は送れるが、音声接続があまり芳しくない。
 外付けのマイクとスピーカーが無いと、音声が明瞭に送受信出来ない。
 特に、マイク。ノートパソコンに付属のマイクでは、プレゼンをする人の声を綺麗に拾えない。
 
 通常のマイクロホンを、プレゼンする人に持ってもらうのが一番なのだが、今の勤務先には設備がプアでやりようがない。
 
 ネットワークスピードも情けない限りで、音声が途切れがち。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:54| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

朝は秋らしく

火曜日
 今週に入って、朝の気温が低くなってきた。
 今朝は湿度が高く、吐く息が白い。
20201020_コスモス.JPG20201020_コスモス2.JPG 柏通信所の近くに、まだまだコスモスの花が咲いている。
 もう10月も下旬。コスモスは、生命力の強い花だ。
 
 秋の花。


20201020_こんぶくろ池公園入り口.JPG20201020_こんぶくろ池公園.JPG
 がん研究センターの東側にある、鬱蒼とした林が『こんぶくろ池自然博物公園』。
 
 この付近は、川原より数m高い台地なのだが、水が湧く地下水位の高い土地。
 それゆえ、この柏IC周辺の土地に生える植物は、葦やイネ科の雑草などの水辺の植物が多い。

 ワシの勤務先は、公共の上水道は引いていない。
 飲料水は、すべて地下水を使用している。

 勤務先の蛇口から出る水は、天然のミネラルウォーター。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:40| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

無駄な政策

月曜日
 中国が、輸出規制を強化する、輸出管理法を施工するそうだ。
 輸出規制により中国の安全保障や利益を脅かす国・地域にたいして、対等の措置を講じるという。

 おそらく、ソフトウェアや通信機器が主になるのだろう。
 アメリカの輸出規制を念頭に置いた対抗措置を、他の国にも行うというものだ。
 でも、これで、困る国はあるのだろうか。
 
 以前、日本に対して、レアアースの輸出規制を行ったことがあった。
 あれは、効果があっただろうか。
 あの時、レアアースに依存しない技術開発が進んで、中国のレアアースが大暴落した。

 中国製品は、殆どが何処かの国の技術を模倣したものだし、他でも作れるものばかり。
 中国が輸出規制を行っても、他の国から輸入することになり、誰も困らないだろう。
 おそらく、代替品を生産できる、他の国や企業が潤うだけだろう。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:46| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

観客がいるのはとてもいい

日曜日
 JCCA筑波ヒストリックカーレースミーティングに、今年もコース員として参加。
 昨夜まで降り続いた雨は、明け方になって止んだ。

20201018_朝の筑波C.JPG 筑波サーキットは、清々しい朝だった。
 昨夜までの雨で、路面は綺麗になっていた。
 気温が低く、路面温度も低い朝の早いうちは、スピン等が多いので要注意。

 今日のレースは、古い車の集まりの為、オイル漏れ等のトラブルが多い。
 案の定、あちこちでOIL漏れが起こり中断することや、車両の撤去に時間がかかり、終了予定より30分以上遅くなった。

 終了の2つ前の15周のレースは、8周目に1台の車両がコースの半周に渡り、OILを散乱。レースの継続は危険と判断され、処理の為赤旗中断。約20分間の中断後、残り6周のレースを再開。
20201018_夕映えのダンロップブリッジ.JPG20201018_夕焼け.JPG 最終の走行会開始時には、夕日が橙色にコースに映えるようになった。
 
 筑波サーキットでは、久しぶりに観客を入れてのレースとなった。
 グランドスタンドやピット上は、結構な人が埋めていた。

 レース自体も、なかなかエキサイティングな、見ごたえのあるレースだった。

 なにより、ワシの入った1番ポストは、とても平和な状況。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

また週末の雨

土曜日
 先週に続き、今週の土曜日も雨になった。
 
20201017_天沼公園左.JPG20201017_天沼公園右.JPG
 
 船橋市北口から歩いて、兄の家に向かう途中、天沼弁天池公園の前で足が止まった。

 公園の入り口に立っている銅像が雨に濡れて、艶やかに綺麗に見えた。
 なんだか、生き生きとして見えた。

 晴れている時の、埃っぽい肌の像よりも、ずっと綺麗だ。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:04| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

ポンコツ

金曜日
20201016_庭.jpg 7月末頃。ちょっと無理な姿勢で、荷物を持った瞬間に、左肩が痛むようになった。
 1ヶ月もすれば、痛みも消えるだろう、とタカをくくっていた。


 流石に、2ヶ月近くが過ぎ、全く良くならない。

 ついに、しんかま駅前整形外科を受診。

 診察後、マッサージを受けた。
 首回りが、もの凄く凝っていると、治療師のかたから云われた。
 レントゲンでは、首の骨の形がおかしい。

 もう、あちこちボロボロ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

体脂肪率低下

木曜日
 ジムで、体組成計で測定。
20201015_inbody.jpg ジム&スタジオ・ルネサンス白井にある、inbodyで測定。
 9月1日・14日、10月1日と、そして今日15日と、半月毎に測定している。
 体脂肪率は、9月1日の最初の計測時、12.6%。
 今日はなんと、7.1%。
 1ヶ月半で、体脂肪率が5%以上も下がるとは。
 生活習慣で変わったのは、夕食前に飲んでいた缶チューハイを飲まなくなったこと。
 晩御飯後に、ジムで運動するようにしたこと。
 

 これでは、冬は寒くて耐えられないだろう。
 通勤用の防寒着は、もう用意してあるから、心配はない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

エネルギー政策

水曜日
 日本のエネルギー計画を、再考するそうだ。
 非常に遅きに失している。
 2011年の東日本大震災の時、原子力発電が如何に経済的ではないかが判ったはずなのに、自民党は政権を取り返してから真摯に取り組んでこなかった。
 日本のエネルギー政策は、いつまでも作ってしまった原発を『有効活用』しなければ、損だと思っているようだ。

 資源の無い日本は、再生可能エネルギーに重点を置くべきだろう。
 化石燃料や原子力でも、燃料はほとんどが輸入に頼っている。
 
 再生可能エネルギーなら、国内で生産できる。
 太陽光や風力、地熱発電など、使えるエネルギー源は、まだまだある筈。

 今の日本の政治家は、一体何年先を見据えて政策論議をしているのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:08| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

新聞は紙がいい

火曜日
 日経BPオンラインの有料会員となって、全記事が読めるようになって、とても楽しい。
 連載の人気のコラムや、国際情勢の解説など、とても興味深い。
 昨年末まで殆どが無料で読めて、いい情報源だったから、有料になってから記事のさわりしか読めなくなっていた。
 
 あと、技術的なニュースは、日経クロステックが面白いので読みたいのだが、この有料会員登録は別契約。
 これも有料登録すると、年間2万5千円上乗せになる。
 この辺は、別の手段があるので、我慢しよう。

 普通の新聞は、現在読売新聞の朝刊のみの購読。
 各新聞社のサイトも、殆どの記事が有料化されてしまった。
 新聞の実際の紙面と、Webサイトでは、リアルな紙面の方が読みやすい。
 Webサイトでは、ざっと見ることが出来ないから。

 大まかに傾向を見る身には、紙の新聞をざっと見る方が、概要がつかみやすい。
 記事の割り付け方や、活字の大きさで、伝え方に違いを感じられる。

 やっぱり新聞は、紙が良い。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:51| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

墓?

月曜日
 柏市大室の吉祥院の北側が宅地造成中で、そこを迂回するために東急ビレッジから旧利根川堤防を下って、大室3丁目に上っていたが、今日は吉祥院を寄ってみた。
 造成中の宅地には、吉祥院の北側の道路も整備中でまだ通れないが、階段も整備中だった。

 20201012_吉祥院.JPG 吉祥院には、こんな犬の石碑があった。
 何か謂れでも、刻んでいないかと、ぐるりを回ってみたが、それらしい文言は見当たらない。
 
 これは、犬の供養のための墓標なのかな。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

意外な天候

日曜日
 今日の天気は絶望的だと思って、昨日は就寝。
 朝、出かける時には、雨は上がっていた。風も殆ど吹いていない。
 6時前に富士スピードウェイに到着。
20201011_FSW2.JPG 曇天だったが、三島の方は雲が切れて、晴れてきているらしい。
20201011_FSW1.JPG  7時頃、まだ気温も低く、うすら寒かった。
 天候の崩れやすい富士の裾野だから、またいつ雨が降るのか気が気ではなかった。

 10時過ぎに一瞬小雨がぱらついたが、次第に雲が切れて来た。
 また時折、風が強く吹くが、続かない。
 
 正午過ぎには、すっかり晴れ渡り、陽射しで暑いほどになった。
 
 午前中着ていたトレーナーを脱いでも、まだ暑い。

 16時頃帰路に着くと、厚木を過ぎた頃から空が曇って来た。
 横浜町田に近づくころから、霧雨が舞い始めた。都内を抜けるまで、時折ワイパーを動かすほど。
 江戸川を渡ると、雨は上がった。

 天候が悪かったせいで、皆が遠出をしなかったようで、道路は空いていて助かった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:30| Comment(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

良い対応

土曜日
 10月10日である今日は、体育の日だった。
 1964年の東京オリンピックの開会式の日だった。輝きだした日本の始まりの、象徴的な出来事。
 その大事な記念日を蔑にしたつけが回ったかのように、今年開催されるはずの東京オリンピックは、1年延期され開催されるかも不透明だ。
 朝から、冷たい雨が降り、整形外科へリハビリに出る時は、寒くてトレーナーを着こんでしまった。
 幸いにして、膝の調子は上々。
 治療師の方と相談した結果、次回は絶不調の左肩の治療に切り替え、診察を申し込むことにした。
 実は、7月末にちょっと無理な姿勢で軽い荷物を持ち上げた時から、左肩が痛くて左手でモノが持ち上げられない。
 腕の場合は、移動に困らず、両手でモノを持つことでカバーできるから、我慢してきた。

 既に1ヶ月以上経過してしまった。
 服の脱ぎ着にも、ちょっとためらう痛さ。

 午後から千葉マツダへ、リコール完了ステッカーを貼って貰いに、千葉マツダへ。
 着いて車を停める場所が無いなぁと、うろうろしていたら千葉マツダのスタッフ一人が気づいてくれた。
 これこれこういう訳で来ました。と伝えると、直ぐにカウンターへ行って、ステッカーを持ってきて処理してくれた。
 整備担当の方なのに、素早い対応で感心した。



 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 19:04| Comment(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

記録

金曜日
 雨が降り続き、金木犀の花が地面を橙色に飾っている。
 通勤途中歩く時間帯は、6時から8時の間。
 外気温は、ほぼ14℃。
 昨日は、うっかり気温の低さに腰が引けて、短距離コースを選んでしまった。
 歩いている途中で気がついた。
 歩くことで体内のエネルギーを消費し、体が内側から温まる。
 1時間ほど歩くと温まり始め、1時間半でウォームUPが完了し、体が温まって汗が滲むほど。
 昨日は、1時間程度だったから、これからってところで歩き終えてしまった。
 
 運河沿いでは、市立柏高校の駅伝部が、タイムトライアルをしていた。
 走っている女子に、東武野田線で毎朝見る娘がいた。
 すれ違う時、一瞬だったが、凄いペースで走って行く。
 100m18秒近いペースのようだ。
 
 ワシは、せいぜい100m30秒程度だった、それも今は走れない。
 22歳の頃、実習先の水戸工場の構内駅伝大会に、若いからと無理やり出されたとき、1500mのタイムトライアルで記録したのが、人生で最速だった。
 1500で5分を切ったのは、あの時だけ。
 100mは、25歳の時。
 当時は、会社の運動会を大々的に行っていた。各部間の競争で、大いに盛り上がる行事だった。
 特にリレーは、クライマックスを飾る種目で、年代別に速い者が選考された。
 ワシはもともと短距離は苦手。
 しかも、そのころ4輪自動車のレースを目指していたので、運動会は不参加を表明していた。
 それでも、国立競技場第2グランドでのタイムトライアルには、無理やり参加させられた。
 100m走を走り出したら、後ろから軽やかな足音が追いかけてくる。それに急き立てられるように、力を振り絞って走り切った。
 タイムは、12秒8。
 それは、人生で最速の記録になった。
 
 10代の頃本気で走っていたら、どれ位のタイムが出せたのか、少々悔いている。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:33| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

回想 その6

木曜日
 中学校を卒業して、長岡高専に進学した。
 もともと勉強が嫌いだったから、高校からもう一度大学受験はしたくなかった。
 それで、普通高校へはあまり行きたくなかったのと、高専なら卒業すれば短大卒以上の扱いだから、高専を選んだ。
 あと、ワシが中学生の頃は、高専は競争率が高く狭き門だったので、行きたいと思ったのだ。
 長岡高専は、当然長岡市にあり、実家からは通える距離にはなかった。
 当時は高速道路もなく、実家から長岡市までは車で約1時間かかった。
 電車の便はあるものの、単線の新潟電鉄と超ローカル線のJR弥彦線と信越線を乗り継いで行くと、約2時間かかった。
 
 高専は新潟県内に1校の為県内全域から学生が集まるから、自宅から通えない学生のために学生寮が設置されている。
 特に理由のない限り、自宅から通えない場合は、1・2年生は全員寮に入ることになっていた。
 
 学生寮は、12人部屋と4人部屋2人部屋の、3種類があった。
 学生寮は、学校の敷地内にあり、歩いて3分で教室に行けるとても便利な環境だった。
 放課後や休日には、テニスコートやプールなどが、自由に使えた。
 
 何かの行事の折には、コンパと称して集まって歌を歌って過ごしたりもした。
 寮の部屋には、スチーム暖房が備わっていて、冬は16時から22時まで暖房が入った。
 冷房は、無かった。だが、真夏は夏休みで実家に帰っていたので、寮で暑い思いはしなかった。
 学校が山の上にあるので、市内より気温が低かったのだろう。

 運動部には入らなかった。
 
 でも、時々学校の周りをジョギングしていた。
 高専は、悠久山公園に隣接していて、走って楽しい道があった。
 ワシが良く走って行ったのは、東山の成願寺温泉手前の「百闥轣v。
 林の中に作られた、人工のため池。
 周囲には霊園もある。とても静かな、高原の池のような雰囲気が大好きだった。
 
 長岡だから、冬は雪が積もる。
 45年くらい前は、市内で2m高専の周辺では3mの雪が積もった。
 学校の裏山で、スキーが楽しめた。
 学校の冬の体育の授業には、スキーがあって高専入学時にスキーを買わされた。
 裏山だからリフトなんて無く、歩いて登って滑って下りるの繰り返し。
 ワシは平場の育ちだから、それまで殆どスキーを満足にしたことが無かった。
 冬の休講の時間に、スキーをすることも多かった。

 今思えば、 16歳から20歳まで、親元を離れて暮らせるから、もう本当に自由で野放図な生活だった。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

日経BP

水曜日
 昨夜のTBS−TVのドラマ『カネの切れ目が恋の始まり』は、最終回。あっという間に終わった感じ。
 最終回に、三浦春馬氏は出ていない。ああいう演出もあるのかと、感心した。

 毎日楽しみにしている、日経BPオンラインの記事が殆ど、有料会員限定になってしまった。
 今まで、人気の連載コラムは、殆どが無料会員でも全文読めたが、最近有料会員限定が拡大してさわり部分しか読めなくなった。
 これは、辛い。
 無料会員だから、新着記事のメールがどんどん届く。
 読みたくてサイトを開いても、肝心な部分まで読めない。

 これはもう、有料会員登録をするしかない。
 日経ビジネス電子版有料会員は、年間¥22,500。
 
 情報や知識を仕入れるのはとても重要だし、あの連載コラムを是非読みたい。

 有料会員登録をした。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:02| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

週末が心配

火曜日
 厄介なところに台風が発生した。
 進路予報をみると、週末に関東に来てしまうかも。
 昨年の10月第2週は、同じように日曜の富士スピードウェイでのジムカーナがあるため、台風通過中の土曜日に山中湖まで行った。
 東名高速を通過する後から、高速道路は通行止めになり、山中湖に着いたのは良いが、食堂もコンビニも臨時休業で昼食も取れなかった。
 
 今度の台風の進路予報では、11日に関東に接近するようだ。
 台風の風雨の中では、ジムカーナは殆ど競技にならない。
 雨だけならともかく、強風下ではコースを設定するパイロンが、風で動いてしまう。

 開催場所が富士山の裾野の為、台風が遠い洋上を通過していても、天候は相当乱れるだろう。

 朝、富士スピードウェイに着いて、何とかイベントを終えたとして、午後に帰る時東名が通行止めになったら帰宅困難となってしまう。

 どうしたもんじゃろか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:09| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

謀略

月曜日
 学術会議の6名の任命拒否は、法的に可能なのか。
 政府が予算を付けている関係上、学術会議が推薦した人を総理大臣が形式上任命する形になっていると、83年頃に当時の総理大臣が国会で答弁していると聞いている。
 あの任命の主旨は、選任権限は学術会議にあり、総理は拒否する権限はないということではなかったか。

 この突然、法の解釈を変える手法は、安倍政権時代を踏襲したものだ。
 だから、安倍政権の解釈変更に批判的だった学者は、任命しないとしたのか。

 任命権者だから、任命しない権限もある。

 というのは、安倍政権がおうおうにしてとった、強烈な屁理屈。

 このような法的なほころびを突いて、じわじわと独裁政治に突き進んでいくやり方は、第2次大戦前のナチスドイツに似ていないか。

 非常に恐ろしい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:53| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

浜辺に温泉

日曜日
 朝は、まばらな雨が降り、10時頃まで降り続いた。
20201004薬師堂.JPG 白井市複の薬師堂の前を、彼岸花が取り囲んでいた。

 二重川沿いの少年野球の練習場は、人っ子一人いない。
 
 久しぶりに来てみると、船橋市北部清掃工場は、煙突が新しくなっていた。

 20201004_モズ.JPG
 桑納川が新川に合流するところで、ちょうど2時間。
 あちこち遠回りしたのに、所要時間はかえって少ない。
 考えて見たら、以前の自宅西白井より、今の住まいは新川に近い。
 新川沿いを歩くのは、今年初めてだ。

20201004_花見川トイレ.JPG 花見川サイクリングロードの入り口に、真新しい綺麗な建物が。
 なんと、トイレ。
 とてもいいことだ。



20201004_幕張.JPG
 この河口近くに、昔鉄塔が建っていた。
 私の記憶が確かなら、その辺に放送大学の鉄塔が建っていたはず。

20201004_幕張の湯.JPG 幕張の浜に、大きな建物が建っていた。
 『幕張温泉 湯楽の里』。

 こんな浜辺に、温泉施設か。

 なんだかなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:33| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

秋らしい天気

土曜日
 大神保町の西福寺向かいの豆柴君に、久しぶりに会う。
 寝床から出て来たこの子は、何故かワシのトレッキングシューズをペロペロとなめていた。
 県道288号に出ると、警察が道路を閉鎖していた。
 軽自動車が焼け焦げた状態で停まっていて、その向こうにフロントグリルの凹んだ8tトラックが、反対車線に停止。
 どうやら正面衝突して、軽自動車が炎上したようだ。

 道端には近所の人たちが、事故の様子を眺めていた。
 ちょっと聞こえたのは、『車の中に居た人は、たぶん死んだんだろうね』。

20201003アンデルセン公園.JPG アンデルセン公園は、ハロウィンのイベントを行っているようだ。
 すっかり秋の様相。
 新型コロナの対策のため、色々な行事が取りやめになっている。




20201003花.JPG 20201003狛犬.JPG 鎌ヶ谷市道野辺の八幡神社は、ひっそりとしていた。
 今年の七五三は、どんな感じで行われるのだろうか。
 他人事ながら、少々気になる。

20201003貝柄山公園.JPG 貝柄山公園は、涼しくて快適。
20201003彼岸花.JPG 公園のあちこちに、彼岸花が咲いている。
 咲き始めが遅かったが、街のあちこちで目にする。

 

 早朝は、薄寒い感じだったが、10時頃には陽射しがあって丁度よい陽気になった。
 陽射は真夏の痛いような感じではなく、やさしい感じ。
 来年東京オリンピックを開催するにしても、やはりスポーツの秋の10月に行うべきだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:54| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

富士通

金曜日
 ついに、朝の通勤時の歩く速度が、平均時速6kmを越えた。
 ようやく、脚が回復してきたと云える。

 今日の新聞朝刊、株式欄は面白い。こんなの初めて見た。
 昨日、東証が終日取引を停止したから、株価欄は全銘柄「−」。
 東証の取引システムは、富士通が作成したそうだ。
 富士通というと、連想するのはFACOM。

 高専2年生の時、学校に電算機室が出来て、そこに設置されたコンピュータがFACOM 230/25だった。
 科学計算が主要な役割で、プログラム言語はFORTRANだった。

 電算機室は図書館の隣に建てられ、室温20℃に保たれており、夏には適当なプログラムを実行する名目で、電算機室に出入りした。
 
 5年生になって研究室に入る際、通信研究室を選択した。
 そこには、表示にニキシ管を使用した、シャープ製のプログラム電卓があった。
 このプログラム電卓で、20ステップ位の簡単な殆ど機械語のプログラムで、計算手順をプログラムで組み、入力を簡略した。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:49| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

回想その5 

木曜日
 今日から10月。
 家のPC(スクリーンセーバー等)を、秋の設定に変更。

 高専2年生の正月、SONY製カセットデッキ、TC−2130Aを購入した。
 価格は、当時低下で¥39,800だった。ちょっとしたラジカセ程度の、比較的安い機種。
 ステレオ音源をヘッドホンで聴くのは、もの凄い新鮮なことだった。
 毎晩、寮のステレオから録音した歌謡曲や映画音楽を聴きながら、勉強したり漫画や小説を読んで過ごした。

 当時は、コンポーネントステレオが流行しており、東京の伯父の所で1年間の畳屋の修行に行っていた兄が帰ってきて、ステレオを買っていた。
 高専3年生の夏に、兄があまり使わないFMチューナー(TRIO製)を、貰って高専の寮に持ち込んだ。
 4階建ての寮の屋上に、FM用の八木アンテナを設置し、同軸ケーブルでアンテナを引きこんだ。
 高専の寮だから、アンテナ設置には理解があって、何も規制されなかった。
 
 カセットデッキとヘッドホンで音楽を聴くうちに、次第に聴くジャンルは拡がっていき、JAZZも聴くようになっていった。
 本を読むのに、歌声があると聴き入ってしまい、少し邪魔になることがあったから。

 次第にカセットテープは増えて行った。

 夏休みや冬休み等の長期間の休みには、カセットデッキとテープを持って帰省した。
 当時、JRと新潟電鉄を乗り継いで、長岡から実家まで約3時間かかった。
 カセットデッキは、リュックに入れて背負って行った。
 実家にいる時は、兄のステレオに接続し、録音・再生を楽しんだ。
 実家にいる時は、家の仕事を手伝った。
 夏は、親父が一日当たり千円の小遣いを、休みの終わりにくれたから、これが次々とオーディオ機器を買う資金になった。

 
 あの頃、雑誌は定期的に、毎月数冊読んでいた。
 STEREO、TAPE SOUND、モーターマガジン、CQ、週刊FM等。
 
 車に対する興味は、小学生のころから続いていた。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする