2022年05月11日

業務用使用の禁止

水曜日
 ワシは、アマチュア無線の免許を持っている。
 これは、35年位前に自動車競技のイベントで、連絡するために無線が必要だったから、半日勉強して試験を受けて取得した。
 暫く使用していたが、レースやジムカーナの際の使用は、『業務上の使用』に該当する為、出来なくなった。
 それ以来、無線局免許も、更新せず失効した。

 筑波サーキットなどでは、登録の必要な業務用無線を使用している。これは、サーキット内なら十分に届く。

 他のクラブでは、連絡用の無線機は『特定小電力』になってしまった。

 免許の要らないあの無線機は、空中線出力が小さくて、筑波サーキットの場合サーキットホールからタワー下のパドックに届かない。
 先日も免許不要の無線機で、富士スピードウェイのジムカーナ場で使用したが、見通し距離100mでしかないのに、電波が届かない場合があった。
 
 アマチュア無線のハンディ機では、500mW出力で2km先まで余裕で届いた。
 また、10W出力ならば、日本中の会話が可能だった。

 先日事故を起こした知床遊覧船は、アマチュア無線機を業務用として使用していたと報じられた。
 
 あの会社は、通信設備に関する、順法姿勢が欠如している。
 
 あの社長は、運行管理者の責務や、運行管理規定についても、殆ど無知であったのでは。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする