2022年05月25日

何が真実なのか

水曜日
 柏通信所近くの、防衛省の官舎4棟が建設仮囲いで封鎖されていた。
 下総基地の向かいの官舎も、解体が始まっている。
 これは、新築の為なのか、ただ国の資産を売却して、一時利益を得たいだけのか。

 今朝、柏駅から大堀川沿いを歩いて勤務先へ向かう途中、北朝鮮がミサイルと思しき飛翔体を発車したとニュースを聞いた。
 次々と続報が入り、発射した飛翔体は3つだそうな。
 
 実に不思議な国だ、北朝鮮は。
 国民の1割強が、新型コロナによる発熱を来たしている時に、もの凄い費用の掛かるミサイルを3発も放った。
 その資金は、一体どこから調達しているのだろうか。
 
 あるサイトの情報では、北朝鮮の優秀なソフトウェア技術者が国籍を偽って世界中で活躍し、その利益を北朝鮮に送っているらしい。
 それほどまでに、北朝鮮の技術者は優秀なのか。
 凄く、勿体ない気がする。
 その外貨を、国民の生命と健康の為に活用するのが、国の主導者の義務ではないのだろうか。
 北朝鮮の主導者は、戦争相手の国からの脅威を排除するために、強烈な反撃能力として核兵器と大陸間弾道弾を手に入れている。
 あの国の主導者の言い分は、『これが我が国を守る道』なのだ。
 
 日本も周辺国の軍事的な脅威に対抗するために、『反撃能力』を持とうという主張を与党は始めた。
 
 実際に行うことは、周辺の不穏な国と、変わるところが無い。

 ワシは、西側の民主主義国家の思想・宣伝に染まっているから、現在の世界を覆う危機は全て東側の社会・共産主義国家がもたらしていると思い込んでいる。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする