2006年03月22日

WBC さすが『世界の王』

水曜日。
天気予報は、朝焼けは今のうち。
見事に、夕方に雨になった。

WBC、王ジャパン世界一。
シャンパイファイトの際の、王監督の挨拶が素晴らしい。

『諸君は素晴らしい、今日は思う存分にやろうぜ!』

やろうぜ の最後の”ぜ” に痺れました。

WBCは、日本が奇跡のような勝利で終わった。
しかし、対戦成績からは、韓国が世界1だ。
日本が二次リーグから進出出来たのは、メキシコの頑張りでアメリカを打ちのめした成果。
キューバは、アメリカに負けなかった。
韓国は、実質は日本に二勝一杯で、勝ち越し。(実力世界1)
最も平和な結果で終わったのではないか。

土曜から昨日まで、子供たちがバットとボールで野球をして遊ぶのを、幾度も目にした。
子供たちの興味のかもしだしたことだけで、WBCはよかったと思う。

このWBCでは、アメリカが決勝に残りやすいルールが、結果的には日本を優勝に導いてくれた。

アンパイヤの選び方も、納得できないもの。何故、アメリカのマイナーリーグの審判員が担当したのか。
メジャーで問題を繰り返し、マイナー落ちしたような審判が、このWBCをある意味で盛り上げてくれた。
メキシコVSアメリカ戦で、ホームランを2ベースに判定されたメキシコは、あの誤審で一挙に奮起して勝利。
2次リーグの1・2位が、決勝トーナメントで対戦するという、これまた妙な組み合わせ。
これなら、絶対アメリカが決勝に残れるという、皮算用があったとしか思えない。
しかし結果的に、これで日本VS韓国戦が再度実現。
対戦成績1勝2敗の日本が、世界一になれた。

アメリカの傲慢さは、思惑通りにならなかった。

なにやら、何かを連想させてくれる。
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック