2008年04月17日

判断すべきは誰だ

木曜日

名古屋高裁で、航空自衛隊の海外派遣に違憲判断が下された。
それに対して、内閣は「そう思っていないから、何もしない」と総理も官房長官もほざきおった。
判断すべきは、司法である。
行政が勝手な思い込みで暴走しないよう、評価・判定を下すのが司法の役割である。その司法の判断に聞く耳を持たぬ今の内閣は、傲慢でありその行為自体が憲法違反だ。

NEWS23で、死刑の廃止の意見を亀山静香氏が語っていた。
冤罪の問題があり、国家の殺人だという。
しかし、死をもって償うべき罪があると私は信じる。冤罪は、各種の事件認定の中で、極めて稀な例ではないのか。
今の法制上、法務大臣が死刑執行命令を下す立場にあるからといって、その死刑執行命令を下した法務大臣を責めるのはおかしい。
死刑判決を尊重し、手続きの通り職務を執行しているに過ぎない。

死刑が犯罪抑止にならないというのが、死刑廃止論者の根拠の一つらしい。
罪にはそれ相当の罰があるべきだと思う。それ故、死をもって償う罪があるかぎり、死刑はあってしかるべきである。
それに加えて、死刑判決がなされたなら、その執行命令を下す責任者を責めるべきではなかろう。


【 未明から朝 】
いつ寝たか全く判らず、おそらく午前1時頃自分で布団を敷いて就寝。
午前4時頃、左右両方の脹脛が攣り、その痛さで目が醒めた。パソコンでBlogを確認したら設定が「下書きのままだったので、公開に変更。
コンタクトレンズは入ったままだったので、外して洗いすぐにまた入れた。


【 昼 】
今日の昼食は、裏の蕎麦屋で「おおもり」。
すっかり昼の混雑が終わった後の蕎麦屋は、のんびりした空気が流れており、のんびりできてそばも美味い。


【 夜 】
天気予報どおり、午後から雨になった。

早めに退社し、NASへ立ち寄った。
その途中、新京成の車内で常盤平から座席が空き、座ってしまった。
なんと、あっと言う間に眠り込んでしまい、幸運にも新鎌ケ谷でふと目が醒め、乗り越さずにすんだ。


今日のトレーニングメニュー
心肺系 + 筋力系
内容・利用マシン 時間 消費Cal
ストレッチ約5分間
カーディオ・ウェイブ37分間400kcaL
筋力系マシンジム 15種
ダンベルを使って8種 各1セット
約20分間
エアロバイク(リカンベントタイプ)37分間400kcaL
ストレッチ約20分間

体重の変化
開始時 終了時 減少量
61.20kg58.75kg



≪体脂肪率 11.9%≫

今日は疲れていたので、ランニングマシンをどうしようかと思っていたがたまたま空きが無く、全て軽めのトレーニングになった。
posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック