2010年07月23日

軽い揺れ

金曜日

朝出がけに、地震があった。
6時06分頃、縦にブルブルと震えたのち、横に少し揺れた。たいしたことは無いと思ったら、それでも震度4だと。
茨城県南部では、震度5弱と報じられた。

たいしたことはあるまいと、たかをくくって駅へ。
北総線は、そのとき平常通りに運行していたが、すぐに都内方面から来る電車に遅れが出始めた。
新鎌ヶ谷駅に着いて、新京成のホームで携帯で運行情報を調べたら常磐線が怪しい状況と判り、京成で上野へ向かうことにした。
急いで、北総線のホームに戻り、羽田行きに乗車。高砂で京成の上野行きに乗り換えると、乗った電車はすでに20分遅れだった。
難なく、日暮里駅に着き、山手線に乗り換え上野に7時20分到着。いつもどおりに事務所に到着。

常磐線は、各駅停車が新松戸駅の人身事故の影響もあり、相当乱れているようだった。

上野へは、常磐線と北総・京成・都営の2ルートがあり、便利さを実感した。

それにしても、あの程度の地震でこんなに電車の運行が乱れるとは、なんと脆弱なことか。

この後、ほぼ地震と同時に発生した新松戸駅での人身事故は、地震とは全く関係の無い『若者』の飛び込み自殺だった。
なんとも迷惑なことだ。

夜は、亀有で先月までの同僚と一献。
ほぼ終電まで、飲みまくり。
楽しいひと時を過ごせた。

posted by 野内 悟 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック