2010年07月27日

JR西日本は変わっていないのか

火曜日

先週金曜日、山陽新幹線で、作業車両同士の事故が起きた。
またもJR西日本だ。あの会社は、先日車掌が安全補助装置のヒューズを抜くという問題を起しているし、どこか管理上に根本的な問題があるのではないかと思う。

作業用車両の事故であるが路線が新幹線であっただけに、日本の海外への新幹線売り込みにおいて、安全面で評価を下げることに繋がらないか心配。


【 未明から朝 】
日付の変わる頃から、NHK教育で昨夜放送の「北山修最後の授業」を録画で見る。
ビデオは、アナログのHDDレコーダーを使用。
TV番組の面白さは、画質ではない事を再確認。
1時頃就寝、4時起床。
少し曇っているせいか、4時ではまだ薄暗い。
都内の空はもやっとしていて、東京スカイツリーは綾瀬駅付近でようやく見えた。


【 昼 】
お昼は、やよい軒で「さば塩焼き定食」。
土用の丑の日は昨日だったが、やよい軒では「うなぎの蒲焼定食」が、多く出ていた。
うなぎの蒲焼は、皿に盛られていて、タレが別の小皿にも付いていた。
私は、向かいの若者が頼んだ「うなぎの蒲焼定食」を見て、『こりゃぁ、お茶碗のご飯の上にうなぎを載せてタレをちょっとかけて食べたら、うなぎも冷えないしタレがご飯に滲みて美味しかろう』と思った。
若者は、むんずと握った箸で、普通の焼き魚定食を食べるように食べていた。

次に向かいに座った親父も、「うなぎの蒲焼定食」。
この親父は、私の思ったとおりの食べ方をしていた。


【 夜 】
今夜は、金町の花火。
あいにく、電車で江戸川を渡った頃には、花火は終わっていた。
これから、8月上旬にかけて、あちこちで花火大会があることだろう。
posted by 野内 悟 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック