2011年02月06日

危ういところだった

日曜日

日暮里駅で京浜東北線から常磐線に乗り換えるため、電車を降りてエスカレーターを一歩乗り出したときに、はっと気づいた。
手元には、文庫本1冊だけ。
大きなかばんを、京浜東北線の電車の網棚に置いたままだ。
大急ぎでエスカレーターを逆走し降りたばかりの電車に飛び乗り、網棚のカバンを持ち降りようとしたらドアが閉まった。
上野駅まで行って、日暮里駅で乗り換えるはずの常磐線快速電車に間に合い、帰宅時刻も予定通り11時10分。

北赤羽駅へ不動産表示徒歩15分のところを8分で歩いて新木場行きにきっちりと乗り、赤羽駅で京浜東北線に乗り換え、文庫本を読み耽っていて危うくカバンを置き忘れるところだった。

ほんと、結果オーライ。 今日はついていた。



【 昨夜から朝 】
11時半頃から「てっぱん」先週放送分3話を見て、12時半頃就寝。4時起床。
「てっぱん」は、重い話が多い。
6時家を出る、仕事じゃ。


【 昼 】
お昼は、コンビニ弁当。


【 夜 】
いい加減疲れたから、予定してたことは出来ていないが、若い作業者も可哀相になり、午後7時頃切り上げようとした。
でも、結局ダメ出しを食らって、予定通りの作業をすることになって終了は午後9時半になってしまった。
こんなことなら、7時の時点で心を鬼にして、『ここまでやっとこう』と、言えばよかった。
そのほうが、気分的にも時間的にも、楽だったはず。
安に流れては、いいことは無い。

posted by 野内 悟 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクは去年の夏に、棚に背広の上着を忘れましたが間に合いませんでした。
結局戻って来ましたが、手続きだとかなんやかんやでかなり時間取られました。
普段の行いがいい証拠ですね。(^O^)
Posted by 天然水 at 2011年02月09日 21:04
天然水さん

いやぁ、ラッキーなだけです。
大きな鞄だったので、速く気づくことが出来たのです。

あの時読んでいたのは、海堂尊氏の「イノセントゲリラの祝祭」でした。
Posted by はらしょ at 2011年02月09日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック