2012年08月09日

素晴らしい看板

木曜日120804_看板.jpg
 先週の「嶺岡スカイライン」を歩いた後、大黒山に登り眺望を楽しんだが、まだまだ時間があったので岩井へ行った。
 岩井の7・11の駐車場にこの看板。

 魅せられた。
 
 まず写真が凄い。 
 白い睡蓮の花が、綺麗に撮られている。
 果たしてこの写真は、看板にするために撮影したものだろうか。

 写真に添えたコピーが、これまた素晴らしい。
 
 看板として鉄板に印刷した技術も素晴らしい。

 皆がいい仕事をしている。


【 昨夜から朝 】
 11時15分「梅ちゃん先生」を見た後記憶が朧になり、気が着いたのは1時半。
 パソコンを片付け、布団を敷いて眠る。
 4時20分頃起床、睡眠時間、推定5時間。
 通勤電車に、リゾート姿の人がちらほら。
 世の中、夏休みのようだ。
 そういえば、昨日から甲子園で高校野球が始まっている。
 「風の中のマリア」は昨日の朝読み終えたので、今朝は元石破防衛庁長官の「国防」を読む。

【 昼 】
 お昼は、居酒屋さんのお弁当。
 外は陽射しがギラッと輝いていたが、気温はさほどに高くなく、暑さは感じない。


【 夜 】
 今夜は、松戸の書店でうろうろしているうちに遅くなり、真っ直ぐ帰宅。
 TVでオリンピックの女子レスリングの決勝を、NHKの中継録画で見る。
 結果が判っているから、安心して見れる。
 小原日登美さんと伊調馨さんの、金メダル奪取の様子は、特徴的だった。
 3連続制覇の伊調さんは、慣れた感じだった。
 
 久しぶりに「ケンミンショー」を見る。
 北海道の夏の昼食が、とうきびだったり、海水浴で泳がないことを知る。
 それじゃ、海水「浴」じゃない。
 巨人ファンが、日本ハムファイターズが来るとこぞって日本ハムファンになる。
 
 なんのことはない、ただ節操無いだけだ。
 こだわりが無い。表面的な、ドライな県(道)民性。
 まだ百年そこそこの歴史しか持たない、流れ者で侵略者。アメリカ人に近いか。
posted by 野内 悟 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとうれしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック