2013年01月23日

なんと、新聞記事になった、高額運賃の北総線

水曜日
 北総線の回数券をばら売りする自販機が、昨年末から駅近くの商店の前に設置されている。
 以前は、月刊千葉ニュータウン新聞の呼びかけで、駅前の有志商店が御好意で扱っていた。

 たまに平日の昼間などに北総線を使って都内等へ出かけるときは、ばら売り回数券は元の運賃がバカ高ゆえ結構節約になる。
 その自販機が設置後、ちょいちょい利用している人も見かける。

 今朝の朝日新聞にも掲載されていた。
 記事には、新鎌ヶ谷−西白井間1駅(距離3.06km)の運賃が、¥290と「他の私鉄に比べてかなり高い。』と書かれている。
 
 この記事が、北総線の運賃改正の刺激になれば、有り難い。


【 昨夜から朝 】
 ビデオでTBS−TV日曜日放送の「噂の東京マガジン」の後半20分を見て、11時半頃就寝、4時10分頃起床。睡眠時間、推定4時間40分。
 「純と愛」は、見なかった。
 朝ストレッチ中に、「ビブリア古書店の事件帖」を見る。

【 昼 】
 お昼は、つちのとの「牛肉細切り炒め弁当」。

【 夜 】
 今夜は、会社の『勤続35周年記念慰労会』があり、記念品を受け取り懇親会で軽く一杯飲んできた。
 同期入社が集まったが、生憎体調が悪く、2次会は残念ながらご辞退申し上げた。
 いつの間にか、入社後35年を超えてしまった。
 
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック