2016年11月13日

楽ちん

日曜日
 7月末に購入したRX−8で、初めて高速道路を走行した。
 朝、富士スピードウェイに行くときは、混雑も無くゆったりと走行。
 時速120km程でも、エンジン回転は4000rpmに達してしまう。しかも6速でだ。
 定速走行中は、エンジンは静かにスルスルと、存在感を隠している。
 とれも静かで、ゆったりと寛いで走れて、ストレスを感じない。
 料金所で、一挙に加速すると、4000rpmを越えると静かだったエンジンは、途端に軽快なビートを発して一挙に9000rpmを越えようとする。
 あっという間に、時速170km近くに達する。
 CIVICでは、時速140km超えると速度の伸びが鈍化したが、RX−8はリニアに速度がスルスルと上昇していく。
 ターボチャージドエンジンのような、爆発的な加速力は示さない。
 あくまでも、直線的に素直に力が湧き上がる。

 いやぁ気持ちいい。
 気をつけないと、免許証が何枚あっても足らなくなる。
 
 直線は、当然矢のように真っ直ぐ素直に進む。
 首都高速の、コーナーの連続を走っても、つねにリラックスしていられる。
 軽くハンドルに手を添えているだけで、思うとおりに進んでいく。

 こりゃぁ、楽ちんな車だ。

 東名高速の渋滞の連続で、クラッチ操作の習熟が進んだ。
 ユルユルと、ゆったりスータトすることに、だいぶ慣れた。

 ゆったり走れば、とっても静かで快適な車。

 これで、燃費が良ければ、言うことは無い。


【 昨夜から朝 】
 23時半頃、布団を敷いて就寝。3時15分起床。
 寝過ごさないよう、スマホにアラームを3時半にセットしたが、その前にちゃんと目が覚めた。
 4時、出発。まず天王台へ向かう。4時20分、天王台到着。
 御大を乗せて、富士スピードウェイへ向かって出発。
 5時半頃、厚木ICを通過。6時半頃、小山町菅沼交差点の7・11に到着。
 軽く朝食を摂り、6時50分富士スピードウェイ東ゲートに到着。

【 昼 】
 お昼は、主催者の用意してくれた、幕の内弁当。
 富士スピードウェイで頂く弁当は、いつも豪華で美味しい。
 16時20分頃、帰路に着く。
 交通情報によると、東名高速はあちこちで事故渋滞。
 急いでも仕方ないので、御殿場ICへは向かわず、R246を東へ大井松田ICへ向かう。
 R246もそこそこ渋滞しており、大井松田ICで東名高速に乗ると、既に混みあっていて流れが遅くなっていた。
 中井PA付近から断続的に渋滞しており、秦野中井IC付近から、私は猛烈な眠気に襲われた。
 一時はどうなることかと思ったが、伊勢原バス停付近で、眠気から解放された。
 18時半頃ようやく厚木ICを通過。

【 夜 】
 海老名SAへ寄ろうかと御大と相談し、SAへのアプローチ道路の混み様を見て、港北PAへ先行することにした。 
 19時20分頃港北PAに到着。混雑は無く、すぐに駐車出来た。
 なぜ港北PAが空いていたか、すぐに分かった。売店がリニューアル中で、長居出来ない。
 皆2・3分しか、滞在しないから、すぐに駐車場の車が入れ替わる。
 20時頃、柏ICに到着。
 20時半、天王台到着。御大と別れ、21時頃帰宅。
posted by 野内 悟 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック