2016年11月14日

もっと根本解決策を

月曜日
 先週の後半から、高齢者の運転する車の事故が多く報じられている。
 高齢による、視力の低下、視野の狭まり、認知機能の低下や、判断速度の低下、もろもろの原因で、運転操作を誤ってしまうケースが多い。
 それゆえ、年齢による免許返納や、免許更新時の講習や医師による診断など、行政はいろいろな対策を講じようとしているようだ。
 年齢による運転技能の低下は、個人差が大きい。 年齢に依る一律免許返納義務付けは、反対だ。
 報道ステーションでインタビューに出ていた、免許を返納した方は、明らかに歩く能力が落ちていた。
 満足に歩けない人が、車を運転するのはダメだと思う。

 でも、環境によっては、如何に高齢になろうが移動手段として車が必要なことは、避けようがない。
 
 最近の事故原因は、AT車のアクセルとブレーキの踏み間違い。同じ右足で、加速するアクセルペダルと、減速するブレーキペダルを踏み分ける機構が、原因の元になっている。
 間違わないような、操作機構を作れないものか。自動2輪は、アクセルは右手、ブレーキは右手と右足。
 
 完全自動運転の「自動車」の開発を急げ。


【 昨夜から朝 】
 ビデオで「IQ246」を見て、0時頃酔い潰れて眠り込み、2時頃布団を敷いて就寝、
 5時10分頃起床。寝過ごしたので、ストレッチは中止。
 通勤の伴は、「流砂」作 高嶋 哲夫。
 6時58分、神田本店到着。


【 昼 】
 昼食は、鉄板焼屋さんの「唐揚げ弁当」。
 唐揚げ4個が入って、ボリューム満点。
 15時半頃、亀有分室へ向かう。
 16時頃の亀有は、雨が降っていた。

【 夜 】
 18時半頃退社。コナミスポーツクラブ五香へ。
今日のトレーニングメニュー
 筋力系 
内容・利用マシン 時間 消費Cal
ストレッチ約5分間
筋力系マシンジム 22種
ダンベル8種各1セット
約1時間20分
ストレッチ約15分間

体重の変化
開始時 終了時 減少量
63.25kg62.500.75kg

 ジムに着いたのは、19時10分頃。
 時間的に不足し、筋トレのみで終了。
 ストレッチ後、逆立ちが出来るかどうか、試してみた。
 出来た、良かったぁ。

posted by 野内 悟 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック