2016年11月15日

報道統制か

火曜日
 先週末から、高齢者の自動車の加害事故報道が続く。
 何だか、報道の仕方に何らかの意図を感じざるを得ない。
 高齢者の加害事故は、日常的に各地で起きているはずで、急に週末に事故が発生した訳でも無いだろう。

 何処かの誰かが、何らかの意図を持って、報道をコントロールしたのではという疑念を持ってしまう。

・高齢者の免許返納の機運を高める。
・自動運転車が必要だという世論を盛り上げ、開発競争を加速して、日本が自動運転技術のTOPに立てるように官民協力体制を築く。

 経産省は、どう主導したいのか。いや、出来るのか。
 世論誘導が目的なら、大メディアは政府の言いなりになっているということだ。



 
【 昨夜から朝 】
 昨夜のスーパームーンは、生憎の雨で見ることが出来なかった。
 23時半頃酔い潰れて眠り込み、3時頃目が覚め布団を敷いて就寝。4時15分頃起床。
 睡眠時間、推定4時間半。
 ストレッチ中、TBS−TVを見る。
 通勤の伴は、「流砂」作 高嶋 哲夫。
 新鎌で新京成に乗ると、珍しく座席が空いていない。今日は亀有分室へ出るので、松戸駅始発でなくとも大丈夫だから、くぬぎ山で始発に乗り換えた。
 6時47分、亀有分室到着。

【 昼 】
 昼食は、ちょっと遅れて13時頃。餃子の王将亀有店で、「辛々麺」を頂く。
 ジパングVol.13を読みながら、頂く。たしか10年位前に、アニメ化されていた。
 14時頃、業務再開。
 15時頃、仕様変更のメールと電話が届く。
 対応で、2時間ほど費やす。
 

【 夜 】
 亀有分室を出るのは、20時を回った。
 21時頃帰宅。今日はコナミスポーツクラブ五香の休館日だから、真っ直ぐ帰宅。
 22時から、「逃げ恥・・」を見る。
 新垣結衣のセーラー服姿は、「パパとムスメの7日間」を思い出す。
 今でも女子高生で、通りそう。
posted by 野内 悟 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック